allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チコと鮫(1962)

TICO-JO E SUO PESCECANE
TIKO AND THE SHARK

メディア映画
上映時間107分
製作国イタリア/フランス
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1963/07/13
リバイバル→MGM-73.7
ジャンルファミリー
遠い海鳴りの中に 少年は-あの鮫の 呼んでいる声を聞いた…

詩情豊かに描く冒険とロマン!
きらめく珊瑚礁の彼方から あの少年と鮫が帰って来た!(リバイバル時)
チコと鮫 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,253
USED価格:¥ 2,771
amazon.co.jpへ

【解説】
 タヒチの少年チコが、人食い鮫の子供を捕まえた。チコは鮫を育てて、これと友達になる。やがて彼が成長し青年となったとき、彼の住むタヒチに文明の波が押し寄せてくる……。文明批判を美しい画面で語った作品。「少年と鮫」はこれのリメイク。
<allcinema>
評価
【関連作品】
少年と鮫(1979)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-09-22 12:14:00
国内DVDで観る事は諦めてた作品。少年と鮫が心を通わせる所が児童向けファンタジーに見えてしまうが、それが通用した古き良き時代だった。
投稿者:birichina投稿日:2018-09-16 16:43:53
*以下のコメントは、ネタバレとまでは行きませんが内容にも触れています。

舞台はタヒチの近くのフランス領トゥアモト諸島の島。主人公は漁師の家の末息子チコで、彼の少年時代と青年時代の2部構成で描かれている。少年と赤ちゃんザメのマニドゥ(「兄弟」の意味)、少年と中国系アメリカ人の少女ディアナとの出会いや触れ合いが描かれている前半が特にいい。村人総出で行う追い込み漁のシーンも感動的。チコや仲良しのおじいさんの顔が生き生きと輝いている。
観光客の増加は島に利益をもたらす一方、自然やのんびりした暮らしを脅かす。前半ではその予兆がコメディタッチで、後半ではより現実的に描かれている。チコの兄たちはディアナの兄が営む会社の雇われ漁師になり、束縛を嫌うチコは島を出ることに。少年の頃に別れたマニドゥとディアナとの再会が彼に新しい生き方を模索させる。

1960年代でも、このように美しい海中シーンが撮れるのかと驚いた。魚たちの泳ぐシーンにもストーリーがあって飽きさせない。西洋の資本主義が未開の楽園をダメにしていくという事実をファンタジー形式で描いた傑作だと思う。
チコがフグを助けるシーン、サメの口から空き缶などのゴミを取り出すシーンなど心に残るシーンがたくさんあった。サメを殺して捕獲する一風変わった漁のシーンも印象的。
投稿者:マジャール投稿日:2007-02-01 21:27:51
南海の美しい大自然とノスタルジーに満ちた物語で、現代のお伽噺といった感じの作品です。鮫の赤ちゃんが育て親の少年にウィンクしてみせる(!)、強い絆で結ばれた一人と一匹は、やがて少年が逞しい島の青年に成長しても変わることはありません。
そして、このチコと鮫の物語を、島の古老が、男の子に語って聞かせるというラストも、なんとなくお伽噺っぽい余韻があって良かったと思います。
水中撮影のシーンは、本当に美しく素晴らしかったです。
投稿者:yomoyama投稿日:2002-12-05 21:55:50
「南の楽園」ももはや消えそうになった時代.野生への憧れがつよーく出た映画.野生を失わずに生きようとした悲劇的ファンタジー.
現実のタヒチと比べると大甘なんでしょうが、「南国の素晴らしい珊瑚礁に囲まれた島に生きる少年少女」という幸せそうな前提に逆らう強さのある映画でした.
海や波や空の美しさに負けない力のある画面だったと記憶してます.
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】チコと鮫2018/09/21\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION