allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「klein」さんのコメント一覧 登録数(13件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ノーバディーズ・フール
 血と暴力とSEXklein2003-11-11
 
..血と暴力とSEX.. 今の映画を彩る要素がこの映画には存在しない。。実に美しく静かで優しさに溢れる映画。 ささやかな出来事を通しての人物描写が素晴らしい、脚色も手がけた・・・
続きを読む
..血と暴力とSEX.. 今の映画を彩る要素がこの映画には存在しない。。実に美しく静かで優しさに溢れる映画。 ささやかな出来事を通しての人物描写が素晴らしい、脚色も手がけたベントン監督の冴えをみる。 主演のPaul Newmanもけして出過ぎることもなくバランスがいい。 ..ガム.. Sullyは気づいていく、自分がガム一枚を持っていることを。。。。 それがどうしたって??? ガム一枚を持っていれば、それを半分に切って分け与えることができることができるじゃないか!! そして彼も小さなガムの切れっ端をもらっていることを。そう「だれも馬鹿じゃない」 「暴力脱獄」のLUKEが生きていれば たぶんこんなお爺ちゃんになっていたのかな。。。
隠す
  
 
[002]マーシャル・ロー
 Denzel Washingtonklein2003-10-26
 
序盤の息もつかせぬ展開が嘘のように、次第にスクリーンに没頭できなくなってしまった。。。。。 軍 CIA FBIの各軸が稚拙に描かれている気がしてならない  大好きなBruce Wi・・・
続きを読む
序盤の息もつかせぬ展開が嘘のように、次第にスクリーンに没頭できなくなってしまった。。。。。 軍 CIA FBIの各軸が稚拙に描かれている気がしてならない  大好きなBruce Willisもどうだろうか? ワシントンと役柄を入れ替えた方が面白かったかもしれない。  しかし 戒厳令下、スタジアムでのDenzel WashingtonとBruce Willisのやり取りが興味深い。 Willisが「一人の苦しみが 大勢の命を救う」と切り出せば Washingtonも「目的は族長の解放か?」「この国を混乱させることが目的だったとしたら」「軍を出動させ国民を不安に陥れ、やがて 法と憲法の精神が破られたら」 「だとすると奴らはすでに勝っている」と切り返す。 「我々が命をかけて戦ってきたことが 全て無になる」。。。この歯が浮くようなセリフも 違和感が無いのは彼(Washington)の真骨頂だろう。 ドアが締め切られ夜が暗闇へ吸い込まれれば、同じ穴の。。。。 しかしながら ドアを全開に広げるとテロから身を守ることは可能なのか??でも開けざるをえまい たとえ建前だけであろうとも、アメリカがアメリカであるためには。。。。。。
隠す
  
 
[003]スティング
 娯楽の殿堂ハリウッド・・・ここにあり!!klein2003-09-30
 
「明日に向かって撃て!」のトリオが再び結集した本作は 先の読めない展開に加えて テンポのよい演出など まさに娯楽映画の殿堂!! 通常“落ち”が分かってしまうとなかなか・・・
続きを読む
「明日に向かって撃て!」のトリオが再び結集した本作は 先の読めない展開に加えて テンポのよい演出など まさに娯楽映画の殿堂!! 通常“落ち”が分かってしまうとなかなか2度3度と楽しむことはできないが この映画は全く別格である。 構成(伏線)が見事であるし 思わず身を乗り出すラストシーン。騙されるのは大物ボスだけではない、スクリーンを見つめる我々なのだ。 まさに手を抜かないロイ・ヒル監督の渾身の一作。 アカデミー主演男優賞にはレッドフォード氏がノミネートされましたが「明日に・・・」と違い ニューマンの映画。。。 理屈抜きに・・格好いい!!
隠す
  
 
[004]フィールド・オブ・ドリームス
 ベースボールklein2003-09-29
 
特別野球の話ではあるまい。 歴史まだ浅いこの国の象徴としての役割であり、本質は夢と愛のおとぎ話である。 個人的にはKevin Costner氏はどうも好きになれないが「パーフェク・・・
続きを読む
特別野球の話ではあるまい。 歴史まだ浅いこの国の象徴としての役割であり、本質は夢と愛のおとぎ話である。 個人的にはKevin Costner氏はどうも好きになれないが「パーフェクト・ワールド」「さよならゲーム」「アンタッチャブル」と本作は別格。 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」でのアカデミー受賞が何か彼を勘違いさせているのか?定かではないが・・・ Amy Madigan. James Earl Jones. Burt Lancaster.が素晴らしい、奇跡のスクリーンに難なく入り込めるのは彼らのおかげだろうか。 それにしても 眼鏡が曇り出す 気分だけでも少年にも戻ってキャッチボールも悪くない
隠す
  
 
[005]17歳のカルテ
 THE WIZARD OF OZklein2003-09-27
 
「カッコーの巣の上で」の女性版?と思いながらビデオを鑑賞したがどうもスッキリしない! 「カッコー・・」が尊厳や愚か?な人間が築き上げた管理制度などの、重いテーマなの・・・
続きを読む
「カッコーの巣の上で」の女性版?と思いながらビデオを鑑賞したがどうもスッキリしない! 「カッコー・・」が尊厳や愚か?な人間が築き上げた管理制度などの、重いテーマなのに対し 本作からはそのような印象はほとんど感じられないからである。 後日 雑誌のインタビューで「オズの魔法使」同様 人が回り道をして帰っていく成長過程を映像で綴ったとの監督の記事を目にしてやっと落ち着きました。 不完全さこそ、完全な人間の証でしょうか?   多くの人達がジョリーの演技を絶賛しておりますが、ウィノナの目線の動き(ぶれ)やウーピィーの抑えた演技も賞賛に価すると思うし 他の女優の演技の応酬も見応えがあります。。。。。
隠す
  
 
[006]大空港
 ディザスタ−(災害)映画klein2003-06-30
 
日本ではパニック(恐慌)映画と呼ばれている。 「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」の先駆けとなった作品だが、私にとってパニック映画といえばこの・・・
続きを読む
日本ではパニック(恐慌)映画と呼ばれている。 「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」の先駆けとなった作品だが、私にとってパニック映画といえばこの映画を思い出すのである。 小学生の頃 テレビ画面に釘付けとなり、身動き一つできなかった事を思い出す。 今、改めてビデオテープを回してもその鼓動は失われていない。 様々な人々の生活を描きながら、その登場人物が一カ所に集まってくる伝統的な(グランド・ホテル)形式が 遅まきながら新たな方向へ歩み出そうとしているハリウッドにおいても、立派に通用する(物語の構成)事を証明した。 ユニバーサルにとっては名物シリーズとなり多くの空港ものが制作された。音楽もすばらしい!
隠す
  
 
[007]ブレイズ
 ポール・ニューマンklein (Mail)2003-05-06
 
孤高のSteve McQueen、涙のJames Dean、さてPaul Newmanは? 本作制作時 Paul Newmanは実在の人物Earl Longと同じ65歳であったそうだ。 スクリーン上に描き出される容姿・・・
続きを読む
孤高のSteve McQueen、涙のJames Dean、さてPaul Newmanは? 本作制作時 Paul Newmanは実在の人物Earl Longと同じ65歳であったそうだ。 スクリーン上に描き出される容姿は変化し続けるが その 反抗精神は揺るぎない。やや長尺感が漂うもののこの映画にも彼の魅力がちりばめられている。 純然たるヒーローでは無いが、泥にまみれながらの屈折した“主人公”が私の心を捕らえて離さない。 反逆人は勝者とは限らない が しかし結果はどうであれ美学なのである。
隠す
  
 
[008]タクシードライバー
 “You talkin’to me ?”klein (Mail)2003-01-30
 
青白く俯きながら犯罪都市NYを歩くTravis。 彼はこの町のタクシードライバー。 大都会の全てが彼と関わりを持たない。 彼は孤独のヒーローか?.....それとも。。。。。。。・・・
続きを読む
青白く俯きながら犯罪都市NYを歩くTravis。 彼はこの町のタクシードライバー。 大都会の全てが彼と関わりを持たない。 彼は孤独のヒーローか?.....それとも。。。。。。。。 ・・・・・・・・・・・・・友だち100人出来るかな♪・・・・・・・・・・・・ 疑問を感じてはいけない場面は多々ある。 お互い信じ込まなければ、世の中が崩壊しかねないからである。。が。 この歌は実に胡散臭い そもそも友だちが多いことが素晴らしいことで、そうでないことはいけないことなのだろうか? 他人の評価や理解が無くては生きていけないと考えるのは誰かの煽動や迷信ではないか?人の強さとは、元々無縁ではないか。 ........しかし........ 長い間 ぼんやりと思い続けた事をこの映画は全て払い除けてしまう
隠す
  
 
[009]評決
 ルメットとニューマンに酔いしれる!!klein (Mail)2002-12-07
 
社会派リアリズム(サスペンス)の巨匠ルメット監督の映画である。 [十二人の怒れる男][セルピコ][オリエント急行殺人事件][狼たちの午後][ネットワーク]他にも[ウィズ]などヒッ・・・
続きを読む
社会派リアリズム(サスペンス)の巨匠ルメット監督の映画である。 [十二人の怒れる男][セルピコ][オリエント急行殺人事件][狼たちの午後][ネットワーク]他にも[ウィズ]などヒット作を連発した監督ではあるが、 最近は??・・・・本作はまさに彼の最も得意とする分野で、[十二人の怒・・]と並び最高傑作でしょう。    雪降るボストン 実に実に静かに映画はスタートする、その静かな風景をバックに次第にGalvinが再びその魂に火をともすのである。 それは無力な市民に対しても法律は平等であるという信念の再燃に他ならない。。。。。。最終弁論は陪審員に向けられているが、我々にそしてGalvin自信にも語られていく。。。。。。。 ポール・ニューマンの一世一代の名演技!!彼の演じる人間臭さ、もがき苦しみ、はい上がろうとする姿を 背中一つで見事に表現していまう。 .....最後LauraはGalvinに電話をかけ続ける・・・・が。。。Galvinは受話器を取ろうとはしない。心を通じ合わせる二人だが。。。。大好きなシーン。 本作は 作品賞、助演男優賞(James Mason)、監督賞、脚色賞、主演男優賞がアカデミー賞にノミネートされたが対抗馬“ガンジー”によって一つも受賞はされなかった、しかし 全く個人的な意見ではあるが「伝記もの」に常に不満をもつ私としては本作の方が格が上のような気がしてならない。 それにしてもどうでもいいような作品が次々とDVDとして再登場しているにもかかわらず、本作がDVDとして発売されないのは 理解に苦しむばかりである。この作品を深く埋もれさせる事など考えたくは無い
隠す
  
 
[010]素晴らしき哉、人生!
 極上のフランク・キャプラを堪能する!klein (Mail)2002-12-06
 
アメリカのクリスマスシーズンには必ず深夜TVに登場するという本作。 細かい点を指摘したくなるシーンも多々あるが、映画の根幹がそれを許そうとはしない!! Capra監督の作・・・
続きを読む
アメリカのクリスマスシーズンには必ず深夜TVに登場するという本作。 細かい点を指摘したくなるシーンも多々あるが、映画の根幹がそれを許そうとはしない!! Capra監督の作品はクラーク・ゲーブルの「或る夜の出来事」本作と同じジェームス・スチュワートを主役に迎えた「スミス都へ行く」と わずかばかりしか鑑賞していないが、この映画は実に素晴らしい!! 古き良きアメリカの良心ともいえるGeorge Bailey(James Stewart)が次第に追いつめられ、子供達へ理不尽な行動を取り始めてからラストまでスクリーンから 一時も目が離せない。 もし貴方が人知れず憂鬱なため息を吐いているなら、私は迷うことなく本作を御覧になることをお勧めします。 人生は素晴らしい まさに「友のいる人は敗残者にはなりえない」のです
隠す
  
 
[011]ハンニバル
 Silence will be broken?klein (Mail)2002-12-01
 
映画を心から楽しむためには、原作本を読んではいけない。。。が私の持論ですが、いつもそうできるとは限らないのであります。 Thomas Harrisのこの2作に関しては読まずにい・・・
続きを読む
映画を心から楽しむためには、原作本を読んではいけない。。。が私の持論ですが、いつもそうできるとは限らないのであります。 Thomas Harrisのこの2作に関しては読まずにいられなかった。 結論からお話しすれば、映画を鑑賞すればJodieが出演しても良かったような気が多少しましたが(彼女が出演すれば脚本も多少変わったかも)、後に小説を乱読して無理だろうと感じました。 Thomas Harrisにしてみれば、おそらく「羊。。。」を書き上げた段階では彼なりのStarling像があったはず、しかしながら映画の「羊。。。」は彼の思い描くStarlingより正にStarlingだったのではないだろうか?つまり小説「Hannibal」は小説「羊たちの沈黙」の続編ではなく、原作者が“いじりすぎて”書き上げた映画の続編だったような気がする。 各シークエンスはスコットらしく陰影を効かせたライティングや美しいセット等、特にフィレンツェの町は心奪われる美しさだ。。が映画全体としては散漫でやや荒い印象。 もっと絞りこんでも良かったような気がしました。
隠す
  
 
[012]オール・ザット・ジャズ
 協奏曲ト長調とデキシドリンklein (Mail)2002-11-26
 
本作を鑑賞すると、私はいつも 囲碁の藤沢秀行氏や裏将棋の真剣師 小池重明氏を思い出してしまう。 暗闇にカウントが聞こえて、「ALL THAT JAZZ」(俗語=あれやこれや)の・・・
続きを読む
本作を鑑賞すると、私はいつも 囲碁の藤沢秀行氏や裏将棋の真剣師 小池重明氏を思い出してしまう。 暗闇にカウントが聞こえて、「ALL THAT JAZZ」(俗語=あれやこれや)のタイトルが映し出され、George Bensonの「On Broadway」の歌声と共に100人以上のダンサーによるオーディション風景から物語が始まる。これだけで私はウキウキ!。。。 なんの予備知識もなく鑑賞したが 私は十分楽しめた、しかしFosseに関して多少調べてから見直した方が楽しみが何倍にも膨れ上がるのだろう。多くの映画ファンにとってあまりに楽屋的、個人的であるため 受け入れがたい?かもしれない。 台本の読み合わせの場面は大好きだ。全ての音がフェードアウトして。。。Gideonの一つ一つの動作音を拾い出していく。大勢の中の個を見事に表現しているし、映画の特質を上手く使った 素晴らしいシーンだ。 真の神の視点などあり得ない、だから映画は虚なのであってニュース映画もそうであろう。スピルバーグの「シンドラー・・・」に対してもにわかに疑問がわいてくる。ショーの世界の住人Gideonにとっても全てが虚であり 唯一の例外は「死」だけである。拒否、怒り、取引、意気消沈、容認。最後の段階「容認」までたどり着いたGideonはそれすらも一大ミュージカルに仕立て上げてしまう。ただ一人の本音を語る相手である死神(Jessica Lange)や その対岸であろうビバルディのシャワーシーンのテンポ感が死の映画を盛り上げていく。。。。。。 エセル・マーマンの「ショーほど素敵な商売はない」が心に染み渡る。傑作
隠す
  
 
[013]羊たちの沈黙
 Dr. Hannibal Lecterklein (Mail)2002-11-16
 
映画史上にその名を残す「時計じかけのオレンジ」(何を考えてるのか解らない人達の意)のAlex、アメリカン・ニューシネマの傑作「俺たちに明日はない」のClyde BarrowとBonnie P・・・
続きを読む
映画史上にその名を残す「時計じかけのオレンジ」(何を考えてるのか解らない人達の意)のAlex、アメリカン・ニューシネマの傑作「俺たちに明日はない」のClyde BarrowとBonnie Parker、しかしながらDr.Hannibal Lecter は いかなる有名犯罪者!とも一線を画する 。本作の最も特質すべき点は、Dr.Lecterが最も恐れられてる凶悪犯にもかかわらず、その壮絶であろう場面を想像しえないことかもしれない。その優美さは、ときにドラキュラ伯爵のようでもある。当時Jodie Fosterはすでにヘッドライナーだと記憶してるが、Anthony Hopkinsはそれほどでも無かったのではないだろうか? 賞賛のHopkins氏の演技ですが、何度もこの映画を見ているうちに私にはオーバーアクトに思えてくる。自由奔放に抑えを感じさせない演技は 見れば見るほど多少の不快感をともなってくる。これは おそらく監督の方針(失礼ながら、この作品まぐれ当たり?)かもしれない。。。。。が・・・・・・テネシー州でのStarlingとDr.Lecterとの鉄格子ごしのバストショットの応酬は圧巻の極み、奥底をさらけ出すSEXのような錯覚さえ起こしてしまう
隠す
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION