allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「gutis」さんのコメント一覧 登録数(7件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
 (無題)gutis2013-04-29
 
インドの動物園を経営する家族が園を閉鎖してカナダへの移住を決意し、動物を積んだ船でカナダへ向かうのですが嵐に遭い、一頭のトラと少年が小さなボートで漂流することになり・・・
続きを読む
インドの動物園を経営する家族が園を閉鎖してカナダへの移住を決意し、動物を積んだ船でカナダへ向かうのですが嵐に遭い、一頭のトラと少年が小さなボートで漂流することになります。事前の情報で動物は全てCGとのことだったのでその出来映えに期待はしていたのですが、その想像以上の迫力には驚嘆しました。始めに四匹の動物(シマウマ、オランウータン、ハイエナ、トラ)がボートに辿り着いていがみあう様は信じられないリアルさです。水中の映像が美しくストーリーもよく出来ていてアカデミー賞撮影賞も頷けます。
隠す
  
 
[002]ゼロ・ダーク・サーティ
 動物的本能gutis2013-04-29
 
女CIA分析官がアルカイダのオサマビンラディンのアジトを探し出し、特殊部隊がアジトを急襲して一味を暗殺するまでを、ハートロッカーの女流監督が関係者への聞き取りをもとに・・・
続きを読む
女CIA分析官がアルカイダのオサマビンラディンのアジトを探し出し、特殊部隊がアジトを急襲して一味を暗殺するまでを、ハートロッカーの女流監督が関係者への聞き取りをもとにドキュメンタリータッチで描いています。CIA諜報員が冒頭でアルカイダの一員を拷問にかけるシーンや、急襲場面で一味の家族を無造作に射殺するシーンなどは、ここまで撮っていいの?と心配になるほどです。仲間を自爆テロで殺されたCIAが非合法な暗殺に突き進む様は冷静に見れば正当化出来ないのでしょうが、動物的本能でやられたらやりかえす成行きについ喝采してしまいました。
隠す
  
 
[003]ジャンゴ 繋がれざる者
 文句なく楽しめるgutis2013-04-29
 
南北戦争前の奴隷売買時代に賞金稼ぎが、助けた黒人奴隷と共に奴隷の妻を助ける為に非情な牧場主と対決するのですが、いつものB級タランティーノ節が各所で炸裂して文句なく楽・・・
続きを読む
南北戦争前の奴隷売買時代に賞金稼ぎが、助けた黒人奴隷と共に奴隷の妻を助ける為に非情な牧場主と対決するのですが、いつものB級タランティーノ節が各所で炸裂して文句なく楽しめる作品です。これでタランティーノは脚本賞を獲得し、イングロリアスバスターズや大人のけんかでその演技には定評がある賞金稼ぎ役のクリストフヴァルツはアカデミー助演男優賞を獲得しました。牧場主のデカプリオの悪役ぶりも堂に入っており、いつもの様にチョイ役で出たと思ったら爆死するタランティーノはご愛嬌です。
隠す
  
 
[004]東京家族
 リメイクだが名作gutis2013-04-28
 
60年前に作られた小津安二郎の名作「東京物語」のリメイクで、時代を現代に置き換えているものの、原作の話の流れ(笠智衆と東山千栄子の老夫婦が東京で暮らす4人の子供達や旧友・・・
続きを読む
60年前に作られた小津安二郎の名作「東京物語」のリメイクで、時代を現代に置き換えているものの、原作の話の流れ(笠智衆と東山千栄子の老夫婦が東京で暮らす4人の子供達や旧友の家を訪ねて田舎に帰るまで)は原作のままですが、山田洋二監督らしい工夫がいろいろちりばめられていて、旧作に劣らない出来に仕上がっていると感じました。原作では帰郷後に妻が急死するのですが、現代版(夫婦は橋爪功と吉行和子)の妻は上京中に倒れて病院で息を引取ります。又、原作で夫婦が心の安らぎを感じる次男の嫁(原節子)が寡婦なのに対して、現代版でこの役にあたる蒼井優は次男(妻夫木)の恋人に変っていますが、さすが監督自身の手になる脚本だけあって話の流れに無理がなく、蒼井優の演技も自然体で素直に感動出来ました。いくつかの批評では思ったほど高く評価されていないのでほどほどの期待で足を運んだのですが、よい方に期待を裏切られました。尤もこの老夫婦と自分との年代が完全に被っていることを考えると、公平な評価が出来ているかどうかは保証できませんが・・
隠す
  
 
[005]ジョルダーニ家の人々
 大作だけど完成度は高いgutis2013-04-28
 
上映時間が6時間39分で途中3回の休憩時間がある大作ですが、名作「輝ける青春」と同じ脚本家と聞いて期待していた通り、完成度が高く十分満足のいく出来でした。物語は夫婦と・・・
続きを読む
上映時間が6時間39分で途中3回の休憩時間がある大作ですが、名作「輝ける青春」と同じ脚本家と聞いて期待していた通り、完成度が高く十分満足のいく出来でした。物語は夫婦と子供4人の平穏な家族が三男の事故死を機にばらばらになるものの、一人の不法入国の女性に関わることから家族の絆を取り戻すまでを丁寧に描いています。映画の造りも今流行の過去と現在が目まぐるしく入れ替わることもなく、それぞれの人物描写も丁寧、平易で分かり易い処に好感が持てました。この作品はもっと評価されてしかるべきですが、あまり評判にもならず埋もれてしまうのは残念です。
隠す
  
 
[006]アルゴ
 うその様な本当の話gutis2013-04-28
 
1979年のイラン革命下で起きたアメリカ大使館占拠事件の裏話を映画化したもので、脚色があるものの大筋は事実通りとのことで大変興味深い話です。当時アメリカに亡命中のパ・・・
続きを読む
1979年のイラン革命下で起きたアメリカ大使館占拠事件の裏話を映画化したもので、脚色があるものの大筋は事実通りとのことで大変興味深い話です。当時アメリカに亡命中のパーレビ元国王の身柄引き渡しを要求して暴徒化した民衆によってテヘランのアメリカ大使館が占拠され多数の外交官が人質になるのですが、占拠直前に6人の外交官が大使館から密かに脱出してカナダ大使公邸に逃げ込みます。大使館占拠が長期化するにつれて6人の身が危うくなり、アメリカ政府はCIAの協力の下で6人の脱出プランを立てて実行に移すのですが、そのプランが奇想天外です。 「アルゴ」という架空のSF映画のロケハンスタッフがイランを訪れ、6人がそのスタッフになり切ってイランから脱出するというもの。およそ日本だったら荒唐無稽で一笑に付されるプランなのに、それを実行してしまうのがアメリカ的で、後半の作為的なシチュエーションは評価出来ませんが結構楽しめました。 ネット情報によると、実際の脱出劇はあまり緊迫場面がなくすんなり成功したのが真相だそうです。当時活躍したCIAエージェントは英雄として密かに国から表彰されたのですが、脱出の事実が秘密だったので、表彰の事実も長く公表されなかったそうです。映画ではそのCIAエージェント(ベン・アフレック)が一人で決断して活躍するのですが、実際は複数のカナダ大使館スタッフの協力が大きく貢献したそうで、映画ではその事実が抜けている為カナダ政府がクレームをつけているそうです。
隠す
  
 
[007]愛、アムール
 年寄には辛い・・gutis2013-04-28
 
次第に衰えゆく音楽家の老妻と妻を支える夫との話を中心に周囲の人々(娘・弟子のピアニスト等)との関わりを淡々と追い、衝撃的な最期を迎えます。夫婦役の名優(妻エマニュア・・・
続きを読む
次第に衰えゆく音楽家の老妻と妻を支える夫との話を中心に周囲の人々(娘・弟子のピアニスト等)との関わりを淡々と追い、衝撃的な最期を迎えます。夫婦役の名優(妻エマニュアル・リヴァと夫ジャン・ルイ・トランティニアン)の抑えた演技と相まってなかなかの出来に仕上がっています。しかし、両親の最期を看取った経験がある層には自分の辛い思いが重なってちょっと辛い映画かもしれません。ところでジャン=ルイ・トランティニアンといえば遠い昔に観た「激しい季節」を思い出します。戦時下の北イタリア避暑地での若者(トランティニアン)と戦争未亡人(エレオノーラ・ロッシ・ドラーゴ)との悲恋話で、未亡人の邸宅に招待された若者達がダンスをするのですが、突然の停電の暗闇の中で若者と未亡人がテンプテーションの曲に合わせてチークダンスを踊るシーンは今でも鮮明に甦ります。
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION