allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「賭侠」さんのコメント一覧 登録数(195件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]西遊記 〜はじまりのはじまり〜
 スー・チー良かったぁ。賭侠2016-01-21
 
久し振りのチャウ・シンチー監督作で今回役者として出演していないのでコメディとして大丈夫か心配だったけど、心配したのが無駄だったぐらい作品は面白く、何よりスー・チーの・・・
続きを読む
久し振りのチャウ・シンチー監督作で今回役者として出演していないのでコメディとして大丈夫か心配だったけど、心配したのが無駄だったぐらい作品は面白く、何よりスー・チーのヒロインぶりが可愛らしくて良かった。 ただ、作品のパワーは「少林サッカー」や「カンフー・ハッスル」の頃に比べると些かダウンしてる気が。 そして、シンチー作品にシンチーが出ていないっていうのはどこか物足りない感じがしました。 続編が作られそうな匂いを残したラストだったけど、どうなんだろうか?
隠す
  
 
[002]ゴッド・ギャンブラー レジェンド
 21世紀のチョウ・ユンファ作品の中では賭侠2016-01-21
 
間違いなくトップクラスの作品。 久し振りにユンファのコメディ演技が見れて大満足でした。 だけど、バリー・ウォン印の過剰かつどことなく古さを感じるギャグや作品のチープ感・・・
続きを読む
間違いなくトップクラスの作品。 久し振りにユンファのコメディ演技が見れて大満足でした。 だけど、バリー・ウォン印の過剰かつどことなく古さを感じるギャグや作品のチープ感など、往年の香港映画の雰囲気が好きな人じゃないと見るのはちょっとツラいかも。 正式にはゴッドギャンブラー・シリーズじゃないけど、ラストで本家ゴッドギャンブラー(もちろんユンファがちゃんと演じてます)も登場します。 ちなみに、続編が製作されるみたいなので期待したいところです。
隠す
  
 
[003]モンキー・マジック 孫悟空誕生
 これはツラかった...賭侠2016-01-21
 
正直、こんだけ大量にCGを使った映画って個人的には体質が合わず見てるのがツラかった。 それに輪をかけてストーリーも面白くない。 ドニー・イェン、チョウ・ユンファ、アーロ・・・
続きを読む
正直、こんだけ大量にCGを使った映画って個人的には体質が合わず見てるのがツラかった。 それに輪をかけてストーリーも面白くない。 ドニー・イェン、チョウ・ユンファ、アーロン・クォックとキャストは申し分ないだけに、ほんと残念な映画です。 中国じゃ大ヒットして続編が製作されるみたいですが、ドニー・イェンは降板とのこと。
隠す
  
 
[004]スペシャルID 特殊身分
 アクション・シーンは見応え十分賭侠2016-01-21
 
最近見たドニー・イェン主演作品では一番まともに感じました。(他に見たのは「アイスマン」と「モンキー・マジック」) やっぱり、ドニー・イェンは現代劇の方がしっくりくる。 ・・・
続きを読む
最近見たドニー・イェン主演作品では一番まともに感じました。(他に見たのは「アイスマン」と「モンキー・マジック」) やっぱり、ドニー・イェンは現代劇の方がしっくりくる。 特にオープニングのドニー・イェンvsケネス・ロー戦は良かった。 ただ、コリン・チョウの使い方はちょっと勿体なかったかな。 ラストは90年代の香港映画っぽい雰囲気で何となく懐かしく感じました。
隠す
  
 
[005]アイスマン
 リメイク作品賭侠2016-01-21
 
ユン・ピョウが主演した「タイム・ソルジャーズ」のリメイクだけど、金かけてるわりにオリジナルの良い部分が全く反映されていない。 ドニー・イェン主演作品なので期待してい・・・
続きを読む
ユン・ピョウが主演した「タイム・ソルジャーズ」のリメイクだけど、金かけてるわりにオリジナルの良い部分が全く反映されていない。 ドニー・イェン主演作品なので期待していたんですが、ちょっと残念な感じでしたね。 しかも三部作構成らしいので話がオリジナルよりかなり水増しされていて、この作品は若干区切りの悪い終わり方をしているので非常に続きが気になります。 早く公開(もしくはリリース)してほしいです。
隠す
  
 
[006]貞子3D
 これって賭侠2016-01-21
 
完全にC級モンスターパニック映画。 全くもってホラーではない。 そして、はっきり言って単なるゴミ映画。
  
 
[007]ミュータント・ワールド
 うーん。賭侠2016-01-21
 【ネタバレ注意】
隕石が原発に直撃して非難した人間以外はミュータントになってしまったという設定のみ良かったが、あとは穴だらけ。 登場キャラクターみんなアホだしミュータントはショボいし・・・
続きを読む
隕石が原発に直撃して非難した人間以外はミュータントになってしまったという設定のみ良かったが、あとは穴だらけ。 登場キャラクターみんなアホだしミュータントはショボいしアクションもっさりでラストは中途半端なハッピーエンド。 ちなみに、これは映画じゃなくTVMです。
隠す
  
 
[008]沈黙のSHINGEKI/進撃
 詐欺映画賭侠2015-10-14
 
セガールが主役じゃないのにタイトルに「沈黙」と付けてさもセガール主演作のように劇場公開させてしまうなんて...。これはもう犯罪でしょ。 しかも進撃しないし。だってアクシ・・・
続きを読む
セガールが主役じゃないのにタイトルに「沈黙」と付けてさもセガール主演作のように劇場公開させてしまうなんて...。これはもう犯罪でしょ。 しかも進撃しないし。だってアクション映画じゃないから。 パッケージ詐欺とかそんな生易しいもんじゃないぞ、これは!! 負け犬ギャンブラーが主役のC級サスペンス風映画によくこんなタイトル付けれたなと。 タイトル負けとかそういうレベルじゃないよね。 一番おいしいところ持ってったのはセガールだけど、オープニングクレジットにも名前が載らないなんてね。(エンドクレジットでは3番目に表記されてたけど) セガール・アクション全くナシだしめちゃめちゃ出番少ないし、ファンでも見る価値ないかな?と思います。
隠す
  
 
[009]25 NIJYU-GO
 ブラボー!!賭侠2015-06-13
 
個人的には傑作だと思っています。 劇場で2回観に行きました。 こういうB級娯楽作品が最近ではめっきり作られなくなったので、寂しい時代になったなぁと染々。 キャストは全・・・
続きを読む
個人的には傑作だと思っています。 劇場で2回観に行きました。 こういうB級娯楽作品が最近ではめっきり作られなくなったので、寂しい時代になったなぁと染々。 キャストは全員素晴らしかった!!ただ、惜しむらくは竹内力がいなかったこと。 脚本、演出共に文句なし!! B級アクション、Vシネマ好きの自分としては最高の作品です。
隠す
  
 
[010]龍三と七人の子分たち
 北野映画というより賭侠2015-06-13
 
(ビート)たけし映画と言った方がいいんじゃないかというぐらいお笑い芸人ビートたけし色の濃い作品。 映画というよりコントです。 めちゃめちゃ笑わせてもらいました!! 個人的・・・
続きを読む
(ビート)たけし映画と言った方がいいんじゃないかというぐらいお笑い芸人ビートたけし色の濃い作品。 映画というよりコントです。 めちゃめちゃ笑わせてもらいました!! 個人的には北野武監督作品の中では一番好きです。
隠す
  
 
[011]極道の妻(つま)たち Neo
 シリーズ中No.1の賭侠2015-06-13
 
出来の悪さ。 始まった瞬間から「これは...」という危険な香りがしたのだが、とにかく脚本は薄っぺらいし、極妻なのに女優は3人しか出ないし、これ本当に東映(東映ビデオ)が製・・・
続きを読む
出来の悪さ。 始まった瞬間から「これは...」という危険な香りがしたのだが、とにかく脚本は薄っぺらいし、極妻なのに女優は3人しか出ないし、これ本当に東映(東映ビデオ)が製作したの?って思うぐらい散々な出来でした。 ちなみにこの作品は何故か小池里奈扮する薄幸の女子高生の視点から物語が語られます。 この構成がそもそも間違ってる気がするんですが...。 一番いただけなかったのは、原田夏希扮する極妻。 いくら映画とはいえ、あのキャラクター造形はやり過ぎ。 21世紀にキセル片手に着物姿って...。 あからさまな悪役メイク(これがまた酷いのなんの)も逆効果だし。 最初から最後まででしゃばりっぱなしでリアリティの欠片もないキャラクターだった。 ここからはキャストに関して。 天龍は相変わらず何言ってるか聞き取りづらいし、石橋蓮司や大杉漣、今井雅之は無駄遣いとしか言い様がない。 チンピラ臭が全くしない渡部豪太(はっきり言って役不足)に、必要性を感じない黒田アーサー。 原作者の家田荘子もワンシーンだけ出演してたけど、そもそも出す必要性があったのか疑問。 長嶋一茂の武闘派ヤクザってのはミスキャストだし、主役の黒谷友香にいたっては極妻という部分に関しては完全に貫禄不足だった。 二人の役に対する努力は感じたけど、努力だけじゃ説得力は生まれない。 完全に役得だったのは袴田だと思う。 小池里奈は可愛いから出てるだけでOK。(彼女だけ贔屓目です。) しかも台詞とはいえセックスという言葉が彼女の口から聞けただけで満足(笑) 正直、全くもって褒められる所が一つもない作品でした。
隠す
  
 
[012]ルパン三世
 GOOD!!賭侠2014-09-02
 
最初キャスティングを知った時は違和感だらけだったけど、実際見てみたらこれが意外とキャスティングがマッチしてて映画のテイストもアニメ版の雰囲気が損なわれていなくて、個・・・
続きを読む
最初キャスティングを知った時は違和感だらけだったけど、実際見てみたらこれが意外とキャスティングがマッチしてて映画のテイストもアニメ版の雰囲気が損なわれていなくて、個人的には高評価です。 これはひょっとしたら続編が作られるんじゃなかろうか?という感じがします。 ただ、日本人以外のキャストが多くセリフは吹替になっているのでそういった意味での違和感は多少ならずとも感じてしまいますが、そこを差し引いてもこの実写版は成功したと言えると思います。 当たり前の話ですが、「念力珍作戦」とは比べ物になりません。 あと、個人的には山口祥行をキャスティングしたことも高評価!! ちなみに、劇中で五右衛門が飲んでいる日本酒の名前は「龍平」。(監督が北村龍平なので、そこから拝借したお遊びと思われる。)
隠す
  
 
[013]トータル・リコール
 石井輝男のエログロ世界賭侠2014-06-30
 
を彷彿とさせるような世界観でシュワちゃんが暴れまわる。 これだけで何だか得した気分。 しかも、シュワちゃんと戦うのがシャロン・ストーンにマイケル・アイアンサイド。 今・・・
続きを読む
を彷彿とさせるような世界観でシュワちゃんが暴れまわる。 これだけで何だか得した気分。 しかも、シュワちゃんと戦うのがシャロン・ストーンにマイケル・アイアンサイド。 今じゃ絶対考えられない組み合わせ。 これも時代がなせる技か。 作品と関係ないが、シュワちゃんの他にセガール、スタローンとも競演してる女優ってシャロン・ストーンだけじゃないか? そう考えると、シャロン・ストーンは体育会系女優なのかもしれない。
隠す
  
 
[014]バーニー/みんなが愛した殺人者
 実話だからかもしれないが賭侠2014-06-30
 
コメディと言うほど笑える作品ではなかった。 ジャック・ブラックの演技は良かった。 どこまで本当かはわからないが、善人の塊のようなバーニーの人間性に住民が同情してしま・・・
続きを読む
コメディと言うほど笑える作品ではなかった。 ジャック・ブラックの演技は良かった。 どこまで本当かはわからないが、善人の塊のようなバーニーの人間性に住民が同情してしまうのも納得してしまうのもわかる気がしてしまうほど、ジャック・ブラックの演技には説得力が感じられた。 ラストのスタッフロールと共に、本物のバーニーにジャック・ブラックが面会してる映像が流れます。
隠す
  
 
[015]除籍 血濡れの怪文書
 主役を演じる役者が違うだけで賭侠2014-06-30
 
こうも作りが違うかというぐらい、作りがしっかりしている。 サスペンステイストのある極道もので近年のVシネマの中では異色の作品だが、それなりに面白味があるのであまり退・・・
続きを読む
こうも作りが違うかというぐらい、作りがしっかりしている。 サスペンステイストのある極道もので近年のVシネマの中では異色の作品だが、それなりに面白味があるのであまり退屈はしなかった。 トーンは暗めでサスペンステイストがあるものの雰囲気だけで、サスペンス感はなし。
隠す
  
 
[016]強奪(しのぎ) 6億円.....
 面白い。賭侠2014-06-30
 
実際に起こった現金強奪事件をもとにしていて、脚本もそれなりに練られていてVシネマとしてはクオリティは高い方だと思います。
  
 
[017]分裂
 極道版戦略シュミレーション賭侠2014-06-30
 
とDVDパッケージ裏に書いてあったが、戦略シュミレーションの要素はどこにも感じられなかった。 白竜&山口祥行っていう組み合わせが新鮮で良かった。
  
 
[018]捜査線 LINE OVER
 ダメだこりゃ賭侠2014-06-30
 
とにかくつまらない。 見るだけ時間の無駄。 借りる前から嫌な予感はしていたが、小沢アニキが出ていなけりゃ絶対見なかった。 ちなみにこの作品での小沢アニキは、長髪のヅ・・・
続きを読む
とにかくつまらない。 見るだけ時間の無駄。 借りる前から嫌な予感はしていたが、小沢アニキが出ていなけりゃ絶対見なかった。 ちなみにこの作品での小沢アニキは、長髪のヅラを被り教祖様(元刑事の設定でこの作品の悪役)を演じていました。
隠す
  
 
[019]ファントム/開戦前夜
 よく劇場公開したな賭侠2014-06-30
 
ってぐらい物凄く地味に感じた作品でした。 結果的に何を描きたかったのかよくわからないし、物語の面白さもあまり感じられず、ただただキャスト陣が勿体無く感じました。 も・・・
続きを読む
ってぐらい物凄く地味に感じた作品でした。 結果的に何を描きたかったのかよくわからないし、物語の面白さもあまり感じられず、ただただキャスト陣が勿体無く感じました。 もう少しちゃんと脚本を練れば傑作に化けたかもしれないだけに残念な作品かも。
隠す
  
 
[020]ザ・シューター 大統領暗殺
 実はリメイク作品賭侠2014-06-30
 【ネタバレ注意】
今時、何故にフランク・シナトラ主演「三人の狙撃手」をリメイクしたのか? オリジナルは未見だが、オリジナルを見なくてもわかるほどひどい出来。 展開がトロく全く盛り上が・・・
続きを読む
今時、何故にフランク・シナトラ主演「三人の狙撃手」をリメイクしたのか? オリジナルは未見だが、オリジナルを見なくてもわかるほどひどい出来。 展開がトロく全く盛り上がらない。 レイ・リオッタ演じる主人公がたいした活躍もしないで映画が終わるという展開に監督のやる気のなさを感じる。 ジャケ写のドミニク・パーセルは恐らく「ウォールストリート・ダウン」から引用してます。 なので、あんな格好で本編には登場しません。 全米注目度No.1って、ひどい宣伝文句だな。 こんなの宣伝文句ないのと一緒だよ。
隠す
  
 
[021]ウォールストリート・ダウン
 展開が恐ろしく遅い賭侠2014-06-30
 
言い方を変えれば丁寧な作りなのかもしれないが、主人公がことを起こすまで実に1時間もかかっているというのはいかがなものか。 ことを起こしてからようやくアクション映画らし・・・
続きを読む
言い方を変えれば丁寧な作りなのかもしれないが、主人公がことを起こすまで実に1時間もかかっているというのはいかがなものか。 ことを起こしてからようやくアクション映画らしくなるが、サスペンス色も出したかったのかどこか中途半端で何かもったいなく感じた。 キャストは悪くないんだが、せっかくマイケル・パレやエリック・ロバーツ、エドワード・ファーロングを起用しておきながらみんな地味な役っていうのはキャスティングに疑問を感じてしまう。 ラストに主人公を演じるドミニク・パーセルのキャラが完全に変わってしまうあのセリフがなければもう少しいい評価が出来たが、あれで一気に世界観がぶっ壊れた。
隠す
  
 
[022]サプライズ
 戦うヒロイン賭侠2014-06-30
 
ストーリーはないに等しいし展開も読めてしまうけど、痛快なスプラッターシーンと映画のスピード感のおかげで最後まで退屈することなく見れた。 痛々しいシーンがいくつかある・・・
続きを読む
ストーリーはないに等しいし展開も読めてしまうけど、痛快なスプラッターシーンと映画のスピード感のおかげで最後まで退屈することなく見れた。 痛々しいシーンがいくつかあるので、そういうのが苦手な人はやめた方がいいかも。 余談ですが、ゲオではアクションコーナーに置いてあります。 どう考えてもホラーコーナーだろ。
隠す
  
 
[023]ランナウェイ/逃亡者
 キャストのわりに賭侠2014-06-30
 
映画そのものは微妙な出来。 盛り上がりに欠けるし、キャスト以外語るべきところがない。 余談ですが、サスペンス映画にも関わらずゲオでは何故かアクションコーナーに置いて・・・
続きを読む
映画そのものは微妙な出来。 盛り上がりに欠けるし、キャスト以外語るべきところがない。 余談ですが、サスペンス映画にも関わらずゲオでは何故かアクションコーナーに置いてあります。
隠す
  
 
[024]ポリス・ストーリー/レジェンド
 シリーズ最新作はサスペンス・アクション賭侠2014-06-30
 
テイスト的には「新ポリスストーリー(重案組)」に近いシリアスな雰囲気で、オープニングのスタッフ紹介の文字から香港映画ではなく中国映画であるという雰囲気をあからさまに醸・・・
続きを読む
テイスト的には「新ポリスストーリー(重案組)」に近いシリアスな雰囲気で、オープニングのスタッフ紹介の文字から香港映画ではなく中国映画であるという雰囲気をあからさまに醸し出しており、開始早々に香港映画とは違う空気感を感じました。 アクションシーンに関しては格闘シーンは相変わらず素晴らしいですが、今までの作品のような派手なスタントシーンはないです。 ストーリーも密室型のサスペンス映画という感じでサスペンス色が強く、その中に親子の絆の再生が絡んできたりするので、シリーズ最新作とはいえ従来のポリスストーリーの世界観とは全く異なります。 ポリスストーリーシリーズの中では一番トーンが暗いです。 ジャッキーファンの中でも好き嫌いが分かれる作品かもしれませんね。 ここ最近はシリアス路線が多いので、そろそろコメディ路線に戻ってきてほしいです。
隠す
  
 
[025]ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い
 設定とアクションシーンは良いんだが賭侠2014-06-30
 
アクション映画としてはまずまず無難なんじゃないかなと思うが、脚本に関しては説得力に欠ける部分が多々あります。 ブルース・ウィリスは助演で、しかも全く活躍しません。 ・・・
続きを読む
アクション映画としてはまずまず無難なんじゃないかなと思うが、脚本に関しては説得力に欠ける部分が多々あります。 ブルース・ウィリスは助演で、しかも全く活躍しません。 この起用に関しても疑問が残りました。 刑事役でアクションシーンなし(ヴィンセント・ドノフリオの手下をシバくシーンがちょっとあるだけ)って、果たしてブルースを起用する意味があったのか...。
隠す
  
 
[026]修羅よ さらば
 これは傑作!!賭侠2014-03-10
 
近年のVシネマの中では間違いなく傑作です。 どことなくノスタルジーな感覚を漂わせた娯楽作品。 監督と脚本家の才能とキャストの魅力がいっぱい詰まった作品。 ただひとつ・・・
続きを読む
近年のVシネマの中では間違いなく傑作です。 どことなくノスタルジーな感覚を漂わせた娯楽作品。 監督と脚本家の才能とキャストの魅力がいっぱい詰まった作品。 ただひとつ不満だったのは、嘉門洋子よ、ストリッパー役をやるならちゃんと脱ぎなさい。
隠す
  
 
[027]不動の仁義
 これはひどい...賭侠2014-03-09
 
中身が何もない作品。 ここまでひどい脚本のVシネマも珍しい。 しかも、白竜主演作にもかかわらず、このスカスカさは尋常じゃない。 ストーリーは、元ヤクザのバーテン(白竜・・・
続きを読む
中身が何もない作品。 ここまでひどい脚本のVシネマも珍しい。 しかも、白竜主演作にもかかわらず、このスカスカさは尋常じゃない。 ストーリーは、元ヤクザのバーテン(白竜)が昔の弟分のヤクザ(金山一彦)の頼みである男(Koji)を逃がす手伝いをするが、その間に弟分が殺され、さらに逃がした男も殺されたことから、彼らを殺した組織に単身で復讐するって話。 これがビックリするぐらい死ぬほどつまらない。 何の山場もないし、言ってしまえば白竜扮する主人公は組織に復讐する必要さえないのにもかかわらず何故か勝手に復讐しに行っちゃうし(そうしないと映画は終われないんだけど)。 70分の作品とはいえ、見てるのがちょっとつらかった。 ちなみに、この作品は上に書いたストーリーが全てです。 伏線もなければこれ以上の展開もありません。
隠す
  
 
[028]バニシング・ヒーロー
 映画は1本筋が通っていないと賭侠2014-02-05
 
たいして期待はしていなかったが、予想以上につまらまかった。 パレは好きなので、だからこそB級アクションというのをわかっている前提で鑑賞したが、まずパレの設定に違和感が・・・
続きを読む
たいして期待はしていなかったが、予想以上につまらまかった。 パレは好きなので、だからこそB級アクションというのをわかっている前提で鑑賞したが、まずパレの設定に違和感があり続いて他のキャストに魅力を感じず、脚本に至っては何を描きたいのかわからない始末。 「ストリート・オブ・ファイヤー」の劣化版みたいな格好の保安官代理役のパレはアル中という設定だったがオープニング以外アル中らしい描写は全くないし、敵役を演じたマフィアのボス兼パレの軍隊時代の戦友役のピーター・グリーンは途中からキャラ変わっちゃうというか崩壊しちゃうし、映画そのものも変な方向へ展開が変わって何か全体的におかしな映画だった。 どんな映画でもどこか1本筋が通っていないとダメだね。
隠す
  
 
[029]ダイナマイトどんどん
 いろんな意味で面白い賭侠2014-02-03
 
製作は大映、配給は東映。 男優陣は基本的に東映系(「仁義なき戦い」を彷彿とさせるキャスト陣)、女優陣は日活系(ロマンポルノの名花たち)と、当時の映画界では考えられな・・・
続きを読む
製作は大映、配給は東映。 男優陣は基本的に東映系(「仁義なき戦い」を彷彿とさせるキャスト陣)、女優陣は日活系(ロマンポルノの名花たち)と、当時の映画界では考えられないぐらい挑戦的な配役にたまらなく好感を持った。 監督が岡本喜八なので、殺伐としたヤクザ映画の世界も完全にコメディとして昇華され、しかも野球を取り入れることで娯楽性が倍増し、結果として比類なき名作が誕生してしまった。 この作品で何より素晴らしいと思ったのは、今作のヒロインを務めた宮下順子。 彼女の佇まいが何とも心にグッときて、映画を見ている間中心を奪われてしまった。 沢山の人に見てもらいたい昭和の名作のひとつ。
隠す
  
 
[030]爆発!750cc族
 シリーズ中一番マトモかも。賭侠2014-02-03
 
岩城滉一主演「暴走族」シリーズ第4弾(最終作)は、監督が前3作を手がけた石井輝男から小平裕にバトンタッチ。 そのおかげかどうかはわからないが、出だしはかなり良くストー・・・
続きを読む
岩城滉一主演「暴走族」シリーズ第4弾(最終作)は、監督が前3作を手がけた石井輝男から小平裕にバトンタッチ。 そのおかげかどうかはわからないが、出だしはかなり良くストーリーもかなり期待できるかと思ったら、開始早々に主人公の暴走族は解散。 お決まりの「金持ちvs貧乏人」の構造を持ったストーリーは最終的に単なるチンピラ・アクションへと変貌し、何の盛り上がりもないバイク・チェイスが延々続いたあと無理矢理なクライマックスをむかえ終了。 金持ちのボンボン役が西田健って更け過ぎにもほどがあるだろってぐらいあの役はミスマッチだったし、ジャネット八田は意味もなく無駄死にするし、車に乗っても岩城滉一は律儀にヘルメット被ってるし(シリーズ通して岩城滉一だけはちゃんとヘルメット被ってた。暴走族なのに。)、ナナハン族とか言いながら岩城滉一が劇中乗ってたのはほとんど車だし...と、おかしな所も相も変わらず盛り沢山で、暴走族映画らしかったのはオープニングだけだったが、作品の出来でいえば個人的にはシリーズの中で一番マトモだったと思う。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION