allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「79to96」さんのコメント一覧 登録数(20件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]グロヅカ
 インパクト大79to962006-02-25
 
能面ってすごくインパクトあって恐くて、ものすごく ホラーに合ってる小道具だと思います。(ってそんな ことをいったら能に対して失礼ですかね。。。) この映画も基本的には・・・
続きを読む
能面ってすごくインパクトあって恐くて、ものすごく ホラーに合ってる小道具だと思います。(ってそんな ことをいったら能に対して失礼ですかね。。。) この映画も基本的にはアイドル映画なのですが、 この“小道具”のおかげで、数々のショッカー演出に もの凄く驚怖しました。 アイスホッケーマスクのジェイソンを超える 異様な日本独特の殺人鬼を味えるってだけでも 見る価値はあるかなぁとは思います。
隠す
  
 
[002]エクスペリメント
 (無題)79to962006-02-04
 
『es〜エス』を気取って作ったものの、完全な失敗作 久々に映画見て時間ムダにしたって思った。。。。
  
 
[003]輪廻
 斬新?79to962006-01-08
 
この作品なかなかいい脚本だなと思いました。 大体ミステリーものなんかでも、全然最後のオチや謎を見抜く力が ないため、いつもすっかり騙されるいい視聴者な自分なのですが、・・・
続きを読む
この作品なかなかいい脚本だなと思いました。 大体ミステリーものなんかでも、全然最後のオチや謎を見抜く力が ないため、いつもすっかり騙されるいい視聴者な自分なのですが、 この作品での“ミスリード”にもまんまと乗っかり、最後を 非常に楽しく見れました♪ “輪廻”という現象を利用し、こんなにコワい“主人公の立場” を描いた脚本は結構斬新で、大したものだと素直に感心しました。 ベタだけど“人形”という小道具は夢に出てきそうなくらい やっぱりコワいし、この二つの要素に自分はすっかりやられました。 最近のJホラーに見られる“脅怖”映画の要素(いわゆるお化け 屋敷的な“脅かす”ことで“怖い”演出がメインの恐さの映画) が相変わらず所々に見られる映画ではありましたが、主人公の 立場を考えた時に、「これは恐いな」と思わせる真に恐い設定が 最後に全貌を現す所は、なかなかのホラー映画だと思います。 なんて、良く書き過ぎかなぁ〜。。。
隠す
  
 
[004]ルール 封印された都市伝説
 残念79to962005-12-09
 【ネタバレ注意】
「ペットセメタリー」を撮った女性監督の最新作、、、だが 正直残念感が大きかった。 鏡の使い方なんかや、湿っぽいホラーの質感とか なかなか良かった面もあるにはあるけど、・・・
続きを読む
「ペットセメタリー」を撮った女性監督の最新作、、、だが 正直残念感が大きかった。 鏡の使い方なんかや、湿っぽいホラーの質感とか なかなか良かった面もあるにはあるけど、ちょっとパンチに欠けるかな。 ラストのCGを使ったシーンはB級感を助長させてしまったし、 これは監督のせいではないけど、まるでどんでん返しのないスカスカの脚本。 何より新しい要素が何もないかのような焼き直し感が一番の残念要素かも。 女性監督の感性を駆使した、今後のホラー映画作りに期待したい。
隠す
  
 
[005]オープン・ウォーター
 これだから海映画はやめられない79to962005-11-24
 
“見通せない”“何かいる”“自由に動けない”“回りには何もない” こんだけの状況が揃った大海原ってやっぱりたまらない程の恐怖環境? なかなか心底「こわいよぉ〜〜」と思う映画・・・
続きを読む
“見通せない”“何かいる”“自由に動けない”“回りには何もない” こんだけの状況が揃った大海原ってやっぱりたまらない程の恐怖環境? なかなか心底「こわいよぉ〜〜」と思う映画がない昨今、自分にとって これは紛れもない恐怖映画なのでした。 夜の海の描写はなかなか見る機会がなかったのですが、あれはもう 恐怖の臨界ではないだろうか。。。 ホラーの要素である“タメ”と“アクション”の要素もそれなりに あったと思うし、それに加えての状況的恐怖。 精神的な恐怖と想像力による恐怖。そら本能に響く恐怖ですって−−;
隠す
  
 
[006]生ごみ 死体遺棄
 気まずかった。。。79to962005-11-21
 
単純に“ホラー”を期待して、彼女と一緒に見てしまい えらい気まずい思いをした作品−−; AVとホラーを同時に見せられたら、気持ち悪くなるのは いたしかたないわな。 個人的・・・
続きを読む
単純に“ホラー”を期待して、彼女と一緒に見てしまい えらい気まずい思いをした作品−−; AVとホラーを同時に見せられたら、気持ち悪くなるのは いたしかたないわな。 個人的には頭にこびりつく悪夢のような質感が結構印象的で 個性的だなとは思いました。
隠す
  
 
[007]フォーガットン
 この雰囲気は、、、79to962005-11-19
 
キング作品を映画化して失敗した作品群のテイストに似ていた 気がしました。 途中まで緊迫したいい雰囲気だったのに、ネタがバレはじめると ゲンナリ的な所が。。。 いきなり・・・
続きを読む
キング作品を映画化して失敗した作品群のテイストに似ていた 気がしました。 途中まで緊迫したいい雰囲気だったのに、ネタがバレはじめると ゲンナリ的な所が。。。 いきなりぶっ飛ぶあの演出だけは素直に「わぉ!」って面白かった ですけどね。まあ“唖然”とも言いますが(苦笑) 結局「親子の絆の強さ」を問いたい作品であったはずなんでしょうけど(?) その真意があまりのとび抜けた展開・脚本のせいでずい分ぼやけどしまい ましたねぇ。 ただルーベン監督のドキドキ感増幅演出というのはやっぱりどこか 生きていた気がしました。それだけにちょっと残念感も大でしたけど。
隠す
  
 
[008]ハウルの動く城
 アニメらしい良作では?79to962005-11-18
 【ネタバレ注意】
まずは序盤でのソフィーとハウルが出会うシーンの最後、ハウルが ベランダから飛び降り、それをソフィーが体を乗り出して目で追う シーンの躍動感を見て、アニメの表現もずい分・・・
続きを読む
まずは序盤でのソフィーとハウルが出会うシーンの最後、ハウルが ベランダから飛び降り、それをソフィーが体を乗り出して目で追う シーンの躍動感を見て、アニメの表現もずい分ドラマティックに なったなぁと思い感心。 そして今回は背景の小物の作画精度がいつになくスゴいカットが いくつもあって、こちらも感心。暖炉にあった棒だかは実写かと 思った位だ。 その他ソフィーが眺める湖の水面の表現とかも圧巻だったなぁ。 そんなんで、ジブリはまた作画力あげたなぁと素直に感動。 宮崎駿のストーリーテリング力もあって、物語も楽しく見れたし、 最近の彼の趣向でもあるドロドロ系クリーチャーの描写や、 相変わらずの空を飛ぶシーンや乗り物、美しい風景描写とその構図、 ヒロインの魅力の上手い見せ方でいやらしい程胸キュンさせる力、 愛らしいキャラクターなど、どこを切っても宮崎駿の色が出ていて 面白かったと思うけどなぁ。
隠す
  
 
[009]ハサミ男
 強力ダッグ?79to962005-11-17
 【ネタバレ注意】
オチ事項にかなり後半まで気付かない勘の悪さのおかげで(汗) 楽しさ・ビックリ度を増して見れました。 トヨエツが静かな犯罪者役にハマりまくってたせいもあって、 すっかり先・・・
続きを読む
オチ事項にかなり後半まで気付かない勘の悪さのおかげで(汗) 楽しさ・ビックリ度を増して見れました。 トヨエツが静かな犯罪者役にハマりまくってたせいもあって、 すっかり先入観を持って見ていたのと、作品を見始めてからの なんとなく出来の悪いような三流映画感が余計に深読みをしない カンジを自分に与えたのでしょう。 ラストで“?”と思っていたことがすっきり解決されるあたり、 ミステリーものとしても良作だったと思います。 麻生久美子の存在感と演技も素晴らしく、また彼女とトヨエツとの からみのシーンが何ともいい雰囲気でした。 堤幸彦さんの『ケイゾク』を彷彿させるような電子音的不快BGMも 印象的でした。
隠す
  
 
[010]-less [レス]
 キレっぷり79to962005-11-17
 【ネタバレ注意】
夢オチについてはまぁどうあれ(笑)、作中の展開や緊迫感は なかなかの演出力と感じました。 白い服の謎の女性なんかの使い方・見せ方なんかも邦画ホラーの 幽霊のような恐さが・・・
続きを読む
夢オチについてはまぁどうあれ(笑)、作中の展開や緊迫感は なかなかの演出力と感じました。 白い服の謎の女性なんかの使い方・見せ方なんかも邦画ホラーの 幽霊のような恐さが感じられたりするシーンもあって良かったです。 でもこの作品で一番色濃く出ていることといえば極限状態に陥った 登場人物のキレっぷりと思いました。 特にリン・シェイ演じる母親役のイカれっぷりは見事の一言でした。
隠す
  
 
[011]宇宙戦争
 大作ってカンジ♪79to962005-11-17
 【ネタバレ注意】
侵略描写はナカナカのもので、大作感を十分に味わえましたし、 それでこの映画はいいんじゃないと自分も思います。 物語序盤で、状況が分からず父の言われるがままに車に乗せ・・・
続きを読む
侵略描写はナカナカのもので、大作感を十分に味わえましたし、 それでこの映画はいいんじゃないと自分も思います。 物語序盤で、状況が分からず父の言われるがままに車に乗せられた 娘ダコタ・ファニングが、その“ままならぬ事態”を感じ取って怯えて いく演技で、一気にこの非現実的な映画の世界に入り込めました。 天才子役の実力に改めて脱帽した瞬間でもありました。 川をいくつもの死体が流れるシーンや、空から灰にされた人々の まとっていた洋服のみがヒラヒラと降って来るシーンなんかも、 人間が無残に“駆除”されていくのを象徴的に描いていて恐かったです。 ただ一点気になったのが作中、ティム・ロビンス演じる過激派(?)市民が 口にした台詞。「日本人でも倒せたのだから俺たちにだって出来る」と いうような内容のもの。スピルバーグ作品って、(単なる思い込みかも ですが)良心的なイメージが強かったので、ともすれば差別的な表現とも とれるこういった台詞があったのはちょっと意外でした。 といってもこゆ場合は台詞だから脚本家の方の話ですかね、、、^^; それでも「人類が地球で生きていていい権利」を謳いあげてしめるような ラストショットは彼らしいなと自分は感じましたけど。
隠す
  
 
[012]クライシス・オブ・アメリカ
 悪意の凶器79to962005-11-01
 
ニ面性を示唆する“洗脳”と“政治”をテーマにしているだけあって、 俳優陣の演技合戦も十二分に楽しめる一本でした。 確かに“洗脳”どこじゃない“操脳”手術が実際研究されているで・・・
続きを読む
ニ面性を示唆する“洗脳”と“政治”をテーマにしているだけあって、 俳優陣の演技合戦も十二分に楽しめる一本でした。 確かに“洗脳”どこじゃない“操脳”手術が実際研究されているであろう 事実と、本作が取り上げるその危険性は大変興味深くて、議論の的にもなる テーマと思いました。 「どんな発明・力もそれを悪にするのは悪意」 そんな教訓が大いに感じられた作品でした。
隠す
  
 
[013]オールド・ボーイ
 言霊79to962005-11-01
 【ネタバレ注意】
“口は災いの元”という教訓を帯びつつも、ほとんど“狂気”がその大元に 流れているから、それを見落としてしまいそうな作品(?) でも言葉が人間の体を変化させたり(想像妊娠)、人・・・
続きを読む
“口は災いの元”という教訓を帯びつつも、ほとんど“狂気”がその大元に 流れているから、それを見落としてしまいそうな作品(?) でも言葉が人間の体を変化させたり(想像妊娠)、人を殺したり、人を 愛し合わせたりするといことを突きつけられると、改めた“言霊”って言葉の 意味と力に恐怖を感じます。 もちろんそこに潜んでいるのは、人間の脳の危うさなんですけど。。。 映画自体はそのことよりも、とにかく過激な復讐劇に視点がいっていますし それが確かに魅力的と思います。描写がスゴかったです。 パク監督の復讐3部作といわれる他の2作品(『復讐者に憐みを』 『親切なクムジャさん』)にもとても興味を持った位。
隠す
  
 
[014]バタフライ・エフェクト
 切ない。。。79to962005-11-01
 【ネタバレ注意】
記憶喪失、過去を変えられる力、哀しい決断からくる切ないラスト、 ミュージックビデオ風のいり込んだ演出映像など、とにかく自分の ツボにはまるものが多くてかなり気に入った・・・
続きを読む
記憶喪失、過去を変えられる力、哀しい決断からくる切ないラスト、 ミュージックビデオ風のいり込んだ演出映像など、とにかく自分の ツボにはまるものが多くてかなり気に入った作品でした。 タイムトラベル&ラブストーリーのダブル攻撃モノっちゃあ それまでなんですが、この作品の独自性は“幸せに結ばれない運命” という、ラブストーリー王道の真逆をいく設定の新鮮さにまずは 見られた気がします。 そして、その運命に苦渋の決断と抵抗をしながらも愛の深さを 感じさせる余韻の残るラストシーンを、それまでの緻密な脚本と スピーディな展開とのコントラストで見事に表現したところ が逸材と思いました。こうして表現されたラストシーンからくる “切ないラブストーリー”感は胸にささりました。 過去を変えられる主人公の力から発生する様々な展開は 一本の映画で何本もの映画を観ているかのようなお得感も 味わえた気がしましたし、とにかく面白く一気に最後まで見れた 作品でした。 ヒロインのサドな兄貴(児童ver.)が何気になんとも恐怖で、 サイコホラーなテイストも味わえる??笑
隠す
  
 
[015]キャビン・フィーバー
 “賛”に一票!79to962005-10-17
 【ネタバレ注意】
ホラー映画の名作たちにオマージュを捧げるスパイスを 織り交ぜながら、心理的な恐怖と視覚的な恐怖、 そして破綻していくクレージーな展開と、これがホラーだ と言わんばかり・・・
続きを読む
ホラー映画の名作たちにオマージュを捧げるスパイスを 織り交ぜながら、心理的な恐怖と視覚的な恐怖、 そして破綻していくクレージーな展開と、これがホラーだ と言わんばかりの素晴らしい出来と自分は思いました。 賛否両論の作品ではあるみたいですけど、自分は断然“賛”でしたw 手○ンしていた主人公の手に鮮血でビックリのあのシーン、エロ→ショックの ホラー王道の展開も、あーいう入り込めるような雰囲気は初めてでした。 『死霊のはらわた』『遊星からの物体X』『ナイト・オブ・リビングデッド』 『2000人の狂人』なんかの臭いを自分は読み取りましたけど、これ以外にも もちろんオマージュ捧げた作品たくさんあるんでしょうね。 未熟な私にどなかたご教授下さい−− ↓そっか、『脱出』のテイストさえも含んでいたのですね。言われてみれば納得かもです。
隠す
  
 
[016]ベルヴィル・ランデブー
 ジブリの作家性79to962005-10-17
 【ネタバレ注意】
ミーハーな映画ファンに媚びない作家性色の強い本作を取りあげたジブリに、同時にその作家性を感じた。 アクの強い大人のアニメなので、ミーハーなジブリファンは気軽に鑑賞し・・・
続きを読む
ミーハーな映画ファンに媚びない作家性色の強い本作を取りあげたジブリに、同時にその作家性を感じた。 アクの強い大人のアニメなので、ミーハーなジブリファンは気軽に鑑賞しないように(笑) 個人的には、トレーニング後の家でのワンシーンがかなり好きだった。
隠す
  
 
[017]リトル・ブッダ
 映像作家ベルトルッチ79to962005-10-17
 【ネタバレ注意】
“美しい”映像が撮れる監督というのそれだけで 映像作家だと思うが、ベルナルド・ベルトリッチという監督は 間違いなくそんな映像作家の一人ということを十分に感じさせる映画。・・・
続きを読む
“美しい”映像が撮れる監督というのそれだけで 映像作家だと思うが、ベルナルド・ベルトリッチという監督は 間違いなくそんな映像作家の一人ということを十分に感じさせる映画。 キアヌが意外にも(?)ハマり役になり得たのも、監督の力が大きいと思う。 ブッダの輪廻転生を3者にかぶせる=三位一体あたりが、キリスト教的 観念も混じっててなんだか面白い(笑) 子どもらが見るブッダのシーンと演出は本当に素晴らしいと思った。
隠す
  
 
[018]白い巨塔
 十二人の・・・79to962005-10-17
 
ある意味すごい密室劇。 シンプルなストーリーに仕立て上げた脚本と、それを人間関係の 駆け引きやセリフ回しだけで映画を一本作ったとも言える出来。 でも、これがまた面白い・・・
続きを読む
ある意味すごい密室劇。 シンプルなストーリーに仕立て上げた脚本と、それを人間関係の 駆け引きやセリフ回しだけで映画を一本作ったとも言える出来。 でも、これがまた面白い。 TVシリーズが製作されたのも納得の一本!
隠す
  
 
[019]蝋人形の館
 正統派ホラーに相応しい?79to962005-10-17
 【ネタバレ注意】
東京国際ファンタスティック映画祭で見てきました。 残酷描写やショッカー演出などは、ホラーの王道をいくような 堅実な作りだったと思いました。 パリス惨殺のシーンは、上映・・・
続きを読む
東京国際ファンタスティック映画祭で見てきました。 残酷描写やショッカー演出などは、ホラーの王道をいくような 堅実な作りだったと思いました。 パリス惨殺のシーンは、上映前の前振りもあって、見事に拍手が 起こってました(笑) ただラストシーンだけはホラー映画らしくからぬ、CGを重ねた ダイナミックな演出・映像でアクション映画を思わせましたが、これも 新世代ホラーとして認めれば、そのスペクタル感を十分にそして二重に 楽しめると思います。 人気の「24」は見ていませんが、エリシャ・カスバートは大好きな 女優キルステン・ダンストを彷彿させるようなカワキレ系で一気にファン になりました。 素直に面白い・楽しめるホラー映画としてお勧めできる映画ですが、 コアなホラーファンの方々にどうでしょう?ってカンジですかね。。。
隠す
  
 
[020]ダウン
 まあまあ見れる79to962005-06-17
 
B級の匂いをただよせながらも、まあ振り返ってみれば ハリウッド臭プンプンの映画。 個人的には印象に残る名脇役で、前々から好きだった俳優、 マイケル・アイアンサイドとロン・パールマンが2・・・
続きを読む
B級の匂いをただよせながらも、まあ振り返ってみれば ハリウッド臭プンプンの映画。 個人的には印象に残る名脇役で、前々から好きだった俳優、 マイケル・アイアンサイドとロン・パールマンが2人一緒に出ていたことに見た甲斐があった。 エレベーターくんの殺人、直接描写は2,3回程あったが、 スケーター野郎を一気に82階だかまで上昇させて、 ふっとばし、ビルから落とすシーンにププッっとなり、 満員になった乗客を、床外してみんな下へ葬り去るシーンに おぉ、なんか斬新!ってなった 小粒ながらもなかなか見所のある(いい意味と悪い意味 両方で)映画だった。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION