allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「pumpkin」さんのコメント一覧 登録数(150件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]ケンとカズ
 個性的風貌がいいpumpkin2017-11-18
 
監督も俳優も全く知らないけれど、なかなか見応えがあります。何より主要な出演者がみな個性的な風貌で、誰が誰だかわからないということがないのがいい。主役二人は存在感もあ・・・
続きを読む
監督も俳優も全く知らないけれど、なかなか見応えがあります。何より主要な出演者がみな個性的な風貌で、誰が誰だかわからないということがないのがいい。主役二人は存在感もあります。ただ、ラストは自首するところと解さなければならないけれど(いくら何でもあのまま逃げおおせるとは思えない)、あんなに怪我しているのにけろっとしているのは不自然。
隠す
  
 
[002]シークレット・オブ・モンスター
 今現在の独裁者たちはpumpkin2017-11-18
 
21世紀は独裁者の世紀になるかもという予感の中、過去に時代を借りて、架空の独裁者の少年時代を描いた異色作です。今現在の独裁者たちはどのような少年時代を送ったのかを想像・・・
続きを読む
21世紀は独裁者の世紀になるかもという予感の中、過去に時代を借りて、架空の独裁者の少年時代を描いた異色作です。今現在の独裁者たちはどのような少年時代を送ったのかを想像しながら見ました。
隠す
  
 
[003]ファミリー・ツリー
 最優秀意識不明賞pumpkin2017-11-16
 
延々意識不明のまま死んでしまう妻役パトリシア・ヘイスティに最優秀意識不明賞を上げたい。生命維持装置を外されてからは無惨で、そのがんばりに拍手します。最初に元気なワン・・・
続きを読む
延々意識不明のまま死んでしまう妻役パトリシア・ヘイスティに最優秀意識不明賞を上げたい。生命維持装置を外されてからは無惨で、そのがんばりに拍手します。最初に元気なワンシーンがあったのが女優としてせめてもの救いです。 かつて「お葬式」の奥村公延に最優秀遺体賞を上げたいという声がありましたが、それに匹敵します。
隠す
  
 
[004]ある天文学者の恋文
 I miss youpumpkin2017-11-12
 
女性とつきあうにはマメでないと駄目なんだなあと感心してしまいました。それにしても死んだあとまでマメなんてびっくりです。 わたしにも是非もう一度会いたいと思う故人がい・・・
続きを読む
女性とつきあうにはマメでないと駄目なんだなあと感心してしまいました。それにしても死んだあとまでマメなんてびっくりです。 わたしにも是非もう一度会いたいと思う故人がいますが、その人には映像がいろいろ残っているので、これを見ながらその人のことを思い出してしまいました。I miss youとはこういう感覚だとその人を失った時思ったものです。
隠す
  
 
[005]MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間
 寂しさとペーソスpumpkin2017-11-11
 
これ固有名詞は本物でも、ストーリーは大半フィクションなんでしょうか。「死刑台のエレベーター」くらいしか思い浮かばない無知な当方にとって、その辺がよくわかりませんでした・・・
続きを読む
これ固有名詞は本物でも、ストーリーは大半フィクションなんでしょうか。「死刑台のエレベーター」くらいしか思い浮かばない無知な当方にとって、その辺がよくわかりませんでした。全盛期を過ぎたミュージシャンの寂しさとペーソスが見所でした。
隠す
  
 
[006]侠女
 カメラとアクションは見事pumpkin2017-11-05
 
キン・フー監督はアクションは見事だけれど、人間は全く描けないタイプなので、カメラとアクションの見事さだけ見ればよいと思います。 「聊斎志異(タイトルでは聊斎誌異)によ・・・
続きを読む
キン・フー監督はアクションは見事だけれど、人間は全く描けないタイプなので、カメラとアクションの見事さだけ見ればよいと思います。 「聊斎志異(タイトルでは聊斎誌異)による」とありますが、どの話を脚色したらこうなるのか、理解に苦しむようなものです。雰囲気もあまりに異なり、タイトルに謳うべきではなかったと思います。
隠す
  
 
[007]リトル・ボーイ 小さなボクと戦争
 メルヘン?pumpkin2017-11-03
 【ネタバレ注意】
制作陣は日本について無知とは思えないのに、元寇の話が荒唐無稽なのは、この作品自体がメルヘンであることを示唆しているような気がします。従ってハッピーエンドはこうなるも・・・
続きを読む
制作陣は日本について無知とは思えないのに、元寇の話が荒唐無稽なのは、この作品自体がメルヘンであることを示唆しているような気がします。従ってハッピーエンドはこうなるものなのでしょう。 主人公たちはアイルランド系らしく、信仰もカトリックです。この作品にはそういう陰影があるようです。うがち過ぎかもしれませんが、アイルランドはほら話が名物ですから、あまり深刻に考えない方がいいのかもしれません。
隠す
  
 
[008]聖の青春
 紳士と野人pumpkin2017-11-01
 
大崎善生の原作は将棋ファンの間ではかなり有名です。将棋棋士を題材にしたフィクションとしては北条秀司の「王将」は別格として、団鬼六の「真剣師小池重明」と並ぶ感動があると思・・・
続きを読む
大崎善生の原作は将棋ファンの間ではかなり有名です。将棋棋士を題材にしたフィクションとしては北条秀司の「王将」は別格として、団鬼六の「真剣師小池重明」と並ぶ感動があると思います。こういうストーリーになると関根金次郎(あるいは木村義雄)vs坂田三吉や大山康晴vs升田幸三のように紳士と野人という描き方になりますが、本作はそれに則りながら、もう少し現代性を持たせたところがなかなかだと思いました。
隠す
  
 
[009]わたしを離さないで
 老いと死pumpkin2017-10-29
 
原作は未読です。SF的設定はなにか目くらましみたいに思えます。私たちは生きていく内に一つ一つ能力を失って、ついには老いて死を迎えます。ちょうど主人公たちが一つずつ臓器・・・
続きを読む
原作は未読です。SF的設定はなにか目くらましみたいに思えます。私たちは生きていく内に一つ一つ能力を失って、ついには老いて死を迎えます。ちょうど主人公たちが一つずつ臓器を失って死を迎えるように。主人公たちが何ら抵抗しないのと同じように私たちも老いと死に逆らうすべはありません。
隠す
  
 
[010]埋もれる殺意 〜26年の沈黙〜
 出し遅れの正義pumpkin2017-10-15
 【ネタバレ注意】
第1作の時から感じていたのですが、本作で一層思ったのは、何十年も前の事件に正義を与える必要があるのかということです。本作では、最後に犯人は見逃される結果となりました・・・
続きを読む
第1作の時から感じていたのですが、本作で一層思ったのは、何十年も前の事件に正義を与える必要があるのかということです。本作では、最後に犯人は見逃される結果となりましたが、それまでにあまりに多くの人たちが傷つきました。これで良いのかとの思いがします。ここで持ち出すのは個人的には気に染まないのですが、「復讐するは我にあり(裁きは神に)」なのかもしれません。
隠す
  
 
[011]埋もれる殺意 〜39年目の真実〜
 イギリステイストpumpkin2017-10-13
 【ネタバレ注意】
39年もたっていれば関係者はみんな老いさらばえてしまいますね。そこで、地味で力のある老優がいっぱいいるイギリスにふさわしい作品となります。有名なのはトム・コートネイの・・・
続きを読む
39年もたっていれば関係者はみんな老いさらばえてしまいますね。そこで、地味で力のある老優がいっぱいいるイギリスにふさわしい作品となります。有名なのはトム・コートネイのみ。真実を言っているのか、嘘を言っているのかさっぱりわからず、しかも感じが悪い見事な演技です。
隠す
  
 
[012]スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ
 詐欺師魂pumpkin2017-10-11
 
当時のスペインの政治状況や詐欺の手口がよくわからず、理解が行き届きませんが、「スティング」のようなコン・ゲームではないので、爽快感はありません。見るべきは実在の主人公・・・
続きを読む
当時のスペインの政治状況や詐欺の手口がよくわからず、理解が行き届きませんが、「スティング」のようなコン・ゲームではないので、爽快感はありません。見るべきは実在の主人公の詐欺師魂です。ぴりぴりした緊迫感があります。実在の天才詐欺師をモデルとした高木彬光の傑作「白昼の死角」を思い出しました。
隠す
  
 
[013]特捜部Q Pからのメッセージ
 世界は一つでないpumpkin2017-10-11
 
このシリーズ見るのは初めて。ポリスアクションとはいいながら、全編宗教と信仰問題に覆われています。無神論者の捜査官の思考を頼りに理解に努めますが、よくわからない部分が・・・
続きを読む
このシリーズ見るのは初めて。ポリスアクションとはいいながら、全編宗教と信仰問題に覆われています。無神論者の捜査官の思考を頼りに理解に努めますが、よくわからない部分があります。しかし、世界は一つでない、またその必要もないということを改めて認識させられました。
隠す
  
 
[014]ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
 ためになりましたpumpkin2017-10-07
 
当方大学卒業以来40年あまり、ずっとつきあいが続いている十数人の仲間、女性が6割のグループ。女性で離婚再婚した人も複数あれば、美人なのにずっと独り身の人も。女性陣は男・・・
続きを読む
当方大学卒業以来40年あまり、ずっとつきあいが続いている十数人の仲間、女性が6割のグループ。女性で離婚再婚した人も複数あれば、美人なのにずっと独り身の人も。女性陣は男性よりつきあいが濃密なので、きっとこれに近いこともあるのだろうな。とにかく面白く勉強になりました。
隠す
  
 
[015]だれかの木琴
 なつかし、ごめんpumpkin2017-09-15
 
個人的な思いだけ書きます。 東陽一監督の全盛期はかれこれ四十年近くも以前のことです。しかしこの作品でいまだ健在ぶりを見せつけられてうれしかった。 もう一つ、最初と最後・・・
続きを読む
個人的な思いだけ書きます。 東陽一監督の全盛期はかれこれ四十年近くも以前のことです。しかしこの作品でいまだ健在ぶりを見せつけられてうれしかった。 もう一つ、最初と最後に流れた女性の歌が耳についたのですが、最後のタイトルでむかしよく聞きに行った波多野睦美さんと知って思い出にふけってしまいました。スペインの古い歌(あるいはセファルディの歌?)。
隠す
  
 
[016]日曜日には鼠を殺せ
 英雄というより意固地pumpkin2017-09-14
 
実はフレッド・ジンネマンは苦手な監督なのです。その中で本作は秀作だと思います。ジンネマンは好んで意固地な人を描きますが、そこが苦手なのです。おそらくジンネマンは主人・・・
続きを読む
実はフレッド・ジンネマンは苦手な監督なのです。その中で本作は秀作だと思います。ジンネマンは好んで意固地な人を描きますが、そこが苦手なのです。おそらくジンネマンは主人公に自らを投影させているのでしょう。
隠す
  
 
[017]消えた声が、その名を呼ぶ
 オスマン帝国、不思議の国pumpkin2017-09-05
 
オスマン帝国は多くの民族、様々な宗教・宗派が共存する帝国で、一時はヨーロッパを圧倒するくらい強大でした。わたしなどにはその強さの由来がよくわかりません。次第に欧米列・・・
続きを読む
オスマン帝国は多くの民族、様々な宗教・宗派が共存する帝国で、一時はヨーロッパを圧倒するくらい強大でした。わたしなどにはその強さの由来がよくわかりません。次第に欧米列強に圧倒され、末期にはトルコ人によるトルコ人のための国になってしまいました。アルメニア人虐殺はそのような流れで生じたのだと思います。今のトルコはオスマン帝国がトルコ人だけの帝国であったかのようにふるまっています。 後半の遍歴部分はリアリティがないように見えますが、「天路歴程」をイメージしたともとれます。
隠す
  
 
[018]ミス・シェパードをお手本に
 邦題は良くないpumpkin2017-08-28
 
1970年代から80年代にかけては寛容な時代だったんだなあとしみじみ思いました。しかし、これを今映画化する意味は何なのかなあ。昔は良かったではあまりに寂しい気がします。 ・・・
続きを読む
1970年代から80年代にかけては寛容な時代だったんだなあとしみじみ思いました。しかし、これを今映画化する意味は何なのかなあ。昔は良かったではあまりに寂しい気がします。 作家は当時はマザコン青年だったはずなので、舞台ならともかく、映画では老けすぎだと思います。 三輪自動車なんてのがあったんですね。日本のオート三輪は荷台があって、八百屋さんが走らせていましたが、それとは違うんですね。
隠す
  
 
[019]太陽
 DDTとシラミ取りpumpkin2017-08-26
 
全体が寓話としてみるべきもののようですが、どう解釈するかは各自次第なのでしょう。 ひとつだけ。はじめの方のキュリオが消毒されるシーンで進駐軍が街頭で頭からDDTを振りか・・・
続きを読む
全体が寓話としてみるべきもののようですが、どう解釈するかは各自次第なのでしょう。 ひとつだけ。はじめの方のキュリオが消毒されるシーンで進駐軍が街頭で頭からDDTを振りかけた話を思い出しました(後に環境汚染のためDDT自体が禁止になってしまいました)。当時は電車で通勤すると毎日帰ってからシラミ取りをしなければならなかったそうです。
隠す
  
 
[020]ニュースの真相
 偽文書、偽メールpumpkin2017-08-20
 
これを見るとトランプなんかブッシュに比べて可愛く見えてしまいます。製作がオーストラリア中心というのも、製作費の問題だけなのかもしれませんが、やっぱり触れにくい問題な・・・
続きを読む
これを見るとトランプなんかブッシュに比べて可愛く見えてしまいます。製作がオーストラリア中心というのも、製作費の問題だけなのかもしれませんが、やっぱり触れにくい問題なのでしょう。日本の配給もマイナーですし。 日本でも野党がつかませられた偽メールというのがありましたね。
隠す
  
 
[021]ほとりの朔子
 やっぱり怖いpumpkin2017-08-14
 
「淵に立つ」の「イヤシネ」(後味の悪い映画)具合に恐れをなしてこわごわ見始めたのですが、「淵に立つ」ほど作り込んでいないので比較的楽に見られました。そうは言ってもすでに簡・・・
続きを読む
「淵に立つ」の「イヤシネ」(後味の悪い映画)具合に恐れをなしてこわごわ見始めたのですが、「淵に立つ」ほど作り込んでいないので比較的楽に見られました。そうは言ってもすでに簡単な映画ではありません。 インドネシアを研究しているヒロインの叔母さんの研究歴、陰口をきく画家のおばさんの生活感、イヤミな大学講師とキャンパスの風景、ビジネスホテルを装うラブホテルのたたずまい、登場人物たちのややこしい親族関係など細部が妙にリアルで生々しく、そこが見所と思います。 深田作品は登場人物が第一印象を裏切る言動をするところが肝のようです。(そこが怖い)
隠す
  
 
[022]みんなのアムステルダム国立美術館へ
 日本も参戦pumpkin2017-08-07
 
開館の日程が全く無視されるのがすごい。オランダ人は規律正しく、几帳面と聞いていたので、日本人に似ているのかと思っていましたが、どうも違うようです。ナチスの支配を脱し・・・
続きを読む
開館の日程が全く無視されるのがすごい。オランダ人は規律正しく、几帳面と聞いていたので、日本人に似ているのかと思っていましたが、どうも違うようです。ナチスの支配を脱して、国民性も変わったのか。 日本の仁王像のエピソードが結構長いのは驚きです。最後の日本人僧侶は真言宗だと思います。
隠す
  
 
[023]熟れた快楽
 パイパンは死を招くpumpkin2017-07-27
 【ネタバレ注意】
題名とはうらはらに愛に関する哲学的映画です。心満たされないヒロイン(あるいは更年期障害?)が肉体関係までは行かないものの、ある学者と親しくなり、夫に暴力を振るわれま・・・
続きを読む
題名とはうらはらに愛に関する哲学的映画です。心満たされないヒロイン(あるいは更年期障害?)が肉体関係までは行かないものの、ある学者と親しくなり、夫に暴力を振るわれます。ついに学者の求めに応じて陰毛を剃られてパイパンになり、それを夫に見せつけます。激怒した夫はヒロインを半死半生の目に遭わせ、殺してしまったと思い自殺します。 ドイツ人女性はつい最近まで腋毛を生やしていましたから、パイパンを見せつけられて、夫は激怒するのでしょうか。夫婦の機微がいまいちわからないところがあります。
隠す
  
 
[024]薔薇の葬列
 18禁pumpkin2017-07-20
 
オクテだった上、映画に関心がなかったものですから、自分で選んで見に行った最初の映画がこれ。たぶんピーターが好きだったからではないかな。面白い面白くない以前にあまり出・・・
続きを読む
オクテだった上、映画に関心がなかったものですから、自分で選んで見に行った最初の映画がこれ。たぶんピーターが好きだったからではないかな。面白い面白くない以前にあまり出来が良くないと思った記憶があります。それでも18禁の映画を見て満足して帰りました。
隠す
  
 
[025]紅の空
 もう一度見たいpumpkin2017-07-20
 
親が全く映画館に連れて行ってくれなかったものですから、映画館で最初に見た映画はたぶん「妖星ゴラス」と本作。前者も面白かったけれど、本作もとても面白く、長い間あれは何と・・・
続きを読む
親が全く映画館に連れて行ってくれなかったものですから、映画館で最初に見た映画はたぶん「妖星ゴラス」と本作。前者も面白かったけれど、本作もとても面白く、長い間あれは何という映画だったろうと思っていました。佐藤允が印象的で、痛快で、最後の方にしゅんとなるシーンがあったと思います。
隠す
  
 
[026]太陽のめざめ
 現場の努力pumpkin2017-07-13
 【ネタバレ注意】
教師失格だった当方としては、個々の場面の判断に異論があるとしても、判事を始め様々な人々の努力に頭の下がる思いがします。 ラストで、今まで常に机を隔てて腰掛けていた判・・・
続きを読む
教師失格だった当方としては、個々の場面の判断に異論があるとしても、判事を始め様々な人々の努力に頭の下がる思いがします。 ラストで、今まで常に机を隔てて腰掛けていた判事が、机を隔てず立って主人公に対するのは感動的でした。(全く立たず、下半身が映らないカトリーヌ・ドヌーブの体調を心配してしまいました)
隠す
  
 
[027]葛城事件
 キリスト教徒ならpumpkin2017-07-10
 
私は宗教には思い入れもなく、特に一神教は独善的なところが嫌いなのですが、この作品を見ると、キリスト教の国ならこういう展開にはならないと思いました。どんな立場の人であ・・・
続きを読む
私は宗教には思い入れもなく、特に一神教は独善的なところが嫌いなのですが、この作品を見ると、キリスト教の国ならこういう展開にはならないと思いました。どんな立場の人であれ、「人には原罪がある」「命は自分のものではなく、神のものであるから自殺は許されない」「復讐するは我にあり(裁くのは神の専権事項)」といった神の問題に突き当たるからです。宗教も役立つこともあるのかなと初めて思いました。だからといって信仰を持とうとは思わないのですが、それならこの作品に見る人間性への絶望に時に耐えなければならないのだと思いました。
隠す
  
 
[028]ノック・ノック
 ソンドラ・ロックpumpkin2017-06-28
 
ソンドラ・ロックのファンだったものですから、「メイクアップ」も見たことがあります。ロックのアバズレ感がすごく、魅力的でした。本作の女の子はかわいいけど少し迫力不足では・・・
続きを読む
ソンドラ・ロックのファンだったものですから、「メイクアップ」も見たことがあります。ロックのアバズレ感がすごく、魅力的でした。本作の女の子はかわいいけど少し迫力不足ではないかな。 クレジットにロックの名前があるのは複雑な思いがします。
隠す
  
 
[029]奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ
 ホロコーストとはpumpkin2017-06-21
 
最初の方で先生が、「ナチスがユダヤ人にしたことはホロコーストだが、イスラエルがパレスチナでしていることはホロコーストではない」と言い切るところは深刻な問題を含んでいる・・・
続きを読む
最初の方で先生が、「ナチスがユダヤ人にしたことはホロコーストだが、イスラエルがパレスチナでしていることはホロコーストではない」と言い切るところは深刻な問題を含んでいると思います。イスラムに改宗し、信仰心厚い生徒が、釈然としない思いから去って行くのは理解できます。一方、イスラム教徒でも主導的役割を果たした生徒もいます。ホロコーストの問題は一筋縄にはいかないと思います。
隠す
  
 
[030]オーバー・フェンス
 時代設定pumpkin2017-06-19
 
予備知識なしに見始めたのですが、この話現代じゃないですよね。20年くらい前に思える。ひょっとしたら昭和の終わり頃かも。みんなたばこ吸ってるし、ケータイ、スマホ、パソコ・・・
続きを読む
予備知識なしに見始めたのですが、この話現代じゃないですよね。20年くらい前に思える。ひょっとしたら昭和の終わり頃かも。みんなたばこ吸ってるし、ケータイ、スマホ、パソコン出てこないし、職業訓練所はとても役に立ちそうにないこと教えているし、動物園のセキュリティも甘いし。 オダギリジョーは今までそんなこと思ってもみなかったのに、この作では目つきやしぐさがわたしの友人にそっくりで、昭和のにおいがいっぱいでした。 蒼井優のダチョウのまねはとてもうまかった。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION