allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「william」さんのコメント一覧 登録数(1509件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]96時間/リベンジ
 Living Well Is The Best Revengewilliam2014-01-26
 
予定調和型超B級アクション。だけど、展開も構成もスッキリな感じで、見てて爽快。続編は駄作になりがちな中、結構良く出来てるね。
  
 
[002]その後のふたり
 afterwilliam2013-02-15
 
公開初日の記念上映会で見た。場所は渋谷アップリンク。80人程度の小さな映画館。 上映後、出演者達によるトークショウもあったが、本当に自分達だけで作った限りなくインディ・・・
続きを読む
公開初日の記念上映会で見た。場所は渋谷アップリンク。80人程度の小さな映画館。 上映後、出演者達によるトークショウもあったが、本当に自分達だけで作った限りなくインディーズな作品。主演の坂井真紀以外役者ではないので、それだけにとても身近で、温かみがあった。辻仁成の新境地とも言える。久々に良い映画を見た。
隠す
  
 
[003]卒業
 この支配からの卒業william2011-09-19
 
個人的にどんな映画でも映画を途中で飛ばすことなんてないんだけど…これは酷い。 そもそも内山里名の存在が完全にストーカー。結婚間近のカップルの間に入り込んで破滅させよ・・・
続きを読む
個人的にどんな映画でも映画を途中で飛ばすことなんてないんだけど…これは酷い。 そもそも内山里名の存在が完全にストーカー。結婚間近のカップルの間に入り込んで破滅させようと企んでいるみたい…。 娘ならオヤジを労われよ…てかただのファザコンじゃん…。 あと、鍵は返すのに通帳は返さない…これは犯罪ではないですか? そして一緒に寝るも濡れ場があるわけじゃなく、ラストも地味。無難さだけを求めてる辺り、監督の「俺、いい作品作っちゃったよ」の自己満足感たっぷり。 これだけ多くの人数が関わってて、だれか一人くらい途中で変なことに気が付かなかったの?日本にラジー賞があれば、間違いなくこの年ナンバー1なはずだが…。
隠す
  
 
[004]緋文字
 スカーレットwilliam2011-09-17
 
ロードムービー監督のヴィム・ヴェンダースに慣れてると違和感の感じる、かなり異色の初期の名作。 ただ彼の独特な色遣いと空気感の輪郭は垣間見られるし、美しいオーケストラ・・・
続きを読む
ロードムービー監督のヴィム・ヴェンダースに慣れてると違和感の感じる、かなり異色の初期の名作。 ただ彼の独特な色遣いと空気感の輪郭は垣間見られるし、美しいオーケストラのスコアも印象的。 ヴェンダース映画の独自性を別の側面から見られる作品。
隠す
  
 
[005]END OF THE CENTURY エンド・オブ・ザ・センチュリー
 Hey! Ho! Let's Gowilliam2011-09-17
 
3コードの3分ソングを20年間も奏で続けたラモーンズ。 そのストレートなメロディはU2のボノに「ラモーンズがなかったらU2は生まれてなかった」と言わしめるほど、さまざまなア・・・
続きを読む
3コードの3分ソングを20年間も奏で続けたラモーンズ。 そのストレートなメロディはU2のボノに「ラモーンズがなかったらU2は生まれてなかった」と言わしめるほど、さまざまなアーティストに影響を与えてきた。 ここではそんな影響を受けたアーティストたちのインタビューを交え、ラモーンズの鮮やかな軌跡を貴重なフィルムを通して垣間見ることが出来る。
隠す
  
 
[006]レッツ・ロック・アゲイン!
 Complete Controlwilliam2011-09-17
 
ピストルズが僅かな期間で作り上げた礎を、時間をかけて「パンク」という言葉で世界に広めたのがクラッシュ。 そのフロントマンだった、ジョー・ストラマーの死の寸前までを奇・・・
続きを読む
ピストルズが僅かな期間で作り上げた礎を、時間をかけて「パンク」という言葉で世界に広めたのがクラッシュ。 そのフロントマンだった、ジョー・ストラマーの死の寸前までを奇跡的におさめたフィルムとして価値が高い。 フジ・ロックが大好きで会場で普通に観客としてはしゃいでた彼の来日時のフィルムも見られる貴重な作品。
隠す
  
 
[007]カポーティ
 I'm Coldwilliam2011-09-16
 
ここでのフィリップ・シーモア・ホフマンの演技は奇跡的。 惨殺事件の死刑囚を目の前に、彼の心を玩ぼうとする深層心理が映る演技とはなかなか見たことがない。 いうなればカポ・・・
続きを読む
ここでのフィリップ・シーモア・ホフマンの演技は奇跡的。 惨殺事件の死刑囚を目の前に、彼の心を玩ぼうとする深層心理が映る演技とはなかなか見たことがない。 いうなればカポーティ自身が「冷血」だったのか?
隠す
  
 
[008]冷血
 惨劇の夜william2011-09-16
 
若干散漫なストーリー構成が残念なところ。 ノンフィクションである物語の背景と、暗く不気味な映像は好奇心を湧き立たせて止まない。
  
 
[009]ある愛の風景
 囚われた時刻william2011-09-16
 
結果的に3人にとって本当の幸福はなんだったのだろうか、幸せの価値というものをとても考えさせられる作品。 コニー・ニールセン演じるサラの揺らぐ感情が切ない。
  
 
[010]セリ・ノワール
 FADE TO BLACKwilliam2011-09-15
 
「セリ・ノワール」は「暗黒小説」を意味していて、ようはフィルム・ノワールの起源ということ。 リュック・ベッソンがベタぼれして「レオン」の元ネタにもした位。 なんだけ・・・
続きを読む
「セリ・ノワール」は「暗黒小説」を意味していて、ようはフィルム・ノワールの起源ということ。 リュック・ベッソンがベタぼれして「レオン」の元ネタにもした位。 なんだけど日本じゃ超無名映画で、痺れを切らしたベッソンがTUTAYAを通じてベッソン・コレクションの一つとしてビデオ化した経緯があるんだよね。 確かに16歳のモナの表情とか仕草は、「レオン」のマチルダに何処か似てる趣がある。2人のギリギリの演技が深く心に突き刺さる。 下のコメントにもあるけど、フランク演じるパトリック・ドベールは82年にライフル銃で自殺、モナ演じるマリー・トランティニャンは2003年にボーイフレンドに突き飛ばされて、頭を強打して死亡と、2人とも若くして壮絶な死に方をしてるのも何かの因果か。
隠す
  
 
[011]39歳からの女性がモテる理由(ワケ)
 40 -FORTY-william2011-09-15
 
モトリー・クルーのメンバーと離婚した後、ボン・ジョヴィのメンバーとの結婚歴のあるロックなオネエサン、ヘザー・ロックリアはアラフォーを感じさせないキュートでセクシーな・・・
続きを読む
モトリー・クルーのメンバーと離婚した後、ボン・ジョヴィのメンバーとの結婚歴のあるロックなオネエサン、ヘザー・ロックリアはアラフォーを感じさせないキュートでセクシーな顔立ちが魅力。 TVM用で作られてるけど、コミカルで意外と楽しめる。40代を目前にした女性におすすめ。
隠す
  
 
[012]ホーム・スイートホーム
 Sweet Homewilliam2011-09-15
 
この映画に携わった人は全員素人なんだってね! そう感じさせない心の籠った手作り作品。身近な高齢者問題をテーマにしてて、民間の人の為に作られた温かみがある。
  
 
[013]ハンテッド
 Hunted Downwilliam2011-09-15
 
アメリカン・ニューシネマ意識してるところあるのかな? シリアスな演技で展開なんだけど、それ以上に迫りくる迫力がなくてとても残念。 トミー・リー・ジョーンズも老いには勝・・・
続きを読む
アメリカン・ニューシネマ意識してるところあるのかな? シリアスな演技で展開なんだけど、それ以上に迫りくる迫力がなくてとても残念。 トミー・リー・ジョーンズも老いには勝てないのか。
隠す
  
 
[014]太陽がいっぱい
 太陽に灼かれながらwilliam2011-09-13
 
この映画50年も昔の作品なのに、なぜか何回も繰り返し見てしまうんだよな。 焼き付いて離れないトムを演じるアラン・ドロンのあの野獣のような瞳は永遠に色褪せない。 真実の・・・
続きを読む
この映画50年も昔の作品なのに、なぜか何回も繰り返し見てしまうんだよな。 焼き付いて離れないトムを演じるアラン・ドロンのあの野獣のような瞳は永遠に色褪せない。 真実の幸せとはいったい何だったのだろう。 それは繰り返し何度見ても、きっと分かり得る事のできないもの。
隠す
  
 
[015]眠れる美女
 眠れる森william2011-09-13
 
川端康成の名文学を外国で映画化したという点と、R-18とは言え女優の性器をかなり露骨に写したりしてる辺り珍しい作品。 見方によってはエロジジイが裸のマネキンで人形遊びし・・・
続きを読む
川端康成の名文学を外国で映画化したという点と、R-18とは言え女優の性器をかなり露骨に写したりしてる辺り珍しい作品。 見方によってはエロジジイが裸のマネキンで人形遊びしてるみたいにも見えるんだが…。
隠す
  
 
[016]アンダルシアの犬
 ダウナーwilliam2011-09-13
 
やっぱり冒頭の女性が自分の眼球を剃刀で切り裂くシーンは何度見ても気持ち悪い。 先日都内でやってた「シュルレアリスム展」でこの映画が上映されてたんだけど、みんなどよめ・・・
続きを読む
やっぱり冒頭の女性が自分の眼球を剃刀で切り裂くシーンは何度見ても気持ち悪い。 先日都内でやってた「シュルレアリスム展」でこの映画が上映されてたんだけど、みんなどよめいてたね。
隠す
  
 
[017]天使の涙
 天使の羽william2011-09-13
 
はっきり言って「恋する惑星」の印象が強すぎて、どうしても二番煎じになってるな。 おしゃれモノはシリーズ化しない方がいいというところ。
  
 
[018]刑務所の中
 非日常の光るwilliam2011-09-13
 
原作を見事な完成度で再現してくれました。 食べ物の、あの独特な品のない高級感とか。 鑑賞後、小倉あんとマーガリンのパンが無性に食べたくなりました。
  
 
[019]僕は天使ぢゃないよ
 びんぼうwilliam2011-09-13
 
あがた森魚の、ある意味実験的な映画。 この時代は割とこんな感じのインディー感あふれる作品多かったかも。
  
 
[020]プリティ・ベビー
 All You Pretty Girlswilliam2011-09-13
 
ルイ・マルがアメリカでチャレンジした新しい世界を描きたかったんだろう。 ブルック・シールズの幼くも洗練された裸体はいつ見ても芸術的。 物語の価値よりも、その美しさに評・・・
続きを読む
ルイ・マルがアメリカでチャレンジした新しい世界を描きたかったんだろう。 ブルック・シールズの幼くも洗練された裸体はいつ見ても芸術的。 物語の価値よりも、その美しさに評価したい。
隠す
  
 
[021]ぼくの瞳の光
 瞳の住人william2011-09-13
 
イタリア映画は地味だけど繊細さが上手に表現されているものが多いね。 この作品もその一つ。
  
 
[022]罪と罰
 Gilmore guilt morewilliam2011-09-13
 
26歳の若さで作ったとは思えないオリジナリティ。 名文学をベースにしながらも、独自の解釈で転がるストーリーから目が離せない。
  
 
[023]修羅雪姫
 Shulawilliam2011-09-13
 
確かに「キル・ビル」…。 出だしから完璧なまでの勧善懲悪ストーリー。それなりに面白い。
  
 
[024]風の絨毯
 Magic Carpet Ridewilliam2011-09-13
 
日本とイランという結びつかなさそうな2つの国による合同作品。 飛騨高山の美しい街並が印象的。
  
 
[025]ジュリアン
 分裂症william2011-09-13
 
実験的で斬新な映像表現が印象的。 「ボーイズ・ドント・クライ」でもそうだったけど、クロエ・セヴィニーは本当に自然でかつ際立った存在感を見せてくれる。
  
 
[026]いのちの食べかた
 Meet Is Murderwilliam2011-09-13
 
地味だけど今まで誰も取り扱わなかった世界だよな。 我々が普段食している肉に一体どれだけの重い「命」という価値があるか、再認識させる作品。
  
 
[027]糧なき土地
 Poor Circulationwilliam2011-09-13
 
この映画から80年が経った今でも同じように貧困に喘ぐ人たちがいる現実。 シュルレアリスムを描いたドキュメンタリーとしての価値は非常に高い。
  
 
[028]ロビンソン漂流記
 ロビンソンwilliam2011-09-13
 
ロビンソン漂流記も何気にディストピア小説なんだよね。 古い映画だけど色使いが綺麗。
  
 
[029]ITバブルと寝た女たち
 ITwilliam2011-09-13
 
身近な社会背景だけど、ちょっと薄い。 転落していくあたりからだんだん無理矢理転落させてる感じが伝わってくる。
  
 
[030]青いパパイヤの香り
 Blue Romancewilliam2011-09-13
 
トラン・アン・ユンとしてはのちの「ノルウェイの森」の製作時にカギとなったであろう、共通の淡々とした空気感を醸し出している作品。 リュ・マン・サンはこの一作だけで映画・・・
続きを読む
トラン・アン・ユンとしてはのちの「ノルウェイの森」の製作時にカギとなったであろう、共通の淡々とした空気感を醸し出している作品。 リュ・マン・サンはこの一作だけで映画の世界から消えてしまった幻の女優。 そういった背景も彼女の妖しげなエロスを引き立たせている気がする。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION