allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

戦慄の絆(1988)

DEAD RINGERS

メディア映画
上映時間116分
製作国カナダ
公開情報劇場公開(ベストロン)
初公開年月1989/06/10
ジャンルサスペンス
戦慄の絆 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,019
USED価格:¥ 2,835
amazon.co.jpへ

 Photos
戦慄の絆

【解説】
 鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の描く心理サスペンス。カナダのトロントで産婦人科医院を開業する一卵性双生児の名医、エリオットとビヴァリー。幼い頃から文字通り一心同体に育った兄弟は、しかしある日、一人の女性に出会った事から、それまでのアイデンティティの均衡を崩してゆく……。紅い背景に様々な手術道具や人体解剖図が浮かび流れるオープニングなど、彼特有の雰囲気はあるものの、ホラー映画が多い彼の作品群の中では、それ以外の趣向を持った人でも十分に楽しめる、第1級のサイコ・スリラー作品に仕上がっている。主人公の一卵性双生児役を一人二役で演っているジェレミー・アイアンズが逸品。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
436 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2018-08-15 10:47:27
本当に双子だと勘違いします。
投稿者:bond投稿日:2012-05-12 09:01:03
【ネタバレ注意】

たった一人の女性のせいで、あそこまで精神崩壊するのか疑問だが、違和感なく見事に双生児を描く撮影は凄い。

投稿者:たにし投稿日:2006-07-17 19:18:32
として印象に 不思議と残っていない。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 14:35:17
おどろおどろしい。
投稿者:プリズム5投稿日:2004-11-13 23:35:45
傑作だと思います。実際にあった事件をベースにしているだけに、内容にはより重いものを感じます。兄に依存するような存在の弟。それがひとつの出来事から弟の精神錯乱に共鳴し自らのパーソナリティも崩壊していく兄。ディープな兄弟愛故の悲劇。まさに戦慄を覚えます。
投稿者:4531731投稿日:2003-07-25 23:39:51
 クローネンバーグの極めてパーソナルな内的世界が双子の人生に重ね合わせられてる感じ。アントニオーニとかとは違い、万人向けというより内省的で自分の為に作ってる、閉じた、自分の中で完結した世界の印象がある。
 クローネンバーグの化身と言える兄弟。女の名を冠せられたネクラなビバリー、きっかけさえあれば容易に沈んでしまう。モテる兄とひとりの女優をわけあうビバリー。それをきっかけにギクシャクし始める双子の関係に、じわじわと人を蝕む、何らかの罪の意識、断罪衝動がダブる。
 退廃的な、双子の産婦人科医の人生に織り込まれた、映画の根幹を成す「誰か」の内的苦闘。他でもないクローネンバーグ自身の声(?)。クローネンバーグはいつも性欲を呪いとして捉えてる。性の歓びじゃなく破滅しか描かない。あのラスト。強烈に意味不明。いいですね。
投稿者:マサシ投稿日:2002-06-10 11:01:30
この不思議な空間。クローネンバーグの傑作だ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】戦慄の絆2018/08/08\2,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】戦慄の絆2017/05/17\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】戦慄の絆2018/08/08\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】戦慄の絆2017/05/17\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】戦慄の絆 デジタルリマスター版2008/04/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】戦慄の絆 <期間限定生産>2003/01/08\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】戦慄の絆レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION