allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「jyunn」さんのコメント一覧 登録数(254件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]亡国のイージス
 (無題)jyunn2005-08-13
 【ネタバレ注意】
映画のテーマは凄く面白い物だったと思います。 ただ、後半になるにつれて、テーマ自体が主体ではなくなり、 どなたかが書いていらっしゃるように、まさしく完全に「ザ・ロック・・・
続きを読む
映画のテーマは凄く面白い物だったと思います。 ただ、後半になるにつれて、テーマ自体が主体ではなくなり、 どなたかが書いていらっしゃるように、まさしく完全に「ザ・ロック」でした。 原作を読んでみたいと思いました。
隠す
  
 
[002]6デイズ/7ナイツ
 (無題)jyunn2005-08-06
 【ネタバレ注意】
アン・ヘッシュをこよなくあいする私としては、とてもよかったです。
  
 
[003]妹の恋人
 (無題)jyunn2005-08-06
 【ネタバレ注意】
とても可愛らしい映画。 ジョニー・デップもシザー・ハンズ級に素敵です。 自閉症の妹を持ち、その世話に追われ、自分の人生を送る毎日に疑問を抱きながらも、やはり、両親の死・・・
続きを読む
とても可愛らしい映画。 ジョニー・デップもシザー・ハンズ級に素敵です。 自閉症の妹を持ち、その世話に追われ、自分の人生を送る毎日に疑問を抱きながらも、やはり、両親の死以降共に過ごしてきた妹を施設に預けることはできない兄。そんな、けして明るくは無い家庭に訪れたサムと言う天使。 彼のお陰で、家族は自立し、お互いを重荷に思う事の無い関係へと昇華されることになった。 帽子を拾うシーンや、病院でのサム、素晴らしいシーンも多い、とても質の高いファンタジーだと思います。
隠す
  
 
[004]ペーパー・ムーン
 (無題)jyunn2005-07-16
 【ネタバレ注意】
とても可愛らしい映画だった。 紙の月に座って写真を撮るアディー。 何度も何度も自分の父親ではないのかと確認する。 しかし、そんなことはどうでもいい。 月は、ほんものになった。
  
 
[005]ルーカスの初恋メモリー
 (無題)jyunn2005-07-16
 【ネタバレ注意】
古き良きアメリカと言った風景の中で進んでいくストーリー、初恋とは上手く行かない物、というのが世の定説であるが、それをとても素敵な物語で綴ってくれる。 そして、14歳・・・
続きを読む
古き良きアメリカと言った風景の中で進んでいくストーリー、初恋とは上手く行かない物、というのが世の定説であるが、それをとても素敵な物語で綴ってくれる。 そして、14歳の少年は辛く楽しい初恋や、これまでの自分の価値観からは信じられなかったようなこととの交流を通して、新しい考えを獲得していく。 凝り固まった考えだけでなく、自分にむいていないような事にも文字通り身体でぶつかっていく姿勢はとても14歳とは思えない。やはりとても賢い少年なのである。 「世の中はひどいさ。」と言い、自分の得意な事ばかりに時間を費やし、なかば殻に閉じこもっていたような彼だけれど、今回の初恋をめぐる一連の出来事を通して、美しく孵化するのも時間の問題だろう。
隠す
  
 
[006]モンスター
 (無題)jyunn2005-07-02
 【ネタバレ注意】
とても、シャーリーズ・セロンには見えませんでした。
  
 
[007]ミリオンダラー・ベイビー
 (無題)jyunn2005-07-02
 【ネタバレ注意】
尊厳とはなにか。
  
 
[008]モーターサイクル・ダイアリーズ
 (無題)jyunn2005-07-02
 【ネタバレ注意】
私は好きです。 南米大陸の景色は本当に素晴らしい物ですし、これまで良く知らなかったゲバラの若い頃と言うのも知ることができました。 そして、この旅で本当にゲバラの人生観・・・
続きを読む
私は好きです。 南米大陸の景色は本当に素晴らしい物ですし、これまで良く知らなかったゲバラの若い頃と言うのも知ることができました。 そして、この旅で本当にゲバラの人生観と言うのは変わったのであろうと言う事も想像できるほどに濃いものだったのでしょう。 やはり、旅は素晴らしいですね。このような豪快な旅を人生で一度はするべきなのでしょう。
隠す
  
 
[009]ハート・オブ・ウーマン
 (無題)jyunn2005-05-15
 【ネタバレ注意】
ダメ男メルが変わっていく様が面白い。 最後はいきなり終わってしまった。
  
 
[010]ブレイブハート
 (無題)jyunn2005-05-15
 【ネタバレ注意】
家庭をもち、ただ静かに生きたいと願うウィリアム・ウォレス。 そんな男が、自分の命までも賭して願った物は自由だった。 今の日本に暮らす僕らには想像もつかないけれど、歴史・・・
続きを読む
家庭をもち、ただ静かに生きたいと願うウィリアム・ウォレス。 そんな男が、自分の命までも賭して願った物は自由だった。 今の日本に暮らす僕らには想像もつかないけれど、歴史を紐解いてみれば、自由を求める戦争が溢れている。自分達で勝ち取ったわけでもない自由を振りかざす僕らは、その価値もろくに知らず、人は皆生まれた瞬間からその権利を持っているものと勘違いしてしまっているように思う。しかし、本来、自由とは人間の尊厳であり、それを得るために、現在でも世界中で戦争が続いている。 彼は、自由の無い人生など、死んでいるも同然だという。だからこそ、最後まで、彼には自分の命よりも大切なものがあった。 そして、この作品には、個性豊かな多くの人々が登場する。歴史を振り返る時、多くの人間のそれぞれの特性を観察できる事はとても大きな意義がある。王侯貴族から、民衆まで、あらゆる人々をとても上手に描き出していて、その当時の世界を理解する事を助けてくれる。 最後まで、自分を失う事が無かったウォレス。彼は、肉体が消え去って以後も行き続けた。 私には、ものすごく光に溢れた映画に感じました。
隠す
  
 
[011]セント・オブ・ウーマン/夢の香り
 (無題)jyunn2005-04-30
 【ネタバレ注意】
見ました。二時間半と言う長い時間ながら、少しも飽きることなく見ることができました。友人関係のことで悩んでいたエリート学生と、様々なものを失いながら生きていた頑固な退・・・
続きを読む
見ました。二時間半と言う長い時間ながら、少しも飽きることなく見ることができました。友人関係のことで悩んでいたエリート学生と、様々なものを失いながら生きていた頑固な退役軍人。出会うはずの無い二人が出会い、お互いの事をさらけ出して、友情の様な物を育んでいく様子も微笑ましい。そして、自殺を図るフランクを全身で止めたチャーリーを、最後にはフランクが救うことになる。友人との事を悩んでいる間も、彼はフランクと言う大切な友人を見捨てずに救っていた。フランクもそれに応えて、チャーリーを救う。年代も、境遇も全く違う二人だが、その貫くべき信念で感じあい、お互いの存在のお陰で変わってゆける。本当に美しい二人でした。アル・パチーノの演技は言うまでも無く、クリス・オドネルの演技も良かった。皆さんがおっしゃっているようにタンゴのシーンも完璧な雰囲気で、ガブリエル・アンウォーはまさしく絶世の美女であった。 何度も見返したい映画が又一つ増えました。
隠す
  
 
[012]エンパイア レコード
 (無題)jyunn2005-04-24
 【ネタバレ注意】
まさに青春映画という感じ。小さなレコード店の中にも小さな小宇宙が存在する。何も無い人間なんていない。あとは、その小宇宙が自分にとってどういう場所かで決まる。もちろん・・・
続きを読む
まさに青春映画という感じ。小さなレコード店の中にも小さな小宇宙が存在する。何も無い人間なんていない。あとは、その小宇宙が自分にとってどういう場所かで決まる。もちろん、自分がその場所に対してどういう思いを持っているかもとても大切な事だけれど。ここはとにかくとても幸運な人々が集うレコード・ショップ。 こんな場所を持っていたいですよね。
隠す
  
 
[013]第三の男
 (無題)jyunn2005-04-23
 【ネタバレ注意】
非常に有名な音楽とラストシーン。 それでも、オーソン・ウェルズにはあまり共感できなかった。
  
 
[014]リトル・ダンサー
 (無題)jyunn2005-04-23
 【ネタバレ注意】
ビリー・エリオットと言う題名のままでよかったのに。 労働組合と国側の対立が続く炭鉱町の話で、街の中はどちらかと言うと暗い感じで、エリオットの家も家庭の事情もあり、あま・・・
続きを読む
ビリー・エリオットと言う題名のままでよかったのに。 労働組合と国側の対立が続く炭鉱町の話で、街の中はどちらかと言うと暗い感じで、エリオットの家も家庭の事情もあり、あまり良くない状態でした。それでも、エリオットはじめ、友達やおばあちゃんなども含めて、凄く可愛らしい映画でした。彼が、怒りながら踊っている姿がとても印象的です。
隠す
  
 
[015]マッド・ラブ
 (無題)jyunn2005-04-17
 【ネタバレ注意】
高校生には見えませんでした。 ドリュー・バリモアが美しく、精神的な病を抱える役を上手く演じていたと思う。 音楽がよく、飽きることなく見られました。
  
 
[016]フライド・グリーン・トマト
 (無題)jyunn2005-04-16
 【ネタバレ注意】
昔のアメリカの田舎での話と、現在のアメリカの話を並行させて、時代を超えて人々の交流をとても上手く描いていると思いました。ニニーの話を聞いていくうちに、当時のイジーの・・・
続きを読む
昔のアメリカの田舎での話と、現在のアメリカの話を並行させて、時代を超えて人々の交流をとても上手く描いていると思いました。ニニーの話を聞いていくうちに、当時のイジーの周りの人と同じように強い影響を受けていく。 イジーとルースの昔話も上手く、長い映画ながらも飽きることなく観ることができました。クリス・オドネルの出番が少ないのが残念でしたが。いつまでも見ていたくなる名画です。
隠す
  
 
[017]忘れられない人
 (無題)jyunn2005-04-10
 【ネタバレ注意】
音楽がとにかく印象深い映画でした。マリサ・トメイやクリスチャン・スレーターの繊細な演技も好きです。最後がただ悲しく終わるだけではなく、これから先への希望が見えるよう・・・
続きを読む
音楽がとにかく印象深い映画でした。マリサ・トメイやクリスチャン・スレーターの繊細な演技も好きです。最後がただ悲しく終わるだけではなく、これから先への希望が見えるようで、とても感動しました。
隠す
  
 
[018]猿の惑星
 (無題)jyunn2005-03-03
 【ネタバレ注意】
完全に見くびっていましたが、面白かったです。 助けてくれた猿側の女性やチャールトン・へストンとその恋人など、魅力的なキャラクターもいて、また、最後も秀逸でした。
  
 
[019]ビフォア・サンセット
 (無題)jyunn2005-02-15
 【ネタバレ注意】
ようやく念願かなって、今日見てまいりました。 前作が素晴らしく、あれで終わりでいいと思っていたので、半年後に会わなかったという前提が決定付けられた上で進む今作に複雑・・・
続きを読む
ようやく念願かなって、今日見てまいりました。 前作が素晴らしく、あれで終わりでいいと思っていたので、半年後に会わなかったという前提が決定付けられた上で進む今作に複雑な思いを抱いていました。 どちらかといえば、きっと二人は再会して上手くやったんだろうという期待をもってもいましたから。しかし、これは前作に劣らず素晴らしい。二人の会話は、前作よりも更に自分たちそれぞれの人生に突っ込んだ物になっていました。前作まではまだ二人とも若く、理想を語り合い、これからのばら色であるべく人生を語っていて、それは自分たちの実体験ではないのでどちらかと言うととてもポジティブな事ばかりでした。ところが、九年と言う月日を経て、お互いに紆余曲折を経て現在の自分たちがあり、そこにいたるまでにはこちらの想像以上に様々な事があり、帰結として現在はお互いけして満足の行く人生ではないというもの。そんなだから余計にあの日の事を考えてしまう。きっと、あの頃は、これから先もこのくらい、いやこれ以上に素晴らしいことがたくさんあるんだ、と疑いなく思っていたでしょうが、いまになって、あの時の素晴らしさがより一層輝いてきた。そういった二人の実体験から立ち上ってくる感情のぶつけ合いが静かに激しく、とても切なくなりました。もし、二人がウィーンで再会していたのなら、と幼稚な未練を捨て切れませんでした。もしも、自分もこの二人の年代に近いかあるいはそれよりも上だったら、もっともっと二人の会話に実体験を伴った共感を覚える事が出来たのでしょう。これから自分が歳をとるごとに見直したい映画ですし、これから先の二人にも大いに期待してしまいます。十年と考えてしまうとまだとても長く感じてしまいますが、きっと、あっという間にまたこの二人に再会できる日が来るでしょう。とても楽しみです。 相変わらずの喋りっぱなしの二人、素晴らしい脚本があれば(勿論、二人の主演の魅力は必要ですが)、美しい街を二人で会話しながら歩かせるだけでこれだけ心に染み入る映画を撮ることが出来ると改めて思い知らされました。主役の二人は相変わらず魅力的ですし、パリも素晴らしい。そして、ラストは前回以上に秀逸だったと思います。
隠す
  
 
[020]旅情
 (無題)jyunn2005-02-13
 【ネタバレ注意】
ベニスが本当に美しい。中年同士の恋ながら、初々しさもあり、可愛らしいと思いました。
  
 
[021]十戒
 (無題)jyunn2005-02-13
 【ネタバレ注意】
何年ぶりかで再見。 五十年前のものになるので、特殊シーンなどは現代と比べるべくもありませんが、この映画の中にはいってしまえば、海が割れるシーン等もそれなりに見える。 ・・・
続きを読む
何年ぶりかで再見。 五十年前のものになるので、特殊シーンなどは現代と比べるべくもありませんが、この映画の中にはいってしまえば、海が割れるシーン等もそれなりに見える。 それにしても、長い。
隠す
  
 
[022]シンプル・プラン
 (無題)jyunn2005-02-12
 【ネタバレ注意】
ブリジット・フォンダが好きなので見ました。 突然、大金が舞い込んだら一体どうなってしまうのかという、自分でも考えてしまうとてもありふれたテーマながら、その発見状況や人・・・
続きを読む
ブリジット・フォンダが好きなので見ました。 突然、大金が舞い込んだら一体どうなってしまうのかという、自分でも考えてしまうとてもありふれたテーマながら、その発見状況や人間関係などで、とても精緻な物語を作り上げたと思う。 一番最初は、最もまともな反応を見せていたハンクも、家族の事や、そのお金の種類などを考えて、結局はそのお金を何とか自分のものにしようと知恵を絞る。 その過程で、三人の中で一番執着していきだす様子がとても面白かった。 他の二人がダメすぎる事が失敗の原因かとも思いましたが、結局、お金を使っていたらつかまってしまったわけで、最後は全て燃やさざるをえない事になる。 この事件がらみで五人もの元善良な市民がなくなってしまったわけで、その対価となるはずだった440万ドルも火の中に消えてしまう。結局、ハンクが得る物は罪悪感にとらわれ続ける毎日だけであったと言う本当に救いの無い物語で、とても厳しい結果だなと思った。それにしても、簡単に人の命を奪ってしまう銃の恐ろしさも存分に描かれていると思った。少し酒が入って、頭に来る様な事があった時、すぐに人を殺しうる手段がすぐそこにあるという事はやはり非常に恐ろしい事だと思った。 美しい真っ白な雪と、あまりにも対照的な人々のお金への醜い執着や憎悪。雪で消してしまうには限界がありすぎた。 ハンク達が人を殺めてしまったり、物事が考えるとおりに上手く行かない時等の緊迫感はとてもよく伝わってくる。ダニー・エルフマンの音楽もとても上手い。二時間を飽きる事なく見ることが出来ました。 もしも、あの時、ハンクが自分を見失う事無く、いつも通りの彼らしい対処をしていたら・・・。440万ドルと言う大金は、当たり前の感覚を壊すには十分過ぎるものだった。もしも、自分だったら、この映画を教訓にしてまともな対処が出来るだろうか。
隠す
  
 
[023]クレイマー、クレイマー
 (無題)jyunn2005-02-12
 【ネタバレ注意】
今夜の衛星放送で三回目の鑑賞になりましたが、前回までよりも面白く感じています。これまでもとてもいい映画だと思っていましたが、やはり、歳を経るごとに理解の深くなるシー・・・
続きを読む
今夜の衛星放送で三回目の鑑賞になりましたが、前回までよりも面白く感じています。これまでもとてもいい映画だと思っていましたが、やはり、歳を経るごとに理解の深くなるシーンが増えていくように思いました。これまではなんてことなく見流していた場面にも目が止まり考えるようになりました。はじめのほうのダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの喧嘩のシーンもとてもうまいと思います。男は理屈、女は感情。こう決め付けてしまうと不快な方もいらっしゃるかと思いますが・・・。 メリル・ストリープが自分のせいだというあたりもとてもリアルに感じました。 やはり、全編を通してホフマンの演技は素晴らしいと思うし、とても格好よい。 ともすればありがちで退屈になりがちなテーマなのに、どうして25年も前のこの映画にこれほど惹かれてしまうのか。子役の子の可愛らしさや、演技者の素晴らしさ、そして、最後のシーンなど、色々と考えられますが、これからも定期的に見ることで、ますますその答えのヒントとなるべき自分の一つ一つのシーンへの思い入れが増えていくと思います。一度目よりも二度目よりも間違いなく今回が一番面白く感じました。毎回やはり強く印象に残るのは最後に二人でフレンチ・トーストを作るシーンです。ただ、二人で淡々とフレンチ・トーストを作るだけのシ−ンなのにとてもいい。母親が出て行ってからの親子二人の経てきた紆余曲折が、このシーンを見ると全てが思い出され、また完結していくように感じます。 そして、ラストのテッドとジョアンナなら、これから上手くやっていけると思うのですが・・。 衛星放送では、かなり頻繁にこの作品を放送するので、次回が楽しみです。 本当に素晴らしい映画です。明日の朝は間違いなくフレンチ・トーストを作ります。
隠す
  
 
[024]キッチン・ストーリー
 (無題)jyunn2005-02-11
 【ネタバレ注意】
全体的に、本当に特に何も起こらず、静かに進行していくのですが、二人の壮年以上の男性を中心に、舞台も限られています。それでも、老年に差しかかろうとする独身男性とその行・・・
続きを読む
全体的に、本当に特に何も起こらず、静かに進行していくのですが、二人の壮年以上の男性を中心に、舞台も限られています。それでも、老年に差しかかろうとする独身男性とその行動を見張る壮年男性と言った不思議な設定のもとに展開していく二人の関係の進展は興味深いです。些細な事からはじまり、たわいも無い事を話し合うようになり、いつしか、お互いに必要不可欠な存在になってしまう。 二人の自然な演技で、二人が仲良くなっていく過程がとても自然です。 少し退屈な場面もありましたが、美しいスウェーデンはやはり最高です。  
隠す
  
 
[025]ロイビーン
 (無題)jyunn2005-02-11
 【ネタバレ注意】
正義とは何か、法とは何か、という事を考えさせる映画でした。 自分なりのやり方で町を治めようとしたロイ・ビーン。そのやり方は確かに乱暴で、彼の一存のみで縛り首や銃殺刑と・・・
続きを読む
正義とは何か、法とは何か、という事を考えさせる映画でした。 自分なりのやり方で町を治めようとしたロイ・ビーン。そのやり方は確かに乱暴で、彼の一存のみで縛り首や銃殺刑と言った極刑がどんどん決まっていく。刑が重ければ、犯罪発生率を下げられると言うわけではない事はアメリカを見ていれば分かる事だけれど、この町では、その形で一応町は発展していったのだが、ある一人の、法を振りかざす男の登場によって、そういったロイ・ビーン流は通用しなくなっていく。人々は法の元に統治される事を望むようになり、ガスの陰謀もあり、ロイ・ビーンのように一人で何もかも決めていくタイプの統治者はどんどんその権力を削られていき、ついには町から去ってしまう。時代の変化を感じた。 しかし、法に照らし、法を守っていれば全てうまくいくようには出来ていない。法という万人に適用するべき金科玉条を悪用して、ガスは町を支配してしまった。 それがまた法をたてにとっている枳殻が悪い。ロイ・ビーンは確かにやり方は極端だったが、罪の無い者まで苦しめる事は無かったように思う。あまりにも独善的だったにしろ。 古き豪傑を思わせるロイ・ビーンはとても魅力的で、ポール・ニューマンの端正で渋い顔はピッタリだったように思う。 そんな無骨で乱暴な男もクマの事を思い、会った事も無い一人の女性に思いをはせるという可愛い部分も持ち合わせる。亡くなった妻との最後の別れはあまりにも悲しかった。 一人の男の様々な面を描き出し、その魅力を十二分に引き出した素敵な映画だったと思います。
隠す
  
 
[026]未来は今
 (無題)jyunn2005-02-10
 【ネタバレ注意】
ティム・ロビンスはやっぱりうまいなと思います。 ポール・ニューマンもいまだに格好よい。 ○のアイディアは面白いと感じました。
  
 
[027]ストレイト・ストーリー
 (無題)jyunn2005-02-09
 【ネタバレ注意】
永遠とアメリカのカントリーサイドをゆっくりと進んでいく。 途中に起こるいくつかの心温まるエピソードやストレイトの表情がとてもいい。 経験をつんだストレイトだからこそで・・・
続きを読む
永遠とアメリカのカントリーサイドをゆっくりと進んでいく。 途中に起こるいくつかの心温まるエピソードやストレイトの表情がとてもいい。 経験をつんだストレイトだからこそできる、本当にゆっくりとしたトラクターでの旅。歳の近い兄弟ほど分かり合えるものはない。兄弟のいる私にはグッと来る物がありました。 歳をとるたびに見返したい映画です。
隠す
  
 
[028]ロジャー&ミー
 (無題)jyunn2005-02-09
 【ネタバレ注意】
この人のドキュメントはとにかく編集のセンスが素晴らしい。 皮肉たっぷりで、そこにはユーモアとシリアスがバランスよく混在する。 ウサギのシーンには少し参りましたが・・・。
  
 
[029]深呼吸の必要
 (無題)jyunn2005-02-08
 【ネタバレ注意】
のんびりしていて好きな映画。 何か重い事情がある人もそうでない人もみんなで沖縄にやってくる。 それぞれのキャラクターは立っていて面白い。そこまで詳しくそれぞれの事を描・・・
続きを読む
のんびりしていて好きな映画。 何か重い事情がある人もそうでない人もみんなで沖縄にやってくる。 それぞれのキャラクターは立っていて面白い。そこまで詳しくそれぞれの事を描写しすぎない点も良かったと思う。それは歯を磨くシーンや食事の時など、生活の様々な場面でこちら側が想像すればいいことだと思う。人それぞれのペースがあり、初めて出会う若者たちがそのペースをハナから合わせようとしてもうまくいかない。しかし、素晴らしい沖縄の風景とおじいとおばあ、サトウキビ狩りという仕事などを媒介として少しづつ心を通い合わせていくが、そういったところでも押し付けがましくなく必要以上にべたべたしたりしないあたりにとても好感を持った。 それにしても、おじいやおばあが本当に暖かい人たちに感じられる。今でも、地方に旅行に行くと、こういった触れあいを感じる。それはもしかしたら沖縄などの人々が良い人という事以上に、都会の人間が冷たいのではないだろうか。 この島が好きで、毎年来てしまう男は球児に痛い所をつかれながらも2005年もこの仕事を続ける。しかし、きっと去年までとは又違う心境でいることだろう。 そして、ほかの仲間たちはきっと自分の場所に帰っていったのだろう。 人は皆、どこかで立ち止まって何かを考える時間が必要だと思う。そして、そこにとどまり続けることも時には必要かもしれない。 日常において何かに縛られずに生活する事などできないに等しい。だからこそそういった何も無いところにあこがれるのは当然だと思う。 しかし、本当に何の制約も無いところなど存在するだろうか?桃源郷のように見えるおじいとおばあのところにも仕事があり、事情があるし、サトウキビを刈る仕事もいきなり来ていきなり出来るほど簡単な物でもない。 はじめは本当にダメだった五人も、徐々に仕事に慣れていき、サトウキビを刈りながら、おじいやおばあ、そして仲間達と触れ合いながら、自分の心の中を整理するように無心でキビを刈っていく。無心で何かに没頭するという事は一つの心理的なセラピーになるのかもしれない。ましてや、あれだけ空気も景色もきれいなところならなおさら。 個人的にはあまり香里奈が魅力的には見えませんでした。全体的に演技がつたないように感じたのも残念です。 それでも、十分に素敵な映画でした。
隠す
  
 
[030]海の上のピアニスト
 (無題)jyunn2005-02-07
 【ネタバレ注意】
残らなければ1900ではない。
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION