allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「田舎のオジサン」さんのコメント一覧 登録数(38件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]白昼の決闘
 全て濃いのだ田舎のオジサン (Mail)2013-02-09
 
小学生の時見た。西部劇ファンのガキは題名に決闘とあったので痛快な西部劇だろうと勝手に推測し見に行った。そしたら、大メロドラマでガッカリした想い出がある。映画館に入っ・・・
続きを読む
小学生の時見た。西部劇ファンのガキは題名に決闘とあったので痛快な西部劇だろうと勝手に推測し見に行った。そしたら、大メロドラマでガッカリした想い出がある。映画館に入ってスクリーンを見たら、ちょうどJ・ジョーンズが川か湖で水浴をし、G・ペックが、からかいながら眺めているシーンだったのを覚えている。ラストの息絶え絶えのペックのもとへJ・ジョーンが必死でにじりよって行く大芝居のシーンで、後ろの席のカップルの女性が感激してオイオイ泣いていたのをなぜか鮮明に覚えている。併映は、やはりJ・ジョーンズの出ている「君去りし後」だった。「白昼の決闘」は、ビデオも持っており、時々見るが、シツコイ映画にもかかわらず見始めると以外とおもしろく見てしまう。それだけの力のある映画かもしれない。
隠す
  
 
[002]死の谷
 一級品の西部劇田舎のオジサン (Mail)2013-02-08
 
封切り時は、小学校低学年だったので見に行かれず、大学生になった時のリバイバル上映時に初めて見ることが出来た。ストーリー展開も早くアクションシーンも良く出来ており感心・・・
続きを読む
封切り時は、小学校低学年だったので見に行かれず、大学生になった時のリバイバル上映時に初めて見ることが出来た。ストーリー展開も早くアクションシーンも良く出来ており感心した。J・マクリーもまだスマートで動きもキビキビしていた。後年になると太鼓腹になり、J・ギャバンと兄弟のようなジャガイモ顔には、まだこの映画ではなっていないのもうれしい。それに小学生時代のご贔屓のV・メイヨが底辺に生きる女を熱演しているのも良かった。V・メイヨの出演作では、この映画のコロラドがベストと思う。ラストに手を握りあって息絶えるシーンは本当に感動ものだ。但し、この映画より2〜3年前に製作された「白昼の決闘」の影響を多分に感じた。いろいろなサイトでこの映画のブログを拝見するとかならず「ハイ・シエラ」と同じと感じた云々という書き込みを見ることが多い。ちょっと待てよ。日本で「死の谷」が封切りされたのは1950年で「ハイ・シエラ」が日本に輸入されたのは、1988年となんと38年もの時の経過があるのだ。よって「死の谷」封切り時に「ハイ・シエラ」を見た日本人はいないのである。もちろん「ハイ・シエラ」は1941年に製作され「死の谷」はそのリメイクということは、当時から知られた事実ではある。ちなみに、俺は10年程前にビデオ販売された「ハイ・シエラ」を初めて見た。「ハイ・シエラ」では、男は死ぬが女は生き残り大いに不満だった。
隠す
  
 
[003]肉の蝋人形
 3D眼鏡体験者なのだ田舎のオジサン (Mail)2013-02-06
 
初めて観たのは、小学生時代。チャチな3D眼鏡を掛けて見たのだ。思っていたほど物が飛び出してこないなと思った。でも怖かったなこの映画。J・ザンダースが顔をひっぱたかれ・・・
続きを読む
初めて観たのは、小学生時代。チャチな3D眼鏡を掛けて見たのだ。思っていたほど物が飛び出してこないなと思った。でも怖かったなこの映画。J・ザンダースが顔をひっぱたかれると蝋面が割れて「オペラの怪人」のロン・チャニーもどきの顔が出てくるシーンは子供には、とても怖く感じた。今、思うと「エルム街の悪夢」のフレディにも似ている。ガイ・マディスンの「フェザー河の襲撃」もチャチな3D眼鏡で見たよ。あと「ホンドー」「限りなき追跡」も立体映画だったが、3Dバージョンでなく普通バージョン版で見た。M・カーティス監督の1933年の作品も見たが、俺はこの立体映画版の方が良く出来ていると思う。
隠す
  
 
[004]血ぬられし欲情
 題名に罪あり田舎のオジサン (Mail)2013-02-04
 
小学生の時に見ました。なんだこの題名はと思ったがポスターのボウイナイフを構えたA・ラッドのカッコよさを見てこれはおもしろそうだと判断して見た次第である。たしか副題と・・・
続きを読む
小学生の時に見ました。なんだこの題名はと思ったがポスターのボウイナイフを構えたA・ラッドのカッコよさを見てこれはおもしろそうだと判断して見た次第である。たしか副題として「8人の男を殺した女」と併記されていたような気がする。キレイなカラー映画で内容は決闘また決闘のアクションもので堪能した。この時代のA・ラッドはとてもハンサムで憧れた。なんと云ってもボウイナイフがデカくてピカピカしておりまぶしかった。この映画を見ている限り、ジム・ボウイが、のちにアラモの砦で戦死するなんて想像も出来ない。 とてもおもしろい活劇映画なのに見たという人が少ないのは題名のせいだろう。ビデオを捜しているのだが、日本では発売されていないのは残念だ。
隠す
  
 
[005]艦長ホレーショ
 海戦映画の佳作田舎のオジサン (Mail)2013-02-04
 
初めて見たのは、小学生の時。変な名前の艦長だなと思った。大学生時代に原作がフォレスターでハヤカワ文庫から何冊も翻訳されていることを知った。 G・ペックはE・フリンの・・・
続きを読む
初めて見たのは、小学生の時。変な名前の艦長だなと思った。大学生時代に原作がフォレスターでハヤカワ文庫から何冊も翻訳されていることを知った。 G・ペックはE・フリンのような軽快な動きのチャンバラをせず難しい顔をしてノッソリしてばかりなので不満だったが、海戦シーンは模型ながら多いに迫力があり満足した。ストーリーはアラだらけだが、古き時代の雰囲気が出ていて好きな映画の一本である。最近の映画は時代の雰囲気がほとんと感じられない。ラオール・ウォルシュ監督は娯楽映画のまとめ方がソツなくM・カーティスとともに好きな監督である。それに当時、ご贔屓だったV・メイヨが出演しているのもうれしい。
隠す
  
 
[006]大アマゾンの半魚人
 かわいいな半魚人田舎のオジサン (Mail)2013-02-03
 
小学生の時、これと大河内伝次郎の丹下左膳とのすごい二本立上映で見た。ストーリーに無理がなく半魚人の造形の素晴らしさは言うまでもなくとても楽しく見られた。あまたあるク・・・
続きを読む
小学生の時、これと大河内伝次郎の丹下左膳とのすごい二本立上映で見た。ストーリーに無理がなく半魚人の造形の素晴らしさは言うまでもなくとても楽しく見られた。あまたあるクリエイチャーの中でも最高のクリエイチャーだと思う。怖さと可愛らしさが同居しているクリエイチャーだ。ユニバーサル映画のモンスターの中で半魚人が造形的には1次が「宇宙水爆戦」のバルタン星人がパクッたロボットだろう。水中撮影シーンは素晴らしく多分ターザン映画のモーリーン・オサリバンの遊泳シーンの影響を受けているんじゃないかと思う。この映画2作目が作られたとの情報があったので心待ちしていたが、輸入されなかったようだ。2作目をチラッと見る機会があつた。ブレット・ハルゼーが主演していたが、半魚人が都会に出てきたようでグダグダの作品になってしまっていた。「大アマゾンの半魚人」は大好きでビデオを購入し時々鑑賞している。
隠す
  
 
[007]勇者のみ
 ガトリング砲田舎のオジサン (Mail)2013-02-03
 
初めて見たのは、小学生時代。当時は珍しかったガトリング砲が出てくる西部劇というので見に行った。戦争ものも大好きで戦闘機の機関砲もガトリング砲を装備していることを知っ・・・
続きを読む
初めて見たのは、小学生時代。当時は珍しかったガトリング砲が出てくる西部劇というので見に行った。戦争ものも大好きで戦闘機の機関砲もガトリング砲を装備していることを知っていたので、その原型を見て見たかったのだ。おもしろいのだが、なんかサッバリ感に欠ける西部劇だなと思った。もっとも、G・ペックの西部劇にサッパリ感を求めるのは無理ですがね。その後、何度か見直しているが結構おもしろく見られる。結局、わき役がみんな魅力があるからだろう。
隠す
  
 
[008]海の男
 健全な映画田舎のオジサン (Mail)2013-02-03
 
小学生低学年の時、祖父に連れられて見た。白黒の地味な映画で、女性が画面に現れるのは、港町の通行人だけであったような記憶があり、印象に残っている。監督がH・ハサウェイ・・・
続きを読む
小学生低学年の時、祖父に連れられて見た。白黒の地味な映画で、女性が画面に現れるのは、港町の通行人だけであったような記憶があり、印象に残っている。監督がH・ハサウェイ、R・ウィドマーク、D・ストックウェル、ライオネメ・バリモアとそうそうたる出演者のうえに、スペクタルシーンもあり、ストーリーも少年の成長を軸にした良い映画にもかかわらず人気がない映画。 カラーにしてスペクタルシーンをもっと派手にしたら相当おもしろい映画となっただろうに残念な気がする。遭難シーンはいかにもプールで撮影したというのが、見え見えでチャチな映画だなと思った。でも、なんとなく心に残っているのはなんでだろう。10年後に深夜テレビで再見した時はなつかしかった。
隠す
  
 
[009]旅情
 すばらしき恋愛映画田舎のオジサン (Mail)2013-02-02
 
封切時は、小学生だったので見られなかった。大学生になりリバイバル上映され銀座の「みゆき座」で見た。すばらしさに感動し二回続けて見た。特に、ブラッツイがヘプバーンを口・・・
続きを読む
封切時は、小学生だったので見られなかった。大学生になりリバイバル上映され銀座の「みゆき座」で見た。すばらしさに感動し二回続けて見た。特に、ブラッツイがヘプバーンを口説くときの長いセリフ「君は素晴らしいヴェニス、若く金持ちの男との出会いを夢みてきた。私は若くもなく金持ちでもない男だ。しかし、我々は男と女だ。汚いとか不倫とかケチをつけずビーフステーキではなく目の前のスパゲッティを食べたまえ・・・」というような主旨のセリフを暗記した。原語では、スパゲッティではなくラビオリだったが当時の日本ではラビオリは、ほとんど知られておらず誰でも知っているスパゲッティにしたという有名な逸話はご存じのとおりである。なお、最近のビデオでは、ラビオリと訳されているようである。 2人が結ばれる前後が舞台っぽいなと思ったら、もともとアーサー・ローレンツの舞台劇だった。ヴェニスに旅行し、この映画と同じ景色と空気感に感動した。男と女は好意を感じたら環境とか社会制約などは関係なしにセックスすべきであるというのが、私の持論だが、そうなったらこの映画のような恋愛映画とか恋愛小説は成り立たなくなってしまう。ヘップバーンは、恋する女性の可愛らしさと切なさをまさに入神の演技で体現する。ほんとにスゴイ女優だ。
隠す
  
 
[010]アパッチ
 良いタイトルだ田舎のオジサン (Mail)2013-01-13
 
初めて見たのは、小学生時代。おませな同級生と見た。ランカスターが、眠った振りをしていて近付いて来たピータースの足にタックルをして覆い被さるというシーンに悪童ふたりは・・・
続きを読む
初めて見たのは、小学生時代。おませな同級生と見た。ランカスターが、眠った振りをしていて近付いて来たピータースの足にタックルをして覆い被さるというシーンに悪童ふたりは変に興奮しバツが悪そうに顔を見合したことを思い出した。青い目をしたインディアンとは、現実的でないが、そんなことはどうでも良いのだ。ランカスターとピータースの魅力を見せる映画なのだから。そんなことを云ったらヴァレンチノの「シーク」はどうだというのだ。アルドリッチはこれが初演出とのことだが、たいしたものだ。この映画以来アルドリッチのファンとなり何本も見た。但し、「何がジェーンに起こったか」あたりから、アルドリッチも衰えたなと思った。この時代のランカスターの映画は大好きである。「真紅の盗賊」「怪傑ダルド」「タルファ駐屯兵」「ヴエラクルス」「真昼の暴動」etc・・・。ジーン・ピータースもこの映画が一番輝いて見える。ハワード・ヒューズは女を見る目があるよ。この映画のビデオも買い時々見ているが、テンポの良さには感心する。昔の映画は、ほとんど俳優の魅力で見せている。今は、リアリティがないかもしれないが、もう少し俳優の魅力で見せる映画があっても良いのではないかと思う。
隠す
  
 
[011]戦場を駈ける男
 捜していた映画田舎のオジサン (Mail)2013-01-11
 
小学生時代に近所の高校生がこの映画と「絶海の嵐」を見て、とてもおもしろかったと話をしていたので是非見たいと何年間も捜したが、なかなかみる機会にめぐまれなかった。その・・・
続きを読む
小学生時代に近所の高校生がこの映画と「絶海の嵐」を見て、とてもおもしろかったと話をしていたので是非見たいと何年間も捜したが、なかなかみる機会にめぐまれなかった。その後、何年間も掛ったが「絶海の嵐」はTVの深夜劇場で見れたしDVDも捜して見ることが出来た・ところが「戦場を駆ける男」だけは見ることが出来なかった。E・フリンは大好きな俳優でほとんどの作品を見ているのに、これだけは縁がなかった。それが、去年やっとみることが出来たのだ。期待していたわりには、情けない映画だったが、長年の念願がかないうれしかった。しかし、戦争が始まったばかりの1942年にこんなふざけた映画を作れるアメリカの底力には感服させられた。それにこの映画の日本タイトルを考えた人はスゴイと思う。とても良いタイトルだと思う。それにしてもE・フリンの戦争ものはどれも出来が悪い。わずかに「暁の偵察」が面白いだけだ。
隠す
  
 
[012]荒野の決闘
 日本題名を変えたら?田舎のオジサン (Mail)2012-06-20
 
初めて見たのは、小学生時代。これとロッド・キャメロン主演の「荒くれ男」の二本立て上映だった。西部劇が大好きな小学生は早速見に行った次第である。満員で立ち見客も多い映・・・
続きを読む
初めて見たのは、小学生時代。これとロッド・キャメロン主演の「荒くれ男」の二本立て上映だった。西部劇が大好きな小学生は早速見に行った次第である。満員で立ち見客も多い映画館に入るとちょうどあまりにも有名なヘンリー・フォンダが椅子に深く掛け柱に足を掛けてスクエアダンスを眺めているシーンだった。決闘と題名がついているので、痛快な西部劇だろうと期待していたらそうでもなくガッカリした想い出がある。ヴィクター・マチュアはゴホンゴホンと咳ばかりしていて「お前は平手造酒か?」と思った。それに、肺病病みにしては体格が良すぎた。その後、西部開拓の歴史をいろいろと読みワイアット・アープは実在の人物でOKコラルの決闘も史実ということを知り史実ならそんなに痛快なストーリーに出来る筈はないと納得した。西部劇のベストテン等には、いつもベストスリーには、ランクされているが、俺は西部劇としたらそれは評価が高すぎると子供のころから思っていた。しかし、この映画には、なかなか良いシーンが多くケチをつけにくい映画の一本と言えるのではないだろうか。
隠す
  
 
[013]08/15
 秀逸な軍隊批判映画田舎のオジサン2012-06-18
 
見たのは、中学生時代。その後何年かしてNHKテレビで放映された時も見た。ユーモアと風刺に溢れた軍隊批判映画でエッチなシーンもあり中学生でも容易に理解出来た。全3部作・・・
続きを読む
見たのは、中学生時代。その後何年かしてNHKテレビで放映された時も見た。ユーモアと風刺に溢れた軍隊批判映画でエッチなシーンもあり中学生でも容易に理解出来た。全3部作だが、全部見た。好きな映画だが、この映画について書かれたものはあまりない。ということは、当時の批評家さんはあまり見ていないということになる。日本の軍隊は理不尽さは、世界一のくだらない軍隊なのにこの映画のように皮肉を込めて軍隊を批判した映画がつくれないのは、国民性なのかな。
隠す
  
 
[014]宇宙戦争
 SF映画の傑作田舎のオジサン (Mail)2012-06-07
 
初めて見たのは、小学生の時。その面白さにビックリした。色彩の綺麗さ、光線を浴びた戦車や人が消えてしまうシーンはこの映画が最初ではないだろうか。それとヒュルヒュルとい・・・
続きを読む
初めて見たのは、小学生の時。その面白さにビックリした。色彩の綺麗さ、光線を浴びた戦車や人が消えてしまうシーンはこの映画が最初ではないだろうか。それとヒュルヒュルという宇宙船の効果音もこの映画が最初だろう。ただ、宇宙人の姿は小学生ながらチャチだなと感じた。ジーン・バリーは地味な役者なので大成しないだろうなと思ったが、TVの発展により「バット・マスターソン」とか「バークにおまかせ」などのTV番組で活躍ぶりを見ることが出来、TV界で成功したので安心した。 良かったなと
隠す
  
 
[015]非常線
 見た人いる?田舎のオジサン (Mail)2012-06-07
 
小学生の時、友達を誘って見に行った。この映画とエロール・フリンの「バラントレー卿」の二本立てで本命は「バラントレー卿」の方だった。ディック・パウエルの初監督作品。内・・・
続きを読む
小学生の時、友達を誘って見に行った。この映画とエロール・フリンの「バラントレー卿」の二本立てで本命は「バラントレー卿」の方だった。ディック・パウエルの初監督作品。内容は良く覚えていない。ギャングが一般人を人質に 原爆実験場のネヴァタの砂漠に逃げ込み最後は原爆実験の爆風に巻き込まれて おさらばとなる内容だった。白黒映画でモタモタした展開だった。しかし、この映画でアメリカの原爆実験は鉄塔の上に原爆を設置し爆発させているということを知った。原爆実験とギャングを組み合わせた着想はなかなかのものだと思う。この映画を見たという人はほとんどいないだろうな。
隠す
  
 
[016]野性の女
 南アフリカ開拓劇田舎のオジサン (Mail)2012-06-01
 
大昔に見たので、はっきりとは覚えていない。しかし、南アフリカの開拓のお話で題材が変わっているので印象は強い。監督がヘンリー・キングなのでモタモタした演出だが現地人が・・・
続きを読む
大昔に見たので、はっきりとは覚えていない。しかし、南アフリカの開拓のお話で題材が変わっているので印象は強い。監督がヘンリー・キングなのでモタモタした演出だが現地人が槍で襲って来るのを西部劇と同様に円陣を組んで応戦するシーンは迫力あり。長い槍で襲うのは、あまり見たことはなかったが、実際襲われたら怖いだろうなと思った。タイロン。パワーとスーザン・ヘイワードという顔も濃い上にシツコイ演技をする二人なのでちょっと辟易するが、ストーリーが目新しく飽きずに見られた。共演がこれまた暑苦しいリチャード・イーガンとリタ・モレノという豪華な配役。特にリタ・モレノは、若くセクシーで最高の魅力を発揮している。そのため、たちまちファンになった。しかし、5〜6年後の「ウェスト・サイド・ストーリー」の時には、いい役なのに「野性の女」出演時のピチピチした弾力が失われ老けていてガッカリした。
隠す
  
 
[017]ヴァジニアの血闘
 懐かしの西部劇田舎のオジサン (Mail)2012-05-31
 
1940年度の製作。日本封切が1952年と製作後12年も経過して封切された。 そのためか、これだけの超大作映画にしては、大々的な宣伝もなくひっそりと公開された。依って、こ・・・
続きを読む
1940年度の製作。日本封切が1952年と製作後12年も経過して封切された。 そのためか、これだけの超大作映画にしては、大々的な宣伝もなくひっそりと公開された。依って、この映画をリアルタイムで見たという人にあまりお目にかかったことはない。わたくしは小学生時代に田舎の映画館で見た。エロール・フリンの大ファンの上に日本題名が血闘とついておりきっとおもしろいだろうということで見に行った。マイケル・カーティス監督、エロール・フリン、ランドルフ・スコット、ハンフリー・ボガードの共演、音楽がマックス・スタイナーという2時間の超大作とくれば面白くない筈はなく堪能した。正義の人ランドルフ・スコットがラストに死んでしまうのには、ビックリした。当時の西部劇でヒーローは絶対に死なないものと思っていたから。スコットの西部劇は何本も見たがこの映画のスコットが一番カッコ良く見えた。エロール・フリンはいつものとおりでこれまた良かった。ボガードが変なヒゲの盗賊になるが印象に残っている。最近、DVDが発売され早速購入し再見した。子供の時の記憶では、最後に幌馬車が円陣を組んで迎え撃つのがインディアンとばかり思っていたが、メキシコ人の山賊だったという記憶違いを発見した。昔の西部劇には、雑踏溢れる町の様子とか、酒場のシーン、荒野での追跡シーンとか御約束のシーンがたくさんあったのに最近の西部劇の町の中の閑散としていることや酒場のシーンも貧乏たらしく残念だ。きっと人を雇う予算が少ないからだろう。この西部劇おもしろいですよ。よかったら見てください。
隠す
  
 
[018]おもいでの夏
 青春映画の王道田舎のオジサン (Mail)2012-05-26
 
リアルタイムでも見たしその後も何回か見ている。これがアメリカ映画かと思うようなソフトタッチの演出。まるでフランス映画のようなタッチである。ストーリーは、よくある少年・・・
続きを読む
リアルタイムでも見たしその後も何回か見ている。これがアメリカ映画かと思うようなソフトタッチの演出。まるでフランス映画のようなタッチである。ストーリーは、よくある少年の年上の女性に対する憧れを描いているが、時代設定が1942年という戦時中なのが成功した要因だろう。やはり恋愛には、制約がないと心に訴えないということだろう。しかし、若い男はなぜある時期年上女性にあこがれるのだろう。俺も若い時、そうだった。ただ、この映画ソフトフォーカスを多用しすぎてジェニファー・オニールの顔が良く見えず美人なのか普通なのか判然としないシーンが多い。もっとも、それがロバート・マリガンの狙いということは良く理解できるが・・・。ところで、劇中でハーミー少年がデブの友達とダブルデートで映画を見るシーンがありますが、上映していた映画がわかりますか?ベティー・デービスとポール・ヘンリード主演の「情熱の航路」という映画ですよ。その映画館ポスターの中に「黒蘭の女」のポスターも見受けられました。どちらもベティー・デービス主演の映画なのに製作年度が2〜3年異なるのになんで同時期に上映していたのかな?
隠す
  
 
[019]タルファ駐屯兵
 娯楽活劇映画の見本田舎のオジサン (Mail)2012-05-14
 
小学生時代に佐田啓二、津島恵子、柳永二郎の「華やかな夜景」というつまらないサラリーマン物との二本立上映で観た。駐屯兵って何だと親父に質問したことを思い出す。この時代・・・
続きを読む
小学生時代に佐田啓二、津島恵子、柳永二郎の「華やかな夜景」というつまらないサラリーマン物との二本立上映で観た。駐屯兵って何だと親父に質問したことを思い出す。この時代のバート・ランカスターはまだアカデミー賞を狙うという野心はなく、娯楽映画の中で飛び回っていた。「真紅の盗賊」「怪傑ダルド」などどれも面白かった。これもその流れをくむ外人部隊もので楽しく観た。外人部隊の制服が格好良く外人部隊ものが、好きなのだか最近は全然観たことがない。この映画は肩ひじをはらずコメディータッチの味付けもあり、楽しく見られた。ランカスターが汗をしたたらせ機関銃で悪者を一掃するシーンは痛快だった。ギルート・ローランドも良きバイプレイヤー振りで好演していた。ビデオが販売されていないのは残念。この映画は題名がダサイので面白い映画の割には観たという者にあまり会ったことがない。
隠す
  
 
[020]壮絶鬼部隊
 イタリア軍もやるじゃないか田舎のオジサン (Mail)2012-05-13
 
珍しいイタリアの白黒戦争映画。高校生の時、観たので詳細はあまり覚えていない。しかし、戦闘シーンはなかなか迫力あり。原題の如くエルアラメンの戦闘を描いている。イタリア・・・
続きを読む
珍しいイタリアの白黒戦争映画。高校生の時、観たので詳細はあまり覚えていない。しかし、戦闘シーンはなかなか迫力あり。原題の如くエルアラメンの戦闘を描いている。イタリア軍は、イギリス軍に包囲されるが陣地を死守する覚悟をする。たこつぼと言われる塹壕に潜み敵戦車が頭上を通過する際に戦車の腹に爆弾を貼り付け爆破するという玉砕戦法をとる。あのだらしなく腰ぬけのイタリア人の中にもこんなに勇敢な兵隊たちがいたことに感銘を受けた。玉砕戦法をとるのは、間抜けな日本軍だけだと思っていたから・・・。ノモンハン事件のノロ高地におけるソ連軍戦車に蹂躙されっぱなしの日本軍を思い出した。日本軍もたこつぼに潜みソ連戦車と戦ったが、日本軍は戦車に貼り付ける形式の爆弾をもっておらず、戦車が近付いたところで飛び出して原始的な火炎ビンを投げつけて戦車を炎上させるという戦法をとった。なせ゛戦車が火炎ビン如きで燃えるかというと長距離を走行して来るためエンジンが焼けていて引火しやすくなっていたためである。日本人はノモンハンに於いてソ連軍にボロ負けしたのにそのことを国民にしらせず反省もしていなかったので、太平洋戦争で負けることとなった。とにかく反省とか責任をとるということがないのが日本人の特徴でありこの伝統は今になっても治っていない。
隠す
  
 
[021]禁じられた恋の島
 なんとなく好きな映画田舎のオジサン (Mail)2012-05-11
 
大昔のまだ若い大学生時代に観た。監督のダミアノ・ダミアーニという変な名前が印象に残っている。音楽も綺麗な旋律で良い。たしかサン・セバスチャン映画祭で優秀作品賞を取っ・・・
続きを読む
大昔のまだ若い大学生時代に観た。監督のダミアノ・ダミアーニという変な名前が印象に残っている。音楽も綺麗な旋律で良い。たしかサン・セバスチャン映画祭で優秀作品賞を取っている。そのわりには、日本では人気のない映画。 きっと同性愛を扱っているので敬遠されたのだろう。でも俺はこの映画好きだな。少年と若い義母との恋。少年・義母・父親の3人とも映画は初出演だったと思う。作家になった少年の回想でのストーリー展開だったと思う。ラストの作家となった少年の言葉が気に入り2回続けて観て暗記した。大体次のような要旨だった。「ヌンチアータはどこにでもいる平凡な女だったかもしれない。しかし彼女はわたくしの心に生き続け、もし私が他の女を愛したならば、それは彼女から盗んだ愛にすぎない。」このナレーションにあの甘く切ない音楽が重なり終わるのだ。昔が懐かしいよ。
隠す
  
 
[022]燃える密林
 ひたすら懐かしい田舎のオジサン (Mail)2012-05-08
 
小学校2年生の時おじいちゃんと観に行った。子供ながらにチャチな映画だなと思った。ワイズミューラーはターザン以外の役はダメだなとも思った。ストーリーは、まるで覚えてい・・・
続きを読む
小学校2年生の時おじいちゃんと観に行った。子供ながらにチャチな映画だなと思った。ワイズミューラーはターザン以外の役はダメだなとも思った。ストーリーは、まるで覚えていないがラストに燃える林(密林とはとても言えない)の中を流れる河の中で悪役と格闘したり得意の泳ぎを見せるシーンを微かに覚えている。その後、中学生時代の深夜テレビで放映したので観たことがある。 初めて観たC級ハリウッド映画ということで記念すべき映画の一本である。
隠す
  
 
[023]マニラ
 観たことのある人は手を挙げて!田舎のオジサン (Mail)2012-04-18
 
私のような年寄りが小学生の時観た映画なので今生きている人でこの映画を観たという人はほとんど日本にはいないんじゃないかと思う。エロール・フリンが大好きなので観に行った・・・
続きを読む
私のような年寄りが小学生の時観た映画なので今生きている人でこの映画を観たという人はほとんど日本にはいないんじゃないかと思う。エロール・フリンが大好きなので観に行ったのだが白黒の地味な映画で彼の映画の中では最低の一本と言える。ゴードン・ダグラス監督、共演はルス・ローマン・エドモンド・オブライエン・ジャック・ウェッブと豪華なのにどうしてこんなにつまらなかったのだろう。よくある宝探し映画だが、この手の映画でおもしろいと思った映画は少ない。子供の時なのでほとんど覚えていないが、フリンが潜水服を着て潜水すると例によってサメが出てくるチャチなシーンだけは不思議に鮮明に覚えている。おまりにもサスベンス感の無さにあきれたのだ。
隠す
  
 
[024]進め龍騎兵
 竜騎兵よ永遠に田舎のオジサン (Mail)2012-04-18
 
初めて観たのは小学生時代。題名が小学生の心にヒットしたのだ。帰宅してこの映画を観てきたとオフクロに報告したところ戦前に観たと云われ「へぇーそんなに古い映画なのだ」と・・・
続きを読む
初めて観たのは小学生時代。題名が小学生の心にヒットしたのだ。帰宅してこの映画を観てきたとオフクロに報告したところ戦前に観たと云われ「へぇーそんなに古い映画なのだ」と驚いた。調べてみると1937年に日本に公開されていた。エロール。フリンは大好きな俳優で彼の映画はほとんど観ている。のちに彼はロリータ趣味、バイセクシャル、アル中であるとか悪い噂が山ほどあることを知ったが私にとっては永遠のヒーローであることに変わりがない。このころのマイケル・カーティス監督、オリヴイア・デハビランドとの共演作はどれもおもしろい。さて、この映画だが、ストーリーは支離滅裂だが、そんなことはどうでも良い。ラストの突撃シーンを観るだけで良いのだ。これだけのスベクタクルシーンは現代の映画ではCGなしではとても作れない。トニー・リチャードソンがリメイクしたが変に小理屈をつけとてもつまらなく幻滅した。映画とはワンシーンでも人の心に訴えるシーンがあればよいのだ。
隠す
  
 
[025]仔鹿物語
 良き時代のアメリカ映画田舎のオジサン (Mail)2012-04-17
 
小学1年生の時、両親に連れられて満員の赤羽の映画館で観た。当時の日本は汚く貧しく絵画に例えると全て灰色で描かれた風景をしていた。その中で観たこの映画の色彩の美しさに・・・
続きを読む
小学1年生の時、両親に連れられて満員の赤羽の映画館で観た。当時の日本は汚く貧しく絵画に例えると全て灰色で描かれた風景をしていた。その中で観たこの映画の色彩の美しさには、目を見張った。フロリダの森の木立の緑の美しさ、小川のせせらぎの流れの透明さ、空の青さのキレイさ、現実の世界の苦しさに比較するとまるで夢の中にいるような素敵な時間を過ごすことができた。 ストーリーもまじめで嫌味がなくすんなりと受け入れられた。当時のアメリカ映画は、まだキリスト教の倫理観に支配され、健全で親子揃って観に行くことが出来る映画が多かった。やはり映画は基本的に健全なものでなくては長続きしないだろう。今の映画界は破滅に向かって突っ走っているのを懸念する。この映画は何回となく観たしビデオも持っている。観るたびに亡き両親の想い出とともに荒廃していた東京の風景を思い出している。
隠す
  
 
[026]カウボーイ&エイリアン
 変な映画田舎のオジサン (Mail)2012-04-16
 
いやぁーまいった。まいった。久しぶりの珍品だ。そもそもカウボーイとエイリアンの組み合わせがうまくいくはずがない。一昔前の香港映画の発想だ。 ダニエル・クレイグとハリ・・・
続きを読む
いやぁーまいった。まいった。久しぶりの珍品だ。そもそもカウボーイとエイリアンの組み合わせがうまくいくはずがない。一昔前の香港映画の発想だ。 ダニエル・クレイグとハリソン・フォードが出演しているので、こんなヒドイ作品とは思っていなかったのに・・・。二人を組み合わせたウェスタンにしたら相当おもしろい作品が出来ただろうに。
隠す
  
 
[027]野女ヤスカラ
 ビバ・メキシコ映画田舎のオジサン (Mail)2012-04-14
 
はじめて観たのは、中学生の時。幼稚な映画だが、その屈託のなさに好感が持てた。リカルド・モンタルバンが、ビルドアップされた良い身体をしているのにはちょっとビックリした・・・
続きを読む
はじめて観たのは、中学生の時。幼稚な映画だが、その屈託のなさに好感が持てた。リカルド・モンタルバンが、ビルドアップされた良い身体をしているのにはちょっとビックリした。ヤスカラ役の女優さんは、可愛らしいのにグラマーな肉体でそのアンバランスさが、これまた良かった。彼女はリンダ・クリスタルの姉妹であるとなんかの雑誌で読んだが真相は定かではない。河の中でのラブシーンで大きなオッパイが薄い服から透けて見えるのが中学生にとっては、たまらない魅力だった。数年後に「女体アリ地獄」という三流のアルゼンチン映画が公開されたが、このシーンをまったくパクッていた。ユスカラが男に抱かれてエクスタシーを感じ手に取っていた小鳥を思わず握り殺してしまうシーンには、いくら中学生でもあまりの表現の稚拙さに苦笑した。
隠す
  
 
[028]?
 人間の本質田舎のオジサン (Mail)2012-03-29
 
初めて観たのは高校生の時。その後テレビで3回は観ている。当時は「つまらねぇ映画だなー」という感じしか持っていなかった。最近見直したところ、いい映画だなーという風に思・・・
続きを読む
初めて観たのは高校生の時。その後テレビで3回は観ている。当時は「つまらねぇ映画だなー」という感じしか持っていなかった。最近見直したところ、いい映画だなーという風に思えるようになって来た。それだけ俺も歳とったのだ。まるでこの映画のザンパーノが過去を後悔しているのと同じだ。何が良いのかというとこの映画ほど人生というか人間の本質を分かりやすく伝えている映画は無いのじゃ無いかと思う。戦後のイタリアの貧しい生活のリアル感がたまらないものがある。このリアル感は、作って出せるものではない。今この映画を作ったらどう評価されるでしょうか?リアル感のない薄っぺらなセット撮影では、とてもこの映画の時代感はだせない。そういう意味でCGだらけの3 丁目の夕日は大嫌いである。アンソニー・クインはスゴイ。インディアンとか悪役専門だった彼がこんなにスゴイ演技力があるとは・・・。それを見抜いてキャスティングしたフェリーニもスゴイ。ジュリエッタ・マシーナとリチャード・ベイスハートの役柄はほかにもいくらでも演じられる役者はいる。しかし、ザンパーノ役はアンソニー・クインしかいない。フェリーニは海が好きなのかな。「甘い生活」のラストも海が出てきた。救いのない映画で生理的には好きでないが、名作であることは間違いない。
隠す
  
 
[029]硫黄島の砂
 リアル感ある戦争映画田舎のオジサン (Mail)2012-03-26
 
初めて観たのは、小学生時代。今は亡き弟を自転車の後ろに乗せて連れて行った。映画館に入ったら、ちょうどすり鉢山攻略の実写シーンで、火炎放射装置を装備した戦車が火炎を放・・・
続きを読む
初めて観たのは、小学生時代。今は亡き弟を自転車の後ろに乗せて連れて行った。映画館に入ったら、ちょうどすり鉢山攻略の実写シーンで、火炎放射装置を装備した戦車が火炎を放射しているシーンで字幕に「初めて見る地獄絵図だ」と出ていたのを鮮明に覚えている。大学生時代にリバイバルされ早速観に出かけた。初演の時には、日本兵の出るシーンは、すべてカットされていたが、リバイバルでは、例によって変な日本兵が一杯出てきて時代の流れを感じた。この映画が好きな点は、実写とスタジオ撮影の違和感が少なく上手につなげてあるところである。特にタラワ上陸シーンは、迫力とリアル感に溢れており、小学生ながら感心した。戦争映画が大好きて゛やたらと見まくっていた上に各国の戦記物を読みあさっていたので、若年ながら、戦争に関してはプロだったからです。ジョン・ウェィンの映画は、何本も観たがこの映画のストライカー軍曹役が最高の適役。次が「赤い河」のダンスン役である。それにしても、リチャード・ジャッケルはどのくらい戦争映画に出演していることか? 当時製作された戦争映画のほとんどに出演しているような気がする。のちにテレビの「ルート66」で人気者になったマーテイン・ミルナーのテ゛ビュー作で 硫黄島に上陸後すぐに砂浜で戦死する役を嫌味なく演じている。ジョン、エイガーは、清潔感のある役者で子供の時は、ごひいきな役者だったが、大成しなかったのは残念である。この映画は名作ではないが、わたくしの中では、当時の思い出とともに名作のひとつである。
隠す
  
 
[030]河の女
 ソフィア・ローレン田舎のオジサン (Mail)2012-03-19
 
初めて観たのは、中学生時代。ソフィア・ローレンの魅力と迫力に圧倒された。台に足をブラブラさせながら、だらしなく座り、昼食を下品にむさぼり食うだけなのに不思議な魅力を・・・
続きを読む
初めて観たのは、中学生時代。ソフィア・ローレンの魅力と迫力に圧倒された。台に足をブラブラさせながら、だらしなく座り、昼食を下品にむさぼり食うだけなのに不思議な魅力を感じた。おおげさなジェスチャーで大声でまくしたてる。それなのに、とても魅力的なのです。この映画の中で、イタリアでも 鰻を食べることを知った。鰻を食べるのは、日本人だけだと思っていたからです。シネスコの画面一杯にマンボを踊るローレンの姿には見とれるだけだった。ポー河流域の景色も美しい。マンガーノの「苦い米」を踏襲しているのはわかるが、この映画のローレンは、そんな些細なことは全てぶっ飛ばしてしまう程の魅力に溢れていた。その後、アメリカ映画にも出演する機会も増えたローレンだが、変にソフィスティケィテッドされてしまい荒削りな魅力が薄れてきてしまったのは、残念だ。当時、ローレンとアニタ・エクバークが共演する女子プロレス映画を作ったら当たるだろうなと思った。機会があれば再見したい映画の一本である。この映画でデビューしたリク・バッターリアは大根だが、好感が持てた。その後、つまらない史劇とか何本か観た。しかし、すこしも演技が向上していなかった。でも、この映画を観たよしみから蔭ながら声援を送っていた。
隠す
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION