allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「HABBY」さんのコメント一覧 登録数(1747件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]家族はつらいよ2
 老いも若きも賑わえ騒げHABBY2018-04-18
 【ネタバレ注意】
この三世代同居家族に再会できたことにまずは乾杯。家族たちに巻き起こるさまざまな悲喜こもごもは、そのまま家族間の意思疎通の濃密さ、関係性の濃さを反映しているようで、こ・・・
続きを読む
この三世代同居家族に再会できたことにまずは乾杯。家族たちに巻き起こるさまざまな悲喜こもごもは、そのまま家族間の意思疎通の濃密さ、関係性の濃さを反映しているようで、これぞ理想の一形態なのだと実感する。なんと第3作が製作されるそうで、この辺りの展開力は山田洋次監督ならではの本領発揮というところか。楽しみに待ちたい。
隠す
  
 
[002]ウォーキング・デッド (シーズン8)
 ニーガン・シンドロームHABBY2018-04-17
 【ネタバレ注意】
全16話。前シーズンで現れた吸血鉄バットの独裁者ニーガンをめぐるジリジリとした攻防。ものすごく濃密な描写だし、同時にものすごく平板なストーリーとも言える。少年ジャンプ・・・
続きを読む
全16話。前シーズンで現れた吸血鉄バットの独裁者ニーガンをめぐるジリジリとした攻防。ものすごく濃密な描写だし、同時にものすごく平板なストーリーとも言える。少年ジャンプなどの漫画で主要ボスキャラとの戦闘シーンを1話まるごと費やして豪華に描くケースがあるが、あれに近い雰囲気というか。製作者も視聴者の多くが本作の“信者”になっていることを理解した上で、自信たっぷりにこのドラマを描き切ったという気がする。過去数シーズンで本格化してきた流れを踏襲し、本作においてもゾンビ(ウォーカー)の存在はサブ的アクセサリーと化しており、メインテーマは人間間の(醜くおぞましい)縄張り争いとなっている。良くも悪くもニーガンのキャラの突き抜けぶりが目立つシーズンである。さて、この秋にも放送される第9シーズンにおいて彼らを取り巻くライフスペースはどのように変化していくのか。ここまでくると、引き続きこの狂乱世界を追いかけるしかない。願わくば、その息遣いが少しでも浄化される事を期待しつつ。 (第1話の最後で「ジョージ・ロメロの思い出と共に」という哀悼メッセージが流れたのが印象に残った)
隠す
  
 
[003]ザ・モンスター
 ゾーイ・カザンHABBY2018-04-17
 【ネタバレ注意】
クリーチャー系のホラーとしては凡庸な内容。なので基本的には映画一家に生まれたサラブレッド、ゾーイ・カザンの演技力を中心に観ることになるのだが、まあ及第点か。子役を演・・・
続きを読む
クリーチャー系のホラーとしては凡庸な内容。なので基本的には映画一家に生まれたサラブレッド、ゾーイ・カザンの演技力を中心に観ることになるのだが、まあ及第点か。子役を演じた女の子の奮闘に若干持っていかれてるような気がしないでもないが。若くしてママ役を経験したゾーイ、この先どんな役者人生(脚本の仕事含めて)を辿っていくのか楽しみなところではある。
隠す
  
 
[004]未来よ こんにちは
 イザベル・ユペールHABBY2018-04-14
 【ネタバレ注意】
自分の生き様を見つめ直す必要に迫られた時、頼りになるのは結局気の置けない友であり恋人であるということか。主人公夫婦が共に哲学の教師であることもあってか、随所に難解な・・・
続きを読む
自分の生き様を見つめ直す必要に迫られた時、頼りになるのは結局気の置けない友であり恋人であるということか。主人公夫婦が共に哲学の教師であることもあってか、随所に難解な哲学思想を携えた会話が出てきたり、あるいは大学でのデモの風景が流れたりと、いかにもおフランスっぽい風情。ドライブのシーンでさらっとウディ・ガスリー(ボブ・ディランに多大な影響を与えた、急進的なフォークシンガー)が登場するあたり、監督のこだわりがぎゅっと詰まった脚本なんだと思う。何れにせよこの類のセリフは(キラキラした恋愛作品が主流の)邦画ではまず現れないことであろう。
隠す
  
 
[005]偽りの忠誠 ナチスが愛した女
 リリー・ジェイムズHABBY2018-04-14
 【ネタバレ注意】
まだまだ現れる第二次大戦肉薄もの。これぞハニトラ、わかっちゃいるけどやめられない。リリー・ジェイムズの体を張った演技は立派。これで女優として一皮剥けるか。ヒムラーが・・・
続きを読む
まだまだ現れる第二次大戦肉薄もの。これぞハニトラ、わかっちゃいるけどやめられない。リリー・ジェイムズの体を張った演技は立派。これで女優として一皮剥けるか。ヒムラーが登場する中盤以降の息苦しさがなんとも切ないが、最後は霞が晴れるが如きハッピーエンド風。ナチスドイツの非道ぶりを間接的に印象付ける余韻が残った。なかなか見ごたえのある作品。
隠す
  
 
[006]アラビアの女王 愛と宿命の日々
 美人活動家HABBY2018-04-14
 【ネタバレ注意】
米が(英仏とともに)二度目のシリア攻撃に踏み切った日に鑑賞(米露の関係は冷戦終結後で最悪だろう…)。シリア、イラク、クルド族etc。今も昔も、この地域の地政学的困難性は・・・
続きを読む
米が(英仏とともに)二度目のシリア攻撃に踏み切った日に鑑賞(米露の関係は冷戦終結後で最悪だろう…)。シリア、イラク、クルド族etc。今も昔も、この地域の地政学的困難性は続いていると痛感する。イギリスのこの地域での外交ってどこもかしこもその後に波紋を呼ぶ、その場しのぎの弥縫策が目立つなあ。ニコール・キッドマンは貫禄の演技を本作でも披露。ただ全般的に少々間延びした感あり、その雰囲気は彼女の『オーストラリア』に近いかも。
隠す
  
 
[007]ドント・スリープ
 半覚醒の混沌HABBY2018-04-13
 【ネタバレ注意】
金縛り(睡眠麻痺)をテーマにしたホラー。そこそこリアルでそこそこ怖いが、全体的に抑揚不足かなあ。金縛りは誰もが一度は通る一種の生理現象だと思うが、それに対してどの程・・・
続きを読む
金縛り(睡眠麻痺)をテーマにしたホラー。そこそこリアルでそこそこ怖いが、全体的に抑揚不足かなあ。金縛りは誰もが一度は通る一種の生理現象だと思うが、それに対してどの程度のリアリティ、恐怖、切実感を覚えているかどうかで本作への評価が違ってきそう。そう言えば未成年の頃自分も金縛りが頻発していた時期があったなあ。飛び回る天狗の仮面とか見えたりして。当時は結構考え込んだりしてたっけ。欧米には睡眠麻痺を悪魔の仕業とする伝説があるようなので、その点日本人とは見方が違うのかもしれない。二役を演じる主演女優(ジョスリン・ドナヒュー)はお綺麗(若かりし頃の千堂あきほ似)。
隠す
  
 
[008]ローマ発、しあわせ行き
 イタリア珍道中HABBY2018-04-13
 【ネタバレ注意】
母と娘、ユーモラスなイタリア旅行記。サラ・ジェシカ・パーカーはお年を召されたけどキュート。彼女が主役かと思って観進めたが、途中から現れるクラウディア・カルディナーレ・・・
続きを読む
母と娘、ユーモラスなイタリア旅行記。サラ・ジェシカ・パーカーはお年を召されたけどキュート。彼女が主役かと思って観進めたが、途中から現れるクラウディア・カルディナーレ(CC)の凄みに圧倒された。80過ぎてもまだ現役な事を知り嬉しい。ロージー・デイは今ちょうど観てる『アウトランダー』S2でも活躍中の新星。ピンク色の髪にピアス、どぎついアイシャドウ、、多感な思春期の少女を上手く演じてる。冒頭でかかったFallulahの“Dried-Out Cities”が印象に残った。
隠す
  
 
[009]ニューヨーク、アイラブユー
 愛に飢える都会人HABBY2018-04-11
 【ネタバレ注意】
魅力的なエピソードが勢ぞろい。役者陣もビッグネーム多し。みんな、都会の喧騒とそこに同居する孤独とに身を任せつつ、今を懸命に生きている。人間、孤独な状態が続くと窒息し・・・
続きを読む
魅力的なエピソードが勢ぞろい。役者陣もビッグネーム多し。みんな、都会の喧騒とそこに同居する孤独とに身を任せつつ、今を懸命に生きている。人間、孤独な状態が続くと窒息してしまうということかな。
隠す
  
 
[010]人生タクシー
 走りながら撮るHABBY2018-04-11
 【ネタバレ注意】
命を削って映画製作に携わっているという矜持、意地、使命のようなものが画面を通して伝わってくる。我が日本とイランの、置かれた環境のなんと異なることよ。全世界的に言論・・・・
続きを読む
命を削って映画製作に携わっているという矜持、意地、使命のようなものが画面を通して伝わってくる。我が日本とイランの、置かれた環境のなんと異なることよ。全世界的に言論・表現の自由が制限される方向に舵を切る国々が増えているような気がする。我々はこうした動きを牽制するとともに、表現者を物心両面でサポートする必要があるのだろう。
隠す
  
 
[011]エクストーション 家族の値段
 妻子救出大作戦HABBY2018-04-11
 【ネタバレ注意】
ありふれた「孤島に遭難、サバイバル」系かと思ったが、邪心ある漁師の登場〜救出妨害工作以降俄然盛り上がってくる。中盤以降は妻子と離れ離れにさせられた夫の妻子救出への執・・・
続きを読む
ありふれた「孤島に遭難、サバイバル」系かと思ったが、邪心ある漁師の登場〜救出妨害工作以降俄然盛り上がってくる。中盤以降は妻子と離れ離れにさせられた夫の妻子救出への執念、バイタリティが前面に出る形。この暴れぶりはハリソン・フォード、ブルース・ウィリス、キアヌ・リーヴスらの往年の破天荒無敵キャラをなんとなく想起。獅子奮迅の活躍の後、いよいよ彼は妻子と再会、大団円。最後に愛は勝つ、てか。
隠す
  
 
[012]ReLIFE リライフ
 期間限定のリセットHABBY2018-04-10
 【ネタバレ注意】
いかにも日本の作品らしいキラキラした学園青春ものだが、10歳若返って高校生活をリトライするという世界観がなかなか面白いのと、主演の女の子がコミュ障気味で奥手という設定・・・
続きを読む
いかにも日本の作品らしいキラキラした学園青春ものだが、10歳若返って高校生活をリトライするという世界観がなかなか面白いのと、主演の女の子がコミュ障気味で奥手という設定が斬新で面白かった。10代も20代も、吾輩のようなもう少し上の層でも楽しめる。20歳前後の俳優陣が多く登場するので、旬な俳優女優を多数拝めるのも良い。邦画経験の浅い吾輩は唯一千葉雄大のみ顔と名が一致する状態だったが、本作で不思議ちゃん風のヒロインを演じた平祐奈が印象に残った。平愛梨の14歳下の妹だとは鑑賞後にバイオをググらないと分からんかった(だって全然雰囲気が似てないんだもん…)が、頑張って顔と名を覚えてみよう。
隠す
  
 
[013]インビジブル・エネミー
 閉所恐怖HABBY2018-04-09
 【ネタバレ注意】
『ハイ・ライズ』で弱肉強食的な退廃世界を描いたベン・ウィートリーが製作総指揮として携わっており、似たような不条理錯乱世界が展開されていく。「人は何のために生きるのか・・・
続きを読む
『ハイ・ライズ』で弱肉強食的な退廃世界を描いたベン・ウィートリーが製作総指揮として携わっており、似たような不条理錯乱世界が展開されていく。「人は何のために生きるのか?」という根源的問いかけをされているような気がした、ってのはちと大げさか。まあでも宇宙船地球号の行く末も下手するとこういう感じになっていきそうで、その点本作の比喩描写はあながち的外れではないのかも。
隠す
  
 
[014]ヒッチハイク・キラー
 猟奇ごっこHABBY2018-04-09
 【ネタバレ注意】
裏の裏は表と見せかけて、裏だったというオチ。だから二人とも金髪だったんだな。ベロニク役、ジョゼフィーヌ・ドゥ・ラ・ボームの体を張った演技とエンディング曲の軽快なユー・・・
続きを読む
裏の裏は表と見せかけて、裏だったというオチ。だから二人とも金髪だったんだな。ベロニク役、ジョゼフィーヌ・ドゥ・ラ・ボームの体を張った演技とエンディング曲の軽快なユーロビートサウンドに星一点加点。
隠す
  
 
[015]シチリアの恋
 ゴースト/シチリアの幻HABBY2018-04-09
 【ネタバレ注意】
予備知識0でスタート。イタリア映画かと思ったら中国映画だったでござる。で、これがなかなかの(邦画の恋愛映画と違って先行き予想が簡単につかない)悲恋ものであったでござ・・・
続きを読む
予備知識0でスタート。イタリア映画かと思ったら中国映画だったでござる。で、これがなかなかの(邦画の恋愛映画と違って先行き予想が簡単につかない)悲恋ものであったでござる。主演が韓国人俳優(イ・ジュンギ)で、相手の恋人役が中国人(チョウ・ドンユイ)。ちょっと不思議ちゃんっぽくて綾瀬はるかに似たタイプかな。全体的にスタイリッシュで、こういう作品(反日傾向を前面に出していない作品)であればどんどんチェックしていきたいなあ。
隠す
  
 
[016]X-DAY 黙示録
 悪魔の総攻撃HABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
才能にあまり恵まれない新人監督が『デビルマン』をハリウッドで実写化したらこういう風な感じになるのかもしれない。
  
 
[017]CUB/カブ戦慄のサマーキャンプ
 恐怖のサバイバルHABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
「学校の怪談」ならぬ「キャンプの怪談」的なノリ。課外活動でキャンプする世代(少年少女)が観るとリアルにガクブル出来るのではないか。紅一点、エヴェリン・ボスマンスの存・・・
続きを読む
「学校の怪談」ならぬ「キャンプの怪談」的なノリ。課外活動でキャンプする世代(少年少女)が観るとリアルにガクブル出来るのではないか。紅一点、エヴェリン・ボスマンスの存在に感謝。野郎ばかりだとやっぱし絵面に華やかさが出ないから。
隠す
  
 
[018]人魚姫
 姫の涙HABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
中国発の他愛ないおバカコメディー(おバカっぷりは日本の同系統の作品ともいい勝負)だが、海洋環境破壊への警鐘を鳴らすなど社会派メッセージも散見。日本からすると計画性の・・・
続きを読む
中国発の他愛ないおバカコメディー(おバカっぷりは日本の同系統の作品ともいい勝負)だが、海洋環境破壊への警鐘を鳴らすなど社会派メッセージも散見。日本からすると計画性のない水産資源乱獲をしまくる中国の漁業の方こそ心配だが…。 「中国を含むアジアを中心とする全世界の合計興行収入が5億5000万ドルを突破した」らしく、その影響力は侮れない。 人魚役のジェリー・リンは可愛いが、個人的にはキティ・チャンの美貌、色気の方にも目がいった。日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』にも出ているようなので拝見するのが今から楽しみ。
隠す
  
 
[019]はじまりへの旅
 ヒッピー文化回想録的ロードムービーHABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
子供にとって学校(義務教育)は必要か?子は親を選べない。一歩間違えれば児童虐待と受け取られかねない危うさを感じたが、この奇特な教育論(ヒッピー文化リスペクト?)を持・・・
続きを読む
子供にとって学校(義務教育)は必要か?子は親を選べない。一歩間違えれば児童虐待と受け取られかねない危うさを感じたが、この奇特な教育論(ヒッピー文化リスペクト?)を持つ父の下で育った息子・娘たちが真に人生の楽しさと生きる知恵とを実際に授かっていれば良いのだけど。。ノーム・チョムスキーの名が出てきたり量子物理学の難解な専門用語が唐突に飛び交ったり、ナボコフの『ロリータ』を読んだ感想を思春期の娘に求めたり、バッハのゴールドベルク変奏曲(グレン・グールド版)の優秀性を息子に訥々と論じさせたり、最後の部分で“哲学”としての仏教(火葬文化)とキリスト教(土葬文化)を競わせたり、この監督はかなり知的探究心に溢れた(いい意味で変わり者の)人間と見た。こういうアヴァンギャルドな作風に目がないので、星9点を献上。
隠す
  
 
[020]マン・ダウン 戦士の約束
 理性と狂気の狭間でHABBY2018-04-08
 【ネタバレ注意】
従軍後の精神の疲弊(PTSD)をドラマチックに、ある意味幻想的に描いた作品。中盤まで何がどうなっているのかよくわからない構成であったが、終盤になってこの兵士が妄想を見て・・・
続きを読む
従軍後の精神の疲弊(PTSD)をドラマチックに、ある意味幻想的に描いた作品。中盤まで何がどうなっているのかよくわからない構成であったが、終盤になってこの兵士が妄想を見ているのだとようやく把握。トンデモな展開だが、それだけに戦争の悲惨さを力技で表現しているような気がする。けいと・マーラ好きなので星一点加点。
隠す
  
 
[021]ソルジャーズ・アイランド
 生きるか死ぬかHABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
極めて凡庸な脚本だが役者陣の重厚感で見せる。本作とは何の関係もないが、原題からDeep PurpleとLoudnessの名曲を思い出した。
  
 
[022]誰のせいでもない
 七転び八起きHABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
冒頭からヘヴィなお話だが、原題から想像するに「終わり良ければすべて良し」、「明けない夜はない」的ポジティブシンキングの意義を説いた寓話だと受け止めました。難しい解釈・・・
続きを読む
冒頭からヘヴィなお話だが、原題から想像するに「終わり良ければすべて良し」、「明けない夜はない」的ポジティブシンキングの意義を説いた寓話だと受け止めました。難しい解釈はさておき、ヴェンダース監督の新作が拝めたことに感謝。独特の映像美、間(ま)は本作でも健在。シャルロット・ゲンズブール、マリ=ジョゼ・クローズ、レイチェル・マクアダムスと良い女優が同時に拝めるのも良い。監督の過去の傑作群には及ばないものの、ファンは必見でしょう。
隠す
  
 
[023]ナイスガイズ!
 向かう所敵なしHABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
なかなかやんちゃなバディもの。かなり情熱を込めて世界観を練り上げているのが伝わってくるので評価したい。ゴズリング&クロウの凸凹コンビに加えてキュートなアンガーリ・・・
続きを読む
なかなかやんちゃなバディもの。かなり情熱を込めて世界観を練り上げているのが伝わってくるので評価したい。ゴズリング&クロウの凸凹コンビに加えてキュートなアンガーリー・ライスの存在感が良い味。『レオン』でマチルダを演じたナタリー・ポートマンを彷彿させる将来性を感じさせてくれる。
隠す
  
 
[024]ウェディング・テーブル
 新旧お転婆姫対決HABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
結婚式式場が舞台のホンワカとした小品。アナ・ケンドリック&リサ・クドロー。
  
 
[025]幸せなひとりぼっち
 良心の塊HABBY2018-04-07
 【ネタバレ注意】
同じスウェーデン作品『100歳の華麗なる冒険』に似た感じのハートウォームでメルヘンチックなコメディ作。主人公爺の不器用な頑固さ(サーブ車へのこだわり、愛情は尋常ではな・・・
続きを読む
同じスウェーデン作品『100歳の華麗なる冒険』に似た感じのハートウォームでメルヘンチックなコメディ作。主人公爺の不器用な頑固さ(サーブ車へのこだわり、愛情は尋常ではない)の裏にある優しさ、誠実さが胸に沁みる。アラブ系移民一家の描かれ方、爺との関係性も示唆に富んでいる。荒んだ事件が多い現代だが、こうした希望、未来を期待できる日常が取り戻せればいいのになあ。要所に登場する猫ちゃんが可愛い。
隠す
  
 
[026]MURDER IN THE FIRST/第1級殺人 (シーズン2)
 プリズン・プラネットHABBY2018-04-05
 【ネタバレ注意】
全12話。本シーズンも引き続き今のアメリカの暗部、闇をえぐり出す構成。学校を舞台にした銃による大量殺人、人種差別、警察内部の腐敗、ドラッグ蔓延、死刑制度の是非etc。ド・・・
続きを読む
全12話。本シーズンも引き続き今のアメリカの暗部、闇をえぐり出す構成。学校を舞台にした銃による大量殺人、人種差別、警察内部の腐敗、ドラッグ蔓延、死刑制度の是非etc。ドラマゆえ現実社会の負の側面を強調して描いてはいるのだろうが、こういうストーリーを見ているとアメリカに移住(or長期滞在)しようというモチベーションは起きなくなってくるなあ。色々な点で日本は相対的に恵まれているのかも、と反芻。
隠す
  
 
[027]WE ARE X
 バイブル…神格化への手引書HABBY2018-04-04
 【ネタバレ注意】
今や日本のみならず世界各国に熱狂的なファンを抱える彼らX JAPANのドキュメンタリー作品。アメリカ、マジソンスクエアガーデンでの最新ライブを控えた彼らの練習風景を交えつ・・・
続きを読む
今や日本のみならず世界各国に熱狂的なファンを抱える彼らX JAPANのドキュメンタリー作品。アメリカ、マジソンスクエアガーデンでの最新ライブを控えた彼らの練習風景を交えつつ、Yoshikiの複雑な生い立ち(父が自殺)や、Toshiに起こったハプニング(洗脳騒動)、Hide、Taijiの非業の死などについても詳細に語られる。バンドの酸いも甘いも全部さらけ出す構成。 冒頭1980年代後半の音と映像が流れるが、たしかにあの時代こうした音(強烈な疾走感とメロディの共存)を醸し出していたバンドは他に居なかったと回想。強いて言えばドイツのHelloweenが初期に似たベクトルの音をやっていたか。ある意味スラッシュメタル的であり、ある意味メロディックスピードメタル的でもあり…。英米のメインストリームからは見向きもされなかった音像ではあったが、以来約30年、今ではしっかりとシーンに根ざす存在となっているのはさすがとしか言いようがない。 彼らはアメリカでは「プログレ・メタル」という範疇に入れられることもあるようで、ラッシュやクイーンズライク、マストドンなどの代表的なバンド群とともに彼らも人気ランキング上位に入っていることが紹介される。メタルというジャンルの細分化により現在では彼らよりも個性的な音&ヴィジュアルを発出するバンドも珍しくはないが、Yoshikiのドラム(&ピアノ)とToshiのボーカル、まさに唯一無二の個性的な組み合わせ、オリジナルな存在だと感じる。 中盤あたりで彼らの言葉の壁(英語ネイティブでないことのハンデ)を考察する場面があり、KISSのジーン・シモンズ(ハンガリー系ユダヤ人であり、彼も米国に移住した当初は言葉の壁に大きく苦労したらしい)が「彼ら(X JAPAN)が英語圏に生まれ英語で歌っていたら世界一になっていたと思う」とコメントする部分は思わず考えさせられた。音楽シーンにおける冷酷なる現実、、、と言うことであろう。 本作を観て、バンドの初期(X JAPANではなくまだXと呼ばれていた頃)の楽曲をもう一度聴きたくなった。と同時に、現在Yoshikiは首に爆弾を抱えているが、無事に復活を遂げてもらいもうしばらくの間メロディとヴァイオレンスが共存した音世界を奏で続けてほしいと願うばかりである。
隠す
  
 
[028]3月のライオン(第2シリーズ)
 桜爛漫、青春物語HABBY2018-04-01
 【ネタバレ注意】
全22話。第1シーズンに比べると「棋士・桐山零」よりも「青年・桐山零」が前面に出た構成。必然的に川本家の美人三姉妹との絡みも増しており、特に次女ひなたとの淡い恋模様は・・・
続きを読む
全22話。第1シーズンに比べると「棋士・桐山零」よりも「青年・桐山零」が前面に出た構成。必然的に川本家の美人三姉妹との絡みも増しており、特に次女ひなたとの淡い恋模様は本シーズンの主題の1つと言えよう。もう少し本格的な将棋ドラマを想像していたので最初戸惑いもあったが、良い意味でゆるふわしており、途中からはあまり気にならなくなった。女流作家が描いた将棋アニメ、世間における将棋人気の高まりに一役買ってくれていると言えそうだ。同時期にTV放送されていた『りゅうおうのおしごと!』共々、楽しく拝見。
隠す
  
 
[029]りゅうおうのおしごと!
 ハーレム竜王HABBY2018-03-31
 【ネタバレ注意】
全12話。ここまでキラキラした将棋アニメは初めて観た。ロリ要素(美少女キャラ乱舞)はおそらく確信犯なんだろう。ディープな将棋愛好家以外にも裾野を広げてファンを開拓しよ・・・
続きを読む
全12話。ここまでキラキラした将棋アニメは初めて観た。ロリ要素(美少女キャラ乱舞)はおそらく確信犯なんだろう。ディープな将棋愛好家以外にも裾野を広げてファンを開拓しようというその意気込みや良し。将棋関係のストーリーも決して蔑ろにされておらず、個人的には2008年の竜王戦七番勝負(渡辺明竜王と羽生善治四冠が初代永世竜王を賭けてしのぎを削った最高峰の戦い)が重要場面でフィーチャーされていることや女流のプロ制度が深く掘り下げられて描写されていることに感動した。 藤井聡太くんの登場や羽生さんの永世七冠達成〜国民栄誉賞受賞、ひふみん(加藤一二三氏)のお茶の間人気ほか、将棋人気が空前絶後の高まりを見せていることを肌で感じる毎日だが、NHKで同時期に放送されている『3月のライオン』の第2期と合わせて将棋関連アニメが地上波TVで2番組放送される時代が来るとは、、、まさに隔世の感である。
隠す
  
 
[030]アブセンシア 〜FBIの疑心〜
 スタナ・カティックHABBY2018-03-31
 【ネタバレ注意】
全10話。『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』をイレギュラーな形で降板せざるを得なかったスタナ・カティックが心機一転取り組んだFBIが舞台のサスペンススリラー・・・
続きを読む
全10話。『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』をイレギュラーな形で降板せざるを得なかったスタナ・カティックが心機一転取り組んだFBIが舞台のサスペンススリラー。期待しつつ観たが、スタナ演じる謎の女ジャック・バーンは縦横無尽に飛び跳ねてくれているものの、肝心の脚本は今ひとつ練り不足、アレンジ不足という気がした。ネットフリックスやアマゾンなど新興勢が一発勝負でやるならともかく、既存の地上波TV勢力がやる(作る)にしてはちょっと深みが薄いというか。次シーズンがあるのかどうかわからぬが、無理して長編化しても作品の密度が下がるだけではないかと危惧する。。まあでも、エンタメ性は十分だし、スタナの妖しい美貌(ローズ・バーンに似ているかも)は本作でも健在。放映されれば結局観てしまうのだけれど。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION