allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「tomason」さんのコメント一覧 登録数(149件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間
 視点の素晴らしさtomason2015-02-02
 【ネタバレ注意】
久しぶりに良い映画を観た実感。この映画は何の予備知識も無しで、ケネディ暗殺の謎解き物かとあまり期待していなかったのだが....とんでもありませんでした。ストーリー的には・・・
続きを読む
久しぶりに良い映画を観た実感。この映画は何の予備知識も無しで、ケネディ暗殺の謎解き物かとあまり期待していなかったのだが....とんでもありませんでした。ストーリー的には史実に沿った展開で、このテーマでありがちな仕掛けがある訳ではないが、事件を取り巻く人々の感情表出を軸に、腰の据わった演出で、緊張感を持続させながら見せきる。ラスト、オズワルドの葬儀シーンは感動した。素晴らしい脚本、俳優陣の抑えていながら的確な演技。久しぶりに「こんな映画、見たかったんだよ」と呟いてしまった。満点。
隠す
  
 
[002]プロメテウス
 これは....tomason2012-08-18
 
いかんです。 リドリー・スコットって、同名同姓で二人いるんだろうか? この作品のリドリー・スコットって、 私が40年、年3回は見直す、 希代の傑作「ブレード・ランナー」を撮・・・
続きを読む
いかんです。 リドリー・スコットって、同名同姓で二人いるんだろうか? この作品のリドリー・スコットって、 私が40年、年3回は見直す、 希代の傑作「ブレード・ランナー」を撮った監督とは別人だよね?
隠す
  
 
[003]狼たちの街
 浮気がばれたーtomason2011-11-02
 
やっぱりノルティはこういうタフガイを演っているときが活きいきしてるね。 「Q&A」の時は、心底腐りきった悪徳警官役だったが、あまりにも野獣のようで、他のキャストとの・・・
続きを読む
やっぱりノルティはこういうタフガイを演っているときが活きいきしてるね。 「Q&A」の時は、心底腐りきった悪徳警官役だったが、あまりにも野獣のようで、他のキャストとのバランスが悪かった。本作ではタフだが、浮気がバレて落ち込む様など少しメランコリックなのが良い味。捕まえた奴を崖から「滝落としの刑」にするなど暴力的なのだが、「いちいち法律守ってたんじゃ悪い奴がのさばるのよ」と言わんばかり....映画でよかった。笑っちゃうのは、マドセンら仲間四人で、愛車に乗っかって出撃するところ。でっかいアメ車がちっちゃく見えるのが何とも愉快。
隠す
  
 
[004]L.A.コンフィデンシャル
 クロムウェルがどうも...tomason2011-10-31
 
ストーリー展開が早くて、なかなかついてゆけなかったが、よく出来た脚本で面白い。が、観終わった後の印象が薄いのは何故だろうか。黒幕のクロムウェルで損している気がする。・・・
続きを読む
ストーリー展開が早くて、なかなかついてゆけなかったが、よく出来た脚本で面白い。が、観終わった後の印象が薄いのは何故だろうか。黒幕のクロムウェルで損している気がする。この人、上手い役者だし、良い人と見せかけて実は...のパターンが多いのだが、どうもねー。朴訥な農夫、神父役などの方が合っていて、アクション物では無理があるような気がする。「身体が凶器です」の主人公の相棒は若き日のジョー・ドン・ベイカーみたいで良し。
隠す
  
 
[005]ザ・クロス エクソシストの闇
 何が言いたいんだか...tomason2011-10-06
 
観始めてしばらくは、良い線いっているカメラワークに惹かれたのだが、結局何が言いたいのだか、さっぱり分からないまま終ってしまった。邦題と内容(?)が全く一致しない駄作。・・・
続きを読む
観始めてしばらくは、良い線いっているカメラワークに惹かれたのだが、結局何が言いたいのだか、さっぱり分からないまま終ってしまった。邦題と内容(?)が全く一致しない駄作。カール・ドライエル気取りはやめた方がいいね。
隠す
  
 
[006]ザ・ファイト 拳に込めたプライド
 マックス・シュメリングtomason2011-10-06
 
先ずDVDの邦題はいかがな物か。どうせ話題にならないなら、伝説のボクサー、シュメリングに敬意を表して原題どおりにすべきでは.... Jデンプシー、ジーン・タニー、ジョー・ル・・・
続きを読む
先ずDVDの邦題はいかがな物か。どうせ話題にならないなら、伝説のボクサー、シュメリングに敬意を表して原題どおりにすべきでは.... Jデンプシー、ジーン・タニー、ジョー・ルイスなどの陰に隠れて日本では知る人ぞ知るシュメリングだが、本作では、勿論脚色はあろうが、概ね忠実な評伝となっているようだ。真面目に造られたのが素直に伝わってくる佳作。ナチス政権下でのシュメリングの葛藤に焦点が当てられていて、興味深く観る事ができた。お勧め。
隠す
  
 
[007]刑事マルティン・ベック
 リアルtomason2011-10-06
 
これは拾い物。凄く良い。 1976年作との事なので、「フレンチコネクション」よりも後だが、更にリアル感感がアップしている本作は見所が多い。前半の犯人推理から一転、アクシ・・・
続きを読む
これは拾い物。凄く良い。 1976年作との事なので、「フレンチコネクション」よりも後だが、更にリアル感感がアップしている本作は見所が多い。前半の犯人推理から一転、アクション部に至る経過がちょっと唐突な感じはあるが、監督の資質なのか力技で一気に見せきる演出は快感。これを観ると、同じような設定の「パニック・イン・スタジアム」が何故失敗したかがよく分かる。ハリウッドには無い硬質感に唸った。渡辺文雄+西村晃みたいな刑事コンビ、その他の脇役たちの演技も秀逸。
隠す
  
 
[008]The FEAST/ザ・フィースト
 ゴミ箱アイコン行きtomason2011-10-03
 
「トレマーズ」「エボリューション」あたりのテイストを期待した私がアホ。 ミジンモ ワラエヌ
  
 
[009]アイ・アム・レジェンド
 最低の映画tomason2011-09-05
 
近年見た映画の中で、最低の映画。よくぞここまで酷いの撮れたな。もともとマシスンの原作「我は伝説」はこんなメジャー作品なんか拒否するようなストーリーなんだから。ご都合・・・
続きを読む
近年見た映画の中で、最低の映画。よくぞここまで酷いの撮れたな。もともとマシスンの原作「我は伝説」はこんなメジャー作品なんか拒否するようなストーリーなんだから。ご都合主義で主題を破壊するなら原作クレジットなどするべきじゃない。これならやはり愚作のヘストン版、V・プライス版の方がまだまし。 笑わせるんじゃないよ。
隠す
  
 
[010]ミスト
 良作tomason2011-09-05
 
キング原作の映画化はあまり良いのが無い。傑作なのはトビー・フーパー「死霊伝説」くらいだろうか。なのであまり期待しないでDVD鑑賞。ところが...これは良作。持病の映画睡眠・・・
続きを読む
キング原作の映画化はあまり良いのが無い。傑作なのはトビー・フーパー「死霊伝説」くらいだろうか。なのであまり期待しないでDVD鑑賞。ところが...これは良作。持病の映画睡眠症を発症する事も無く、最後まで一気に観れた。よく練れた脚本、センスの良い演出・特撮が○。人物描写もしっかりしていて気持ちよい。原作は未読なので分からないが、私的にはF・ボール・ウィルソンの「ナイトワールド」のアナザー・ストーリーを連想してしまった。 ただ....ラストはどうなのかな。車が光る絶望的なシーンでお仕舞いにした方が良かったと思うのだが。余計なシーンの追加で折角の緊張感が一気にダウンしてしまった様な気がする。この監督、次回作期待。
隠す
  
 
[011]Q&A
 面白いんだけど...tomason2011-09-02
 
70歳近くなって、これだけのクオリティで映画撮るんだから、やはりルメットは凄いし、同ジャンルの凡百の作品に比べれば、隙の無い脚本・演出とも遥かに良いのだが....何だろう・・・
続きを読む
70歳近くなって、これだけのクオリティで映画撮るんだから、やはりルメットは凄いし、同ジャンルの凡百の作品に比べれば、隙の無い脚本・演出とも遥かに良いのだが....何だろう、何か違和感が。冒頭、休憩室でノルティが同僚たちに一席のたまうシーンなどは「十二人の怒れる男たち」を髣髴させ、ルメット得意の舞台風味で進むのかと思いきや、さにあらず。色々と詰め込みながら完結してゆく。ノルティはじめみんな頑張っているし、かなりきわどい暴力シーンも堂に入っている。文句は....無い。無いが、やはり違和感。要は私のルメットに対するイメージと食い違っていてどうも落ち着かないのだ。この映画の弱さは、1.やはり主人公のひ弱さ 2.こういった映画にベタな色恋をからめた事 3.ノルティのエネルギッシュさに他の俳優がついていけていない事....辺りでしょうか。それから音楽も合っているとは言えない。挿入歌はどう聞いてもピーター・ガブリエルだと思うだが、違うのかな? かかると気になっちゃって画に集中できない。ノルティの役は健在だったら、絶対にアル・レッテエリで決まり。そうだったらウェル・バランスだったのにねー。
隠す
  
 
[012]ベスト・キッド
 良いですtomason2011-08-29
 
はっきり言って、あんまり期待せずに観たのだが....良い。 ジャッキーがマスター役という事で、派手なのかなと思ったのだが、 いい意味で裏切られた。 冒頭の蝿叩きシーンは、・・・
続きを読む
はっきり言って、あんまり期待せずに観たのだが....良い。 ジャッキーがマスター役という事で、派手なのかなと思ったのだが、 いい意味で裏切られた。 冒頭の蝿叩きシーンは、オリジナル作を知っていると笑える。 このシーンに現れているように、 今回の先生は、オリジナルのパット・モリタに比べると、 相当疲れている感じが、個性を出していて成功している。 煮〆たようなジャッキーの顔が良いですね。 これ見よがしのカンフーシーンも無く、 押さえ気味な演出が心地よかった。 性格俳優チェンも楽しみだね。
隠す
  
 
[013]パニック・イン・スタジアム
 散漫な印象tomason2011-08-29
 
劇場で観たとき、どうも散漫な感じがして感心しなかった。改めて見直してみるとやはり同印象。舞台設定は面白いのに何故だろう。ラストの観客モブシーンとSWAT vs 狙撃犯部分と・・・
続きを読む
劇場で観たとき、どうも散漫な感じがして感心しなかった。改めて見直してみるとやはり同印象。舞台設定は面白いのに何故だろう。ラストの観客モブシーンとSWAT vs 狙撃犯部分とのかみ合わせが、ちぐはぐなのだ。これなら観客は最後まで気づかず、水面下での犯人との攻防に絞った展開の方が面白かったのでは....マーティン・バルサムはじめ多士済々の脇役陣の描きこみも不足。惜しいなー。詰まんない事だが、カサベェテスが太ると...テリー・サバラス?
隠す
  
 
[014]のるかそるか
 ガーとコルトレーンtomason2011-04-22
 
なんの捻りも無い脚本、凡作だが..... 救われるのは脇役陣の頑張り。 特に馬券売り場窓口の男、ロビー・コルトレーンがいいね。いそうじゃないですか...実際。しかめっつらなん・・・
続きを読む
なんの捻りも無い脚本、凡作だが..... 救われるのは脇役陣の頑張り。 特に馬券売り場窓口の男、ロビー・コルトレーンがいいね。いそうじゃないですか...実際。しかめっつらなんだけど、徐々に興奮に巻き込まれて表情が変わってくのが何とも可笑しい。 それとテリー・ガー....この映画の中で唯一"まともな人"役。 彼女を見るためにこの映画を観た。何時見てもキュート。デビュー以来のファン、大好き。
隠す
  
 
[015]ザ・ライト -エクソシストの真実-
 一人舞台tomason2011-04-22
 
震災で公開延期になっていた本作....観て来ました。 この手の映画の黄金セオリー「無名の主人公に達者な脇役(悪役)」に当てはまっている事もあり期待して。 ところが.... 前半・・・
続きを読む
震災で公開延期になっていた本作....観て来ました。 この手の映画の黄金セオリー「無名の主人公に達者な脇役(悪役)」に当てはまっている事もあり期待して。 ところが.... 前半がかったるくて、持病の「映画館睡眠症」発症。眠ーい。 後半は予定調和の展開ではあるが、"レクター"ホプキンス全開の演技でしゃきっとした。やっぱり凄いね、こういう役のホプキンスは.... でもね、映画としては凡作の感が強い。要するに一人しか頑張っていない訳。主人公の存在感の無さ、せっかくR.ハウアーまで引っ張り出していながら、この扱いは無いよ。こんな青二才の主人公は無しにして、脚本替えてこの二人でがっぷり組んだら面白かったのにねー。映画は皆で頑張らないと.... 当然、未だにコメントしたいがまとまらない奇跡の映画「エクソシスト」とは、比べるべくも無し。深みが全く違うのです。
隠す
  
 
[016]ガルシアの首
 男の映画なんかじゃないよtomason2011-02-22
 
ペキンパー作品はリアルタイムだったが、一貫して嫌いだった。 この当時、キネ旬を始め、映画誌はペキンパー礼賛だったが鼻についたな。 私にとっては喪失感の塊ともいえる70年・・・
続きを読む
ペキンパー作品はリアルタイムだったが、一貫して嫌いだった。 この当時、キネ旬を始め、映画誌はペキンパー礼賛だったが鼻についたな。 私にとっては喪失感の塊ともいえる70年代だったが、ペキンパーはこの雰囲気を敏感に映画に反映させていった。が、見せ方があからさまで女々しいのが嫌だ。 常に自虐的な感じが付きまとっていて苛々してしまう。 だから氏のつくった西部劇などは、並みいるファミリー名脇役の演技を観る楽しみはあるけれど、作品の核に同じ損失感を現した「真夜中のカーボーイ」や「タクシードライバー」にある余韻が無いような気がする。私はひねくれているのかな。 そういった意味では西部劇に比べ「ゲッタウェイ」や本作などは、いやらしい"西郡へんの鎮魂"みたいなのが少ないだけマシってもんです。
隠す
  
 
[017]未知への飛行
 破滅への予定調和tomason2011-02-14
 
ルメットの傑作「十二人の怒れる男たち」は、その時にアメリカが何をやっているかで印象ががらりと変わる映画だが、本作はそんな観客の感情移入を真っ向から否定するようなスト・・・
続きを読む
ルメットの傑作「十二人の怒れる男たち」は、その時にアメリカが何をやっているかで印象ががらりと変わる映画だが、本作はそんな観客の感情移入を真っ向から否定するようなストレートさ。負の連鎖を回避する為には自国にすら核を落としてしまう恐ろしさ。ありえないようなシチュエーションなのだが、本物以上に大統領らしいフォンダの名演が納得させてしまう。初見時、例の効果音が夢に出た。恐い映画だ。
隠す
  
 
[018]レギオン
 どっかで見たようなtomason2011-02-14
 
どっかで観た様な.....ウフ。ターミネーター+スーパーナチュラル 最後の女主人公の台詞は....まんま、リンダ・ハミルトン でもアクションがもたもたしていないので、一応観られ・・・
続きを読む
どっかで観た様な.....ウフ。ターミネーター+スーパーナチュラル 最後の女主人公の台詞は....まんま、リンダ・ハミルトン でもアクションがもたもたしていないので、一応観られる。 それだけです。
隠す
  
 
[019]X-ファイル(1st season)
 「怪奇・SF」のズーム・レンズtomason2010-04-07
 
ツタ屋で旧作、5枚\1000レンタルなので、延滞と戦いつつ通しで再見。やっぱりよく出来た作品だね。 で、思う事は、これは過去とその後の超常現象物を俯瞰できる"ズーム・レ・・・
続きを読む
ツタ屋で旧作、5枚\1000レンタルなので、延滞と戦いつつ通しで再見。やっぱりよく出来た作品だね。 で、思う事は、これは過去とその後の超常現象物を俯瞰できる"ズーム・レンズ"だという事。50歳半ばにして「怪奇・SF」から足を洗えない私としてはとても見所が多い。 脇役を中心に落穂拾いをしてみたい。順レギュラーキャラは置くとして、 おおっ!と思ったのが、エピソード「休息」でのピーター・ボイルと「ティトス」のジェフリー・ルイス。 ボイルは「ヤング・フランケンシュタイン」で初見、その後の「タクシー・ドライバー」「ブリンクス」などが強烈だった。大きなアクションをするわけでも無し、表情もむしろ押さえ気味なのだが、大きなが体と見事な禿げ、時々底光りする目で、何とも不思議なオーラを放つ俳優だ。このエピソードでは、人の死期がわかってしまう不幸な男を、諦観を漂わせながら好演。この演技でアカデミー賞にノミネートされたとか...さもありなん。 ジェフリー・ルイスは、Cイーストウッドファミリーの名脇役だが、トビー・フーパー監督作「死霊伝説」では吸血鬼役が印象的。一言で言えば「しょっぱい顔」の俳優なのだが、コミカルタッチもこなすレンジの広い演技をする人。このエピソードでは、死神に見放され不死になり、さらに死ね直前の人間が見えてしまう役、死を願い死神と遭遇する為に、死ぬ人間を撮り続ける職業カメラマンで登場する。冒頭、エレベーターの扉が開いてルイスのアップから始まるのだが、"しょっぱ顔"は老いても健在で、一発で彼と分かる。その不吉な雰囲気にも圧倒される。最後に念願かなって死ぬのだが、手に握っていたカメラがライカM3(?)だったのも何だか嬉しかった。 ボイル、ルイスとも似たような役で出てくるわけだが、70-年代を支えた両名優の競演ともいえ、眼福の限り。真に素晴らしい脇役とは主役を食うのではなく、登場場面を切り取ってしまうように印象付けるものだという事がよく解る。 その他にも、数え切れない名脇役が登場する。この作品の直系のルーツといえる60-70年代TV「インベーダー」や「事件記者コルチャック」で、それぞれの主演のロイ・シネス、ダーレン・マクギャビンも重要な役でゲスト出演している。マクギャビンはX-ファイル創始者、シネスは癒しの手を持つ異星人で登場。ルーツ作品に敬意を払った演出が嬉しい。 逆にその後の作品とのリンクでは、「スーパー・ナチュラル」で黄色い目の悪魔を演じたフレデリック・レーンや、「ターミネーター・サラ・コナーズ・クロニクル」でターミネーター→人工知能をを印象的に演じたギャレット・ディラハントもダーレン・マクギャビンと共に同一エピソードに勢ぞろいしたりする。まるでカンタベリー・ツリーのようだ。「ターミネーター」つながりでは、モルダー不在後の苦しい展開を、手堅くサポートしたジョン・ドゲット役、ロバート・パトリックも言わずもがな。 ズーム・レンズのテレ端には、現在進行中の「スーパー・ナチュラル」があり、キム・マナーズによってXファイルよりその核が引き継がれたが、彼の死によってどうなるのか。不安と期待が入り混じるが、「怪奇・SF」の血統を絶やさず頑張って欲しいと思う。
隠す
  
 
[020]事件記者コルチャック
 DVD化望むtomason2010-03-01
 
これもう一回観たいな。「スーパーナチュラル」の元ネタはこれでしょう。毎回、チープな怪人、モンスター相手に奮闘する主人公が良いですね。主演ダーレン・マクギャヴィンは、・・・
続きを読む
これもう一回観たいな。「スーパーナチュラル」の元ネタはこれでしょう。毎回、チープな怪人、モンスター相手に奮闘する主人公が良いですね。主演ダーレン・マクギャヴィンは、うらぶれた記者ながらエネルギッシュ。ちょとくずれたファションがなかなか渋く粋でした。個人的には「切り裂きジャック」の巻が、超自然の存在として描かれていて面白かった。ロイ・シネス主演「インベーダー」と共に、乞うDVD化。
隠す
  
 
[021]インベーダー
 インベーダーの見分け方tomason2010-02-27
 
インベーダーたち(この当時エイリアンなんて言葉は使われていなかった)は既に多数が人間になりすまし、権力側にもすでに浸透、着々と大規模な侵略計画を進行中...xファイルの先・・・
続きを読む
インベーダーたち(この当時エイリアンなんて言葉は使われていなかった)は既に多数が人間になりすまし、権力側にもすでに浸透、着々と大規模な侵略計画を進行中...xファイルの先を行くようなプロットだが真面目な傑作。確か人気TVシリーズ「逃亡者」(デビット・ジャンセン主演)の後継ドラマだったと記憶する。たまたま真実を知ってしまった孤立無援の主人公が、綱渡り的に日々、危機を脱して戦う展開も踏襲している。60年代のTV作品だから、当然特撮も無きに等しいが、カメラワークの妙や主演ロイ・シネスの渋い演技、とりまく毎回のゲスト・スターたちの重厚な演技に支えられ、日本ではあまり話題にならなかったようだが、もっと評価されるべき。インベーダーたちも紋切り型でなく、地球人と共存を図るグループもあったりして展開が読めず面白い。低予算でも、真面目な役者、よく練られた脚本があれば、ここまで面白い作品になるという好例。このシリーズがxファイルに与えた影響は相当な物があると思うのだがどうだろう。dvd化を望む。時代ゆえ、時々登場する円盤がアダムスキー型だったりするのが個人的に好き。え? インベーダーの見分け方ですか..... 小指が曲がらないんです.....これじゃ、わからないよねー(笑)
隠す
  
 
[022]スペル
 HARAWATA 続編tomason2009-11-16
 
こいつぁ、いいや。ライミはこうでなきゃ。新作というより、「はらわた」続編みたいな感じが痛快。こんなチープなストーリーで畳み掛けるように見せると言うのは、"プロレ・・・
続きを読む
こいつぁ、いいや。ライミはこうでなきゃ。新作というより、「はらわた」続編みたいな感じが痛快。こんなチープなストーリーで畳み掛けるように見せると言うのは、"プロレスの基本はボディ・スラム"とでも言われているようで気持ちよい。ただ、これを観てて思ったのは「はらわた」シリーズは、ブルース・キャンベルという稀有の才能に負っていたという事。もっと笑えると良かったんだけどね。そこが惜しい。でも最近、映画館睡眠症の私が最後まで起きていたのだから○です。
隠す
  
 
[023]ボリス・カーロフ
 キング・オブ・ホラーtomason2009-09-17
 
古くは、ユニーバーサル系ではロン・チャイニー親子、ベラ・ルゴシ、ヴィンセント・プライス、ハマー系ではピーター・カッシング、クリスト・ファー・リーなど「怪奇俳優」とい・・・
続きを読む
古くは、ユニーバーサル系ではロン・チャイニー親子、ベラ・ルゴシ、ヴィンセント・プライス、ハマー系ではピーター・カッシング、クリスト・ファー・リーなど「怪奇俳優」という人たちがいた。他にも多士あるが、「キング・オブ・ホラー」の称号はこの人以外にありえない。このサイトでも出演作を挙げているが、実際の出演作数はこの三倍はあるのではないか。世間的には「フランケンシュタイン」諸作での怪物役があまりにも有名だが、そんな枠だけでは収まらない名優。ノーメイク、所作だけでなく、目の動きだけで恐怖感を表現できる俳優が「怪奇俳優」の中にどれほどいるか。類型を挙げるとすれば「ブレードランナー」ルトガー・ハウアーぐらいか。「ミイラ再生」を見よ。現在、SFXに頼っている凡百の「ホラー映画」が足元にも及ばないのが分かるだろう。これに出てくる彼の目のアップのシーン、そのまま「エクソシスト」での有名シーンでパクッているのがよく解る。ホラーにこそ名優が望まれる。
隠す
  
 
[024]30デイズ・ナイト
 うーんtomason2009-08-31
 
いつも同席のASH氏が、褒めているので見たのだが....うーん。ちょっとでした。冒頭の氷原に浮かぶ巨大な廃船(これで彼らは来たのか?)は、ベクシンスキーの絵を見るようで期待感・・・
続きを読む
いつも同席のASH氏が、褒めているので見たのだが....うーん。ちょっとでした。冒頭の氷原に浮かぶ巨大な廃船(これで彼らは来たのか?)は、ベクシンスキーの絵を見るようで期待感が高まったのだが、後は紋切り型の展開にガッカリ。↓の方と同様の感想に終始した。ただ、最近歳のせいか不覚にも映画館で寝てしまう事が多いのだが、それなりのスピード感で最後まで目が覚めていたのはまずまずなのかも。やっぱり、私にとっての吸血鬼物は、1VS多数のほうがそそられる。皆さんお勧めの殺戮シーンもそういった意味で、団体戦の為かあまりピンと来なかった。そういった意味ではC級ながらも「ナイト・フライヤー」あたりの方が面白かった。
隠す
  
 
[025]宇宙からのツタンカーメン
 愛すべきZ級ホラーtomason2009-08-26
 
タイトルを「宇宙のツタンカーメン」と間違って憶えていた。しかし、このサイト、ほんとこんなショーモナイ物まで網羅しているのはえらいなー。例によって12chでお昼にやってい・・・
続きを読む
タイトルを「宇宙のツタンカーメン」と間違って憶えていた。しかし、このサイト、ほんとこんなショーモナイ物まで網羅しているのはえらいなー。例によって12chでお昼にやっていたのを見たんだけど、ずっこけ度200%で、ある意味、この手の低予算ホラー(?)の金字塔。みうらじゅんあたりが大絶賛しそうな代物。この映画のおかげで、私は「うろうろ系ホラー」というジャンル分けを確立できた。これに対抗できる映画といえば「巨大深海魚、潜水艦を襲う」(これもタイトルが間違っているようでヒットしないが)。なんたってこの映画、最大の見せ場が、糸吊のプラモ潜水艦に巨大深海魚が襲い掛かるシーンなのだが、泡プクブクのノーメイクのテトラフィシュなんだから...ふふふ....よく目を凝らせば「深海」も家庭用の水槽だあ.....ふふふふ....見たいでしょ!だれか正確なタイトルを教えてくださいな。 閑話休題、本作の内容はこれから見る人のために言わないけど....酔ってください。
隠す
  
 
[026]ヴァン・ヘルシング
 ひねくれ者の楽しみ方tomason2007-03-20
 
40年以上「怪奇映画」を観続けてきた私としては別の意味で楽しめた部分も...この作品でパクッテいる映画が好きなので。ポランスキー「吸血鬼」、メル・ブルックス「ヤング・フラ・・・
続きを読む
40年以上「怪奇映画」を観続けてきた私としては別の意味で楽しめた部分も...この作品でパクッテいる映画が好きなので。ポランスキー「吸血鬼」、メル・ブルックス「ヤング・フランケンシュタイン」等、「あなたやっぱりホラー好きなのね、だけどすべっちゃたねー」となぐさめてやりたい感じか。ジミー・ペイジみたいなドラキュラが致命的だが、この特撮スタッフで正調「吸血鬼ドラキュラ」をやってくれたらなー。三人の美女眷族、カルパチア山脈を失踪する馬車のシーンなんかは原典ファンとしてはぞくぞくするシーンなんだから.....ハマー時代にこの技術力があったらと思った。
隠す
  
 
[027]バッジ373
 裏フレンチ・コネクションtomason2007-03-20
 
この映画こそ、「フレンチ・コネクション」の正当な続編かも知れない。70年代B級の傑作。この頃のデュバルはアメリカンはげパワー全開。タフですねー。大好きです。
  
 
[028]ヤング・フランケンシュタイン
 フルッハーtomason2007-03-19
 
紀伊國屋ホールで封切り時に見ました。片想いだった彼女に何とか約束を貰らい待っていたら、彼女の友人が現れて「彼女は今日駄目なの」といわれて複雑な心境で一緒に観た思い出・・・
続きを読む
紀伊國屋ホールで封切り時に見ました。片想いだった彼女に何とか約束を貰らい待っていたら、彼女の友人が現れて「彼女は今日駄目なの」といわれて複雑な心境で一緒に観た思い出の映画.....メル・ブルックスは才人と呼ばれているがひとえに人使いの上手さですね。後の70年代映画を支えたP.ボイルを筆頭にマデリーン・カーン、顔を見ただけで可笑しい怪優マーティン・フェルドマンと多士済々、そこにからむリーチマン。キャスティングの勝利...一方でカーロフ版「フランケンシュタイン」のセットを流用するなどのこだわりぶり。ある意味シェリーの原作での知的な怪物像を提示したのは本作が初めてなのでは。今見るとさすがに古さは否めないが、それでも好き。「ヴァン・ヘルシング」の怪物は本作に負っているのがよく分かる。それとねー...テリー・ガーが良いんですね。来なかった彼女に似ていたし。
隠す
  
 
[029]夕闇にベルが鳴る
 暗闇にベルが鳴るじゃないtomason2006-11-12
 
最初に....名作「暗闇にベルが鳴る」のリメイクではないので注意!! つた屋で見つけ、思わず「アーッ」と声を上げて気合を込めて借りてしまった。くそっ。「夕闇」ですから....・・・
続きを読む
最初に....名作「暗闇にベルが鳴る」のリメイクではないので注意!! つた屋で見つけ、思わず「アーッ」と声を上げて気合を込めて借りてしまった。くそっ。「夕闇」ですから....間違えないようにね。 じゃ、全然関係ないのかというと、そうでもなくてアイデアは確信犯的に盗用、「悪魔のいけにえ」「ハロウィン」「13金」あたりからおいしいとこ取りでまとめてみましたって按配。オリジナルに興味ない人たちには、C級ほらーにして最後まで飽きずに見れるかも。ほんとの「暗闇〜」リメイクには期待しちゃうなー。
隠す
  
 
[030]サイレントヒル
 脱脂粉乳よりヒドイtomason2006-07-08
 
こういう映画を観るたびに思うんだけれど、 「悪魔のいけにえ」の時のトビー・フーパーや 「エクソシスト」の時のウィリアム・フリードキンや 「ブレードランナー」の時のリドリ・・・
続きを読む
こういう映画を観るたびに思うんだけれど、 「悪魔のいけにえ」の時のトビー・フーパーや 「エクソシスト」の時のウィリアム・フリードキンや 「ブレードランナー」の時のリドリー・スコットのような、 才気に溢れ、志の高い人がいい加減、出ないものかと思ってしまう。 見てくれだけのスプラッターや、薄っぺらな脚本にはうんざりだ。 上に挙げた作品はそれまで私のような世代の、 「怪奇SF映画なんか観るのは女子供である」という、 それまでの公式をひっくり返した偉大な作品と思うが、 今作のような見てくれだけで薄っぺらな映画が続くと、 後進が育たないんじゃないの。 血が出て、怪物が出るのが=ホラーじゃないんだよ。 昔なつかしの「ドゥーム」で遊んでいたほうがマシでした。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION