allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「himi」さんのコメント一覧 登録数(6件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]リトルトウキョー殺人課
 ドルフ・ラングレン、お笑い界に参戦か!?himi2006-12-14
 
私はドルフ・ラングレンが大好きで、この映画も思わず買っちゃいました♪皆さんのレビューやネットのネタバレの情報を見てから見ましたので、も〜オープニングから、笑い始めて・・・
続きを読む
私はドルフ・ラングレンが大好きで、この映画も思わず買っちゃいました♪皆さんのレビューやネットのネタバレの情報を見てから見ましたので、も〜オープニングから、笑い始めてしまいました(笑)!ほんとギャグ映画と化しているトンチンカン映画ですね〜!あまりに間違えた日本観で、外国人の方がこれを見たら、日本の事を本当に誤解しちゃうんじゃないかな?って思うほどです!日本人がこの映画を見ると、さぞお怒りになる人もいると思いますが、ここは一つ肩の力を抜いて、寛大になって、コメディーの一つとして見ると良いかもしれません♪外国人がどのような日本観を抱いているのかを知るのにも良い機会だと思います☆ここまで見事にド派手に誤った日本観を映像化してもらうと、爽快感すら得られます!しかし、作品の中では、ドルフ・ラングレンがかっこいい所が唯一の救いでした♪映画の中でラングレンは、日本語も話しているのですが、ほんと片言の日本語!って感じで、正直あんまりよく聞き取れなかったです(笑)!私に日本語のヒヤリング能力がないせいでしょうか(笑)?それとも、この映画にのめり込んで脳が破壊され始めていたせいでしょうか(笑)?あと、布団のないコタツで「すぐ暖まる!」とか、その他色々本当にテキトーな事を言っていますね(笑)!しかしそんなラングレンもなんだかかわいかったです♪ラングレンがお笑い界に参戦か!?と思わせるほど、ラングレンのチャーミングな一面を見る事が出来て良かったです♪しかしやっぱり、ラングレンは、「ロッキー4」の時のほうが何百倍もかっこいいです!しかも、ハッキリ言って、ラングレンよりも、ブランドン・リーのほうが、よっぽど刑事らしくて、真面目で正義感が強くて、思わず惚れてしまうこと間違いないですよ!ブルース・リーの息子さんってこんなに素敵でかっこいいのねー♪って私は驚いてしまいました!ラングレンも刑事なんですけどカジュアルな服装で、ブランドン・リーはブレザーにネクタイをしていて割とフォーマルな服装で、やっぱブランドンのほうが刑事!って感じがして完全に惚れちゃいましたね〜♪しかも英語もペラペラです♪もちろんラングレンも素敵なんですけど、今度はブランドン・リーにハマっちゃいそうな予感です☆お父さんのブルース・リーもかっこいいですが、息子さんのブランドン・リーもカンフーのアクションシーンもお見事で、すごくカッコイイですよ!ブランドン・リーは元々稽古嫌いだったそうですが(笑)、ブルース・リー直々に鍛えられただけあって、運動神経は抜群です!バク転とかバンバンしちゃいます!しかも、なんせラングレンがあまりに風変わりで奇抜過ぎるので(笑)、余計ブランドンのほうが素敵でかっこよくってマトモに見えちゃいます!ですから、ラングレンよりも、ブランドン・リーのほうに思わず注目して見ちゃう恐れがありますので(笑)、ラングレンファンの方には、あまりお勧めできない作品ではありますが、マニアックな方は見るのも良いと思います♪物語のほうは、最初から最後までツッコミどころ満載で、本当に、終始、大爆笑をしてしまいます(笑)!最後のラングレンの勝負服姿にも笑えます!闘魂のハチマキもなんじゃこりゃ!?って感じです(笑)!ラングレンもよくこんなおバカ映画(←監督ごめんなさぁい(笑))引き受けたなー!ってびっくりしてしまいます!ネットでは、「ドルフ、インテリなんだから、もう少し仕事選べよ(笑)!」とか言われています!ショーック!でも事実、ラングレンは、頭もメチャクチャいいし、常識もあるはずなのに、どうしてこのような映画に出演したのかは、不思議であることは確かです!ですから、やっぱりラングレン自身も、初めからネタ映画だと分かって出演しているのでしょうか?しかしながら、私は今まで、映画では、何かしら得るものがあったり、考えさせられるものがある映画を見てきましたが、これほどバカげていて、何も考えずに無心になって見る事が出来た作品に出会えたのは生まれて初めてかもしれません!とにかく!映画を見て難しい事を考えたくない人、お笑い系が大好きな人、大爆笑したい人は、一度、無心になってこの映画を見て楽しんで見るのも良いと思いますよ♪ラングレン&ブランドン・リーのナイスなコンビも貴重な映像ですし、ついでにマニアックなラングレンファンの方は必見ですよ♪私もマニアックなラングレンファンの一人ですが、でも、ハッキリ言って、この映画を見たら、ブランドン・リーのほうに惚れちゃった私です(笑)!ですから、ブルース・リーの息子さんってどんな人だろう?演技は上手いのかな?などブランドン・リーについて知りたい方は、この映画を見たら、絶対にブランドン・リーに惚れちゃうこと間違いないので、ぜひ見て下さいね♪すでにブランドン・リーファンの方にもお勧めの作品です♪
隠す
  
 
[002]ドルフ・ラングレン
 ロッキー4の印象が強いが、かっこいい!himi2006-12-05
 
ドルフ・ラングレンと言えばやっぱりロッキー4の印象が強いと思いますが、とってもかっこいい俳優さんだ!と私は思います♪私は、ロッキー4を見るときはいつも、ドラゴ演じる・・・
続きを読む
ドルフ・ラングレンと言えばやっぱりロッキー4の印象が強いと思いますが、とってもかっこいい俳優さんだ!と私は思います♪私は、ロッキー4を見るときはいつも、ドラゴ演じるドルフ・ラングレン目当てで見ています♪映画の中ではドルフ・ラングレンはロッキーの親友のアポロをボクシングの試合中にリング上で殺してしまうというすごく冷酷で残虐な役を演じているのですが、そのクールで鋭い姿もかっこいいですし、とにかく鍛え上げられた肉体が非常に美しいです♪あと映画の中で、ラングレンがロシアの軍隊服姿で凛々しく決まっていてとってもよく似合っていて、すごく素敵に思えちゃうのは私だけでしょうか(笑)?ブルーの瞳も綺麗です♪角刈りもナイスなんですが、ロン毛のラングレンもメチャクチャかっこいいですよ♪しかも、身長が198センチもあるらしくて背が大きいです!さらにラングレンは、頭もすごくいいらしくて、マサチューセッツ工科大学で学んでいた時期もあるらしくて、私はその事をつい最近知りまして、思わず、えええー!略称はMITで、世界的に有名な科学者や工学者を輩出しているあの名門のマサチューセッツ工科大学出身なのー!?って一瞬、自分の目を疑ってしまいました(笑)!ドルフ・ラングレンってすごい人なんだな!メチャクチャ頭いいのね!ってびっくりしました!あと語学力にも優れていて、スウェーデン語、英語、ドイツ語、フランス語、日本語を使いこなせる語学堪能な俳優さんらしいです!素敵です♪あと、ラングレンはロッキー4では主人公ロッキーのライバルとなるロシア人ボクサー、ドラゴを演じているのですが、この作品で主演脚本監督を務めたロッキー役のシルベスター・スタローンは当初、別の俳優に目を付けていたそうですが、ラングレンが熱心に売り込みに通ってきたらしいです!それで、スタローンもラングレンに依頼したみたいです!ラングレンにはそのような努力家な素顔もあるんだな!ってびっくりしましたし、ますます好きになりました♪しかも極真空手の黒帯3段だそうです!すごい強いんですね!頭もいいし、スポーツも出来るし、かっこいいし、3拍子揃った素晴らしい人なんですね♪ちなみに私はつい最近、ラングレン主演の「リトルトウキョー殺人課」という映画も見ましたが、この映画を見ると、ロッキー4でのあのクールで鋭いイメージから崩れていくぅー(涙)!とかなりのショックを受けますので(笑)、ラングレンファンの方には、あまりお勧めできない作品ではありますが、マニアックな方は見るのも良いと思います♪映画の中で、ラングレンは日本語も少々話していますよ!リトルトウキョー殺人課を見ると、ラングレンもよくこんなおバカ映画(←監督ごめんなさぁい(笑))を引き受けたなー!ってびっくりしてしまいますよ!でも、ラングレンがお笑い界に参戦か!?と思わせるほど、ラングレンのチャーミングな一面も見れちゃうので、マニアックな方にはお勧めです(笑)!しかし、ラングレンはロッキー4のドラゴ役のインパクトがあまりにも強くて未だにそのイメージがつきまとってしまっているらしいですね。でも、私はそれでも良いと思います♪あ!ロッキー6の製作が正式に決まったのですね!びっくりしました!その新作では、ロッキー4で出演したドルフ・ラングレンもドラゴ役として、再び登場するみたいですね!すごく嬉しいです☆絶対見に行こう!と今からドキドキワクワクしていてとても楽しみです♪もちろん、ラングレン目当ての私です(笑)!でも、新作のロッキー6もまたラジー賞を取ってしまいそうな悪い予感がするのは私だけでしょうか?せめてドルフ・ラングレンにはアカデミー賞を取ってほしい!と今から切に願っている私ですが、やっぱり無理ですかね(笑)!しかし夢は大きく持たないといけませんよね♪ではぜひラングレンにアカデミー賞を!と祈っているどこまでもラングレン好きの私です(笑)!
隠す
  
 
[003]ロッキー4/炎の友情
 ドルフ・ラングレンがかっこいい!himi2006-12-02
 
私は、結構スポ根もの好きで、ロッキーは1から5まで全部見て制覇しちゃいました♪でも、中でも一番面白いのが、このロッキー4です!私は、ロッキー4を見るときはいつも、ロ・・・
続きを読む
私は、結構スポ根もの好きで、ロッキーは1から5まで全部見て制覇しちゃいました♪でも、中でも一番面白いのが、このロッキー4です!私は、ロッキー4を見るときはいつも、ロッキー演じるシルベスター・スタローンよりも、ドラゴ演じるドルフ・ラングレン目当てで見ています♪映画の中ではドルフ・ラングレンはロッキーの親友のアポロをボクシングの試合中にリング上で殺してしまうというすごく冷酷で残虐な役を演じているのですが、そのクールで鋭い姿もかっこいいですし、とにかく鍛え上げられた肉体が非常に美しいです♪角刈りもナイスです(笑)!しかも、シルベスター・スタローンと並んでも20センチぐらい?高くて背が大きいです!さらにラングレンは、頭もすごくいいらしくて、語学堪能な俳優さんみたいです!映画の中でも、ロシア語を流暢に話しています!(←と言ってもほんの一言二言しか話していませんが(笑)。)あと、ラングレンがロシアの軍隊服姿で凛々しく決まっていてとってもよく似合っていて、すごく素敵に思えちゃうのは私だけでしょうか(笑)?あと、ドラゴが試合中に黒いマウスピースをしていて、ロッキーシリーズは好きな私ですが、実際のボクシングの事はあまりよく分からないので、黒いマウスピースって実際のボクシングでも使われているのかな?と疑問に思っちゃいました!でも、ドラゴの迫力と怖さが倍増する効果があって、良いなと思いました!ロッキーが最後勝つシーンはスカッとした爽快感が味わえてとても良いのですが、ドルフ・ラングレンファンの私としては(笑)、ドラゴがちょっとかわいそうかな〜なんて思ったりします!でも、ロッキーの不屈の精神は本当に素晴らしくて、見習わなくちゃいけないな〜!とつくづく感じます!それと、映画の中で使われている音楽も最高です♪私は「ハーツ・オン・ファイアー」が大好きです!中学生の時に、掃除の時間にこの曲が流れてて、この曲を聴くとなんだか闘志が湧いてきて、掃除にも力が入って頑張れたのを今でもよく覚えています(笑)!ちなみにボクサーの亀田興毅選手は、ロッキー4で使われている「バーニング・ハート」を入場する時に流していますよね♪試合を見るたびに、ロッキー4だ〜♪って亀田選手をすごく応援したくなっちゃいます☆あ!ロッキー6の製作が正式に決まったそうですね!その新作では、ロッキー4で出演したドルフ・ラングレンもドラゴ役として、再び登場するみたいですね!すごく嬉しいです☆絶対見に行こう!と今からドキドキワクワクしていてとても楽しみです♪もちろん、ドルフ・ラングレン目当ての私です(笑)!でも、新作のロッキー6もまたラジー賞を取ってしまいそうな悪い予感がするのは私だけでしょうか?せめてドルフ・ラングレンにはアカデミー賞を取ってほしい!と今から切に願っている私ですが、やっぱり無理ですかね(笑)!しかし夢は大きく持たないといけませんよね♪ではぜひラングレンにアカデミー賞を!と祈っているどこまでもラングレン好きの私です(笑)!
隠す
  
 
[004]まごころを君に
 日本のドラマ版と比べてみると良い!himi2006-12-02
 【ネタバレ注意】
この作品は、知的障害を持つ主人公チャーリーが、脳手術によって大天才になるというダニエル・キイスのSF小説を映画化した作品なのですが、日本でもドラマ化されていて、ユー・・・
続きを読む
この作品は、知的障害を持つ主人公チャーリーが、脳手術によって大天才になるというダニエル・キイスのSF小説を映画化した作品なのですが、日本でもドラマ化されていて、ユースケ・サンタマリアが主人公を演じていたのですが、日本ドラマ版とアメリカ映画版の違いなどを比較して楽しんでみるとすごく良いと思います!この映画は、ユースケが主演したドラマ版と照らし合わせて見比べてみると、とても深い所まで面白さが理解できる作品です!主人公チャーリー演じるクリフ・ロバートソンの演技も知能の発達の過程を巧みに表現していて素晴らしいです!この作品の中でクリフ・ロバートソンは左利きの演技をしているのですが、これは脳手術の前と後を区別するために右利きの人が利き手ではない左手を使って演出した可能性があるようです!さすがクリフはこの作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞したことだけあって、そういう細部に至るまで素晴らしい演技力を見せてくれます!しかし結局最後はチャーリーの知能は退化していって、元に戻ってしまうという悲劇のストーリーですが、知能は確かに人間にとっては大切なものなのかもしれないけれども、人間の本当の幸福とは一体何だろう、天才になる事は本当にその人にとっては幸せなのかなど、心に伝わってきて改めて考えさせられる名作です!映画の中で知能が衰えていくことを知ったチャーリーが偶然に行ったバーで知的障害者のウェイターがグラスの山を落として、周りの人は笑うのですが、チャーリーは笑わず、落としたグラスを黙々と拾ってあげるシーンには深い感銘を受けました!この映画は、学校の道徳の授業などで見ると本当に良いんじゃないかなと感じました!でも、やっぱり確かに原作には、かなわない部分があるのかもしれないなと感じました。ダニエル・キイスの本のほうは、本当に素晴らしくてチャーリーのIQが高くなるにつれ、初めはひらがなだったのが、漢字を多く使うようになっていったりして、非常に優れた翻訳になっています!おそらく、他のどの言語よりも日本語で訳すのが一番難しかったのではないかと思うくらいです!その辺も映画のほうでは、もう少し細かく表現されていてほしかったのですが、でも全体としては簡潔に上手くまとめてある映画ですごく良かったです♪
隠す
  
 
[005]舞姫
 郷ひろみが若くて凛々しいです!himi2006-12-02
 【ネタバレ注意】
森鴎外の小説を映画化した作品ですが、国語の先生が言うには「この映画を見たら、絶対に郷ひろみに惚れちゃうわよ〜♪」と言っていて、当時高校生だった私は、そんなに郷ひろみ・・・
続きを読む
森鴎外の小説を映画化した作品ですが、国語の先生が言うには「この映画を見たら、絶対に郷ひろみに惚れちゃうわよ〜♪」と言っていて、当時高校生だった私は、そんなに郷ひろみがかっこいいのかな!?と疑問に思っていましたが、実際映画を見てみると私も郷ひろみに完全に惚れちゃいました♪舞姫は、エリート医学生太田豊太郎とドイツ人の踊り子エリスとの悲劇の愛を描いた物語ですが、郷ひろみは主人公太田豊太郎を演じています!映画の中では、郷ひろみはまだ若くて、本当にエリート医学生!という雰囲気がして知的で凛々しくて紳士的で素敵です♪しかも演技も自然な感じがして良いです☆それと流暢にドイツ語を話している事にまず驚きます!郷ひろみはこの映画のために3ヶ月間猛特訓をしてドイツ語をマスターしたそうです!映画の中では、ナレーションを含めほとんどがドイツ語で会話されているので、ドイツ語を勉強するにはとても良い作品だと思います!ヒロインのエリス役のリザ・ウォルフという女優さんは結構たくましくて力強い雰囲気のする女性で、原作ではエリスは、はかなげで可憐な女性なのになとちょっとイメージが違うと思う方もいると思いますが、リアルさが増していて、私は良いな!と思います!豊太郎は結局愛していたエリスを裏切りその愛を踏みにじって捨てるのですが、最後に豊太郎演じる郷ひろみが「俺はエリスを愛しているんだぞ!」と友人の相沢に強く言うシーンがあって、これは原作にはないのですが、あって良いセリフだな!と感じます!あとこの作品は明治時代が舞台となっているのですが、明治時代には男性とっては立身出世が最も大事な事で女性の社会的地位の低さも如実に物語っています!なぜなら豊太郎は愛か出世かでどちらを選ぶか悩んでいて結局は出世の道を選ぶのだから。原作では豊太郎はある意味冷酷で傲慢な一面もある人物なのですが、郷ひろみが演じると確かに豊太郎は残忍だけれども、やっぱりそれは明治時代という時代の流れに逆らう事が出来なくて、愛よりも出世を選ばざるを得なかった男の悲劇として見る事も出来ます!原作では相沢がエリスに豊太郎は日本に帰るんだ!と言ってショックでエリスは精神に異常をきたしてしまうのですが、映画のほうはショックでエリスは階段から落ちて流産してしまうという所が微妙に違っています。原作とは異なっていますが、また違った魅力があって面白いです♪
隠す
  
 
[006]レインマン
 英語の授業の時間に見ました!himi2006-12-02
 【ネタバレ注意】
レインマンは高校生の時、英語の授業の時間に見ました!その当時はテーマが重すぎて、正直言ってあまりピンとこない映画だなって思っていましたけど、今、この年になって、やっ・・・
続きを読む
レインマンは高校生の時、英語の授業の時間に見ました!その当時はテーマが重すぎて、正直言ってあまりピンとこない映画だなって思っていましたけど、今、この年になって、やっとこの映画の素晴らしさが分かってきました!レインマンを授業で見せてくれた英語の先生に心から感謝です!レイモンド演じるダスティン・ホフマンとチャーリー演じるトム・クルーズの兄弟愛がとても素敵に描かれていますし、感動出来ますよ♪私が好きなシーンは、レイモンドとチャーリーとスザンナがドライブするシーンがほのぼのとしてて大好きです☆でもなんと言ってもダスティン・ホフマンの演技が素晴らしいです!ダスティンは役作りのために実際に自閉症の人たちと触れ合って、研究を重ねてこの役に挑んだそうです!ダスティンの演技は、表情の作り方や体の動作で自閉症という難しい役を巧みに表現していて見事です!物語のほうはレイモンドの天才的な記憶力を利用して、チャーリーがラスベガスのカジノに連れて行って大儲けするといったちょっとしたコメディーも入ってて面白いです♪あと個人的にはレイモンドが洋服のポケットの中にペンをすごく多く挟んで入れてある所がとってもチャーミングに見えちゃうのは私だけでしょうか(笑)?それとレイモンドにKマートのパンツを買ってあげたいです(笑)!レイモンドがホットケーキを食べるときに、「メープルシロップはホットケーキの前にテーブルにあるんだ!楊枝もメープルシロップもテーブルにないから絶対にイヤだ!」と駄々をこねるところもかわいらしいです♪自閉症というシリアスな役どころを、ある意味ユーモラスに演じているところもこの作品の魅力です☆ダスティン・ホフマンとトム・クルーズも本当に良いコンビ!という感じがして、まるで本物の兄弟のようにとてもいい雰囲気を出しています♪日本語吹替えで見ても良いのですが、テレビ版のほうは、かなりカットされているシーンが多いので、やはり英語でノーカット版で見るのが一番良いと思います!テレビ版でカットされているシーンは、例えば、チャーリーがレイモンドをカジノに連れて行く前に、カジノのルールを教えてあげるところや、チャーリーが「車のルーフを上げれば日に焼けないんだぜ!ルーフを上げようか?」と言って、レイモンドが「ルーフなんか上げない!」と言って、「イヤならこれを塗れ」とチャーリーがレイモンドの顔に日焼け止めのローションを塗ってあげる兄弟ラブラブシーン(笑)とか、カジノに行く前に、レイモンドとチャーリーが新しいスーツや靴を買ったり、美容院に行ったりしておしゃれをした後に、レイモンドとチャーリーが正装して二人並んでエスカレーターを降りていくシーンなど、テレビ版ではそれらのかなり重要なシーンがカットされていますので、やはり字幕でノーカットで見ることをお勧めします!ラストシーンでは、チャーリーがレイモンドに「兄貴と心が通じた!兄貴ができて本当に嬉しい!」と言って、レイモンドのひたいにキスをするのですが、日本では兄弟同士でキスするなんてあり得ないですよね(笑)!本当にマジキスしちゃっていますので、ダスティン・ホフマンファンの私としては、正直言ってトム・クルーズがうらやましかったです(笑)!でも、トムのダスティンへのキスも男同士だから許せちゃいます♪そんなアメリカンな所も私は大好きです♪自閉症の兄と心が通じ合って、心からそれを喜べることが出来た瞬間でとても感動的です!レインマンは不朽の名作ですのでぜひ見る事をお勧めします!
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION