allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アイ・シティ(1986)

メディア映画 Anime
上映時間86分
製作国日本
初公開年月1986/07/26
ジャンルSF/サスペンス
アイ・シティ [DVD]
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:真下耕一
演出:大庭寿太郎
企画:藤原正道
高橋豊
プロデューサー:加藤博
原作:板橋しゅうほう
脚本:園田英樹
総作画監督:井口忠一
作画監督:はばらのぶよし
松田芳明
工藤柾輝
長島正徳
田中正弘
美術監督:新井寅雄
撮影監督:鳥越一志
杉山幸夫
編集:正木直幸
赤堀義浩
古橋宏
音響監督:松浦典良
音楽:鷺巣詩郎
音楽プロデューサ
ー:
大石稀哉
声の出演:鈴置洋孝ケイ
上田由紀アイ
野沢那智ライデン
小山茉美ケイトゥ
小林清志クウ・ラグア・リー
永井一郎ライ・ロー・チン
渡部猛アロイ
【解説】
 超能力や遺伝子、クローン問題を徹底調査し、細部までこだわったリアルな世界観と、重厚なストーリーが人気を呼んだSFサスペンス。OVAとして制作され、後に劇場で公開された。原作は板橋しゅうほう。ヘッドメーターズの青年ケイとクローン少女アイは、謎の科学組識フラウドから脱出した。ヘッドメーターズとは、疑似超能力を使えるように改造された、額に数字を持つ人間のことである。逃亡する2人を助けてくれたのは、元警官のライデンだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:土竜屋昌兵衛投稿日:2012-03-21 22:30:00
板橋しゅうほうといえば「アイ・シティ」。
「ペイルココーン」と並ぶ代表作にして青年コミック誌に連載した作品。

アニメ化は嬉しかったが語るべき部分がなおざりで、アクション中心の冗漫な展開になって歯がゆい出来。
原作をさらっとなぞっただけといった風情だし、もっと世界を作り込んで欲しかった。

画面の端からうかがい知ることが出来る原作の持っていた雰囲気と、タイトルソングは記憶に残る。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アイ・シティ LOVE CITY2002/03/22\4,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION