allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「noir fleak」さんのコメント一覧 登録数(1219件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]山椒大夫
 親子が引き裂かれる舟のシーンのnoir fleak2017-09-19
 
幻想的な美しさはちょっと古今東西類を見ない。どこまでセットでどこまでロケなのかさえ分からない。まさに奇跡の映像だ。山中の姥捨て場の場面も然り。 しかしはっきり言えば・・・
続きを読む
幻想的な美しさはちょっと古今東西類を見ない。どこまでセットでどこまでロケなのかさえ分からない。まさに奇跡の映像だ。山中の姥捨て場の場面も然り。 しかしはっきり言えば、厨子王役の花柳が本作の欠点だ。どうも貴族の子には見えないし、絶叫調のセリフも耳障りだ。思慮のない、粗野な男のように設定した脚本にも責任がある。 どうせ森鴎外や伝説とは関係なく映画を作るのだったら、香川京子の出番を多くして、もっと勧善懲悪的要素を多くして山椒大夫をやっつけるようにすれば良かった!  映像100点、ストーリー30点というところ。
隠す
  
 
[002]彼女と彼
 30年位時代を先取りした映画noir fleak2017-09-18
 
としか思えない。といっても描かれたのは60年代の初頭、高度成長期にはいったばかりの郊外大型団地の中。そこにはまだバタ屋と呼ばれる人々も隣り合わせに暮らしていた。この・・・
続きを読む
としか思えない。といっても描かれたのは60年代の初頭、高度成長期にはいったばかりの郊外大型団地の中。そこにはまだバタ屋と呼ばれる人々も隣り合わせに暮らしていた。この設定も全ロケ撮影も素晴らしい。 先取りしているのは映画の語り口だ。理屈や説明や結果の予想などを一切排したストーリーテリング。まさに現代映画なのだ。衝撃だった。 左、岡田の二人とも見事だが、伊古奈を演ずる人はすごい。素人? まさか。もしそうだとしても一種の天才ではないかと思う。羽仁監督の眼力に脱帽した。 60年代一ニを争うくらいの傑作だ。
隠す
  
 
[003]ポーリンの冒険
 ベティハットンの歌う I wishnoir fleak2017-09-13
 
I didn\'t love you so という曲をしばらく前にネットで見つけ、いい歌だと思っていたら、本作の中でベティが歌ったものだった。失業中のオーディションで歌っているが名唱だ。・・・
続きを読む
I didn\'t love you so という曲をしばらく前にネットで見つけ、いい歌だと思っていたら、本作の中でベティが歌ったものだった。失業中のオーディションで歌っているが名唱だ。 最後がセンチメンタルになりすぎるのが難だが、ベッティハットンの体当たり演技が素晴らしい。最初の舞台でピアノの上に座って歌うシーンは見事だ。
隠す
  
 
[004]淑女と拳骨
 コメディーとはこういう映画noir fleak2017-09-13
 
と言いたくなる、いつもながらのライゼン監督のマジックだ。コルベールとマクマレーの二大スターはもちろんいいが、並みの映画ではなく驚きの演出が一杯。夢のシーンのスーパー・・・
続きを読む
と言いたくなる、いつもながらのライゼン監督のマジックだ。コルベールとマクマレーの二大スターはもちろんいいが、並みの映画ではなく驚きの演出が一杯。夢のシーンのスーパーマンシーン(解説にも書かれている通り)やトンネル工事の泥水との格闘、椅子取りゲーム、マクマレーのずっこける場面、コルベールが女をぶん殴るところなどなど、とにかくフレッシュなのだ。エンディングがどうなるのかは途中で想像がつくが、それも楽しい。 万人向けの傑作。
隠す
  
 
[005]あなたと私の合言葉 さようなら、今日は
 これは小津映画のパロディ。noir fleak2017-07-28
 
ふざけた題名といい、半分遊び心で作った映画としか思えない。冒頭のビル風景、家庭内の構図、カメラ直視の顔、ぶっきらぼうの短い会話、そしてやもめの父と娘の結婚話、とくれ・・・
続きを読む
ふざけた題名といい、半分遊び心で作った映画としか思えない。冒頭のビル風景、家庭内の構図、カメラ直視の顔、ぶっきらぼうの短い会話、そしてやもめの父と娘の結婚話、とくれば、もう何をか言わんや。 しかし名優たちの演技が見られるので楽しさいっぱいだ。 ロケ撮影も見事。車のショールームでの撮影など、外の景色に目を奪われてしまう。 (ここはどこだろう?) 1959年。日本は活気に溢れていたなー、、、、
隠す
  
 
[006]カサンドラ・クロス
 列車の行先が肝心の映画だというのに、noir fleak2017-07-26
 
運転士が一回も登場しないというのはどういう訳!? いかにも適当・いい加減な脚本だ。昔の映画なら、ここで老練の良識ある運転士(ジャンギャバンとか!)を登場させて、もっ・・・
続きを読む
運転士が一回も登場しないというのはどういう訳!? いかにも適当・いい加減な脚本だ。昔の映画なら、ここで老練の良識ある運転士(ジャンギャバンとか!)を登場させて、もっと面白くさせただろう。 エヴァガードナーはまだまだ妖艶でいいが、マーティンシーンが軽すぎる。秘密エージェントのOJシンプソンも、ころっとやっつけられるのが情けない。 いいのは空撮した列車の映像だけだった。
隠す
  
 
[007]グーギー・ウィザース
 "White Corridors" 1951noir fleak2017-07-26
 
病院ものの先駆的作品。グーギーウィザースという女優は知らなかったが、外科医師を演ずる本作で見る限り、なかなかの人だ。英国という国は、演劇が盛んだから俳優の質が非常に・・・
続きを読む
病院ものの先駆的作品。グーギーウィザースという女優は知らなかったが、外科医師を演ずる本作で見る限り、なかなかの人だ。英国という国は、演劇が盛んだから俳優の質が非常に高い。今でもそうだ。 James Donald, Petura Clark も出ている。クラーク演ずる新人看護婦もい。 レアな英国映画佳作。
隠す
  
 
[008]社会部物語
 この邦題はなかなかうまい。noir fleak2017-07-26
 
ジャックホーキンスはニュースエディターとなっているが、日本で言えば「社会部キャップ」というところか。妻とのパリ旅行を直前にすっぽかすほどモーレツぶり。(古い言葉か。・・・
続きを読む
ジャックホーキンスはニュースエディターとなっているが、日本で言えば「社会部キャップ」というところか。妻とのパリ旅行を直前にすっぽかすほどモーレツぶり。(古い言葉か。)殺人事件裁判、原爆博士とのインタビュー、母が事故で危篤となった幼い子供たち、などがからんで面白い。 しかし最後の飛行機事故はいただけない。妻が乗っていたかもしれないのに、それでも平然と仕事を続けることは、いくらなんでもあり得ないだろう。 少女ジェニーとの場面が泣かせる。
隠す
  
 
[009]ブーベの恋人
 イタリア映画はフェリーニ以降、noir fleak2017-07-26
 
ダメになったと極論したくなる。なぜなら、本作で描かれているような「抑制された愛」こそイタリア人の(少なくとも過去の)本質ではないかと思わせるからだ。フェリーニ的享楽・・・
続きを読む
ダメになったと極論したくなる。なぜなら、本作で描かれているような「抑制された愛」こそイタリア人の(少なくとも過去の)本質ではないかと思わせるからだ。フェリーニ的享楽・祝祭的雰囲気はゼロ。戦後すぐのイタリアンネオリアリズムがここにある。 クラウディアカルディナーレ! 何という素晴らしい女優だろう。チャキリスとの出会いのシーンの表情など忘れがたい。 しかしイタリアの戦後も大変だった。ファシスト協力をした司祭を市民がリンチにしようとする場面がある。国民の負った深い傷。 チャキリスも悪くないし、献身的に彼を助けようとする父親もいい。 60年代イタリア映画の傑作だ。
隠す
  
 
[010]タタール人の砂漠
 ロケ地はイラン高原らしいが、noir fleak2017-07-16
 
これが驚異だ。砦(本物?)とその周囲の古代遺跡とおぼしき住居跡、そして荒涼とした砂漠、、、、この風景だけで圧倒されてしまう。雪の中の行軍やイノシシ狩の撮影も素晴らし・・・
続きを読む
これが驚異だ。砦(本物?)とその周囲の古代遺跡とおぼしき住居跡、そして荒涼とした砂漠、、、、この風景だけで圧倒されてしまう。雪の中の行軍やイノシシ狩の撮影も素晴らしい。映像的にこれほどの迫力の映画は他に知らない。(モチロンGCなどゼロだろう。) 僻地の半ば見捨てられた砦に赴任した若き士官が、いつ来るとも知れぬ「敵」(国、民族一切不明。タタール人では勿論ない。)に待ちわびながら老いていき、ついに戦が現実になった時に、戦わず死ぬ、という不条理物語。欧州の錚々たる俳優陣が出ていて見応えがある。 岩波文庫で原作が出ているので、これは読まなければならない。 傑作。
隠す
  
 
[011]将軍月光に消ゆ
 I\'ll met ではなく Ill met !noir fleak2017-07-13
 
つまり病気のイルだ。知らなかったが語源はなんとシェークスピアの真夏の夜の夢に出てくるセリフだった。「月夜に悪しくもお会いしたな」みたいな意味。さすが英国映画だ。 パ・・・
続きを読む
つまり病気のイルだ。知らなかったが語源はなんとシェークスピアの真夏の夜の夢に出てくるセリフだった。「月夜に悪しくもお会いしたな」みたいな意味。さすが英国映画だ。 パウエル・プレスバーガーの名コンビ監督作品だが、戦争映画なのかコメディなのか焦点がはっきりしない。すばらしいクレタ島の景色だと思ったら、撮影はクレタではないらしい。 拉致したドイツ人将軍を最後まで丁重に扱い、将軍もなかなか度量のある人間として描かれている。なんだか、先の戦争の醜い面は忘れて、英雄的・人道的なことだけ思い返そうとした映画かと勘ぐってしまう。 名監督としては拍子抜けの作品。
隠す
  
 
[012]理想の夫
 まだ大戦終結から2年という当時にnoir fleak2017-07-06
 
巨額の予算で製作されたカラー映画。たびたび出てくるハイドパークのシーンはまさに圧巻だ。ロンドン中の貴族が馬車に乗ってやってきてお互いに挨拶を交わす。これがビクトリア・・・
続きを読む
巨額の予算で製作されたカラー映画。たびたび出てくるハイドパークのシーンはまさに圧巻だ。ロンドン中の貴族が馬車に乗ってやってきてお互いに挨拶を交わす。これがビクトリア朝下の上流社会の習わしだったのかと納得する。パーティーシーンのセットも絢爛豪華だ。 これほどの映画が作られた理由は、やはり「オスカーワイルドの喜劇」だからだろう。 The Fan, The Importance Being Earnest と並ぶ傑作だ。 ポーレットゴダードが」珍しく悪役。
隠す
  
 
[013]ナイジェル・パトリック
 "How to Murder A Rich Uncle" 1957noir fleak2017-07-02
 
ナイジェルパトリックは、英国映画ファンなら忘れられない人。一癖ある男の役が多い。すばらしい声とdiction をしている。 そのパトリックが何と初の監督をしたのが、本作。ア・・・
続きを読む
ナイジェルパトリックは、英国映画ファンなら忘れられない人。一癖ある男の役が多い。すばらしい声とdiction をしている。 そのパトリックが何と初の監督をしたのが、本作。アメリカから金持ちの叔父(チャールスコバーン!)が貧乏な貴族一家を訪ねてくる。なんの躊躇もなく、家族全員で叔父殺しの方法を考える、という完全なるブラックユーモア映画。 ごく若いマイケルケインが出ている。
隠す
  
 
[014]テキサスの五人の仲間
 どこへ行く?と聞かれ、noir fleak2017-07-02
 
ヘンリーフォンダは「サンアントニオ」と言ってから「サンアントン」と言い直した。確かに地元ではサンアントンと言うのが普通。だからフォンダは、いかにもよそ者という印象を・・・
続きを読む
ヘンリーフォンダは「サンアントニオ」と言ってから「サンアントン」と言い直した。確かに地元ではサンアントンと言うのが普通。だからフォンダは、いかにもよそ者という印象を与えた訳だ。さすが手が込んでいる! しかし、今はじめて見る人には、結末は途中で予想がつくだろう。この種の映画がたくさんあるから。 佳作であるのは間違いない。
隠す
  
 
[015]ノエル・カワード
 "The Astonished Heart" 1950noir fleak2017-07-02
 
英国でのノエルカワードという人の存在の大きさは日本で想像できない。ダンサーから出発して、俳優、劇作家、作曲家等々となったが、それ以上に「英国的センス」を体現した人と・・・
続きを読む
英国でのノエルカワードという人の存在の大きさは日本で想像できない。ダンサーから出発して、俳優、劇作家、作曲家等々となったが、それ以上に「英国的センス」を体現した人という意味で尊敬されている。 本作は、カワードがシナリオを書き、自ら主演した心理ドラマ。精神科医で顧客の不倫相談などをしているカワードは愛妻セリアジョンソンと一緒に何一つ不足ない生活をしていたが、セリアの同窓生マーガレットレイトン(顔がスーザンヘイワードにそっくり。)が現れて、思わぬ恋に落ちる、という話。 結末はビター。やはりカワードの演技がすばらしい。両女優も立派だ。
隠す
  
 
[016]狂熱の孤独
 ミシェルモルガンのバディーをnoir fleak2017-07-02
 
存分に見せる映画、と言ったら失礼か。この時代にこんなに下着姿のシーンが延々と続くのは珍しい。当時は大きな話題になっただろう。そしてモルガンは実に美しい。今一歩、国際・・・
続きを読む
存分に見せる映画、と言ったら失礼か。この時代にこんなに下着姿のシーンが延々と続くのは珍しい。当時は大きな話題になっただろう。そしてモルガンは実に美しい。今一歩、国際的大女優にはなれなかったが、フランスではレジョンドヌール勲章も受けたというから立派なものだ。 夭折したジェラールフィリップにはどうも汚れ役は似合わない。 全篇に流れる、騒々しいメキシコ音楽や爆竹の音。なんとなく「黒いオルフェ」を先駆した感じがする。 しかし見どころはモルガンに尽きる!
隠す
  
 
[017]フェリーニのアマルコルド
 フェリーニと言えば音楽はnoir fleak2017-06-26
 
ニーノロータと決まっているが、本作の中で、2回、ハロルドアーレンの名曲 Stormy Weather が流れる。子どもの頃を懐かしむと同時に嵐のような厳しい時代だったという意味が込・・・
続きを読む
ニーノロータと決まっているが、本作の中で、2回、ハロルドアーレンの名曲 Stormy Weather が流れる。子どもの頃を懐かしむと同時に嵐のような厳しい時代だったという意味が込められているのだろうか? 私も、狂った叔父のエピソードが一番面白かった。そして周りの人が、その狂人を見る目がやさしいことにちょっと感銘した。
隠す
  
 
[018]殴り込み戦闘機隊
 いつもながらケネスモアがnoir fleak2017-06-24
 
いい。美男でもない彼がなぜ英国で人気絶大だったのか、本作でも十分察せられる。 英国俳優にみられる気取りが全くないからだろう。 実在した、両足切断のハンデを乗り越えて、・・・
続きを読む
いい。美男でもない彼がなぜ英国で人気絶大だったのか、本作でも十分察せられる。 英国俳優にみられる気取りが全くないからだろう。 実在した、両足切断のハンデを乗り越えて、対独空中戦「バトルオブブリテン」で大活躍し、その後捕虜となりながらも無事生還したダグラスアーバーの伝記映画。英国の戦争物の佳作だ。
隠す
  
 
[019]アデライン、100年目の恋
 「1年後」の結末はnoir fleak2017-06-24
 
予想通りだったが、それをアデラインがあまり喜んだ風ではないのが気になった。 ハリソンフォード一家の描写がなかなかいい。 主演の女優は感じはいいが、いまいちスターの魅力・・・
続きを読む
予想通りだったが、それをアデラインがあまり喜んだ風ではないのが気になった。 ハリソンフォード一家の描写がなかなかいい。 主演の女優は感じはいいが、いまいちスターの魅力がない。これからはバイプレーヤーで活躍してほしい。
隠す
  
 
[020]小さな巨人
 これは見事なピカレスク小説だ。noir fleak2017-06-24
 
たとえて言えばバリーリンドンの西部劇版だろう。インディアン側視点から描いた、などという評価は胡散臭い。そこは本作でも全く中途半端だ。本作のいいところは、英雄ではなく・・・
続きを読む
たとえて言えばバリーリンドンの西部劇版だろう。インディアン側視点から描いた、などという評価は胡散臭い。そこは本作でも全く中途半端だ。本作のいいところは、英雄ではなく、あくまで一人のピカレスクを追ったところ、そして下手な説教や理屈を持ち込まなかったところにある。 チーフダンジョージの言う言葉が皆面白い。演技も見事だ。 悲劇的場面も多いが、本質的にはコメディー。そこがいい。
隠す
  
 
[021]美女と闘牛士
 メキシコでこんなに闘牛が人気noir fleak2017-06-19
 
があるとは知らなかった。まさに闘牛の美学を追求した、ちょっと変わった映画だ。アメリカ人で闘牛士になることを夢見た青年をロバートスタックが好演している。彼独特の笑わな・・・
続きを読む
があるとは知らなかった。まさに闘牛の美学を追求した、ちょっと変わった映画だ。アメリカ人で闘牛士になることを夢見た青年をロバートスタックが好演している。彼独特の笑わない目が戦いをする男にふさわしい。彼の代表作だろう。 長い闘牛場面はどれも圧巻だ。スタック自身も少しやっているように見える。立派。名監督ベティカーの隠れ傑作と言える。 しかし、やはり最後に剣を何本も背中に刺されて息絶える牛が可哀想! 
隠す
  
 
[022]グレイシー・フィールズ
 "Molly And Me" 1945noir fleak2017-06-18
 
イギリスが誇る女優、コメディエンヌ、そして大歌手のグレイシーフィールズ主演の喜劇。この時彼女はすでに47歳だったのでおばさんにはなっているが、すばらしい魅力だ。歌は・・・
続きを読む
イギリスが誇る女優、コメディエンヌ、そして大歌手のグレイシーフィールズ主演の喜劇。この時彼女はすでに47歳だったのでおばさんにはなっているが、すばらしい魅力だ。歌は、ビートルズも歌った My Bonnie などを歌っている。 死ぬ前に Dameの称号を受けたほどの人だが、Youtube で見られるいろいろなフッテージを見ると、彼女が死ぬまでいかに英国で愛されていたかがわかる。 ジャズ的な歌はあまり歌っていないので日本では全く知られていないのが残念。
隠す
  
 
[023]地獄の黙示録
 Susie Q !!!noir fleak2017-06-17
 
ヘリコプターから降りてきたプレイメイトたちが踊るシーン。これは傑作だ。音楽といい踊りといい兵士たちのクレイジーぶりといい、最高。とくにカウボーイハットをかぶって踊る・・・
続きを読む
ヘリコプターから降りてきたプレイメイトたちが踊るシーン。これは傑作だ。音楽といい踊りといい兵士たちのクレイジーぶりといい、最高。とくにカウボーイハットをかぶって踊る子! 冒頭のヘリコプター攻撃シーンに流れるワグナーも有名。 映画はあまり印象に残らない。
隠す
  
 
[024]捜索者
 何十年ぶりかで見直してみると、noir fleak2017-06-14
 
戸外なのにスタジオセットが多いこと、最後の決戦シーンがあまりにあっけらかんとしていることなど、不満が多い。イーサンと兄嫁の(あったかもしれない)恋愛関係やイーサンの・・・
続きを読む
戸外なのにスタジオセットが多いこと、最後の決戦シーンがあまりにあっけらかんとしていることなど、不満が多い。イーサンと兄嫁の(あったかもしれない)恋愛関係やイーサンの異常なまでのインディアン憎悪もやはり不可解だ。 しかしなぜ本作が史上最高のウェスタン映画になっているか、その理由は簡単だ。ジョンウェインと圧倒的なロケ撮影だろう。屋内から外を映すシーンで始まり、そして終わる。まさに映画芸術の美といえる。
隠す
  
 
[025]大統領の執事の涙
 ダイナワシントンが歌うnoir fleak2017-06-14
 
Ill close my eyes が流れる。これには人種問題に「目をつぶって」仕事に専念してきた黒人たちの悔悟やあきらめの意味が込められているのだろうか? しかし人種問題の扱いがあ・・・
続きを読む
Ill close my eyes が流れる。これには人種問題に「目をつぶって」仕事に専念してきた黒人たちの悔悟やあきらめの意味が込められているのだろうか? しかし人種問題の扱いがあまりに皮相的で定式化している。(冒頭のレイプ〜殺人など) 最後に「今まで戦ってきたすべての人に捧ぐ」とあるが、その意図は買う。しかしフリーダムライダースの挿話以外はどうも面白さがない。 主役のウィテカーは、バードでもそうだったが、いまいち好きになれない。
隠す
  
 
[026]フィラデルフィア物語
 名作の評価が高いが、全然noir fleak2017-06-09
 
面白くないというのが率直な印象だ。なぜか? それは短い日本語字幕では、各セリフの面白さが全く伝わらないからだ。 それに三大俳優の演技も私にはあまりに「こういうのが演・・・
続きを読む
面白くないというのが率直な印象だ。なぜか? それは短い日本語字幕では、各セリフの面白さが全く伝わらないからだ。 それに三大俳優の演技も私にはあまりに「こういうのが演技だ」と言わんばかりで鼻につく。一番自然なのはスチュワートだが。
隠す
  
 
[027]M★A★S★H マッシュ
 このサイトの解説を書いた人noir fleak2017-06-01
 
に100%賛成。Suicide is Painless というジョニーマンデルの書いた主題歌は本当に素晴らしい曲だ。公開当時見た時は全然気にも留めなかったが、スーレイニーの歌を聞いて目・・・
続きを読む
に100%賛成。Suicide is Painless というジョニーマンデルの書いた主題歌は本当に素晴らしい曲だ。公開当時見た時は全然気にも留めなかったが、スーレイニーの歌を聞いて目からウロコが落ちた。ビルエバンス、アーマドジャマル、マルウォルドロンなどもやっているが、スーレイニーのボーカル盤が断然好きだ。 歌詞も見事で特にこのくだり、、、  A brave man once requested me To answer questions that are key Is it to be or not to be And I replied "O why ask me?" は傑作と思う。 なお自殺願望の男の仇名が Painless とは笑ってしまう。 映画はそれほどめちゃめちゃに面白いとも思わないが(特に終盤のアメフットシーンは冗長。これが映画のハイライトではない!)、この主題歌と「ラジオ東京」から流れる当時の日本人歌手によるポップ曲がいい。 なんとジュリーロンドンの亭主であの「ルート66」を作曲したボビートゥループが運転手役で出ている。
隠す
  
 
[028]日本列島
 映画としては皆面白いが、noir fleak2017-05-31
 
本作といい、帝銀事件、下山事件と連なる熊井監督の映画は、一貫して(米側による)陰謀史観に基づいている。当時の世相(安保闘争などなど)からどうしても反米的色彩になる気・・・
続きを読む
本作といい、帝銀事件、下山事件と連なる熊井監督の映画は、一貫して(米側による)陰謀史観に基づいている。当時の世相(安保闘争などなど)からどうしても反米的色彩になる気持ちはわからぬでもないが、松川事件、三鷹事件、スチュワーデス殺しなどをすべて陰謀という目で見るのは、50年たった今ではちょっと荒唐無稽にしか感じられない。戦後の混乱というのはいわば人心も混乱していたということなのだろう。
隠す
  
 
[029]大いなる男たち
 古き良きハリウッド大作。noir fleak2017-05-29
 
ジョンウェインとロックハドソンという二大俳優の顔見世映画だけに終わらず、ストーリーもいいし、3000頭の馬が出てくる撮影がすばらしい。女優陣もいい。 なぜこの映画があま・・・
続きを読む
ジョンウェインとロックハドソンという二大俳優の顔見世映画だけに終わらず、ストーリーもいいし、3000頭の馬が出てくる撮影がすばらしい。女優陣もいい。 なぜこの映画があまり知られてないのかが不思議だ。 メキシコの反革命側に支援していたフランス兵だけが散々殺されるというのは、ちょっとお笑いだ。 最後あまりに簡単に目的を遂げてしまうのが少々スリルには欠けるが、非常に楽しい西部劇の快作だ。
隠す
  
 
[030]ブルーベルベット
 名作になった大きな理由のnoir fleak2017-05-23
 
一つは、音楽の選択にあったと断じたい。とにかく素晴らしい。30年前に見た時の印象で今でもはっきり記憶しているのは、勿論ロッセリーニの裸(笑)とディーンストックウェルの・・・
続きを読む
一つは、音楽の選択にあったと断じたい。とにかく素晴らしい。30年前に見た時の印象で今でもはっきり記憶しているのは、勿論ロッセリーニの裸(笑)とディーンストックウェルの歌うシーンだ。今回見直して、それがロイオービソンのIn Dreamsという曲だと知った。そしてその後に続くのが、ビルドゲットの大ヒットナンバーのHonky Tonk。このシーンのシュールな感じ(人を横に並べて、一人に奇怪なダンス、、、)は最高だ。 俳優陣では何といってもデニスホッパー! 全てのセリフに"Fuck"が入るという滅茶苦茶の怪演。デビットリンチ監督という人は、疑似ストーリーを作って、あくまで映画的筋道をたてるが、本当はそんなことはどうでもよく、シーンごとの一瞬のスリル・幻惑を観客に与えることが大好きなのだ。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION