allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「塚原新」さんのコメント一覧 登録数(883件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]S.H.E.(シー)/クレオパトラ・ジャガー
 Bの中塚原新2017-11-12
 
いかにも70年代スパイものといった作りが楽しい。 ヒロインがボンドと対をなすような男たらしのキャラだったり、島のシークエンスが「燃えよドラゴン」入ってたり、全体的にス・・・
続きを読む
いかにも70年代スパイものといった作りが楽しい。 ヒロインがボンドと対をなすような男たらしのキャラだったり、島のシークエンスが「燃えよドラゴン」入ってたり、全体的にスパイムービのパロディ的な匂いがする。 コーネリア・シャープの持ち味が明るいので、安心して見られる。 リモコンのメカ昆虫なんかも馬鹿馬鹿しくていいなあ(笑)。
隠す
  
 
[002]ターミネーターNEO
 C級ジャケ詐欺塚原新2017-11-12
 
監獄だったアルカトラズ島で起こった謎の殺戮事件。生き残りの女性をFBIの捜査官が取り調べると、彼女は島に隠された2000万ドルのダイヤモンドを狙い、チームを率いて潜入した・・・
続きを読む
監獄だったアルカトラズ島で起こった謎の殺戮事件。生き残りの女性をFBIの捜査官が取り調べると、彼女は島に隠された2000万ドルのダイヤモンドを狙い、チームを率いて潜入したと供述を始める。そこで起きた驚愕の事件とは…というSFアクション作品。 邦題にある「ターミネーター」とジャケットのメカニカルなイラストは詐欺で、アンドロイドや機械のキャラクターは一切登場しない。敵の正体は異星から来たエイリアンで、目的は全く不明(笑)。 チームのメンバーに始まり、エイリアンの造形やセットの規模など、低予算丸出しでC級感しか感じない出来。 クライマックスは、ゲイリー・ダニエルズVSエイリアンの格闘戦というあたりが、なかなか歴史に残る馬鹿映画で笑える作品。ダイヤの使い方や予想通りのオチも安定したC級で潔い。
隠す
  
 
[003]ビッグ・ヒート
 Bの中マイナス塚原新2017-11-12
 
ラスベガスでボディガード業を営むメックスが、友人の女性に頼まれてレイプ犯を突き止める。しかし彼は暗黒街の人間で…というバイオレンス・サスペンス。 製作陣のカラーなのか・・・
続きを読む
ラスベガスでボディガード業を営むメックスが、友人の女性に頼まれてレイプ犯を突き止める。しかし彼は暗黒街の人間で…というバイオレンス・サスペンス。 製作陣のカラーなのか、作品が全体的に暗い印象。冒頭のコミカルなはずのシーンも、レイノルズがどうも冴えない感じを受けてしまう。 女性への暴行も、そのものの映像は無いが語られる暴力は陰惨で、仕返しもスッキリした感じは受けない。 レイノルズのキャラも、ストイックながらちょっと暗く、アクションというよりバイオレンスな描写が多いので、爽快感が薄い作品。
隠す
  
 
[004]ライディング・エッジ
 Bの中塚原新2017-11-12
 
太陽エネルギーの研究所が襲われ、職員たちが人質に取られる。犯人たちの要求は、博士の息子に極秘のチップを届けさせるというものだった…という、アクション作品。 冒頭の襲撃・・・
続きを読む
太陽エネルギーの研究所が襲われ、職員たちが人質に取られる。犯人たちの要求は、博士の息子に極秘のチップを届けさせるというものだった…という、アクション作品。 冒頭の襲撃に続いて、主人公の青年の登場シーンがモトクロスバイクの変則レースで、スピード感ある導入部なのが非常に良かった。 アクションシーンでは、スタントが地味ながらいい動きを見せる。 だが、中盤からB級映画にありがちなヌルい展開になり、急失速。しかも、死人が出て父親が捕らわれてるのに、女とイチャイチャしてる主人公にゲンナリ(笑)。 それでもラストは敵のアジトを襲撃するなど、それなりの盛り上がりを見せる。
隠す
  
 
[005]アムステルダム無情
 Bの中塚原新2017-11-12
 
スタンダードな展開の、猟奇連続殺人事件を追う刑事サスペンスで、それなりの面白さ。 運河を使って殺人を行うという点がホラー調の演出で、お約束の水着美女の被害者も登場す・・・
続きを読む
スタンダードな展開の、猟奇連続殺人事件を追う刑事サスペンスで、それなりの面白さ。 運河を使って殺人を行うという点がホラー調の演出で、お約束の水着美女の被害者も登場するあたりが面白い。 中盤の運河を使ったチェイスが一番の見所だが、1970年製作の「デンジャー・ポイント」よりはこじんまりとした出来なのが惜しまれる。 犯人の説明が最後に行われるので、唐突な感じは否めない。
隠す
  
 
[006]恐怖の48時間
 Bの中塚原新2017-06-26
 
それなりのサスペンスで、80年代の昼のTV放映にぴったりの作品。 S・スティーブンスは華があってよかったが、なぜ主人公にベタ惚れなのかいま一つ分からなかった(笑)。 先の・・・
続きを読む
それなりのサスペンスで、80年代の昼のTV放映にぴったりの作品。 S・スティーブンスは華があってよかったが、なぜ主人公にベタ惚れなのかいま一つ分からなかった(笑)。 先のコメントの方の指摘通り、本サイトの解説は記憶違い。 付け加えると、「48時間では症状は現われない」という本サイトの解説の指摘もズレており、劇中では「咬まれてから10日たっているので(今から)48時間以内に血清がいる」という内容になっている。 「どう考えてもギャグ」とか「ほぼデタラメ」という誹謗は、きちんと作品を確認してから書いて欲しい。個人のコメントではなくサイトの公式の解説なのだから。
隠す
  
 
[007]ガッチャ!
 今一つ塚原新2017-06-26
 
学内でペイント弾を撃ち合い、女とHするのが目的でヨーロッパ旅行をしている主人公って、幼稚な印象しか受けないよ(笑)。ハイスクールだと思ってみてたら、大学生でさらにビ・・・
続きを読む
学内でペイント弾を撃ち合い、女とHするのが目的でヨーロッパ旅行をしている主人公って、幼稚な印象しか受けないよ(笑)。ハイスクールだと思ってみてたら、大学生でさらにビックリ。 巻き込まれ型サスペンス・アクションだが、東西冷戦下の諜報戦という背景をうまく生かしてるとは言えない出来。なぜ主人公がヒロインに声を掛けられたのかも、いま一つ説得力が無い。 ロシア側の敵が数人しか出ないあたりもお気楽な作りで、TVMなら見られる印象。ていうか、101分は長く感じる。
隠す
  
 
[008]ダブルトリック/謎のアリバイを追え!
 今一つ塚原新2017-06-26
 【ネタバレ注意】
新しく赴任してきた偽保安官にキーファー・サザーランド、人妻と不倫殺人を企むのがボー・ブリッジスというキャスティング。 不倫相手の亭主を殺して他人に罪を着せようとする・・・
続きを読む
新しく赴任してきた偽保安官にキーファー・サザーランド、人妻と不倫殺人を企むのがボー・ブリッジスというキャスティング。 不倫相手の亭主を殺して他人に罪を着せようとするボー・ブリッジスと、目的のために保安官を殺すキーファー、どちらも支持できないんだよなあ(笑)。 サスペンス作品なんだが、観客の意表をつく展開が無く単調な印象。ヒロインに魅力を感じられないのも残念。
隠す
  
 
[009]ロマンシング・クイーン
 実話もの塚原新2017-06-26
 
植民地支配からサモアを守るために活動した女性、エマ・クーの生涯を描いたドラマ。 ヒロインの行動が、前編では男を渡り歩き、後編は徐々に白人側に傾くように見えるので、あ・・・
続きを読む
植民地支配からサモアを守るために活動した女性、エマ・クーの生涯を描いたドラマ。 ヒロインの行動が、前編では男を渡り歩き、後編は徐々に白人側に傾くように見えるので、あまり芯のある女性には見えなかった(笑)。時おり、サモアを守ることを思い出し毅然とした態度にでるが、普段のキャラからは違和感がある展開に思えた。 スペクタクル作品を期待したが、派手な戦闘やサスペンスは無かった。
隠す
  
 
[010]コップ・キラー
 今一つ塚原新2017-06-26
 
通報を受けた刑事が空き巣の現場を取り押さえるが、被害にあった家で麻薬を発見する。しかも、家主の女性の恋人が同僚の刑事だった…というサスペンス作品。 事件自体はヒネリも・・・
続きを読む
通報を受けた刑事が空き巣の現場を取り押さえるが、被害にあった家で麻薬を発見する。しかも、家主の女性の恋人が同僚の刑事だった…というサスペンス作品。 事件自体はヒネリもなく、主人公と友人の同僚、その恋人とのやりとりが中心。中盤に銃撃戦があるが、全体的にアクション色は薄い。 ヒロインのセクシー演出もそこそこ多いが、平板な展開と主役たちの確執にあまり興味が持てないので、特に盛り上がらないのが残念。 M・アイアンサイドのキャラがいささか変人なんだけど、あまり効果的ではなかった(笑)。 D・キャラダインは上司役でゲスト出演的。
隠す
  
 
[011]内閣特務捜査官 ORDER2
 今一つ塚原新2017-05-05
 
前作の続きのストーリーだが、武田久美子が抜け、佐山聡のアクションシーンも見ごたえが無くなり、全体のレベルダウンが激しい。 捜査チームのメンバーに軽い若者を入れたのも・・・
続きを読む
前作の続きのストーリーだが、武田久美子が抜け、佐山聡のアクションシーンも見ごたえが無くなり、全体のレベルダウンが激しい。 捜査チームのメンバーに軽い若者を入れたのも、マイナスにはたらいている印象。 西岡徳馬が監督してるってのも、予算を抑えるためなのでは?と勘ぐってしまう(笑)。
隠す
  
 
[012]内閣特務捜査官 ORDER
 Bの中塚原新2017-05-05
 
麻薬取引の背後にある、中国系の銀行を捜査する内閣特別調査室秘密チームの活躍を描く、サスペンス・アクション。 話はありがちな感じだが、西岡徳馬を筆頭に、武田久美子、佐・・・
続きを読む
麻薬取引の背後にある、中国系の銀行を捜査する内閣特別調査室秘密チームの活躍を描く、サスペンス・アクション。 話はありがちな感じだが、西岡徳馬を筆頭に、武田久美子、佐山聡と個性的な面子が揃うのが見所。 特に、佐山VS高野拳磁という珍しいカードが見られるのが面白く、他のVシネにはない魅力となっていると思う。 ベッドシーンを惜しげもなく演じる武田久美子も存在感があり、作品に華を添える。
隠す
  
 
[013]新ゼロ・ウーマン 0課の女 再び…
 Bの中プラス塚原新2017-05-05
 
生物化学研究所から奪われた殺人ウイルスを追って、0課の女レイが繰り広げるアクション作品。 冒頭からワイヤーを使った派手なアクションなどを盛り込み、Vシネマの進歩を感じ・・・
続きを読む
生物化学研究所から奪われた殺人ウイルスを追って、0課の女レイが繰り広げるアクション作品。 冒頭からワイヤーを使った派手なアクションなどを盛り込み、Vシネマの進歩を感じさせる。 スタントも使っているのだが、ヒロイン役の遠野舞子がかなり頑張っているので好感が持てる。 脚本は雑な出来だが、アクションシーンなどの見せ場を多く作っているので、娯楽作としての満足感を得られる。冒頭の下着拘束シーン以外に、セクシー演出がないのが残念。 あきらかに低予算なため、全体的に作りが荒いのは否めないが、スタッフやキャストの熱意を感じるいい作品だと思う。 DVDの特典でメイキングが収録されているが、よくあるスタッフ・キャストが語るスタイルではなく、見せ場の撮影風景を紹介する映像メインなのが嬉しい。
隠す
  
 
[014]Zero WOMAN 最後の指令
 Bの中プラス塚原新2017-05-05
 
警察内部で行われている、覚醒剤や押収武器の横流しを捜査していた0課。ある貿易会社の社長が拳銃の売買に関わっていたと調査するが、それはレイがバイトで知り合った男だった…・・・
続きを読む
警察内部で行われている、覚醒剤や押収武器の横流しを捜査していた0課。ある貿易会社の社長が拳銃の売買に関わっていたと調査するが、それはレイがバイトで知り合った男だった…というサスペンス・アクション作品。 冒頭、「0課なんて実在しねえよ」といった会話の直後にレイが登場し、アクションが始まるという、期待通りの展開がプログラムピクチャーらしく好印象(笑)。 レイのキャラがいささかトボけた姉ちゃんという、それまでのクールなイメージから変化をつけて、コメディ調の演出を加えたのも、それなりに面白かった。 鍵となる貿易会社の社長に小木茂光をキャスティングしたのが効果的で、シリーズ最終作として締まった出来になったと思う。
隠す
  
 
[015]Zero WOMAN 危ない遊戯(ゲーム)
 不発塚原新2017-05-05
 
0課の女・レイは、臓器密売組織の犯罪を証言する女を護衛する任務に付く。命を狙われた女を自宅に匿い同居し始めるレイだったが…というサスペンス・アクション作品。 効果的で・・・
続きを読む
0課の女・レイは、臓器密売組織の犯罪を証言する女を護衛する任務に付く。命を狙われた女を自宅に匿い同居し始めるレイだったが…というサスペンス・アクション作品。 効果的ではない変な演出が時々見受けられ、セリフ回しや人物の行動も不自然に芝居がかっていて、悪い意味で自主映画的な印象を受ける。 アクションや濡れ場は一応あるものの、全体的にエンターテイメント色が薄いので、満足感の薄い一本。
隠す
  
 
[016]十万分の一の偶然
 佳作塚原新2017-02-05
 
ルポライターの娘が、結婚を前に高速道路で事故死してしまう。その事故の現場を撮影して新聞社の写真賞を受賞した、アマチュアカメラマンの存在を知る彼がとった行動は…という・・・
続きを読む
ルポライターの娘が、結婚を前に高速道路で事故死してしまう。その事故の現場を撮影して新聞社の写真賞を受賞した、アマチュアカメラマンの存在を知る彼がとった行動は…という松本清張原作の社会派作品。 35年も前の原作のアレンジが巧みで、現代の視聴者の鑑賞に堪えられるような工夫を感じる。原作と比較すると、その大胆ながら時代を捉えた変更に、製作者サイドの強い自信が見られる。 特に、主人公の娘に対する気持ちを中心にした作りが共感を呼び、カメラマン宅で写真を見せてもらうシーンは胸が痛むほど。 原作では青年だった主人公を、おそらく現在清張ものを見る視聴者層や田村正和に合わせて年齢を改変したと思うのだが、そのせいでサスペンス・トリックよりも、家族への愛情を主題に据えたものへと変化していったのが成功している。
隠す
  
 
[017]地方紙を買う女 〜作家・杉本隆治の推理
 不発塚原新2017-02-05
 
昭和32年の作品の舞台を現在に置き換えたため、視聴者が無理を感じる作りになっているのが致命的。 核となる「ヒロインが死亡事件を確認したいがために、本名をさらして新聞を・・・
続きを読む
昭和32年の作品の舞台を現在に置き換えたため、視聴者が無理を感じる作りになっているのが致命的。 核となる「ヒロインが死亡事件を確認したいがために、本名をさらして新聞をとる」というのが、現代では完全に無理な展開。どう考えても、まずは地方新聞社のネット記事を探すでしょ。地元の匿名掲示板なんかもあるし。「地方紙を買うしか確認方法がない」時代じゃないと成立しない話。このシチュエーションだと、名前をさらすのを絶対避けるはずだと思う。TV化するにあたって、原作のチョイスが失敗している。 水商売の女性とハイキングってのも、いつの時代だよって印象しかなく、その辺こそ現代風にアレンジして欲しかった。 短編を2時間枠のドラマにしているため、間延びしているのも気になる。 広末涼子のファンなら楽しめるかなあ。
隠す
  
 
[018]俺たちの祭
 全体的に中途半端塚原新2017-02-05
 
劇団の研究生・今城(中村雅俊)や、劇団の事務員・直子(壇ふみ)、今城の同郷の友人・ハブ(三ツ木清隆)などの青春群像を描くTVドラマ。本来の予定よりも短い23話で終了した・・・
続きを読む
劇団の研究生・今城(中村雅俊)や、劇団の事務員・直子(壇ふみ)、今城の同郷の友人・ハブ(三ツ木清隆)などの青春群像を描くTVドラマ。本来の予定よりも短い23話で終了したとのことだが、見れば納得する出来。 まず、主人公・今城のキャラクターを製作サイドがしっかり作ってないという印象を受ける。「俺たちの旅」と異なるものにするのか、同じにするか、最後まではっきりで定められなかった感じ。 同様に、住居の「東京ハウス」や「劇団新樹」の世界観も、明確な方向性が見えなかった。「俺たちの旅」では、主役3人の同居スタイルが「こんな場所があったら楽しいだろうな」というテーマで作られていたのと対照的。 主軸となる演劇に対しても、「芝居の楽しさ・充実感」がまったく伝わってこないのが致命的。なんせ、主人公が本番の芝居をするシーンが、全話通してほぼ無いんだから(笑)。視聴者が見て楽しそうな練習風景すら、後半の放映にならないと出てこない。 配置した登場人物も、あまりキャラクターが生きている感じがなかった。ヒロインの直子からして、魅力は「壇ふみが演じている」ってところだけで、引き付けられる行動や性格が感じられない。 冒頭にその回のキメ台詞的なカットが流されるが、第1話からやるから混乱するし、ネタバレになってる回もあり、無い方が良かったと思う。
隠す
  
 
[019]スティーヴ・オースティン ザ・ダメージ
 Bの中マイナス塚原新2017-02-05
 
殺人罪で服役していたジョン。仮釈放に力を貸した被害者の妻が、心臓病の娘の手術のために金を稼いで欲しいと訴える。罪を償おうとするジョンを、酒場で知り合った男がストリー・・・
続きを読む
殺人罪で服役していたジョン。仮釈放に力を貸した被害者の妻が、心臓病の娘の手術のために金を稼いで欲しいと訴える。罪を償おうとするジョンを、酒場で知り合った男がストリートファイトに誘う…という、格闘アクションドラマ。 良くも悪くもS・オースティンのイメージ通りといった印象で、期待通りに進む半面、意外性もあまり無い。 ヒネった展開や、サスペンスが少ないのが物足りない反面、真面目なドラマを作っているのは好感が持てる。それでも、正直「古い」という印象は否めない。 ストレートな殴り合いのファイトシーンは単調で残念だが、アメリカ人好みなのかもしれない。
隠す
  
 
[020]キング・マヒーの秘宝
 Bの下塚原新2017-02-05
 
マヒー王が治めていた島に眠る秘宝。その地図を狙われ殺された男の家族を守って戦う主人公たちと、それを追う無法集団とのバトルが繰り広げられるアドベンチャー・アクション。・・・
続きを読む
マヒー王が治めていた島に眠る秘宝。その地図を狙われ殺された男の家族を守って戦う主人公たちと、それを追う無法集団とのバトルが繰り広げられるアドベンチャー・アクション。 レイダース→キング・ソロモン→その他の流れに位置する正統派亜流ムービー(笑)。 冒頭のマヒー王と秘宝の説明がやけに長くうんざりするが、アドベンチャーらしく底なし沼や洞窟、原住民などのポイントは押さえた作りが好印象。 全体的にバタくさい感じだが、中盤のクライマックスでは山中でダイナマイトをガンガン爆発させたり派手な部分でそこそこ見せる。 ゲイリー・ダニエルズの動きは悪くないが、いかんせん殺陣のレベルが低いので期待は禁物。
隠す
  
 
[021]エクスペンダブル・レディズ
 Bの中塚原新2017-02-05
 
アメリカ大統領の娘を誘拐した小国のテロリスト(B・ニールセン)の法外な要求に対し、CIAは女囚を集めた秘密部隊を救出に送り込むが…という80年代調なB級アクション。 C・ロー・・・
続きを読む
アメリカ大統領の娘を誘拐した小国のテロリスト(B・ニールセン)の法外な要求に対し、CIAは女囚を集めた秘密部隊を救出に送り込むが…という80年代調なB級アクション。 C・ローケンやB・ニールセンに加え、CIAで作戦指揮を取るのがシンシア・ロスロックというあたりがツボを押さえたキャスティングだが、シンシアの見せ場がほぼないのが残念。 銃を持った敵が殴りかかってきたり(笑)、全体的にユルいアクション映画の域を出ないが、それなりに楽しめる。 スタローン、シュワゆかりの女優以外にも、ヴィヴィカ・A・フォックスがドルフやヴァン・ダムと競演しており、裏エクスペンダブルズといった色が強い(気がする)。
隠す
  
 
[022]アニマルインスティンクト/不倫願望ジョアンナ
 Bの上塚原新2017-01-20
 
様々な男と肉体関係を持った女性・ジョアンヌの告白。警官の夫と性交渉が疎遠になったために、性的魅力を磨こうと考えていた彼女は、ある日TVの修理に訪れた作業員と肉体関係を・・・
続きを読む
様々な男と肉体関係を持った女性・ジョアンヌの告白。警官の夫と性交渉が疎遠になったために、性的魅力を磨こうと考えていた彼女は、ある日TVの修理に訪れた作業員と肉体関係を持ってしまう。そこへ偶然帰ってきた夫だったが…というエロティック・サスペンス。 夫以外の男性との性交渉やレズビアンプレイ、3Pなど多彩な性交渉が目白押しで、ボリューム満点。主演のシャノン・ウィリーも熱演で非常に魅力的なので、エロティック作品としては大満足の一本。 過激な割には、夫婦の愛情の再構築というテーマが、作品を品のあるものにしているのが好印象。 D・キャラダインやJ・M・ビンセントとのサスペンスはそんなに必然性を感じないけど、豪華キャストな感じで効果的(笑)。 ビデオのタイトルは「アニマルインスティンクト 不倫願望ジョアンヌ」
隠す
  
 
[023]ミッシング・ネーム/記憶の彼方に
 Bの中プラス塚原新2017-01-20
 
少年トミーは、しばしば見るリアルな幻覚の影響で、自分の名はジミーで両親を実の親ではないと疑い始める。彼に対し、不安感を和らげようとする両親だったが…というサスペンス・・・
続きを読む
少年トミーは、しばしば見るリアルな幻覚の影響で、自分の名はジミーで両親を実の親ではないと疑い始める。彼に対し、不安感を和らげようとする両親だったが…というサスペンスドラマ。 序盤は、地味ながらなかなか引き込まれるミステリアスな感じで、丁寧に盛り上げて行く作りだと感じた。 中盤からのチェイス的な流れは、いささか見せ場を無理に作ろうとしている印象を受ける。 単なるサスペンス要素を詰め込んだストーリーではなく、主要人物それぞれに人間味を感じるのが良かった。 個人的には、それでも奥さんを愛している夫が印象に残る。
隠す
  
 
[024]N.Y.捜査線 ナイトハンター/女子学生殺人事件
 実話もの塚原新2017-01-20
 
セントラル・パークで若い女性の死体が発見され、ある男がその犯人と疑われ取り調べを受けるが…という実際の殺人事件を映画化したドラマ作品。 「Preppie Killer」と呼ばれる被・・・
続きを読む
セントラル・パークで若い女性の死体が発見され、ある男がその犯人と疑われ取り調べを受けるが…という実際の殺人事件を映画化したドラマ作品。 「Preppie Killer」と呼ばれる被告ロバート・チェンバースをW・ボールドウィン、被害者の美女ジェニファーはララ・フリン・ボイル、刑事役にダニー・アイエロ、被告側弁護士がW・ディヴェインとそれぞれハマった配役。 被害者家族に配慮したのか殺人シーンがなかったりと、全体的にソフトな作り。
隠す
  
 
[025]パスト・テンス/殺意のリフレイン
 Bの中塚原新2017-01-20
 【ネタバレ注意】
隣家に引っ越してきた美女と関係を持った刑事が、ある晩死体となった彼女を発見する。捜査から外された刑事だが、いつのまにか隣人が別の女性にすり替わり、殺人事件も無かった・・・
続きを読む
隣家に引っ越してきた美女と関係を持った刑事が、ある晩死体となった彼女を発見する。捜査から外された刑事だが、いつのまにか隣人が別の女性にすり替わり、殺人事件も無かったことに…というミステリアス・サスペンス。 中盤でネタバレがあり、それまでの展開は事実と夢の混合だったことが分かる(笑)。期待していたトリックは無く、普通の殺人と人間関係から起こる事件だったので、いささか興ざめする。ミルクのエピソードなんかは強引で安っぽく感じる。 それでも、ララ・フリン・ボイルとスコット・グレンの魅力でそれなりに楽しめる。 ベッドシーンが少ないのが残念かなあ。
隠す
  
 
[026]上海娼館からの脱出
 Bの中塚原新2016-11-04
 
女囚的なコミュニティから、ちまちまと脱出計画を進めるサスペンス・アクションを想像していたが、中盤から銃撃戦や爆発が中心となり、コマンドものへと舵をとったので割りと楽・・・
続きを読む
女囚的なコミュニティから、ちまちまと脱出計画を進めるサスペンス・アクションを想像していたが、中盤から銃撃戦や爆発が中心となり、コマンドものへと舵をとったので割りと楽しめた(笑)。途中で協力者の村がヘリで襲撃され、全滅するシーンなんかも頑張って作ってる感じを受けた。軍用ヘリじゃないあたりが低予算を感じるが。 ナンシー・アレンとジーナ・ガーションなど、華がある女優が効果的で、戦争ごっこレベルの銃撃戦でも許せる印象。敵の悪辣な女も、憎憎しげな存在感があってよかった。 邦題の「上海娼館」はかなり適当で、上海の名前も出ないし娼館ではなく女性の人身売買オークションを行っている場所だった。 悲惨さよりも軽いノリの方が前面に出され、原題の「SWEET REVENGE」が内容的にもしっくりくる。 内容的に近い「悪魔の帝国 シンジケート・ブレイク」よりもだいぶ面白い。
隠す
  
 
[027]バニシング・チェイス
 Bの中プラス塚原新2016-11-04
 
大学で人質テロ事件が発生するが、実は当局側の組織が仕組んだヤラセだった。計画が狂い人質を皆殺しにする羽目になるが、拒否した隊員が後日、殺されてしまう。残された妻は、・・・
続きを読む
大学で人質テロ事件が発生するが、実は当局側の組織が仕組んだヤラセだった。計画が狂い人質を皆殺しにする羽目になるが、拒否した隊員が後日、殺されてしまう。残された妻は、真相を追究しようとするが…というサスペンス・アクション作品。 冒頭からスピーディーに話が進み、装甲車なども登場してものものしく始まる。その後も市街地での車両爆破などそれなりに派手なアクションで飽きさせない作り。 ヒロインのリンダ・パールが頑張っている感じがいい。頼りになる男ケン・フォリーもスコープ付のUZIを振り回し、存在感抜群(笑)。
隠す
  
 
[028]生埋
 Bの中塚原新2016-11-04
 
「悪女の構図」の主人公や、遺体処理係などが同じ俳優で登場し、ヒロインは前作の保安官の姪というつながりを待つ。 地道な妻(前作では夫)を殺して、浮気相手と遺産を手に入・・・
続きを読む
「悪女の構図」の主人公や、遺体処理係などが同じ俳優で登場し、ヒロインは前作の保安官の姪というつながりを待つ。 地道な妻(前作では夫)を殺して、浮気相手と遺産を手に入れようとする派手好きの夫(前作は妻)という、同じ作りで男女逆転させているあたりが面白い。 浮気相手の女性と、前作の妻が似た感じの女優なのは、作り手の趣味かなあ(笑)。 前作と同じように、復讐やH描写のバランスもTVMとしてちょうどいい印象。 前作に出ていた犬のデュークが登場するのが、ちょっとうれしい。
隠す
  
 
[029]悪女の構図
 Bの中塚原新2016-11-04
 
結婚後、帰郷して地元に会社を持ち、子供を作ってのんびり暮らしたい夫と都会に戻りたがる妻とのズレが、冒頭からきちんと描かれているので、しっかりした作りと感じる。 復讐・・・
続きを読む
結婚後、帰郷して地元に会社を持ち、子供を作ってのんびり暮らしたい夫と都会に戻りたがる妻とのズレが、冒頭からきちんと描かれているので、しっかりした作りと感じる。 復讐も陰惨な感じにならず、H描写もおとなしめで幅広い視聴者に向けた印象。 配役も、いかにもといった感じの俳優で、TVMとしてはいい出来だと思う。 1997年に続編的内容の「生埋」が作られており、続けて見ると楽しめる。
隠す
  
 
[030]ナイトクラブ
 Bの中マイナス塚原新2016-11-04
 
男が廃工場を改造してナイトクラブを経営しようとするが、計画の甘さから様々な問題に直面する。妻はそんな男に対して、支えようとするが…という話だと思ったら都合のいい幻想・・・
続きを読む
男が廃工場を改造してナイトクラブを経営しようとするが、計画の甘さから様々な問題に直面する。妻はそんな男に対して、支えようとするが…という話だと思ったら都合のいい幻想的な作品だった(笑)。 見所のヒロインのHシーンはふんだんに出てくるので、さすがペントハウスビデオと感心する。 ヒロインの女優もなかなか魅力的なので、デタラメな作りの割には捨てきれない作品。 壁一面にポルノ写真(雑誌?)を張っているシーンで、全部にモザイク処理してあったのが笑えた。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION