allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ファイナルドラゴン<未>(1976)

風雨雙流星
THE KILLER METEORS

ジミー・ウォング&ジャッキー・チェン/キラードラゴン流星拳(ビデオ・旧)

メディア映画
上映時間95分
製作国香港
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルアクション
ファイナル・ドラゴン [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 31,035
amazon.co.jpへ

【解説】
 流れ者メイは、武術の達人ホウから仕事を頼まれた。それは、ホウの妻から解毒剤を奪うというものだった。ホウは夫人に毒薬を盛られ、殺されかけていたのだ。だが夫人は武術の達人たちを送り込んできて……。ジャッキー・チェンが76年に出演したカンフー・アクション映画。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:DEEP BLUE投稿日:2008-05-26 20:57:47
珍しくジャッキー悪役、しかも結果的にはラス・ボス! 主演はジミー・(へんな飛び道具大好き)・ウォングなので、ジャッキー・ファンはコアなカンフー映画好きを自認する人だけ見てください。それでも残念ながら、やっぱりツマラナイですから・・・。ロー・ウェイ作品にはありがちな、映像の下手な小細工が古臭い駄作。 ジャッキーはこの作品が縁で、後のロー・ウェイとの契約問題の際にジミー・ウォングにいろいろと世話になっている。そのお礼にジミーの「ドラゴン特攻隊」にゲスト(だったのか?)出演している。
投稿者:tomovsky投稿日:2005-04-03 12:44:29
【ネタバレ注意】

2回目観たら意見変わった。人物の関係が複雑で、何だかわかりにくい。ジミー・ウォングも無表情で演技してる感じで共感出来ない。ジャッキーは、多少表情らしい物を見せてるが・・・・・・。ストーリー展開の意外性を狙ったんだろうが、二転・三転くらいで止めておけば上手く収まったかも知れないが、ただの空回りで終わってる。70年代初期の作品だから仕方ないが、もっと単純に出来なかったのかな? 笑っちゃうのは、主人公の持ってる武器「奪命流星」とかってやつ。どう見ても悪人向きの代物だ。正義を語る主人公が使っちゃイカンなと思う。最後は花火(?)で勝負きまっちゃうし、なんとも汚い攻撃をする主人公。でもこういう展開が、ジミー・ウォングらしい作品なんだろうか?

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION