allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
  コメント題 投稿者 投稿日
グレムリン」に対してのコメント
  もっと工夫を 幸村和 2010-02-09
 
当時の映像技術のしょっぱさは嫌いではない。今のリアルで滑らかな動きのCGに比べ、B級テイストなややギクシャク感の残る動きはそれなりに味わいがあってなんだか嬉し懐かしだったりする。ただストーリーが単調。可愛いペットだったモグワイが邪悪な生物に変態、しかも大量発生、町中を大混乱の渦に巻き込む…ストーリーはいわばこれだけ。見せ場は変態のシーンとモグワイやりたい放題の部分なんだけど、ここでもっと工夫がほしかった。モグワイのやってることって無軌道な人間のそれと同じで、なんか祭りみたい。まお子様向けだからこの程度にするしかないのかな。だってこの無軌道さって2〜5歳くらいの子どもがなんでも物を投げたり壊したり口に入れたり飛んだり跳ねたり「やったらあかん」って言ってることをわざとやってるのと同じ。見る人によってはNOと言われることを邪悪モグワイ(=グレムリン)が自分のかわりに映画の中でやってくれて、しかも大人たちはそれにオタオタ逃げ惑うばかりでああ面白い、ということなんだろうか。うーん、子どもっぽいな。 ただお母さんVSグレムリンのシーンは唯一楽しめた。お母さんの強さには惚れ惚れした。あとはただグレムリンが子どもみたいにやりたい放題繰り広げる様子を延々見せられた記憶しか残ってない。当時は架空の生物が人間と同じような動作をする、ということだけで評価されたのかな。いや、それより前にエイリアンも出てるからやっぱりもうちょっと内容的に頑張れたんじゃないか。もっとホラーにしろという意味ではなく工夫という意味でさ。 ところで可愛いと評判だったらしいギズモなんだけど、どうなんだろう。なんか、可愛いでしょ〜というイカニモさが私にはちょっとね。
  
 

 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION