allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「pumpkin」さんのコメント一覧 登録数(208件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]カフェ・ソサエティ
 反則?pumpkin2018-06-17
 
思ったほど服装などに1930年代の雰囲気が出ていないような気がします。その代りに当時の映画人の名前の大洪水です。アメリカでも若い人たちにはわかるのかなぁ。わたしは年寄り・・・
続きを読む
思ったほど服装などに1930年代の雰囲気が出ていないような気がします。その代りに当時の映画人の名前の大洪水です。アメリカでも若い人たちにはわかるのかなぁ。わたしは年寄りで、若い頃にはここに出てくる人たちはまだそんな過去の人ではなかったので、たいてい名前や顔が浮かんできますが、名前で過去を感じさせるのは、反則ではないかな。
隠す
  
 
[002]20センチュリー・ウーマン
 人間賛歌pumpkin2018-06-15
 
登場人物は変人ばかりですけれど、基本的には人間賛歌というのがマイク・ミルズ監督の姿勢のようです。山田洋次監督に似ているといえなくもありません。山田監督の方がわかりや・・・
続きを読む
登場人物は変人ばかりですけれど、基本的には人間賛歌というのがマイク・ミルズ監督の姿勢のようです。山田洋次監督に似ているといえなくもありません。山田監督の方がわかりやすく作られていますが、現実はこんなにうまくいくのかなと思わせるところも似ています(そこが人間賛歌なのだと言われればその通りなのですが)。
隠す
  
 
[003]ゼロ・ダーク・サーティ
 現代の忠臣蔵pumpkin2018-06-09
 
これは現代の忠臣蔵です。普通なら決断に至る大統領の苦悩を描くところを、大統領は姿さえ見せないで、同僚を失った諜報員の私情に寄り添っているからです。仇討ちと討ち入り、・・・
続きを読む
これは現代の忠臣蔵です。普通なら決断に至る大統領の苦悩を描くところを、大統領は姿さえ見せないで、同僚を失った諜報員の私情に寄り添っているからです。仇討ちと討ち入り、それがすべてだと思います。その観点から言えば、アメリカの圧倒的物量作戦に対して、ビン・ラディンはよく戦ったと思います。
隠す
  
 
[004]網走番外地 荒野の対決
 おきゃんな大原麗子pumpkin2018-06-02
 
ヤクザ映画がばんばんテレビ放映されていたむかしでも、なぜかめったに放映されなかった「網走番外地」シリーズ。見所はいろいろありますが、セミレギュラーで大原麗子が出演して・・・
続きを読む
ヤクザ映画がばんばんテレビ放映されていたむかしでも、なぜかめったに放映されなかった「網走番外地」シリーズ。見所はいろいろありますが、セミレギュラーで大原麗子が出演しているのもその一つです。映画では後年のイメージとは違ってズベ公(古い!)だった大原麗子ですが、このシリーズではズベ公ではなくおきゃんな感じ(これも古い!)で魅力的です。この作品でも馬に乗ったり、馬が殺されて泣き叫ぶシーンなど意外な姿を見せてくれます。
隠す
  
 
[005]マイ・プライベート・アイダホ
 フォルスタッフpumpkin2018-05-29
 
ボブとスコットの部分は明らかにシェイクスピアが元ネタですね。ボブがフォルスタッフ、スコットが王子ヘンリーというわけです。 前作「ドラッグストア・カウボーイ」と感触がよ・・・
続きを読む
ボブとスコットの部分は明らかにシェイクスピアが元ネタですね。ボブがフォルスタッフ、スコットが王子ヘンリーというわけです。 前作「ドラッグストア・カウボーイ」と感触がよく似ている作品で、その点、製作年代よりさらに以前の味わいがします。
隠す
  
 
[006]エリザのために
 娘の決断pumpkin2018-05-17
 
登場人物のほとんどがエリート、特権階級です。それでいて国に対して信頼も希望も抱いていないのが深刻です。両親も亡命時代はうまくいっていたらしいのに、帰国し、娘が出来て・・・
続きを読む
登場人物のほとんどがエリート、特権階級です。それでいて国に対して信頼も希望も抱いていないのが深刻です。両親も亡命時代はうまくいっていたらしいのに、帰国し、娘が出来てからダメになってしまっているのが象徴的です。娘はどんな決断をするのでしょうか。子供は親が思うよりしっかりしているものではありますが。
隠す
  
 
[007]修羅桜
 大曽根監督pumpkin2018-05-16
 
当時はまだ珍しかった群像劇風時代劇。オールスターキャストなので交通整理に苦心しているところもあるけれど、破綻なく仕上がり、上出来です。当時松竹でこの大作時代劇を仕切・・・
続きを読む
当時はまだ珍しかった群像劇風時代劇。オールスターキャストなので交通整理に苦心しているところもあるけれど、破綻なく仕上がり、上出来です。当時松竹でこの大作時代劇を仕切れるのは大曽根監督しかいなかったので起用されたと思いますが、それに応えています。大曽根監督は鞍馬天狗(杉作が美空ひばり)もいいし、職人派だけれど腕はいいです。
隠す
  
 
[008]モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
 腐れ縁pumpkin2018-05-16
 【ネタバレ注意】
男女の心の機微にうとい当方にはなかなか難しい映画なのですが、フランス版「浮雲」という気がします。「浮雲」と違ってこちらは一応ハッピーエンドですが、その辺がフランス流なの・・・
続きを読む
男女の心の機微にうとい当方にはなかなか難しい映画なのですが、フランス版「浮雲」という気がします。「浮雲」と違ってこちらは一応ハッピーエンドですが、その辺がフランス流なのでしょう。ただ、主人公二人(特に男)が年を取って性欲が減退しての平穏というのは、少し楽観的だと思います。男が年取ってああなるかなぁ。
隠す
  
 
[009]わたしは、ダニエル・ブレイク
 あなたもわたしも時代遅れpumpkin2018-05-14
 
福祉制度の不備・不合理を告発した映画で、まさにケン・ローチといえば社会派、社会派と言えばケン・ローチという作品です。ただ、わたしが見ながら考えたのはもう一つのこと。・・・
続きを読む
福祉制度の不備・不合理を告発した映画で、まさにケン・ローチといえば社会派、社会派と言えばケン・ローチという作品です。ただ、わたしが見ながら考えたのはもう一つのこと。 技術の進歩が早すぎて、人が追いついていけないこと。主人公は患ってはいても腕のいい大工なのだから、尊重されてしかるべきなのに、そうはならない。技術の習得には時間がかかるのに、習得した時にはそんな技術は無意味になってしまうかもしれない。そのうち30歳頃までに人は時代遅れになって施しを受けるようになるかもしれません。
隠す
  
 
[010]戦場のアリア
 スコットランド人はなぜドイツ人を憎むのかpumpkin2018-05-07
 
一番感動的なミサのシーン。よく考えるとなかなか複雑です。フランスとスコットランドはカトリックですが、ドイツはプロテスタント。ドイツ兵にとってミサは目慣れないものだっ・・・
続きを読む
一番感動的なミサのシーン。よく考えるとなかなか複雑です。フランスとスコットランドはカトリックですが、ドイツはプロテスタント。ドイツ兵にとってミサは目慣れないものだったでしょう。さらにドイツ兵の指揮官はなんとユダヤ人。自分で言っていましたが、ユダヤ教徒はクリスマスは祝いません(イエスは偽預言者だから)。 ラストに司教がドイツ人を皆殺しにしろというところで出てくるのが、例のマタイ書第10章第34節。イエスの「わたしは平和をもたらすために来たのではない。剣をもたらすために来たのだ」の言葉。 本作品は決して単なる美談ではありません。
隠す
  
 
[011]槍一筋日本晴れ
 名手の異色作pumpkin2018-05-03
 
かつてはよく知られていた忠臣蔵外伝俵星玄蕃の物語(三波春夫の歌も有名)ですが、元々のフィクションにさらにフィクションを加えています。東宝コメディの名手青柳信雄として・・・
続きを読む
かつてはよく知られていた忠臣蔵外伝俵星玄蕃の物語(三波春夫の歌も有名)ですが、元々のフィクションにさらにフィクションを加えています。東宝コメディの名手青柳信雄としては異色作で、喜劇人が多数出演していますが、アチャラカにならず、しっかりまとめているのはさすがです。加東大介の玄蕃が悪かろうはずはありませんが、若いカップルの小泉博と八千草薫がいまにもまずい。ことに若き日の八千草は意外な拙演。
隠す
  
 
[012]ローマ法王になる日まで
 理解できなくても感動するpumpkin2018-04-28
 
題名から予想していたのとは全く違う苛烈な映画で驚きました。若き日の法王が日本に赴任したかったのはイエズス会だからですね(ザビエルはイエズス会創設者の一人)。 むかし・・・
続きを読む
題名から予想していたのとは全く違う苛烈な映画で驚きました。若き日の法王が日本に赴任したかったのはイエズス会だからですね(ザビエルはイエズス会創設者の一人)。 むかしおつきあいのあった神父さんがいました。ポツダム中尉(敗戦で一階級特進したことを言う)で、復員して入信した方で、かなりの高位の方でした。教会以外でのおつきあいだったので信仰の話はしませんでしたが、入信に戦争が関わっているのは想像に難くありませんでした。
隠す
  
 
[013]ザ・ミッシング 〜囚われた少女〜
 年寄りでもわかるpumpkin2018-04-27
 
五つの時を行ったり来たりという複雑な構成にもかかわらず、年寄りの当方にもついて行けました(似た顔のキャストがいないのが助かります)。核心のトリックはなぜそんなことを・・・
続きを読む
五つの時を行ったり来たりという複雑な構成にもかかわらず、年寄りの当方にもついて行けました(似た顔のキャストがいないのが助かります)。核心のトリックはなぜそんなことをしたかに工夫が凝らされていて、ユニークといえると思います。
隠す
  
 
[014]ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿
 スカラ座百科pumpkin2018-04-23
 
スカラ座百科という趣の作品です。もう少しアーカイブ映像がたくさん見られるかと思っていたのですが、残念。そもそも映像そのものがあまり残っていないのかも。オペラ座に限ら・・・
続きを読む
スカラ座百科という趣の作品です。もう少しアーカイブ映像がたくさん見られるかと思っていたのですが、残念。そもそも映像そのものがあまり残っていないのかも。オペラ座に限らず、全盛期のカラスの映像は少ししかないらしいし、トスカニーニのオペラに至っては、映像はもちろん録音すらほとんどないそうですから(1曲のみ?)。 一方、カラヤンが自分の演奏を後世に残すことに執着したことは、この映画でもうかがえます。
隠す
  
 
[015]昼顔
 大通俗に満足pumpkin2018-04-21
 【ネタバレ注意】
テレビドラマは見てなくて、これだけ見たのですが、今時こんな大通俗があるのかと驚きました。これはけなしているのではありません。最初から大通俗なのですが、ラストは大通俗・・・
続きを読む
テレビドラマは見てなくて、これだけ見たのですが、今時こんな大通俗があるのかと驚きました。これはけなしているのではありません。最初から大通俗なのですが、ラストは大通俗のてんこ盛りで、ここまでやれば立派です。大けがをした妻が無理心中の疑いで取り調べも受けず、バスで退院するなんてあり得ないですが、そこが大通俗のゆえんでしょう。
隠す
  
 
[016]ドラッグストア・カウボーイ
 ブラックユーモアpumpkin2018-04-16
 
今見ると、ピーター・フォンダ、デニス・ホッパーなどのヒッピー&ドラッグ映画の流れをくんだ作品であることがわかります(現代のドラッグものとは違う)。従って、主人公たち・・・
続きを読む
今見ると、ピーター・フォンダ、デニス・ホッパーなどのヒッピー&ドラッグ映画の流れをくんだ作品であることがわかります(現代のドラッグものとは違う)。従って、主人公たちは定住せず、ストーリーのわりに明るさやユーモアが感じられます。死体を隠したり埋めたりするシーンなんか、ブラックユーモアですね。
隠す
  
 
[017]エクス・マキナ
 あるいは天才、あるいはマッチョpumpkin2018-04-09
 
社長のネイサンが天才だけれども知性が乏しいように描かれているのは、アメリカのベンチャー企業の成功者と共通しているような気がします。天才だけど頭が悪いと言うべきか。
  
 
[018]ミルドレッド・ピアース
 身分違いpumpkin2018-04-06
 
アメリカには貴族はいないけれど、逆に独特の身分差があるようです(無用に身分を振り回す人がいる)。本作品はそういった意味の悲劇ととることも出来ます。たぶんその辺りは、・・・
続きを読む
アメリカには貴族はいないけれど、逆に独特の身分差があるようです(無用に身分を振り回す人がいる)。本作品はそういった意味の悲劇ととることも出来ます。たぶんその辺りは、ジェイムズ・M・ケインの原作にしっかりと描かれているのでしょう。
隠す
  
 
[019]未来を花束にして
 個性的風貌のフェミニストたちpumpkin2018-03-31
 
競馬場の事件については、同時代人のサキ(ヘクター・ヒュー・マンロー)がとりあげて、フェミニストたちを罵倒しているので、知っていましたが、こういうことなのかとわかりま・・・
続きを読む
競馬場の事件については、同時代人のサキ(ヘクター・ヒュー・マンロー)がとりあげて、フェミニストたちを罵倒しているので、知っていましたが、こういうことなのかとわかりました。 もう少しフェミニスト側に共感できるよう描くことも可能だったと思いますが、そうしないのがイギリス流なのでしょう。
隠す
  
 
[020]バラバ
 バラバ気にするなpumpkin2018-03-27
 
神の子と称するものが、なすすべもなく処刑されたら、その宗教はおしまいになるはずですが、知恵者がいて、人間には原罪があり、神の子は罪なくしてそれを引き受けたのだと解釈・・・
続きを読む
神の子と称するものが、なすすべもなく処刑されたら、その宗教はおしまいになるはずですが、知恵者がいて、人間には原罪があり、神の子は罪なくしてそれを引き受けたのだと解釈しました。すると、イエスが処刑され、バラバが助かるのは決まっていたことになりますから、そんなに罪の意識を持つ必要はないと思うのですが。 この種の映画の中では、脚本がしっかりしていて、CGなしの大規模セットやモブシーンが素晴らしく、しばしば流れるグレゴリオ聖歌のメロディーも印象的。
隠す
  
 
[021]ヘイル、シーザー!
 それでも映画を愛すpumpkin2018-03-26
 【ネタバレ注意】
ヴィクター・マチュアみたいなジョージ・クルーニー、エスター・ウィリアムズみたいなスカーレット・ヨハンソン、ジーン・ケリーみたいなチャニング・テイタム、「ラ・ラ・ラン・・・
続きを読む
ヴィクター・マチュアみたいなジョージ・クルーニー、エスター・ウィリアムズみたいなスカーレット・ヨハンソン、ジーン・ケリーみたいなチャニング・テイタム、「ラ・ラ・ランド」同様もっとハリウッド映画をよく知っていたらと思う作品です。しかし、「ラ・ラ・ランド」がオマージュに満ちていたのに対して、こちらは相当ひねくれた愛です。(それにしてもミュージカルダンサーの再現技術がすごい。日本ではライン・ダンスだって再現困難なのに) 杉本良吉と岡田嘉子みたいにソ連に亡命する映画人なんてほんとにいたのかしら。誘拐犯は「ハリウッド・テン」を象徴して十人かと思ったらそうではありませんでした。
隠す
  
 
[022]続・深夜食堂
 楽しんで見るpumpkin2018-03-24
 
この作品、成り立ちからしても、立派な批評をしたり、感動したりするものではなく、あれこれ細部を見ながら楽しむものなのでしょう。 わたしなんか仏事のシーンを見て、仏事の・・・
続きを読む
この作品、成り立ちからしても、立派な批評をしたり、感動したりするものではなく、あれこれ細部を見ながら楽しむものなのでしょう。 わたしなんか仏事のシーンを見て、仏事の帰りに飲み屋に寄ったりするかと思ったり、たしかに作家や学者が死ぬと出版社が葬儀をとり仕切るよなとか思いながら見ていました。
隠す
  
 
[023]ビルマの竪琴
 なぜ撮ったのかpumpkin2018-03-24
 
1956年版ははるか昔に見ましたが、1985年版は今まで見たことがありませんでした。なんか見る気になれなかったのです。出来の善し悪しは別にして、およそヒューマニズムには関心・・・
続きを読む
1956年版ははるか昔に見ましたが、1985年版は今まで見たことがありませんでした。なんか見る気になれなかったのです。出来の善し悪しは別にして、およそヒューマニズムには関心がないと思われる市川監督と脚本の和田夏十がなぜこれを撮るのかがよくわからないからです。何かがあるのかと思って見てもなにもありません。松山善三などが撮るのならわかるのですが。
隠す
  
 
[024]ザ・ドライバー
 影響だらけpumpkin2018-03-21
 
この時期のウォルター・ヒルはたいてい見ているはずなのに、なぜか見た記憶がありません。でもこの頃はさすがだなぁ。 いろいろ影響作があるので、何がなにやらという気もしま・・・
続きを読む
この時期のウォルター・ヒルはたいてい見ているはずなのに、なぜか見た記憶がありません。でもこの頃はさすがだなぁ。 いろいろ影響作があるので、何がなにやらという気もします。 ところで、思い出したのが、ローレンス・ブロックの殺し屋ケラーシリーズ。もちろんケラーは本作よりずっと後(1993ころ登場)。ブロックは本作を知っていたんだろうなぁ。
隠す
  
 
[025]LOGAN/ローガン
 ローガン、カムバックpumpkin2018-03-18
 【ネタバレ注意】
「シェーン」をモチーフにしたアイディアが素晴らしい。シェーンの死はラストで暗示されていましたが(致命傷を負っている)、ローガンは死にます。そして、シェーンのラストの十・・・
続きを読む
「シェーン」をモチーフにしたアイディアが素晴らしい。シェーンの死はラストで暗示されていましたが(致命傷を負っている)、ローガンは死にます。そして、シェーンのラストの十字架がここにもあらわれ、さらにそれがXに変わるのが秀逸です。
隠す
  
 
[026]奇蹟がくれた数式
 近くて遠く、遠くて近いpumpkin2018-03-14
 
この映画の時代は今から百年前。E・M・フォースターが「インドへの道」(1924)で「イギリス人とインド人は地上では理解し合えない」と書いた頃です。それが曲がりなりにも可能にな・・・
続きを読む
この映画の時代は今から百年前。E・M・フォースターが「インドへの道」(1924)で「イギリス人とインド人は地上では理解し合えない」と書いた頃です。それが曲がりなりにも可能になったのは、ハーディが相当な世間知らずで頑固だったからだと思います。業績を自分のものにすることも出来たはずだからです。 百年前は、近くて遠いのか、遠くて近いのか。わたしには大正初期は近く感じられますが。
隠す
  
 
[027]おじいちゃんはデブゴン
 コミカルより哀愁pumpkin2018-03-10
 
久しぶりに見たサモ・ハン・キンポー映画。もっとコミカルな作品かと思ったら、哀愁漂うものでした。さすがに往年のアクションは無理だったけど、元気そうでうれしかった。 ラ・・・
続きを読む
久しぶりに見たサモ・ハン・キンポー映画。もっとコミカルな作品かと思ったら、哀愁漂うものでした。さすがに往年のアクションは無理だったけど、元気そうでうれしかった。 ラストでナレーションの正体が明かされて、ホロッとしました。
隠す
  
 
[028]エディ・レッドメイン アンダーテイカー 葬る男と4つの事件
 クリスマス・ストーリーpumpkin2018-03-05
 【ネタバレ注意】
普通クリスマス・ストーリーと言えば、ファミリーかカップル向けの心温まるお話ですが、これは大人向けのクリスマス・ストーリーです。そのためすべてがハッピーエンドにはなり・・・
続きを読む
普通クリスマス・ストーリーと言えば、ファミリーかカップル向けの心温まるお話ですが、これは大人向けのクリスマス・ストーリーです。そのためすべてがハッピーエンドにはなりませんでした。もう少し明るい結末を予想したのですが。でも、味わい深い作品です。 ラスト近く、フォレスト・ウィティカーが破戒した神父とわかるのはちょっとした衝撃でした。だから、自殺できないで嘱託殺人を試みたのですね。
隠す
  
 
[029]ヒッチコック/トリュフォー
 本も読もうpumpkin2018-03-02
 
この映画、監督がヒッチコックを尊敬する気持ちはわかりますが、ある意味罪深い映画です。なぜなら、「ヒッチコック/トリュフォー」という本が、ヒッチコックが自慢話をしている・・・
続きを読む
この映画、監督がヒッチコックを尊敬する気持ちはわかりますが、ある意味罪深い映画です。なぜなら、「ヒッチコック/トリュフォー」という本が、ヒッチコックが自慢話をしている本だと思われてしまいそうだからです。決してそんな本ではありません。さらに、この映画の字幕も担当している山田宏一氏の翻訳も素晴らしいです。
隠す
  
 
[030]母の残像
 ガブリエル・バーンpumpkin2018-02-27
 
舞台はニューヨークですが、俳優陣は混成部隊です。登場人物のだれかに感情移入してみることが出来る映画です。わたし的には苦渋に満ちた父親を演じたガブリエル・バーンに一票・・・
続きを読む
舞台はニューヨークですが、俳優陣は混成部隊です。登場人物のだれかに感情移入してみることが出来る映画です。わたし的には苦渋に満ちた父親を演じたガブリエル・バーンに一票。いかにもイギリス俳優らしい(というよりアイルランド人らしいと言うべきか)味わいがいい。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION