allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「本読み」さんのコメント一覧 登録数(278件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]マネー・ショート 華麗なる大逆転
 たぶん、他山の石は棄てられる。本読み2018-04-08
 
経済ジャンルの知的エンターテイメントとしては、いや最高に面白かった。 リーマン・ショック関連本をある程度読んでると楽しめると思います。 ここで取り上げられている人たち・・・
続きを読む
経済ジャンルの知的エンターテイメントとしては、いや最高に面白かった。 リーマン・ショック関連本をある程度読んでると楽しめると思います。 ここで取り上げられている人たち以外にも、例えば世界的ショックの直接的な引き金となった破綻する当のリーマン・ブラザーズ内にも正確な分析と予測をしていた人たちはいて、警鐘を大きく鳴らしていた。社内的にはかなり大きく知られていたが上層部はそもそも取り上げる気はない。 理由はかんたん、この映画でも取り上げられているように調べもしないで目先の金に引きずられている人たちが大多数だからだ。 でも、人間は大抵の場合、愚かだから、これを見ても反芻して考えると言うことはしないでしょう。
隠す
  
 
[002]コードネーム U.N.C.L.E.
 こんなのがいいですか?本読み2018-03-09
 
たまたまテレビで吹き替え見ただけなので、その限りの話なんだけど、日本の吹き替えTVシリーズ世代の人たちが期待して見るとあれだから、時間の無駄だよと書いておこうかと。 ・・・
続きを読む
たまたまテレビで吹き替え見ただけなので、その限りの話なんだけど、日本の吹き替えTVシリーズ世代の人たちが期待して見るとあれだから、時間の無駄だよと書いておこうかと。 オリジナルシリーズの雰囲気は微塵もありませんww 旧作ではウェーバリー部長含めた、キャラ同士の掛け合いが面白かったのに本作には無論そんなものはありません。 具体的に言えば、ソロはキザですが物腰はもっと柔らかいです。
隠す
  
 
[003]ロンメル 〜第3帝国最後の英雄〜
 B軍集団のロンメル本読み2018-02-03
 
戦史上、歴史上の知見としては目新しいところはありませんが、その時期の西方防壁をめぐる戦略上の議論及びヒトラー暗殺謀議についてコンパクトにまとめられています。一点だけ・・・
続きを読む
戦史上、歴史上の知見としては目新しいところはありませんが、その時期の西方防壁をめぐる戦略上の議論及びヒトラー暗殺謀議についてコンパクトにまとめられています。一点だけ蘊蓄を言えば、装甲師団の配置について内陸配備を主導したのは、当時指揮権を持っていなかったグデーリアンではなく、シュヴェッペンブルクですが、世間的には有名でないためグデーリアンに仮託されたのだと思います。 そこそこ面白いドラマだと思いますが、わざわざ作る意味がどの辺にあったのかは疑問です。
隠す
  
 
[004]エンド・オブ・キングダム
 前作に続きリアリティ無し本読み2018-01-07
 
野暮言うようだけど、警護側のリアリティがまるで感じられない。日本でもそうだけど、沿道警備はブロックごとに知り合いの顔認証できる「仲間」で形成される。興ざめの作り込み・・・
続きを読む
野暮言うようだけど、警護側のリアリティがまるで感じられない。日本でもそうだけど、沿道警備はブロックごとに知り合いの顔認証できる「仲間」で形成される。興ざめの作り込みをベースにするなら明るく楽しいアクションものでいいかなと。
隠す
  
 
[005]ゴーストバスターズ
 テーマは友情?本読み2018-01-04
 
前作は、そして前作メンバーは、ゴーストのパワーをはるかに凌駕する、いい加減パワーで、その乗りが楽しかったわけだけど、本作にはこぢんまりとしたスタンダップジョークのビ・・・
続きを読む
前作は、そして前作メンバーは、ゴーストのパワーをはるかに凌駕する、いい加減パワーで、その乗りが楽しかったわけだけど、本作にはこぢんまりとしたスタンダップジョークのビジュアライズがあるだけで、あほらしい豪快さもゴーストの運転カップルぐらいなもの。ラストにカメオで出てくるシガニーのミントフレーバーがなければもっと徒労感抱く羽目になったかもしれない。 時間の無駄だけど最後まで見せられて、自分のふがいなさに嗤います。
隠す
  
 
[006]日本暗殺秘録
 千葉真一の代表作の一つ本読み2017-07-08
 
ボリュームの大半を占める血盟団事件の下りは、日本的テロリズムの心情を丁寧に描き、一方で胸が詰まるドラマを真摯なセリフと場面構成で紡いでいる。それ以外の暗殺事件は、要・・・
続きを読む
ボリュームの大半を占める血盟団事件の下りは、日本的テロリズムの心情を丁寧に描き、一方で胸が詰まるドラマを真摯なセリフと場面構成で紡いでいる。それ以外の暗殺事件は、要するにこのメイン題材のヤバさを稀釈する為に付け加えられているだけ。本作は結盟団事件の事後資料の一つと言ってもよいできのものだ。
隠す
  
 
[007]ヒトラーの審判 アイヒマン、最期の告白
 実録ものとは言い難い本読み2017-05-28
 
むしろアイヒマン像については誤解を招くほど、ドラマ部分を盛っています。 この中のアイヒマンは親衛隊のステレオタイプとして描かれていて、ハンナ・アーレントが言うところ・・・
続きを読む
むしろアイヒマン像については誤解を招くほど、ドラマ部分を盛っています。 この中のアイヒマンは親衛隊のステレオタイプとして描かれていて、ハンナ・アーレントが言うところの陳腐さは隠れてしまっています。アイヒマン自身の人物像や尋問の様子は「アイヒマン調書」などの書籍や「スペシャリスト」などのドキュメンタリーで確認した方がよいでしょう。レス大尉自身がこの映画の内容に納得しているとも思われません。
隠す
  
 
[008]ザ・コンサルタント
 天路歴程もしくは逃亡者本読み2017-05-27
 
親父さんの劇中の描写ではただのスパルタにしか見えないが、元々の設定がグリーンベレーの心理作戦班ということなら、多少納得できる。中には心療内科や精神分析方面の学位を持・・・
続きを読む
親父さんの劇中の描写ではただのスパルタにしか見えないが、元々の設定がグリーンベレーの心理作戦班ということなら、多少納得できる。中には心療内科や精神分析方面の学位を持つものもいるからだ。ドラマのアクション部分は見終わった後すぐに忘れてしまうようなものだが、折々の小道具とそれにまつわるエピソードは印象に深く刻まれる。エンドテーマに惹かれたのは、ユー・キャン・カウント・オン・ミーのピルグリム以来。皆さんと同様、続編またはTVシリーズ化希望です。
隠す
  
 
[009]ブラックブック
 クロロホルム本読み2016-01-17
 
アプヴェーアの北極作戦でオランダのレジスタンス活動は壊滅的な被害を受け、また劇中に描かれていたような「協定」が実際に結ばれていたため、占領統治下の状況は敵役が着てい・・・
続きを読む
アプヴェーアの北極作戦でオランダのレジスタンス活動は壊滅的な被害を受け、また劇中に描かれていたような「協定」が実際に結ばれていたため、占領統治下の状況は敵役が着ている様々なユニフォームで表現されています。ハリウッド的な映画ですがバーホーヴェンの意識はあくまでもオランダ人に向いていることが、これだけでも見て取れます。映画ストーリー自体を効能期限の切れたクロロホルムで覆っている、そういう作りにしたように思えます。
隠す
  
 
[010]十三人の刺客
 タメがない、だからヌキがない本読み2012-11-29
 
女々しさ、愚痴っぽさいっぱいが根底に流れる武士像ってのは三池流なんでしょうが、好みじゃないです。近年の時代劇全般に言えることですけど、妙な藤沢テイストが横溢する、か・・・
続きを読む
女々しさ、愚痴っぽさいっぱいが根底に流れる武士像ってのは三池流なんでしょうが、好みじゃないです。近年の時代劇全般に言えることですけど、妙な藤沢テイストが横溢する、かろみのない時代劇は年寄りには向かないですね。しゃべりすぎってだけでも興ざめです。一月経ったら忘れてる映画だからいいですけどね
隠す
  
 
[011]どら平太
 船頭多くして・・・本読み2012-03-19
 
同じ原作を元にした岡本喜八版TVM「着流し奉行」と比べれば、一目瞭然。市川監督以下枕を並べて討ち死にということがよく判ります。市川版にするには主役は役所さんでは不足だ・・・
続きを読む
同じ原作を元にした岡本喜八版TVM「着流し奉行」と比べれば、一目瞭然。市川監督以下枕を並べて討ち死にということがよく判ります。市川版にするには主役は役所さんでは不足だったと思います。絵に負けないもしくは絵にとけ込む人が必要だったかと。
隠す
  
 
[012]ニッポン無責任時代
 人間本来無一物本読み2011-05-30
 
主人公はすべてを手に入れながら、エンディングに向かう部分では女も含めそれに執着せず、あっさり手放して自分の生きたい様に去っていく。これがあるから嫌みがない。シリーズ・・・
続きを読む
主人公はすべてを手に入れながら、エンディングに向かう部分では女も含めそれに執着せず、あっさり手放して自分の生きたい様に去っていく。これがあるから嫌みがない。シリーズの最初にして最高傑作です。
隠す
  
 
[013]怪猫夜泣き沼
 入江たか子怪猫映画の掉尾は飾れず本読み2011-05-05
 
勝新売り出しのために使われた入江怪猫映画にすぎません。しつらえられている演出もすべて勝新チャンバラ映画のためのもの。これが掉尾だったのは残念なことです。個人的には大・・・
続きを読む
勝新売り出しのために使われた入江怪猫映画にすぎません。しつらえられている演出もすべて勝新チャンバラ映画のためのもの。これが掉尾だったのは残念なことです。個人的には大林監督の「麗猫伝説」をそれとしたいくらいです。
隠す
  
 
[014]怪猫岡崎騒動
 エレガントな怪猫映画本読み2011-05-03
 
全編通じて女優、入江たか子が堪能できる作品、前半は大女優時代の、そして後半は化け猫のオーソリティとしての両者が存分に楽しめる作品です。怪談表現もなかなかに凝っていま・・・
続きを読む
全編通じて女優、入江たか子が堪能できる作品、前半は大女優時代の、そして後半は化け猫のオーソリティとしての両者が存分に楽しめる作品です。怪談表現もなかなかに凝っていますし、ドラマ部分もそれに見合うだけの比重があり、屋形船のロングの絵なども素敵です。怪猫映画のベストの部類に押したいと思います。不足を言えば本物の猫の演技、いや演出でしょうか。
隠す
  
 
[015]海底軍艦
 アナクロニズムの扱いの良さ本読み2010-10-15
 
若い世代には判らないだろうな。それが端々に鏤められているからこそ、面白いのに、はっきり言おう。アニメ世代に判ろう筈もない。
  
 
[016]てんびんの詩
 経営者は第一部しか見せない本読み2010-03-13
 
第一部だけなら従業員教育に使える。 第二部以降を見せると、独立・起業・経営という種を育む恐れがあり、 そしてなによりも企業の社会的責任や人の道という、会社が建前だけに・・・
続きを読む
第一部だけなら従業員教育に使える。 第二部以降を見せると、独立・起業・経営という種を育む恐れがあり、 そしてなによりも企業の社会的責任や人の道という、会社が建前だけにしておきたいことを打ち出しているから人気がないんだよね。 第三部のデータがないよスティングレイさんw 第三部の終わり頃にそれまでの筋立てに繋がりのないエピソードが入っているのを見ると、どうも竹本さんは第四部も考えていたようです。
隠す
  
 
[017]椿三十郎
 時間の無駄です。本読み2010-01-02
 
コメントも無用。
  
 
[018]格子なき牢獄
 囚われびと本読み2009-12-25
 
確かに解説のあらすじ、かなり違ってますね。観る前は更正施設だから格子なき牢獄なのかと思っていましたが、ラストに関わっていたんですね。 コリンヌのパートも良いですが、・・・
続きを読む
確かに解説のあらすじ、かなり違ってますね。観る前は更正施設だから格子なき牢獄なのかと思っていましたが、ラストに関わっていたんですね。 コリンヌのパートも良いですが、アニー・デュコーの、恋人を見送る場面とクライマックスが個人的には印象に残りました。 コリンヌ・リュシェールについては鈴木明氏の「コリンヌはなぜ死んだか」に詳しいです。
隠す
  
 
[019]スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
 二律背反の構成本読み2009-10-24
 
あまりにも、印象が薄く、どんな話だったかも忘れてしまっていたので、DVDを購入したのを機に再見。で、どうして忘れたのか、自分なりに確認できました。 エンディングの構成・・・
続きを読む
あまりにも、印象が薄く、どんな話だったかも忘れてしまっていたので、DVDを購入したのを機に再見。で、どうして忘れたのか、自分なりに確認できました。 エンディングの構成、失敗していると思います。シスの復讐=ダースベイダーの誕生で終わるべきものが、そうなっていません。NEW HOPEへの繋ぎ方が間違っているのです。もし本作が6作中の3作目として製作されたなら、いわば冒険活劇映画的に暗黒卿の登場とデススターで終わり、始まらなければなりません。 しかし本作は、SWシリーズ全作の最終作として作られたために穏やかな様相をもって締めくくらねばなりませんでした。中間作でありながら最終作、失敗の原因です。 忘れるわけだ。
隠す
  
 
[020]チェーンヒート
 際物にも五分の魂本読み2009-06-13
 
今見ると、実は凄く丁寧に作られているのが判る作品です。 仮に、ヌードシーンを抑えめにして作り、H・シルヴァと女刑務官のやりとりのシーンなど、枝葉の部分にもう少し手を掛・・・
続きを読む
今見ると、実は凄く丁寧に作られているのが判る作品です。 仮に、ヌードシーンを抑えめにして作り、H・シルヴァと女刑務官のやりとりのシーンなど、枝葉の部分にもう少し手を掛けていれば、観客の支持は得られませんが、映画の評価としては高まったのではないかと思います。 DVD版はアメリカ国内の規制の問題があり、心理的な意味でのバイオレンス・残酷描写部分がカットされたものになりましたが、これも、この映画の持つ、ホラー性に連なる帰結ゆえでしょう。日本版DVDもインターコンチネンタルバージョンなのでアメリカ版と同じです。オリジナルはVHS版のみです。
隠す
  
 
[021]バンパイア・コップ2
 コメディ・ホラーなれど殉職二名本読み2009-05-02
 
映画全体としても前作よりできがいいと思います。 ゴアシーンはほとんどありませんがゾンビも大量に登場し、それを使って笑いを取りながら、でもやられちゃうというところがい・・・
続きを読む
映画全体としても前作よりできがいいと思います。 ゴアシーンはほとんどありませんがゾンビも大量に登場し、それを使って笑いを取りながら、でもやられちゃうというところがいいです。また、吸血鬼の描写も、後半になるほど怖さを見せるような絵作りがなされていて、笑いに応分の落差をもたせる緊迫感を与えています。 半ウェアウルフになったリッキー・ホイが月光の影響で化け物側と人間側にくるくる変転し、女吸血鬼もそれに振り回されるとか、脚本も前作よりずっと作り込まれています。 3作っても良かったように思いますが、コメディとホラーは及第点でも、カンフーアクションがなかったから、香港の観客には期待はずれだったのでしょうか?
隠す
  
 
[022]ダーク・スター
 史上最高の・・・本読み2009-04-20
 
サーフィン映画は何?と友達に聞かれたときに、何故かこの映画を挙げてしまった。でも、その回答、後悔してませんw
  
 
[023]サンダー・ウォリアーズ
 「組手」演舞が延々と続く本読み2009-04-20
 
そんな空手アクションです。その量があまりに多くキャラクター達の心理や状況描写に沿った絵作りに欠けるため、正直飽きます。コメディ風味ではなくユーモアを織り込もうとして・・・
続きを読む
そんな空手アクションです。その量があまりに多くキャラクター達の心理や状況描写に沿った絵作りに欠けるため、正直飽きます。コメディ風味ではなくユーモアを織り込もうとしていますが、粋を狙っているのが見え見えで、展開も予想がつくため、くすりともできません。 つっこみを入れる映画として見るには、妙にスタンダードなドラマが綴られているため、その面でも向いている映画ではないようです。最大の難点は悪役がちっとも悪魔的でないことでしょう。見方によってはその部分コメディアクトとして取れるのかもしれませんが、それも飽きます。 ・・・殺陣は頑張ってます。
隠す
  
 
[024]戦争のはらわた
 ワンダーフォーゲル本読み2009-04-14
 
失われてゆく時代への哀借について描かれたと思っている「ワイルドバンチ」との対比で、この作品が解釈されていくことには、かなりもったいない部分があります。 例えばそれは・・・
続きを読む
失われてゆく時代への哀借について描かれたと思っている「ワイルドバンチ」との対比で、この作品が解釈されていくことには、かなりもったいない部分があります。 例えばそれは、この映画の冒頭のユーゲントのフィルムが、何故、山の上に旗を立てるシーンを選んだのか、また、シュタイナ達の脱出行の途中、何故、彼らがフォークソングを歌っているのか、単なる印象性の問題ではありません。 それに留意しなければ、総統の言葉うんぬんのシュタイナの台詞がユンカーに対する反意的な論難にとどまらない、シュタイナ自身に関わることが理解できないでしょう。 そう思うと、彼が何故、戦争の世界に、自分の世界だから、仲間達がいるからと戻っていくのかについても別の観点が浮かび上がってきます。 深い背景を叙情性の中に織り込ませている点だけ見ても、「暴力の大家」ペキンパーの面目躍如です。
隠す
  
 
[025]ナスティ・ガール
 古傷を隠すことによって新しい傷ができる本読み2009-03-26
 
主人公のソーニャ(実名ではアーニャ・ロスムス)は街の人々の陰に陽にの妨害を切り抜け論文は完成します。その結果、今も町の名士である人々がNSDAP時代、完全なナチスのシンパ・・・
続きを読む
主人公のソーニャ(実名ではアーニャ・ロスムス)は街の人々の陰に陽にの妨害を切り抜け論文は完成します。その結果、今も町の名士である人々がNSDAP時代、完全なナチスのシンパだったことが暴き出されてしまいます。 重いテーマを扱っていますが、主人公のキャラクターが本人に即したひょうひょうとして、抜け目がなく、出し抜く勇気を持ち合わせている女性として描かれているため、節目節目で自分たちへ向けられた「脅威」により引き起こされた葛藤などはコミカルに表明されていて、物語は面白く進んでいきます。 ドイツにおける戦後克服の問題を扱った映画は日本ではほとんど紹介されていませんから、その意味でも見ておいた方がよい映画だと思います。 ちなみに実物のアーニャ・ロスムスは結局、その後も命の危険にさらされたため、米国に居を移すことになってしまいました。
隠す
  
 
[026]龍が如く 劇場版
 コン・ユを見るためだけに見てもいい本読み2009-03-24
 
そのぐらい、コメディタッチ横溢の作品の中で、シリアス・ハードボイルドまっしぐらっていう存在感です。このキャラクターで三池にスピンオフ作品を撮ってもらいたい。しかし銃・・・
続きを読む
そのぐらい、コメディタッチ横溢の作品の中で、シリアス・ハードボイルドまっしぐらっていう存在感です。このキャラクターで三池にスピンオフ作品を撮ってもらいたい。しかし銃の構え方、文句無し無しです。あの無駄な力が抜けた、本当に実銃撃っても当たりそうな感じはさすが韓国の俳優だと思いました。
隠す
  
 
[027]九十九本目の生娘
 絵作りがなかなかいい本読み2009-01-28
 
菅原文太以外の役者さんたちがなかなか素晴らしく、低予算ながらカメラやシーン構成に好感が持てます。登場人物達のエピソードにまとまった幹が無い分、ドラマが総花すぎて名作・・・
続きを読む
菅原文太以外の役者さんたちがなかなか素晴らしく、低予算ながらカメラやシーン構成に好感が持てます。登場人物達のエピソードにまとまった幹が無い分、ドラマが総花すぎて名作にはなれなかった感じに思います。
隠す
  
 
[028]007/カジノ・ロワイヤル
 ジェームズ・ボンドである必要なし本読み2008-12-26
 
つまり裏返せば007シリーズである必要のない作品でした。冒頭のシークエンスはスーパーマリオのゲームでも見ているようだったし・・・。女性受けする今風ボンド、ダニエル・ク・・・
続きを読む
つまり裏返せば007シリーズである必要のない作品でした。冒頭のシークエンスはスーパーマリオのゲームでも見ているようだったし・・・。女性受けする今風ボンド、ダニエル・クレイグが悪いのではありません。男性の夢見たロマンティックなボンドの時代はすでに終わりを告げたということでしょう。それが品格のない悪役とのやり取りにも出ているもんだから、ドラマ全体の構成もちっともしゃれていません。同様にヒロインとのカラミの見せ方にも粋さはありません。 この監督はゴールデン・アイの時もそうでしたが、007シリーズを理解、いや、愛していないと思います。サンダーボール作戦を念頭に置いて比較批評をしてみれば判りやすいと思います。もっとはっきり言えば、・・・オースティン・パワーズの方がずっと007映画を理解し、愛しているのです。 僕の中ではこのカジノ・ロワイヤルはゴミ箱行きですね。
隠す
  
 
[029]テキサスの五人の仲間
 再見、ネタバレでも楽しめる本読み2008-11-28
 
スティングとの比較コメントが多いので、その流れで一言言えば、こちらの方がずっと優雅な映画だと思います。
  
 
[030]書かれた顔
 映し出されたのは玉三郎だけではない本読み2008-10-31
 
玉三郎を撮った映像はいうまでもなく、ダニエル・シュミットの映画観の一端がカメラへ向かって語る玉三郎を通して明確にされていきます。
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION