allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「well」さんのコメント一覧 登録数(114件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]それでも、生きてゆく
 いよいよラストですね…well2011-09-13
 
キャストが良い気がしたので、初回から見てますが、予想よりずっと面白いドラマでした。 重大犯罪の被害者家族と加害者家族に寄せられる過度の好奇、被害者家族の持ち続ける複・・・
続きを読む
キャストが良い気がしたので、初回から見てますが、予想よりずっと面白いドラマでした。 重大犯罪の被害者家族と加害者家族に寄せられる過度の好奇、被害者家族の持ち続ける複雑な苦悩、加害者家族の責任(そもそも責任があるのか?)、精神にトラブルを持つ加害者の贖罪と更生、殺人という大罪に対する償い(実際償いようがないと思うが…)等々深刻な問題を扱っているが、登場人物の誰かにことさらに比重を置くという描き方でないので、それぞれ違う立場の人物に感情移入しやすい。現代社会に生きている限り、このドラマの誰かの立場に明日自分が立っていることがないとも言えないと思う。さまざまな問題を提示しながら、ストーリィにはサスペンス性も加味されていて、考えさせられつつ楽しみでもあるドラマでした。 満島ひかりさんのストイックなファッションにも毎回注目してました。(どこで見つけてくるんでしょうか?)
隠す
  
 
[002]マイ・バック・ページ
 普通の…well2011-08-31
 
若きジャーナリストと革命家の話ではないですよね? この作品の中では沢田は特にジャーナリストらしい働きはしていないし、梅山はどうみても革命家もどきでしょう。 学生運動・・・
続きを読む
若きジャーナリストと革命家の話ではないですよね? この作品の中では沢田は特にジャーナリストらしい働きはしていないし、梅山はどうみても革命家もどきでしょう。 学生運動のことはよくわからないし、ジャーナリストの使命にも興味が持てないけれど、私がこの作品を好ましく思ったのは、普通の人を丁寧に描いているように見えたからです。 この作品に登場する人たちはすごく才能があるわけでもなく、ものすごくダメ人間でもない。すごくかっこいいわけでもないし、びっくりするような不幸な境遇でもない。どこにでも見かけるような普通の人間。夢もあるけど、功名心も野心もある。同情したり共感したりもするけど、嘘をついたり人を恨んだり… 感情をストレートに出すことの似合う時代だったのかなと思います。“普通の人”を“見せる”のはなかなか難しい気がしますが、時代に助けられている面があるでしょうか? 日頃こぎれいにまとめられのっぺりした印象の人物像ばかりテレビや新聞で見せられているので、新鮮に感じます。 加えて言えば革命で社会を変えるって、のっぺりした善人じゃなく欲も得もある生身の人間の暮らしを変えることなのじゃないかしらって思います。
隠す
  
 
[003]ER XV 緊急救命室 (第15シーズン)
 終わったのねwell2011-05-04
 
シーズン9、10あたりは暗い話ばかりがだらだらと続くことが多く、我慢して見てた。その後ニーラとモリスが立派なドクターになったり、サムが言いたいことをバキバキ言ったり・・・
続きを読む
シーズン9、10あたりは暗い話ばかりがだらだらと続くことが多く、我慢して見てた。その後ニーラとモリスが立派なドクターになったり、サムが言いたいことをバキバキ言ったりしてそれなりに明るい雰囲気が戻ってきた気がする。最後まで見てよかったなと思う。 今シーズンは本当に同窓会風で、懐かしい顔に再会できた。個人的にはスーザンとレイチェルが見られてよかった。ダグとキャロルの登場の仕方がしゃれてた。最後は何だかんだカーターがしめて終わったのはよかったと思う。 やっぱりカーターの成長が大事なテーマでしたもんね。 いつのシーズンだったかぜんぜん忘れちゃったけれど、汚物、吐しゃ物、血液等を掃除する苦労をねぎらわれた雑役のおじさんが言ったセリフ “人間の体から出てくるものなんて結局たかがしれてるよぉ…”が何故か妙に印象に残ってる。
隠す
  
 
[004]十三人の刺客
 吾郎ブラボーすぎ!well2010-10-23
 【ネタバレ注意】
いつも“間違いのない”役所広司です。発声、滑舌、間、迫力等々どれをとっても間違いないです。そつがなさすぎて、時としてつまらなく思うことがあるのですが、この作品では馥郁・・・
続きを読む
いつも“間違いのない”役所広司です。発声、滑舌、間、迫力等々どれをとっても間違いないです。そつがなさすぎて、時としてつまらなく思うことがあるのですが、この作品では馥郁たる高潔とウイッティな豪胆を難なく体現し、スプラッターなゲームを束ねる者として説得力があります。出演者が多いせいか主役の割には登場シーンがそれほど多くないように感じましたが、緊張と弛緩のバランスが絶妙のキャラクターを演じ存在感は圧倒的です。過去につまらないなどと考えたこと反省しきりです。侍というよりは、“理想の上司”といった感じもしますが、“斬って、斬って、斬りまくる”だけでは誰もついて来ないでしょうから。 そしてその標的が斉韶さま。この殿が面白かったです。彼は自分の人生に飽き足りない。のっぺりとした無表情の下にリアルな生への渇望が漲っています。時代や境遇のせいなのか、彼自身の人間性によるのか、自らの心の飢えを満たすことは決してできない。凄まじいエネルギーに駆り立てられた彼の行動は、社会への復讐のようにも見えますが、その蛮行の無慈悲無軌道ぶりが徹底していればこそ、心中の混沌と懊悩が際立ってきて哀れです。 ところで、この二人の直接対決のシーンで突然強烈なデジャブ感が…“笑の大学”!全く同じ図ですから。あっちより全然面白いじゃないか!と余計にテンション上がりました。 山田孝之演じる新六郎は冒頭では、ある意味殿と同じ悩みを抱える者として登場しているわけですが、そこには何か現代の社会に照らし合わせての意図があるでしょうか??
隠す
  
 
[005]ホノカアボーイ
 ゆるくて、ぬるくて、ムムムムムwell2009-03-19
 
キャストの点では、ネジが一本抜けてるような登場人物たちを、皆嫌みなく好演していると思う。 それはいいんだけど、なんでこの主人公はこの町で足をとめ、自ら選んで住むこと・・・
続きを読む
キャストの点では、ネジが一本抜けてるような登場人物たちを、皆嫌みなく好演していると思う。 それはいいんだけど、なんでこの主人公はこの町で足をとめ、自ら選んで住むことにしたんでしょう。あの若さで、年中昼寝中のような雰囲気の、いい人ばかりが住むこの町に。 残念ながら、ビーさんも映画館も虹もお料理も何かふわふわと心地よさ気な雰囲気が感じられるだけで、心に強く残るものがありません。 松坂慶子さんはかわいいですね。大阪ハムレットはよくわからなかったけど、この作品では素敵です。
隠す
  
 
[006]ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー
 これはエンタテインメントwell2009-02-12
 
きちんきちんとツボを押さえてなお余りある内容をサービスしてくれて、嬉しくなっちゃう映画です。 前2作は見てないんですが、設定もストーリーもポピュラーなもので、これだ・・・
続きを読む
きちんきちんとツボを押さえてなお余りある内容をサービスしてくれて、嬉しくなっちゃう映画です。 前2作は見てないんですが、設定もストーリーもポピュラーなもので、これだけ見ても特に問題ないでしょう。 もう1回見に行こうかと思ってます。
隠す
  
 
[007]地上5センチの恋心
 ベルギーに海があるって知らなかったwell2009-01-24
 
ヒロインオデットはとびきり明るくて常に前向き。そのユニークな処世術には驚かされる。でも実は内面は結構後ろ向きで、超臆病だったりする。だって、 現実の苦みを十分味わっ・・・
続きを読む
ヒロインオデットはとびきり明るくて常に前向き。そのユニークな処世術には驚かされる。でも実は内面は結構後ろ向きで、超臆病だったりする。だって、 現実の苦みを十分味わって生きてきてるから。もう傷つくのはイヤだから。 というようなことが、ふんわりじわじわ伝わってきて、いいですね。 子どもたちもかわいい!
隠す
  
 
[008]ラースと、その彼女
 ほのぼのwell2009-01-05
 
今年初映画です。 今年はなるべくつまんない映画にあたりませんように… この映画は、ほのあったかい良いお話と思いました。 ただどこまでもおっさんぽい青年と人形の話だなぁ・・・
続きを読む
今年初映画です。 今年はなるべくつまんない映画にあたりませんように… この映画は、ほのあったかい良いお話と思いました。 ただどこまでもおっさんぽい青年と人形の話だなぁと思うと、何度か寝そうになってしまいました。申し訳ないことです。 ラースの人となりをよく知り、人形と真面目なお付き合いをする彼に、驚くほどの理解と共感と親切心を見せる近所の人々が、そこまで親身なら何で子供時代のラースの不幸を慰められなかったのかという疑問がちらっと浮かんできたりしますが、そんなことはどうでもいいでしょう。 たぶん旧弊な共同体でもなく、大都会でもなく、その中間にある地域に暮らす人々にまつわるお話なんでしょう。
隠す
  
 
[009]私がクマにキレた理由(わけ)
 つまらんかったwell2008-11-02
 
アッパーイーストサイドなるものがよくわからないせいか、面白くなかった。展開にメリハリが効いてないし、人類学的アプローチやメアリー・ポピンズがらみのネタも蛇足的な感じ・・・
続きを読む
アッパーイーストサイドなるものがよくわからないせいか、面白くなかった。展開にメリハリが効いてないし、人類学的アプローチやメアリー・ポピンズがらみのネタも蛇足的な感じがする。 スカーレットだから我慢して見てたけど、実はスカーレットだから変に重たい感じがしちゃうのかも。ひょっとしてレニー・ゼルウィガーみたいな軽快な雰囲気の出せる人がやったほうがかわいい映画になってよかったかもしれないですね。 真面目に考えちゃったら、自分探しの迷い道で面倒見られた子供も気の毒だし、そんな娘に迫られて生活改める親もアホみたいだし、クマもとんだとばっちりってもんですよねぇ。
隠す
  
 
[010]アイアンマン
 鉄じゃないんだ!!?well2008-10-19
 
R・ダウニー・Jr.の演じるヒーローは、愛嬌も色気も哀愁もたっぷりでいいですねぇ。グウィネスも珍しくまともに見えます。 しかしストーリーはないに等しいですね。アイアンマ・・・
続きを読む
R・ダウニー・Jr.の演じるヒーローは、愛嬌も色気も哀愁もたっぷりでいいですねぇ。グウィネスも珍しくまともに見えます。 しかしストーリーはないに等しいですね。アイアンマンのご紹介に終始してます。こらえ性がないせいか、“続きは次回!”みたいな作り方は大っキライなので、次回作は見るかわからない。 とりあえず、トロピック・サンダーはすごく楽しみ〜
隠す
  
 
[011]歩いても 歩いても
 反芻したくなる映画well2008-08-16
 
卑俗な噂話や軽い陰口に笑いを誘われながら、知らぬ間にこの平凡な家族のドラマに引き込まれている。 ふんだんに繰り広げられる何気ない日常会話は、聞き覚えのあるようなもの・・・
続きを読む
卑俗な噂話や軽い陰口に笑いを誘われながら、知らぬ間にこの平凡な家族のドラマに引き込まれている。 ふんだんに繰り広げられる何気ない日常会話は、聞き覚えのあるようなものばかりだし、会話の裏に表れてくるそれぞれの心情もまたいつか自分の胸に抱いたもののようで馴染み深い。 親しい間柄ならではのやり取りである。至近距離から撃ち込まれる一言は時に薬となり心の傷を癒やし、時に毒となり傷を押し広げてしまう。 まさにややこしい関係だが、ここでこそ生まれ育まれるものもある。 死というものを捉えあぐねている少年がお墓参りに行き、新しく祖母となった女性がお墓に話しかけるのを見つめる眼差し... 人生の折々にこのように図らず自分の胸のうちに生まれ育ってきたものに思い当たる印象深いシーンだ。 父子と母娘の会話の速度がまるで違っていて、それはキャラクターとそれぞれの関係を表しているのだが、単純にこの緩急のつけ方が心地よく、映画に引きこまれる要因になっていると思う。 タイトルはどうなんでしょ?言い得て妙 のような気がしますが、地味ですし、聞いた感じでは徒労感たっぷりのイメージが先にたちます。 (映画館に行って見るぞ!という意欲は湧いてこないタイトルと思います。) ともあれ見終わった時、人を愛おしいと思う気持ちが湧いてくる映画です。 そして日々反芻したくなるような特別の映画です。
隠す
  
 
[012]今夜、列車は走る
 ぬれ煎餅がなくて残念!well2008-04-18
 
もっと鉄道がらみのシーンが多いのかと思っていたが、そういう話ではなかった。 八方塞の現実の中で壊れていくおじさんたちの痛々しさだけが印象に残る作品だ。“今夜、列車は走・・・
続きを読む
もっと鉄道がらみのシーンが多いのかと思っていたが、そういう話ではなかった。 八方塞の現実の中で壊れていくおじさんたちの痛々しさだけが印象に残る作品だ。“今夜、列車は走る” と言われてもあの程度のことにしか光明を見出せないことに逆に事態の深刻さが強調されている気がしてしまう。 誇りを持って職を全うできるというのはやはり幸せなことですよねぇ。
隠す
  
 
[013]魔法にかけられて
 “姫”なのね〜well2008-04-09
 
能動的でありながら、甘い夢の部分はキープしたいという現代の“姫”を可愛く描いていていいんじゃないでしょうか? ジゼルがモーガンとお買い物するシーンはいいシーンですね。・・・
続きを読む
能動的でありながら、甘い夢の部分はキープしたいという現代の“姫”を可愛く描いていていいんじゃないでしょうか? ジゼルがモーガンとお買い物するシーンはいいシーンですね。 ジゼルが現実の苦さに気づき、自分で人生を切り拓き始めようとする場面でもあり、モーガンがプチ姫化しそうな予感を感じさせるシーンだと思います。お買い物の後のおしゃべりに二人の悩みが垣間見えるのも面白いし、しかもその間他人のカードで散財!ってことが何ともノーテンキかつしたたかでヒメっぽいじゃないですか!
隠す
  
 
[014]歌姫
 見てます!well2007-12-11
 
久々に日本の連ドラちゃんと見ました。 ベタな話を、期待を裏切らないベタな展開で楽しませてくれてありがとう!! (意外に映画の話題が少ないのがちょっと残念だけど、、、) ・・・
続きを読む
久々に日本の連ドラちゃんと見ました。 ベタな話を、期待を裏切らないベタな展開で楽しませてくれてありがとう!! (意外に映画の話題が少ないのがちょっと残念だけど、、、) 主演の二人もいいと思うが、何と言っても私は高田純次が好きっ!
隠す
  
 
[015]スパイダーマン3
 執事は何でも知っている!well2007-05-16
 
錯綜するエピソードをもたつかせず、こんがらがらせずよくまとめてあるなぁという印象です。 ほぼ満員の場内のあちこちから“ウワァ!!”とか“ギャッ!”とかいう声が時折聞こえて・・・
続きを読む
錯綜するエピソードをもたつかせず、こんがらがらせずよくまとめてあるなぁという印象です。 ほぼ満員の場内のあちこちから“ウワァ!!”とか“ギャッ!”とかいう声が時折聞こえてきて、盛り上がりましたわ。 これは絶対でっかいスクリーンで見たいですね。 トビィが重そうだったのが気になり、−1点。
隠す
  
 
[016]黄色い涙
 そうでしたwell2007-05-01
 
黄色い涙というドラマを見ました。中途半端な時間帯のでせいで、見逃した回もあったように思うが、一方ならぬ感銘を受けたドラマだった。 ずいぶん長い間“もう一度見たいな”と・・・
続きを読む
黄色い涙というドラマを見ました。中途半端な時間帯のでせいで、見逃した回もあったように思うが、一方ならぬ感銘を受けたドラマだった。 ずいぶん長い間“もう一度見たいな”と思い続けていたが、いつか存在を忘れてしまっていた。 ということもあり、期待して見ました。この映画。 ですが残念ながら、潤沢にサービスされる昭和の風景に幻惑されたせいなのか、4人の共有した時間の密度が伝わってこない気がした。 この4人の青年はそれぞれに奢りや野心や、あがき、疎外感、閉塞感等々を抱えていたはずだし、何よりも各人に個性があると思うが、特に栄介以外の3人についての描き方が物足りない感じがした。最後の3人からの決別は唐突なものに思われた。 二宮君は、市井の人間の生活感を出せるといいのに、と思う。“硫黄島〜”でもそう感じた。 この映画では私は松潤が一番いいと思ったが、極端に出番が少ないのは、昭和30年代風でない顔のせいか? 音楽はおしなべて素敵でした。
隠す
  
 
[017]タカダワタル的
 “自転車にのって”が聞きたい!well2007-03-06
 
高田渡という人の歌っている姿を見たことがなかったので、面白かった。 こぎれいにまとめた作品になっていない点も好感が持てる。 苦渋を覆い隠したような鷹揚な歌いっぷりに・・・
続きを読む
高田渡という人の歌っている姿を見たことがなかったので、面白かった。 こぎれいにまとめた作品になっていない点も好感が持てる。 苦渋を覆い隠したような鷹揚な歌いっぷりには、やはり圧倒されます。
隠す
  
 
[018]どろろ
 なんか好き!well2007-02-18
 
手塚治虫ってあんまり好きじゃない。 けど、これは単純にヒーローの妖怪退治の話として面白かったです。 真ん中の妖怪退治の場面が忙しなくて、もっとじっくり見たい!と思った・・・
続きを読む
手塚治虫ってあんまり好きじゃない。 けど、これは単純にヒーローの妖怪退治の話として面白かったです。 真ん中の妖怪退治の場面が忙しなくて、もっとじっくり見たい!と思った。 妻夫木君はカッコいいですね。 数奇なな運命を背負った懊悩を表現できていたし、けれんみや小賢しさの感じられないところがよかったと思います。 他にいいと思ったのは鯖目。 短いシーンだったけれど妖怪に魅入られた人間の悲哀を見せていて、すごいと思った。人品卑しからぬ立派な人物で、どう見ても土屋妖怪を好きになるようには思えないが、そこが妖怪の恐ろしさであろう。 この物語に深みを加える余地はいろいろあるような気がするが、なかでも醍醐景光の扱いが中途半端のように見えるのは残念だった。人間の心のネガティブな部分を表現できる者として、また社会の有り様を象徴できる人物としてもう少し丁寧な描き方を見せて欲しかった。 最初と最後にちょこっと出てきて、勝手に自己完結したみたいになってるけど、この流れだと魔物サイドから見たらちょっと納得できないよね。そっちから言い出したから、こっちは約束守っただけなのに、、って。 フェイク聞くと、条件反射的に“また見たいなぁ!”と思っちゃって3回見に行きました。あと1〜2回行くかも、、、。
隠す
  
 
[019]三年身籠る
 不思議すぎてちょっと、、、well2007-02-14
 
私にはついていけない映画だった。 妙に似合ってた塩見三省の“女の子”姿だけが印象に残った!
  
 
[020]僕の大事なコレクション
 酸いも甘いもジプロックwell2007-01-28
 
出てくる人も犬もみんな愛おしい。 終盤の哀しい重たい話あってこその旅なんですが、どちらかというと目的地に着くまでのコメディ色の強いシーンが、印象的で、魅力的。 もう一・・・
続きを読む
出てくる人も犬もみんな愛おしい。 終盤の哀しい重たい話あってこその旅なんですが、どちらかというと目的地に着くまでのコメディ色の強いシーンが、印象的で、魅力的。 もう一度見たいし、ともだちに薦めたい映画。
隠す
  
 
[021]それでもボクはやってない
 世の中well2007-01-22
 
そもそも乗車率240%の電車に乗ってる時点で、人間扱いされてないと思うよ。 お人好しの一般市民はとことん嘗められまくる世の中である。
  
 
[022]トンマッコルへようこそ
 トンマッコル効果well2006-11-05
 
ちょっとふざけすぎなんじゃないかな、と思った。 韓国の人々が、理詰めではなく、また誰かを責めるというのでもなく、笑いにからめて過去をあるいは現在を描きたい境遇にいる・・・
続きを読む
ちょっとふざけすぎなんじゃないかな、と思った。 韓国の人々が、理詰めではなく、また誰かを責めるというのでもなく、笑いにからめて過去をあるいは現在を描きたい境遇にいるのかもしれない。ただ無垢なものを尊ぶ人々の純粋な心根を信じたい現状というものがあるのかもしれない。そのへんの感覚はよくわからない。 でも、おおよそさまざまな戦争が掲げる大義名分のバカバカしさ、そしてそれらに翻弄され、傷つき、傷つけ、疲弊し、命を落とす兵士たちの虚しさは伝わってくる気がする。 トンマッコル効果により、“大義”から解き放たれた6人の兵士たちは結局各々がひとつの幸福を得たのだろうか? 音楽久石譲は、監督の強い希望というようなことを聞いたが、随所であまりにも“いかにも”な感じが強く、ひどくつまらないものに思えた。
隠す
  
 
[023]サムサッカー
 そんなに落ち着くのなら、well2006-10-26
 【ネタバレ注意】
別に吸っててもいいんじゃないの?指。とも思ったが、やっぱりイヤだ。見苦しいことこの上ない。 ママはかっこ良すぎだし、ADHDの診断や投薬治療、ディベート部の扱いは相・・・
続きを読む
別に吸っててもいいんじゃないの?指。とも思ったが、やっぱりイヤだ。見苦しいことこの上ない。 ママはかっこ良すぎだし、ADHDの診断や投薬治療、ディベート部の扱いは相当適当だ。息子と付き合いあぐねているパパと、自信ないのにやたら人にアドバイスしたがる(そしてあとで反省する)歯医者はちょっと面白かったけど、他は少し退屈だった。すごくありふれた男の子のありふれた成長の1場面という感じ。 ところで、この映画は何でPG-12なんでしょう? 思いつく理由 その1 映画を見てる最中に子供の指しゃぶりが再発してしまったら、親がすかさずやめさせられる。 その2 子供だけだとうっかりサッカーの映画と勘違いして見ちゃう恐れがある。
隠す
  
 
[024]ユナイテッド93
 いいのか?という思いwell2006-10-24
 
どう見ていいのか悩む作品だった。 生々しい記憶に保証された迫力を味わうことにはやはり躊躇を覚えずにはいられない。 また、この映画では、事件の瞬間を目撃した人々の恐怖と・・・
続きを読む
どう見ていいのか悩む作品だった。 生々しい記憶に保証された迫力を味わうことにはやはり躊躇を覚えずにはいられない。 また、この映画では、事件の瞬間を目撃した人々の恐怖と無力感、そしてユナイテッド93機に乗り合わせた人々の恐怖と尊厳がきれいに切り取った形で表現されている。 このテロの背景を考えたとき、果たしてこのような、他の一切を排除し、きれいに切り取るやり方でいいのだろうか?と考えてしまう。 何となく後ろめたく、釈然としない気持ちになる映画だ。
隠す
  
 
[025]カポーティ
 誤算と苦悩well2006-10-22
 
最初は嫌なおっさんだと思った。 緻密な計算に基づいて仕事を進めているはずが、思わぬ計算違いが生じ、苦しみの泥沼から抜け出せなくなる。 そして頭の中の計算機の軋む音が・・・
続きを読む
最初は嫌なおっさんだと思った。 緻密な計算に基づいて仕事を進めているはずが、思わぬ計算違いが生じ、苦しみの泥沼から抜け出せなくなる。 そして頭の中の計算機の軋む音が聞こえてくるような苦悩の表情を浮かべたとき、このいびつなキャラクターがとんでもない魅力を放つ。 残酷な輝きです。 家で夜中に一人噛み締めるように見るのもいいような作品に感じた。
隠す
  
 
[026]初恋
 何の話かよくわかんなかった!well2006-10-12
 【ネタバレ注意】
タイトルからして女の子の一途な思いを描いた映画なのかと思ったが、それにしては岸が怪しい!怪しすぎる。一体何が望みなのか? 幼稚に群れてるように見えてしまう亮たちもよ・・・
続きを読む
タイトルからして女の子の一途な思いを描いた映画なのかと思ったが、それにしては岸が怪しい!怪しすぎる。一体何が望みなのか? 幼稚に群れてるように見えてしまう亮たちもよくわからなかったが、彼らとは一線を画しながらも、結局はへばりつき、陰でサポートしたりする岸って何?なんか権力と戦ったというより、結局詰めの甘いボンボンの独り相撲のようにも見えるが、彼のどのへんが魅力なのか?? 全体的にちょっとマンガ的な印象だったせいか、幸薄い女の子の心を掴む、権力嫌いの大泥棒ということで、ルパン三世を思い出しちゃいました。
隠す
  
 
[027]フラガール
 よかったよ!!well2006-10-06
 
古典的なドラマを古典的に盛り上げて、見せてくれる展開が気持ちいいけれど、何より舞台が常磐ハワイアンセンターっていうのがたまりません。 台湾からやしの木運んできて福島・・・
続きを読む
古典的なドラマを古典的に盛り上げて、見せてくれる展開が気持ちいいけれど、何より舞台が常磐ハワイアンセンターっていうのがたまりません。 台湾からやしの木運んできて福島にハワイ作っちゃう。炭鉱町の娘たちが見たこともないハワイアンダンス(+タヒチアンダンス)。 いい意味で節操のない、日本人の猥雑な活力があふれてます。 ダンサー役の女性陣の好演は言うまでもないが、単純・生真面目な成功物語で終わらなかったのには、時に怪しく、時に頑固、そして時にいい加減なふたりのオジさん吉本と洋二朗の存在が大きいのでは、と思った。
隠す
  
 
[028]ファイヤーウォール
 無理well2006-09-24
 
やーん、前後左右どっから見てもハリソン・フォードがおじいちゃんだ!(あんな男にやられる悪党って相当間抜けじゃなかろうか?) 走ってるときなんかヨタヨタした感じで、ま・・・
続きを読む
やーん、前後左右どっから見てもハリソン・フォードがおじいちゃんだ!(あんな男にやられる悪党って相当間抜けじゃなかろうか?) 走ってるときなんかヨタヨタした感じで、まったく違う意味でハラハラしちゃった。 くれぐれももう無理はしないように、誰か進言してあげてほしい。
隠す
  
 
[029]パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
 あれ烏賊?well2006-08-09
 【ネタバレ注意】
ほぉ!大ダコとツーショットかぁ、、と思いつつ見てたんだけど(ちょっとエド・ウッドとか思い出したりして)、後で人に聞いたら、“あれはイカだろう!”と言われ、リサーチした・・・
続きを読む
ほぉ!大ダコとツーショットかぁ、、と思いつつ見てたんだけど(ちょっとエド・ウッドとか思い出したりして)、後で人に聞いたら、“あれはイカだろう!”と言われ、リサーチしたら意外に蛸派は少数でショックを受け、、、。 それはともかく、海賊は十分堪能したので、J・デップには違うの見せてもらいたいです。 リバティーンで寝ちゃったのは私も反省してるんで、違うのお願いします。違うの。
隠す
  
 
[030]いつか読書する日
 どうなんでしょ?well2006-07-24
 
地方に住む平凡な中年男女の暮らしと心模様を丁寧に追っていく、、このような邦画がもっとあればいいのにと思いながら見ました。 ところで、田中裕子ってどうなんでしょ? 私・・・
続きを読む
地方に住む平凡な中年男女の暮らしと心模様を丁寧に追っていく、、このような邦画がもっとあればいいのにと思いながら見ました。 ところで、田中裕子ってどうなんでしょ? 私は、迫力ありすぎてちょっと怖い感じがします。しゃべり方も詰問調に聞こえるときがあるし。もともと強い人に見えちゃうんだよね。 なので、この映画のラストはちょっとつまらなく感じました。
隠す
  
 
 1 2 3 4次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION