allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「yaskaz」さんのコメント一覧 登録数(23件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[001]シティ・スリッカーズ
 ジェイク・ギレンホールも出ていますyaskaz2007-08-02
 
ミッチ(ビリー・クリスタル)の子役はジェイク・ギレンホールですよ。追加しておいてください。
  
 
[002]嫌われ松子の一生
 嫌いyaskaz2007-02-28
 
映画に何を期待するのかなあ?あるがままを観るべし!金を捨てるような映画鑑賞はすべきでない(笑)映画はギャンブルちゃいまんねん、ぷっ
  
 
[003]かにゴールキーパー
 好きyaskaz2007-02-28
 
一言で駄作とは監督さぞかし嬉しいでしょう!要は好きか嫌いかで、嫌いならもう観なきゃいい(笑)わたしは観続けましょう♪
  
 
[004]武士の一分(いちぶん)
 キムタクなんだよねyaskaz2006-12-16
 
東北弁使おうが、にやっと笑おうが、劇中人物にはなってない!テレビのキムタクがそこにいた。それだけ自分を持っているのか、はたまた大根なのか?彼以外がよかっただけに、ミ・・・
続きを読む
東北弁使おうが、にやっと笑おうが、劇中人物にはなってない!テレビのキムタクがそこにいた。それだけ自分を持っているのか、はたまた大根なのか?彼以外がよかっただけに、ミスキャスト?と思ってしまう。
隠す
  
 
[005]愛の流刑地
 R-150yaskaz2006-12-13
 【ネタバレ注意】
豊川悦司が法廷の中で叫ぶ「誰も本当の冬香(寺島しのぶ)を知らない!」と。その通り!監督が描いてない!あの構成に意味があるのか?究極の純愛?人間が描かれてないから愛も・・・
続きを読む
豊川悦司が法廷の中で叫ぶ「誰も本当の冬香(寺島しのぶ)を知らない!」と。その通り!監督が描いてない!あの構成に意味があるのか?究極の純愛?人間が描かれてないから愛も肉欲も何も伝わってこない!濡れ場だって濡れも勃起もしない!豊川悦悦司の涙も台詞も空しいだけ・・・「大停電の夜に」でいい眼していた寺島しのぶに期待してたんだけどな・・・R-150指定にして150歳未満は鑑賞禁止にすべきだと思う。
隠す
  
 
[006]ニワトリはハダシだ
 ニワトリはハダシだyaskaz2006-11-19
 【ネタバレ注意】
お怒りの面々、1977年の「黒木太郎の愛と冒険」観ましたか?森崎東に拍手〜!
  
 
[007]カポーティ
 ホフマン=カポーティyaskaz2006-11-05
 【ネタバレ注意】
映画人フィリップ・シーモア・ホフマンの熱の入れようが伝わってきた映画だった。映画はカポーティ一人に焦点を当て、ホフマンもカポーティになりきっていたように思う。友人も・・・
続きを読む
映画人フィリップ・シーモア・ホフマンの熱の入れようが伝わってきた映画だった。映画はカポーティ一人に焦点を当て、ホフマンもカポーティになりきっていたように思う。友人も、パーティ仲間も、そして犯人たちもカポーティという人物を描く画材でしかなかった。ホフマンが原作の映画化権を手に入れたのは、カポーティが殺人事件の新聞記事を目にしたのと同じだと感じた。カポーティ=ホフマンは役だけでなく、「冷血」を書き上げるために「冷血」だったカポーティとこの原作を映画化するホフマン、彼自身の映画ではなかったかと思う。天才の苦悩、エゴ、人間くさい部分、カポーティを演じている実はホフマン自身だったのだと思う。アメリカ映画には珍しく、事件ではなく人物を丁寧に描いたこの映画、間違いなくフィリップ・シーモア・ホフマンの「冷血」だったと思う。実際のカポーティが後に小説をかけなかったようにホフマンが今後、映画に出られなくなることがないように祈りたいものだ。
隠す
  
 
[008]ワールド・トレード・センター
 映画は映画yaskaz2006-10-21
 
映画は所詮、作り物です。実話を基にしても、ドキュメンタリーにしてもそこには監督の演出が入ります。いくら名監督といえど、あの日の地獄を再現することはできません。ニコラ・・・
続きを読む
映画は所詮、作り物です。実話を基にしても、ドキュメンタリーにしてもそこには監督の演出が入ります。いくら名監督といえど、あの日の地獄を再現することはできません。ニコラス・ケイジやマイケル・ペーニャも実際に死ぬほどの激痛を受けているわけではなく、演技なのです。崩壊したWTCも安全を十分に配慮したセットです。あの日の地獄から生還した主人公たちの実話をベースにしても、WTCはやはり現実を越えることはない虚構の世界なのです。現実と虚構の矛盾。演出を抑えて事実を忠実に・・・それは既に演出なんです。監督はそれをわかっていたのか・・・矛盾に悩んでいたのではないでしょうか・・・テロの犠牲になった人々への鎮魂歌というけれど、作り物の世界と割り切って強烈な演出力で描く虚構の世界がテロで亡くなった人たちへのレクイエムになったと思います。監督らしい鋭い演出できないなら取り上げるべきでなかったのでは・・・部下を引き連れWTCに突入後、崩落に遭遇し退避しようとしたニコラス・ケイジのようでした。
隠す
  
 
[009]フラガール
 泣けた〜yaskaz2006-10-10
 【ネタバレ注意】
まんまとツボにはまった〜こんな感覚パッチギ!似?スローモーションに♪ しかし、高橋お父さん、車は何で動くかわかって夕張まで行ったの?笑 そして男湯に乗り込んだ松雪姉・・・
続きを読む
まんまとツボにはまった〜こんな感覚パッチギ!似?スローモーションに♪ しかし、高橋お父さん、車は何で動くかわかって夕張まで行ったの?笑 そして男湯に乗り込んだ松雪姉さん、好きっ!笑 
隠す
  
 
[010]砂の器
 一級品yaskaz2006-09-25
 
わたしも1500本以上映画を観てきていますが、日本映画のベスト1です。今日ニュースで丹波哲郎が亡くなったニュースを聞いて、真っ先にこの映画を思い出しました。彼の代表・・・
続きを読む
わたしも1500本以上映画を観てきていますが、日本映画のベスト1です。今日ニュースで丹波哲郎が亡くなったニュースを聞いて、真っ先にこの映画を思い出しました。彼の代表作の一本でしょうが、この映画は彼が主役ではありません。あの音楽をバックに映し出される日本の美しさと厳しさ、父と子の宿命が主役なんだと思います。何度観ても泣けます。泣かせにかかる監督の手法が通じるのは一度だけ。それでも観るたび泣いてしまうのは手法を越えた感動がそこにあるからだと思います。ちなみにベスト2は「飢餓海峡」ベスト3は「泥の河」です。
隠す
  
 
[011]ゆれる
 揺れないyaskaz2006-09-24
 【ネタバレ注意】
素晴らしい!言葉で言うのが軽々しく聞こえてしまうけど、とにかく素晴らしい!鳥肌が立った!自分の35年の映画歴の中でも日本映画のベスト10に入る。オダギリジョーと香川・・・
続きを読む
素晴らしい!言葉で言うのが軽々しく聞こえてしまうけど、とにかく素晴らしい!鳥肌が立った!自分の35年の映画歴の中でも日本映画のベスト10に入る。オダギリジョーと香川照之の演技も素晴らしいが、西川美和の演出は繊細できっちり的を得ていて非の打ち所がない。 オダギリジョー扮するカメラマンの如く、一瞬ですべてを観客に分からせる西川美和監督の技量、力量。開けっ放しの冷蔵庫、そっと伸ばした指、ドタドタ歩く足音、零れたお酒を拭く兄、8mm映写機、煙草の箱、切られたトマト、揺れるブランコ、洗濯物を畳む兄、会話、何もしなかった父が回す洗濯機、面会室のガラスに映る顔、顔、赤い電車に、札の入った封筒、そして吊り橋、花・・・もうすべてのシーンが鮮やかに蘇えってくる。そしてそれらの物や出来事はちゃんと二度目があって、時に対比されるが、ちゃんと説明をつけ、完結している。完結しないのは、そう兄弟の、親子の、人間の心。ぼくの採点は揺れません!そう満点です!
隠す
  
 
[012]黒木太郎の愛と冒険
 今の日本映画にないものyaskaz2006-09-09
 
色んな人間がいて世界がなりたっていた。弱いから寄り添って家族や友達の小社会を築いていた。そこには蚤もゲロもゴミも酔っ払いも差別用語も散乱していた。今の日本映画、いや・・・
続きを読む
色んな人間がいて世界がなりたっていた。弱いから寄り添って家族や友達の小社会を築いていた。そこには蚤もゲロもゴミも酔っ払いも差別用語も散乱していた。今の日本映画、いや日本はきれいさだけの美を追求し、蚤もゲロもゴミも酔っ払いも差別用語も隠してしまっている。そして人間性までも隠してしまい、社会が崩壊してしまっている。ほんの数十年前の日本のあの匂ってきそうな汗の匂いはどこへ行ってしまったのだろうか。もう当時の映画でしか感じる事はできないのだろうか。
隠す
  
 
[013]UDON
 薬味のないうどんの如くyaskaz2006-09-02
 
クセのある役者、ユースケやトータス、升毅、要潤、小日向文世などがいても、毒気をとられて味気ないというか、薬味のないうどんを食べているようで、お代わりは結構です!って・・・
続きを読む
クセのある役者、ユースケやトータス、升毅、要潤、小日向文世などがいても、毒気をとられて味気ないというか、薬味のないうどんを食べているようで、お代わりは結構です!って感じです。
隠す
  
 
[014]出口のない海
 出口のない海yaskaz2006-09-02
 【ネタバレ注意】
出口は見つかったようですが・・・回天練習で市川海老蔵乗った回天がレールの上をゆっくりと海に向かって進み、いざ発進するとどこへ行くのか不明で、戻ってきて上官に殴られ「・・・
続きを読む
出口は見つかったようですが・・・回天練習で市川海老蔵乗った回天がレールの上をゆっくりと海に向かって進み、いざ発進するとどこへ行くのか不明で、戻ってきて上官に殴られ「お前がやれ!」と叫ぶ。山田洋次の脚本に従い、でも行き先が定まらず、出来上がった映画。「お前がやれ!」は佐々部監督が山田洋次に吐いた言葉のようにも。そしてラスト市川海老蔵の行動は佐々部監督の行動と同じく、内容はともかく「回天」の存在を後世に伝え残すことだけだった。
隠す
  
 
[015]RENT/レント
 RENT isyaskaz2006-06-16
 
you do not have to see it at the theatre just rent it at videoshop
  
 
[016]陽気なギャングが地球を回す
 地球は回せなかった・・・yaskaz2006-06-03
 
ビバリーヒルズコップ2のスピード感もなければ、スティングの切れ味もなく中途半端でした・・・地球は回せてませんよ
  
 
[017]ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
 BRIDGET JONES isyaskaz2006-06-03
 
きれたわたしの1時間47分
  
 
[018]デブラ・ウィンガーを探して
 SEARCHING FOR DEBRA WINGER isyaskaz2006-05-25
 
a lot of mature women
  
 
[019]ホーンティング
 THE HAUNTING isyaskaz2006-05-20
 
not haunted
  
 
[020]ホーム・アローン2
 HOME ALONE2 isyaskaz2006-05-20
 
lost my laughs
  
 
[021]ホーム・アローン
 HOME ALONE isyaskaz2006-05-20
 
not alone but a lot of laughs
  
 
[022]ブロークン・フラワーズ
 BROKEN MY EXPECTATIONSyaskaz2006-05-20
 
BROKEN FLOWERS is broken my expectations
  
 
[023]インファナル・アフェア 無間序曲
 godfatheryaskaz2006-05-20
 
INFERNAL AFFAIRS is GODFATHER
  
 
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION