allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「sachi823」さんのコメント一覧 登録数(1437件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]狂った果実
 太陽の季節sachi8232016-08-22
 
太陽族の自由奔放な生き方や原作者独特のつよい自己肯定が感じられ、 映像も結構凝っていて、まるで外国の映画を見ているようで 面白かったです。 当時の日本映画に有りがちな・・・
続きを読む
太陽族の自由奔放な生き方や原作者独特のつよい自己肯定が感じられ、 映像も結構凝っていて、まるで外国の映画を見ているようで 面白かったです。 当時の日本映画に有りがちな声量がなくて 台詞が聞き取りにくいところもありましたが 石原裕次郎さんのオーラを感じさせる存在感はやはり凄い。 何気ない立ち姿も格好いいです。 生前他の出演者に太陽族の歩き方を教えたのだけれど 裕次郎さんみたいに足が長くなくて上手く出来なかった という話を聞いたことがあります。
隠す
  
 
[002]恐怖の報酬
 タンジェリン・ドリームsachi8232016-08-21
 
公開当時は評論家から酷評されたようですが 朽ちた吊り橋をトラックで渡る場面などは優秀で 大変良く出来た面白い作品だと思います。 タンジェリン・ドリームの音楽も効果的で・・・
  
 
[003]ジョー
 異色ニューシネマsachi8232016-08-19
 
1970年代前半はアメリカン・ニューシネマがまだ勢いのある時代で、 若者の立場から自由や人生の意味を問うような内容の作品が つくられて、人気を得ておりました。 そのような状・・・
続きを読む
1970年代前半はアメリカン・ニューシネマがまだ勢いのある時代で、 若者の立場から自由や人生の意味を問うような内容の作品が つくられて、人気を得ておりました。 そのような状況の中で世代間の断絶を違う角度から切り込んだような 本作品は、衝撃を与え反体制派から反発されたのではないかと思います。 今日的な見方をすれば、登場人物は同じ穴の狢的な感じがするし、 ヒッピーを散弾銃で撃ち殺すところなどは単純すぎる感じがしますが 主人公の「クリーンにする」という強い思いは、 後の「タクシードライバー」のトラヴィスを連想させます。 この単純さは、現在のアメリカ社会でも脈脈と息づいていて、 かの大統領候補が人気がある所以かもしれません。
隠す
  
 
[004]炎の少女チャーリー
 スティーヴン・キング原作 sachi8232016-08-18
 
当時原作もよく売れていましたね。 平凡なつくりの作品ですが、ムー民にはお馴染みの人間発火を 扱っているのが興味深いです。 超能力少女ドリュー・バリモアが可愛い。 ジョ・・・
続きを読む
当時原作もよく売れていましたね。 平凡なつくりの作品ですが、ムー民にはお馴染みの人間発火を 扱っているのが興味深いです。 超能力少女ドリュー・バリモアが可愛い。 ジョージ・C・スコットなどアカデミー賞受賞者の 怪演が面白いです。 マーティン・シーンも元気いっぱい。 音楽は「恐怖の報酬」以来人気のタンジェリン・ドリーム、 不安感を煽るようなムードを醸し出しています。
隠す
  
 
[005]第七の封印
 ヨハネの黙示録sachi8232016-08-16
 
中世ヨーロッパで、十字軍に参加して、死から逃れるため 死神とチェスをする騎士と従者の旅を通して、 行く先々で対峙する出来事を見せながら、 人間にとっての信仰の意味を問・・・
続きを読む
中世ヨーロッパで、十字軍に参加して、死から逃れるため 死神とチェスをする騎士と従者の旅を通して、 行く先々で対峙する出来事を見せながら、 人間にとっての信仰の意味を問うているような印象を受ける作品です。 若い頃、いろんな監督に興味を持ちましたが、 ベルイマンの作品については難解というイメージがありました。 当時人気の評論家先生の映画鑑賞とは映画との格闘であるとの 言葉を真に受けて、名画座のベルイマン特集などに出かけて 鑑賞しましたが、正直よくわからない作品も多かったです。 しかし、北欧のまるで次元の違う世界から送られてくるような 上質の演技とフィルターの多用により独特の空気感の感じられる 映像は、当時の自分にとって刺激的でありました。 テーマにするキリスト教的信仰も、南欧などのそれとは異なり プロテスタントの流れを汲みながら北欧神話がその背景にあるような 神秘的な深遠さを感じさせるものでしたので、 それらに惹かれる人にとっては魅力的な監督であり作品かもしれません。 映画の中の寓意をあれこれ考えるようなことはしなくなりましたが、 本作品について言えば、疫病に冒された中世の町や、魔女狩り、 鞭打ち行者が集団で行進したりする混乱した中世社会を 映像で垣間見られたことは興味深かったです。 ラストの人々が手を繋ぎ合うシルエットは何故か感動してしまいます。 シドーをはじめとするベルイマン映画常連の俳優による緊張感の 感じられる演技もよく上質の作品かと思います。
隠す
  
 
[006]悪魔のいけにえ2
 女は強い。sachi8232016-08-15
 
前作の壮大なパロディみたい。 前作に比べ余裕を感じさせるつくりで トビー・フーパーをはじめとするスタッフの 手づくり感が一杯で、作品に対する愛情に あふれています。 ラ・・・
続きを読む
前作の壮大なパロディみたい。 前作に比べ余裕を感じさせるつくりで トビー・フーパーをはじめとするスタッフの 手づくり感が一杯で、作品に対する愛情に あふれています。 ラストのダンスが格好いい。
隠す
  
 
[007]最前線物語
 男・マーヴィンsachi8232016-08-14
 
第1次世界大戦のとき、終戦になったのを知らずにドイツ兵を 殺害してしまったリー・マーヴィンが、第2次世界大戦に参戦し、 アフリカ、ノルマンディー、チェコなどを転戦する・・・
続きを読む
第1次世界大戦のとき、終戦になったのを知らずにドイツ兵を 殺害してしまったリー・マーヴィンが、第2次世界大戦に参戦し、 アフリカ、ノルマンディー、チェコなどを転戦するうちに 様々な体験をする話ですが、最前線を斥候のように軍隊で従事する様は、 昔テレビで見ていた「コンバット」を連想させます。 サミュエル・フラー監督は、感傷的にならずに大変乾いたタッチで 戦場での出来事を描いていてそのあたりは好感がもてました。 マーク・ハミルは当時「スター・ウォーズ」で人気の若手俳優で、 本作品でも若い兵士を感じよく演じていますが、 その後はあまり作品に恵まれずぱっとしなかったようですね。 タフな軍曹を演じたリー・マーヴィンは、いつもの低音と ポーカーフェイスの演技で古参兵の感じを出していて名演だと思いました。 最後の第1次世界大戦のときと同じシークエンスは、ヒューマニズムが 感じられ感動が高まるいい場面です。
隠す
  
 
[008]恐竜の島
 失われた世界sachi8232016-08-14
 
「ターザン」で有名なバローズ原作の冒険小説を 監督ケヴィン・コナー、主演ダグ・マクルーアの コンビで映画化したイギリス製冒険映画です。 70年代の雰囲気が一杯でテレビで・・・
続きを読む
「ターザン」で有名なバローズ原作の冒険小説を 監督ケヴィン・コナー、主演ダグ・マクルーアの コンビで映画化したイギリス製冒険映画です。 70年代の雰囲気が一杯でテレビでもよく放映されておりましたね。 テーマパークのアトラクションのように次々と迫る危機を 切り抜けていくこういう古典的な作品は見ていて楽しいです。 ダグ・マクルーアの個性が上手く生かされていると思いました。
隠す
  
 
[009]続・恐竜の島
 冒険映画sachi8232016-08-14
 
お馴染みのケヴィン・コナー監督によるイギリス冒険映画です。 前作の主役ダグ・マクルーアもちょこっと出てきますが、 主に活躍するのは若いパトリック・ウェインで なかなか・・・
続きを読む
お馴染みのケヴィン・コナー監督によるイギリス冒険映画です。 前作の主役ダグ・マクルーアもちょこっと出てきますが、 主に活躍するのは若いパトリック・ウェインで なかなか運動神経がよくて頼もしいです。 例によって怪獣と戦ったり色々な趣向で冒険また冒険を繰り広げます。 今日的に見ればちゃちなつくりですが、CGでは見られない面白さがあり、 原住民族のグラマー女性も登場して華を添えます。
隠す
  
 
[010]赤頭巾ちゃん気をつけて
 赤白黒青sachi8232016-08-13
 
70年代の香りが一杯。 羨ましく気恥ずかしい感じ。 主人公が街を彷徨う場面は、NHKのドキュメンタリーのようです。 実際に当時青春時代を送り、社会で活動できた人たちにとって・・・
続きを読む
70年代の香りが一杯。 羨ましく気恥ずかしい感じ。 主人公が街を彷徨う場面は、NHKのドキュメンタリーのようです。 実際に当時青春時代を送り、社会で活動できた人たちにとっては 何でも出来るように思えるよい時代だったのかな。 庄司薫氏の原作も人気があり、主人公に自分を投影したりしていた 人たちも多かったと思いますが、非常に恵まれた家庭環境で 今ほど格差社会の厳しさを意識しなかったのかもしれませんね。 「白鳥の歌なんか聞こえない」DVD化希望。
隠す
  
 
[011]地底王国
 夏休みsachi8232016-08-13
 
夏休みに子ども向けにつくられた作品のようなテイストで 小学校の頃、夏休みに怪獣映画や冒険映画を家族と見に行った記憶が 甦り懐かしい思いがします。 監督ケヴィン・コナー・・・
続きを読む
夏休みに子ども向けにつくられた作品のようなテイストで 小学校の頃、夏休みに怪獣映画や冒険映画を家族と見に行った記憶が 甦り懐かしい思いがします。 監督ケヴィン・コナーは同様の作品を何本かつくっていて 見せ場をつくるのが上手く手慣れた印象を受けます。 悪人顔のダグ・マクルーアはこのような作品の常連で この人は絶対に大丈夫と思わせるような存在感があり頼もしいです。 怪奇映画のイメージがつよかったピーター・カッシング博士は 珍しくもとぼけたコメディ演技を見せています。 このような作品で引き立つダイナマイト・キャロライン・マンローの 出演も嬉しいです。
隠す
  
 
[012]アビス
 深海映画sachi8232016-08-13
 
自分が設計した潜水艇に乗って、マリアナ海溝を探索するくらいですから キャメロン監督はよほど深海に惹かれているのでしょう。 公開当時あまり感動した記憶がありませんが、 ・・・
続きを読む
自分が設計した潜水艇に乗って、マリアナ海溝を探索するくらいですから キャメロン監督はよほど深海に惹かれているのでしょう。 公開当時あまり感動した記憶がありませんが、 深海の場面などは非常に美しかったのは憶えています。 お金をかけたSF映画の大作であることは間違いなく それなりに見せ場も多いので見ていて飽きることはありませんが 「未知との遭遇」の深海版のようで、内容的には過去のヒットした いろんな映画をつなぎ合わせたみたいであまり新鮮味はありませんでした。
隠す
  
 
[013]デキシー・ダンスキングス
 カントリー&ウェスタンsachi8232016-08-12
 
ジョン・G・アヴィルドセンが「ロッキー」に先立ち発表した ロードムービーで、小品ながらなかなか面白い作品です。 当時人気絶頂だったバート・レイノルズが陽気で明るい強盗・・・
続きを読む
ジョン・G・アヴィルドセンが「ロッキー」に先立ち発表した ロードムービーで、小品ながらなかなか面白い作品です。 当時人気絶頂だったバート・レイノルズが陽気で明るい強盗を 楽しそうに演じています。 待遇の悪いガソリンスタンドを狙って金を巻き上げ、 従業員にチップを渡し、出鱈目の証言をさせて旅を続ける というのがなかなか牧歌的で愉快です。人々が大らかで 途中で出会うカントリー歌手との交流などとてもいい雰囲気です。 「ハリーとトント」でアカデミー賞を取ったアート・カーニーが 安息日には働かない偏執狂的な警官を演じていて この人物が伏線になった作品としてのオチは今一つですが、 カントリー&ウェスタンの雰囲気宜しく楽しく見られる作品です。
隠す
  
 
[014]ベスト・キッド2
 上には上がいる。sachi8232016-08-12
 
アメリカ映画の日本や日本人の描き方を見ると、 いつの時代にも一見して無茶苦茶な描写があるのですが、 日本に対して不思議で神秘的なイメージがあって、 それが日本に惹かれ・・・
続きを読む
アメリカ映画の日本や日本人の描き方を見ると、 いつの時代にも一見して無茶苦茶な描写があるのですが、 日本に対して不思議で神秘的なイメージがあって、 それが日本に惹かれる理由になっているのかもしれませんね。 モリタ氏の演じた空手家の日本人は、謙虚で慎み深く 日本人としての美徳を感じさせ宜しいです。
隠す
  
 
[015]モスラ
 実は最強sachi8232016-08-05
 
慈悲深く優しいモスラは 少年に夢を与えてくれました。 音楽がよかった。 東京タワーに繭をつくる場面が好き。
  
 
[016]バルタザールどこへ行く
 贖罪と救済sachi8232016-08-05
 
この監督自身は深い信仰をもっていたのでしょうか。 見ていてふとそんなことも思いました。 キリスト教が心の奥まで染み込んだ作品という感じがします。 従ってよく理解できな・・・
続きを読む
この監督自身は深い信仰をもっていたのでしょうか。 見ていてふとそんなことも思いました。 キリスト教が心の奥まで染み込んだ作品という感じがします。 従ってよく理解できないところもあります。 共感できない露悪な人間が登場して、彼らの浅ましさや罪過が 容赦なく次々と突き放したように描かれますが、 説明の部分があまりなくそれ故に分かり難い作品です。 ラストの羊の群れの中で横たわり頭を垂れる主人公の 姿は大変悲しく美しく感じられ、情感が高まりますが 鑑賞中は多くの場面が大変心苦しく感じられ 鑑賞後は後ろめたいような気持ちに支配されます。 あの驢馬くん少女に生まれ変わったのかな。
隠す
  
 
[017]巨大クモ軍団の襲撃
 昆虫パニックsachi8232016-08-03
 
まさにB級映画ですが、超巨大な蜘蛛が一匹いるよりも やたらうじゃうじゃと数が多い方が気持ちが悪くて面白いです。 映画「スター・トレック」の出演で再び輝くウィリアム・シ・・・
続きを読む
まさにB級映画ですが、超巨大な蜘蛛が一匹いるよりも やたらうじゃうじゃと数が多い方が気持ちが悪くて面白いです。 映画「スター・トレック」の出演で再び輝くウィリアム・シャトナーが 主演しているのが嬉しいです。 厭世観のあるラストもまぁまぁ良いです。
隠す
  
 
[018]ロスト・ワールド
 ストップ・モーションsachi8232016-07-31
 
ドイルの原作は何度か映画化されているようですが、 戦前のサイレント映画である本作品は、それらよりも 出来が良くて感心しました。 比較的短い作品ですが、この後に流行する ・・・
続きを読む
ドイルの原作は何度か映画化されているようですが、 戦前のサイレント映画である本作品は、それらよりも 出来が良くて感心しました。 比較的短い作品ですが、この後に流行する コマ撮りの特撮は自然でなかなか見応えがあります。
隠す
  
 
[019]ジンジャーとフレッド
 芸人魂sachi8232016-07-28
 
フェデリコ・フェリーニ監督晩年の名作であります。 かつて脚光を浴び愛し合った芸人2人の再会と別れ。 デ・シーカあたりが監督したら大メロドラマになるところですが、 そこ・・・
続きを読む
フェデリコ・フェリーニ監督晩年の名作であります。 かつて脚光を浴び愛し合った芸人2人の再会と別れ。 デ・シーカあたりが監督したら大メロドラマになるところですが、 そこはフェリーニ流、いつもの多彩な装飾を用意して、 前半は見て楽しい騒がしい作品にしております。 テレビ界を面白おかしく過剰に描き、一見テレビ批判に見えますが、 結構本人も楽しんでいるのではないかと思わせる節もあります。 後半、ダンスを披露する場面で急に停電になり、暗闇の中で交わされる 2人の会話はなかなか味わい深く、とてもいい間になりました。 主演2人の名演を得て素晴らしい場面になっております。 ジュリエッタ・マシーナはジェルソミーナの面影が感じられ、 あの役柄はやはりこの人の個性が大きかったことを改めて感じました。 マルチェロ・マストロヤンニは勝手な生き方をしてきた男の悲哀を 感じさせる得意の役柄で、なかなか名演だと思います。 また、フェリーニの初期の作品から見られた芸人に対する尊敬の念と その厳しさがこの作品でも描かれていて嬉しく思いました。
隠す
  
 
[020]大アマゾンの半魚人
 面白いsachi8232016-07-26
 
こういう古典的なロマンを感じさせる 怪奇生物ものは偶に見るととてもいいです。 小学生のころ雑誌で怪奇映画の特集をしていて 半魚人が川からガバッと飛び出す姿を見て 大変怖・・・
続きを読む
こういう古典的なロマンを感じさせる 怪奇生物ものは偶に見るととてもいいです。 小学生のころ雑誌で怪奇映画の特集をしていて 半魚人が川からガバッと飛び出す姿を見て 大変怖かったことを憶えています。 後に日本の特撮映画にも登場して人気が出ますが、 本家はこちらで半魚人の造型表現が素晴らしいです。 スーツアクターの功績もあると思いますが 水中のたいへん苦心して撮ったであろう場面も多く なかなか面白い作品です。
隠す
  
 
[021]民衆の敵
 ギャングスターsachi8232016-07-25
 
ジェームズ・キャグニーの非情そうな唇と表情が 何とも知れない人間的な魅力を感じさせ 見ていて飽きないです。 二丁拳銃で殴り込みをかける 雨のシーンがいいですね。 ギャグ・・・
続きを読む
ジェームズ・キャグニーの非情そうな唇と表情が 何とも知れない人間的な魅力を感じさせ 見ていて飽きないです。 二丁拳銃で殴り込みをかける 雨のシーンがいいですね。 ギャグニー格好いい。
隠す
  
 
[022]藤子不二雄Aの 笑ゥせぇるすまん
 懐かしい。sachi8232016-07-21
 
毎週かかさずテレビでみておりました。 面白かったですね。懐かしいです。 藤子不二雄Aさんが本当につくりたかったのは こういう作品だったとか。 大平透さんの声もよかった・・・
続きを読む
毎週かかさずテレビでみておりました。 面白かったですね。懐かしいです。 藤子不二雄Aさんが本当につくりたかったのは こういう作品だったとか。 大平透さんの声もよかったです。 どの回もよかったのですが、恋に奥手な男子が 電話で 女性と会話を重ね、初めて会って その正体を知るという回が衝撃的でした。 こわい。
隠す
  
 
[023]フライングハイ
 パロディsachi8232016-07-21
 
元の映画を全部みてみたい。 このお気楽なセンスはただ事ではなく やはりアメリカを感じます。 日本映画とか他の国ではなかなかこういう感じは 出せないですね。
  
 
[024]ウォーターシップダウンのうさぎたち
 イギリスアニメsachi8232016-07-21
 
公開時あまりヒットしなかった記憶があります。 ディズニーアニメのような面白みはありませんが いかにもイギリスらしい思想性のある 渋い内容のアニメです。見ていて楽しくは・・・
続きを読む
公開時あまりヒットしなかった記憶があります。 ディズニーアニメのような面白みはありませんが いかにもイギリスらしい思想性のある 渋い内容のアニメです。見ていて楽しくはありませんが 有名な原作を読めばもっと理解できるのかな。 アート・ガーファンクルのは神曲。
隠す
  
 
[025]少年時代
 疎開sachi8232016-07-21
 
疎開先の小学校がとてもいい。 懐かしさを感じます。 駅や舗装されていない道が美しい。 あまり深刻にならずサラッと描いている感じがいい。 少年たちのキャラが活きていると思・・・
続きを読む
疎開先の小学校がとてもいい。 懐かしさを感じます。 駅や舗装されていない道が美しい。 あまり深刻にならずサラッと描いている感じがいい。 少年たちのキャラが活きていると思いました。 ラストの井上陽水さんの曲は雰囲気を壊さず 感動を盛り上げる日本映画ではめずらしい例。
隠す
  
 
[026]湖のランスロ
 ロベール・ブレッソンsachi8232016-07-16
 
有名な中世伝説アーサー王物語の終盤、王国が崩壊していく 時期からお話が始まります。 かつてハリウッドが制作した大がかりな歴史劇や ロマンティシズムいっぱいのブアマンの・・・
続きを読む
有名な中世伝説アーサー王物語の終盤、王国が崩壊していく 時期からお話が始まります。 かつてハリウッドが制作した大がかりな歴史劇や ロマンティシズムいっぱいのブアマンの「エクスカリバー」 などとは全く違う感覚の作品ですが、 アーサー王伝説の多くがフランスで集められたことを思えば、 こちらの方が本家と言えるのかも知れません。 ブレッソンの作品に惹かれるのは、その時代その場所で生きる人の 孤独や悲しみや魂の救済を怜悧に装飾なしで描ききり、 主人公に共感することではないかと考えていましたが、 本作品は少し印象が違います。
隠す
  
 
[027]シェルタリング・スカイ
 喪失sachi8232016-07-10
 
欧米キリスト教国の知識階級が自己の喪失感を埋めるために、 アジア・アフリカの未知の文化・文明に それを求めるという話はよくありあまり珍しさはありません。 ストラーロ撮・・・
続きを読む
欧米キリスト教国の知識階級が自己の喪失感を埋めるために、 アジア・アフリカの未知の文化・文明に それを求めるという話はよくありあまり珍しさはありません。 ストラーロ撮影の風景は相変わらず美しく、 主演者の演技もなかなか魅力的なのですが、 ベルトルッチ作品としては平凡な印象です。 今みたらまた違う印象があるかもしれませんが。
隠す
  
 
[028]この子の七つのお祝いに
 ミステリーsachi8232016-07-03
 
暗く陰惨な話。 岸田今日子さんの狂いっぷりと堂々とした 存在感は、往年のハリウッド女優のよう。
  
 
[029]燃えつきた納屋
 雪景色sachi8232016-06-26
 
スイス国境に近い高地の村オー・ドゥーでおこった 殺人事件をめぐって、事件を調査するため訪れた判事と 家族を守ろうとする女主人を中心に静かに話が展開していきます。 監督・・・
続きを読む
スイス国境に近い高地の村オー・ドゥーでおこった 殺人事件をめぐって、事件を調査するため訪れた判事と 家族を守ろうとする女主人を中心に静かに話が展開していきます。 監督は極力大仰で劇的な演出は避けたようで 大変ゆっくりとしたテンポで地味な作品です。 結局息子は犯人ではなかったのですが、家族の崩壊を見る農場の 女主人を演じたシモーヌ・シニョレの存在感は素晴らしく 彼女の名演を見るための作品であるかのようです。 判事に扮したアラン・ドロンは抑えた演技で、 当時多く演じていたギャング映画よりも印象的でした。 サッシャ・ヴィエルニ撮影による雪景色の村の描写が美しいです。
隠す
  
 
[030]白い恐怖
 フロイト派sachi8232016-06-26
 
バーグマンとペックの美男美女による 古典的ロマンのムードを感じさせる作風で、 ヒッチの作品の中でも好きな一篇です。 バーグマンは美しさの絶頂で見とれてしまいます。 ダリ・・・
続きを読む
バーグマンとペックの美男美女による 古典的ロマンのムードを感じさせる作風で、 ヒッチの作品の中でも好きな一篇です。 バーグマンは美しさの絶頂で見とれてしまいます。 ダリが提供したアイデアは映像化が不可能なものが多く あまり使われなかったようですが、 夢の場面などはなかなか面白く 当時流行していた精神分析とシュールリアリズムの 影響が感じられ興味深いです。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION