allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「敦煌」さんのコメント一覧 登録数(246件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 (無題)敦煌2018-07-20
 【ネタバレ注意】
魅力的な脇役を次から次へと全員退場させてしまいましたね。 このシリーズは一作ごとにゼロから作るのか? 『ゾンビランド』もそうだったけど、ハレルソンってこういう役柄 合・・・
続きを読む
魅力的な脇役を次から次へと全員退場させてしまいましたね。 このシリーズは一作ごとにゼロから作るのか? 『ゾンビランド』もそうだったけど、ハレルソンってこういう役柄 合ってるわ。
隠す
  
 
[002]レディ・バード
 今年上半期のベスト敦煌2018-07-20
 【ネタバレ注意】
 一見したところ両親役が老けすぎていて、「ミスキャスト なのでは?」と感じられるのだけれど(23歳のシアーシャに 高校生の制服を着せたことには目をつぶろう)、まさにそ・・・
続きを読む
 一見したところ両親役が老けすぎていて、「ミスキャスト なのでは?」と感じられるのだけれど(23歳のシアーシャに 高校生の制服を着せたことには目をつぶろう)、まさにその点 こそがこの自伝的作品の肝だったのですね。  最後に書かれる“投函されざる手紙”に「あきらめた頃に なってあなたができて…」とあるのを見て、僕たちは気づく のだ。ヒロインが校門の少し前で父親の車から降りるワケを (友達のパパたちより高齢の父親が恥ずかしかったんでしょうね)。 あるいは一家の中でなぜかお兄さんだけがヒスパニックである ワケを(「あきらめていた」間に養子に迎えたんでしょうね)。  素敵な場面は数多くあったけど、個人的に一番心に残ったのは 母子が古着屋でかわした会話。娘の言動をいちいち否定し、 小言を言う母親に、ヒロインはついにキレて、こう尋ねる。 「お母さん、私のこと好き?(Do you like me?)」  その時のお母さんの反応は、まさに観客が危惧したとおりだ。 「そりゃ母親なんだから愛してるわよ(アイ・ラブ・ユー)」とは 言えるんだけど、「アイ・ライク・ユー」とは はっきり言えないん だよね。ああ、なんて切ないんだろう。  世の中には「ラブ」よりも「ライク」が問われる状況があるんだね。 英語というのは、あるいは家族関係というのは、本当に難しい。
隠す
  
 
[003]万引き家族
 (無題)敦煌2018-06-26
 【ネタバレ注意】
是枝監督の作戦がよくわからず。 あの家族における風俗娘の(形式上のものであれ)続柄が初めから はっきりしなかったので、「全員が偽装家族だったんかい!」という サプライ・・・
続きを読む
是枝監督の作戦がよくわからず。 あの家族における風俗娘の(形式上のものであれ)続柄が初めから はっきりしなかったので、「全員が偽装家族だったんかい!」という サプライズ効果が減殺されてしまったのではないでしょうか。
隠す
  
 
[004]犬ヶ島
 (無題)敦煌2018-06-17
 【ネタバレ注意】
最初は「石田泰子さん、こんなに字幕を詰めこんだら読みきれません(汗)」 と思いながら観ていたのだけれど、程なく気がついた。ここにはウェス・ アンダーソン監督自身が本国・・・
続きを読む
最初は「石田泰子さん、こんなに字幕を詰めこんだら読みきれません(汗)」 と思いながら観ていたのだけれど、程なく気がついた。ここにはウェス・ アンダーソン監督自身が本国の観客向けの「デザイン」として最初から 画面に出していてた日本文字が少なからず含まれているのだと。  次々と繰りだされるヘンテコ日本文化理解が楽しかったけど、一番 ウケたのは一本締めだな。こんなこと、誰が教えるんだか(笑)。
隠す
  
 
[005]ファントム・スレッド
 (無題)敦煌2018-06-02
 【ネタバレ注意】
どうしたって『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の主人公と比べてしまうので、 ウッドコックが小物に見えて仕方がない。 アルマとの関係にしても、「こいつら共依存の関係なんだ・・・
続きを読む
どうしたって『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の主人公と比べてしまうので、 ウッドコックが小物に見えて仕方がない。 アルマとの関係にしても、「こいつら共依存の関係なんだぜ」ということを 伝えたいのだろうが(たとえば「あのオムレツだって、ウッドコックはそれと わかっていて食ってるんだぜ。食わずにはいられないんだぜ」と言いたいの だろうが)、そこに至る過程でアルマがこれまでの幾百のミューズと比べて どれほど特別なのかが描かれていないので、いまひとつすとんと得心できない。 結局、私の心には「俺がウッドコックなら、あの幸薄い顔をした女を追い出して 次のミューズを探すね」という身も蓋もない感想が残った。お前はウッドコック 以上に人でなしだなと言われると、返す言葉もない。
隠す
  
 
[006]君の名前で僕を呼んで
 (無題)敦煌2018-06-01
 
なぜいくつものシーンに蠅がうごめいているのかが気になって 気になって…。 そんなもの退治してから撮影すればいいし、 入っちゃったのならNGにするべきだし、 どちらも無理・・・
続きを読む
なぜいくつものシーンに蠅がうごめいているのかが気になって 気になって…。 そんなもの退治してから撮影すればいいし、 入っちゃったのならNGにするべきだし、 どちらも無理だったのならポスプロで消せば済むことでしょ。 あまりに不自然なので(本当に存在する物をそのまま撮れば 自然な映像になるかというと、実はそれほど単純ではない。 映画は高度な作り物だ)、逆に何らかの意図に基づき 本来いなかった蠅をCGで描きこんだのかと思うほど。 気にする私がきれい好きなだけ?
隠す
  
 
[007]ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
 (無題)敦煌2018-05-14
 
公開時に観られなくて気になっていたのだけれど、地方の二番館で たまたま鑑賞。見逃さなくて良かったと心から思った。 こんな素敵なラブコメに女の子が誰もコメントしていない・・・
続きを読む
公開時に観られなくて気になっていたのだけれど、地方の二番館で たまたま鑑賞。見逃さなくて良かったと心から思った。 こんな素敵なラブコメに女の子が誰もコメントしていないなんて、 (てゆーか、そもそも誰もコメントしていないなんて) 日本の映画を巡る状況が間違っているのか、日本の女の子のセンス・ オブ・ユーモアがおかしいのか、それとも単にallcinemaに人気が ないだけなのか。 これではどうも結婚率も出生率も上がりそうにない。年金も国保も 遠からず破綻だな。 ケン・ローチ監督の『やさしくキスをして』と見比べるのがお勧めです。 主人公がナンパ相手の名前をウルドゥー語で綴って気を引くシーンが ありましたが、僕も研修でハングルを習っていた時に似たようなことを しました(笑)。
隠す
  
 
[008]レディ・プレイヤー1
 (無題)敦煌2018-05-11
 
既存の諸作品への言及が多く、権利関係の処理がさぞや大変だっただろうなと 想像する。 ジェームズ・ハリデー役の人、誰だっけ?誰だっけ?とずーっと考えていたのに エンドク・・・
続きを読む
既存の諸作品への言及が多く、権利関係の処理がさぞや大変だっただろうなと 想像する。 ジェームズ・ハリデー役の人、誰だっけ?誰だっけ?とずーっと考えていたのに エンドクレジットを見るまでわからなかった。女は髪型で変わるって言うけど 男も同じですね。
隠す
  
 
[009]ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
 (無題)敦煌2018-04-29
 
 チャーチルの名演説に国王から庶民までが心を合わせて徹底抗戦を近いましたとさ。 ・・・と、素直な観客は素直に感動できる、よくできた佳作ではあった。  が、みんなが心を・・・
続きを読む
 チャーチルの名演説に国王から庶民までが心を合わせて徹底抗戦を近いましたとさ。 ・・・と、素直な観客は素直に感動できる、よくできた佳作ではあった。  が、みんなが心を合わせて「一億玉砕」に突っ走ってしまった過去を持つ 国民からすると、そうそう素直には感動できないのもまた事実。少なくとも この映画に「ヒトラーから世界を救った男」という副題を付けるのは誤りだ。  だって英国がナチスを撃退できたのは、チャーチルが強気を貫いたから なんかではなく、単に米国が参戦したからに過ぎなかったはずだもの。  歴史のイフは検証しようがないのだけれど、仮に米国が孤立主義を貫き、 ノルマンディーに上陸することがなかったら、英国はけっこうな確率で 本土を攻略され、ナチスに隷属していたのではないか。  その場合は人的被害もさることながら、王制も廃止されていたかも しれないし、ユダヤ系英国人がガス室に送られていたかもしれないし、 第一次世界大戦後のドイツのように巨額の賠償金を課されていたかも しれない。  その時になって「外相の言う通りに和睦しておけば良かった」と 思っても、後の祭りなわけで。  そう考えると、教科書に載っていたヤルタ会談の写真にチャーチルが 加わっていたのは、単なる歴史の偶然だったように思えなくもないな。
隠す
  
 
[010]素晴らしきかな、人生
 (無題)敦煌2018-04-29
 
ワーナーは邦題と宣伝政策を誤ったな。 劇場公開時には「家族を失った男がメソメソ立ち直れずにいる映画なんて 見飽きたよ」と思ってパスしたのだが、WOWOWで鑑賞してデキ・・・
続きを読む
ワーナーは邦題と宣伝政策を誤ったな。 劇場公開時には「家族を失った男がメソメソ立ち直れずにいる映画なんて 見飽きたよ」と思ってパスしたのだが、WOWOWで鑑賞してデキのよさに ビックリ。 「愛と時間と死」というテーマを巡って芸達者な共演陣が繰り広げる集団劇は 実にウェルメイドだし、最後に明かされる「あの女性」の秘密には息をのんだ。
隠す
  
 
[011]ヴァレリアン 千の惑星の救世主
 (無題)敦煌2018-04-16
 
同時期に日本公開された「ヴァレリアン」と「ワンダーストラック」 どちらにも同じ印象的な主題歌が使われているんですね。偶然とは 面白いものです。 調べてみたらデビッド・・・・
続きを読む
同時期に日本公開された「ヴァレリアン」と「ワンダーストラック」 どちらにも同じ印象的な主題歌が使われているんですね。偶然とは 面白いものです。 調べてみたらデビッド・ボウイの若かりし頃のナンバーなのですね。
隠す
  
 
[012]ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 (無題)敦煌2018-04-16
 
すごいなあ。スピルバーグがリアルタイムで安倍政権の批判映画を 作ってくれるなんて。 あ、違うんですか? あまりに状況が似ているので、てっきり。
  
 
[013]レッド・スパロー
 (無題)敦煌2018-04-02
 
スパイ映画を作る映画人って、どうしてどいつもこいつもストーリーを ちゃんと伝えることができないんだろう????脚本が悪いのか、 監督が悪いのか、編集が悪いのか、おそら・・・
続きを読む
スパイ映画を作る映画人って、どうしてどいつもこいつもストーリーを ちゃんと伝えることができないんだろう????脚本が悪いのか、 監督が悪いのか、編集が悪いのか、おそらくその全部なのだろうが…。 本作も結局のところ、「映画秘宝」誌がバカのひとつ覚えのように やっているあの企画に「お宝カット」を提供して、それでおしまいって 感じだな。
隠す
  
 
[014]曇天に笑う
 (無題)敦煌2018-03-06
 
この映画、早く公開されないかな。 何か月も前から何度も何度も何度も何度も何度も何度も 何度も何度も何度も何度も何度も何度も予告編を 見せられてるんで、いいかげんウンザ・・・
続きを読む
この映画、早く公開されないかな。 何か月も前から何度も何度も何度も何度も何度も何度も 何度も何度も何度も何度も何度も何度も予告編を 見せられてるんで、いいかげんウンザリしてきた。
隠す
  
 
[015]シェイプ・オブ・ウォーター
 (無題)敦煌2018-03-03
 
エンディングであの伏線をあんなふうに回収されてしまっては、 もはや非科学的だと文句をつけるようなヤボはできず。 でも「アマゾン奥地」の水は淡水だと思うぞ(笑)。
  
 
[016]The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ
 (無題)敦煌2018-03-01
 
なんだ、こりゃ? キャラは浅すぎるし、ストーリーは古臭すぎ。 早くも今年のワースト1か?
  
 
[017]15時17分、パリ行き
 (無題)敦煌2018-03-01
 
あの母親たち、変だろ。なんで教師がプロフェッショナルな アドバイスをしているのに、はなから聞く耳持たないの? …と、観客に思わせてしまった時点で、イーストウッドの演出・・・
続きを読む
あの母親たち、変だろ。なんで教師がプロフェッショナルな アドバイスをしているのに、はなから聞く耳持たないの? …と、観客に思わせてしまった時点で、イーストウッドの演出は 失敗してるってことだな。 その点に限らず全体も凡庸。 実話に基づく映画って、特にモデルが存命のケースでは絶対 面白くならないんだよ。
隠す
  
 
[018]KUBO/クボ 二本の弦の秘密
 (無題)敦煌2018-02-19
 
建物や髪の結い方が中国だったのが残念。
  
 
[019]ロング,ロングバケーション
 (無題)敦煌2018-02-17
 【ネタバレ注意】
 原作者やこの映画の作り手たちの意図はどのへんにあったのでしょうね? 「ヘレン・ミレンの選択は正解ですよね?」と共感を誘いたかったのなら、 それは必ずしも成功していな・・・
続きを読む
 原作者やこの映画の作り手たちの意図はどのへんにあったのでしょうね? 「ヘレン・ミレンの選択は正解ですよね?」と共感を誘いたかったのなら、 それは必ずしも成功していないように思える。見終わってまず感じたのは 「やっぱり無理心中は殺人に他ならないよな」ということだった。といって、 作り手がそういう問題提起をしようとしていたようにも見えない。  一方、あれ以上の選択肢があったのだろうかと考えると、たぶんそれも ないんだよね。あのような形で「旅」を終えられたのは、おそらく夫に とっても幸せだった。にもかかわらず結末に引っかかりを感じるのは 『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンと違って、ドナルド・サザー ランドに自己決定権(と、その能力)がなかったからだ。  という感じで、私自身、この作品への評価は定まらない。無理に定める つもりもない。  だってそこをはっきりさせてしまったら、橋田壽賀子の安楽死願望とか、 相模原の障害者殺傷事件に関連して、思わぬ不都合な真実にぶちあたって しまいそうだもの。
隠す
  
 
[020]ベロニカとの記憶
 別れた夫婦の理想型敦煌2018-02-17
 
 元奥さんが主人公を「ミスター・ウェブスター」と呼び続けるのが なんか微妙に面白い。  主人公は元妻を普通にファーストネームで呼んでいるのだが、終盤の ここぞというと・・・
続きを読む
 元奥さんが主人公を「ミスター・ウェブスター」と呼び続けるのが なんか微妙に面白い。  主人公は元妻を普通にファーストネームで呼んでいるのだが、終盤の ここぞというところで「ミセス・ウェブスター」と呼びかけ、ささやかな リベンジを果たしていますね。  肝心のベロニカが老若ともにさほど魅力的ではない点が、この作品の 最大の疵か。  もっとも、「若かった主人公にはたいしたことのない女の子がファム・ ファタールに見えた」ということを傍目から表現したいのだとしたら それは成功してますが。
隠す
  
 
[021]デトロイト
 「実話を元にした物語」の限界敦煌2018-02-17
 【ネタバレ注意】
 主役であるはずのジョン・ボイエガは傍観者の役割しか果たさず、 中盤以降はストーリーの枠組みからさえ消えてしまった。  キャサリン・ビグローは『アルゴ』のようにエンタ・・・
続きを読む
 主役であるはずのジョン・ボイエガは傍観者の役割しか果たさず、 中盤以降はストーリーの枠組みからさえ消えてしまった。  キャサリン・ビグローは『アルゴ』のようにエンターテイニングな 「おかず」を入れこむことを良しとせず、事実への誠実さと心中した わけだ。それも1つの選択ではあるけれど、映画として面白くなったかは また別の話。
隠す
  
 
[022]スティーブ・ジョブズ
 (無題)敦煌2018-01-08
 
形態模写を重視したアシュトン・カッチャー版とのアプローチの 違いが興味深いですね。 その昔、ある死刑囚の書いた小説を、その人格や行為と切り離して 評価するのは是か非か・・・
続きを読む
形態模写を重視したアシュトン・カッチャー版とのアプローチの 違いが興味深いですね。 その昔、ある死刑囚の書いた小説を、その人格や行為と切り離して 評価するのは是か非かという論争があったと記憶している。答えは 人それぞれだと思うけど、私は完全に「非」だなあ。 その伝で行けば、私はジョブズやビル・ゲイツのようなクズ人間を 持ちあげることはできないわ。 そんなわけからジョブズを弁護するつもりはさらさらない。ないのだけれど、 それでもリサの母親がオトコに頼らず自力でキャリアを築いていく ような女性であったなら、あの父、母、娘の関係は、もっとずっと 幸福なものになっていたような気がしてならないんだよね。
隠す
  
 
[023]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 不満だらけ敦煌2017-12-23
 【ネタバレ注意】
「SWシリーズにしては笑えるシーンが少なかったな。吹き出したのは 『髪型を変えたの』ぐらいだったか」と思いながら帰ってきたので、 何人かの投稿者さんたちが「笑えるシー・・・
続きを読む
「SWシリーズにしては笑えるシーンが少なかったな。吹き出したのは 『髪型を変えたの』ぐらいだったか」と思いながら帰ってきたので、 何人かの投稿者さんたちが「笑えるシーンが多い」ことに不満を述べて いたのは意外や意外。  でもよくよく読めば、彼らの言わんとしているのは「ソフィスティケート されていないギャグが多い」ということのようだから、実際は私と同じ ことを、違う表現で言っただけなのかもしれない。どんな映画であれ、 「笑えるシーンが多い」ことに不満を持つ人がいるはずないもんね。  笑いだけじゃなく、感動のシーンも少なかったよね。フィンとポチャ子 ちゃんが凄腕ハッカーを探しに行ったミッションは、成功を見ないまま うやむやになってしまった(彼女の起用は中国市場向けか?)。  ドレスを着た指揮官なんかにとってつけたような神風ミッションをして もらっても、ローグ・ワンの悲壮感には比べるべくもない。  レイの正体解明は次作に持ち越されたし、ルークは島を一歩も出ること なく消滅…。  レイアの宇宙遊泳も評判悪いようだけど、もしかして本当はあそこで死ぬ 設定だったってことはない? 完成前にキャリー・フィッシャーが亡くなった ので、レイアまで非業の死を遂げさせるのは忍びなく、VFXをしこたま ぶち込んでそれ以降の登場シーンを作ったとか?  いずれにしても、評価の固まる時期になったら、このエピ#8は 「シリーズ屈指の凡作」と言われていそうな気がする。
隠す
  
 
[024]ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出
 (無題)敦煌2017-11-27
 
うまいなあ。夜が明けてからの展開は少し緩んでしまったけれど、そこまでは ストーリーの起伏といい、大小それぞれのキャラの魅力といい申し分なし。 宮内庁もこういう映画を作・・・
続きを読む
うまいなあ。夜が明けてからの展開は少し緩んでしまったけれど、そこまでは ストーリーの起伏といい、大小それぞれのキャラの魅力といい申し分なし。 宮内庁もこういう映画を作らせれば、日本の皇室に対する好感度がもっと 上がるのに。 もとい、すでに十分好感されております。どうか不敬罪はご容赦を。
隠す
  
 
[025]ブレードランナー 2049
 (無題)敦煌2017-11-27
 【ネタバレ注意】
 82年版に出ていたダリル・ハンナやショーン・ヤングも超とびきりの 美形だったが、この続編に出てくる女性キャラも人並み外れた美人ぞろい。 まあ、厳密には「人」の役では・・・
続きを読む
 82年版に出ていたダリル・ハンナやショーン・ヤングも超とびきりの 美形だったが、この続編に出てくる女性キャラも人並み外れた美人ぞろい。 まあ、厳密には「人」の役ではないのだから、人並み外れていても別に おかしくはないわけだが。  帰宅してから調べてみたら、ホログラム美女はキューバ人、最強レプリ カントはオランダ人、女性科学者はスイス人だ。端役クラスにも米国、 英国、カナダの美女がずらり。映画というよりミス・インターナショナル だな。  しかしこの作品、物語の基本構造に無理がある。  人工物は与えられた機能しか果たさない。レプリカントが子供を生む なんて、AIBOやペッパーが(もっと言うなら洗濯機や電子レンジが) ハリソン・フォードの子供を産むのと同義ですぜ。  とはいえB級SF作品でやったらまったくの噴飯物になるはずの その物語を、ぎりぎりのところでA級大作にとどめ置いたビルヌーブは、 確かに才能ある映画作家ではあるのだろう。
隠す
  
 
[026]シンクロナイズドモンスター
 (無題)敦煌2017-11-13
 
せめて何らかの科学的な説明をするフリぐらいしてくれー。 オスカー女優のハサウェイよ、こんな映画を製作総指揮して楽しいか?
  
 
[027]ゲット・アウト
 (無題)敦煌2017-11-01
 【ネタバレ注意】
ありがちな人種差別主義的サイコパス集団ものかと思いきや、 ライアン・レイノルズの某作ネタが入ってきてビックリ。 いつの間に医学はそんなに進歩した?(笑) 悪玉たちは差・・・
続きを読む
ありがちな人種差別主義的サイコパス集団ものかと思いきや、 ライアン・レイノルズの某作ネタが入ってきてビックリ。 いつの間に医学はそんなに進歩した?(笑) 悪玉たちは差別主義どころか実は黒人に心酔していたわけで、 黒人監督ジョーダン・ピールのひねったユーモアには苦笑する。 トロいようで実は頼れる主人公の友人ロッドのキャラ造形が絶品。
隠す
  
 
[028]ソフィア・ブテラ
 (無題)敦煌2017-10-26
 
『アトミック・ブロンド』を観て、「あれ、この女優さん、何に出てたっけ?」と気になり通し。 帰宅してから調べてみたら、アマネットにジェイラか…。素直に思い出せないわけだ。
  
 
[029]アトミック・ブロンド
 予告編に だまされた敦煌2017-10-26
 
マシュー・ボーンの映画みたいな、もっとスカッとしたエンタメ作品を期待してました。
  
 
[030]ドリーム
 (無題)敦煌2017-10-03
 【ネタバレ注意】
 三者三様の戦い方を見せてくれるところがいいですね。  オクタビア・スペンサーはプログラミングをいち早く学び、 白人リケ女よりも優位に立つ。  ジャネール・モネイは温・・・
続きを読む
 三者三様の戦い方を見せてくれるところがいいですね。  オクタビア・スペンサーはプログラミングをいち早く学び、 白人リケ女よりも優位に立つ。  ジャネール・モネイは温情や正義に訴えるのではなく、 「歴史に名を残したいでしょ」と相手の虚栄心をくすぐることで 白人大学への入学許可を得る。  タラジ・P・ヘンソンはトイレが人種別になっていることに憤り、 ストレートにブチ切れる。  これが史実の通りだとは思わないが、たぶん実際の公民権運動も、 こうした正攻法あり、搦め手からの突き崩しありの多方面作戦だったの ではないかな。  タラちゃんのブチ切れからケビン・コスナーのトイレ破壊に 至るシーンでは、まわりの非白人女子がみんなして すすり上げて いました。  キルステン・ダンストは珍しく性格ブスな役を担当。彼女と オクタビア・スペンサーは当初「ドロシー」「ミス・ミッチェル」 と呼びあっていたけれど、立場が同格になった終盤、ダンスト演じる ミス・ミッチェルはドロシーを「ミズ・ボーン」と呼び始める。  まあ、それも1つの前向きな変化ではあるでしょう。でも ミス・ミッチェルは決して「私をビビアンと呼んで」とは 言わないんだよね。  要は「能力は認めるけど友達にはならないわよ」と言外に 言っているわけで、公民権運動の先が長いことをやんわりと 感じさせる一幕ではあった。  とはいえ白人男性であるメルフィ監督は、『それでも夜は明ける』 みたいな攻撃的な映画には仕立てずに(攻撃的なのが悪いとは 言わないが)、笑いあり、ロマンスあり、初めての有人宇宙飛行を 巡るハラハラあり、コンピュータ導入による人員削減問題ありと、 実に様々な要素を持つ作品にまとめあげてくれた。  言っちゃなんだが、同じ2016年の黒人映画ならオスカー受賞の 『ムーンライト』よりこっちの方がずっと面白かったよ。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION