allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「NIMBUS」さんのコメント一覧 登録数(71件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]プロメテウス
 スコットの期限は?NIMBUS2012-08-26
 
今しがた「プロメテウス」観てきました。 こじつけの連続でとても残念な作品でした。リドリースコット神話が崩れたか・・・・今まで続編なんて作ったことの彼の初の関連作品。・・・
続きを読む
今しがた「プロメテウス」観てきました。 こじつけの連続でとても残念な作品でした。リドリースコット神話が崩れたか・・・・今まで続編なんて作ったことの彼の初の関連作品。観たいと思ってる方はDVD/BDで十分です。お金がもったいないから。 まるで新人監督が撮ったかと思えるほどです。
隠す
  
 
[002]ダークナイト ライジング
 ろびーんNIMBUS2012-08-15
 
良かったけど、気分はそんなに清々しくは無い。 ブルースはほんとけちょんけちょんにやられ、蘇ってもヒーロー的カッコ良さは無く、重く進んで終わる。(前回とは違い明確に続・・・
続きを読む
良かったけど、気分はそんなに清々しくは無い。 ブルースはほんとけちょんけちょんにやられ、蘇ってもヒーロー的カッコ良さは無く、重く進んで終わる。(前回とは違い明確に続編フラグが・・・) ノーランバットマンはヒーローではあるけれど、葛藤や迷いがあり、とても人間的だ。その流れだから、今回は最後まで重い空気で突き進んだのか・・・。明確な終止符的な演出で。 1作でいいからもう少しダークヒーローのカッコ良さと言うのを前に出してほしかったりもする。はたして、次回作は撮るのか、誰かにやらせるのか・・・・。
隠す
  
 
[003]遊星からの物体X ファーストコンタクト
 物体からの友人XNIMBUS2012-08-15
 
悪くは無い。ちゃんと楽しめる。 前作を観てない人ならなおさらお勧め。 でも、スターウォーズのエピ1、2、3、のように、結果が分かっている物を観るのは、完全オリジナルを・・・
続きを読む
悪くは無い。ちゃんと楽しめる。 前作を観てない人ならなおさらお勧め。 でも、スターウォーズのエピ1、2、3、のように、結果が分かっている物を観るのは、完全オリジナルを観るよりも評価を下げてしまう。 カーペンター作にうまく繋げているけど、抜けてるところもあった。 気になったのは、やっぱりアメリカ人を主役にするのねってとこ。 全員ノルウェー人でやってほしかった。 この監督はこれがデビューみたいですね。一応前作と言うお手本があるけど、うまく撮ってたと思います。
隠す
  
 
[004]トータル・リコール
 リ・イマジネーションだったら・・・NIMBUS2012-08-15
 
観終わって、たしかによく撮ってた。アクションもそつが無く、無理がありそうだけど、何とかまとめてた世界観。 前作へのオマージュもクスっとさせてくれた・・・・ だが、あ・・・
続きを読む
観終わって、たしかによく撮ってた。アクションもそつが無く、無理がありそうだけど、何とかまとめてた世界観。 前作へのオマージュもクスっとさせてくれた・・・・ だが、ある物を自分ルールで作るのではなく、原作があるのだから、底から別の発想でやってほしかった。続編ではなく新たに作るのだから、だいたいの先が見えるお話よりも、全く新たな映画化でオリジナリティを追求してほしかった。 まだ観てない人はどうぞ。悪くは無いです。 前作を観てなかったら余計にお勧め。 原作を知ってて、前作を観た人は、DVDでもいいかもしれない。
隠す
  
 
[005]スターシップ・トゥルーパーズ3
 宇宙の戦死NIMBUS2012-03-07
 
さすがに2作目は金が出なかったらしく、本国ではリリースはDVDのみってのは1作目観たらうなずけるのに、3作目の企画立てるってのが理解できん。 案の定低予算で1作目に迫ろうと・・・
続きを読む
さすがに2作目は金が出なかったらしく、本国ではリリースはDVDのみってのは1作目観たらうなずけるのに、3作目の企画立てるってのが理解できん。 案の定低予算で1作目に迫ろうとして、あるものかき集めて撮ったってところが随所に見れる。この映画は1作目で完全に失敗してるので、続けても意味が無いのにね。 マイナーなTV刑事ドラマの銃撃シーン並みの戦闘シーンも、3作目でもそのクオリティを失っていない。TVドラマ俳優以下の役者の演技、演出、セット、プロップ、美術、どれをとっても、劇場で公開しようとする勇気に感服すら覚えてしまう。 やたらに残虐シーンを下手な撮り方で見せるのがこのシリーズの売りなのか・・・それはオカルト映画の手法だぞ。  1作目のかなり前に原作は読んだけど、確かに右翼傾向が強い話なんだけど、映画ではそれがやたらに強調され、気持ち悪いくらいに浮いてくる。(原作の内容については小説を読まれるか、ネットで検索してください) どうせなら、原作はあくまでもベースとし、反戦志向の友達とともに敵の惑星でパワードスーツに身を包んで、視界不良の荒れ果てた大地で、孤独な戦いを続けるような話でいい。 友達との戦争に対する考え方の議論とか、憧れの女の子が両親の死で人が変わったように敵を憎むとかを主人公の目で客観的に見せるとか、視界不良で同士討ちしてしまうパワードスーツとか、 実は最初に戦闘を仕掛けたのは人類だったとか・・・・・。そういうアレンジのほうが、原作を忠実に映画化なんて大ボラ吹いた1作目からのシリーズよりよほどいい。 幾度の戦争とテロを経験した今の時代にこの映画(シリーズ)のテーマは的外れもいいとこです。いい映画を観たいという人は観なくていいです。コレは一部のマニア用の駄作です。 ※一時、本アカウントでログインできなかったため別アカウントで書き込んでいたものを本アカウントに移しました。
隠す
  
 
[006]シューテム・アップ
 痛快!NIMBUS2012-03-07
 
観終わってふと思ったのは、この監督はこの手のジャンルを専門にはしていないが、タランティーノがとっても好きなので、いっちょ自分でも撮ってみようか、で作ったような印象で・・・
続きを読む
観終わってふと思ったのは、この監督はこの手のジャンルを専門にはしていないが、タランティーノがとっても好きなので、いっちょ自分でも撮ってみようか、で作ったような印象でした。それもかなり遊んで。 ツッコミどころは確かにいろいろあるけれど、こういう映画は何も考えずにひたすらガンアクションを楽しむにつきます。 脚本もそれを踏まえつつアクションとストーリーをうまく展開させ、主人公はあくまでもこういう映画の主人公然として、背景のあまり見えないヒーローとして描いています。マジなクライムアクションなら往年のペキンパーとかがいいけど、アニメ的、ヘビメタ的なノリで最後まで疾走するこの映画も十分面白く、何度も観たくなる傑作です。 ※一時、本アカウントでログインできなかったため別アカウントで書き込んでいたものを本アカウントに移しました。
隠す
  
 
[007]K-19
 この監督の映画は安心して観られるョNIMBUS2012-02-07
 
この映画はソ連海軍の実際の潜水艦に起こった不幸な事故を再現したものである。 潜水艦とは、外界から隔離され、スタンドアローンで長い期間任務続行ができる、他の兵器とは全・・・
続きを読む
この映画はソ連海軍の実際の潜水艦に起こった不幸な事故を再現したものである。 潜水艦とは、外界から隔離され、スタンドアローンで長い期間任務続行ができる、他の兵器とは全く違った側面がある。 戦闘時、非戦闘時の事故、故障となるとなおさら外界に頼ることはできない。 そういう密閉された空間の中での男たちの生き様がここにある。 キャスリン・ビグローは本当に男っぽい映画をうまく撮るな。そこに女性らしさはあまり感じられない。ミミ・レダーと大違いだw 男前な女性監督で安心して見られます。 ■補足 「Uボート」のように戦闘時の損傷により浸水して浮上できない極限の状態もあるが、この映画の事故はもっと深刻である。 当時の乗組員に放射能の危険度をはっきり知るものが何人いたか分からないが、核爆発の恐怖だけはあっただろう。この船はその後も数度事故を起こしているが、しぶとく退役までもったことが驚きだ。
隠す
  
 
[008]スカイライン-征服-
 まぁ低予算なりにはうまくやったかもNIMBUS2011-09-22
 
最近のアメリカ映画の侵略物の流れを組んだ、低予算だけどまぁまぁ観れるかな?的な映画。「世界侵略:ロスアンゼルス決戦」よりはこっちのほうがいい。 まぁツッコむところは・・・
続きを読む
最近のアメリカ映画の侵略物の流れを組んだ、低予算だけどまぁまぁ観れるかな?的な映画。「世界侵略:ロスアンゼルス決戦」よりはこっちのほうがいい。 まぁツッコむところはいろいろあるけれど、モロB級タイトルで観てがっかりする作品の中ではかなりマシだと思う。 大きな危機に巻き込まれた一般人の葛藤とはああいうものだし、外の情報が入らない不安と恐怖は少なからず伝わってくる。 でも、ちょっとコミック的な要素もあるけれど、そこはまぁ大目に見ましょうかね。 光を浴びてゾンビ的な存在になるとかって不安もあったけど、それはしないでくれてよかった。 さて、宇宙人とのハイブリッド的になってしまった主人公は、恋人を救出できたのか?。
隠す
  
 
[009]トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
 シリアス風味をプラスNIMBUS2011-09-22
 
今回、ディセプティコンに撃たれた人間が消し飛ぶシーンが新鮮だった。 それまではああいう形で人々が殺されると言う描写が無かったので、やはり子供向けのヒーローを引きずっ・・・
続きを読む
今回、ディセプティコンに撃たれた人間が消し飛ぶシーンが新鮮だった。 それまではああいう形で人々が殺されると言う描写が無かったので、やはり子供向けのヒーローを引きずっている感じがしたけれど、今回はちょっとシリアス風味になったか。 米ソの月探査計画に絡めた設定もうまかったし、画面のやっぱり迫力のある絵作りが大御所スタッフがやっているだけあって安心できた。 ヒロインが変わった理由はさらっと「フラれた」としていたが、今回のヒロインは前のヒロインに匹敵する存在感があり、何処か悪女的な雰囲気で先を読ませないようにした感じもあった。(裏切りそうな匂いがあったし) 3Dで観てしまったけれど、慣れた処理でうまく、飛び出す絵本的な部分は少なくて良かった。
隠す
  
 
[010]世界侵略:ロサンゼルス決戦
 ロスアンゼルス何番街の侵略NIMBUS2011-09-22
 
有名、大御所の役者を使っていないので、どう展開するか読めなかったけれど、それは意図したことではなく、単に予算が無かったに違いない。 監督の絵作り(画面)が劇場スクリ・・・
続きを読む
有名、大御所の役者を使っていないので、どう展開するか読めなかったけれど、それは意図したことではなく、単に予算が無かったに違いない。 監督の絵作り(画面)が劇場スクリーン向けと言うよりも、TV的でしょぼい。 今の時代なら、CG合成でいくらでも派手なシーンは作れるけれど、監督の頭の中に壮大なビジョンもなく、画面構成もミニマムでTVドラマ的すぎる。 脚本も「世界侵略」と言っているほどの世界的危機間が皆無で、トランスフォーマーシリーズよりもさらに小規模戦闘に始終している。 助けた民間人も4人、メインで動く兵士も10人以下。 こういうタイプの映画はもっとスペクタクルに目を見張る緻密な画面作りが必要で、登場人物も群像劇に近い規模の人数を物語の中で動かさなければいけない。危機的状況の大きさを町や村、何区、何番街くらい小さくやってても迫力がまるで無い。「インディペンデンスデイ」「ディープインパクト」を例にあげるように、あれくらいに登場人物と情景描写が必要だ。 この映画はそういう迫力がミニマムすぎて、萎える。まるでテレビドラマ。 まだ、「スカイライン」「第9地区」の方がましなくらいだった。 あと、侵略者がどういうものなのかということが描かれない映画が最近多い。 場合によってその対象は何でも良くて、その登場人物の行動に焦点を当て、巻き込まれた人々の物語と言う「911同時多発テロ」でトラウマを持ったアメリカ人の最近の映画的な流れも繰り返されすぎても困る。 「クローバーフィールド」は良かったけどね。 何か新しい映画を撮ろうと思うなら、別路線がいいのでは? ね、監督
隠す
  
 
[011]SUPER 8/スーパーエイト
 オーマージュ?NIMBUS2011-07-20
 
これは、端的に言うとJJエイブラムス版「グーニーズ」ですね。 子供たちにとっても脅威的、謎の存在は海賊船でも宇宙人でも良かったってことでしょう。宇宙人の詳細は表面的な・・・
続きを読む
これは、端的に言うとJJエイブラムス版「グーニーズ」ですね。 子供たちにとっても脅威的、謎の存在は海賊船でも宇宙人でも良かったってことでしょう。宇宙人の詳細は表面的なものだったし、子供たちの遭遇も今回の事件で一時的に関わっただけで、海賊船と同じように去っていきました。 元の「グーニーズ」の監督が製作していてオマージュというのも変な話ですが、まさにそれです。 だがしかし、観終わって数日・・・何も心に残らなかった。 子供たちが8ミリ映画を完成させようという姿は、その過程が彼らが成長していっているという表現でしょう。 しかし、宇宙人といい、宇宙船のデザインといい、現代的ではありますが、なんだかよくある安っぽい印象でした。見た目でその対象が異質であると観客に思わせなければならないファクターであるのにね。 宇宙人がらみの部分は置いておいて、子供たちが切磋琢磨するシーンは楽しく見れました。 主人公の父親(カイル・チャンドラー  )がカート・ラッセルに似てたなぁ。雰囲気も演技も。
隠す
  
 
[012]デュークス・オブ・ハザード:ザ・ビギニング
 TVでよかったと思うNIMBUS2011-02-01
 
ビギニング・・・なんて作る必要あったのかな? それほど序章を見たいと思わせる内容ではありませんよ、本編は。 こうこうこういったすごい腕前で謎の経歴だとか偉業をなしたヒ・・・
続きを読む
ビギニング・・・なんて作る必要あったのかな? それほど序章を見たいと思わせる内容ではありませんよ、本編は。 こうこうこういったすごい腕前で謎の経歴だとか偉業をなしたヒーローのビギニングというならまだしも・・・。 この映画、主人公2人+1人が若いってだけで、やってることは本編と同じ。ヤング版爆発デュークとでも言えばいいのか・・・。 2005年版、爆発デュークがそんなヒットしたとも思えないんだけど・・・まだなんかやりたかったから製作しただけなのかな。 でも、どちらも画面構成とか絵作りがTVのまんまなんですよね。TVムービーで良かったのでは?
隠す
  
 
[013]デュークス・オブ・ハザード
 面白かったNIMBUS2011-02-01
 
TVシリーズは観てました。ほとんど忘れているけど、悪役な白スーツと太った警察署長、主人公二人にくっついていた金髪女。そのあたりは覚えてます。 TVシリーズの雰囲気をその・・・
続きを読む
TVシリーズは観てました。ほとんど忘れているけど、悪役な白スーツと太った警察署長、主人公二人にくっついていた金髪女。そのあたりは覚えてます。 TVシリーズの雰囲気をそのまま再現していたし、今の時代的なものはあまり感じず、のどかな田舎のどたばたドラマに始終していました。観た感想は素直に「楽しかった」です。 ※この程度のカーアクションのどこがすごいのかよく分かりませんが、まぁ、このサイズのお話に合った程度でした。カーアクション褒めるならカメラワークとスピード感のことをもっと考えてみては?他はもっとすごいですよ。マトリックス覚えてる?。ブルースブラザーズは?フレンチコネクションは? 見てない人はそういう意見に惑わされないようにね。カーアクション映画として観ないで、コメディ映画として。
隠す
  
 
[014]ドニー・ダーコ2
 見る価値は無いNIMBUS2011-02-01
 
1作目の下手なアレンジ、体裁のいいパクリ・・ この作品を褒める部分はどこにもありませんでした。 前作の良さを強調するのみ、その存在意義があるのではないでしょうか。 バタ・・・
続きを読む
1作目の下手なアレンジ、体裁のいいパクリ・・ この作品を褒める部分はどこにもありませんでした。 前作の良さを強調するのみ、その存在意義があるのではないでしょうか。 バタフライエフェクトと同じく、続編など必要無いのに無理からおおいすがっただけでした。
隠す
  
 
[015]ドニー・ダーコ
 高度な策士家NIMBUS2011-02-01
 
未来人だのタイムトラベルだの別の時間軸だなどと、まことしやかに理解できた的な解説をあちこちで見かけますが、どの解説にも矛盾点が多く見られます。その部分には触れないで・・・
続きを読む
未来人だのタイムトラベルだの別の時間軸だなどと、まことしやかに理解できた的な解説をあちこちで見かけますが、どの解説にも矛盾点が多く見られます。その部分には触れないで自分の解説に酔ってるように見受けられます。 監督は策士です。そういうちょっと頭をひねれば理解できるような脚本を書いたわけではないと感じました。 つまりどのようにも取れるけど、実際はどれも本質を突いていないという。 が、観る人の感じるままでいいみたいな印象も受けます。 実際の本質は「死んだドニー」や監督のみ知っているのでしょう。 出演者の誰にどのような共感を覚えるのか、監督はそれを知りたがっているのではないだろうか。
隠す
  
 
[016]トロン:レガシー
 ノスタルジックNIMBUS2011-01-15
 
たしかに、今更この名前にどれほどの価値があるのか。。。といわれればそれまでかもしれない。 コンピューター/ネットワークの中に入るというのは攻殻機動隊よりも先だったし、・・・
続きを読む
たしかに、今更この名前にどれほどの価値があるのか。。。といわれればそれまでかもしれない。 コンピューター/ネットワークの中に入るというのは攻殻機動隊よりも先だったし、前作はほんとうに映画でしか出来ない映像とお話だった。 でも今は前作ほどの革新は何も無いノスタルジックな思いで作られたのは明白だ。でも、キライじゃない。わかって観に行ったし3Dを体験してみたかった。 予告の「ナルニア〜」の3Dがやたらに浮きまくる立体でレンズを貼った絵葉書のようなオモチャ感に違和感はあったが、本作ではそういう感覚にはとらわれなかった。3Dといっても撮り方なのだとよく分かった。 3D効果に向くように思われる全編CGの絵でもそれほど効果的でなかったのはちょっと残念だった。見るものの目をだますような映像のトリックなどを多く入れ、何故か優雅に曲がるライトサイクルのような現実世界要素は排除してほしかった。 本作は過去を懐かしむための映画で、革新的なものは無く、ファンムービーといわれても仕方が無い。 でも、個人的には好き。
隠す
  
 
[017]アンストッパブル
 さすがスコットNIMBUS2011-01-15
 
アクションならお得意でソツが無くキッチリ撮る監督だから、無駄なシーンも余計な人間ドラマもなくバランスよく撮れていました。 見終わった後、現実に起こった事件を調べまし・・・
続きを読む
アクションならお得意でソツが無くキッチリ撮る監督だから、無駄なシーンも余計な人間ドラマもなくバランスよく撮れていました。 見終わった後、現実に起こった事件を調べましたが、映画はかなり再現していました。 下手な監督なら必要以上のアレンジを加えたかもしれませんが、映画としていいアレンジで違和感無く、これは人に薦めれる映画ですね。
隠す
  
 
[018]SPACE BATTLESHIP ヤマト
 素材も色もバラバラのパッチワークNIMBUS2011-01-15
 
予告を見ていたので、出来に関してはダメだと当初から思っていました。 劇場で本編を見てもその感想は変わりませんでした。 無駄な新たな設定、シロート演技の役者、カット割り・・・
続きを読む
予告を見ていたので、出来に関してはダメだと当初から思っていました。 劇場で本編を見てもその感想は変わりませんでした。 無駄な新たな設定、シロート演技の役者、カット割りのまずさ、シーン毎にクオリティの違うCGと巨大感の無さ。 時間経過の描写のまずさ、セット美術の不出来さ。尺の長さにしては地球の悲惨さと過酷な任務の表現の薄さ。 CGに関しては予告よりもヤマト船体のクオリティは上がっていたかもしれませんが、巨大感の無さにはびっくり。模型にしか見えない。 米ドラマのバトルスターギャラクティカ-Re-imagined-やスタートレック等をかなり意識したシーンもチラホラあり、監督に自分の明確なビジョンがあったとも思えない絵作りが始終している。 艦内の撮影も巨大な船には到底思えず、戦闘機発着ドッグとして使っていたと思われるどこかのフェリー程度の大きさにしか思えない。 宇宙戦艦東京湾フェリーとタイトルを変えてもいいかもしれないw。 艦内の撮影でブリッジならカメラアングルが乏しすぎる。まるでTV番組のようです。 日本はどうも絵的にカメラアングルを考えるという発想は存在しないのか、役者がかっこよく映ればそれでいいのか・・。演技ダメだけど。 森雪をパイロットに、佐渡先生を女にした明快な理由は感じられなかった。コスモタイガー隊の連中のまるで大学生のサークルの劇団のような学芸会演技。 演技がまるでできてない斉藤の威勢だけの勇猛さ。西田としゆき、山崎勉は唯一演技をしていたが、演出はダメだった。 ターウォーズでは、ハンソロやレイア姫、オビワンとまとめてうごせていたので主人公は新人でもよかったし、キムタクはその程度で扱っても良かった。 森雪/黒木メイサが無駄に浮いていたし、古代/キムタクとの関わりで無駄なフィルム尺を浪費したに過ぎない。 アニメや二次大戦の海戦のお手本があるにもかかわらず、戦闘シーンはまるで不審船と巡視艇の「小競り合い」程度で戦闘により疲弊していく感じが微塵もしない。 ガミラスの正体とイスカンダルの真実でアニメでの時間を取るシチュエーションを短く出来たのに、それが無駄なシーンで浪費されたに過ぎない。 企画物低予算C級SF映画。そんな副題がよく似合う作品でした。 久しぶりにアニメの映画1作目を観ましたが、広大な距離を航行するという航海はこの実写ではありません。太陽系内かイスカンダルは・・・。 ギバちゃん演技が他と同じw
隠す
  
 
[019]レポゼッション・メン
 ハードSFNIMBUS2010-11-18
 
ディックやサイバーパンクがよりリアルに描かれた傑作です。 何度も見たくなるようなテーマではありませんが、現代とその延長線上の未来をうまく捉えています。 スプラッターブ・・・
続きを読む
ディックやサイバーパンクがよりリアルに描かれた傑作です。 何度も見たくなるようなテーマではありませんが、現代とその延長線上の未来をうまく捉えています。 スプラッターブルな描写も、この内容なら違和感もなく、こういう世界を淡々と語るには必要だと思います。 「相手の命にはノータッチで回収」というのはあくまでも比喩ですから、その部分はツッコんでも無意味です。(実際、殺人だから刑事事件なのに検察/警察は描かれてませんし) これはあくまでもSFアクション映画ではなくSFサスペンスですからね。アクション云々とかラスボスがどーとかを気にする話ではないかと思われますし、このままで何も問題は無く見れました。 ハードなSFサスペンスとして、ワタクシは人に薦めるかもしれません。
隠す
  
 
[020]パンドラム
 宇宙の意固地NIMBUS2010-11-17
 
おそらく、原作としては表記されていませんが、脚本の元ネタというか、原案というか、アイデアは、ハインラインのSF小説「宇宙の孤児」からきていると思って間違いないと思いま・・・
続きを読む
おそらく、原作としては表記されていませんが、脚本の元ネタというか、原案というか、アイデアは、ハインラインのSF小説「宇宙の孤児」からきていると思って間違いないと思います。 http://manuke.seesaa.net/article/7001251.html この手の映画はどうしてもバイオハザードやエイリアン等モンスター的な敵性対象を出して逃げる戦うとなってしまいます。 素直に「宇宙の孤児」をやってほしかったなぁ。 過去にカナダのテレビ局が製作した「スターロスト・宇宙船アーク」の方が近いし、あぁいう地球か他の惑星かと思ってたら、実は宇宙船の中だったってオチが良かったのではないだろうか。 この映画のラストもちょっぴりドンデンでしたけどね。 正直、見終わってしばらくたちますが、ほとんど印象に残らない内容でしたw
隠す
  
 
[021]アレキサンダー
 力量不足NIMBUS2010-08-16
 
どうもこの監督はどれ観ても他の監督ほどの緻密さが無く、穴だらけでちぐはぐな部分が目立つ。 プラトーンの時からキライだったけれど、今も変わらず2流監督のようですな。
  
 
[022]庭から昇ったロケット雲
 家族とでも恋人とでも楽しめます。NIMBUS2010-06-11
 
この映画を荒唐無稽とか誇大妄想狂とか言ってしまうと、それはなんて夢の無いことなんでしょう。 夢が無い人生とは寂しいですね。 「世界最速のインディアン」のバート・マンロ・・・
続きを読む
この映画を荒唐無稽とか誇大妄想狂とか言ってしまうと、それはなんて夢の無いことなんでしょう。 夢が無い人生とは寂しいですね。 「世界最速のインディアン」のバート・マンローように、絶対あきらめずに突き進む生き方のなんてすばらしいことでしょう。 これは現代のファンタジーです。 とても素敵な家族ですね。 CG部分が若干ディティールが甘いし、納屋が炎上してないのもちょっとおかしいですね。 ツッコむところは少なくはありませんが、そんなこと気にもなりません。 ぜひ家族でご覧になってください。 ちなみに、昔テレビで観た、 宇宙清掃株式会社/NASAもビックリ!廃品再生手作りロケット月面着陸!(1978) http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2457 を思い出しました。これも確か民間人が自分たちだけで宇宙へ行く話でした。
隠す
  
 
[023]ポール・ヴァーホーヴェン
 いなくても困らない監督NIMBUS2010-06-09
 
嫌いな監督は? と聞かれたならば、真っ先にこの人を思い浮かべ、なおかつ悪口を1ダースくらいは並べるでしょう。普通に撮っておいて、余計なグロ表現や台詞。それがなければ・・・
続きを読む
嫌いな監督は? と聞かれたならば、真っ先にこの人を思い浮かべ、なおかつ悪口を1ダースくらいは並べるでしょう。普通に撮っておいて、余計なグロ表現や台詞。それがなければ観れたものを台無しにしてしまう。ロボコップのときから嫌いだったけど、スターシップトルーパーズで監督としての力量すら無いのだなと痛感。あれが原作に忠実だなんてよく言えたものです。
隠す
  
 
[024]ジョン・カーペンター
 趣味と実益NIMBUS2010-06-09
 
確かに当たり外れは(外れが多いカモ)多いけど、 基本的に趣味で映画撮ってるような人なので、 σ( ̄▽ ̄ )的にはぜんぜんOKです。 所詮外すなら、もっといろんなことやって欲しいかな
  
 
[025]YAMAKASI ヤマカシ
 イマイチNIMBUS2010-06-06
 
リュック・ベッソンが関わってるにしてはお粗末な映画。 「007/カジノロワイヤル」の建築現場での追跡シーンのほうが迫力があります。 もちろん、吊り、合成等はあるでしょうが・・・
続きを読む
リュック・ベッソンが関わってるにしてはお粗末な映画。 「007/カジノロワイヤル」の建築現場での追跡シーンのほうが迫力があります。 もちろん、吊り、合成等はあるでしょうが、 この映画の実際に行う迫力も無いマンション登りよりは「面白い」です。 あと、子供を救う為に窃盗、器物損壊してもお咎め無しで正当化ってのはいかがなものでしょう。 この程度のアクションで賛美しているのなら、Youtube観てればいいのでは。
隠す
  
 
[026]アンドロメダ・ストレイン
 観なくていいです。時間の無駄です。NIMBUS2010-06-06
 
観終わって3時間も無駄にしたような気になりました。 以前から、「アンドロメダ・・・」のリメイクもいいかもしれないと思っていたのですが、 同じことを思った人が、台無しに・・・
続きを読む
観終わって3時間も無駄にしたような気になりました。 以前から、「アンドロメダ・・・」のリメイクもいいかもしれないと思っていたのですが、 同じことを思った人が、台無しにしてしまったようです。 原作は読んでいませんが、ロバート・ワイズ監督の前作のほうが緊張感もあるし、 アンドロメダそのものに対して、それがどういうものなのかを観ている人に分かりやすくしていたと思います。 今作では研究所外でのお話とか研究者たちのディティール等、余計な付加物多すぎます。 必ずしも前作が完璧だとは言いませんが、今作で違和感がありすぎた部分を上げますと、 1.以前から用意され、緊急の時に使われる施設にしては小さく(施設見取り図は大きいが、)ほぼ無人に近い。  そういった施設は、維持管理、周辺設備等、規模の大きくなるものであり、設備維持管理の人間は多い。 2.切迫した状況にもかかわらず研究者が悠長に食事していたり、研究者がフィトネスルームでルームランナーやキス等、 3.ワームホールだの未来からの通信だのトンデモ設定や各研究者の口から出るだけで試験管内も映さない研究結果の数々。  研究者たちが必死で解決策を探しているようには到底思えない。その為解決策が見つかっても、観てる人間は安堵感も無い。  コンピューターで口頭で指示を与えるだけで何でもやってくれるような研究設備も現実味が無く絵空事感が倍増。 4.携帯電話を通じて外と通信して家族や記者に知らせたりするというような機密概念の無い研究者。 5.動物を媒介にした後、目に見える形で広がる(しかも異常に速い)野山を汚染していくアンドロメダ。草木も感染?w 6.3時間もの無駄な長尺。前作は2時間。 全体を通して危機感が無い。使い古されたシチュエーションである「政府内部の悪い人間/組織が云々」っというのが飽き飽きする。 TVクオリティならこんなものか・・・という感じでしょうか。 お金を払ってまで3時間も無駄に過ごすのはお勧めしませんね。 ロバート・ワイズ監督の前作を激しく強力にお勧めします。
隠す
  
 
[027]リディック
 前作が良すぎたからNIMBUS2007-10-29
 
ヴィン・ディーゼルって、自分もメガホン取ったりする、ただの筋肉バカでは無いんですよね。スタローンとかスタローンとかじゃなくw 一応スキンヘッドの中の脳みそは筋肉でで・・・
続きを読む
ヴィン・ディーゼルって、自分もメガホン取ったりする、ただの筋肉バカでは無いんですよね。スタローンとかスタローンとかじゃなくw 一応スキンヘッドの中の脳みそは筋肉でできてはいないようです。 が、・・・もちろん、どちらかというと彼は大好きです。ブルドッグも観たし、トリプルXも観てます。(彼を見たさに) ただ、役者で目が出た人は、製作等に関わらないほうがいいのはエディーマフィー見てると良く分かるんだけど。 監督の持ち味が今回出し切れてない、まず最初の躓きはそこではないかと考える次第で、ヴィン・ディーゼルファンには見れて、それ以外の方にはくだらないごちゃごちゃしただけの映画だと僕も思います。キャプテンウルフは観たくないなぁ、シュワルツェネッガーのキンダガートンコップ思い出すじゃんw
隠す
  
 
[028]マリー・アントワネット
 ソフィア・コッポラだから期待したがNIMBUS2007-10-29
 
主演はスパイダーマンシリーズのブスヒロイン「キルステン・ダンスト」 まぁ、これは、マリーアントワネット自体が美人だったか良く分からないし、当時の顔としては、こういう・・・
続きを読む
主演はスパイダーマンシリーズのブスヒロイン「キルステン・ダンスト」 まぁ、これは、マリーアントワネット自体が美人だったか良く分からないし、当時の顔としては、こういう顔でいいのかも・・・と思えました。 女の子としてのマリーに焦点を当ててるのはすぐ分かったけれど、そのノリからああいうポップな曲を映画全編で持ってくるだろうことはオープニングで読めた。 だがしかし、そういう手法は今では新鮮味が無いし、明らかにアメリカナイズされただけの外国の歴史物。いくらベルサイユ宮殿使えたからと言っても、歴史の無い国が歴史語ろうとしても、どこか穴だらけで説得力に欠ける気がしてならない。 あの音楽は耳障りでしかなかった、タイミングも曲調も。 もっと何か考えられなかったのだろうか?。製作/監督/脚本まで関わると視界が狭くなってしまうのか・・・・ ロストイントランスレーションはすごく良かったのになぁ。残念(ノ∀`)
隠す
  
 
[029]コンタクト
 これぞ正統派SF映画NIMBUS2007-09-13
 
原作は読んでいませんが、脚本に破綻はなく、とてもすばらしい映画です。SFや科学に関心の無い人には退屈なだけに映るかも知れませんが、この映画は一流のSF映画であること・・・
続きを読む
原作は読んでいませんが、脚本に破綻はなく、とてもすばらしい映画です。SFや科学に関心の無い人には退屈なだけに映るかも知れませんが、この映画は一流のSF映画であることは間違いありません。まるで実話であるかのようなリアリティと映像は一軒の価値アリです。スピルバーグやルーカスに親交の深いロン・ハワードやこの映画の監督ゼメキスが半端なものを作るはずがありません。故カール・セーガン博士もこの映画には満足していたことでしょう。 最近、ジョディ・フォスターの演技に違和感を持ってましたが、この映画では完璧にエリーを演じ、ひたむきさが画面にあふれています。CGI等特殊撮影は少しだけアラが目立ちましたが、かなり手の込んだリアルなものだし、本当にコツコツ努力を重ねた甲斐はしっかり画面に反映されています。 「未知との遭遇」「E.T.」は突然やって来たピーターパンでしたが、こっちはピーターパンを根気強く探してる少女の物語とでも言いましょうか。この映画は真理を求める人全てに捧げられたような気もします。
隠す
  
 
[030]ダンテズ・ピーク
 正統派ディザスター/パニック映画NIMBUS2007-09-13
 
随分前に見たけど、最近また見たので書いておきます。 出演者に関しては好みが分かれるようですが、個人的にはキャストに問題は感じませんでした。子供への演出もジュラシック・・・
続きを読む
随分前に見たけど、最近また見たので書いておきます。 出演者に関しては好みが分かれるようですが、個人的にはキャストに問題は感じませんでした。子供への演出もジュラシックパークよりはましだし、複数の登場人物もそれぞれ個性的に描いているし、ディープインパクトほど大げさに作ってはいないし、特殊効果、CGIも適切にきっちり作られていたし、脚本も脱線してしまわないでパニック映画を真面目に書いていた。 妙に浮いちゃうB級映画とかだと、低予算なもので場違いっぽい主人公とかヒロイン、凝ろうとして張りまくる伏線の消化不良と見え見えのプチドンデンな展開とか・・(実はXXの装置が故障したのは誰かが金をもらって細工してたとかw)ゲーム以下のCGIと下手なライティングと安っぽい音楽。 この映画は知名度の低い監督ではあるけれど、適度にお金もかかり、かなりリアルで手の込んだ映像を見せてくれます。主演のブロスナン、ハミルトンお二人はシンプルな物語をびしっと引き締めてくれていたようで好感が持てました。オーションズ13とか一流俳優大集合でお祭りの映画とかよりも、こういうメジャーではないけれど真面目なパニック映画にブロスナン、ハミルトンの二人が熱演してくれたほうが嬉しかったりしますね。ボルケーノとの比較ですが、あっちは単純に本場アメリカンパニック映画で、こっちは正統派パニック映画ってとこでしょうか。
隠す
  
 
 1 2 3次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION