allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「塚原新」さんのコメント一覧 登録数(932件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]マーシーの禁断!お嬢様学園危機イッパツ
 以外に普通塚原新2019-02-06
 
女子高に赴任してきた教師の斉藤慶子が、住み込みで働く同僚の田代まさしとともに、捨て子の赤ん坊をめぐっての騒動に巻き込まれるコメディVシネマ。 パッケージはいかにも低予・・・
続きを読む
女子高に赴任してきた教師の斉藤慶子が、住み込みで働く同僚の田代まさしとともに、捨て子の赤ん坊をめぐっての騒動に巻き込まれるコメディVシネマ。 パッケージはいかにも低予算といったキワものだが、正統派のストーリーなので意外によくあるTVドラマぐらいの出来。バストも写す女子高生の入浴シーンなどが一応売りのよう。内容的には、妊娠・出産してしまった生徒を扱うが、特に性的なものを前面に出してはいない。 田代まさしが、三枚目俳優としてなかなか存在感がある。 あと、ジャケットにも表記があるのだが、実際は相原勇は出演していない。
隠す
  
 
[002]デコトラ★ギャル奈美 〜感動!夜露死苦編〜
 Bの中塚原新2019-02-06
 
TVの取材を受けたトラッカーの奈美を見た女子高校生。奈美に興味を持った彼女は、密かに接近するが…といったコメディタッチのトラック野郎青春Vシネマ。 奈美と、彼女の妹だと・・・
続きを読む
TVの取材を受けたトラッカーの奈美を見た女子高校生。奈美に興味を持った彼女は、密かに接近するが…といったコメディタッチのトラック野郎青春Vシネマ。 奈美と、彼女の妹だと名乗る女子高校生、その母親との関わりなど家族関係をメインに据えた構成。そこに、奈美に惚れている青年との恋の行方が絡まり、本作でひとつの終幕を迎えるような形で終わる。 間で登場するトラック漫才のコンビもなかなか楽しく、作品を明るくする役割を果たしている。 女子高生の夢で描かれる家族的な光景が、この物語が向かっている場所を暗示しているように感じられ、暖かい気持ちでシリーズを見終わることが出来た。 吉沢明歩と、吉岡睦雄のコンビをもっと見たいと思わせる、良質なシリーズだったと思う。
隠す
  
 
[003]デコトラ★ギャル奈美 〜爆走!薔薇愛怒編〜
 Bの中塚原新2019-02-06
 
女トラッカー奈美の、高校卒業からトラッカーの道に入るまでの過去を描いたトラック野郎青春Vシネマ。 トラッカーの父に男手ひとつで育てられた奈美は、高校では応援団長として・・・
続きを読む
女トラッカー奈美の、高校卒業からトラッカーの道に入るまでの過去を描いたトラック野郎青春Vシネマ。 トラッカーの父に男手ひとつで育てられた奈美は、高校では応援団長として恐れられていた。宿敵のスケバンとタイマンしたり、彼氏とホテルに行ったり青春を謳歌していた奈美だったが、実は父親が…というベタなストーリー展開が繰り広げられるが、シリーズおなじみのキャラが登場するので安定感があり、飽きずに楽しめる。 1作目と2作目に食堂のオヤジとして登場した、野上正義の追悼のテロップが最後に記載され、製作陣の真摯な姿勢が伝わる。
隠す
  
 
[004]デコトラ★ギャル奈美 〜爆走!夜露死苦編〜
 Bの中塚原新2019-02-06
 
女トラッカー奈美の交通違反をしつこく取り締まる婦警は、実は高校時代のライバルのスケバンだった。現在シングルマザーの彼女は、ある捜査を秘密裏に行っていたが…というトラ・・・
続きを読む
女トラッカー奈美の交通違反をしつこく取り締まる婦警は、実は高校時代のライバルのスケバンだった。現在シングルマザーの彼女は、ある捜査を秘密裏に行っていたが…というトラック野郎Vシネマ。 今回は犯罪組織が登場し、バイオレンスやレイプといったVシネマ的なハードな展開があるが、最終的なまとめ方が上手なので後味の悪さは薄く、シリーズのカラーをきちんと保っている。こういう作りって大事だよなあ。 吉沢明歩と、彼女に惚れる青年の吉岡睦雄のコンビも、息が合ってきて安定感を感じる。
隠す
  
 
[005]デコトラ★ギャル奈美
 Bの中塚原新2019-02-06
 
男まさりの若き女トラッカー奈美が、出会ったシングルマザーの女性の力になるべく奮闘する人情青春トラック野郎Vシネマ。 主人公の奈美と、彼女に惚れている青年、トラック野郎・・・
続きを読む
男まさりの若き女トラッカー奈美が、出会ったシングルマザーの女性の力になるべく奮闘する人情青春トラック野郎Vシネマ。 主人公の奈美と、彼女に惚れている青年、トラック野郎の仲間たちが繰り広げるコメディタッチのほろりとさせるストーリーという、正統派の作品なのが心地よい。 吉沢明歩が主演なのできちんとHシーンもあり、低予算ながら娯楽作品としてはそれなりの出来だと思う。
隠す
  
 
[006]サイバー・ソルジャー/殺戮都市LA
 Bの中塚原新2018-12-16
 
宇宙探査から戻った飛行士たちが戻った地球は、全面核戦争で荒廃した 無法地帯だった…というSFバイオレンス作品。 宇宙飛行士3人が地球に帰還、といったくだりが「猿の惑星」そ・・・
続きを読む
宇宙探査から戻った飛行士たちが戻った地球は、全面核戦争で荒廃した 無法地帯だった…というSFバイオレンス作品。 宇宙飛行士3人が地球に帰還、といったくだりが「猿の惑星」そのまんまなのはご愛嬌だが、その後は特に飛行士の必要性も特徴もない演出なのが肩透かし(笑)。 女性や子供と出会い新たな生活を始めるも、独裁者との対決が待っていた…という王道のストーリーは良かった。 スタッフにジム・ダンフォースが加わっているせいか、この手の作品にしてはマット・ペインティングなどSFXがそれなりのレベル。
隠す
  
 
[007]G.I.S特殊介入部隊 56HOURS
 Bの中塚原新2018-12-16
 
イタリア警察の交渉人の男が立ち向かう、軍人たちによる病院篭城事件。偶然手術のために訪れていた男の家族も人質となってしまうが…というアクション作品。G.I.Sという警察の部・・・
続きを読む
イタリア警察の交渉人の男が立ち向かう、軍人たちによる病院篭城事件。偶然手術のために訪れていた男の家族も人質となってしまうが…というアクション作品。G.I.Sという警察の部隊は突入部隊として登場し、主人公とは直接関係はない。 家族の絆や、劣化ウラン弾などの汚染という社会的問題などを盛り込み、それなりに見ごたえのある内容となっている。また、娯楽作として作っている点も意欲的に感じるが、全体的なまとまりが欠ける印象なのが惜しい。 特に、主人公が序盤のキャラ見せでは活躍してるのに、病院の事件からはいいとこ無しでただオロオロしてるだけなのが若干うっとうしい。俳優は主人公らしい面構えなので、もっと活躍して欲しかった。 「ザ・ロック」の影響や「ダイ・ハード2」からの引用などが、もはや安定感に感じる(笑)。
隠す
  
 
[008]S.O.S.マニラ特急
 不発塚原新2018-12-16
 
行方が分からなくなった弟を、フィリピンで捜索する男が暗黒街と対決する、サスペンス・アクション。 序盤から、回想とのカットバックや無駄に長い会話シーンが続き、早送り鑑・・・
続きを読む
行方が分からなくなった弟を、フィリピンで捜索する男が暗黒街と対決する、サスペンス・アクション。 序盤から、回想とのカットバックや無駄に長い会話シーンが続き、早送り鑑賞モードに(笑)。女性や店での聞き込みや敵側の動きがダラダラと続き、アクションシーンは少なめ。後半、いささか盛り返すかと期待させるも、田舎の倉庫をひとつ爆破して終わり。 冒頭で披露した、主人公の特殊な武器(房の付いたダーツの矢状のものを、パチンコで打ち出す)を少ししか使わなかったのが残念。 出てくる女性が、みな華やかな感じなのが救いかなあ。
隠す
  
 
[009]サン・サルバドル/地獄の戦火
 今ひとつ塚原新2018-12-16
 
エルサルバドルで大司教を殺した「屠殺屋」と呼ばれる元工作員の男を始末するため、CIAに雇われた男の活躍を描くサスペンス・アクション。 反政府組織に狙われたり、敵を挑発し・・・
続きを読む
エルサルバドルで大司教を殺した「屠殺屋」と呼ばれる元工作員の男を始末するため、CIAに雇われた男の活躍を描くサスペンス・アクション。 反政府組織に狙われたり、敵を挑発したりと、いろいろと展開がある脚本ながら、マイルズ・オキーフの魅力があまり伝わらないので、平凡な工作員ものといった印象に終わる。
隠す
  
 
[010]スキューバ・バトル/地獄の爆弾要塞
 不発塚原新2018-12-16
 
モハベ砂漠の施設から核弾頭が盗まれ、海底油田基地の海中に隠される。それを知ったダイバーの女性から相談された、もとネイビー・シールズの男が基地を調べに乗り込むが…とい・・・
続きを読む
モハベ砂漠の施設から核弾頭が盗まれ、海底油田基地の海中に隠される。それを知ったダイバーの女性から相談された、もとネイビー・シールズの男が基地を調べに乗り込むが…というサスペンス・アクション。 冒頭の強奪シーンは、そこそこ緊張感があり期待するが、すぐに失速(笑)。 全体的にテンポが悪く、おそらく撮影に苦労したと思われる水中やヘリのシーンが必要以上に長いせいだと考えられる。また、見せ場となるべきアクションシーンがショボいので、特に盛り上がることも無く終わる。
隠す
  
 
[011]殺し屋アンナ
 不発塚原新2018-11-09
 
教会のシスターや神父が、法で裁けぬ悪を密かに処刑する現代版必殺仕事人のVシネマ。というか、漫画「ブラック・エンジェルズ」の劣化コピーという表現がぴったりくる感じ。 全・・・
続きを読む
教会のシスターや神父が、法で裁けぬ悪を密かに処刑する現代版必殺仕事人のVシネマ。というか、漫画「ブラック・エンジェルズ」の劣化コピーという表現がぴったりくる感じ。 全体的に作りが荒く、バランスも悪い。ヒロインの過去の因縁と向き合う展開は良くあるパターンで正統派だが、薄味でキャラも伝わらない印象。序盤の殺人事件の被害者のウエイトが中途半端で、まだるっこしく感じる。 特に、見せ場の処刑シーンが少しも凝っていない作りなため、この手の作品で絶対的に必要な爽快感がまったく無いのが致命的。エレベーターのシーンなんか雑すぎる上に、疑問しか感じない。
隠す
  
 
[012]快楽殺人女捜査官 囮
 Bの中プラス塚原新2018-11-09
 
若い女性をターゲットにした、猟奇連続殺人犯を追う女性プロファイラー。彼女は、刑事たちと反目しながらも捜査をするが、やがて自分も事件に巻き込まれて行く…というエロティ・・・
続きを読む
若い女性をターゲットにした、猟奇連続殺人犯を追う女性プロファイラー。彼女は、刑事たちと反目しながらも捜査をするが、やがて自分も事件に巻き込まれて行く…というエロティック・バイオレンスVシネマ。 女性を傷つけるシーンは痛々しいので、ちょっと引く。TVでは絶対出来ない演出なので、Vシネらしいとも言えるが。 TVドラマ「相棒」シリーズの伊丹刑事こと川原和久が、刑事役でメインキャストとして活躍。 大沢逸美が美人に撮れているのが素晴らしい。
隠す
  
 
[013]ダーティ・ブル
 Bの中塚原新2018-11-09
 
マフィアの潜入捜査を行う捜査官の活躍を描く、サスペンス・アクション。 潜入モノとしては、オーソドックスな展開の域を出ないが、ケン・ウォールの二枚目な感じが潜入捜査官・・・
続きを読む
マフィアの潜入捜査を行う捜査官の活躍を描く、サスペンス・アクション。 潜入モノとしては、オーソドックスな展開の域を出ないが、ケン・ウォールの二枚目な感じが潜入捜査官にハマってる。 緊張感が途切れないので、ダレる事なく楽しめる。
隠す
  
 
[014]香港黒社会 喧嘩組
 Bの中塚原新2018-11-09
 
小沢・高山・山口の喧嘩組トリオが活躍するアクションVシネマ第2弾。 今回は敵が香港マフィアへと変わり、アクションも格闘チームが参加してスケールアップ。小沢のケンカスタ・・・
続きを読む
小沢・高山・山口の喧嘩組トリオが活躍するアクションVシネマ第2弾。 今回は敵が香港マフィアへと変わり、アクションも格闘チームが参加してスケールアップ。小沢のケンカスタイルもなかなかキレがあり、充分な見せ場となっている。アクションシーンが多いのが、娯楽作品としてポイントが高い。 コメディ色が強い演出で、前作からのチームワークが今回も楽しめる。浮世離れした主役たちの世界観に、小沢仁志の持つ茶目っ気が上手くハマったシリーズだと思う。 一方、相反するようなバイオレンス描写が本作も多く、喧嘩というキーワードから大きく逸脱している印象。
隠す
  
 
[015]血染めの代紋 喧嘩組
 Bの中塚原新2018-11-09
 
出所して組に帰ってきたやくざの男・室町(小沢)が、組員の高山や下っ端の山口と組んで小さな事務所を開く。一方、室町を仇敵と付け狙う男(加納竜)が、敵対組織を訪れる…とい・・・
続きを読む
出所して組に帰ってきたやくざの男・室町(小沢)が、組員の高山や下っ端の山口と組んで小さな事務所を開く。一方、室町を仇敵と付け狙う男(加納竜)が、敵対組織を訪れる…というアクションVシネマ。 用心棒稼業を始める小沢たち3人が、息が合っている感じでコミカルに暴れまくるのが楽しい。中盤の屋台村での大乱闘あたりは、それぞれの持ち味が生かされた見せ場となっている。 陽気さが漂う前半から一転、後半はハードなバイオレンス描写に変わるので、いささか戸惑う。 あと、冒頭で車の中で銃を手に「やっと帰ってきたか室町…」と言っていた沖田浩之は何だったんだ!?(笑)。
隠す
  
 
[016]シャドースナイパー
 今一つ塚原新2018-11-09
 
アフリカに観光に来た一家の妻が、ハイキング中に謎の失踪を遂げる。元警官の夫は周囲の諦観をよそに捜索を続けるが、同時にライフル銃による連続殺害事件が発生する…というサ・・・
続きを読む
アフリカに観光に来た一家の妻が、ハイキング中に謎の失踪を遂げる。元警官の夫は周囲の諦観をよそに捜索を続けるが、同時にライフル銃による連続殺害事件が発生する…というサスペンスアクション。 観光化の渦中にあるアフリカの一地方が舞台となるが、それが生かされているとは思えず(メスのライオンが登場するぐらい)、正直アメリカの山岳地帯でも変わらないと思ってしまう(笑)。 アクション色は薄く、犯人探しがメインのストーリー展開。 ラストの方の若干雑な作りに加え、後味が悪い終わり方なので今一つの印象。
隠す
  
 
[017]マイアミ・コップス
 Bの中マイナス塚原新2018-10-12
 
一応アメリカの警察が舞台で、後半はイタリアへ移動して組織のボスと対決する。 原題も「MIAMI COPS」ながら、エンドクレジットを見るとデトロイトでのロケらしく、冒頭から「・・・
続きを読む
一応アメリカの警察が舞台で、後半はイタリアへ移動して組織のボスと対決する。 原題も「MIAMI COPS」ながら、エンドクレジットを見るとデトロイトでのロケらしく、冒頭から「寒いな」なんてセリフが飛びだすなど、トボけた感じがマカロニB級アクションらしい(笑)。 オーソドックスなバディものながら、美女・カーチェイス・銃撃戦のいずれも小粒なのが残念。
隠す
  
 
[018]ダブル・リベンジ/地獄の標的
 Bの中塚原新2018-10-12
 
夫婦が入ったカフェに、銀行強盗で警察に追われた兄弟がなだれ込んでくる。混乱の中、弟は警察に射殺され、妻が犯人に殺されてしまう。逃走した兄は捕らえられるが、逮捕の不備・・・
続きを読む
夫婦が入ったカフェに、銀行強盗で警察に追われた兄弟がなだれ込んでくる。混乱の中、弟は警察に射殺され、妻が犯人に殺されてしまう。逃走した兄は捕らえられるが、逮捕の不備から裁判では無罪になる。夫と犯人側の、近親者を殺された恨みと復讐を描くアクション作品。 冒頭部分は、いささかダラダラしており不安があったが、強盗犯が暴れるカフェのシーンがなかなかキレのある演出で、その後も緊張感があり良かった。 個人VS個人という戦いがアメリカ人の原風景みたいなものを感じ、シンプルなハードアクションとしてうまくまとまっている印象。 まあ、犯人が夫を恨むのは筋違いという気もするが(笑)。
隠す
  
 
[019]メタルフォース/蒼き戦士
 Bの中塚原新2018-10-12
 
連続して発生した薬品工場の強盗事件が、爆破テロの組織の仕業だとして捜査される。しかし、極秘捜査を任された刑事は、独自の捜査でその裏にある犯人たちをあぶりだしていく…・・・
続きを読む
連続して発生した薬品工場の強盗事件が、爆破テロの組織の仕業だとして捜査される。しかし、極秘捜査を任された刑事は、独自の捜査でその裏にある犯人たちをあぶりだしていく…というサスペンス・アクション。 B級作品ながら、爆破などが派手に起こりそれなりのスケール感を出している。ロバート・ボーンとレスリー・ニールセンも作品を締める印象。後半が普通の刑事ものに落ち着いていくのが、ちょっと残念。 主人公の刑事が、大胆なだけではなく人情味がある温かいキャラ設定なのが、好印象。 まったく内容を無視して付けられた邦題が、腹立たしい(笑)。
隠す
  
 
[020]プライム・ターゲット/標的
 Bの中塚原新2018-10-12
 
立てこもり銀行強盗犯を過激な手段で逮捕した刑事が、停職処分となる。彼に目をつけたFBIは、襲撃が予想されるマフィアの大物の移送を依頼してくるが…というアクション作品。 ・・・
続きを読む
立てこもり銀行強盗犯を過激な手段で逮捕した刑事が、停職処分となる。彼に目をつけたFBIは、襲撃が予想されるマフィアの大物の移送を依頼してくるが…というアクション作品。 カウボーイスタイルの主人公と、マフィアの大物・トニー・カーティスの組み合わせがコミカルで、ミッドナイト・ランを薄めた感じの印象で悪くない。道中のアクションもテンポ良く、危機感があるので楽しめる出来。 主人公の俳優自身にあまり魅力を感じないのがマイナス点。
隠す
  
 
[021]アンダー・サスピション/疑惑の行方
 不発塚原新2018-10-12
 
二転三転あるのだが、どれも観客が容易に想像する範囲内の展開なので、あまり盛り上がらなく終わる。 そもそもメインの登場人物が3人と少ないため、脚本的に早い段階で煮詰まっ・・・
続きを読む
二転三転あるのだが、どれも観客が容易に想像する範囲内の展開なので、あまり盛り上がらなく終わる。 そもそもメインの登場人物が3人と少ないため、脚本的に早い段階で煮詰まっている(笑)。 刑事とか他の患者、元カレとか出して展開を広げないとダメでしょ。
隠す
  
 
[022]爆走トラッカー軍団
 最終作塚原新2018-09-12
 
芝浦に集うトラッカーたちが、やくざ組織の覚せい剤売買などに巻き込まれていくアクションVシネマ。 組の下っ端役の湯江健幸が中心のストーリーとなり、トラッカーの活躍がいつ・・・
続きを読む
芝浦に集うトラッカーたちが、やくざ組織の覚せい剤売買などに巻き込まれていくアクションVシネマ。 組の下っ端役の湯江健幸が中心のストーリーとなり、トラッカーの活躍がいつもより薄い印象。 覚せい剤中毒や殺人未遂など、シリアスな展開も暗さを醸し出しており、一作目の「明るいトラック野郎」とはだいぶかけ離れた感じを受ける。 さらに、クライマックスでは倉庫内で大乱闘のあと、期待したシリーズ恒例のトラック大集合が無く、劇場版で最終作にしてはさびしい幕切れとなった。
隠す
  
 
[023]爆走トラッカー軍団5 激闘! 香港マフィアVS女トラッカー
 変質塚原新2018-09-12
 
横浜の中華街を舞台に、香港マフィアに関わってしまったトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 このシリーズの特色として、トラッカーたちの職業ものという路線に加え・・・
続きを読む
横浜の中華街を舞台に、香港マフィアに関わってしまったトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 このシリーズの特色として、トラッカーたちの職業ものという路線に加え、犯罪組織との対決というパターンがある。これは、Vシネマの潮流に合わせた方向性だと思われるが、そのために刑事ドラマやヤクザものとは違って、展開が難しいバランスの上に成り立っている。今回ついにそれが崩れて、冒頭から殺人が起きたり、過激なバイオレンス描写、ヒロインの女トラッカーがマフィアに接触し…といったトラッカーの職業ものを超えたストーリー展開となる。1作目から見てきた観客としては、殺伐とした印象を受け戸惑いを感じる。 本作の後に劇場版が制作され、シリーズは終幕となるが、当初の「明るいトラッカーの活躍物語」から徐々に変質してしまったのが遠因なのでは、と考えてしまう。
隠す
  
 
[024]爆走トラッカー軍団4 なにわ(暴)遊侠伝
 失速が見える塚原新2018-09-12
 
淡路島の漁港に集うトラッカーと関西のやくざ組織との確執を描くアクションVシネマ。 季節や舞台の雰囲気のせいか、青春ドラマ色が強くなっている。 前作に続いて風見しんごが・・・
続きを読む
淡路島の漁港に集うトラッカーと関西のやくざ組織との確執を描くアクションVシネマ。 季節や舞台の雰囲気のせいか、青春ドラマ色が強くなっている。 前作に続いて風見しんごが出演、短いながらも格闘シーンを見せる。前作で好評だったのか、今回もクライマックスは船でのアクションが繰り広げられる。
隠す
  
 
[025]爆走トラッカー軍団3 紅薔薇軍団参上!
 弟分交代塚原新2018-09-12
 
レディース暴走族を利用する犯罪組織と、事件に巻き込まれたトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 序盤から、現金強奪犯やレディース暴走族などが登場し、アクション・・・
続きを読む
レディース暴走族を利用する犯罪組織と、事件に巻き込まれたトラッカーたちの戦いを描くアクションVシネマ。 序盤から、現金強奪犯やレディース暴走族などが登場し、アクション色が強い本作。主人公の弟分役だったラッシャー板前に代わり、風見しんごが登場。クライマックスの貨物船での格闘シーンでは、身体能力を生かして足技などの見栄えのするアクションを披露する。
隠す
  
 
[026]爆走トラッカー軍団2 暴走族死闘篇
 Vシネ化塚原新2018-09-12
 
暴走バイク集団と、それをつけ狙う謎の蠍マークのトラックの戦いに巻き込まれた、主人公の竜一たちトラッカーの奮戦を描くアクションVシネマ。 Vシネの時流に合わせてバイオレ・・・
続きを読む
暴走バイク集団と、それをつけ狙う謎の蠍マークのトラックの戦いに巻き込まれた、主人公の竜一たちトラッカーの奮戦を描くアクションVシネマ。 Vシネの時流に合わせてバイオレンス色が強くなり、前作で踏襲されていた「トラック野郎」シリーズとは方向性が変わっていく。それに合わせて、主人公・竜次のキャラが落ち着いてきて、コメディ色が薄くなった印象。 絡んできた犯罪組織に立ち向かい、ラストは有無を言わせぬアートトラック大集合の迫力でエンド、というパターンが確立。
隠す
  
 
[027]一発逆転!! 爆走トラッカー軍団
 甦る「トラック野郎」塚原新2018-09-12
 
現代のデコトラ=アートトラック・竜神丸を操るトラック運転手の竜一が、仲間のために悪戦苦闘する人情アクションシリーズ第一弾。 「トラック野郎」シリーズ後半4本の脚本を手・・・
続きを読む
現代のデコトラ=アートトラック・竜神丸を操るトラック運転手の竜一が、仲間のために悪戦苦闘する人情アクションシリーズ第一弾。 「トラック野郎」シリーズ後半4本の脚本を手がけた掛札昌裕がシリーズ全体に関わっているので、平成版「トラック野郎」と名乗るにふさわしい正統派の作品となっている。 第一作は、まさに「トラック野郎」のノリを踏襲した、主人公竜一の恋とトラブルが中心に描かれ、ニヤリとさせられる。ヒロインに伊藤麻衣子というのも、ツボをおさえた印象で、相棒役のラッシャー板前も(予算を考えると)なかなか悪くない。クライマックス近く、ヒロインの「3時の船で婚約者が…」というセリフに「キター!」となるが、残念ながら期待した展開にはならず。これ以降、次回作からは、本シリーズ独自のパターンが繰り広げられることになる。まあ、今回のみ「トラック野郎」へのオマージュといったサービスだったということで…(笑)。 誠直也がシリーズのセミレギュラーとして登場し、東映らしさを出して作品を締めている。
隠す
  
 
[028]NOBODY
 秀作塚原新2018-07-31
 
加藤雅也+竹内力+中野英雄のチームVS遠藤憲一+四方堂亘+小沢一義という配役が素晴らしい。 最後までヒリヒリした緊張感が途切れない、大川俊道版「コンバット・恐怖の人間狩り・・・
続きを読む
加藤雅也+竹内力+中野英雄のチームVS遠藤憲一+四方堂亘+小沢一義という配役が素晴らしい。 最後までヒリヒリした緊張感が途切れない、大川俊道版「コンバット・恐怖の人間狩り」といった印象の作品。
隠す
  
 
[029]ドロップ・アウト しなやかな女豹
 Bの下塚原新2018-07-31
 
暗殺者として利用される女の、苦悩と戦いを描いたアクションVシネマ。 旬のタレントをヒロインに起用するというのがVシネマのひとつのパターン。大河内志保自体はそれなりに頑・・・
続きを読む
暗殺者として利用される女の、苦悩と戦いを描いたアクションVシネマ。 旬のタレントをヒロインに起用するというのがVシネマのひとつのパターン。大河内志保自体はそれなりに頑張っている印象だが、女優業にはあまり向いてない感じ。その後、Vシネにはほぼ出ていないのは、中尾彬におもちゃにされるシーンで尻を撫で回されたり、身体を舐められたせいかも(笑)。 翌年、同じクラリオンガール出身の宮崎ますみが「XX美しき凶器」のヒロインを演じ話題となる。当時のVシネってまだまだ勢いがあったなあ。
隠す
  
 
[030]女ランボー KILL YOU! IN MY JUSTICE
 Bの中プラス塚原新2018-07-31
 
マニラで麻薬の売人を追う、女性Gメンとその仲間たちの死闘を描く、アクションVシネマ。 危険な捜査中に、ヒロインの妹たちが卒業旅行でフィリピンに遊びに来るという展開で、・・・
続きを読む
マニラで麻薬の売人を追う、女性Gメンとその仲間たちの死闘を描く、アクションVシネマ。 危険な捜査中に、ヒロインの妹たちが卒業旅行でフィリピンに遊びに来るという展開で、その後の流れが全部予想ついてしまうあたりが当時のVシネらしい(笑)。 「女ランボー」なんて大げさなタイトルつけて…と思っていたが、海外ロケを生かした銃撃シーンは火薬量が多く、クライマックスは期待以上のコマンドアクションが堪能できる。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION