allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「pumpkin」さんのコメント一覧 登録数(246件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]妖刀物語 花の吉原百人斬り
 千恵蔵がいいpumpkin2018-10-18
 
歌舞伎の「籠釣瓶」の映画化とされていますが、すっかり脚色されていて、ほとんど別物です。しかし、内田吐夢らしい作品になっています。内田監督は虐げられた者の怒りや悲しみを・・・
続きを読む
歌舞伎の「籠釣瓶」の映画化とされていますが、すっかり脚色されていて、ほとんど別物です。しかし、内田吐夢らしい作品になっています。内田監督は虐げられた者の怒りや悲しみを描くのを得意としていましたが、プロレタリア的でも、社会派的でもないところが、全く独歩だと思います。今井正、山本薩夫、家城巳代治などと比べると違いは歴然です。 水谷良重(二代目水谷八重子)は好演とは言いながら、この頃はバタ臭いので、ちょっと違和感もあります。
隠す
  
 
[002]たそがれ酒場
 カメラが奮闘pumpkin2018-10-16
 
内田吐夢作品としては珍しい新東宝映画です。そのため、後年スターになった丹波哲郎、宇津井健、天知茂が顔を見せています。さらに、津島恵子がストリッパーという仰天のキャス・・・
続きを読む
内田吐夢作品としては珍しい新東宝映画です。そのため、後年スターになった丹波哲郎、宇津井健、天知茂が顔を見せています。さらに、津島恵子がストリッパーという仰天のキャスティング。プリントが比較的良いことは意外。実験的な作品なので、コメントしにくいですが、酒場の中だけのカメラワークがなかなか面白かった。後年のキン・フー監督の「迎春閣之風波」のカメラを思い出しました。
隠す
  
 
[003]ふきげんな過去
 吉展ちゃん誘拐事件pumpkin2018-10-15
 
台詞の間が独特で、小演劇風です。小泉今日子好みという感じがしますが、未来子はその名とうらはらに、キョンキョン世代よりかなり以前の世代を思わせます。康則ちゃん誘拐事件・・・
続きを読む
台詞の間が独特で、小演劇風です。小泉今日子好みという感じがしますが、未来子はその名とうらはらに、キョンキョン世代よりかなり以前の世代を思わせます。康則ちゃん誘拐事件は吉展(よしのぶ)ちゃん誘拐事件を連想しますし、爆弾作りにいそしむ未来子は、過激派を連想させます。ただ、小演劇の舞台ならともかく、映画としてはこなれていないのではないかな。
隠す
  
 
[004]少年メリケンサック
 パンクとは?pumpkin2018-10-15
 
最初に「パンクって何?」ってせりふがあるけど、パンクとは「成長しない、賢くならない」ことだと思います。その点、この映画の登場人物は、宮崎あおいも含めてみんなパンクです。・・・
続きを読む
最初に「パンクって何?」ってせりふがあるけど、パンクとは「成長しない、賢くならない」ことだと思います。その点、この映画の登場人物は、宮崎あおいも含めてみんなパンクです。 むかし見た時は結構面白いくらいに思いましたが、今度見直したら、すごく面白かった。その理由は、「あまちゃん」を見たから。「あまちゃん」を見ると「メリケンサック」が面白くなり、「メリケンサック」を見ると、「あまちゃん」が面白くなると思います。登場人物が成長しない点、「あまちゃん」もパンクなのかも。
隠す
  
 
[005]バトルシップ
 レトロ感満載pumpkin2018-10-11
 
これって半世紀以上前のテレビのSFドラマの再現ではないのかな。こちらは金こそかかっているけれど、ストーリーは安っぽく、ご都合主義だらけのところは同じです。しかし、そ・・・
続きを読む
これって半世紀以上前のテレビのSFドラマの再現ではないのかな。こちらは金こそかかっているけれど、ストーリーは安っぽく、ご都合主義だらけのところは同じです。しかし、それはむしろ意図的で、見所はそこにあります。たとえば戦前の化粧品のポスターや、ポプラ社の江戸川乱歩物みたいにレトロ感満載で楽しめます。
隠す
  
 
[006]クリード チャンプを継ぐ男
 チャートフ&ウィンクラーpumpkin2018-10-09
 【ネタバレ注意】
まずはスタローンが元気でうれしいです(役柄ではそうでないけど)。しかし、製作コンビのひとりロバート・チャートフの遺作になってしまいました。チャートフとアーウィン・ウ・・・
続きを読む
まずはスタローンが元気でうれしいです(役柄ではそうでないけど)。しかし、製作コンビのひとりロバート・チャートフの遺作になってしまいました。チャートフとアーウィン・ウィンクラーのコンビは数々の傑作、快作を送り出してきました(ウィンクラーには監督作もあり)。特色は、エンタメ風味の社会派で、人間に関心があり(CGいっぱいがほとんどない)、やや暗めの世界観を持つ点です。「ロッキー」はスタローンの持ち込み企画だけれど、2人の持ち味とぴったり合っていたと思います。チャートフの遺作がこれになった(しかも出来が良い)ことはしあわせです。合掌。
隠す
  
 
[007]ブルーム・オブ・イエスタディ
 ラトビアにもホロコーストpumpkin2018-10-05
 
ラトビアのホロコーストが扱われているのが珍しかった。なるほど、戦前のバルト三国は、曲がりなりにも独立国だったので、ポーランドのような状況になっても不思議ではないので・・・
続きを読む
ラトビアのホロコーストが扱われているのが珍しかった。なるほど、戦前のバルト三国は、曲がりなりにも独立国だったので、ポーランドのような状況になっても不思議ではないのですね。 登場人物のほとんどが共感を呼びにくいのが、この映画のミソだと思います。反ナチだからいい人というわけではありません。だからといって、人格を攻撃してその人の思想を否定するのはアンフェアな態度だと思います。
隠す
  
 
[008]白い帽子の女
 浅丘ルリ子と石坂浩二pumpkin2018-10-01
 
映画の出来はそんなに悪くないと思うのですが、この2人でこの映画、これではない感がいっぱいです。 アンジーはやせてしまって浅丘ルリ子にそっくりです。一昔前なら、浅丘ルリ・・・
続きを読む
映画の出来はそんなに悪くないと思うのですが、この2人でこの映画、これではない感がいっぱいです。 アンジーはやせてしまって浅丘ルリ子にそっくりです。一昔前なら、浅丘ルリ子と石坂浩二でリメイクできそうです。
隠す
  
 
[009]幼な子われらに生まれ
 要求が高いpumpkin2018-10-01
 
三島監督作品を見るのは「繕い裁つ人」に続いて2本目。前の時は気づきませんでしたが、どうやら俳優に難しい演技を要求するのが好きな監督みたいです。それも必要以上に。出演者・・・
続きを読む
三島監督作品を見るのは「繕い裁つ人」に続いて2本目。前の時は気づきませんでしたが、どうやら俳優に難しい演技を要求するのが好きな監督みたいです。それも必要以上に。出演者はいずれもそれに応えて好演していますが、こんなに微妙な演技をする必要があるのかという気もします。
隠す
  
 
[010]ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期
 ダメ女バンザイpumpkin2018-09-30
 
例によって面白いけれど、特に後半がいい。このシリーズ何がいいかというと、ヒロインのダメ女っぷりが最高です。したがって、邦題は言い得て妙(あるいははまりすぎか)だと思・・・
続きを読む
例によって面白いけれど、特に後半がいい。このシリーズ何がいいかというと、ヒロインのダメ女っぷりが最高です。したがって、邦題は言い得て妙(あるいははまりすぎか)だと思います。 もともとわたしはダメ男の映画が好きなのですが、このシリーズに限ってダメ女もいいなぁと感じます。その点、言うまでもないけれど、レニー・ゼルウィガーの功績は大です。
隠す
  
 
[011]オレの獲物はビンラディン
 ビンラディン誘拐未遂で御用pumpkin2018-09-28
 
もっとむちゃくちゃのおバカ映画かと思ったら、案外シリアスで、考え込んでしまいました。普通に生きても一生、この主人公みたいなのも一生、どっちがいいと決められるのかな。・・・
続きを読む
もっとむちゃくちゃのおバカ映画かと思ったら、案外シリアスで、考え込んでしまいました。普通に生きても一生、この主人公みたいなのも一生、どっちがいいと決められるのかな。人生って何なのかな。
隠す
  
 
[012]ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
 異類婚姻譚pumpkin2018-09-22
 
前作の「ブレンダンとケルズ」が多分にアイルランドのアイデンティティーとナショナリズムを感じさせたのに対し、こちらは昔話の異類婚姻譚です。ただし、発端にあるべき男と女の・・・
続きを読む
前作の「ブレンダンとケルズ」が多分にアイルランドのアイデンティティーとナショナリズムを感じさせたのに対し、こちらは昔話の異類婚姻譚です。ただし、発端にあるべき男と女の出会いが描かれないのは異例で、そのため終わり近くなるまで異類婚姻譚と気づきにくくなっています。 画面が美しいのは独特です。ストーリーをあれこれ言う必要はないのかも。
隠す
  
 
[013]リングサイド・ストーリー
 サトエリに票pumpkin2018-09-18
 
面白くて笑わせてもらいました。佐藤江梨子がコメディエンヌとしてこんなに優秀とは驚きました。「腑抜けども」も良かったけれど、あれは地でやっているみたいだったので、演技力・・・
続きを読む
面白くて笑わせてもらいました。佐藤江梨子がコメディエンヌとしてこんなに優秀とは驚きました。「腑抜けども」も良かったけれど、あれは地でやっているみたいだったので、演技力に目がいきませんでした。今まで目と口元に特徴のあるセクシー女優というイメージを持っていたので、お見それしました。 格闘技ファンには別の楽しみがありそうです。わたしは、キックボクシングというと、沢村忠ですから、古いですね。
隠す
  
 
[014]モンスターズクラブ
 私的映画pumpkin2018-09-18
 
再起した豊田監督の「変わらないぞ、負けないぞ」という自己表明の作品ではないかな。したがって、自らを主人公に投影した私的映画として見るべきでしょう。
  
 
[015]ビジランテ
 埼玉には見えないけどpumpkin2018-09-17
 
埼玉の県民性は淡泊でドロドロしていません。「サイタマのラッパー」の時も多少感じたけれど、今回はとても埼玉には見えません(景色は埼玉らしくていい)。アメリカの地方都市だ・・・
続きを読む
埼玉の県民性は淡泊でドロドロしていません。「サイタマのラッパー」の時も多少感じたけれど、今回はとても埼玉には見えません(景色は埼玉らしくていい)。アメリカの地方都市だったら自然かな。でも、そんなこと、あんなことは入江監督の力業でねじ伏せられています。その点、いかにも入江監督らしい作品です。
隠す
  
 
[016]木と市長と文化会館/または七つの偶然
 饒舌を楽しむpumpkin2018-09-14
 
エリック・ロメールはかつてよく見ましたが、新作が続々と来るので、とても見切れませんでした。これも見なかった1本。二十数年も前の作品ながら、田舎の過疎、環境問題など今・・・
続きを読む
エリック・ロメールはかつてよく見ましたが、新作が続々と来るので、とても見切れませんでした。これも見なかった1本。二十数年も前の作品ながら、田舎の過疎、環境問題など今も変わらぬ問題を取り上げています(ソ連崩壊も影を落としています)。ロメールとしては珍しくアクチュアルな問題を取り上げていますが、デビュー作の「獅子座」が「ホームレスの作り方」みたいだったのを思えば、決して異色ではありません。 久しぶりに登場人物が異常に饒舌なロメール映画を堪能しました。
隠す
  
 
[017]エル ELLE
 こちらの「エル」はpumpkin2018-09-09
 
「エル」といえば、ルイス・ブニュエルに変態映画の傑作があります。同じ題で極めつきの変態監督ポール・ヴァーホーヴェンが撮ったというので期待したのですが、それほど変態でも・・・
続きを読む
「エル」といえば、ルイス・ブニュエルに変態映画の傑作があります。同じ題で極めつきの変態監督ポール・ヴァーホーヴェンが撮ったというので期待したのですが、それほど変態でも背徳的でもなく、ちょっと肩すかしでした。それでもあちこちに人間を描かずに変態を描くヴァーホーヴェン調が健在で、楽しめました。
隠す
  
 
[018]立ち去った女
 常識外れpumpkin2018-09-08
 【ネタバレ注意】
長さといい、ごく一部を除いて固定カメラの長回しといい(例外のシーンはなぜそこだけ手持ちカメラでブレブレなのか不明)、とにかく常識外れの映画です。しかし、そういうもの・・・
続きを読む
長さといい、ごく一部を除いて固定カメラの長回しといい(例外のシーンはなぜそこだけ手持ちカメラでブレブレなのか不明)、とにかく常識外れの映画です。しかし、そういうものと割り切ってみれば、サスペンスがあるわけでもないのに退屈しないのがすごい。さらに、これだけ長いのに肝心のシーンがしばしば描かれないのも独特です。たとえば、ヒロインに罪を着せた真犯人が自白するシーンや、ゲイが暴行されるシーン、ゲイが拳銃を盗むシーン、ヒロインが気づくシーン、ロドリゴが射殺されるシーンなどです。これも映画文法無視の一環なのかな。
隠す
  
 
[019]ブランカとギター弾き
 うれしくなる映画pumpkin2018-09-04
 
資金はイタリア、スタッフは大半日本、俳優と舞台はフィリピンという混成部隊映画ですが、見事なできばえです。主役のふたりが素晴らしい。見ていて、自分が人間であることがう・・・
続きを読む
資金はイタリア、スタッフは大半日本、俳優と舞台はフィリピンという混成部隊映画ですが、見事なできばえです。主役のふたりが素晴らしい。見ていて、自分が人間であることがうれしくなる映画です。
隠す
  
 
[020]ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
 心地よい映画pumpkin2018-09-02
 
感動の実話でかつベストセラーという作りやすいとはいえない題材を見事にまとめたロジャー・スポティスウッド監督といつもながらの控えめな演技が心地よいジョアンヌ・フロガッ・・・
続きを読む
感動の実話でかつベストセラーという作りやすいとはいえない題材を見事にまとめたロジャー・スポティスウッド監督といつもながらの控えめな演技が心地よいジョアンヌ・フロガットに各一票。ときどき猫の目線になるカメラも良かった。
隠す
  
 
[021]皆さま、ごきげんよう
 ブニュエルそっくりpumpkin2018-08-31
 
イオセリアーニ作品を見るのは初めて。変な作品を作る人で、好き嫌いが極端に分かれると聞いていました。ほんの数分見ただけで、ルイス・ブニュエルに似ていると感じ、結局間違・・・
続きを読む
イオセリアーニ作品を見るのは初めて。変な作品を作る人で、好き嫌いが極端に分かれると聞いていました。ほんの数分見ただけで、ルイス・ブニュエルに似ていると感じ、結局間違っていませんでした。わたしはブニュエルが好きなので楽しみましたが、ブニュエルの亜流という感じも濃厚なので、そんなに評価は出来ません。 わけがわからないなど、言うだけやぼです。
隠す
  
 
[022]残像
 ワイダはどこにpumpkin2018-08-28
 
教授の亡くなった1952年にはワイダ、ポランスキー、カワレロウィッチは映画人として歩み始めていました。数年後には世界を驚かす作品が生まれました。黒眼鏡の俳優ズビグニエフ・・・
続きを読む
教授の亡くなった1952年にはワイダ、ポランスキー、カワレロウィッチは映画人として歩み始めていました。数年後には世界を驚かす作品が生まれました。黒眼鏡の俳優ズビグニエフ・チブルスキーも登場しました。これを奇跡と言わないではおれません。ワイダたちも画面のどこかに映っていたかもしれません。 ただ、わたしには教授の作品も、奥さんの作品もあまり魅力的に見えなかったのが残念です。
隠す
  
 
[023]セールスマン
 巧緻で欧米的pumpkin2018-08-27
 
ファルハディ監督はきわめて巧緻な作風だと思いますが、その巧緻さが欧米系なところがわたくし的には面白くありません。いくら優れていても、イラン映画らしいローカル性が感じ・・・
続きを読む
ファルハディ監督はきわめて巧緻な作風だと思いますが、その巧緻さが欧米系なところがわたくし的には面白くありません。いくら優れていても、イラン映画らしいローカル性が感じられないので、たとえばアッバス・キアロスタミ作品を初めて見た時のような衝撃がないのです(そういう言い方は上から目線だと言われるかもしれませんが)。本作品もすぐハリウッドでリメイクできそうです。
隠す
  
 
[024]ワーロック
 もやもやの原因pumpkin2018-08-25
 
なかなか風格ある西部劇です。しかしながら、見ていてどうももやもやします。その原因は2つあると思います。1つはみなさん指摘のドミトリク監督の経歴のため、深読みせざるを・・・
続きを読む
なかなか風格ある西部劇です。しかしながら、見ていてどうももやもやします。その原因は2つあると思います。1つはみなさん指摘のドミトリク監督の経歴のため、深読みせざるを得ないことです。ハリウッド・テンへ連座して収監され、獄中で転向しています。この映画の正義と悪の曖昧さ、正論ばかり吐き、何もしない人(判事)など、ドミトリク監督にはほかにもあえて深読みさせるような作品が多い。 もう1つはヘンリーフォンダとアンソニー・クインの関係。その友情のわかりにくさ。わたしは、同性愛的関係だと思います。もちろん製作年代からすれば、描けるわけがないのですが、そこがもやもやの原因だと思います。
隠す
  
 
[025]ホンドー
 まずまず?いまひとつ?pumpkin2018-08-21
 
むかし、めったにけなさない淀川長治が「監督がジョン・ファロウ?じゃあ、つまらないや。なんて言ったものです」と言ったことがあります。職人派で、そんなに悪くないと思うので・・・
続きを読む
むかし、めったにけなさない淀川長治が「監督がジョン・ファロウ?じゃあ、つまらないや。なんて言ったものです」と言ったことがあります。職人派で、そんなに悪くないと思うのですが。さて、本作は悪くはないけど、いまひとつかな。この人はむしろサスペンスの方が面白いと思うのですが。「夜は千の目を持つ」や「大時計」は良かった。
隠す
  
 
[026]海辺の生と死
 もう少し親切にpumpkin2018-08-13
 【ネタバレ注意】
島尾敏雄・ミホ夫妻の悲劇は文学的には有名ですが、一般にはさほど有名ではありません。その点、この映画は全体的にいささか不親切ではないかと思います。ラストシーンを見て、・・・
続きを読む
島尾敏雄・ミホ夫妻の悲劇は文学的には有名ですが、一般にはさほど有名ではありません。その点、この映画は全体的にいささか不親切ではないかと思います。ラストシーンを見て、ふたりが結ばれたか、別れたかがわからない人も少なくないはずです(原作のクレジットを見よというわけではないでしょう)。わたしは一瞬、名前も地名も架空だから、結末も史実に則らないのかと思ってしまいました。
隠す
  
 
[027]ウォーキング・ウィズ・エネミー/ナチスになりすました男
 せめてこっそりpumpkin2018-08-11
 
ハンガリーはナチスの同盟国だったそうなので、登場人物の立場も微妙です。そもそもどこの国にもナチスのシンパはいっぱいいました。見ていて怖くなるのは、自分がその場にいた・・・
続きを読む
ハンガリーはナチスの同盟国だったそうなので、登場人物の立場も微妙です。そもそもどこの国にもナチスのシンパはいっぱいいました。見ていて怖くなるのは、自分がその場にいたらどの立場を取るかに確信が持てないからです。極悪非道なふるまいをしないという確信がないからです。ホロコーストに荷担しないという確信が持てないからです。せめてこっそりかばってあげたいとは思いますが。
隠す
  
 
[028]アンコール!!
 いつ死ぬかpumpkin2018-07-24
 
人生終わりが近づいてくると、どうやって最後を迎えようかと思うようになります。しかし、人は死に方は選べません。「ガンで死ぬのも悪くない。いつごろ死ぬかがわかるから」とい・・・
続きを読む
人生終わりが近づいてくると、どうやって最後を迎えようかと思うようになります。しかし、人は死に方は選べません。「ガンで死ぬのも悪くない。いつごろ死ぬかがわかるから」といった友人がいましたが、全面的に賛成ではありませんが、一理あります。本作品はよくある話ですが、老人には身にしみます。
隠す
  
 
[029]奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
 お仕事映画pumpkin2018-07-22
 
「お仕事小説」好きのわたしには、大根監督の「お仕事映画」も好物です。登場人物のような編集者やライターも結構いるんですよね。それにしても水原希子のはまりっぷりがすごい。ほ・・・
続きを読む
「お仕事小説」好きのわたしには、大根監督の「お仕事映画」も好物です。登場人物のような編集者やライターも結構いるんですよね。それにしても水原希子のはまりっぷりがすごい。ほかのキャストは考えられないです。
隠す
  
 
[030]静かなふたり
 いまなぜ赤い旅団pumpkin2018-07-19
 
団塊の世代ならすぐ感じられる60年代の大学紛争やテロリズムの影を引きずった人物。しかし、上滑りしていて心に響きません。監督は若い女性みたいなので、なぜこの題材を取り上・・・
続きを読む
団塊の世代ならすぐ感じられる60年代の大学紛争やテロリズムの影を引きずった人物。しかし、上滑りしていて心に響きません。監督は若い女性みたいなので、なぜこの題材を取り上げたのか不思議です。「チャルラータ」も意味不明でした。サタジット・レイの「大地のうた」3部作などを見に行ったころを思い出して懐かしかったことはたしかですが。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION