allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「Kshozy」さんのコメント一覧 登録数(6件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]無頼平野
 無頼映画。頼りない映画界。Kshozy2003-04-09
 
石井輝男版「地獄」も、そうですが、ただで無くても、変なトリック・トリップシーンが持ち味の監督なのに、現在の低予算ないし、テレビドラマ的質感の画の中でそれを表現してし・・・
続きを読む
石井輝男版「地獄」も、そうですが、ただで無くても、変なトリック・トリップシーンが持ち味の監督なのに、現在の低予算ないし、テレビドラマ的質感の画の中でそれを表現してしまっては失笑です。 少ないとはいえ「無頼〜」よりは高い予算で、日本映画黄金期から脈々と続く製作クオリティで、彼の破天荒な創造性を許容してきた6、70年代の作品とは明らかに違います。 石井輝男らしいシーンは、彼を野放しにした映画より、大手映画会社のマス対象・スタンダード主義のがんじがらめの中で、彼がもがいている映画のほうが、一縷の妖しい光のように際立ちます。例えるなら、酢豚の中にパイナップルが入り、こんなのありかって言いながらも美味しく頂いてしまう。そんな感覚です。よって分からない人には邪魔でしようがないでしょうが。 やっぱり輝男色が強すぎる「地獄拳」や「怪談 昇り竜」よりも、輝男色がスパイス的に効いている「網走番外地」やら「地帯シリーズ」が私には魅力的です。 この作品は輝男色満開でしょうが、輝男的遊びの情報・記号が多すぎで主軸が見えなっています。ご都合の設定というリスクを背負ってまでも、昭和の時代を集約したパラレルワールドを舞台にしたことに何の意味があるのか、主役の加勢はどんな人間なのかどこに行きたいのか。脇役の表現に寄り道ばかりしていると、感性も知性も各々バラバラな観客たちは、総じてストーリーそのものにも、不親切でついていけなくなるのです(原作を知っていれば違うのでしょうか?)。 新作の「盲獣vs一寸法師」が一向に姿を現さないのは、上記と同様の質感なのではと、期待を煽るというより、「シベリア超特急」のように不安のほうを煽ります。
隠す
  
 
[002]ポルノ時代劇 忘八武士道
 丹波とアンヌがSF(サムライフィクション)Kshozy2003-03-17
 
ポルノでは無かった。異常性愛路線のはずだが、去ること10年前であるはずの大蔵怪談(ハピネットからDVD出るらしいよ)と比べても、なぜビデオ版で、NEVAマークを画面の中に・・・
続きを読む
ポルノでは無かった。異常性愛路線のはずだが、去ること10年前であるはずの大蔵怪談(ハピネットからDVD出るらしいよ)と比べても、なぜビデオ版で、NEVAマークを画面の中に入れなくてはいけないのか理解できない。 私は輝雄フリーク(奇形人間の意、ぢゃない)ではないので、網走番外地や地帯シリーズを本道の映画として認めているのだが、対極にある遊びの世界、多分これが輝雄らしさだと思うのだが、それは映画として、特に他人は、これを認めることが出来るのか疑問であった。 この作品はその認めて貰いづらい、奇形人間、昇り竜、地獄での遊びの世界と本道の映画がマッチングしていて、他人に薦めやすい作品である。 特に奇形人間などは、パワーを 溜めて溜めてぶっ飛ぶまで、他人を縛りつける為(ラップ調)、 マイッチングだが、 本作も軽飛び(カルトび、ぢゃない)を早めにしてくれるのでこの後、奇形人間に進めやすい。 アンヌ隊員がプルンプルンされるよで誘っといて、OPでこれがホントのサムライフィクションって言えば同好の志は確実に増えると思う。
隠す
  
 
[003]ダウン
 怪しいジャケに完敗(乾杯)Kshozy2003-03-16
 
埼玉のドンキホーテで、DVDをやたらモニターでプッシュしていて、店員もやたら推す。ジャケットも、日本人好みの顔で私もご多分に漏れずファンのナオミが銃を構えているし、ホ・・・
続きを読む
埼玉のドンキホーテで、DVDをやたらモニターでプッシュしていて、店員もやたら推す。ジャケットも、日本人好みの顔で私もご多分に漏れずファンのナオミが銃を構えているし、ホラーファンの私をくすぐる赤い異様な扉とパニくる乗客の画。70年代の派手なホラーとパニックもののポスターに通じる怪しさを感じた。思わず1割引だし買ってしまった。内容はともかく観終わった後も、あの70年代に戻れた。小学生だったあの時代のようにみんなにものまね混じりで話したくなった。
隠す
  
 
[004]ルーキーズ ゴト師株式会社〜THE MOVIE〜
 ペニシリン、月9スター、エキストラKshozy2003-03-16
 
小気味良くまとまっている青春ストーリーで、一般客もすんなり楽しめる主軸を持っている作品である。が、コアたるレンタルユーザー=パチンコファンにとっては多分このストーリ・・・
続きを読む
小気味良くまとまっている青春ストーリーで、一般客もすんなり楽しめる主軸を持っている作品である。が、コアたるレンタルユーザー=パチンコファンにとっては多分このストーリーは現実感が無くどうでも良いのだろう、もっと煙草の煙の中で、荒っぽいおにいちゃんと派手なおねえちゃんが攻略法を駆使し、それをキャプションで解説するシーンがある、善と悪が勝負するちょっと強引な人情ストーリーを欲しているような気がする。これでは映画でもOVでもヒット出来ない。若い女性(F2層)のフックたるペニシリンメンバーのテーマ曲と伊藤・川岡両スターだけでなく、個性的な大勢のエキストラも生かせていないのだ。全共闘世代の青春の挫折感が、シーンにも企画そのものにもいびつに現われているのので、信念などに起因する的確な妥協(ダイニチ「高校生番長 深夜放送」のコメントも参照)が必要である。
隠す
  
 
[005]宇宙少女刑事ブルマ 光の使者ブルマ誕生
 初めに沈むな。浮上なく不浄になるぞ。Kshozy2003-03-16
 
自主映画界のスター、ゆうばりファンタ第1回グランプリの竹下心也、アイドルを目指した幸田まいこ、ともに早くも現実を見てしまった感が漂う残念な作品。 竹下らしいパフォー・・・
続きを読む
自主映画界のスター、ゆうばりファンタ第1回グランプリの竹下心也、アイドルを目指した幸田まいこ、ともに早くも現実を見てしまった感が漂う残念な作品。 竹下らしいパフォーマンスもなく、幸田は並行して出演したロリビデオと同じニオイで地下ドル宣言をしてしまっている。 アイドルおたく向きだって、特撮おたく向きだって商売としてはアリである。 小さくてもエヴァ庵野やスケバン南野になって欲しかった。 そしたらビデオ発売がV&Rでなかったかも。
隠す
  
 
[006]高校生番長 深夜放送
 ラスト「生きてるぞ」の意味Kshozy2003-03-16
 
太陽族も現在の家出娘も、結局、何時の時代も若者は変わりがないと、当たり前の事に気付く作品。唯一違うのは当時、建前でも、倫理観の物差しがまだ明確であったこと。学生運動・・・
続きを読む
太陽族も現在の家出娘も、結局、何時の時代も若者は変わりがないと、当たり前の事に気付く作品。唯一違うのは当時、建前でも、倫理観の物差しがまだ明確であったこと。学生運動後に訪れるしらけムードが作品を支配した日活と違い、倫理観も描かれている。よって、しらけ後の倫理観の思考停止状態を引きずっている現在でも、自然に沸き上がってくる倫理観に変わりがないことも分かる。しかしそれは金八先生のような大人の押し付けでなく、若者が若者の中でのみ解決していく中から生まれ、分かることなのだ。大映の映画一本柱、不動産に力を入れなかった経営も八並映子のフェイスも全ては妥協するかしないかだけである。しらけではない倫理観に立脚した妥協が大人のバランスなのだ。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION