allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「Yes We Can」さんのコメント一覧 登録数(131件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]トロン:レガシー
 前作を見てから見ようYes We Can2012-06-27
 
ゲーセンのバイトで配電盤のスイッチを入れたら、映画の中のようにゲーム機が立ち上がっていってました。 ラストの現世に戻って来てゲーム機が写っているシーンで、真ん中のゲ・・・
続きを読む
ゲーセンのバイトで配電盤のスイッチを入れたら、映画の中のようにゲーム機が立ち上がっていってました。 ラストの現世に戻って来てゲーム機が写っているシーンで、真ん中のゲームは「エレベーターアクション」だろう。なつかしい。 始まったときには既に物語が始まっているので、トロンの骨格を知らないとわかりづらいと思った。 従って、前作の筋書きを覚えてないと、たぶん満足に楽しめない。 楽しめない人は、大きな目がキュートなクオラを見て満足するしかないか。
隠す
  
 
[002]幽霊男
 ある意味で一つの古典Yes We Can2012-06-27
 
1950年代のこの時代、女の裸が登場する。 この時代、フランス映画はともかく、我が国のにこういうシーンがあるとは意外であった。 といっても、どさくさに紛れて写したような印・・・
続きを読む
1950年代のこの時代、女の裸が登場する。 この時代、フランス映画はともかく、我が国のにこういうシーンがあるとは意外であった。 といっても、どさくさに紛れて写したような印象。 それでも当時は冒険だったかもしれない。 今までに見た「映画の中のヌード」の最古記録を更新した。 映画の内容は凡作以下。面白くはなかった。 小説で筋を知っていたけど、でないとわかりづらい映画だと思う。 70数分に端折り過ぎなのも一因かもしれない。
隠す
  
 
[003]キャノンボール
 楽しいYes We Can2012-05-06
 
オールスター戦のチキチキマシン猛レースを見てるようだった。 これはすごく楽しい映画だ。
  
 
[004]スウェーデンイェルム家
 凡作だけど良いですYes We Can2012-05-06
 
オープニングのキャスト紹介で、一人ひとりがドアを開けて微笑んだり挨拶したりするのが、とっても好印象に残った。でもこの人たち、もうこの世にいないのですね。
  
 
[005]乱気流/グランド・コントロール
 落第Yes We Can2012-05-06
 
スカパーの「メーデー!」に比べると、こんなの馬鹿らしくて見てられない。
  
 
[006]宇宙人ポール
 楽しい映画Yes We Can2012-03-04
 
E.T.みたいだけど、ポールは下品で態度がでかい。 オタクと一緒の楽しいロードムービー。 あのキャンピングカー、オーバーハングがかなり大きそうに見え、運転してみたいです。・・・
続きを読む
E.T.みたいだけど、ポールは下品で態度がでかい。 オタクと一緒の楽しいロードムービー。 あのキャンピングカー、オーバーハングがかなり大きそうに見え、運転してみたいです。運転できたら楽しいだろうな。
隠す
  
 
[007]ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
 いちおう合格圏内Yes We Can2012-03-04
 
エンドロールの途中で席を立つ人がいますが、エンドロールの途中から短い動画が始まるので最後まで見ましょうね。 面白かったけど、前作の方がだいぶん上。
  
 
[008]おっぱいバレー
 駄作寸前Yes We Can2012-01-12
 
娯楽映画としてなら面白かったけど、ヲタクの世界観を見せつけられたような不快感が残った。 少なくとも「感動」のかけらはなかった。 では、何が不快かというと時代背景を\'80・・・
続きを読む
娯楽映画としてなら面白かったけど、ヲタクの世界観を見せつけられたような不快感が残った。 少なくとも「感動」のかけらはなかった。 では、何が不快かというと時代背景を\'80年代にしたことの必然性を感じら取れないせいである。(\'70年代かな? そのつもりなら、そうは見えない。\'70年代のイメージから乖離し過ぎてる) 単にCG?で再現した街並みや当時の車を見せたいがため、当時の流行歌を無理やり聞かせたりためだけに、時代を\'80年代に設定したのでは、としか思えないのだよな。要するに、\'80年代の情景が他から浮いているんだ。 ま、↓でメカゴジラ氏が良いこと言ってくれてるが、同感である。 いろいろな所で、この映画が意外に高く評価されているのを知って、世の中不思議に思う。 こんな作品に星7つも8つも、それ以上付けるのはその人の勝手だが、それなら整合性から、名作と言われる作品には星20個くらい必要になると思ってしまう。 個人的にはしんみりしたラストの「おっぱいチャンバラ」の方が上。
隠す
  
 
[009]暗殺者の家
 いまいちYes We Can2012-01-12
 
↑の解説者の評価とか満点に近いが…。 そんなにレベル高いとは思えない。 「知りすぎていた男」は間違いなくとても面白かったし傑作の域に達していると思うけど、これは地味でボ・・・
続きを読む
↑の解説者の評価とか満点に近いが…。 そんなにレベル高いとは思えない。 「知りすぎていた男」は間違いなくとても面白かったし傑作の域に達していると思うけど、これは地味でボヤッとしてイマイチだったな。 歯医者のシーンだけは、緊迫感があって良かった。 オリジナルとリメイクどっちか片方見るなら、間違いなくリメイクの方だね!
隠す
  
 
[010]ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生
 古典ですね確かにYes We Can2012-01-12
 
ゾンビ映画の教科書。 おそらく無に近い状態から、このゾンビ映画を作り上げたのは偉い。 多くのゾンビ映画ではゾンビ化の原因にほとんど言及しないが、この作品ではその点に・・・
続きを読む
ゾンビ映画の教科書。 おそらく無に近い状態から、このゾンビ映画を作り上げたのは偉い。 多くのゾンビ映画ではゾンビ化の原因にほとんど言及しないが、この作品ではその点に触れるのも好感です。 68年だとカラーでもおかしくないのに、敢えて白黒で撮ったのでしょうか?
隠す
  
 
[011]すばらしい蒸気機関車
 見る人を選ぶYes We Can2011-11-17
 
SLに興味があor鉄道マニアじゃなければ見ても面白くないのは間違いない。(ちなみに俺は鉄道マニアでない) それでも、1970年当時の国鉄の蒸気機関車を映画として記録したとい・・・
続きを読む
SLに興味があor鉄道マニアじゃなければ見ても面白くないのは間違いない。(ちなみに俺は鉄道マニアでない) それでも、1970年当時の国鉄の蒸気機関車を映画として記録したということに、歴史資料的な価値があるのも間違いない。
隠す
  
 
[012]シベリア超特急
 水野晴郎の夢Yes We Can2011-11-17
 
映画が好きで好きで、自分でも撮ってみたかったのだろうね。 でも、最初から最後まで客車内だけの進行で、芝居を見てるようだった。 「門前の小僧習わぬ経を覚える」の諺は映・・・
続きを読む
映画が好きで好きで、自分でも撮ってみたかったのだろうね。 でも、最初から最後まで客車内だけの進行で、芝居を見てるようだった。 「門前の小僧習わぬ経を覚える」の諺は映画界には通用しないとわかった。 ↓のキリシタン氏の評が一番的を得ていると思う。
隠す
  
 
[013]バルカン超特急
 まあまあYes We Can2011-11-17
 
車内の客から乗務員に至るまでグルというのは飛躍しすぎの気がする。 序盤のホテルのシーンは長いばかりで、後半への関連性が薄いのではないか。特に民族舞踏とかは冗長。 こう・・・
続きを読む
車内の客から乗務員に至るまでグルというのは飛躍しすぎの気がする。 序盤のホテルのシーンは長いばかりで、後半への関連性が薄いのではないか。特に民族舞踏とかは冗長。 こういったどうでも良いシーンが細かすぎる割りに、かんじんの陰謀?の実態の説明を省きすぎ。これでは、そもそもあのオバサンの方こそ、もしかしたら実はスパイ側という可能性も捨てれらないのでないかい? 列車の驀進シーンだけは、当時としてはそうとうの迫力だと思う。
隠す
  
 
[014]ザ・トレイン
 良いね!Yes We Can2011-11-17
 
B級感に満ちあふれてるけど、こういうの好きだ。 一般受けはしないだろうけど。 暴走列車を乗客が止めようとする「カサンドラクロス」に対し、地上側で止めようとする「アンス・・・
続きを読む
B級感に満ちあふれてるけど、こういうの好きだ。 一般受けはしないだろうけど。 暴走列車を乗客が止めようとする「カサンドラクロス」に対し、地上側で止めようとする「アンストッパブル」に分ければ、これは後者に近い。実際、脱線や踏切での衝突を試みるとこは「アンストッパブル」と同じパターンが見られるし。 大きな違いは、暴走の原因が人知の及ばない存在の憑依による気味悪さ。これが良いんだ。 こういった不気味な映画や乗物映画は大好きジャンルで、たまらなく面白い。 おまけに、蒸気機関車が気味悪い。独特な形のデフロスタが悪魔的で、蒸気を噴射しながら走るシーンも逃げ出したくなる気持ち悪さ。 ヨーロッパによくある、バッファ付き鉄道車両も不気味さに輪をかける。 やはり惜しいのは出来があまり良くないことだ。 才能ある人の手になれば、より良くなったのは確かだと思う。
隠す
  
 
[015]トレイン・ジャック オリエント急行
 いちおう補欠合格Yes We Can2011-11-17
 
↓のコメントからひどい駄作のような印象を受けたけど、そこまで酷くない。 列車ものなら、アバランチ・エクスプレスよりは面白いと思った。 ただし、駄作ギリギリの評価はそれ・・・
続きを読む
↓のコメントからひどい駄作のような印象を受けたけど、そこまで酷くない。 列車ものなら、アバランチ・エクスプレスよりは面白いと思った。 ただし、駄作ギリギリの評価はそれほど外れてはいないとも思った。 この映画の何より不快なのは、悪党の凶悪ぶりが目に余ること。 セガールの暴走特急を凌駕する。 あと、列車の発車までのプラットホームでのシーンが長い。 列車映画として評価するなら、オリエント急行がどうのこうのと大層なタイトル付ける割りには、あんな小型ディーゼル機関車牽引ではインパクト弱い。 ラスト、機関車が爆破された所はレールにぺんぺん草の生えてるような、貨車の引込み線でしょ?  やっぱり安っぽすぎる。 DVDには「電車テロパニック映画」とか書かれているが、機関車牽引や内燃機関で動く列車を電車とは言わない。正しい日本語を使え。 何か、良く似た俳優が出てるなって思ったら、ランダ大佐でアカデミー取ったクリストフ・ヴァルツですね。彼を見れただけでも収穫か?
隠す
  
 
[016]コンドル
 視力試験Yes We Can2011-10-24
 
面白い映画だと思うが、↓で指摘されてるように、多くの話が詰め込まれすぎて忙しい。 あと、船客の女性も別に登場しなくても大勢に影響はないのでは? この映画で、キッドが視・・・
続きを読む
面白い映画だと思うが、↓で指摘されてるように、多くの話が詰め込まれすぎて忙しい。 あと、船客の女性も別に登場しなくても大勢に影響はないのでは? この映画で、キッドが視力検査を受けるシーンが強烈に印象に残ります。 くるくると滑車を回して棒を揃えるのは、遠方立体感の検査ですね。日本でも大型自動車免許などでは必須で、もちろん機械で検査するのですが、不合格だと映画で出てきたような装置を使って再検査になります。私は免許更新のたびに合格すれすれなので、キッドの気持ちが自分のことのように痛烈にわかります。キッド、気の毒に…。
隠す
  
 
[017]美空ひばり・森進一の 花と涙と炎
 つまらなかったYes We Can2011-10-24
 
とっても可愛い尾崎奈々を目当てに見たのだが、ぜんぜん面白くなった。 演歌と舞踏じゃあね〜。話に興味を持てないさ。 尾崎奈々が登場するシーン以外は駄目だね。
  
 
[018]ローマの休日
 Yes We Can2011-10-24
 
俺はマイナー映画が好きなため、こういったメジャーなのでも見たことないのがいっぱいあるが、WOWOWの3波開始記念でかかったので見ました。 見てみて、名作と言われるのはわか・・・
続きを読む
俺はマイナー映画が好きなため、こういったメジャーなのでも見たことないのがいっぱいあるが、WOWOWの3波開始記念でかかったので見ました。 見てみて、名作と言われるのはわかる気はしたし、高尚な面白さだとも思ったが、見ていてそんなに楽しい映画でもなかった。教科書を読んでる感じと言えばいいか…。 オードリー・ヘプバーンも美人と思わないし、第一ぜんぜんタイプじゃない。 繰り返して見たいとは思わない。録画したやつ、消したからもう見れないけど。 見終わって初めて気づいたけど、「ヨーロッパ特急」って、これのパクリだったんですねー。「ヨーロッパ特急」は典型的な三文映画だけど、俺としては、面白さだけなら「ヨーロッパ特急」が上だ。 WOWOWが3波別番組になるのなら、スポーツやライブや吹替え映画なんか見ないから、そんなの映らなくていいから安くしろよ。前から考えてたけど、WOWOWやめる踏ん切りがついたかな。 スカパーの方が比較にならないくらい良いよ。
隠す
  
 
[019]ムンクブローの伯爵
 笑顔を見せて!Yes We Can2011-09-14
 
出演者の皆さん、笑顔が絶えないので、見てるほうまで楽しい気分になる。 ヒャヒャヒャって笑ってたオジサン、良かった。 エガオヲミセテ(JRA)は不幸な死を遂げたけど、もっと・・・
続きを読む
出演者の皆さん、笑顔が絶えないので、見てるほうまで楽しい気分になる。 ヒャヒャヒャって笑ってたオジサン、良かった。 エガオヲミセテ(JRA)は不幸な死を遂げたけど、もっと笑顔を見せて欲しかったなあ。 笑顔っていいね。 この映画のイングリッドバーグマンは素朴で可愛い少女って印象。 今までに見た彼女で一番可愛いと感じた。 この映画の42分頃の地点で鼓笛隊が演奏してた曲名、何ていうのでしょう? 気のせいか、「デス・シップ」で難破者たちが船内で見た映画の中で演奏されていた曲と旋律が似ていて、オカルトチックな連想してしまいました。
隠す
  
 
[020]別離
 Yes We Can2011-09-14
 
メロドラマは嫌いだけど何とか見れたから、出来はそこそこの線は行っているのかもしれない。 だいたい中年オヤジの不倫なんか見たくないところ、こんな美しいイングリッドバー・・・
続きを読む
メロドラマは嫌いだけど何とか見れたから、出来はそこそこの線は行っているのかもしれない。 だいたい中年オヤジの不倫なんか見たくないところ、こんな美しいイングリッドバーグマン相手なら考えてもいいか…。 ただし、俺はイングリッドバーグマンは全然タイプじゃないので、女としての魅力をちっとも感じないのだが。 それはともかく、会話の最中にもバックグランドで静かな音楽がずっと流れる、という古い映画独特の雰囲気は良かった。 それと、グリーグのピアノコンチェルトはクラシックの中でもすごく好きな曲なので、プラスポイント。 交通事故に遭った女の子を死なさないで終わったのもイイね。
隠す
  
 
[021]沙羅乙女 後篇
 召集令状Yes We Can2011-09-02
 
千葉早智子を目当てで見たけど、面白かった。 前編と打って変わって暗い話になり、変則的な四角関係のような状況をどう打破して話をまとめるのか気になったところ、召集令状が・・・
続きを読む
千葉早智子を目当てで見たけど、面白かった。 前編と打って変わって暗い話になり、変則的な四角関係のような状況をどう打破して話をまとめるのか気になったところ、召集令状が舞い込んで、後は鑑賞者の想像に任せてのエンディング。 捉えようによっては、重苦しいラストを狡賢く上手く逃れたなあ、と思った。 パン屋を開店し、憧れの女性とこれからという時に召集されるなんて、何て残酷な…。今の日本では有得ない…。 戦前の日本は本当に基地外だなあ、戦争で大日本帝国を壊滅してくれたアメリカを神だと思った。
隠す
  
 
[022]エアポート
 甘いYes We Can2011-09-02
 
セスナ機が接触した時、旅客機はそろそろ着陸態勢に入ろうとしてたのなら、まもなく空港到着のはず。 それにしては、救助隊の行動は悠長だし、何よりも僅かそれだけの時間であ・・・
続きを読む
セスナ機が接触した時、旅客機はそろそろ着陸態勢に入ろうとしてたのなら、まもなく空港到着のはず。 それにしては、救助隊の行動は悠長だし、何よりも僅かそれだけの時間であれだけ多くのことが出来たのはおかし過ぎ。 時間観念が、ぜんぜん無茶苦茶。 映画としてなら、まあまあ面白かったけど。 飛行機事故なら、メーデーで真に迫った状況をたくさん見れるので、もう映画の出番はないかも。やっぱり実話にはかないませんね。
隠す
  
 
[023]ゾンビーノ
 ゾンビの召使なんかいらんYes We Can2011-09-02
 
なぜだか知らないが1930年代みたいな時代設定で、走っている車とか登場人物のファッションが良い雰囲気。 中でもロビンソン家の奥さんがもう若くはないのに魅力的で、まるでフ・・・
続きを読む
なぜだか知らないが1930年代みたいな時代設定で、走っている車とか登場人物のファッションが良い雰囲気。 中でもロビンソン家の奥さんがもう若くはないのに魅力的で、まるでファッションショーのように色んな衣装で登場するのが眼福。 ゾンビって、色が変わってるくらいの死人でしょう? そんなのに召使いとして家の中でうろうろされたら、汚いでしょう? 臭いもすごそうだ。 こんなアホみたいなストーリーの映画、よく考え出しましたね。
隠す
  
 
[024]HOUSE ハウス
 変な映画Yes We Can2011-08-01
 
CGの走りみたいな時代の珍妙な映像が強印象。 たぶん、3D映画を見始めた頃に、まず映像に目を奪われがちなのと一緒で、視覚的に斬新なので取りあえずは見れる。 でも、面白く・・・
続きを読む
CGの走りみたいな時代の珍妙な映像が強印象。 たぶん、3D映画を見始めた頃に、まず映像に目を奪われがちなのと一緒で、視覚的に斬新なので取りあえずは見れる。 でも、面白くない。 漫画的すぎ。 特に最初の方は酷い。 セリフにかぶさる音楽などがうるさ過ぎるのが鬱陶しい。 ゴダイゴの歌も超うっとうしい。 が、最初の10数分を乗り越えれば、後は意外に見れた。 だいたい、ボンネットバスのシーンあたりまで我慢できればOKか? 出演が若い女の子ばかりなので、華やかのは高ポイント。ババアには用はないって感じだ。
隠す
  
 
[025]転校生
 重大な欠点Yes We Can2011-08-01
 
スカパーで何年ぶりかで見た。 致命的とも言える欠点はやはり今回も気になる。 それは、尾道という土地を前面に出しながら、中学生たちの話す言葉がほぼ東京言葉。これは惜しい・・・
続きを読む
スカパーで何年ぶりかで見た。 致命的とも言える欠点はやはり今回も気になる。 それは、尾道という土地を前面に出しながら、中学生たちの話す言葉がほぼ東京言葉。これは惜しい。 加えて、この映画が作られた頃なら、地方では中学女子の制服はセーラー服が大半だと思う。でも、この映画をセーラー服でやったら全然違う印象になったろうから微妙なとこだ。これは欠点ではないけど。 それはともかく、邦画にしてはまずまずだと思う。星6つ半くらい。 気になるのは、ここで評価している層がこの映画のシンパサイザーたちなのか、偏った意見に集中している傾向が見えることで、未見の方々は闇雲に名作とは信じ込まないよう。  佳作に違いないが、右に出るものナッシングなどといえる高レベルには達してない、と俺は思う。 尾道つながりなら、東京物語の背中がまだ遠い。
隠す
  
 
[026]弾丸特急ジェット・バス
 危なくて乗れないYes We Can2011-07-03
 
原子力エンジンで動いているとかで、飛行機の酸素マスクのように放射能漏れの際に天井から防護服が降りてくるなんて、東京電力が放射能撒き散らし原発大惨事をやらかした今では・・・
続きを読む
原子力エンジンで動いているとかで、飛行機の酸素マスクのように放射能漏れの際に天井から防護服が降りてくるなんて、東京電力が放射能撒き散らし原発大惨事をやらかした今では、平和時のギャグがまったく笑えないということだな。 すごい大雑把な映画で、数々のギャグはアメリカ人には面白いのかもしれませんが、私には全然といっていいくらい面白くなかったけど、見終わった後になぜか良い気分になれる不思議な魅力もある。
隠す
  
 
[027]100,000年後の安全
 10万年後の人なら…Yes We Can2011-07-03
 
10万年後、人類は滅んでいると思う。 もし無事だったとしても、彼らにとって放射能や被爆は恐れるに足らないだけの、無害化できる超進歩したテクノロジーを持っているに違いな・・・
続きを読む
10万年後、人類は滅んでいると思う。 もし無事だったとしても、彼らにとって放射能や被爆は恐れるに足らないだけの、無害化できる超進歩したテクノロジーを持っているに違いない。 だって10万年もあれば、どれだけ科学技術が進歩する? おそらく数百年先の人たちでさえ、核を自由にコントロールできてると思う。 オンカロのようなの核廃棄物処理場は、未来の人類には映画の中でも言っていたが、宝の山と映る可能性もある。 それを資源として発掘した未来人は、満足に核物質を扱えないくせに原子力発電で綱渡り的な核の利用をした現代人をあざ笑うだろう。 100年後の子孫にすら石油資源も残さず、やりたい放題の私らを未来の人は最低な世代だと考えるに違いない。 オンカロの構造などの説明が少ないのは不満で、こんな施設を民間会社が運営していることには驚いた。 予想よりずっと地味な映画で、発言していた太目の中年婦人の胸の谷間がやけに印象に残った。 今の時勢だから話題になっただけで、1800円払って見るだけの価値はどうだろう?
隠す
  
 
[028]メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
 おぞましいYes We Can2011-06-19
 
死体を剥き出しで運ぶなんて、考えただけでゾッとするよ。 次第に異臭を放ち始める死体に苦戦してる様が描かれているが、実際の腐敗は耐えられないと思うな。 ロードムービー的・・・
続きを読む
死体を剥き出しで運ぶなんて、考えただけでゾッとするよ。 次第に異臭を放ち始める死体に苦戦してる様が描かれているが、実際の腐敗は耐えられないと思うな。 ロードムービー的で面白かったが、腐乱死体と一緒の旅は絶対に嫌だ。
隠す
  
 
[029]緑の光線
 やっぱり…Yes We Can2011-06-19
 
見る人を選びそうだと思ったら、やはりこの評価。 こういうジャンルは俺のストライクゾーンからいうと、暴投で三塁ランナーがホーム インしてしまったくらい酷い。 こういう・・・
続きを読む
見る人を選びそうだと思ったら、やはりこの評価。 こういうジャンルは俺のストライクゾーンからいうと、暴投で三塁ランナーがホーム インしてしまったくらい酷い。 こういう系統の映画は大嫌いで、俺はまったく受け付けなかった。 初めSFかと思ったが、これでは1時間40分が苦悶の連続。 とくに長々と続く会話は、その内容が超つまらない(興味の対象外の話題)ので、変 化の少ない画面と相まって極めて退屈に尽きる。 ここの高評価から、名作だと即断せぬよう。 決して駄作というつもりもない。 見る人を選ぶであろう作品で、観客の何%かにとっては退屈なだけの映画と言えると 思うので、敢えて書き込ませてもらった。
隠す
  
 
[030]陰謀の報酬
 尻つぼみの期待外れるYes We Can2011-05-16
 
ジョン・バカンのTHE 39 STEPSです。 ビクトリアという工作員が一見とても美人。 いや、確かに美人だけど、作ったような美貌がハネーより目立ってハネーの存在感が霞む。 名前・・・
続きを読む
ジョン・バカンのTHE 39 STEPSです。 ビクトリアという工作員が一見とても美人。 いや、確かに美人だけど、作ったような美貌がハネーより目立ってハネーの存在感が霞む。 名前はリディア・レオナルドというらしい。 美貌だけで、たぶん大女優の器ではないと見た。 ラスト近く、ハネーとビクトリアのロマンスみたいになるが、それはちょっと違う展開じゃないのかと、思った。 こんなテレビ映画と比較するのも何だが、ヒッチコックは偉大だとあらためて思う。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION