allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「塚原新」さんのコメント一覧 登録数(922件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]殺し屋アンナ
 不発塚原新2018-11-09
 
教会のシスターや神父が、法で裁けぬ悪を密かに処刑する現代版必殺仕事人のVシネマ。というか、漫画「ブラック・エンジェルズ」の劣化コピーという表現がぴったりくる感じ。 全・・・
続きを読む
教会のシスターや神父が、法で裁けぬ悪を密かに処刑する現代版必殺仕事人のVシネマ。というか、漫画「ブラック・エンジェルズ」の劣化コピーという表現がぴったりくる感じ。 全体的に作りが荒く、バランスも悪い。ヒロインの過去の因縁と向き合う展開は良くあるパターンで正統派だが、薄味でキャラも伝わらない印象。序盤の殺人事件の被害者のウエイトが中途半端で、まだるっこしく感じる。 特に、見せ場の処刑シーンが少しも凝っていない作りなため、この手の作品で絶対的に必要な爽快感がまったく無いのが致命的。エレベーターのシーンなんか雑すぎる上に、疑問しか感じない。
隠す
  
 
[002]快楽殺人女捜査官 囮
 Bの中プラス塚原新2018-11-09
 
若い女性をターゲットにした、猟奇連続殺人犯を追う女性プロファイラー。彼女は、刑事たちと反目しながらも捜査をするが、やがて自分も事件に巻き込まれて行く…というエロティ・・・
続きを読む
若い女性をターゲットにした、猟奇連続殺人犯を追う女性プロファイラー。彼女は、刑事たちと反目しながらも捜査をするが、やがて自分も事件に巻き込まれて行く…というエロティック・バイオレンスVシネマ。 女性を傷つけるシーンは痛々しいので、ちょっと引く。TVでは絶対出来ない演出なので、Vシネらしいとも言えるが。 TVドラマ「相棒」シリーズの伊丹刑事こと川原和久が、刑事役でメインキャストとして活躍。 大沢逸美が美人に撮れているのが素晴らしい。
隠す
  
 
[003]ダーティ・ブル
 Bの中塚原新2018-11-09
 
マフィアの潜入捜査を行う捜査官の活躍を描く、サスペンス・アクション。 潜入モノとしては、オーソドックスな展開の域を出ないが、ケン・ウォールの二枚目な感じが潜入捜査官・・・
続きを読む
マフィアの潜入捜査を行う捜査官の活躍を描く、サスペンス・アクション。 潜入モノとしては、オーソドックスな展開の域を出ないが、ケン・ウォールの二枚目な感じが潜入捜査官にハマってる。 緊張感が途切れないので、ダレる事なく楽しめる。
隠す
  
 
[004]香港黒社会 喧嘩組
 Bの中塚原新2018-11-09
 
小沢・高山・山口の喧嘩組トリオが活躍するアクションVシネマ第2弾。 今回は敵が香港マフィアへと変わり、アクションも格闘チームが参加してスケールアップ。小沢のケンカスタ・・・
続きを読む
小沢・高山・山口の喧嘩組トリオが活躍するアクションVシネマ第2弾。 今回は敵が香港マフィアへと変わり、アクションも格闘チームが参加してスケールアップ。小沢のケンカスタイルもなかなかキレがあり、充分な見せ場となっている。アクションシーンが多いのが、娯楽作品としてポイントが高い。 コメディ色が強い演出で、前作からのチームワークが今回も楽しめる。浮世離れした主役たちの世界観に、小沢仁志の持つ茶目っ気が上手くハマったシリーズだと思う。 一方、相反するようなバイオレンス描写が本作も多く、喧嘩というキーワードから大きく逸脱している印象。
隠す
  
 
[005]血染めの代紋 喧嘩組
 Bの中塚原新2018-11-09
 
出所して組に帰ってきたやくざの男・室町(小沢)が、組員の高山や下っ端の山口と組んで小さな事務所を開く。一方、室町を仇敵と付け狙う男(加納竜)が、敵対組織を訪れる…とい・・・
続きを読む
出所して組に帰ってきたやくざの男・室町(小沢)が、組員の高山や下っ端の山口と組んで小さな事務所を開く。一方、室町を仇敵と付け狙う男(加納竜)が、敵対組織を訪れる…というアクションVシネマ。 用心棒稼業を始める小沢たち3人が、息が合っている感じでコミカルに暴れまくるのが楽しい。中盤の屋台村での大乱闘あたりは、それぞれの持ち味が生かされた見せ場となっている。 陽気さが漂う前半から一転、後半はハードなバイオレンス描写に変わるので、いささか戸惑う。 あと、冒頭で車の中で銃を手に「やっと帰ってきたか室町…」と言っていた沖田浩之は何だったんだ!?(笑)。
隠す
  
 
[006]シャドースナイパー
 今一つ塚原新2018-11-09
 
アフリカに観光に来た一家の妻が、ハイキング中に謎の失踪を遂げる。元警官の夫は周囲の諦観をよそに捜索を続けるが、同時にライフル銃による連続殺害事件が発生する…というサ・・・
続きを読む
アフリカに観光に来た一家の妻が、ハイキング中に謎の失踪を遂げる。元警官の夫は周囲の諦観をよそに捜索を続けるが、同時にライフル銃による連続殺害事件が発生する…というサスペンスアクション。 観光化の渦中にあるアフリカの一地方が舞台となるが、それが生かされているとは思えず(メスのライオンが登場するぐらい)、正直アメリカの山岳地帯でも変わらないと思ってしまう(笑)。 アクション色は薄く、犯人探しがメインのストーリー展開。 ラストの方の若干雑な作りに加え、後味が悪い終わり方なので今一つの印象。
隠す
  
 
[007]マイアミ・コップス
 Bの中マイナス塚原新2018-10-12
 
一応アメリカの警察が舞台で、後半はイタリアへ移動して組織のボスと対決する。 原題も「MIAMI COPS」ながら、エンドクレジットを見るとデトロイトでのロケらしく、冒頭から「・・・
続きを読む
一応アメリカの警察が舞台で、後半はイタリアへ移動して組織のボスと対決する。 原題も「MIAMI COPS」ながら、エンドクレジットを見るとデトロイトでのロケらしく、冒頭から「寒いな」なんてセリフが飛びだすなど、トボけた感じがマカロニB級アクションらしい(笑)。 オーソドックスなバディものながら、美女・カーチェイス・銃撃戦のいずれも小粒なのが残念。
隠す
  
 
[008]ダブル・リベンジ/地獄の標的
 Bの中塚原新2018-10-12
 
夫婦が入ったカフェに、銀行強盗で警察に追われた兄弟がなだれ込んでくる。混乱の中、弟は警察に射殺され、妻が犯人に殺されてしまう。逃走した兄は捕らえられるが、逮捕の不備・・・
続きを読む
夫婦が入ったカフェに、銀行強盗で警察に追われた兄弟がなだれ込んでくる。混乱の中、弟は警察に射殺され、妻が犯人に殺されてしまう。逃走した兄は捕らえられるが、逮捕の不備から裁判では無罪になる。夫と犯人側の、近親者を殺された恨みと復讐を描くアクション作品。 冒頭部分は、いささかダラダラしており不安があったが、強盗犯が暴れるカフェのシーンがなかなかキレのある演出で、その後も緊張感があり良かった。 個人VS個人という戦いがアメリカ人の原風景みたいなものを感じ、シンプルなハードアクションとしてうまくまとまっている印象。 まあ、犯人が夫を恨むのは筋違いという気もするが(笑)。
隠す
  
 
[009]メタルフォース/蒼き戦士
 Bの中塚原新2018-10-12
 
連続して発生した薬品工場の強盗事件が、爆破テロの組織の仕業だとして捜査される。しかし、極秘捜査を任された刑事は、独自の捜査でその裏にある犯人たちをあぶりだしていく…・・・
続きを読む
連続して発生した薬品工場の強盗事件が、爆破テロの組織の仕業だとして捜査される。しかし、極秘捜査を任された刑事は、独自の捜査でその裏にある犯人たちをあぶりだしていく…というサスペンス・アクション。 B級作品ながら、爆破などが派手に起こりそれなりのスケール感を出している。ロバート・ボーンとレスリー・ニールセンも作品を締める印象。後半が普通の刑事ものに落ち着いていくのが、ちょっと残念。 主人公の刑事が、大胆なだけではなく人情味がある温かいキャラ設定なのが、好印象。 まったく内容を無視して付けられた邦題が、腹立たしい(笑)。
隠す
  
 
[010]プライム・ターゲット/標的
 Bの中塚原新2018-10-12
 
立てこもり銀行強盗犯を過激な手段で逮捕した刑事が、停職処分となる。彼に目をつけたFBIは、襲撃が予想されるマフィアの大物の移送を依頼してくるが…というアクション作品。 ・・・
続きを読む
立てこもり銀行強盗犯を過激な手段で逮捕した刑事が、停職処分となる。彼に目をつけたFBIは、襲撃が予想されるマフィアの大物の移送を依頼してくるが…というアクション作品。 カウボーイスタイルの主人公と、マフィアの大物・トニー・カーティスの組み合わせがコミカルで、ミッドナイト・ランを薄めた感じの印象で悪くない。道中のアクションもテンポ良く、危機感があるので楽しめる出来。 主人公の俳優自身にあまり魅力を感じないのがマイナス点。
隠す
  
 
[011]アンダー・サスピション/疑惑の行方
 不発塚原新2018-10-12
 
二転三転あるのだが、どれも観客が容易に想像する範囲内の展開なので、あまり盛り上がらなく終わる。 そもそもメインの登場人物が3人と少ないため、脚本的に早い段階で煮詰まっ・・・
続きを読む
二転三転あるのだが、どれも観客が容易に想像する範囲内の展開なので、あまり盛り上がらなく終わる。 そもそもメインの登場人物が3人と少ないため、脚本的に早い段階で煮詰まっている(笑)。 刑事とか他の患者、元カレとか出して展開を広げないとダメでしょ。
隠す
  
 
[012]爆走トラッカー軍団
 最終作塚原新2018-09-12
 
芝浦に集うトラッカーたちが、やくざ組織の覚せい剤売買などに巻き込まれていくアクションVシネマ。 組の下っ端役の湯江健幸が中心のストーリーとなり、トラッカーの活躍がいつ・・・
続きを読む
芝浦に集うトラッカーたちが、やくざ組織の覚せい剤売買などに巻き込まれていくアクションVシネマ。 組の下っ端役の湯江健幸が中心のストーリーとなり、トラッカーの活躍がいつもより薄い印象。 覚せい剤中毒や殺人未遂など、シリアスな展開も暗さを醸し出しており、一作目の「明るいトラック野郎」とはだいぶかけ離れた感じを受ける。 さらに、クライマックスでは倉庫内で大乱闘のあと、期待したシリーズ恒例のトラック大集合が無く、劇場版で最終作にしてはさびしい幕切れとなった。
隠す
  
 
[013]爆走トラッカー軍団5 激闘! 香港マフィアVS女トラッカー
 変質塚原新2018-09-12
 
横浜の中華街を舞台に、香港マフィアに関わってしまったトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 このシリーズの特色として、トラッカーたちの職業ものという路線に加え・・・
続きを読む
横浜の中華街を舞台に、香港マフィアに関わってしまったトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 このシリーズの特色として、トラッカーたちの職業ものという路線に加え、犯罪組織との対決というパターンがある。これは、Vシネマの潮流に合わせた方向性だと思われるが、そのために刑事ドラマやヤクザものとは違って、展開が難しいバランスの上に成り立っている。今回ついにそれが崩れて、冒頭から殺人が起きたり、過激なバイオレンス描写、ヒロインの女トラッカーがマフィアに接触し…といったトラッカーの職業ものを超えたストーリー展開となる。1作目から見てきた観客としては、殺伐とした印象を受け戸惑いを感じる。 本作の後に劇場版が制作され、シリーズは終幕となるが、当初の「明るいトラッカーの活躍物語」から徐々に変質してしまったのが遠因なのでは、と考えてしまう。
隠す
  
 
[014]爆走トラッカー軍団4 なにわ(暴)遊侠伝
 失速が見える塚原新2018-09-12
 
淡路島の漁港に集うトラッカーと関西のやくざ組織との確執を描くアクションVシネマ。 季節や舞台の雰囲気のせいか、青春ドラマ色が強くなっている。 前作に続いて風見しんごが・・・
続きを読む
淡路島の漁港に集うトラッカーと関西のやくざ組織との確執を描くアクションVシネマ。 季節や舞台の雰囲気のせいか、青春ドラマ色が強くなっている。 前作に続いて風見しんごが出演、短いながらも格闘シーンを見せる。前作で好評だったのか、今回もクライマックスは船でのアクションが繰り広げられる。
隠す
  
 
[015]爆走トラッカー軍団3 紅薔薇軍団参上!
 弟分交代塚原新2018-09-12
 
レディース暴走族を利用する犯罪組織と、事件に巻き込まれたトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 序盤から、現金強奪犯やレディース暴走族などが登場し、アクション・・・
続きを読む
レディース暴走族を利用する犯罪組織と、事件に巻き込まれたトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 序盤から、現金強奪犯やレディース暴走族などが登場し、アクション色が強い本作。主人公の弟分役だったラッシャー板前に代わり、風見しんごが登場。クライマックスの貨物船での格闘シーンでは、身体能力を生かして足技などの見栄えのするアクションを披露する。
隠す
  
 
[016]爆走トラッカー軍団2 暴走族死闘篇
 Vシネ化塚原新2018-09-12
 
暴走バイク集団と、それをつけ狙う謎の蠍マークのトラックの戦いに巻き込まれた、主人公の竜一たちトラッカーの奮戦を描くアクションVシネマ。 Vシネの時流に合わせてバイオレ・・・
続きを読む
暴走バイク集団と、それをつけ狙う謎の蠍マークのトラックの戦いに巻き込まれた、主人公の竜一たちトラッカーの奮戦を描くアクションVシネマ。 Vシネの時流に合わせてバイオレンス色が強くなり、前作で踏襲されていた「トラック野郎」シリーズとは方向性が変わっていく。それに合わせて、主人公・竜次のキャラが落ち着いてきて、コメディ色が薄くなった印象。 絡んできた犯罪組織に立ち向かい、ラストは有無を言わせぬアートトラック大集合の迫力でエンド、というパターンが確立。
隠す
  
 
[017]一発逆転!! 爆走トラッカー軍団
 甦る「トラック野郎」塚原新2018-09-12
 
現代のデコトラ=アートトラック・竜神丸を操るトラック運転手の竜一が、仲間のために悪戦苦闘する人情アクションシリーズ第一弾。 「トラック野郎」シリーズ後半4本の脚本を手・・・
続きを読む
現代のデコトラ=アートトラック・竜神丸を操るトラック運転手の竜一が、仲間のために悪戦苦闘する人情アクションシリーズ第一弾。 「トラック野郎」シリーズ後半4本の脚本を手がけた掛札昌裕がシリーズ全体に関わっているので、平成版「トラック野郎」と名乗るにふさわしい正統派の作品となっている。 第一作は、まさに「トラック野郎」のノリを踏襲した、主人公竜一の恋とトラブルが中心に描かれ、ニヤリとさせられる。ヒロインに伊藤麻衣子というのも、ツボをおさえた印象で、相棒役のラッシャー板前も(予算を考えると)なかなか悪くない。クライマックス近く、ヒロインの「3時の船で婚約者が…」というセリフに「キター!」となるが、残念ながら期待した展開にはならず。これ以降、次回作からは、本シリーズ独自のパターンが繰り広げられることになる。まあ、今回のみ「トラック野郎」へのオマージュといったサービスだったということで…(笑)。 誠直也がシリーズのセミレギュラーとして登場し、東映らしさを出して作品を締めている。
隠す
  
 
[018]NOBODY
 秀作塚原新2018-07-31
 
加藤雅也+竹内力+中野英雄のチームVS遠藤憲一+四方堂亘+小沢一義という配役が素晴らしい。 最後までヒリヒリした緊張感が途切れない、大川俊道版「コンバット・恐怖の人間狩り・・・
続きを読む
加藤雅也+竹内力+中野英雄のチームVS遠藤憲一+四方堂亘+小沢一義という配役が素晴らしい。 最後までヒリヒリした緊張感が途切れない、大川俊道版「コンバット・恐怖の人間狩り」といった印象の作品。
隠す
  
 
[019]ドロップ・アウト しなやかな女豹
 Bの下塚原新2018-07-31
 
暗殺者として利用される女の、苦悩と戦いを描いたアクションVシネマ。 旬のタレントをヒロインに起用するというのがVシネマのひとつのパターン。大河内志保自体はそれなりに頑・・・
続きを読む
暗殺者として利用される女の、苦悩と戦いを描いたアクションVシネマ。 旬のタレントをヒロインに起用するというのがVシネマのひとつのパターン。大河内志保自体はそれなりに頑張っている印象だが、女優業にはあまり向いてない感じ。その後、Vシネにはほぼ出ていないのは、中尾彬におもちゃにされるシーンで尻を撫で回されたり、身体を舐められたせいかも(笑)。 翌年、同じクラリオンガール出身の宮崎ますみが「XX美しき凶器」のヒロインを演じ話題となる。当時のVシネってまだまだ勢いがあったなあ。
隠す
  
 
[020]女ランボー KILL YOU! IN MY JUSTICE
 Bの中プラス塚原新2018-07-31
 
マニラで麻薬の売人を追う、女性Gメンとその仲間たちの死闘を描く、アクションVシネマ。 危険な捜査中に、ヒロインの妹たちが卒業旅行でフィリピンに遊びに来るという展開で、・・・
続きを読む
マニラで麻薬の売人を追う、女性Gメンとその仲間たちの死闘を描く、アクションVシネマ。 危険な捜査中に、ヒロインの妹たちが卒業旅行でフィリピンに遊びに来るという展開で、その後の流れが全部予想ついてしまうあたりが当時のVシネらしい(笑)。 「女ランボー」なんて大げさなタイトルつけて…と思っていたが、海外ロケを生かした銃撃シーンは火薬量が多く、クライマックスは期待以上のコマンドアクションが堪能できる。
隠す
  
 
[021]チンピラぶるーす ど・アホ!
 Bの中プラス塚原新2018-07-31
 
婚約を交わした美人精神科医を追って、大阪に戻ってきたマサが巻き込まれる連続爆弾魔事件を、コメディ・タッチで描くVシネマ。 「無茶をする男が、故郷に戻り女を追っかけて事・・・
続きを読む
婚約を交わした美人精神科医を追って、大阪に戻ってきたマサが巻き込まれる連続爆弾魔事件を、コメディ・タッチで描くVシネマ。 「無茶をする男が、故郷に戻り女を追っかけて事件を起こす」という喜劇の王道パターンを踏襲しているストーリーで、それなりに満足感のある出来。 トミーズ雅も無理のない役どころで、うまく世界観にハマっていると思う。片桐竜次や清水由貴子などが脇をきっちり固めているので、しっかりした印象の仕上がり。 藤森夕子が可愛らしく、セクシーに描かれているのがポイント高い(笑)。 バイオレンスや過度のエロシーンが無いので、休日の午後のTV放映なんかにちょうどいい作品かなあ。 なにげに映像京都の製作なので、クオリティが高かったりする。
隠す
  
 
[022]闇の天使 DREAM ANGEL
 Bの下塚原新2018-07-31
 
女性チームによる、現代版必殺仕事人の活躍を描くアクションVシネマ。 主役がマリアンという時点で、よくある話題性のタレント主演もの(=期待薄)という感じだったが、格闘俳優・・・
続きを読む
女性チームによる、現代版必殺仕事人の活躍を描くアクションVシネマ。 主役がマリアンという時点で、よくある話題性のタレント主演もの(=期待薄)という感じだったが、格闘俳優の秋本つばさ目当てで鑑賞。 彼女の見せ場が序盤とクライマックスで用意されているが、それほど多くないのが残念。秋本がアクション、青木理央がHを担当して、この二人の見せ場が作品のクオリティを保っている印象。
隠す
  
 
[023]現金狩り 最終出口
 Bの中塚原新2018-07-31
 
タクシー運転手が、新宿地下道のトイレで拾った財布の中に入っていたロッカーの鍵。それは、現金輸送車強盗事件で奪われた1億5千万円の隠し場所の鍵だった。財布を落とした男(・・・
続きを読む
タクシー運転手が、新宿地下道のトイレで拾った財布の中に入っていたロッカーの鍵。それは、現金輸送車強盗事件で奪われた1億5千万円の隠し場所の鍵だった。財布を落とした男(竹内力)は、仲間の組織に横領したと思われ、彼女を捕らえられるが…というアクション系Vシネマ。 ストーリー自体はTVドラマ的なユルい流れだが、暴行シーンや終盤のカオス展開がVシネらしい(笑)。 竹内力がまだ若いにーちゃんを演じているのがフレッシュ。 新宿駅近辺での撮影など、ロケがきちんと手間を掛けている感じで、作品の画の出来も締まった印象を受ける。
隠す
  
 
[024]シークレット・スパイ/超頭脳の男
 今ひとつ塚原新2018-07-06
 
米国スパイのモナハンは、中国での潜入活動中に囚われてしまう。4週間後に返還された彼は、一切の記憶を失っていた。 上司たちは、研究途上の電気信号による脳への情報コピー技・・・
続きを読む
米国スパイのモナハンは、中国での潜入活動中に囚われてしまう。4週間後に返還された彼は、一切の記憶を失っていた。 上司たちは、研究途上の電気信号による脳への情報コピー技術を、彼に使用してスパイ活動をさせようとするが…というSF・スパイアクション作品。 コンピューターを使って、脳に新たな知識をインストールする事によって、語学や格闘技を操れるようになるという、TVMらしく低予算で出来るSF調の設定。離れた場所でも電話線を使ってデータを送信したりと、現代のネットと同様な演出は面白かった。 しかし、記憶がないというのがただ展開に都合がいいだけで、主人公自身のキャラクターとしては弱い。そのためか、ドラマ部分が非常に薄味で、あまり盛り上がらない。 また、序盤で回想シーンが多く、導入部がスッキリしない印象。 チップを頭に埋め込み能力を得るという、似たような設定のSFスパイもの「サイボーグ・ウェポン」が1993年に作られている。
隠す
  
 
[025]バック・トゥ・フリーダム/灼熱の戦場
 今ひとつ塚原新2018-07-06
 
中南米で細菌の研究をしていた医師が、内戦のゴタゴタに巻き込まれ、知り合った伝道の仕事をしに来た女性やパイロットの男たちと共に脱出しようと奮闘するアクション作品。 全・・・
続きを読む
中南米で細菌の研究をしていた医師が、内戦のゴタゴタに巻き込まれ、知り合った伝道の仕事をしに来た女性やパイロットの男たちと共に脱出しようと奮闘するアクション作品。 全体的にお気楽で肩のこらない作り。戦車やセスナ、核ミサイルとそれなりに派手な見せ場が用意されている割には、主人公たちの魅力が乏しいため、あまり盛り上がらない。
隠す
  
 
[026]ニコール・キッドマン in シャドウ・オブ・ブロンド
 不発塚原新2018-07-06
 
深夜のサバイバルゲームに参加する主人公は、空手を習う学生だったが、彼を指導する教師は心に傷を持つ元軍人だった。その教師の行動が、死者を出す事件に発展して行く…という・・・
続きを読む
深夜のサバイバルゲームに参加する主人公は、空手を習う学生だったが、彼を指導する教師は心に傷を持つ元軍人だった。その教師の行動が、死者を出す事件に発展して行く…という感じのまとまりがないサスペンス・アクション作品(笑)。 主人公たちが深夜のサバイバルゲームにのめり込んでおり、彼らにとっては大事な物として描かれるのだが、説明が全く無い上に暗い場所で行われているため、どんなゲームかさっぱりわからず、見ている方はストレスがたまる。 空手と言いつつ、剣道や器械体操も混じえ、最終的にはニンジャ映画のノリになるので、混乱必至(笑)。 ニコール・キッドマンは主人公のガールフレンド的立ち位置で、別にヒロインとして女教師が登場するので、出番はそこそこ。
隠す
  
 
[027]GEKICHIN 撃沈
 Bの中マイナス塚原新2018-07-06
 
闇の武器取り引きを捜査する米軍の隠密作戦チームが、ミサイルを使ってテロ攻撃を企む敵と戦うアクション作品。 序盤のチェイスシーンや戦艦での撮影などは、それなりに手が掛・・・
続きを読む
闇の武器取り引きを捜査する米軍の隠密作戦チームが、ミサイルを使ってテロ攻撃を企む敵と戦うアクション作品。 序盤のチェイスシーンや戦艦での撮影などは、それなりに手が掛かっており、B級作品としては思ったより見応えがある。 反面、主人公チームが少人数の無名俳優ばかりで、展開などが雑だったりと、低予算作品の悪い部分も目立つ。 CGが安っぽいのは時代的にやむを得ないかなあ。 心の広い人か、マニア向け(笑)。
隠す
  
 
[028]パニック・スカイ フライト411 絶体絶命
 なんじゃこりゃ塚原新2018-07-06
 
ハイジャック犯たちの狙いは、乗客の男が体内に隠し持つ新開発のマイクロチップだった…というエア・パニックもの。 ハイジャックものとしてはありがちなB級映画レベルの感じで・・・
続きを読む
ハイジャック犯たちの狙いは、乗客の男が体内に隠し持つ新開発のマイクロチップだった…というエア・パニックもの。 ハイジャックものとしてはありがちなB級映画レベルの感じで進むが、チップの内容が結局説明されなかったり、突如オカルト展開になったりと、終盤に全てが崩壊する作り。 基本的にキリスト教の概念がベースにあるようで、知識が無いと全く「はあ!?」となる。 新作でDVDレンタルしてたら怒り狂うかも(笑)。
隠す
  
 
[029]ハネムーン・キラー
 今ひとつ塚原新2018-05-05
 
旅行でアメリカを訪れたカップルの男が、麻薬密輸の罪で逮捕される。女の方は、男を救うために裏の組織に提案された偽装結婚を行うが、突如結婚相手が彼女の部屋に現れる…とい・・・
続きを読む
旅行でアメリカを訪れたカップルの男が、麻薬密輸の罪で逮捕される。女の方は、男を救うために裏の組織に提案された偽装結婚を行うが、突如結婚相手が彼女の部屋に現れる…というサスペンス。 冒頭はスピーディに始まり期待させるが、男が押し掛けて来てからは単調になり、ジリジリとつまらなくなって行く(笑)。 ヒロインの魅力が伝わらないのと、観客が予想する以上の展開が無いのが致命的。 ヒロインの私服が2パターンしかなく、何日も着替えなかったり、彼氏が濡れ衣じゃなくて本当に麻薬を売るために持ち込んでいたなど、観客とズレた感性で作られているのが、ある意味面白い(笑)。
隠す
  
 
[030]ケンタウロス/宇宙からの脱出
 Bの中プラス塚原新2018-05-05
 
「エイリアン」的な閉鎖空間でのサバイバル路線を再構築したストーリーだが、ホラーテイストはほぼ無く、低予算に合わせてこじんまりとした出来。しかし、「誰が生き残るのか?・・・
続きを読む
「エイリアン」的な閉鎖空間でのサバイバル路線を再構築したストーリーだが、ホラーテイストはほぼ無く、低予算に合わせてこじんまりとした出来。しかし、「誰が生き残るのか?」といった展開に絞った作りが潔く、なかなか楽しめる。 リチャード・ノートンのアクションはあるものの、格闘スタイルではないのが残念。 ラストの味わいが、日本人好みなのも好きな所。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION