allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「Lee」さんのコメント一覧 登録数(38件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ハリー・ポッターと賢者の石
 2枚Lee2002-01-11
 
 公開から40日以上たって、やっと見た。感じたのは、ものの見事に監督の個性がなくなっている作品だ、ということ。もともとコロンバス監督が作家性の強い人なのか、そうでない・・・
続きを読む
 公開から40日以上たって、やっと見た。感じたのは、ものの見事に監督の個性がなくなっている作品だ、ということ。もともとコロンバス監督が作家性の強い人なのか、そうでないのかは、彼の作品に興味のないぼくには、はっきり分からないんだが。  彼は監督オーディションを勝ち抜き、本作のメガホンをとる権利を得たとか。しかし、おそらくこの映画は誰が撮ってもこんな感じになるんではないかい? それだけ原作の影響力が強いということだろう(これも読んでいないんだが、だいたい想像はつく)。  あまりにも破綻なく纏まっているため、映画としては逆にものたりない。もっとも、原作どおりカッチリ映像化する方が、撮りたいように撮るよりもはるかに難しいに違いないのだが。  コ監督の地道な熱意に座布団2枚。
隠す
  
 
[002]ドラキュリア
 魅力なしLee2001-11-05
 
 セールス・ポイントはあの一発アイデアだけ。それも生かしきれていなくて、残念な凡作だと思います。  どうでもいいことですが、原題は「2000」のはずなのに「2001」になっ・・・
続きを読む
 セールス・ポイントはあの一発アイデアだけ。それも生かしきれていなくて、残念な凡作だと思います。  どうでもいいことですが、原題は「2000」のはずなのに「2001」になっていたのはなぜ? 日本での公開にあわせてタイトル部分だけ作り直したのでしょうか(来年DVDが発売されたらまた1年増やすのか)?
隠す
  
 
[003]女淫地獄絵巻
 多彩!Lee2001-11-03
 
 瞠目の傑作。拷問主体の見世物映画かと思いきや、映画の半分はやたらに面白いセックス・コメディ。  いきなり透明人間が登場するあたりがバリー・ウォン調。一転して「アン・・・
続きを読む
 瞠目の傑作。拷問主体の見世物映画かと思いきや、映画の半分はやたらに面白いセックス・コメディ。  いきなり透明人間が登場するあたりがバリー・ウォン調。一転して「アンチェインド・メロディ」にのって展開される愛の深さに感動。その後、爆笑。さらに凄いのがチュンロン夫婦の空中アクロバット・プレイ。もう笑死寸前(マジで)。  とにかく多彩。正直いって、こんなに可笑しい映画、見たことなし。  陰惨になりすぎないように適度に笑いを配置したつもりか。しかし、どちらの要素も両極端。暴力的なまでにエッジの効いたバランス感覚に、ただ感動するばかり。掛け値なしに素晴らしい。
隠す
  
 
[004]PLANET OF THE APES 猿の惑星
 粋な配役Lee2001-08-23
 
ノーメイクでも「猿」役がつとまりそうなM・ウォールバーグを、あえて「人間」側の主役に据えたキャスティングの妙こそ、最も面白い点だと思います。 目の演技力がモノを言う・・・
続きを読む
ノーメイクでも「猿」役がつとまりそうなM・ウォールバーグを、あえて「人間」側の主役に据えたキャスティングの妙こそ、最も面白い点だと思います。 目の演技力がモノを言う特殊メイクの世界。眼光の鋭さではピカ一のC=H・タガワにもっと見せ場があっても良かったのでは……。
隠す
  
 
[005]ザ・セル
 別バージョンも……Lee2001-08-07
 
J・ロペス演じる主人公が、被害者よりも犯人を助けることに情熱を傾けるという倒錯ぶりが凄い。V・ヴォーンを主役に据え、犯人の脳内を歩かせ、地道に証拠を拾い集めながら事・・・
続きを読む
J・ロペス演じる主人公が、被害者よりも犯人を助けることに情熱を傾けるという倒錯ぶりが凄い。V・ヴォーンを主役に据え、犯人の脳内を歩かせ、地道に証拠を拾い集めながら事件を解決に導くという別展開もあったはず。そっちも見てみたい。
隠す
  
 
[006]ドクター・ドリトル2
 もうちょっと……Lee2001-07-28
 
幼い子供が見るぶんにはほど良い出来とは思いますが、大人にしてみれば小品すぎて物足りない気がします。 せっかく怪優ジェフリー・ジョーンズを起用しているのですから、もっ・・・
続きを読む
幼い子供が見るぶんにはほど良い出来とは思いますが、大人にしてみれば小品すぎて物足りない気がします。 せっかく怪優ジェフリー・ジョーンズを起用しているのですから、もっと彼に暴れさせて、あと一ヤマ作ってもよかったのではないでしょうか。
隠す
  
 
[007]メン・イン・ブラック
 ほぼ完璧Lee2001-07-28
 
しかしよく出来ている映画だなあ、とひたすら感心。まったく無駄というものが無い。上映時間を100分以内にしたのは正解。限られた時間内で、徹底的に観客を楽しませようとする・・・
続きを読む
しかしよく出来ている映画だなあ、とひたすら感心。まったく無駄というものが無い。上映時間を100分以内にしたのは正解。限られた時間内で、徹底的に観客を楽しませようとする、クリエイターたちのエンターティナー精神が何よりも素晴らしい。 Jから「Hey, old guys!」と呼ばれたとき、KとZが見せるリアクション(あの表情!)は爆笑もの。
隠す
  
 
[008]ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
 グレート・ハンティングLee2001-07-22
 
恐竜狩りの場面だけが突出して面白い。マルコムやサラの存在は不要。ローランド・テンボとその仲間たちを主役にしてハンティングの興奮を追及した映画にしていれば、とんでもな・・・
続きを読む
恐竜狩りの場面だけが突出して面白い。マルコムやサラの存在は不要。ローランド・テンボとその仲間たちを主役にしてハンティングの興奮を追及した映画にしていれば、とんでもない傑作になっていたはず。
隠す
  
 
[009]ピッチブラック
 お見事!Lee2001-07-21
 
生き残りゲームもの。登場人物の消し方が実に上手い。特にラスト近く、2人の主人公が向かい合う場面での、予想を裏切る見せ方が印象的。犠牲者とともに空高く誇らしく舞い上が・・・
続きを読む
生き残りゲームもの。登場人物の消し方が実に上手い。特にラスト近く、2人の主人公が向かい合う場面での、予想を裏切る見せ方が印象的。犠牲者とともに空高く誇らしく舞い上がるエイリアン。ワンショットの威力。見事としか言いようがない。
隠す
  
 
[010]パール・ハーバー
 手直し希望Lee2001-07-21
 
三角関係の部分はアホらしすぎる。ケイト・ベッキンセイルが邪魔でしょうがない。これは男たちだけの物語にするべきだった。そうしたうえで、東京空襲から中国での脱出劇に至・・・
続きを読む
三角関係の部分はアホらしすぎる。ケイト・ベッキンセイルが邪魔でしょうがない。これは男たちだけの物語にするべきだった。そうしたうえで、東京空襲から中国での脱出劇に至る冒険行を、もっと時間をかけて濃密に描いていれば傑作になっていた。 惜しい……。
隠す
  
 
[011]最後のブルース・リー/ドラゴンへの道
 心の映画Lee2001-07-07
 
小学2年生のとき、テレビで見てぼくの人生が決まった。あまりの面白さに頭をぶん殴られたような衝撃を受けた。もう20年以上この映画に取り付かれている。自分のことを密かに・・・
続きを読む
小学2年生のとき、テレビで見てぼくの人生が決まった。あまりの面白さに頭をぶん殴られたような衝撃を受けた。もう20年以上この映画に取り付かれている。自分のことを密かにLeeと呼ぶようになってしまったのも、この映画のせいだ。 リーとノリスの体つきは対照的だ。脂肪が完全に削ぎ落とされた筋肉質のリーに対し、ノリスの体にはたっぷりと脂肪がのっている。だから、見た目にはもちろんリーの方がカッコよいのだが、実質的な強さから言えばどうか? 格闘家の体には脂肪が不可欠だと聞いたことがある。脂肪は外部からの衝撃を緩和する吸収剤としての役割を果たすからだ。これがないと相手の攻撃によるダメージが筋肉からまっすぐに内臓へと伝わってしまうのだという。もしそうならコロシアムの闘いにおいて、前半にかなりの攻撃を食らったリーは、既にあの時点で負けていたのではなかったのか? ま、そんなことはどうでもいい。 リーとノリスが対峙する場面があまりにも美しく、もはや勝負の行方など超越した次元に到達しているのだ。コロシアムは書き割りだが構図は完璧だ。西本正がとらえたあのショットを見るたびに、ぼくは今でもぶっ倒れそうになるくらい感動する。
隠す
  
 
[012]タイタニック
 唯一の欠点Lee2001-02-26
 
驚天動地の超大作。いやあ、凄いの何のって。感服いたしました。 唯一の欠点は、さっぱり面白くないことだけです。
  
 
[013]イギリスから来た男
 英国人Lee (Mail)2001-01-08
 
「ミステリー・メン」という超オモシロ映画の中で、ハンク・アザリア演じるヒーローが、自分のことを「LIMEY」と言っていました。意味が分からなかったので辞書を引いたら「英・・・
続きを読む
「ミステリー・メン」という超オモシロ映画の中で、ハンク・アザリア演じるヒーローが、自分のことを「LIMEY」と言っていました。意味が分からなかったので辞書を引いたら「英国人」とのこと。その昔、英国水兵が壊血病を予防するためにライムを食べていたことに由来する言葉らしいですね。 ソダーバーグ監督の意図が「テレンス・スタンプを撮る」ことにあったことは明白ですが、「THE LIMEY」なる原題から察するに、T・Sという素材を使ってもっと大きなテーマ――「英国人」とは何か――に迫る狙いもあったのではないでしょうか。そう思って見ると、言葉や習慣に現れる英米の微妙な違いが、わりとしつこく描かれていたような気もしてきます。
隠す
  
 
[014]ミステリー・メン
 本当のヒーローLee (Mail)2001-01-04
 
「叙勲についてどう思いますか?」  ちょっと前にTVの街頭インタビューを見ていたら、レポーターが道行く人にこんな質問をしていました。 「できれば欲しいねえ」、「ンなも・・・
続きを読む
「叙勲についてどう思いますか?」  ちょっと前にTVの街頭インタビューを見ていたら、レポーターが道行く人にこんな質問をしていました。 「できれば欲しいねえ」、「ンなもんとは縁がないよ」などという反応がほとんどでしたが、最後にこんなことを言った人がいました。 「勲章に値するのは、人の下で目立たない仕事をコツコツとやっている方たちだと思います」  本作を見終えたときに思い出したのはこの言葉でした。映画のラストでもウィリアム・H・メイシーがそういう意味の台詞を言っていましたね。  ――いやいや。そんな真面目っぽい話はやめましょう。  とにかく理屈をはるかに超えて楽しい映画。はっきり言って奇跡的な傑作です。全編が爆笑の連続で文句のつけようがありません。背景の看板(「キハキマ」とか「バギググドヂバ」とか、とことんデタラメな片仮名)を見ているだけで腹の皮がよじれます。ウェス・ストュウディが登場したときなんかは、自分でも理解できない感動の波に巻き込まれ、涙がとまりませんでした。  なぜこれほどの作品がアメリカで大コケし、日本でも未公開になってしまったのか? それだけが本当に残念です。
隠す
  
 
[015]ダンサー・イン・ザ・ダーク
 移民の歌Lee (Mail)2001-01-04
 
 凡百のホラーなど足元にも及ばない恐ろしい映画でした。なぜなら歌や踊りの裏側にラース・フォン・トリアーの「怨念」のようなものを感じたからです。  時代設定が60年ころ・・・
続きを読む
 凡百のホラーなど足元にも及ばない恐ろしい映画でした。なぜなら歌や踊りの裏側にラース・フォン・トリアーの「怨念」のようなものを感じたからです。  時代設定が60年ころであることと、主人公が移民である点がポイントだと思います。この時代にアメリカへ渡った移民たちが置かれた状況、直面した事象、抱いた感情を、魂を揺さぶるような旋律としてフィルムの中に刻み込んでいるようです。アメリカから見れば自身が外国人である監督のこと、彼らへの共感が強すぎたのか、過剰なまでの悲劇になってしまいましたが……。  それにしても、手持ちカメラって、どうしてこんなに生々しい映像を生み出すのでしょうか? ダルデンヌ兄弟の「ロゼッタ」を思い出しますね。
隠す
  
 
[016]ダイナソー
 革命はいつも恐竜から始まるLee2001-01-04
 
 まずディズニーのお家芸ともいうべき、緩急のリズムが生み出す絶妙の快感。それから、被写体が画面奥から手前に突進してくるショットですね。これが実に効いてました。ディズ・・・
続きを読む
 まずディズニーのお家芸ともいうべき、緩急のリズムが生み出す絶妙の快感。それから、被写体が画面奥から手前に突進してくるショットですね。これが実に効いてました。ディズニー・アニメ(こういう位置づけでいいんでしょうか?)中、ここまで「恐怖」を感じさせた例も稀有だと思います。 「映像革命」という触れ込みですが、8年前の「ジュラシック・パーク」もそう呼ばれたはず。革新的な映像作品には、なぜか恐竜が利用されますね。誰も本物を見たことがないから、製作者にとって自由に想像を働かせる余地がたくさんあるんでしょうね。  そうそう、それからジェームズ・ニュートン・ハワードのスコアが文句無しに素晴らしいですよ。
隠す
  
 
[017]オーロラの彼方へ
 奇跡のバディ・ムービーLee (Mail)2001-01-04
 
 もう何と言ったらよいやら。呆れかえるくらい面白いミステリー映画でした。  こんなかたちのバディ・ムービーがあったなんて。  実にいい脚本です。「バック・トゥ・ザ・フ・・・
続きを読む
 もう何と言ったらよいやら。呆れかえるくらい面白いミステリー映画でした。  こんなかたちのバディ・ムービーがあったなんて。  実にいい脚本です。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の10倍、「タイム・コップ」の100倍は考え抜かれてあると思います。もしかしたら中核にあるアイデアは、バリー・ウォンの「ゴッド・ギャンブラー3」あたりからインスパイアされたのかも? 楳図かずおの「漂流教室」みたいな趣向もあって、ニヤリとさせられました。
隠す
  
 
[018]デッドリー・ゲーム/復讐の標的
 スタイルの勝利Lee (Mail)2001-01-01
 
 このオサイラス(オシリス)という男、昔は格の低いチンケな男だったのに、いつの間にかカリスマ性を備えた富豪になっていましたね。時の流れが人をこうまで変えたのか、ある・・・
続きを読む
 このオサイラス(オシリス)という男、昔は格の低いチンケな男だったのに、いつの間にかカリスマ性を備えた富豪になっていましたね。時の流れが人をこうまで変えたのか、あるいは練りきられていない脚本がさらけ出した単なる矛盾なのか……?  はっきり言って無理に無理をかさねた筋書きですが、一気に見せきる力があるのは、やはり生き残りゲームというスタイルの勝利でしょう。
隠す
  
 
[019]ホワット・ライズ・ビニース
 バスタブは恐い?Lee2001-01-01
 
 バスタブに対する恐怖が、ある種の信仰としてアメリカ映画界には根付いているんですかね? 「サイコ」もそうでしたが、やっぱり「シャイニング」ですね。記憶が定かではあり・・・
続きを読む
 バスタブに対する恐怖が、ある種の信仰としてアメリカ映画界には根付いているんですかね? 「サイコ」もそうでしたが、やっぱり「シャイニング」ですね。記憶が定かではありませんが、女性の腐乱死体みたいなものがいきなり出て来る場面。あれもたしかバスタブじゃなかったですか?  たいていはカーテンで隠されているし、カメラを低い位置にもってくれば中に何が入っているか分からないしで、バスタブってのは人をおどかしたり想像力をあおったりするのにはもってこいの小道具なんでしょうね。本作も「バスタブ映画」として映画史に残っていくんじゃないでしょうか。
隠す
  
 
[020]シックス・デイ
 暖かい人Lee2000-12-31
 
 隠れた傑作「影なき男」を撮ったスポティスウッドのこと、面白くないはずがない! 「影なき――」は一直戦に突っ走った快作でしたが、この映画はツイスター・アクションという・・・
続きを読む
 隠れた傑作「影なき男」を撮ったスポティスウッドのこと、面白くないはずがない! 「影なき――」は一直戦に突っ走った快作でしたが、この映画はツイスター・アクションというだけあって、真っ直ぐではありませんね。DNAのようにひねりが利いています。利きすぎて、後半ごちゃごちゃしすぎたのが難点。しかし、全体的にはシュワルの個性で見せきるアットホームな「コメディ映画」で、私は十分楽しめました。  最近シュワルが登場すると、ほのぼのっとしたムードがスクリーン全体に漂って、すごくいい感じなんですよね。次の年末もこの暖かさを期待しています。
隠す
  
 
[021]グリンチ
 好きで嫌いなものLee2000-12-26
 
 プレゼントを買ったり、ケーキを食ったり、デートをしたりと日本中がうかれ騒ぐ――。  クリスチャンでもない奴が!  自分の行動がいかなる理由に基づいているのかを深く考え・・・
続きを読む
 プレゼントを買ったり、ケーキを食ったり、デートをしたりと日本中がうかれ騒ぐ――。  クリスチャンでもない奴が!  自分の行動がいかなる理由に基づいているのかを深く考えようとしない者たち。  日本人がいかに阿呆であるかを露呈する季節。  私はグリンチと似たような理由でクリスマスが大嫌いです。と、同時に同胞のバカさを思い知らせてくれるこの行事が大好きでもあります。  物質主義とコマーシャリズムの餌食になったものはいろいろありますが、クリスマスはその最たるものでしょう。  そんなことをこの「物質くさい」映画を見て考えました。  ジム・キャリー万歳。
隠す
  
 
[022]アサシンズ
 伝統の職人芸Lee (Mail)2000-08-28
 
 主人公のヴァグネル爺さんは「殺人が高い技術を要する以上、立派な職業である」と信じて疑いません。  彼が後継者を捜さなければならなかった理由を考えると面白いですよね・・・
続きを読む
 主人公のヴァグネル爺さんは「殺人が高い技術を要する以上、立派な職業である」と信じて疑いません。  彼が後継者を捜さなければならなかった理由を考えると面白いですよね。つまり、せっかく磨いた技術がそのまま墓の中に埋もれてしまうことに耐えられなかった――。  親方から弟子に伝えられる伝統の職人芸というものが多々ありますが、殺人をそういう範疇でとらえた一発アイデアには斬新さを感じました。  爺さんは誰から殺しを教えてもらったんだろう……? そんなことが気になる映画です。
隠す
  
 
[023]デカメロン
 歯に見る十四世紀Lee (Mail)2000-08-28
 
 映画の内容とはあまり関係ありませんけど、とにかく登場人物の――つまり俳優たちの――歯並びが悪いのに驚かされました。八重歯なんかを「吸血鬼みたい」という理由で嫌うから、・・・
続きを読む
 映画の内容とはあまり関係ありませんけど、とにかく登場人物の――つまり俳優たちの――歯並びが悪いのに驚かされました。八重歯なんかを「吸血鬼みたい」という理由で嫌うから、西洋では歯列の矯正をするのが当たり前だと聞いていましたけど……。  でも考えてみたら、これは十四世紀の話なんですよね。当時は歯列矯正の技術がなかったか、あっても未発達だったろうから、きっと皆さんはこんな歯をしていたと思います。その点ではリアリティがありますよねえ。でも歯並びの悪い役者たちを見つけてくるだけでも一苦労だったろうなあ。それとも特殊メイクでもしてんのかな?
隠す
  
 
[024]ドーベルマン・ギャング
 ビデオ化希望Lee (Mail)2000-08-23
 
 幼いころにテレビで見て、もう大感激!  強盗本番よりも、練習、訓練といたった準備段階をきっちりと描いた大胆な構成には、子供ごころにも唸る思いでした。  オリジナリテ・・・
続きを読む
 幼いころにテレビで見て、もう大感激!  強盗本番よりも、練習、訓練といたった準備段階をきっちりと描いた大胆な構成には、子供ごころにも唸る思いでした。  オリジナリティが炸裂する破格の傑作として私が永遠に愛する映画です。  これほどビデオ化を待ち望んでいる映画は他にないのですが……。 
隠す
  
 
[025]卒業白書
 この脇役がすごい(その1)Lee (Mail)2000-08-22
 
高校生のトム・クルーズが売春あっせん業者になるという仰天のコメディ。楽しめました。 脇役が好きな私にとってはジョー・パントリアーノやブロンソン・ピンチョットの出・・・
続きを読む
高校生のトム・クルーズが売春あっせん業者になるという仰天のコメディ。楽しめました。 脇役が好きな私にとってはジョー・パントリアーノやブロンソン・ピンチョットの出演に加え、「物体X」でお馴染みのリチャード・メイサーが登場したのが嬉しくて、さらにポイントUP! メイサーが演じるのはプリンストン大学の職員で、トムが商売に精を出しているまっ最中、彼の自宅まで面接にやってくるわけですね。 「けしからん!」と一蹴するかと思いきや「売春もまた立派な商売。きみは経営者としての才能があるらしいね」と(言ったかどうかは知りませんけど)いう判断をくだし、トムを経営学部に合格させるんだからなあ。 どうですか、度量の広さをさりげなく感じさせたメイサーの個性は。感服しました。
隠す
  
 
[026]サブウェイ・パニック
 精緻な犯罪映画Lee (Mail)2000-08-21
 
 私もウォルター・マッソーの死に涙した一人です。  彼が亡くなったことを知ったときには「突破口!」を追悼鑑賞しましたが、何より好きなのはこの映画です。  わりと地味な・・・
続きを読む
 私もウォルター・マッソーの死に涙した一人です。  彼が亡くなったことを知ったときには「突破口!」を追悼鑑賞しましたが、何より好きなのはこの映画です。  わりと地味ながらも細部までしっかりと描き込んであるのため、たいへん充実した傑作になっていると思います。  多人数がからむ犯罪映画などでは、作り手が派手さやスピードばかりを追求したあげく、観客がどこで何がおこっているかを把握できずに、面白さが半減してしまうことが多々ありますね。そのような陥穽を巧みに避けた丁寧な映画づくりには、ほとほと感心しました。
隠す
  
 
[027]ブレア・ウィッチ・プロジェクト
 「たたり」かもしれないLee (Mail)2000-08-20
 
 ずいぶんと盛りあがっていますね。  ところで――いきなり話を変えてすみません――ちょっと古い映画ですけど、ロバート・ワイズの「たたり」って怖いと思いませんか? スクリ・・・
続きを読む
 ずいぶんと盛りあがっていますね。  ところで――いきなり話を変えてすみません――ちょっと古い映画ですけど、ロバート・ワイズの「たたり」って怖いと思いませんか? スクリーンに映し出されるのは、幽霊が騒ぎ立てる音と、それににおびえる人間の姿だけ。かんじんの幽霊自体はただの1秒も登場しません(……でしたよね。記憶違いだったらゴメンなさい)。  だけど……というか、だからこそ怖い。もの凄く。そして私は怖さを超えた感動を覚えました。  ――いちばん怖いものを見せないことが、いちばん怖い――  私が「たたり」に感動したのは、この発想があまりにも大胆だったから。そう、大胆さに感動したのです。 「たたり」以来、恐怖に対する考え方が変わりました。  この映画は「たたり」に似ていますね。  つまりは、目で見たものよりも、頭で想像したものの方がはるかに恐ろしいってことです。この一点をとことん突き詰めようとした実験の結果が「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」という一本の映画になったのではないでしょうか。  ……すみません。近所の店で4,700円のDVDを1,980円で売っていたもんですから、つい買っちゃって、そしたら何か言いたくなっちゃって……。  どうぞ、私のことは忘れて議論を続けてください。
隠す
  
 
[028]恐竜100万年
 蜥蜴くんのギャラは?Lee (Mail)2000-08-19
 
 科学的常識を完全に無視し、恐竜が生息した時代にエロい原始人女性が大挙して登場する元気のいい作品なのですが、いかんせんストーリーがつまらなすぎると思われます。  ま・・・
続きを読む
 科学的常識を完全に無視し、恐竜が生息した時代にエロい原始人女性が大挙して登場する元気のいい作品なのですが、いかんせんストーリーがつまらなすぎると思われます。  また、最初に登場したジャイアント・リザードがライブアクション(つまり本物の蜥蜴くん)なのは、裏切りに等しい行為として断固糾弾させていただきます。レイ・ハリーハウゼンの魔術を期待してこの映画を見た者が、あの場面でどれほど落胆したことか……。  とまあ、ケチをつけたいのはこの程度。ハリーハウゼンの仕事を見ることが出来さえすれば、途端に機嫌がよくなるわけです。
隠す
  
 
[029]オペラ座の怪人
 もう一つのアルジェントLee (Mail)2000-08-19
 
つい今しがたWOWOWで見ました。 表向きは悲恋物語だけど、実はブラックなギャグとユーモアに満ちた快作。ネズミ映画としても面白い(劇場未公開なんですか? もった・・・
続きを読む
つい今しがたWOWOWで見ました。 表向きは悲恋物語だけど、実はブラックなギャグとユーモアに満ちた快作。ネズミ映画としても面白い(劇場未公開なんですか? もったいないなあ)。 劇場のネズミ退治係が奇妙なマウス・ハンティング・カーを製造し運転する場面では、ティム・バートンかジャン・ピエール・ジュネの映画を見ているのかと錯覚しました。アルジェントが別な一面を見せています。 ジュリアン・サンズのファントムは二枚目だけどネズミ・フェチだし……。彼がオペラ座の屋上で見る幻想――4,5匹のグール(?)がネズミとりに捕まってもがいている――なんかもブッ飛んでいて大好き。 それから公衆浴場での肉体演出も迫力ありますよね。
隠す
  
 
[030]ハイリスク
 憧れのトラックスーツ(黄色)Lee (Mail)2000-08-17
 
 あっしはブルースの信奉者なんで、この映画もありがたく拝見しました。  一粒で二度おいしいとは、この映画のためにある言葉。一本の映画がくっきりと二つのパートに別れて・・・
続きを読む
 あっしはブルースの信奉者なんで、この映画もありがたく拝見しました。  一粒で二度おいしいとは、この映画のためにある言葉。一本の映画がくっきりと二つのパートに別れています。すなわちシリアス部分とギャグ部分とに。  前者を担当するのが、リンチェイ。後者がチュン。映画は二つの波長で揺れ動きながら進んでいきます。  特に注目したいのが、ブルース・リャン(懐かしいね)並みに鼻孔を広げて奮闘したチュンですね。役どころはアクション映画スター。しかし、ただのスターではないのです。そう、彼こそは(何人となく出現した)ブルースのコピー・スター(の一人)なのであります。  彼がカマすのは、怪鳥音を発しながらスタジオに出てきたゴキブリを退治したところ、ばっちりOKが出てしまうというような幼児的なギャグ。……OK。じゅうぶん笑えます。  しかし、爆弾魔のドクターが、刑事の恋人に惚れるというのはいただけません。敵の大ボスが女に惑わされてどうしますか?
隠す
  
 
 1 2次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION