allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「kensey」さんのコメント一覧 登録数(30件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]3人のゴースト
 無無無無無題kensey2003-01-09
 
 これサントラ持っていますが、なかなかのもんです。内容については、特にラストについては、なにか言いたい人があればどうぞ。その大役はお譲りします。儂にはとても無理。
  
 
[002]ホワイトアウト
 あのうkensey2003-01-09
 
 あのう、これ原作が素晴しいんですよね。その素晴しい原作を読んで感動した某主役の人が「これ映画にしたい主役やりたい」といってやっちゃったんですね。優れた小説を映画化・・・
続きを読む
 あのう、これ原作が素晴しいんですよね。その素晴しい原作を読んで感動した某主役の人が「これ映画にしたい主役やりたい」といってやっちゃったんですね。優れた小説を映画化して成功した話はほとんど聞かないので劇場では見なかったんですが、この正月にテレビで見てCMやら音響やらの諸条件を差し引いてみてもどうにもならないお茶目な作品になってしまったことを確認して溜息をひとつ。  主人公の動機なんですが、映画では確かに説明不足で共感は難しいです。  これ映画にすることが間違いでした。コ・コメントは一言。「ちぐはぐ」
隠す
  
 
[003]エンドア/魔空の妖精
 誰か見た人いませんか?kensey2002-12-27
 
 まだスターウォーズを知らない頃にたまたま見る機会があって何やねんこのタヌキどもは!とくさしていましたが、あとからSWの外伝であることを知って今度は自慢のタネになり・・・
続きを読む
 まだスターウォーズを知らない頃にたまたま見る機会があって何やねんこのタヌキどもは!とくさしていましたが、あとからSWの外伝であることを知って今度は自慢のタネになりました。  ところがこれを見たという人に会ったことがない。何故だ。SWのマニアを除いて普通に映画が好きな人は見ないような作品なのか?確かにお子様映画ではあるが、確かにファンタジーではあるが、確かにSFではあるが、確かにタヌキのようではあるが、確かにトルーパーは出てくるが、確かに製作総指揮はジョージ・ルーカスではあるが、確かに・・・あれ?「イォーク・アドベンチャー」とどっちがどっちかわからんようになってもうた。
隠す
  
 
[004]ラヂオの時間
 面白すぎるkensey2002-12-27
 
 フジテレビのドラマ「振り返れば奴がいる」の脚本家の名前を覚えておいてよかった。脚本家と言うより劇作家ですね。舞台劇を数多く作っているから「場所の一致」が素晴しい武・・・
続きを読む
 フジテレビのドラマ「振り返れば奴がいる」の脚本家の名前を覚えておいてよかった。脚本家と言うより劇作家ですね。舞台劇を数多く作っているから「場所の一致」が素晴しい武器になっている。加えて生放送のラジオドラマと言うことで「人の一致」「筋も一致」時間が少しどうだか、あれなんですけど、そんな細かいことはふっ飛ばすほどの笑いの嵐。  「三谷幸喜が突出した才能」ではなく「三谷幸喜は並みの才能」というところまで日本の映画界全体がレベルアップすれば見る側にとって幸せなことなんですが、なかなかそうもいかないので、「今度はなんだ?」「次は三谷は何をするのだ?」とじりじり待つしかありません。  それにしてもこの映画、エンディングまで良く出来てる。今まで見た映画の中で唯一「続編が見たい!」と思ったが、あれはあれでやはり完結しているんでしょうね。素晴しい。舞台で練り上げられたものを映画という結晶にし、それを楽しめる私達は果報者。
隠す
  
 
[005]バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲
 む・無題で・・・kensey2002-12-24
 
 あはははははははは。頭からっぽにしてこれ観たら寝てしまうぞ。  貶すのは余り好きじゃないので大抵どこかいいところを拡大して褒めるようにしてはいますがこれはあはは・・・
続きを読む
 あはははははははは。頭からっぽにしてこれ観たら寝てしまうぞ。  貶すのは余り好きじゃないので大抵どこかいいところを拡大して褒めるようにしてはいますがこれはあはははははははは。  シリーズものは出だしが好調ならばどんなに前評判が悪くても惰性でつい観てしまうんですね。後悔するとわかっていても本当に後悔するのか確かめたくなる。仕方がないですよねえ。だって映画が好きなんだから。
隠す
  
 
[006]バットマン
 見る順番kensey2002-12-24
 
 リメイクバットマンを見てからこちらを偶然見て腹を抱えて笑い転げた。  国連ビルまで走っていくシーンではまともに見てはいられないほど笑った笑った。全身タイツ風のコ・・・
続きを読む
 リメイクバットマンを見てからこちらを偶然見て腹を抱えて笑い転げた。  国連ビルまで走っていくシーンではまともに見てはいられないほど笑った笑った。全身タイツ風のコスチュームが呼吸困難を引き起こすし、まるでコント。今の価値観で昔のものを判断するのは絶対に避けねばならないことであるが、もうこれはそれどころじゃない。突っ込みどころが満載でとにかく笑える。  それほどのおバカ映画にしてしまったのはティム・バートンがあんなに格好いいリメイクを作るからだ。おかげでこの作品、知る人ぞ知る怪作になってしまった。もとはTVシリーズであることをここの資料で知ったが、そのTV版を見たくなってしまって困っているのだ。  しかしバットマンシリーズのうちで最初にティム・バートンのものを見て良かったと思う。こちらを後から見て笑えるからだ。先にこちらを見てしまうとリメイク版にのめり込んでこちらの記憶を封印してしまったかもしれない。観る順番って大切なんですね。
隠す
  
 
[007]バットマン・フォーエヴァー
 ロビンか。kensey2002-12-24
 
 クリス・オドネルがロビンか。英才教育を受けたというふれこみだがただのぼんぼんだという説もある。ディズニーの実写三銃士でダルタニアンを演じて一気に伸びるかと思いきや・・・
続きを読む
 クリス・オドネルがロビンか。英才教育を受けたというふれこみだがただのぼんぼんだという説もある。ディズニーの実写三銃士でダルタニアンを演じて一気に伸びるかと思いきやなんだか失速していた。  それにしても豪華なキャスト。まるでお祭り。楽しくていいですよ。作品としての価値はどうだか言いたくありませんが悪くはない。見て損はしない。作る側が楽しんでいると観る側にも不思議に伝わるものだなあ、というのがよくわかる映画です。
隠す
  
 
[008]ヴァル・キルマー
 ヴァル・キルマーいいですよね。kensey2002-12-24
 
 はじめて名前を覚えたのは「トゥーム・ストーン」で見た時。パンフレットに「・・・トップガンのアイスマン役で・・・」とあるのを見てあ・ああ・あのあのアイスマンの彼かい・・・
続きを読む
 はじめて名前を覚えたのは「トゥーム・ストーン」で見た時。パンフレットに「・・・トップガンのアイスマン役で・・・」とあるのを見てあ・ああ・あのあのアイスマンの彼かいな、と。どうでもいいけど「アイスマン」を変換したら最初に「相済まん」と出たぞ。  トゥーム・ストーンでドク・ホリディを演じて強烈な印象を残したものの確かに最近はあまり活躍しているようにはみえない。  脇が好きなのはわかるが主役を張る実力は十分あるのだからもっともっと魅せてほしい。男の自分が言うのもなんだが、色気がある。俺が女だったら崩れ落ちていると思う。「あーもー何百年経ってもアンタにゃ勝てん」とも思える。  うーむ。三枚目の役を見てみたいかな。もしかしたらぴったり嵌るかも。
隠す
  
 
[009]バットマン
 サントラがいいkensey2002-12-24
 
 サントラを担当したプリンスのセンスが光っている。タモリ倶楽部の空耳で「♪農ー協ー牛ー乳ーっ!」と聞こえたやつはここに入っている。しかしそれよりなにより「THE ARMS OF・・・
続きを読む
 サントラを担当したプリンスのセンスが光っている。タモリ倶楽部の空耳で「♪農ー協ー牛ー乳ーっ!」と聞こえたやつはここに入っている。しかしそれよりなにより「THE ARMS OF ORION」が素晴しい。  スティングレイ、久々に来てみたら驚くほど軽くなっていてうれしいのだが、サントラについての情報も載せてほしい。  これを見た当時は中学生でティム・バートンもプリンスも知らず、マイケル・キートンもジャック・ニコルソンも知らずただ、娯楽映画として漫然と見ていた。ある時に深夜映画で66年のバットマンを見て改めて単なるお子様映画ではないことに気が付いた。  隅々まで丹念に作りこまれた文句の付けようがない作品だと認識したのは新シリーズ第三作のフォーエバーを見てからだ。あちらのほうが好きな役者が揃っているが、この新第一作バットマンの出演者の壊れっぷりがたまらない魅力なのだ。  もう一度見る機会があったら絶対に逃さない。  
隠す
  
 
[010]エイト・ヘッズ
 かなりのメンバーが。kensey2002-11-19
 【ネタバレ注意】
 ホーム・アローンの泥棒ジョー・ペシ。ここでも真剣に振る舞えば振る舞うほど状況がズれてゆき可笑しさを増幅させる、D・E・ウェストレイクのドートマンダーにそっくりの役・・・
続きを読む
 ホーム・アローンの泥棒ジョー・ペシ。ここでも真剣に振る舞えば振る舞うほど状況がズれてゆき可笑しさを増幅させる、D・E・ウェストレイクのドートマンダーにそっくりの役を見事に演じている。  あの地域の気候では首が腐りそうものだが、そんなことを気にしている暇がないほどの混乱に腹の皮よぢれっぱなし。  監督のトム・シュルマンは「今を生きる」の脚本をしていた人なんですね。知らなかった。ついでに主人公の彼女の母親役を演じているダイアン・キャノンは「アリー・マイ・ラブ」の第一シリーズでのフィッシュの恋人「弛みの女王」ウィッパーだし。この人が出ていなければここまで記憶に残ることもなかったはずの作品。  B級スラプスティックの王道を行く作品。生首も想像ほどグロテスクではなくて拍子抜けするかも。つまり安心して観ることが出来るということです。ただしレンタルで十分。
隠す
  
 
[011]あなたに逢いたい
 ゆーやけkensey2002-11-19
 
 アン・ヘシュが最も魅力的に描かれている作品。ただしこの邦題をなんとかしてほしい。劇場未公開の上、ビデオの情報もなく、たまたま深夜放送で観ただけにも関わらず、かなり・・・
続きを読む
 アン・ヘシュが最も魅力的に描かれている作品。ただしこの邦題をなんとかしてほしい。劇場未公開の上、ビデオの情報もなく、たまたま深夜放送で観ただけにも関わらず、かなり印象に残っている状態です。  脚本は同じパターンの二度めが少々しつこいかと思ったぐらいで、ほぼ素直に楽しめる。  主演のジョシュ・チャールズと言えばあなた「死せる詩人の会」の?おお懐かしい。あまりぱっとした噂を聞かないものだからまるで忘れていた。  しかしそれにしてもアン・ヘシュとてもセクシーですねえ。中には人間業ではない角度の連結場面がありましたがそれが何だと言うのですか。いいじゃないですか。  たとえ同性愛者でも構わない。頑張れアン・ヘシュ!
隠す
  
 
[012]スリーパーズ
 複雑な気分kensey2002-11-18
 
 プラッド・ピットの煙草の吸い方・煙の吐き方が格好よくて真似していました。  抱き合ったときの相手の背中にまわした手が握り拳なのも渋い。しかしこれは男が喜んで観る・・・
続きを読む
 プラッド・ピットの煙草の吸い方・煙の吐き方が格好よくて真似していました。  抱き合ったときの相手の背中にまわした手が握り拳なのも渋い。しかしこれは男が喜んで観る映画ではなく、むしろ女が目を輝かせて観る映画でしょう。  しかしこれだけのキャストを集めてB級に仕立て上げたバリー・レヴィンソンも何をしているのですか。「レイン・マン」では素晴しいラストシーンを撮ったのに、この作品で印象に残る場面はほとんどありません。  ケヴィン・ベーコンいいです。こういう役は天下一品。  個人主義とギブアンドテイクで友人を増やしたり利用したりして渡っていくアメリカ社会の一端を垣間見た気がします。日本の裁判の有罪率99%がもう少しなんとかならないものかとも考えてしまう作品でした。
隠す
  
 
[013]RONIN
 熱中時代kensey2002-11-18
 
 目的を失った時代の  目的を失った者達  ただ目の前の一瞬に集中して  この先どうなるのか判らないまま  それでも必死に生きようとしている  春も宴も終わったこと・・・
続きを読む
 目的を失った時代の  目的を失った者達  ただ目の前の一瞬に集中して  この先どうなるのか判らないまま  それでも必死に生きようとしている  春も宴も終わったことに気付いて  いや、気付きたくない振りをして  さあ、これからどうしようか  また何か熱中できることが  果たしてあるのだろうか
隠す
  
 
[014]三銃士
 ディズニー・ディズニーkensey2002-11-17
 
 これ劇場で見て良かった。ビデオを借りてきて見たら少々辛かったのだ。  黒ずくめのマイケル・ウィンコットにしびれて全身黒ずくめの服装で通していたら馬鹿にされるし、・・・
続きを読む
 これ劇場で見て良かった。ビデオを借りてきて見たら少々辛かったのだ。  黒ずくめのマイケル・ウィンコットにしびれて全身黒ずくめの服装で通していたら馬鹿にされるし、いざ、黒服ブームが来たら「流行に惑わされて・・・」などと言われて悲しすぎるほど恥ずかしい思いをさせられてしまった懐かしい映画です。  ガブリエル・アンウォー美しい。ディズニーが撮ったのだからディズニーのタッチになって当然で血が流れていたのはほんのわずか。たとえお子さまランチと言われても面白くないなんて言わせない。  主題歌「ALL FOR LOVE」が最高。 
隠す
  
 
[015]ブラックホーク・ダウン
 勿体ないkensey2002-11-17
 【ネタバレ注意】
 ドルビーサウンシステムの備えられている劇場で見たら内臓が震えた。  普通の戦争映画とは比べようがないタイプの作品であり、さすがはリドリー・スコット、映像の魔術師・・・
続きを読む
 ドルビーサウンシステムの備えられている劇場で見たら内臓が震えた。  普通の戦争映画とは比べようがないタイプの作品であり、さすがはリドリー・スコット、映像の魔術師。奥行きのあるアングルに絶えまないカメラの移動、スライド。静と動の使い分けも嫌みすれすれで切り抜けている。  骨格として戦闘のみを抽出した点は明らかに成功だ。  ただしラストシーンに不満が残る。「実話をもとに」と言い張るならラストが邪魔。単なる国威高揚映画になってしまっているのが勿体ない。とてもいい作品なのにあのラストの説教で全てが台無し。「なぜ戦うのか」と言う理由を友人や家族のため、と押し付けられると日本人としてはどうも辛い。あのシーンさえなければ見た人に「どうして戦うのだろう」「戦争ってなんだろう」と強烈に働きかけたはずなのに。  上映が終わり、劇場の外へ出て、街頭とネオンとイルミネーションに彩られた街の姿に立ちすくんだ。精神の均衡がおかしくなったのだと思う。「何じゃいこの落差は」と。これほどの衝撃を与えられる映画なのだからなおさらラストが悔しい。  誰が誰を演じてどうなっているのかがわからないと言うのは、つまりそれが戦争だからなのでしょう。  柘植久慶氏が見たら「戦力の逐次投入がいかん」といわれそうです。  しかしいくら何でも弾切れせいや、と言いたい。シューティング・ゲーム?多分それが狙いだと思うんですけど。  見るべきかどうか相談されたら電話を切って部屋真っ暗にしてヴォリューム上げてじっくり見ろと勧めます。ふっ。うなされるがいいさ。  これは映像のキレと動き、繋ぎ方をじっくり見るべき映画です。
隠す
  
 
[016]麻雀放浪記
 昭和レトロkensey2002-11-17
 
 新鮮なレトロ感覚。この一言に尽きる。  珍しく原作とともに楽しめる作品で、原作を読んだ人が文句を言うとか映画を見た人が原作に物足りなさを感じるとかいうことが全く・・・
続きを読む
 新鮮なレトロ感覚。この一言に尽きる。  珍しく原作とともに楽しめる作品で、原作を読んだ人が文句を言うとか映画を見た人が原作に物足りなさを感じるとかいうことが全くない。「響鳴している」という言葉を使いたくなるほど御機嫌な出来。  ドサ健を演じる鹿賀丈史や上州虎の名古屋章、その他魅力的すぎる脇役陣に負けない落ち着いた真田広之の名演技。個人的には内藤陳のファンなものだからもうそれだけで嬉しい嬉しい。  麻雀ということで無条件に敬遠しているひとは、敬遠させておけば良い。こんないい映画を知らないなんて・・・という優越感で勝った気がするのだ。喰わず嫌いや視野の狭い人がこれを見て打ちひしがれることは間違いなく、さらに「映画が好き麻雀が好き」と言いながらこれを見たことがない人は一体何をしているんですか。早く見なさい。  調子に乗って続編を作らなかったあたりが和田誠の品性を感じる。  機会を逃さず必ず見ておくべき珠玉の逸品。
隠す
  
 
[017]人生劇場
 (無題)kensey2002-11-17
 
 奥田瑛二が出ていたはずでは?
  
 
[018]悲しい色やねん
 関西弁駄目kensey2002-11-17
 
 高嶋政宏の関西弁どうにかせいいう話や。ついでに石田ゆり子の関西弁もかなりイカれとる。  ♪Hold me tight 大阪ベイブルース・・・  この映画好きか・・・
続きを読む
 高嶋政宏の関西弁どうにかせいいう話や。ついでに石田ゆり子の関西弁もかなりイカれとる。  ♪Hold me tight 大阪ベイブルース・・・  この映画好きかと聞かれてもなんと答えて良いやら。  小林信彦の原作は短編で、設定だけを借りて思いきり話を膨らませて思いきりコケてしまったようです。大体あれもこれもと詰め過ぎ。Vシネマではなくれっきとした映画でこれでは小林信彦に余りにも失礼である。  我ながら途中で脱落せず最後まで見通したことに感心してしまう。「もう一度見ますか?」絶対見いひん。  森田芳光なあ。好き嫌いが極端に別れる人ですからのう。手前は学生映画の気分を押し付けられると少々辛うございます。「免許がない!」「失楽園」「不夜城」ぐらいか。バカヤローシリーズは題材がいいのに処理がまずくてどうにもならんし。  「まともな関西弁喋ってない」それだけで全部がうさん臭く見えてしまうのでかなり損しているだろうが仕方がない。まともな関西弁映画は井筒和幸ぐらいしか撮れへんからのう。  あああ、もう、はっきり言おう。この映画駄目!
隠す
  
 
[019]ガンヘッド
 あまり覚えていないkensey2002-11-17
 
 ほー、川平慈英が出ていたのか。これを見た時はまだ小学生だったものだから実は細かいところは完全に忘れている。売店で買ったペンケースがわずかに「そういえばそんな映画も・・・
続きを読む
 ほー、川平慈英が出ていたのか。これを見た時はまだ小学生だったものだから実は細かいところは完全に忘れている。売店で買ったペンケースがわずかに「そういえばそんな映画も見たなあ」との触媒を果たしているが、うーむ、印象に残っているのはエレベーターの中で高嶋政宏が呼び掛けに答えず野菜スティックをぽりぽり齧っているところだけ。  何かロボットがっしゃんがっしゃん動いてバキューンバキューンとしか覚えていない。  監督が「金融腐食列島・呪縛」の原田眞人だったんですね。ミッキー・カーチス、水島かおり、斉藤洋介・・・また微妙な顔ぶれを・・・。  おやなんとまあ、主題歌を永井真理子が。  うーん。機会があったらもう一度見てみようかなと思うが、どうしても見たいというわけではない。大体このページの解説を読んだだけで「よくわからーん」と叫びたくなるのに「・・・世界観やストーリーの進行状況が把握しずらいなど、欠点も目立つ。・・・」などと書かれては腰が砕ける。  ここに続いてコメントしてくれる人はいるのだろうか。
隠す
  
 
[020]金融腐蝕列島 〔呪縛〕
 邦画エンタテイメントkensey2002-11-17
 
 レゲエのおじさんがピープー吹いているのがいいね。  逮捕の連絡が入った瞬間の目眩がするようなところで「これは凄い映画だ」と。  わりと地味なテーマではあるもの・・・
続きを読む
 レゲエのおじさんがピープー吹いているのがいいね。  逮捕の連絡が入った瞬間の目眩がするようなところで「これは凄い映画だ」と。  わりと地味なテーマではあるものの、ここまでのスピード感を出せるのはどうしてなのだろう。  仲代達矢の無名塾からでた役所広司に若村麻由美がついに師弟対決。素晴しい。  御都合主義と予定調和に満ちているのは現実がそうそううまくいかないからというカウンターになっているからであって普通にあれだけの騒ぎがあれば何人かは不審な自殺などがあることを思えば、金融を題材にここまでのエンタテイメントに仕上げた原田監督の手腕に素直に拍手を送りたくなる。  この映画、海外に出しても十分通用する出来映えで必ずや邦画の歴史に名を刻む一作。  椎名桔平もいいが、すっとぼけた演技の根津甚八が楽しい。  ただしこういう映画は原作とは完全に切り離して見るべでしょうな。  
隠す
  
 
[021]萌の朱雀
 再三再四。kensey2002-11-17
 
 過疎の現実をたったひと家族で表現してしまうところが凄い。  さすがに長期間合宿しながらじっくり腰を据えて撮っただけのことはある。よけいな説明が一切なく、無駄とも・・・
続きを読む
 過疎の現実をたったひと家族で表現してしまうところが凄い。  さすがに長期間合宿しながらじっくり腰を据えて撮っただけのことはある。よけいな説明が一切なく、無駄とも思えるショットさえも「どんな意味があるのだろう」と見る側を引きずり込むことでいつまでも印象に残る作品となっている。  古き良き日本であり、また厳しい現実に突き当たっている田舎の暮らしを淡々と描きながら、ドラマ性はほとんどないのに深く深く考えさせられるのは、我々が忘れていて思い出せない筈のことを思い出させようとさせる引力があるからに違いない。  村祭りの切なすぎるシーンが痛いほどの鼓動を感じさせた。  この作品を見ると自分が確実に何かを間違えてることが判るのに、その間違いが何なのかが判らない。もどかしい。一度見ただけでは絶対に理解できない作品だと思うし、何度も見て、見る度に新しい角度から新しい発見があるのは、優れた映画であることの証明であろう。  何だろう、この胸に残るしこりは。  また見て映画の中に自分の、自分だけの答えを見つけなければならない。
隠す
  
 
[022]ガク
 野田ガク・・・kensey2002-11-17
 
 ガ・ガク・・・。「学校の怪談」に出ていたなんて知らなかった・・・。近いうちに必ずチェックさせて貰います。嗚呼、あの尻尾が見たいなあ。  それにしても手前の知る限・・・
続きを読む
 ガ・ガク・・・。「学校の怪談」に出ていたなんて知らなかった・・・。近いうちに必ずチェックさせて貰います。嗚呼、あの尻尾が見たいなあ。  それにしても手前の知る限り最も活動的で幸せな犬だったんだなあ。野田とうちゃん椎名とうちゃんという最大の理解者に出会えるなんて。  ところでガク、子供は全部で何人いるの。どれだけの彼女泣かせてきたの、ではなく喜ばせてきたの。  なあ、ガク。あなたのおかげで日本の犬の飼われ方が変化したことを知っているかい?まだまだ厳しい環境に置かれている犬も多いけど、ガクが切り開いた道をどれだけの犬が辿っているか知っているかい?偶像扱いなんかしたくないけど、それでもやっぱりハチ公よりも犬の地位向上に影響を与えたことをガクのファンとして嬉しく思う奴がここにいることを伝えておきたいんだ。  ガク。一度でいいから会ってみたかったよ。ガク。あなたに代われる犬はいないけど、あなたにも代われない犬といつか出会いたい。ガク。あなた以上の犬はいないだろうけど、あなたが及ばないほどの犬をいつか相棒にしてみたい。ガク。野田とうちゃんに出会わなければ、これほどの犬にはなれなかっただろうし、野田とうちゃんだってガクと出会わなければ今の野田さんはいない。ガク。羨ましいよ。ガク。  ガク。幸せに生きて幸せに死んだことを心から祝福させてほしい。  ガク。私達は絶対あなたのことを忘れない。  ガク。でも私達は生きていくからまだ当分会えそうにないよ。  それでいいだろ?ガク?
隠す
  
 
[023]メン・イン・ブラック
 そつなくkensey2002-11-16
 
 三回めでやっとスタローンを見つけた。公開当時から特別出演というふれこみのシルベスタ・スタローンを探して一体どのエイリアンかとずっと気になっていたらまさかあんなとこ・・・
続きを読む
 三回めでやっとスタローンを見つけた。公開当時から特別出演というふれこみのシルベスタ・スタローンを探して一体どのエイリアンかとずっと気になっていたらまさかあんなところに映っているとは。  「MIB」で小道具として使われている特殊な銃は、実際に存在する「プラズマ銃」そのままであり、使用にあたっては莫大な電気を喰い、しかも宇宙服のような防護服も着なければならず映画化するにおいて多少の誇張やミスリードは許容範囲ではあるものの、少し釈然としない部分もある。まあ、宇宙人が出てくる時点でリアリティも糞もないので単純に楽しんで見れば文句は全くない。  しかし英語が理解できれば相当楽しめるのだろうなあと思うと悔しい。  あのエレベータ、前から乗って背後に開くドア、病院などでよくありますが、金沢駅から南へ行った地下街のさらに南の地下道でそっくりなものがあります。「ををを、これやこれ、MIBや!」と感動して嬉しくなってしまいました。  そつなくまとめてあるのでイライラしたときに見るのに丁度いい。
隠す
  
 
[024]トップガン
 背景を知ればもっとkensey2002-11-16
 
 今の基準で古い映画を判断するべきではないし、まあ、本当に優れた映画なら時代など超越できもしようが、少なくともこの作品に関しては脚本と台詞の愚劣さを補ってあまりあ・・・
続きを読む
 今の基準で古い映画を判断するべきではないし、まあ、本当に優れた映画なら時代など超越できもしようが、少なくともこの作品に関しては脚本と台詞の愚劣さを補ってあまりある主題歌「TAKE MY BREATH AWAY」と映像の色使いがそれまでの戦争映画では考えられなかった明るさに満ちていて、後に続いた「海軍」「空軍」ものに大きな影響を与えました。  「トップガン」とは異機種格闘訓練のミッション名で事実に基づいて作られて・・・というより宣伝映画の色合いが濃いのですが、だからこそあのような脳天気な雰囲気を造り出せたのでしょう。  「アイスマン」を演じるヴァル・キルマーの好演が光るなか、なぜか相棒の嫁のパープリン女を演じているのがメグ・ライアン。最近知ってぶっ飛びました。  同じスタッフが再び集まって作った「メタル・ブルー」はさすがにえげつない出来ですが、「トップガン」以降、続々と作られた空戦映画の先駆として新たなジャンルを開拓した作品としても評価できるはずです。  パロディである「ホット・ショット」にチャーリー・シーンか。そういえばブラッド・パックのあと一人はだれでしたっけ?
隠す
  
 
[025]黄金の七人
 唸るkensey2002-11-16
 
 全く前知識無しで偶然見たら大当たり。  年輩の人が言う「毛皮の似合うロッサナ・ポテスタ」と初めて出会った作品でした。最初は一体全体どこの国の映画か見当もつかず・・・
続きを読む
 全く前知識無しで偶然見たら大当たり。  年輩の人が言う「毛皮の似合うロッサナ・ポテスタ」と初めて出会った作品でした。最初は一体全体どこの国の映画か見当もつかず、でも面白いから「ハリウッドではない」ことだけ確信し、わざと古い雰囲気でとっているのか、本当に古い映画なのかそれにしては垢抜けているし面白いなあ、と興奮ぎみで後から調べてみるとイタリア映画!しかも1965年製作!信じられませんでした。1965年であの映像は凄い。  そして耳に残って離れないテーマ曲。  今から見てコンピュータの稚拙さには爆笑してしまうのですが、不思議にそれも味になっている。およそ40年前の作品かあ。それでも十分楽しめるどころか至高のエンタテイメントと言い切ってしまえる力強さがある。  いいなあ、黄色。
隠す
  
 
[026]トゥームストーン
 コスナーに負けるなkensey2002-11-16
 
 ヴァル・キルマー演ずるドク・ホリディのコーヒーカップ捌きに注目。  全く同時期に競作として公開されたケビン・コスナーの「ワイアット・アープ」より遥かに完成度が高・・・
続きを読む
 ヴァル・キルマー演ずるドク・ホリディのコーヒーカップ捌きに注目。  全く同時期に競作として公開されたケビン・コスナーの「ワイアット・アープ」より遥かに完成度が高く、白と黒を基調としたシャープな映像美に感応した人も多いはず。  この映画の最大のお遊びはなんといっても「本物のワイアット・アープの孫」が出演していること。全く目立たないので全然判らないが、一応アープの側で参戦している。最初はカート・ラッセルがアープに見えなかったのだが、豪華な脇役陣に引きずられて呑まれてしまった。リンゴォ・キッドを演じるマイケル・ビーンもいい。  元来の西部劇にあった皮の匂いがぷんぷんするような雰囲気を排除し、それでいて血煙と埃っぽさとスタイリッシュな衣装で新鮮な「西部劇」を造り出している。  予備校をサボって三度も見てしまったことを懐かしく思い出す。何がこんなに面白かったのだろう。キレのある映像か。それとも黒でまとめた衣装だろうか。  タイトルが「墓石」を意味する「トゥーム・ストーン」で、これは凡俗さを嫌ったもののコスナーの「ワイアット・アープ」に興行面では負けてしまった。  タイトルや前宣伝ではなく、ちゃんと中身で評価しようや。
隠す
  
 
[027]リービング・ラスベガス
 鏡として。kensey2002-11-16
 
   これは日本の社会で生活していれば共感しにくい内容ですね。  ホワイトカラーとブルーカラーが厳然とわけられ、かつ転居の簡便さから活発な人の流動性が特徴であるア・・・
続きを読む
   これは日本の社会で生活していれば共感しにくい内容ですね。  ホワイトカラーとブルーカラーが厳然とわけられ、かつ転居の簡便さから活発な人の流動性が特徴であるアメリカならではの映画です。  アカデミー賞は社会的弱者を扱えばかなり有利になることは暗黙の了解ですが、ニューヨークとロスアンゼルスの批評家賞をごっそりとったのはそれだけアメリカで切実なテーマだったのでしょう。1996年といえば、アメリカでは景気が上向きかけている頃。カウンターとしてのこういう映画が作られ、評価されたのは時代背景にもよると思います。  映画は社会を映す鏡です。日本画高度経済成長期と言いながらまだまだ生活が苦しかった時に明るい映画が数多く作られ、バブル期に重いテーマの映画が主流になったことを思えばこの「リービング・ラスベガス」、「おもい」「つらい」「くるしい」「おもしろくない」という感想は少し情けない気もします。  最早古典の域に達した感のあるこの作品、一度は見ておくべきでしょう。  それで結局面白かったかい?それは聞かないで下さい。  面白さを求めて見る映画ではありませんから。
隠す
  
 
[028]フロント・ページ
 楽しいkensey2002-11-16
 
 楽しい。楽しい。映画を見る楽しみを心から味わわせくれる快作。舞台をリメイクして映画にしただけあって筋はきっちりしているし、掛け合いも隙がないし、捻りもツイストもき・・・
続きを読む
 楽しい。楽しい。映画を見る楽しみを心から味わわせくれる快作。舞台をリメイクして映画にしただけあって筋はきっちりしているし、掛け合いも隙がないし、捻りもツイストもきりきり効いてるし。  原作の舞台を見たくなります。日本で舞台になったら間違いなく見にいくのに。  軽快な雰囲気にのせられてこっちまで気分が明るくなります。きっとこの映画を撮るとき楽しかったんだろうなあ。そんな感じがもろに伝わってきて嬉しくなりますね。  三谷幸喜の原点をここに見た気がする。ああ、映画が好きでよかったなあ。
隠す
  
 
[029]素晴らしき日
 子役絶妙。kensey2002-11-16
 
ピート・ハミルが出ていた。それだけ。それだけというのもつらいか。  日本の子役だとどうしても台詞が棒読みになるのにあちらはとても自然体なのが印象的です。ハリウッ・・・
続きを読む
ピート・ハミルが出ていた。それだけ。それだけというのもつらいか。  日本の子役だとどうしても台詞が棒読みになるのにあちらはとても自然体なのが印象的です。ハリウッドの撮影流儀は「同じテイクを何度も別角度から撮り直す」はずなのに子役が活きている。ヤンチャ盛りの子を持つ親ならきっと共感できるでしょう。憎たらしくて可愛い子供の絶妙な名演技なくしてこの作品は成立しなかったと言えるほど。  ジョージ・クルーニーがあんまり好きではないけれど、猫と子供とミシェル・ファイファーが好きな人は見るべきでしょう。  ミシェル・ファイファーが災難の度に崩れてゆく服装の連続ギャグは古典的ではあるものの、いや、古典的だからこその笑いを誘発します。  この映画は恋愛コメディと銘打ってはいますが、上質のスラプスティックでどんな形であれ見て損はないでしょう。  悪人が全く出てこないと言えば「ぬるい」と思われるでしょうがこの映画は悪人が出てくる必要がないのです。  主演の二人の絶妙な掛け合いとともに「ある一日の朝から番まで」という制限された状況に詰め込まれたドタバタと洗面台の水が吸い込まれるように収束するストーリーはほぼ文句なし。  最後の方のミシェル・ファイファーに共感する女性が多いんだろうなあ。ああいうタイプ結構好きです。
隠す
  
 
[030]恋人たちの街角
 邦題しばくぞ。kensey2002-11-10
 
 この邦題なんとかならんか。「丘の上の馬鹿」がどうして「恋人たちの街角」になる! だいたいやな、「恋する泥棒」「恋する街角」ときたからいうて関連してもないもの無理矢・・・
続きを読む
 この邦題なんとかならんか。「丘の上の馬鹿」がどうして「恋人たちの街角」になる! だいたいやな、「恋する泥棒」「恋する街角」ときたからいうて関連してもないもの無理矢理ややこしくするなよ。サンドラ・ブロックファンもいちいち騙されるなよ。騙される方が馬鹿ですか。手前は馬鹿ですか。そうですか。  サンドラ・ブロック大好きやし。ストーリー真面目に追ってたらあほらしなるし、展開読め過ぎて笑えるし、ラストも典型的なB級映画やし、スラプスティックか言うたらそうなりきれてないし、と言うても全然真面目な映画と違ゃうし、まあ、暇なときか爆発しそうなときに頭からっぽにするためにはぴったりの真空映画です。こういうの大好き。  DVD買うほどではないわな。レンタルで十分。深夜やってるかもしれんし。それでもいいかな。  最高なのはプレフェラント・チャーチ。思わず入信したくなるねえ。一時「某の証人」名乗る勧誘撃退するのに苦労してたけど、今度チャンスあったら言うてみよう。「プレフェラント・チャーチに所属してます」  個人的は大好き。でも星はみっつ。以上。
隠す
  
 
 1 2
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION