allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「mototencho」さんのコメント一覧 登録数(1013件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]エタニティ 永遠の花たちへ
 生と死mototencho2017-10-11
 
美しい旋律と映像で綴られる、生と死のクロニクル。豪華女優陣の化け具合ったらアッパレ。
  
 
[002]ドリーム
 勝ち取ったmototencho2017-10-07
 
差別に負けず、勝ち取った技術者のど根性物語に感動。かなり色をつけた描き方はアメリカ映画ならではなんだけど、恐らく実際はもっと淡々と、当然のように差別はあった。しかし・・・
続きを読む
差別に負けず、勝ち取った技術者のど根性物語に感動。かなり色をつけた描き方はアメリカ映画ならではなんだけど、恐らく実際はもっと淡々と、当然のように差別はあった。しかしそれが“どう考えたって間違っている”ことを、彼らは自らの道を切り開くことで獲得したのだ。
隠す
  
 
[003]エイリアン:コヴェナント
 全くmototencho2017-10-07
 
予備知識を全く持たなければ、前半がハードSF、後半はドッキリする上出来の1本。もっとも、前から見ていると、ヤツはちっとも怖くない(作っている人たちには悪いけど)。ところ・・・
続きを読む
予備知識を全く持たなければ、前半がハードSF、後半はドッキリする上出来の1本。もっとも、前から見ていると、ヤツはちっとも怖くない(作っている人たちには悪いけど)。ところが「プロメテウス」との合わせ技だと気がつくことがあったりして。
隠す
  
 
[004]バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
 気楽にmototencho2017-09-24
 
アナ・ケンドリックが出ているだけに、「ザ・コンサルタント」と一緒に、気楽に並行観賞もイケる。サム・ロックウェルとティム・ロスの掛け合いも楽しいしね。
  
 
[005]残像
 埋もれたmototencho2017-09-24
 
埋もれた人物に光を当てるのが映画の機能。果たしてケバい主義(資本主義)が良いのか?も考えさせられる。全体主義は滅びる、屈しない強さを残して。あんがいそこまでアンジェイ・・・
続きを読む
埋もれた人物に光を当てるのが映画の機能。果たしてケバい主義(資本主義)が良いのか?も考えさせられる。全体主義は滅びる、屈しない強さを残して。あんがいそこまでアンジェイ・ワイダ監督は見せたかったのかも?
隠す
  
 
[006]ハリウッドがひれ伏した銀行マン
 工面mototencho2017-09-24
 
金がなければ始まらない映画の一側面を垣間見られるドキュメンタリー。この人物がいなければ、「ダンス・ウイズ・ウルブズ」は出来なかったわけで、ケヴィン・コスナーの表情が・・・
続きを読む
金がなければ始まらない映画の一側面を垣間見られるドキュメンタリー。この人物がいなければ、「ダンス・ウイズ・ウルブズ」は出来なかったわけで、ケヴィン・コスナーの表情が印象的。ポール・ヴァーホーヴェンもラストに魅せる。
隠す
  
 
[007]三度目の殺人
 辛らつmototencho2017-09-17
 
是枝裕和が日本の司法に挑む。サイコパスと対峙した人々の解釈も興味深いが、タイトルが辛らつだ。
  
 
[008]ダンケルク
 まず迫力mototencho2017-09-17
 
クリストファー・ノーランによる実験的な戦争スペクタクル。まず迫力の大画面で楽しみ、新しい構造を家で確認っていう中身だから新しい。
  
 
[009]
 迫るmototencho2017-09-05
 
音声ガイドという職業を通じて映画の本質に迫る。永瀬正敏が素晴らしいだけでなく、主演の水崎綾女はたまりませんな
  
 
[010]エル ELLE
 悪意に満ちたmototencho2017-09-05
 
悪意に満ちたコメディ、イザベル・ユペールは体当たり。ポール・ヴァーホーヴェンは ドぎつさ健在で、全体のある部分だけを切り取ると、余韻が残り、妄想の余地が広がる
  
 
[011]パターソン
 ありふれたmototencho2017-09-05
 
市井に生きる詩人をありふれた日常で描いている得難い1本
  
 
[012]ベイビー・ドライバー
 新種mototencho2017-09-02
 
ベイビー!こいつはイケる。カーチェイス・ミュージカルとは新種の誕生だ。i-podを幼い頃から身に着けているGenZ(GenerationZ)ならでは、こうじゃなきゃね。
  
 
[013]マンチェスター・バイ・ザ・シー
 こだまするmototencho2017-09-02
 
文句なくケイシー・アフレックの代表作、主人公と化した彼のセリフがこだまする。映画は我々に寄り添うことができるのだ。
  
 
[014]ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
 観賞歴しだいmototencho2017-08-14
 
トムが必死でスチャラカ芝居。ラッセル・クロウが朗々と、“経営側の方針”を脚本にしたようなセリフを喋っていて可笑しくて仕方ない。ソフィア・ブテラは本作に不可欠。観賞歴し・・・
続きを読む
トムが必死でスチャラカ芝居。ラッセル・クロウが朗々と、“経営側の方針”を脚本にしたようなセリフを喋っていて可笑しくて仕方ない。ソフィア・ブテラは本作に不可欠。観賞歴しだいで楽しめる品かも。
隠す
  
 
[015]オリーブの樹は呼んでいる
 あんがいmototencho2017-08-14
 
ジイさん想いの孫娘が起こす奇跡とかではなく、欧州産のロードムービーとしても観られる。もう実に単純なテーマから、まともな展開、そして奇跡ではなく、我々の隣人が起こす出・・・
続きを読む
ジイさん想いの孫娘が起こす奇跡とかではなく、欧州産のロードムービーとしても観られる。もう実に単純なテーマから、まともな展開、そして奇跡ではなく、我々の隣人が起こす出来事。これが案外エンターテインメントに見えるんだよな。
隠す
  
 
[016]彼女の人生は間違いじゃない
 欠けているmototencho2017-08-05
 
知らぬ間にヒタヒタと貧困は広がっていて、ダメージを受けると回復不能になるくらい年老いている日本。その“何かが欠けている”と思わせる我が国を、逃げずに描いた。
  
 
[017]ヒトラーへの285枚の葉書
 時代だったmototencho2017-08-05
 
ささやかな抵抗とは総統批判を書いたカードを、いろいろな場所に置くというもの。“そんなんで抵抗かよ”ではなく、それほど国全体がナチに毒されていた動かぬ証拠で、“周囲全て・・・
続きを読む
ささやかな抵抗とは総統批判を書いたカードを、いろいろな場所に置くというもの。“そんなんで抵抗かよ”ではなく、それほど国全体がナチに毒されていた動かぬ証拠で、“周囲全てが密告者に見えてしまう”時代だった。
隠す
  
 
[018]午後8時の訪問者
 非〜こそmototencho2017-07-21
 
非ドラマティックこそドラマティック。サスペンスが日常を駆動させ、人によっては退屈だが、分かる者には極上の人間ドラマ。
  
 
[019]ジョン・ウィック:チャプター2
 スパスパmototencho2017-07-14
 
悪党をスパスパ殺す、殺し屋ジョンの第二章。3桁はヤッたんじゃないかな?「マトリックス」再びのローレンス・フィッシュバーンだけでなく、もう一人美味しい共演もアリ。
  
 
[020]未来よ こんにちは
 今だったらmototencho2017-07-06
 
街の自然な音が心地よい。主人公が孤独か?いえいえ、それはお客さん次第。今だったらエリック・ロメールの作品を楽しめそう。
  
 
[021]ハクソー・リッジ
 勇気mototencho2017-07-06
 
稀有な勇気を備えた信念の男。伝えられなければならないこのテーマの前では、戦闘シーンの出来不出来が副次的に感じる。
  
 
[022]パトリオット・デイ
 直球勝負mototencho2017-06-19
 
愛がなければテロとは戦えない。ボストン市民に捧げる直球勝負。観客を現場に連れていく迫真の描写は映画でなければ。
  
 
[023]マイ ビューティフル ガーデン
 絵本mototencho2017-06-19
 
女優の威力をナメてはいけない、チラシに引き寄せられました。前世紀の絵本を見ている心地よさがある。世の中がデジタル化したからって、なにも全ての映画がそれに染まることな・・・
続きを読む
女優の威力をナメてはいけない、チラシに引き寄せられました。前世紀の絵本を見ている心地よさがある。世の中がデジタル化したからって、なにも全ての映画がそれに染まることなんてなくていい。
隠す
  
 
[024]わたしは、ダニエル・ブレイク
 現実mototencho2017-06-13
 
今後はいつ誰の身に起こっても不思議じゃない現実。ケン・ローチ監督の投げかけた問いを考える時間を作らなければ。
  
 
[025]海辺のリア
 力業mototencho2017-06-13
 
仲代達也の力業、現代日本の抱える日常を舞台にシェイクスピア劇にしてしまった。
  
 
[026]光をくれた人
 ため息mototencho2017-06-03
 
深いため息とともに涙がにじむ感動作 21世紀には不可能な悲劇、だがヒューマン・ドラマなのだ。
  
 
[027]BLAME!
 今こそmototencho2017-05-28
 
原作連載開始から映像化に20年を必要としたのは、受け手の態勢が整っていなかったからだ。過剰な情報で人々は忘れっぽくなり、為政者たちは勝手に物事を進めている。“生き延び・・・
続きを読む
原作連載開始から映像化に20年を必要としたのは、受け手の態勢が整っていなかったからだ。過剰な情報で人々は忘れっぽくなり、為政者たちは勝手に物事を進めている。“生き延びる本能”がむき出しになって行く時代が来た、よって公開のタイミングは“今こそ”なのかもしれない。
隠す
  
 
[028]メッセージ
 今の世界mototencho2017-05-24
 
ドゥニ・ヴィルヌーヴ恐るべし、ひとりの女性が再生していく物語に今の世界の姿を込めた。エイミー・アダムスの代表作でしょう。
  
 
[029]カフェ・ソサエティ
 もうmototencho2017-05-14
 
ちょっと前まで少年、少女だと思っていたクリステン・スチュワートとジェシー・アイゼンバーグ。もう大人のほろ苦さが似合うようになっていたりして。シニア寄りになってきたオ・・・
続きを読む
ちょっと前まで少年、少女だと思っていたクリステン・スチュワートとジェシー・アイゼンバーグ。もう大人のほろ苦さが似合うようになっていたりして。シニア寄りになってきたオッサンには、マイペースのウディ・アレン作は貴重品。
隠す
  
 
[030]バーニング・オーシャン
 ベストmototencho2017-04-22
 
ジョン・マルコヴィッチが不正義社会の代表をやりまくり。ホラ吹きの映画は真実を描ける。現時点でピーター・バーグのベスト。
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION