allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「brilliant tomorrow」さんのコメント一覧 登録数(109件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]僕達急行 A列車で行こう
 感じるべきものがわからないbrilliant tomorrow2012-11-29
 
 生来のもったいながりで借りたDVDは必ず意地でも見通すというのが信念だった私。でも森田芳光監督は『メイン・テーマ』という作品で、その意志をみごとに挫いてくれました。・・・
続きを読む
 生来のもったいながりで借りたDVDは必ず意地でも見通すというのが信念だった私。でも森田芳光監督は『メイン・テーマ』という作品で、その意志をみごとに挫いてくれました。好ましい女優であった薬師丸ひろ子を起用していたのにも関わらずです。それ以来疎遠にしていましたが、遺作ということで観ることにしました。  この映画は一応最後まで観きりましたが、常に変な薄笑いを顔に貼り付けた人たちがずーっと棒読みでやりとりする、何も起こらないわけでもないのに起伏はない不思議な映画でした。それなりの演技のできる俳優達にこういう演出をする意図が結局理解できず。。。自分とは最後までセンスを共有することのできない監督さんだったのだなあと思いました。
隠す
  
 
[002]自虐の詩
 気分はローテンションbrilliant tomorrow2011-08-21
 
 原作マンガは未読です。なので純粋に映画単体として鑑賞しました。正直な感想としては「なに?これ」という気持ちだけが残った気がします。少なくとも自虐という言葉がピンと・・・
続きを読む
 原作マンガは未読です。なので純粋に映画単体として鑑賞しました。正直な感想としては「なに?これ」という気持ちだけが残った気がします。少なくとも自虐という言葉がピンと来ない内容でした。  少し話題になった映画だと思うので、ストーリーに期待してDVDを借りました。まずは阿部寛演じるダメ夫、続いて西田敏行演じるダメ親父が出てきてげんなりしてしまいました。『宇宙戦争』でも『グエムル』でもそうでしたが、なんだか日常会話をフツーにやりとりすることもできない、我だけがあって良識のない父親を描く話を見せられることが多いです。どこの国でも大人の男はそんなにダメか???? さらに傍若無人でダメダメなガキどもが出てきたときには気分も最↓になってきました。  その気持ちを抑えに抑えて全編を観ました。途中眠くなることなく最後まで行けたのは、たぶんそこここに挿入される学生時代のエピソードが効いていたのだと思います。大人になってからのエピソードにはあまり輝きを感じず、主人公カップルの主客関係の逆転に戸惑うばかり。東京時代と大阪時代の差は、「惚れた方はどんな扱いをされてもマゾヒスティックに尽くすもの」「男は求愛行動が実を結んで気持ちをつかんでしまったら突然傲慢さが表に出ますよ」っていうのを超ストレートに語っただけ?  西田敏行のせりふの一部に突然字幕が出たことに驚きました。でも、できれば彼のせりふには全部の映画で常に出してほしいです。遠藤憲一も含め、滑舌悪くて何を言ったのかわからなくて巻き戻すことがしばしばです。  人情とか友情場面もあるけれど、イサオの粗暴さを表すためか暴力沙汰もひんぱんに出てくるし、人の「いい面」があまり描かれていないしで、観ていい気分にはなれないと思います。
隠す
  
 
[003]夜のピクニック
 タイトルは合わないbrilliant tomorrow2011-08-16
 
 「夜」は、大人になっても特別な感じがする時間帯、、、そう思います。秘密・謎・悪戯・・・・。夜の行動が自由にならず、しかも多感なハイティーンの時期なんて、たまに許さ・・・
続きを読む
 「夜」は、大人になっても特別な感じがする時間帯、、、そう思います。秘密・謎・悪戯・・・・。夜の行動が自由にならず、しかも多感なハイティーンの時期なんて、たまに許される夜の活動はとっても刺激的で、別に何の予感もなくても期待度マックスだった覚えがあります。そういう気持ちで借りた本作は、自分にとってはまったくの肩すかしでした。夜ならではの出来事って作りにぜんぜんなってない。「夜、何が起きるの? 何か起きるんでしょ?夜に! え〜っ!もう夜明け?」って流れは勘弁してください(ToT)。物語全体のエピソードがユルいのは予想して借りているので、「作りました」然とした突発事がなんにもないのはかえって好感触でしたが。。。  大がかりな邦画がはずれまくる今、こういう身近な小さい映画に期待はしています。都合よく進む筋書もアリだと思っています。でも、せめて「TVドラマではなく映画にした意味」がほしいとも思っています。この映画は、ドラマどころか、おらが町のどっかその辺をロケして思い出に作った素人映画でも十分なレベルの脚本だと思いました。それを大画面に堪えうるものにするスタッフのプロ技術に期待します。  さわやかといっても差し支えない作りにはなっています。細かいところで人間心理とか人間工学とかを問わない広い心で観られる方にならオススメできます。
隠す
  
 
[004]フィッシュストーリー
 掘り出し物brilliant tomorrow2011-08-16
 
 別の作品をDVDレンタルしたときに作品紹介されており、ばかばかしそうで興味を持ちました。そういう前提で鑑賞後ホットな感想。「面白かった」です。もともとのハードルを下・・・
続きを読む
 別の作品をDVDレンタルしたときに作品紹介されており、ばかばかしそうで興味を持ちました。そういう前提で鑑賞後ホットな感想。「面白かった」です。もともとのハードルを下げておいて好評価を得ようというプロモーション手口なら、自分は見事にはめられました。  いくつかの時代をまたいだ時に、親と子を同じ俳優が演じたり演じなかったりという不統一感を含め、制作者の計算した(してない?)自然さやユルさ具合が自分には絶妙な感じでした。「現代」に用意されたエピソードもでたらめに壮大で、だけど基本はパクリで、まさに「フィッシュストーリー」! かと思うと作中での問いかけが妙にまめに処理されて進んでいくところに好感がもてたり。感動を求めない、リアリティーも求めていない全体を通じてのテイストがジャストフィットでした。実は苦手な俳優が重要な役で出ており、それが気がかりだったのですが、なーんにも気になりませんでした。小粋なのでもシニカルなのでもハチャメチャなのでも、コメディーに食指が動く人なら観ておいて損はないと思います。
隠す
  
 
[005]引き出しの中のラブレター
 いつ観たらいいのやらbrilliant tomorrow2011-08-15
 
 小説を先に読みました。思うことはいろいろあったけど、映画とは関係ないので簡単にまとめると、ローティーン向けかな?という感想になりました。大人の自分が読んでも感心も・・・
続きを読む
 小説を先に読みました。思うことはいろいろあったけど、映画とは関係ないので簡単にまとめると、ローティーン向けかな?という感想になりました。大人の自分が読んでも感心も感動もどちらもない「へー」で終わってしまう感じ。盛り上げて感動させないといけないテーマだし、作者も当然そのつもりで書いているはずなのにね。でも、過去に「小説や映画はダメでもドラマは自分にフィットしたセカチュー」の例もあったので「もしかしたら作者(新堂冬樹)の文体が合わないだけで、映画はいいかも」という期待をして50円でDVDを借りてきました。  で、映画です。結論は小説よりもさらに肌に合いませんでした。小説では自分の好みどおりに想像できる主人公の風貌、物腰、そしてもっとも大切な声のいずれもがゴメンナサイだったのが致命的でした。ま、それはまったくの個人の好みなのでしょうが、映画の作り自体も残念なところが多かったように思います。なにしろせっかく映像化したというのにそれぞれのキャラが立っていない。それぞれの役どころに振られた台詞を言うためだけに存在してる感じでした。複数の交錯するエピソードも説明不足で、そのため、各エピソードに感情移入ができず、遠巻きに眺めている感覚が最後までついて回り、「え? 感動させたいんじゃないの? だったらごり押しでもいいからもっとガンガン来て〜!」と叫びたくなるくらいの淡々さでした。振り返ってみると、「あんなのいらないから、もっと説明するなり想像させるなりのカットを入れてよ」と思う場面がいっぱいあった気がします。  観終わって気分が悪くなるほどではありませんが、何もかもが中途半端で、不満は膨らむ映画だと思います。少なくとも、感動を求めてチョイスするのはオススメできません。では、どんな時がいいか・・・思いつきません。
隠す
  
 
[006]たみおのしあわせ
 他の方に助けられましたbrilliant tomorrow2011-08-07
 
 ゆる〜い展開だけど、「リアリティーたっぷりな感じでやりとりされる会話」や、「細かい伏線が待ちくたびれる前に解決されていくタイミング」など自分の感性のテンポにぴった・・・
続きを読む
 ゆる〜い展開だけど、「リアリティーたっぷりな感じでやりとりされる会話」や、「細かい伏線が待ちくたびれる前に解決されていくタイミング」など自分の感性のテンポにぴったりで、画面から目を離すことなく観ていられました。オンナたちのドロドロさにも適度のさばさば感があって嫌味がなかったし。  で、どんな結末になるのか想像せずに身を委ねて観ていたら、あの急転換とオーラスに「????」となってしまいました。直近に鑑賞していた本や映画のせいでちょっと「ニューハーフワールド」脳になっていた自分は、「何、何? 伏線を感じなかったけど、これも父子ゲイものだった?」とうろたえるばかり。でも、他のサイトのレビューで「それぞれに結婚(と言うよりオンナ?)のウラ事情を垣間見てしまった父子が、平穏だった2人だけの生活に戻りたいと願って起きたのがあの急転換。2人の共通の理想の女性像である母親の幻影を追いかけるイメージがオーラス」という解釈を読み、制作者の意図にマッチしているかどうかはともかく、ストンと腑に落ち納得できた次第です。なので今はたみお同様とても「しあわせ」な気持ちです。私のように悩んだ方が、このコメントで救われることになれば幸いです。  ところでこの映画、人件費以外にほとんどお金を使ってないのでは?
隠す
  
 
[007]時代劇スペシャル 白虎隊
 ストレートな作りですbrilliant tomorrow2011-08-06
 【ネタバレ注意】
 青春時代にテレビ放映をリアルタイムで観、ビデオ録画もしてたびたび観返しておりました。しかしさすがにVHSはデッキもテープも劣化し、DVD化を待ち望んでいましたとこ・・・
続きを読む
 青春時代にテレビ放映をリアルタイムで観、ビデオ録画もしてたびたび観返しておりました。しかしさすがにVHSはデッキもテープも劣化し、DVD化を待ち望んでいましたところ、ついにレンタルショップで見つけ、早速借りました。この当時の数年間は、クリスマスを越えると年末時代劇スペシャル(というシリーズ名だったと思う)が待ち遠しくなるぐらい、なかなか気合いの入ったドラマ作りがされていたと思います。ただ、毎年同じ俳優さんが、役をとっかえひっかえ演じていてややこしかったイメージはあり、そのせいかだんだん尻すぼみになっていったような記憶があります。  良くも悪くも昭和の臭いのプンプンする俳優陣が湯水のごとく惜しみなく出演しており、それが楽しめそうな方にはオススメです。白虎隊隊士に扮する当時の期待の若者たちは、残念ながら今さほどの地位を築いたとは言い難くさびしい限りですが・・・  タイトルに期待して借りると、白虎隊の活躍場面がほとんどなく、それどころかドラマの中でそれほどの比重が置かれているわけでもないことに肩すかしを食ったように感ずるかもしれませんが、幕末を薩長土肥のいわゆる官軍側からではなく、佐幕側、それも幕府そのものや新撰組ではないグループの目線で描いたドラマはなかなかお目にかかれないのではないかと思います。そういう意味でも一見の価値ありではないでしょうか。
隠す
  
 
[008]蛇にピアス
 生理的にアウトbrilliant tomorrow2011-08-06
 
 賞を取ったという原作本は未読です。レンタルDVDが50円という期間に、なんとなく借りました。100円で借りたら後悔したかもしれない映画でした。「気怠い」とか「もの憂い」で・・・
続きを読む
 賞を取ったという原作本は未読です。レンタルDVDが50円という期間に、なんとなく借りました。100円で借りたら後悔したかもしれない映画でした。「気怠い」とか「もの憂い」ではなく、「陰惨」「不気味」という印象の世界観でした。出てくる男は暴力的で生き方が猫背、女は退廃的で刹那的で、どちらも背徳の生き物でした。そういうのが苦手な人は、話題だけで手に取るとあとが辛いと思います。自分は結末が知りたくて(結果、がっかりしました)最後まで観たので、50円分の価値は感じているんだと思いますが、鑑賞後の気分は完全に↓でした。あんまり思い出したくない気分です。
隠す
  
 
[009]7月24日通りのクリスマス
 わざわざ映画に?brilliant tomorrow2011-08-04
 【ネタバレ注意】
という気はするものの、鑑賞後いやな感じはありませんでした。「うわー・・・」と思うような作品を観たあとだったからかもしれませんが。自分はクリスマスシーズンではなく作品・・・
続きを読む
という気はするものの、鑑賞後いやな感じはありませんでした。「うわー・・・」と思うような作品を観たあとだったからかもしれませんが。自分はクリスマスシーズンではなく作品名にある季節にDVDで鑑賞しましたが、クリスマス近くに柔らかいオールウエルカムな気持ちでパートナーと仲良く観るといい作品ではないかと思いました。  一つ、どうにも居心地の悪い思いをする部分。どじっ娘を表現するために「だれかとぶつかる」というシークエンスは多用されると思いますが、本作品のように、本来いるべき場所で普通に動いている状態の人が「ぶつかられる」という状況も少なからず見受けられます。そのたびに、「それはぶつかった方がもっとあわてて恐縮するのが人の世でしょ!」と脚本家や演出家の良識を疑いたくなります。もっと自然なエピソード、いくらでも創作できますでしょうに。。。  中谷美紀という女優さんは自分にとって不思議な人で、その時その時で魅力的になったりフツーの人になったり、若々しく見えたりおばさんになってしまったり、いろんな人に似て見えてしまったり・・・本作でもやはりそんなカメレオンっぷりでした。
隠す
  
 
[010]魔界転生
 楽しめましたbrilliant tomorrow2011-08-03
 【ネタバレ注意】
 山田風太郎の忍法帖シリーズに心躍らせた者としては、映画化されたものには常に「異物」を感じてしまいます。この作品も転生の仕方も背景もずいぶん違っていて、確かに別物で・・・
続きを読む
 山田風太郎の忍法帖シリーズに心躍らせた者としては、映画化されたものには常に「異物」を感じてしまいます。この作品も転生の仕方も背景もずいぶん違っていて、確かに別物でした。原作では転生の手続きの制約上、魔界衆は人数も条件も限られるのに、映画では完全な死者まで転生できることになっていて驚きましたが、それならもっと役に立ちそうな歴史上の豪傑達をバンバン転生させればよかったのに。目的は恨み骨髄の徳川幕府転覆なんだから。これでは「世界征服」を謳いながら幼稚園のバスを乗っ取るどこぞの秘密結社みたいですね。  とはいえ、そういう点に実は大甘な自分は「御大、そのご年齢でジャンプですかー!」などと、しっかり映画版ならではの楽しみを見つけさせてもらいました。そういう観方の可能な方は原作を読んでいても大丈夫だと思います。リメイクの佐藤浩市版も未見ですが、いずれ…と思っています。  ところで「将軍家光の乱心 激突」ですばらしい対決を見せてくれた千葉真一と緒方拳が、ここでも共演していました。「将軍・・・・」のときは年齢的にさすがに背後からのショットを多用して吹き替えの多かった緒方拳の殺陣も、このときはご本人がやっておられました。
隠す
  
 
[011]ゼブラーマン
 わたしにはフィットbrilliant tomorrow2009-12-12
 【ネタバレ注意】
 シュールだったりシニカルだったりする笑いがまあまあ楽しめました。特にアパートの2階から怪人の悪事をじっと見つめるゼブラーマン、あせりもせず去る怪人、ちょっとためら・・・
続きを読む
 シュールだったりシニカルだったりする笑いがまあまあ楽しめました。特にアパートの2階から怪人の悪事をじっと見つめるゼブラーマン、あせりもせず去る怪人、ちょっとためらった後やっぱり普通に階段を下りて追いかけるゼブラーマン・・・のシークエンスがしばらく頭の中を駆けめぐり、「ふっふっふ」と笑ってしまいました。作品の世界を冷静に傍観しないで観ることをお薦めします。  相変わらず渡部篤郎の滑舌の悪さには悩まされますよ。
隠す
  
 
[012]秘密
 原作に1票!brilliant tomorrow2009-12-12
 
 ここで詳しく語るのははばかられますが、原作を読んだとき、最後の最後で「秘密」という言葉の指すものが変わってしまったと分かって、「やられた!」という思いとともに、何・・・
続きを読む
 ここで詳しく語るのははばかられますが、原作を読んだとき、最後の最後で「秘密」という言葉の指すものが変わってしまったと分かって、「やられた!」という思いとともに、何とも言えない悲しみとかやるせなさとかせつなさ・・・そういったものが混ざったとてつもない重い一撃をくらった気分になったのを思い出しました。  ところが、この映画の作りではそういった味わいがすべて消されてしまいました。文字文化と映像文化の違いだから仕方がない部分?いやいやそうとは思えません。映画化するときに原作とは違うエンディングにされることは多いですが、そんなことが脚本家の腕の見せ所とか思われているとしたなら大間違い。特に原作のキモの部分を潰してしまった本作のようなパターンは絶対にナシです。  原作に感動した方は覚悟して観るか、観るのはやめるかした方がよいかと思います。
隠す
  
 
[013]ガメラ2 レギオン襲来
 いい続編brilliant tomorrow2009-12-12
 
 シリーズ第2作のジンクスに押しつぶされることのない、すばらしい映画だったと思いました。今回も子どものニーズと大人のニーズを高いレベルでともに満足させてくれる出来映・・・
続きを読む
 シリーズ第2作のジンクスに押しつぶされることのない、すばらしい映画だったと思いました。今回も子どものニーズと大人のニーズを高いレベルでともに満足させてくれる出来映えと言えるでしょう。  ガメラのマイナーチェンジも心憎いものがありますが、この映画は人間役(って、変ですね)のキャスティングがまたいい感じです。メイン以外の方が、大物過ぎず初顔過ぎず、知名度がちょうどいい塩梅です。俳優さんたちの持つイメージと役柄が、奇をてらったものでなくよくマッチしていたとも思います。  ガメラの通常攻撃が通じない相手に対する最終兵器も、「まったく未知の」「新たな」でなく、「なるほどこういう使い方、パワーアップの仕方があったか!」的なところがよかった。  ただ一つ残念に感じたのはレギオンのフォルム。生物としてどうなのかと思えるごてごてした感じは、「強そう」「恐ろしげ」という観点でのみ作り上げられてしまったようで、スーツアクターの方の力の生かしようがないくらい、いかにも動けなさげです。メタリック感も強く、言うなれば戦闘機(小型レギオン)の発着所である空母みたいです。いや、手足が付いていることを考えるとマクロスやイデオンに近いのかな?ガメラの方もしょせんはカメ型生物で、機敏に動けるわけではないのでバランスをとるために意図的にされているのかもしれませんが・・・
隠す
  
 
[014]仮面ライダー THE NEXT
 目を覆いたくなるbrilliant tomorrow2009-12-10
 【ネタバレ注意】
 ほどの惨状だと思いました。ホンの段階で自分の体がまったく受け付けませんでした。劇場映画としての尺をキープするためにとってつけられたドラマ部分のグダグダ加減は潔く目・・・
続きを読む
 ほどの惨状だと思いました。ホンの段階で自分の体がまったく受け付けませんでした。劇場映画としての尺をキープするためにとってつけられたドラマ部分のグダグダ加減は潔く目をつぶってもいい。突然タイフーンやマスクが現れるのも許す。超絶パワーでぎゅっと握られてもびくともしない腕時計も、きっとどこかに売っているんだと信じられる。でもショッカーの手先たちとホッパー1,2号の間に、追う者と追われる者のギラギラした緊迫感がないのだけは勘弁してもらいたい。裏切り者抹殺が至上命令なら、会うたびにバチバチと火花を散らしてぶつからなけりゃウソでしょう。FIRSTでもそうでしたが、戦闘で優位に立ってもとどめを刺すどころか拉致さえせず、事もあろうにオトモダチのように語らう場面まであるというのはトホホ・・・ ホッパーのスーツはTV放映時と違ってとてもシャープで戦闘的になっておりカッコイイのに、それが泣いちゃうな。  FIRSTはたった一つのアクションシーンにしびれて、限りなくある???に目をつぶることができたのですが、今回は取るに足るシーンがないおかげでたまっていたものがドッと吹き出した感じです。
隠す
  
 
[015]仮面ライダー THE FIRST
 一点豪華brilliant tomorrow2009-12-08
 【ネタバレ注意】
 そもそも子ども番組がそのターゲットを大人にまで広げようとするとたいていろくなことがない気がします。どちらにも気を遣って、結局どっちつかずの中途半端になってしまうか・・・
続きを読む
 そもそも子ども番組がそのターゲットを大人にまで広げようとするとたいていろくなことがない気がします。どちらにも気を遣って、結局どっちつかずの中途半端になってしまうからだと思います。この作品も、子どもには人間ドラマが退屈で、大人には設定のちゃちなところが脱力なイタイものになってしまったのでは?とことん子ども向けに作って、「大人は童心に返って観てねー」っていうスタンスの方がうれしかった。。。さらに気になるのはキャスティング。いろいろあるけれど、せっかく多くの部分を占めるドラマ部分なのに、なんとも臨場感のない棒読み・棒動きヒロインが物語をこわしてしまったのはプロデューサーの失点ですよ。  異常なパワーを身に付けたヒーロー物によくある、「フツーに持ったつもりの物を壊しちゃった」のシーンは、たいてい序盤に挿入されてその後完全に忘れ去られますね。力加減に慣れるという解釈もあるでしょうが、たとえば思いっきり戦っているときにたたきつけられた建造物がびくともしないのでは説明が付かないですから。  でもそんなこんな言ってもどうしてでしょう、何度も観る気になってしまうのですよ。ある一つのシーン一発のおかげで、その他のダメダメ部分は帳消し!その自分にとっての一番の見せ場は開始10分にお目見えします。
隠す
  
 
[016]空飛ぶゆうれい船
 いやーっ、満足!brilliant tomorrow2009-12-05
 
 これ、ずっと観たかったのです!とあるDVDレンタルサービスで発見して、すぐに借りました。  正直、がっかりする覚悟はしていましたが、考えていたほどストーリーも画質も悪・・・
続きを読む
 これ、ずっと観たかったのです!とあるDVDレンタルサービスで発見して、すぐに借りました。  正直、がっかりする覚悟はしていましたが、考えていたほどストーリーも画質も悪くなく(強引な展開はありますが、それには寛容な方なので)、楽しむことができました。  「思い出の作品を見られてよかった」というノスタルジィの加わった点数です。
隠す
  
 
[017]プロジェクトA
 時の流れを感じたbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 いいことは間違いなのですが、若い頃、最初に観たときのインパクトが強烈で、「すごい映画」という印象がずっと残っていて、久々に観たらバトルもその他のアクションも、「ん・・・
続きを読む
 いいことは間違いなのですが、若い頃、最初に観たときのインパクトが強烈で、「すごい映画」という印象がずっと残っていて、久々に観たらバトルもその他のアクションも、「ん?こんなもんだったっけ?」という感じを受け、ちょっとショックでした。たぶんボスキャラとのタイマン勝負が型っぽく感じたからでしょう。スパルタンXは昔と変わらぬドキドキを味わえたのですが・・・
隠す
  
 
[018]グレイテスト・ゲーム
 すんなり過ぎてbrilliant tomorrow2009-12-05
 【ネタバレ注意】
 肉親である父親は最後に認めてくれるけど、嫌味な協会役員諸氏とは最後まで打ち解けないというところが作りすぎてなくてよかったです。  残念なのは、「英米両国のゴルフ界・・・
続きを読む
 肉親である父親は最後に認めてくれるけど、嫌味な協会役員諸氏とは最後まで打ち解けないというところが作りすぎてなくてよかったです。  残念なのは、「英米両国のゴルフ界の異端児が、大舞台で一騎打ち。しかも延長戦…」という希有な設定なのに“息詰まらない”ところ。翌朝の新聞で簡単な試合経過を読むみたいで、ぜんぜんドキドキしませんでした。脚本・演出・編集がもうちょっとがんばってほしかった。
隠す
  
 
[019]アイアン・ジャイアント
 良い拾いものbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 言葉で表現しにくいのですが、感性に合わない絵柄なのに、いやにならずに観られたし、後味が悪くないということは、いい作品だったのだろうと思います。身近で評判を聞かなか・・・
続きを読む
 言葉で表現しにくいのですが、感性に合わない絵柄なのに、いやにならずに観られたし、後味が悪くないということは、いい作品だったのだろうと思います。身近で評判を聞かなかったから期待してなかったけど、観てもうけた気がします。
隠す
  
 
[020]耳をすませば
 年齢層限定だけど、素晴らしいbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 米国人がディズニー映画に期待するのは「暴力とsexがなく、子どもに安心して観させられる」という点だと聞いたことがありますが、ジブリにもそんな物を期待している自分とし・・・
続きを読む
 米国人がディズニー映画に期待するのは「暴力とsexがなく、子どもに安心して観させられる」という点だと聞いたことがありますが、ジブリにもそんな物を期待している自分としては、五つ星です。良質です。ただ、トトロのように、大人の鑑賞にも耐えうる子ども向けアニメと違って、幼い子にはまだ無理ですね。  なんでカントリーロードなのかは分からないのですが、でも映画にぴったりです。
隠す
  
 
[021]シュリ
 期待に違うbrilliant tomorrow2009-12-05
 【ネタバレ注意】
 人から勧められて観ましたが、かなりがっかりしました。スタローンやシュワさんの娯楽アクションじゃあるまいし、こういうリアル志向の映画であの銃撃戦の嘘くささは作品の質・・・
続きを読む
 人から勧められて観ましたが、かなりがっかりしました。スタローンやシュワさんの娯楽アクションじゃあるまいし、こういうリアル志向の映画であの銃撃戦の嘘くささは作品の質を落とすでしょう。  しょっぱなでショッキングな映像で“鍛えに鍛えた”感のある北の特殊工作員が、格闘で目玉・喉などの急所をまったく狙わないのも、とってもしらけました。
隠す
  
 
[022]機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
 これはこれは…brilliant tomorrow2009-12-05
 
 正直に書きます。とりあえず、引き込まれませんでした。  メカ部分はいいけれど、人物部分のアニメーションがあまりにもぎくしゃくして、静止画としてみてもデッサンの狂い・・・
続きを読む
 正直に書きます。とりあえず、引き込まれませんでした。  メカ部分はいいけれど、人物部分のアニメーションがあまりにもぎくしゃくして、静止画としてみてもデッサンの狂いが散見されます。「アニメーターがんばれ!」と思ってしまいました。OVAなのに、放映スケジュールに追い立てられてクオリティーが安定しなかったテレビ版ファーストの悪い時の絵に近いですね。これは致命的でした。  また、声優さんも浮ついている感じで、音程の定まらない歌手の歌を聴いているみたいに落ち着けませんでした。会話の間の悪さは動画編集との兼ね合いなので、声優さんのせいとばかりは言えないでしょうが、いちいち会話っぽくない空白の時間があるので、つんのめるような気分でした。  かなりめげたので、最後まで観ずに途中で切ってこれを書いてます。この後、続きを観るかどうかは五分五分です。ガンダムシリーズということで下駄を履かせてこの点数です。
隠す
  
 
[023]機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 微妙でした…brilliant tomorrow2009-12-05
 
 ガンダムって、もうヒストリーが出来上がっているわけで、その中でファーストの外伝と謳い、作戦名や人物名もしっかりリンクしているわりには、ちょっと考証に難がありますね・・・
続きを読む
 ガンダムって、もうヒストリーが出来上がっているわけで、その中でファーストの外伝と謳い、作戦名や人物名もしっかりリンクしているわりには、ちょっと考証に難がありますね。中でもガンダム量産は、心情的に勘弁して欲しかったです。  それをおいといても、なんだかテレビシリーズを何週かとばして観てるようなストーリー展開で、つなぎのていねいさに欠けていました。尺とエピソード量のバランスを間違えてしまったのではないでしょうか。それにしてもガンダムシリーズの恋愛の始まりは、常に信じられないくらい唐突ですね。  この作品の絵は、古めかしさとていねいさが自分にはちょうどよく、観ていてホッとしました。
隠す
  
 
[024]ポセイドン・アドベンチャー
 映画はよいのですがbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 久々に拝見。正解の分からない分かれ道を選ぶ難しさを感じます。これは人生だなぁと。  ただ、ここのレビューで書くのもどうかと思いますが、DVDを借りて観た吹き替え派の自・・・
続きを読む
 久々に拝見。正解の分からない分かれ道を選ぶ難しさを感じます。これは人生だなぁと。  ただ、ここのレビューで書くのもどうかと思いますが、DVDを借りて観た吹き替え派の自分としては、吹き替えと字幕がチャンポンになっていたのが気持ち悪くて…  テレビ放映時にカットされた部分には吹き替えが当たっておらず、今さら同じメンバーで付け加えられないということなのでしょうが。DVDなんだから新メンバーによるフル吹き替えバージョンも+αで入れてくれればいいのにと思いました。
隠す
  
 
[025]ハウルの動く城
 ファンタジーに徹した方がよかったかもbrilliant tomorrow2009-12-05
 【ネタバレ注意】
 戦争の扱いが中途半端だったので、それならいっそなかった方が評価は上がったように思います。  倍賞さんの声は、老若どちらにもとれるように思いますが、やはり年代毎に声・・・
続きを読む
 戦争の扱いが中途半端だったので、それならいっそなかった方が評価は上がったように思います。  倍賞さんの声は、老若どちらにもとれるように思いますが、やはり年代毎に声優を変えた方が分かりやすかったでしょう。瞬間的に若返るところなんか特に。  いつも気になる脇役。今回はカルシファーもかかしも、魅力が今一歩。 全体として、ターゲットがあいまいな作品になってしまっているようです。
隠す
  
 
[026]キング・コング
 コングにも仲間がほしかったbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 ドラマ部分、そんなに悪くなかったと思います。細切れで観たのでなんとも言えませんが、一番眠くなったのはニューヨークで暴れるところ(クライマックスじゃん!?)。アメリカ・・・
続きを読む
 ドラマ部分、そんなに悪くなかったと思います。細切れで観たのでなんとも言えませんが、一番眠くなったのはニューヨークで暴れるところ(クライマックスじゃん!?)。アメリカをぶっ壊すなんて、ワクワクするはずなのに。。。  ヒロインがコングにかどわかされたとき、殺されないように興味を惹くために軽業のような体術を見せてくれていたおかげで、ラストでビルのてっぺんに登っていけるのがまあまあ納得できました。
隠す
  
 
[027]将軍家光の乱心 激突
 心揺さぶられますbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 緻密なストーリーにこだわらない人向けの、アクション時代劇です。「痛快」でないところが、心揺さぶられます。アルフィーの音楽もフィット!!テレビ放送を録画したテープを・・・
続きを読む
 緻密なストーリーにこだわらない人向けの、アクション時代劇です。「痛快」でないところが、心揺さぶられます。アルフィーの音楽もフィット!!テレビ放送を録画したテープを、傷むまで観たけれど、まだときどきDVD借りる気になります。  緒方拳の抜刀の仕方が、野暮ったいのにかっこいいです。最初は8点にしようかと思ってましたが、これを書いているうちに細かいことはどうでもよくなって、9点に変更です!!
隠す
  
 
[028]ポリス・ストーリー/香港国際警察
 ジャッキー満喫brilliant tomorrow2009-12-05
 
 香港ギャグもアクションのすばらしさを台無しにしない程度に控えめだし、ストーリーのちぐはぐさもうまくコメディーの一部となっていて、ジャッキー作品の中ではトップクラス・・・
続きを読む
 香港ギャグもアクションのすばらしさを台無しにしない程度に控えめだし、ストーリーのちぐはぐさもうまくコメディーの一部となっていて、ジャッキー作品の中ではトップクラスだと思います。強い敵役がいればもっとよかったんだけど。  吹き替え派の自分としては、ジャッキーの石丸さん吹き替えはいいねぇ!刷り込まれてるだけかもしれないけど。
隠す
  
 
[029]七人のおたく cult seven
 なぜか時々観たくなるbrilliant tomorrow2009-12-05
 
 むか〜し、テレビ放映されたのを偶然観て、なぜか忘れられないものになりました。借りて再び観て、やっぱり自分にしっくりくるものを感じました。「7人のチームでミッション・・・
続きを読む
 むか〜し、テレビ放映されたのを偶然観て、なぜか忘れられないものになりました。借りて再び観て、やっぱり自分にしっくりくるものを感じました。「7人のチームでミッション」という、ありがちなパターンがとりあえず心くすぐります。「意外性という面では肩すかしだけど、軽くフフッと楽しめる」「くっだらないけど憎めない」そんな小品だと思います。
隠す
  
 
[030]エリザベスタウン
 自分にはちょっと・・・brilliant tomorrow2009-12-05
 【ネタバレ注意】
 お母さんのスピーチが徐々に受け入れられていく経緯がまったく理解できませんでした。それに代表されるように、米国人との文化の差を感じ、感覚についていけないままエンディ・・・
続きを読む
 お母さんのスピーチが徐々に受け入れられていく経緯がまったく理解できませんでした。それに代表されるように、米国人との文化の差を感じ、感覚についていけないままエンディングを迎えました。ストーリーも度を超えて不自然だったかと。さらにヒロインが好みでないのも個人的には致命的でした。
隠す
  
 
 1 2 3 4次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION