allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「mototencho」さんのコメント一覧 登録数(1049件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]きみへの距離、1万キロ
 あるじゃないmototencho2018-07-09
 
あるじゃない、時代に適した新作。設定、演出の稚拙さを初々しいと受け止められるかがコチラの腕の見せどころ。
  
 
[002]しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
 チョッとmototencho2018-06-26
 
チョッとホッとして、チョッとジーンとして。サリー・ホーキンスに惚れて正解でした。
  
 
[003]Vision ビジョン
 mototencho2018-06-16
 
ジュリエット・ビノッシュと永瀬正敏の共演に涙。森の映像ひたすら味わい 森のことをもっと知りたくなる。
  
 
[004]万引き家族
 覆い隠せないmototencho2018-06-16
 
日本の今を知る貴重な手がかり。もはや成れの果て、という実情は覆い隠せない。お気に入りの監督なんだけど、是枝裕和が怖くなった。
  
 
[005]おだやかな革命
 生き延びるmototencho2018-06-08
 
都会生活は本当に幸福か?人間の喜びとは?既に歩み始めている人々はたどり着き、 生き延びることができそう。
  
 
[006]ロープ/戦場の生命線
 うまくいかない日mototencho2018-06-01
 
うまくいかない日こそが完璧な一日で、トイレの処理に向かうラストにもニヤリとしてしまった。私めの家の近所に下水道はなく、衛生車が今朝来たばかりだったもので。もちろん道・・・
続きを読む
うまくいかない日こそが完璧な一日で、トイレの処理に向かうラストにもニヤリとしてしまった。私めの家の近所に下水道はなく、衛生車が今朝来たばかりだったもので。もちろん道中で合流するニコラ少年のエピソードは戦争そのもので、100ドル札を渡すマンブルドゥのあきらめを刻んだ表情がほろ苦くてたまらなかった。
隠す
  
 
[007]犬ヶ島
 臆することなくmototencho2018-06-01
 
臆することなく描いてしまいましたね。「このまま沈みっぱなしでイイの?」と問われているのかもしれないし、「退屈なグローバル化に晒されつつも、独自路線を歩めるかもよ」と・・・
続きを読む
臆することなく描いてしまいましたね。「このまま沈みっぱなしでイイの?」と問われているのかもしれないし、「退屈なグローバル化に晒されつつも、独自路線を歩めるかもよ」と元気づけられているのかもしれない。ウェス・アンダーソンに感謝ですな。
隠す
  
 
[008]ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 いつまで経ってもmototencho2018-05-06
 
この手のジャーナリスト映画が、いつまで経ってもタイムリーなのはなぜ?かの人物はホワイトハウスから締め出したから、トドメを刺されちゃったんだね。
  
 
[009]永遠のジャンゴ
 触れたことがないmototencho2018-05-06
 
未だ触れたことのない音楽が新鮮。スイングジャズを聴くのにダンス禁止とは、ナチはつくづく・・・。ユダヤ人だけでなく、ジプシーも浄化対象だった。
  
 
[010]ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
 見栄えのしないmototencho2018-05-06
 
ゲイリー・オールドマンの怪演が、歴史上の見栄えのしない本物を蘇らせた。イギリス人の屈しない姿に感動。
  
 
[011]Ryuichi Sakamoto: CODA
 製作ノートmototencho2018-05-06
 
アルバムasyncの製作ノートとしても興味深い。散漫で断片的な印象はあれども、既存の枠に収めようとしなかったのは戦略は対象か坂本龍一ならではだから。
  
 
[012]ダウンサイズ
 あえてmototencho2018-03-14
 
SF超大作にも拡大できるネタなのに、コンパクトにした優れもの。笑いと涙のバランスは絶妙で、批評眼は鋭くとも、あえて直撃しない。この監督の憎らしいほどの旨さだ。
  
 
[013]シェイプ・オブ・ウォーター
 久しぶりにmototencho2018-03-11
 
久しぶりに味わう大人のラブストーリー。サリー・ホーキンスの美しさにノックアウトされて、もうメロメロ。
  
 
[014]15時17分、パリ行き
 新しさmototencho2018-03-11
 
現代の英雄とはこういう人たちを指す。監督に「未だ古い映画観てるの?」と言われた気になる新しさ。
  
 
[015]人生はシネマティック!
 楽しいmototencho2018-03-11
 
“実話を基にした”まで含めて、映画の裏話が楽しい。盛りだくさんな要素は恋のお話あり、戦争の現実アリ・・・。嬉しかったのは、映画は劇場に一度入ったら、1日に何度でも観ら・・・
続きを読む
“実話を基にした”まで含めて、映画の裏話が楽しい。盛りだくさんな要素は恋のお話あり、戦争の現実アリ・・・。嬉しかったのは、映画は劇場に一度入ったら、1日に何度でも観られるものだったことを思い出させてくれた。
隠す
  
 
[016]ヒトラーに屈しなかった国王
 王様は屈しないmototencho2018-02-25
 
国の主は侵略に屈してはならない、どんな甘言にも惑わされてはならない。君主のなんたるかを具現化したホーコン国王の3日間を垣間見ることで、同じ体制下に生きる一国民である・・・
続きを読む
国の主は侵略に屈してはならない、どんな甘言にも惑わされてはならない。君主のなんたるかを具現化したホーコン国王の3日間を垣間見ることで、同じ体制下に生きる一国民である自分を振り返る。
隠す
  
 
[017]君はひとりじゃない
 想いをmototencho2018-02-18
 
こんなに観賞後にいろいろ想いを馳せることを許してくれる作品は滅多にない。乾いた笑いなのに、じわーっとしみてきて、満たされる。“みなさん、あとはあなた方が好きなように・・・
続きを読む
こんなに観賞後にいろいろ想いを馳せることを許してくれる作品は滅多にない。乾いた笑いなのに、じわーっとしみてきて、満たされる。“みなさん、あとはあなた方が好きなように描いてね”というのが作り手のメッセージなのでは?
隠す
  
 
[018]スリー・ビルボード
 落ちないのにmototencho2018-02-11
 
ストンと落ちないのに重くない、感動のクライム・サスペンス。伝えるべきは伝え、観客を翻弄、スペクタクルまで。豪華なキャストはスターぞろいなのよ。
  
 
[019]デトロイト
 現場mototencho2018-02-03
 
描かれたニュース映像に緊張の連続。黒人差別の現場に観客は連れて行かれ、茶番裁判だけでは逃げきれない、映画の怖さを知る。
  
 
[020]ダークタワー
 ゾクゾクmototencho2018-02-03
 
ゾクゾクする興奮のオカルト・アクション。お気に入りネタが次から次へ、たまりませんな。
  
 
[021]ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
 もろまんまなmototencho2018-01-20
 
もろジャケ写のまんまなB級アクション。シルヴィア・フークスとJ・K・シモンズがいなかったら、まず成り立たなかったよな。
  
 
[022]レディ・ガイ
 考察mototencho2018-01-09
 
なんとアクションのみならず、ジェンダー考察に踏み込んだウォルター・ヒル最新作。キャスティングがキモで、出演履歴を知っているとニヤリとしてしまう。
  
 
[023]夜間もやってる保育園
 音楽次第mototencho2018-01-05
 
そりゃあ子供が映っていれば文句ないよ、未来を見せてくれる感動のドキュメンタリー。現実を提示しつつ、人々のしっかりした姿に勇気づけられる。そして、音楽次第で印象は変わる
  
 
[024]ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜
 まるでmototencho2017-12-20
 
まるで知らなかった、第二次世界大戦下のポーランドを知る情報がまた増えた。個人の抵抗というより、決死の軍事作戦に等しい動物園夫婦の行為は、生き延びる知恵にもなる。
  
 
[025]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 真ん中mototencho2017-12-20
 
第3部を未見なのに荒っぽいですけれど、スターウォーズは3部作の真ん中が面白い。コミカルだし、これほど役者に注目して観たのも初の体験。
  
 
[026]否定と肯定
 則るmototencho2017-12-12
 
根絶など不可能、知らん顔していても、しつこいホラ吹きはウィルスと同じで、何度も突然変異を繰り返しては現れる。“情に訴えず、法に則る”これが最適で、本作観賞の効用は、少・・・
続きを読む
根絶など不可能、知らん顔していても、しつこいホラ吹きはウィルスと同じで、何度も突然変異を繰り返しては現れる。“情に訴えず、法に則る”これが最適で、本作観賞の効用は、少なくとも憂いを払う備えになる。
隠す
  
 
[027]すばらしき映画音楽たち
 やっぱmototencho2017-12-04
 
観賞前は音を楽しむつもりが、“やっぱ映画は劇場に行くしかないよな”になってしまった。
  
 
[028]gifted/ギフテッド
 フィットmototencho2017-11-29
 
複雑な現代にフィットしたストレートな感動作。ひとクセあるのは監督のワザで、“落としどころ”に飛びつくのはご用心ってのが隠し球。
  
 
[029]ふたりの旅路
 なんとmototencho2017-11-23
 
なんと60代の役者、桃井かおりとイッセー尾形が引っ張る作品が新鮮。ラトビアの純観光映画などと侮るなかれ、内容は深く感動的なファンタジー。
  
 
[030]ザ・サークル
 酷似mototencho2017-11-14
 
極めて新興宗教に酷似している巨大IT企業を描いていて、たいへんお勉強にもなります。いつの間にかIT機器を使いこなして、TVと似たような覗き趣味をインターネットは満たすよう・・・
続きを読む
極めて新興宗教に酷似している巨大IT企業を描いていて、たいへんお勉強にもなります。いつの間にかIT機器を使いこなして、TVと似たような覗き趣味をインターネットは満たすようになったのね。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION