allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「kei.t」さんのコメント一覧 登録数(15件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ローマ法王の休日
 モレッティ監督目当てで…kei.t2013-07-09
 
ミシェル・ピッコリは本当に名優だ。 先日観た「ホーリー・モーターズ」の 得体の知れない恐ろしさと法王様の対比は素晴らしい。 それにしてもモレッティ監督はハンサムだ♪ そ・・・
続きを読む
ミシェル・ピッコリは本当に名優だ。 先日観た「ホーリー・モーターズ」の 得体の知れない恐ろしさと法王様の対比は素晴らしい。 それにしてもモレッティ監督はハンサムだ♪ そしてなにより、ヴァチカンの寛大さに拍手。
隠す
  
 
[002]アイアンマン3
 号外まで出る人気者kei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
トニー・スタークも今度こそ危ないのでは・・・ そんな噂も漏れ聞こえてきた話題の映画。 確かに敵は手強い。 でも、如何にもどこかで見たことのある 常軌を逸したイスラム過・・・
続きを読む
トニー・スタークも今度こそ危ないのでは・・・ そんな噂も漏れ聞こえてきた話題の映画。 確かに敵は手強い。 でも、如何にもどこかで見たことのある 常軌を逸したイスラム過激派 VS 自由の国アメリカ。 この構図が世界中どこでも受け入れられるほど 強いアメリカはもう存在しないことを、 知らないハリウッドでもないだろうに・・・ つい先日のボストン・マラソン爆破事件も、 実はFBIのやらせだったのではと糾弾するサイトが出るなど アメリカはもう強い国ではなくなり、 「世界の警察」の役割に疲れ果てているようにも見える。 そんな中で、アイアンマンとして戦ってきた トニー・スタークが、パニック障害を抱える ごく普通の現代人の部分を持ち、 ヒーローとしての自分と、恋人ミス・ポッツとの関係さえ うまく保てなくなっている自分とのギャップに悩む 等身大の男性でもあることは 随分大きな意味を持つ激白と言っても過言ではない。 偶然トニーを救う少年とが可愛らしく、 戦闘シーンばかりがクローズアップされるわけではないのも アメリカらしいと言ってしまえばそれまでだが ウィットに富んだ会話に思わず微笑んでしまうところも。 政治的、思想的な見方をひとまず置いて 娯楽映画なのだから、あれこれ粗探しをせずに 純粋に楽しんでほしい。 それにしてもミス・ポッツは強かった! そして、トニー・スタークは戻ってくる!!
隠す
  
 
[003]ヒッチコック
 アンソニー・ホプキンスあってこそkei.t2013-07-09
 
アンソニー・ホプキンスの なりきりぶりが素晴らしい! アカデミー賞に無縁だった映画監督の、 公私に渡る葛藤が描かれている。 30年連れ添う妻の心の揺れ、 夫婦の絆が静かに・・・
続きを読む
アンソニー・ホプキンスの なりきりぶりが素晴らしい! アカデミー賞に無縁だった映画監督の、 公私に渡る葛藤が描かれている。 30年連れ添う妻の心の揺れ、 夫婦の絆が静かに胸を打つ作品。 大ヒット作の「サイコ」は 最初から期待された作品ではなかった… 配給会社と思惑がかみ合わず 資金集めや公開劇場にの少なさにも苦労し、 アイディアで大ヒット作に仕上げるまでを ヒッチコック夫妻の私生活を絡めて描いている。 まさに、実生活も心理戦。 欲を言えば、「サイコ」を観たいと 思わせる要素が、 今ひとつ足りないように感じた。
隠す
  
 
[004]最終目的地
 思想的ジプシーの到達点kei.t2013-07-09
 
ジェームズ・アイヴォリー監督特有の優雅さと繊細さは、 土埃の立つようなウルグアイを舞台にしても相変わらず。 登場人物それぞれの内面的な問題が徐々に浮き彫りになり、 結・・・
続きを読む
ジェームズ・アイヴォリー監督特有の優雅さと繊細さは、 土埃の立つようなウルグアイを舞台にしても相変わらず。 登場人物それぞれの内面的な問題が徐々に浮き彫りになり、 結び目のみつからない絡んだ糸が、 やがてスルリとほどける優しさに心打たれた。  
隠す
  
 
[005]鍵泥棒のメソッド
 意外性の面白さkei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
お互いに偶然入った銭湯で起こる あり得ない入れ替わり・・・ 入れ替わりを望んだ売れない役者より 記憶喪失で否応なしに、別の人生を押し付けられた 殺し屋のほうが、新しい・・・
続きを読む
お互いに偶然入った銭湯で起こる あり得ない入れ替わり・・・ 入れ替わりを望んだ売れない役者より 記憶喪失で否応なしに、別の人生を押し付けられた 殺し屋のほうが、新しい人生に前向きなのが シニカルで面白かった。 独身の女性編集長の世間知らずさも 愛おしくて抱きしめたくなる。 さて、人生は他人と取り替える以外に どうやったら楽しめるようになるのだろうか。 それぞれが考えるといいのかも。 最後までダレることなく楽しめた 大人の胸キュン映画だった。
隠す
  
 
[006]苦役列車
 生理的に無理kei.t2013-07-09
 
いくら少なくなったとは言え、 今の時代にも中卒の方はいらっしゃるだろう。 その方たちがご覧になって、 どんな気持ちになるのかを思うと 複雑な苦さを感じる。 可哀想な境遇・・・
続きを読む
いくら少なくなったとは言え、 今の時代にも中卒の方はいらっしゃるだろう。 その方たちがご覧になって、 どんな気持ちになるのかを思うと 複雑な苦さを感じる。 可哀想な境遇かどうかは、今の生き方による。 このだらしなさはあり得ない。
隠す
  
 
[007]LOOPER/ルーパー
 30年後の自分を射殺する・・・kei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
ルーパーが引退するのは、 未来から送り込まれてくるターゲットを 死の世界へ追いやる仕事で、 30年後の自分を射殺した時である。 ストーリーは単純だが、 主人公、ジョーの場・・・
続きを読む
ルーパーが引退するのは、 未来から送り込まれてくるターゲットを 死の世界へ追いやる仕事で、 30年後の自分を射殺した時である。 ストーリーは単純だが、 主人公、ジョーの場合は少し違った。 未来から来た自分は、人生を奪われた側だけに 必死で人生を変えようと試みるのだ。 自分が生き残りたいのではない、 愛する妻を守りたい・・・ それが30年後のジョーの願い。 若い時にルーパーの仕事をしていれば 十分予想できたであろう悲劇だが、 当然、彼は受け入れられず 未来に君臨する悪の根源を断ち切ろうと ある数字を調べて現代にやって来た。 ふたりのジョーは、数字の謎を解き、 悪のループを止めることができるのだろうか。 残念ながら私には、ここまで引っ張って この結末か・・・ という思いが拭えなかったが、 それは、ジョーの心に芽生えた 母への思慕が、諦めという形でしか 表現できていなかったからではないかと思う。
隠す
  
 
[008]キリマンジャロの雪
 誰かと思えばルネ警視!!kei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
予告編で明かされる真実以外、 特別なことは何も起こらない。 それはそれで落ち着いて観られるのだけれど、 マルセイユの海風の長閑さと 工場の経営不振で解雇される人々の落・・・
続きを読む
予告編で明かされる真実以外、 特別なことは何も起こらない。 それはそれで落ち着いて観られるのだけれど、 マルセイユの海風の長閑さと 工場の経営不振で解雇される人々の落差が、 現代社会の縮図として描かれているようで かなり切ない。 タイトルはヘミングウェイの小説ではなく 1966年にフランスで大ヒットした パスカル・ダネルの『キリマンジャロの雪』。 作中でも流れる印象的な歌である。 l n\'ira, pas beaucoup plus loin La nuit viendra bientot On voit là bas, dans le lointain Les neiges du Kilimanjaro. Elles te feront un blanc manteau Ou tu pourras dormir Elles te feront un blanc manteau Ou tu pourras dormir Dormir, dormir. やたら哀しい歌詞なのに 何故か何度も聴いて口ずさんでしまう 不思議な魅力がある。 『ル・アーヴルの靴みがき』の無口なルネ警視役の ジャン=ピエール・ダルッサンが この作品でもいい味を出している。
隠す
  
 
[009]怪人プチオの密かな愉しみ
 何年経っても思い出すkei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
底知れない恐ろしさ・・・ ナチス占領下のパリ。 開業医プチオは、貧しい人は無料で診療をし ユダヤ人の国外逃亡を助けるなど、 平穏な暮らしぶりに見えた。 ところが彼は、・・・
続きを読む
底知れない恐ろしさ・・・ ナチス占領下のパリ。 開業医プチオは、貧しい人は無料で診療をし ユダヤ人の国外逃亡を助けるなど、 平穏な暮らしぶりに見えた。 ところが彼は、ユダヤ人を国外逃亡させるためには ワクチンの接種証明が必要だと騙して毒物を注射し、 部屋に閉じ込めて、彼らが苦しむさまを覗き穴から 眺めるのを愉しみとしていた。 遺体を燃やす黒煙や異臭から プチオの犯行が発覚したが 彼は逃亡し、偽名を使って生き延びていた。 1944年、プチオはレジスタンスに成りすましていたが 新聞記事への投稿をきっかけに正体が露呈し 捉えられて死刑となった。 時代がなせる狂気だったのか 彼の狂気を、悲惨な歴史も 変えることができなかったのか・・・ モノクロにさえ見える抑えたカラーの中で 暗闇に浮かび上がるプチオ。 マントを翻して自転車を走らせる彼が 陽気に歌う姿はまさに怪人で、 何年経っても忘れることができない。 そして何よりも恐ろしいのは これが実話だということである。
隠す
  
 
[010]もうひとりのシェイクスピア
 シェイクスピアを知って観るべしkei.t2013-07-09
 
よくできている。 シェイクスピア別人説はよく聞くが、 ここまで外堀を埋められてしまうと まるで、真実はこれしかないように思えてくる。 もちろん、よく事実関係を照らし合・・・
続きを読む
よくできている。 シェイクスピア別人説はよく聞くが、 ここまで外堀を埋められてしまうと まるで、真実はこれしかないように思えてくる。 もちろん、よく事実関係を照らし合わせれば 辻褄の合わないことはあるけれど 映画というエンタテインメントでは楽しんだ者勝ち! 真実は誰にもわからない。 楽しみながら歴史や文学を学び、 少しずつ自分なりに考えるのもまた楽しい。 さて、少しずつシェイクスピアの戯曲を 読み返してみましょうか。
隠す
  
 
[011]桐島、部活やめるってよ
 神木隆之介くん、大きくなったねkei.t2013-07-09
 
青春という返送に名を借りた『ゴドーを待ちながら』。 高校時代にありがちな日常の光景を、 様々な角度から描くという手法だが、 特に時間が入り組んでいるわけでもないのに 少・・・
続きを読む
青春という返送に名を借りた『ゴドーを待ちながら』。 高校時代にありがちな日常の光景を、 様々な角度から描くという手法だが、 特に時間が入り組んでいるわけでもないのに 少々回りくどい気がした。
隠す
  
 
[012]テルマエ・ロマエ
 可もなく不可もなくkei.t2013-07-09
 
ハドリアヌス帝に対する、テルマエ技師ルシウスの、 一途な尊敬のルーツが見えてこない。 歴史を替えてはいけないというのはいかにも正論だが、 ハドリアヌス帝を神格化してく・・・
続きを読む
ハドリアヌス帝に対する、テルマエ技師ルシウスの、 一途な尊敬のルーツが見えてこない。 歴史を替えてはいけないというのはいかにも正論だが、 ハドリアヌス帝を神格化してくれるかというだけで 次期皇帝にふさわしいかどうかを判断する様は、 まるでナチスドイツの親衛隊のようで、 あまり笑えなかった。 まあ、雰囲気は違えど似たような独裁政治だったのだろうけれど・・・ 前半は比較的面白かったのだけれど、残念・・・
隠す
  
 
[013]善き人
 嫌いになれないkei.t2013-07-09
 
善悪の彼岸・・・ 善き人とは優しい人のことなのだろうか。 母の介護、ノイローゼで苦しむ妻を庇い 子どもたちの世話をし、友人に親切で 教え子にも公平に接したいと願う。 ・・・
続きを読む
善悪の彼岸・・・ 善き人とは優しい人のことなのだろうか。 母の介護、ノイローゼで苦しむ妻を庇い 子どもたちの世話をし、友人に親切で 教え子にも公平に接したいと願う。 善良な文学教授が体験する ヒトラーに台頭されたドイツの荒々しい空気。 それを時代のせいにしてしまうのは 主人公のジョンを笑えないほど 世間に疎いということなのかもしれない。 平凡な人生を変えるきっかけは 身近なところにあった。 それはどんな時代にも、誰にも 等しくそよぐそよ風のようだ。 善き人を変えたのが歴史なのか 歴史をも凌駕するのが善き人なのか そもそも善悪とは、時代に左右されるものなのか・・・ 様々なことを考えるきっかけになった佳作だった。
隠す
  
 
[014]汽車はふたたび故郷へ
 不条理は続くkei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
グルジアってどんな国なのだろう。 思想的に抑圧されている国であることはよくわかる。 でも、こんなに簡単にパリに出国できるならば、 その抑圧は見せかけなのだろうか。 それ・・・
続きを読む
グルジアってどんな国なのだろう。 思想的に抑圧されている国であることはよくわかる。 でも、こんなに簡単にパリに出国できるならば、 その抑圧は見せかけなのだろうか。 それとも、ニコラスの家庭が上流階級なのか・・・ そのあたりがよく伝わってこないのだけれど、 単なる私の知識不足なのかも知れない。 ニコラスを演じた俳優は、 オタール・イオセリアーニ監督の孫なのだそうだ。 監督自身は、祖父の友人として、 パリでニコラスの身元を引き受ける ミハエルの役を演じている。 故郷では権力に屈することを余儀なくされ、 パリでは商業主義の映画会社とうまく行かず、 ニコラスの感性は挫折の連続である。 故郷に戻った彼はラストシーンで、 人魚と手をとりあって水底に向かう。 彼が消え去った痕跡すらない水面を、ただ眺める祖父。 何故、母親ではなく祖父なのか。 それは監督自身が、若き日の自分を 探し続けているからなのだろうかと、ふと感じた。
隠す
  
 
[015]星の旅人たち
 エステヴェス家の肖像kei.t2013-07-09
 【ネタバレ注意】
一人息子を亡くした父親役の、 マーティン・シーンが素晴らしい。 監督は、マーティン・シーンの実の息子であり、 息子役で出演もしているエミリオ・エステヴェス。 息子を亡・・・
続きを読む
一人息子を亡くした父親役の、 マーティン・シーンが素晴らしい。 監督は、マーティン・シーンの実の息子であり、 息子役で出演もしているエミリオ・エステヴェス。 息子を亡くした役を父親に演じてもらうことには きっと様々な葛藤や、それと同じぐらいの信頼感が ないまぜになった、複雑な感情があっただろう。 そして、演じる父親側もきっと・・・ マーティン・シーンの感情を抑えた演技が かえって悲しみを誘い、 時折幻想のように現れる息子ダニエルの姿に 胸を締め付けられる。 世界を見たいと言って放浪の旅に出てしまい、 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の途中で、 嵐に巻き込まれて不慮の死を遂げてしまう息子。 父親トムはふと、息子の遺灰を撒きながら、 その巡礼を続行する決意をする。 途中で出会う個性的な巡礼者たちも それぞれに問題を抱えているが やがてみんなが寄り添って、巡礼は続く。 聖地への巡礼を果たし、 その証書を、息子ダニエルの名で 描いてもらうシーンには思わず涙した。 途中で出会ったジプシーに勧められて 巡礼地から更に海に出て、残りの遺灰を撒くトム。 彼は遺灰と共に、息子と語り合えなかったことへの後悔を 撒いていたのかもしれない。 「人は人生を選べない。  生きるだけだ」 ダニエルの言葉は何を意味していたのだろうか。 私としては、久しぶりにチェキー・カリョが 観られたのも良かった♪
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION