allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

グリーンマイル(1999)

THE GREEN MILE

メディア映画
上映時間188分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2000/03/25
ジャンルドラマ
トム・ハンクス ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 7,425
価格:¥ 4,900
amazon.co.jpへ

 Photos
グリーンマイル

【解説】
 「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督&スティーブン・キング脚本コンビが放つ感動作。トム・ハンクス主演。1935年。大恐慌時代のアメリカ、ジョージア州のコールド・マウンテン刑務所の死刑囚舎房で看守を務めていたポールのもとに、少女2人をレイプし殺害した罪により投獄された、巨体の黒人死刑囚コフィーが送られてくる。しかし、コフィーの性格はその巨体に似合わず臆病で物静かだった。そのころポールは重い尿道炎に冒されていて、ある日、ポールは激痛の為、舎房内で倒れてしまう。が、そのとき、コフィーが不思議な力でポールの尿道炎を治して……。
さすがは元々ホラー系のコンビ。ただ泣かせるだけの感動作と思って観ると、予想に反してエグい描写に思わず驚く。奇跡の力に頼った分だけ「ショーシャンク」に比べるとドラマが弱いが、それでも3時間を越える長尺を一気に見せる秀作。トム・ハンクスはもとより、脇を固める俳優も個性的で印象深い。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[002]Aグラディエーター (2000)
[003]Aシックス・センス (1999)
[004]A海の上のピアニスト (1999)
[005]A遠い空の向こうに (1999)
[006]Aダイ・ハード (1988)
[007]Aオーシャンズ11 (2001)
[008]Aキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)
[009]Aレインマン (1988)
[010]AI am Sam アイ・アム・サム (2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
66525 7.95
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちっぷ投稿日:2015-09-27 09:32:02
キングの原作に比べて、焦点や力の入れ所が少し違った気がします。あと、コーフィは別の俳優さんが演じた方がグッと来たかな‥。。一緒に観に行ったOさんがトイレに立ったクライマックスを悔いてたのを思い出します。
投稿者:青騎士投稿日:2015-07-31 00:53:41
【ネタバレ注意】

奇跡を行い無実の罪での死を受け入れるジョン・コーフィが、イエス・キリスト(頭文字JC)と同じ存在であることは欧米の人には自明のことなんでしょうが、キリスト教に馴染みがないと理解が難しいかもしれません。神の力に触れた結果としての長寿が、神の力の現れを殺してしまったことの贖罪であるのも、残酷ですが納得できることです。

投稿者:sachi823投稿日:2014-06-13 23:56:09
制作者は「ショーシャンク」とは違う趣の
ダークファンタジーをつくりたかったのでしょうか。
死刑場面がリアルで興味深いですが、
人間の描き方に不愉快な部分が多く、
あまり深みが感じられません。
そのぶん通俗的で安易な作品という印象がします。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-14 23:56:14
ポールの立場はきっついなあ。
死刑執行して映画は終わったけど、ポールの地獄はこれからでっせ。
投稿者:UFO投稿日:2013-11-18 21:40:56
普通に観れる。
投稿者:こじか投稿日:2012-12-15 12:55:42
【ネタバレ注意】

飽きさせることなく鑑賞させるあたり大衆映画として充分な作り。ただとても判りやすい分、善悪相関図は考え出すとキリがなくなるほど古めかしい。が、ファンタジー映画なんだよねって思えばやはり充分。ま、普通に観れました。ファンタジー好きなので甘め。6〜7点。

投稿者:jb投稿日:2012-08-07 14:53:04
ハマらず。
投稿者:Kircheis投稿日:2012-01-04 08:18:21
やはり3時間超えてくると長いなぁと思ってしまうが、それでも飽きる事なく観れた。

演技陣のがんばりが大きいと思う。

トム・ハンクスやデヴィッド・モースなど善の側の人たちももちろんいいけど、ダグ・ハッチソンとサム・ロックウェルのむかつく演技がこの映画をさらに引き立てていると思う。

これはファンタジー映画なんで普通のヒューマンドラマを想像して観ると肩すかしを喰うかも!?

俺としては同じ監督&原作コンビの『ショーシャンクの空に』と比べると少し感動が薄かったが、こっちもかなり好きな映画だ。
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-06-09 11:47:14
これは一体何だったのか?疑問の多い映画だった。残忍な死刑シーンは問題あり。
投稿者:gapper投稿日:2009-11-28 20:06:04
"グリーンマイル"’99:選ばれた者:
 古くからの技術を生かし新しいテクニックも盛り込んでいる、映画の手本としてもらいたい作品。

 トム・ハンクスの作品はあたりが多い。この作品もそうだ。

 古くからある動物を使ってドラマに膨らみと変化をもたせる手法とCGを使い新しいものも拒まないと言うのは監督の器量だろう。
 「グリーンマイル」の由来などでも分かるが、勝手な作り物でなくしっかりと調べているもの作品の質にかかわっている。
 甘いと捕らえがちな展開ではあるが、映画は”夢を与えるもの”と思っているので賛同する。

 トム・ハンクスも良いが、ジョン・コーフィ役のマイケル・クラーク・ダンカンもその大柄な体格からは予想できない演技だ。
 パーシー役のダグ・ハッチソンもなかなかいい。ただ、キャラクタが不安定と言うか、行動に統一性に違和感を感じる部分があった。

 コアな人向けの作品だと一般的な人がそっぽを向く、一般向けだとコアな人がそっぽを向くというのが多い映画作品の中でよく作られている。
そこが気に入らなかった人もいるようだが。
もう少し短ければと思うが、脱落した人は少ないようで成功と言える。

 ポールが生きることが罪であるかのような結末には疑問もあるが、これは”試練を与えられるのは選ばれた存在だから”というキリスト教的な考え方と同意義なのだろう。

投稿者:IDU投稿日:2009-09-22 01:04:01
原作は長すぎてギブアップ
怖さもある。
投稿者:きらきら投稿日:2009-08-05 00:51:22
【ネタバレ注意】

けっこうオカルトは好きです。
ちょろいリアリティも論理も吹っ飛ばす風穴になる可能性をもっているからです。

で、「グリーンマイル」です。
手をかざしたりするだけで病気が治るのも、素朴でいい感じです(もともと「手当て」ということばも本作に似たような語源から来ているそうです)。
なによりもあのでかい黒人がいい味出してます。

勧善懲悪がよくない、などの意見もあるようですが、ひとこと言わせてもらえれば、悪い奴はとことん悪いですよ〜現実は(笑)。
映画のなかでも言ってたでしょ「愛の名においてわるいことをする奴がいる」と。

原作は読んでいないので、映画化にあたってどのくらいトーンを盗んだのかはわかりませんが、死刑執行人という登場人物は、演出する側にとっても演じる側にとっても難しい題材だったのでは?

むかし猪瀬直樹の本で死刑執行人のことを読んだことを思い出しました。
日本では絞首刑を行っていますが、そのさいの死刑執行は3つのボタンを3人がそれぞれ押し、そのうちのどれかがスイッチにつながることで、死刑囚の足許のふたが開き、執行となるそうです。
なぜそんな遠まわしな仕方をするかというと、執行する側が心の負い目を抱かないための配慮だそうです。

けっしてなりたくてなったわけではない死刑執行人(本編中に出てきた政治家の甥っ子はべつですが)。最後の主人公の長寿による孤独は、アイロニーというよりも、原作者のスティーブン・キングの人間嫌いの面が出ているような気もします。

投稿者:uptail投稿日:2009-06-22 12:17:06
トム・ハンクス
投稿者:ひめ投稿日:2008-10-09 17:21:26
した気がします。

上映時間の長さも気になりませんでした。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-05-05 09:56:07
今まで観た映画の中でワースト5に入る、吐き気をもよおす映画。何より嫌いなのがあの悪魔のような看守。後半にコイツが徹底的に痛めつけられる事で、観る側の溜飲が下がる事を計算に入れてるのも腹が立つ。それにあのマイケル・クラーク扮する死刑囚のキャラも受け付けない。
投稿者:kopi投稿日:2007-03-16 00:57:08
死刑制度肯定主義ですけど、その主義が揺らぎました。
「コーフィーが助かってほしい」と思った人はニュートラルに映画を楽しめる人なのだと思います。短見者はいろいろ批評しますが…。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 00:46:03
ふつう。
投稿者:mirei投稿日:2007-02-02 03:06:31
3時間の大作としては、しっかり見られる演出に演技。
さすがはショーシャンクの監督さんにトム・ハンクス、
ストーリーのツボは逃がしてません。
脇役陣もなにげに良かった。

しか〜し、この演出の流れだと、ラストはコフィーも無罪放免のハッピーエンドしか無いでしょう!
と、力強く言い切ってしまう私は水戸黄門のファンです。
投稿者:kath投稿日:2007-01-28 13:01:25
さすがスティーブンキング!といった感じで、死刑のシーンや、いやな同僚への処罰と顛末、テーマと裏腹に結構エグくて驚いた。通してみれば監獄の中と狭い範囲でのストーリーにもかかわらず、3時間を感じさせない面白さはあった。尿道炎のトムハンクスの演技は上手!コフィーの純真さにも胸を打たれた。様々なストーリー、様々な描写で飽きさせない作品。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2006-12-21 14:46:05
コフィーは無罪が証明されて助かるのかと思ってた・・・悲しい。
ネズミの芸には驚きってか可愛い。。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-05-06 20:51:12
おもしろかったけど、感動はあまりしなかった。処刑のシーンは観るのがつら過ぎます。
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-03-08 20:53:22
【ネタバレ注意】

ペッパーだっけ、あの意地の悪い奴・・ あいつが精神病院に行くオチとか・・どうかと思う。

3時間飽きずに見られる超大作だけど、なんつーか全体的に悪趣味。コフィーが映画を見るシーンみたいな「ショーシャンク風」にグッと来る場面はあるけど、ショーシャンクとは違う。逃げる者と逃げられない者の差・・なんでしょうか。まあ、キング風のグロいファンタジー・・という事で。そういう意味じゃ自分はショーシャンクより好きかも知れない。

脇を固める役者たちは素晴らしかった。けど、決して「超感動作品」みたいな映画じゃない。感動するにしては、悪役の存在がストーリーに関わりすぎていると思う。

投稿者:藤原3投稿日:2006-01-08 21:52:14
愛と魂の感動作って感じだが、、全くもって意味不明。囚人の奇跡が
何を意味するのか結局最後まで分からないまま、「この世には不思議
なこともあるんだよ」という説得力もないので、混乱。けっこーな制作費
だと思うが、ある意味こんなキテレツな作品にゴーサインを出すハリウッドは凄いね。膨大な制作費のカルト映画。信仰宗教のお奨め映画に入りそう。
取りあえず混乱する事は間違いなし。
投稿者:アリー☆投稿日:2005-12-11 17:41:54
60点。
いい映画とは思うけど、死刑になるような映画はやっぱり、精神的に見るのが辛くなるから、そうなんども見たくない。スティーブン・キングは面白いね。
コフィは、死んじゃったのが残念だけど、死ぬべくして死んだかんじ。黒人差別も露骨に残る、この醜い世の中で生き抜くにはやさしすぎた。
そういう意味では、ハッピーエンドだったのかも。
まあ、基本、「死」がかかわる映画は、リピしたくないかな。たとえそれが大切な問題から目をそむけることになっても。
やっぱり、映画はエンターテイメント(楽しませるもの)だしね。
投稿者:marlowe投稿日:2005-08-28 00:20:08
大分前に観た映画だが、全くなにも覚えていない。
シーンひとつ記憶にない。
あの3時間は無駄だった。
おかしくもなんともなくて、安易な感動を押し付けてくるような映画だったという印象を持っている。
投稿者:spink投稿日:2005-08-21 00:21:48
随分と感動作のように宣伝されてたけど、一般にはとてもヘンな映画と受け止められたのではないか。アメリカでは一つのジャンルらしいが日本では監獄ものって言っても「女囚さそり」くらいだからなあ。
投稿者:iyansk投稿日:2005-06-06 22:15:28
とても面白かったです。
ショーシャンクよりこっちの方が私にとって良かったです。
魔法の力は安易でしたが、それに伴うすじが見ていて飽きなかった。
皆さん演技も上手かったです。
長生きするのも周りの人が次々死ぬので寂しいものだなと思いました。
投稿者:terramycin投稿日:2005-05-29 00:39:43
【ネタバレ注意】

死刑囚と看守ということで死が漂う場所にそれとは正反対の生をつかさどる黒人との対比、いかにも悪そうな風貌と実際の彼(コフィー)との対比、善と悪の対比など象徴的だった。重苦しくて、進んでみようとはしないが(疲れるし)たまたま、放映されていたのでまた見てしまった。「ショーシャンク」といい、S・キングの作品には改めて感服した。
いろいろな意見を見ていると、それぞれに映画に求めているものが違うのだなあと思った。

投稿者:もりじ投稿日:2005-05-25 03:08:27
【ネタバレ注意】

【原作ネタバレ?】
感動はしました。でもまあ、それだけかな?もっかいみたいとは思わせない、ちょっと押しが足りない作品って感じです。
たまたま映画より先に原作を読んでいたのですが、内容は結構忠実。期待を裏切る人物も、変に変えちゃったエピソードもなかった。恐らく原作ファンでも丸をつけるのでは?
ただキング独特のグロさは消えてましたね。それが好きな人は物足りないかも。

あと個人的に、奥さんが死んだときのエピソード(バス事故)は欲しかったかも。まあ、それがないのを入れても作品的には完成度は高い。…高いけど、感動して涙も出たけど、押しが足りないんだよなぁ〜。もったいない。

投稿者:tatarata投稿日:2005-05-23 11:54:43
前から好評価の作品と思い昨日TVで観ましたが・・
驚くほどつまらない、ヴァンヘルシングやホーンティング並みのくだらなさ・・・チャンネルを何度も変えたくなりましたv

ご都合主義の登場人物に陳腐なストーリーに訳のわからない能力
どこが泣けるのかが不思議でしたv蝿みたいなの口から出してたし・・
夜の営みを回復させてもらってて最期の台詞が「私の贖罪です」って
どういうことなのコレ??

キング作品の「ドリームキャッチャー」も駄作中の駄作ですが
アメリカ人はこういうのが好きなのかなーと思っちゃいます

でもファンタジーって唐突になんの説明も無く始まって終わるんだもんな
勝手過ぎる・・なんか自分が歳食ったせいでつまらないのか・・??

投稿者:irony投稿日:2005-05-21 21:14:53
 ただそれだけ。はい0点です。トムはガマガエルみたいだし、大体トムはいつもあのヘアスタイル。少しは変えたらどうかな?3時間もあの内容でダラダラやられてはたまらない。 キリスト教では大体自ら死にたいなんて、黒人が言うのも、何か変だし、共感できない。感動させようという意図でつくられたとしたら、興醒めである。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 21:42:27
何故みんなに人気があるのかは理解しかねるが、普通に好きです。
投稿者:jyunn投稿日:2005-02-07 22:06:40
【ネタバレ注意】

死刑執行と言うテーマは興味深いです。
電気椅子のシーンなど、とても印象に残るシーンもありましたが、いかんせん、長いなと思った。

投稿者:vegirama投稿日:2004-08-30 16:46:43
つまんねぇ
投稿者:D960投稿日:2004-08-03 03:11:15
【ネタバレ注意】

この長さを飽きさせずに見せるのはさすがだと思いますし,それなりに感動する場面もありました。ただし,なかべさんもご指摘の通り,悪い奴が只々悪くて,,「ショーシャンク」以上に単純な善悪対立の図式が,物語を底を浅くしている気がしました。

投稿者:さち投稿日:2004-06-14 04:54:01
【ネタバレ注意】

最後しぬ必要はあったのか

投稿者:雲丹一丁投稿日:2004-05-17 03:07:12
【ネタバレ注意】

ショーシャンクのような推理的な小細工がないぶん、むしろ製作者の描こうとしたことをストレートに感じました。たぶんジョンは見かけの年ではなくずっと長生きしていたのでしょう。主人公が最終的に少年更正の道を選んだというところに、ホラー作家とも思えぬ作者の社会愛を感じました。作者自身、何か目覚める体験でもしたのでしょうか?ぜひ原作も読んでみようと思います。

投稿者:フリクリ投稿日:2004-02-05 00:36:20
善悪にキャラ分かれすぎ。
1人の悪役を無理やり観客に嫌われさせる映画は好かん!
例の魔法使い映画と一緒、ダンカン魔法使ってるし・・・
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-16 20:10:50
この作品はファンタジーだと思うので感動とか現実的でないとかは・・・
投稿者:カフカ投稿日:2003-11-25 21:26:35
う〜ん・・・最後の老人のぼやきが印象的でした
投稿者:黒美君彦投稿日:2003-11-25 00:19:45
【ネタバレ注意】

彼の国はやはりこうした奇跡が好きですね。ダラダラしながら観る分には十分楽しめました。人物の背景を一切省略して刑務所内に絞った構成が、よく言えばすっきりと、悪く言えば物足りなく感じさせましたが・・・。ただ、暗くなりがちな刑務所内のストーリーにユーモアをまぶした展開は悪くありませんでした。トム・ハンクスも適役ではないでしょうか。
ラストで老人がぼそぼそ呟く独白があったからまだ救われた感があります。ヒーリングの力が、彼にとっては神からの罰になるという逆説。善対悪の構図に収めない点は評価できます。

投稿者:ふぁんきー投稿日:2003-10-30 23:20:07
 ジョン・コーフィーがこんなに悲しいことが毎日毎日世界中で起こっていると言っていたのが印象的です。最後も生まれてきたことを謝りますみたいな事を言ってました、悲し過ぎる…。せめてもっと彼に知性を持たせたキャラクターにしてくれたらな。疲れたよって寝るな!て思いました。この映画でトム・ハンクスがあまり良く見えなかった。難しい役どころなのか?
投稿者:投稿日:2003-08-21 15:34:10
まあまあ良いけど、あたしは「ショーシャンクの空に」のほうがよかったなぁ。希望を持てたし。それにいかにも賞取りの作品って感じが・・・
投稿者:タカ投稿日:2003-06-17 01:50:51
この映画は毎年見てるけどかなり感動できる!子供ができても一緒にみたいです。
投稿者:なかベ投稿日:2003-05-14 23:17:46
【ネタバレ注意】

いかにも、アメリカ人が好きそうな映画。善人と悪人がはっきりと分かれてて、キリスト教っぽい奇跡が出てきて。ムカついたのは、「悪人」が精神病院に入れられるとこ。これって精神障害者への差別じゃないか。時代が違うとはいえ、気分悪い。

投稿者:quadrant投稿日:2002-12-29 15:44:17
・・日本でも、「スティーブン・キング原作」がアピールされるようになりましたね。でもね、所詮無理なんですよ、キング作品が映画の「原案」以上になるのは。
5点。映画と小説は別物、と、わかっていてもねぇ。
投稿者:まろっこ投稿日:2002-12-28 20:28:04
やっぱり、舞台が刑務所というだけあって、
かなり重苦しい雰囲気。
それに、電気椅子を使用するところを本当に放送するのには
ちょっと引いてしまいました。
でも、それをすくったのは最初と最後に出てくる老人。
あの2人が出てこなければ、ただの刑務所映画。
投稿者:うっち投稿日:2002-12-22 01:59:13
ということもあって、出だしで『ショーシャンク』をすぐに連想したんだけど、やっぱり同じスタッフだったのね。トム・ハンクスの役柄が逆じゃん。
この長尺を飽きさせずに最後まで観させるってのは、凄い。
一つ一つ、伏線が片付いていくのは出来過ぎだけど、気持ちいい。
投稿者:Asian Boy投稿日:2002-11-13 16:40:15
この映画を2回目見るときは、「よ〜し、見るぞ〜!!」とかなり気合いをいれないとなかなか見る気になれない。長いし、精神的に重くなる映画。みたら いい映画なんだけど・・・感動までは至らなかったけど
投稿者:Nothing投稿日:2002-09-26 21:05:55
グッとくるシーンが次々と・・ トム・ハンクスの演技も良かったが、仲間役や囚人役も個性豊か。感動!
投稿者:パタママ投稿日:2002-09-16 19:01:10
【ネタバレ注意】

Loto6の中居君のCMに登場する芸をするネズミ。うまいなぁ〜CGかなぁ〜と感心してたけど、こちらのMr.ジングルス(だったよね?)が本家?なの?動きがそっくり。すごく可愛い!どうやってるのかなぁ。
ネズミを始め登場人物は面白く、お話も平易で分かりやすく、子供向けと言ってもいい位!(死刑執行シーンや尿道炎の治った夜の出来事などは省いてね。)特に口から飛び出す悪しきモノは、面白い絵柄だ。あんな風に脳腫瘍が治ったらイイね。あんな風に病める善き者が癒されたらイイね。
原作が大作らしいけど、映画は「現在シーン」を省いて刑務所モノに限定した方が良かったのではないでしょうか?
コーフィーの人生や「奇跡の力」の振るい様の不確かさ加減など、細かい点は仕方ないとして、ただ、このようになす術もなく処刑されてしまうのは、キリストのようにも見えるが、やはり疑問は残る。パワーの伝達やその後のポールの様子などもちょっと小技に走った感がして、もっとシンプルにまとめれば良かったのにね。余韻を持たすのって難しい。欲張ったらダメよね。

投稿者:長春投稿日:2002-09-16 06:59:21
この世は、残念ながら正しい人ややさしい人が報われることはなく、むしろずるい奴が優位に立つことが多いなど、不条理である。この映画はそれを前提とした上でつくられている。その状況を少しだけ、やさしいジョン・コフィーの超能力で崩す。主人公の看守や所長の奥さんの病気の癒し、変質者・陰険な看守への制裁を、超能力で起こす。ここで私にカタルシスを与えてくれた。しかし、結局はコフィーは死刑になり、主人公の看守は長寿によって別れの悲しみを積み重ねる。人生は喜びよりも苦痛の方が多いという見方で映画は締めくくられる。よかった。
投稿者:arisu投稿日:2002-09-15 22:34:25
周りを固める俳優さんたちがそれぞれすごくいい演技で、もちろんコフィー
役の人も・・。でも二回目の処刑の時は見ていて凄く辛かった。
それがあまりにも強烈すぎて・・・。
話の内容的には私はショーシャンクの方が好きです。
投稿者:映子投稿日:2002-09-15 00:17:53
見よう、見ようと思いながらビデオも2本組だし、イマイチ見る気がしなかった映画です。今日テレビでやっていたので初めて見ました。
長い、重い、つらいとは全然思いませんでした。
結局、あのコフィはE.Tのような存在だったんですよね。
だったらファンタジーに徹して、ラストもすっきり真犯人を死刑にしてハッピーエンドで終わって欲しかった。
最後にパワーをもらったという意味もよくわからなかったし。・・・
出演している俳優さんの演技が皆良かっただけになんか惜しいですね。
投稿者:J2投稿日:2002-09-14 22:33:32
 感動という言葉はどうも合わない気がする。
投稿者:eddie投稿日:2002-08-30 22:20:10
コフィーは死んでしまうし、ポールは死ねない。奥さんも子供も死んだのに、死ねない。どうせ「奇跡」を扱うなら、もう少し何とか気持ちのいい終わり方はなかったものか。
投稿者:MARK投稿日:2002-07-28 00:41:38
重い、長い、つらい・・・・・というこの映画に対する感想わかりますね。
コフィがいう愛を利用する悪が蔓延するところまで来てしまった今の時代、もうなにを信じて生きていけばよいのかわからないじゃないかというテーマを感じました。また、長生きした分、痛苦を背負い込むという皮肉な人生の見つめかたも、スイフト風で、ぐぐっと重苦しい。
コフィーは、この世に疲れて絶望したキリストなんでしょうね。彼は復活なんてしたくはないでしょう。でもね、この映画、希望こそ述べてはいないけど、これだけ悪材料しか残っていないようにしか見えない21世紀なんだけど、このさきなんとかならないの?なんとかしなくちゃって良心のメッセージを送っている気がしましたね。
だから、悪い映画じゃないと思いましたよ。
投稿者:しろがねゆっき投稿日:2002-05-03 07:44:52
これはファンタジー作品なんだね〜。家のかみさんは号泣してましたが。でもショーシャンクの方が男の人は好きな人が多いのでは。
投稿者:Mr_Orange投稿日:2002-02-16 19:12:49
 マイノリティの描写が甘すぎる。
こういう超能力を持った奴はこんな悩みを持っているんだろうって
適当に書いた感じ。さっぱり感情移入できない。
 こんなのに比べたらシックスセンスやアンブレイカブルの方が数百倍は素晴らしい作品。
それと、マーキュリーライジングもいい感じっすね。
んー、なんでかブルースウィリスばっかり。
投稿者:キネマの招き投稿日:2002-02-14 22:22:00
長い、重い、つらい
投稿者:まなつ投稿日:2002-01-22 23:21:53
【ネタバレ注意】

こないだビデオ二本組みを借りて見ました。
二本組だから途中で飽きるかな?って思ったけど、そんなことなく最後まで楽しめました。
・・・にしても、最後まで疑問が残ったのは、あの超人的な力を持つ黒人さんは何だたんだ?って事。
天使?もしくは神なんだろうけど、そうならばつまらなさがドット増えてくるような感じ。他にもっと良い結末があるようにも思える。
http://www31.tok2.com/home/jacer/

投稿者:やんも投稿日:2001-09-19 16:25:47
とにかく長い。時間的なことのみ言ってるんじゃなくて、とても長く感じた。感動大作だって聞いてたけどどのシーンで泣いたらいいのか分からなかった。コフィー
よりもねずみと死刑囚(両方名前忘れた)の友情の方が印象に残った。あと悪徳看守に対する怒りも。キャストはみんな一流だっただけに惜しい作品だった。
投稿者:KEN投稿日:2001-09-09 01:12:04
感動した。涙が出た。「生きる意味」を考えさせられた。強烈だった。
投稿者:4531731投稿日:2001-08-27 03:11:11
 新手のカルト教団か新興宗教の入門ビデオみたいで感じ悪い。要領を得ないというかもっと要点をしぼるべきだったな。てんでバラバラでまとまっていない、作家の主張をするワケでもなく人間ドラマをじっくり描くワケでもない。安易であらすじを語ってるにすぎないし、物語の構造自体しっかりしてないからセリフだけじゃなくあらゆる小ワザが生きてない。会話聞いてると寝言はよせって言いたくなるもんな。
 オレあの図体のデカい黒人のおっさんが口からハエ(?)を吐き出す度に爆笑してたんだけど、ヘンかな?「マイライフ」でもそうだったけど深刻なドラマのくせにどっか抜けてるから笑っちまう。二匹目のドジョウを狙うもやっぱムリがあったんだな、あのネズミの芸は良かったんじゃないか?
投稿者:わんぽ投稿日:2001-08-22 13:12:08
二回目のはすごかったな
プライベートライアンの上陸シーンとまではいかないけど
疲れた〜
映画みた直後、彼女と焼き肉しばらく食えないね〜
なんていってたんだけど
おなかへって帰りに焼き肉食べました

どっちかっていうと パウダー の方が好きかな
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-13 20:44:28
もっと現実的だとよかった、とか、何がいいたいのか?
とかそういう感想を持った人が少なく無いみたいですが
、早い話これってファンタジーなんでそういうのは求め
ずに楽しんだ方がいいと思いました。
ジョンはスティーブんキングのイメージするキリストな
のだし、何であんな力を持ってるの?とかいう推測は、
この作品の中で不要だと思います。もし、この時代にキ
リストが生まれていたら、こんな事もあり(人々に認め
られずに孤立して究極の所の死刑ってやつ)って事を物
語りにした作品かと。その中で人の命の重さや、人生感
などにも触れたなかなかいい物語りだと思います。(そ
ういうのに興味無い人にはつまらないと思いますが)
ジョンがポールにくれた贈り物については、いちお贈り
物という表現をしていたので 厳しい贈り物やんけ、い
らない!ってのも解りますが、ジョンは今まで孤立し、
独りで感じていたものを、ある意味ジョンの事を認めて
くれ、ジョンの力をいい意味で解釈してくれた理解者で
あるポールに少し共有して欲しかったのかと思いました。
ジョンのセリフの中に「自分自身何も解らない(力につ
いて)」といったものがありましたので、ポールがその
贈り物によってあんなに長生きする事などは知らなかっ
ったと思います。決して悪意ある贈り物では無いと思い
ました。 死刑については、ポールはジョンの気持ち次
第では逃がそうとしたのだし、それを拒んだのはジョン
なので仕方のナイ結末だと思います。そこに物悲しさが
あったように思います。人を救える素晴らしい奇跡の力
を持ったジョンを追い詰めていった社会やら人間達やら
色々と考え深いものを感じました。
とりあえず、私の個人的な感想です。
投稿者:じょにー投稿日:2001-05-27 18:44:46
したのでしょう?命がけで止めてあげればよかったのに。。

あいつはたくさんの人を助けたのにねぇ。。
投稿者:水玉ペリ投稿日:2001-05-06 00:31:26
有名だったので見ときました。
まぁそれなりに楽しめたし、3時間は苦痛じゃなかったでーす。
でもコフィについて色々謎だしなぁ。2人目の死刑の人は全部焼けちゃって
見てられなかった。ネズミを踏み潰すシーンもあたしは見てられなかった〜。
しかしー、トム・ハンクスの最後の方のセリフは好きです。
ホロっと泣けたし、総合的にはそれなりに楽しめる映画でした☆
投稿者:アカトラ投稿日:2001-05-02 23:42:30
公開中の『ハンニバル』もそうだけど、ベストセラーを映画化する時って、制作サイドに甘えがあるんじゃなかろうかとつくづく思う。適当に端折ったってどうせ原作本で補完できるさ、ってね。公開後数週間は原作読者がどっと押し寄せるから収支の心配はいらないし、実績のある監督が手掛けていればなおのこと。出版社にしても、映画の不出来で観客がモヤモヤを抱けば、それを解消させるために原作本がまたまた売れて嬉しかろう。そう考えると、何だか大きなペテンにはめられているようではなはだ不愉快だ。とは言っても原作が気に入ればその映画化に興味を示さないはずはなくて、その度にまた同じ思いをすることになって我ながら進歩のなさにはうんざりする。いっそのこと、かつての角川映画のようなあからさまなやり方をされたほうが傷が浅くてすむかもしれない。
と言うわけで、この映画、原作に打ちのめされた者としてはほろ苦い思いが強烈な作品だ。
投稿者:dadada投稿日:2001-05-02 22:33:02
あれだけ、ロング・ヒットをかっ飛ばしていた映画だから、それなりに面白かろうなぁとは思いつつ、長尺ゆえに劇場へも足を運ばず、録画したビデオもほうりっ放し。やっとのことで、二晩がかりでビデオ鑑賞。エピソードは盛り沢山で退屈はしないのだけれど、やはり、奇跡を使って物語を転がされたのには違和感あり。
最後の老人の姿を見ていて、人生の半ば(まだまだ手前?)にさしかかった身としては、身近な人々の死を見届けて長生きはしたくないなぁとつくづく感じた。誰かにみとられて、“人生万歳”と感じながら死にたいものです。
投稿者:papipu投稿日:2001-04-23 12:04:31
ビデオで見ました。
感動すると言われていたわりには。。。。。

コフィがポールにくれた贈り物も、ちょっとお礼にしてはちょっと残酷では。
私はあんな贈り物なんて要りません。


映画には関係ないけどワドル元艦長を見るたびに、この映画での帽子を被ったデヴット・モースに似てるなと思ってしまいます。
投稿者:inres投稿日:2001-04-21 04:35:41
それなりに面白かったけど、感動はできなかった。
あまりにも単純すぎるキリスト教的人間観(善人 vs 悪人)に、自分はついていけない(クリスチャンの人、ごめんね)。

人間には美しい面もあれば汚い面もある、それでいいんじゃないの。
なぜ「原罪」なんて名前をつけて、否定しなければならないんだ?

ps
主人公の尿道炎、「それ性病じゃないの? フーゾクしたのかな」とつい思ってしまった。
投稿者:主夫太郎投稿日:2001-04-16 18:38:22
どこが良いかって非常に重い映画なのに
コフィに尿道炎を治してもらい、久し振りに、若返るところ、
こういう場面があるから・・・・・・・・・・
心が疲れきるほど素晴らし映画なのに楽に見れ大感動しました。
投稿者:タケキチ投稿日:2001-03-14 01:18:24
僕は昔からS・キングの小説のファン。
「ショーシャンクの空に」を観た時も、確かに感動した。
でも・・・ごめん。僕はこの作品だけは、何が良いのか
さっぱり分からない!
それは事前に原作を読んだ時も思ったし、
映画版を観た時も、まったく同じでした。

え?でも本当、何で?
何が泣けるの?あの死刑囚達が可哀相で、ってこと?
大体あのジョン・コーフィって何者?
キリストの生まれ変わりって事なの?
身寄りも何も無いの?と言うか、何故あの現場にいたの?
え?無実なの?それなら誰か何とか助けてやろうよ?
何だ?口から変な光線出てる!これは「ヒドゥン」のパロディか?
分からない・・・何が言いたいのやら、さっぱり・・・。

確かに最後まで内容たっぷりで飽きないよね。
中盤の処刑場面の残酷さにも恐怖を感じた。
でも、結局これだけの時間をかけて、一体この映画は
つまり何が言いたいのか、僕にはさっぱりつかめなかった。
「デッドマン・ウォーキング」のような死刑制度を
考えさせる映画、って訳でもないし、
死刑囚監房を舞台にしたサスペンスじゃないしなぁ・・・。

でも公開当時、劇場内は皆鼻をグスグスさせて見てましたね。
未だに友人は「この映画泣けたよね」なんて良く話してるし。
僕にもその感動、分けて欲しいくらいだったんだけど・・・。
やっぱり、僕はヒネクレ者なのか!?
投稿者:みんと投稿日:2001-03-10 18:20:13
いろいろな視点で考えてみて、やっぱりこの映画は名作だと思いました。
コーフィーが奇跡の力を持っていることが"フィクションっぽい"とか、そういうのを"わざとらしい"と思うのよりも、「人の命の尊さ」というものを先に感じるべき作品だと思います。
彼等は死刑囚です。罪もない人たちを殺してきました。だから処刑されます。でも、人を殺したとはいえ人間です。みんなと同じように怒ったり、笑ったり、泣いたり・・・。
何もしていないのに殺された命があり、罪を犯したために処刑される命があり、人を助ける力を持っているのに「もう生きたくない」と思う命があり、そしていつまで生きつづけなければならないのかわからない命がある。
でも、命は平等です。誰かが映画中に言ったじゃないですか。「処刑されたことによって、彼はすべて借りを返したんだ。誰にも攻められる権利はない」と。
そのいろんな命というものをいろんな人間を通して考えてみてはいかがでしょうか?

わたしはこの映画を映画館で見たのですが、3時間中後半1時間は泣きっぱなしでした。
妹はどこで泣いたらいいのかわからないくらい何とも思わなかったらしいです。
人によって見方はまちまちでしょうけど、面白くないと思った人も、もう一回、見方を変えたら感動すると思うのですが・・・。
投稿者:きくゑ投稿日:2001-03-02 16:52:11
フィクションなりに良かった。CGは、え?と思ったけど。
ショーシャンクが良かったから結構期待してんけどなぁ。
投稿者:ミーチャ投稿日:2001-02-14 03:57:52
スティーヴン・キング原作なので興味を持って観ました。実際、スティーヴン・キングの本はあまり読んでないので「グリーン・マイル」も映画しか知りません。
でも、期待を裏切らない、良い作品だなと思います。黒人の大男が「突き刺さるような痛みや悲しみを毎日感じて生きてる」という場面にグッときました。外見に似合わず繊細さや優しさが伝わってきました。噛み締めるような味のある作品だと思います。
投稿者:gutsjun投稿日:2000-12-12 07:49:02
ジョン・コーフィー=J・C=イエス・キリストで、原罪を背負って死んでいった治癒神としてのキリストを
テーマにしているそうですが、いまいち盛り上がりに欠けるような気がしました。
なにか、もうちょっとドラマがあってもよかったのでは・・・・
よって、ほとんど泣けませんでした。
投稿者:COUP投稿日:2000-12-08 23:16:19
どうして、こうなるかなぁ……。
相変わらずスティーブン・キング原作モノは、絶対に原作を超えられない。
(ただ「シャイニング」に関しては映画として、とても好きだけど)
もう観る前から、トム・ハンクスはミス・キャスティングだと思ったし、
こんなの原作をなぞっているだけじゃん。
もうガッカリ。
トム・ハンクスは「ビッグ」の頃が一番良かったのに。
知らないうちにアメリカの良心を演じるようになって、つまんなくなった。
君はハリウッドの役所広司か、っーの。
投稿者:本因坊投稿日:2000-12-05 23:41:18
よかったよ。あっという間の3時間だったしね。
アメリカンビューティーより、ぜんぜんよかった♪
さすがトム・ハンクス!
投稿者:トシヒロ投稿日:2000-12-02 00:31:21
はっきり言ってフィクションばかりでおもしろくなかった。泣けることは泣けるけどもうちょっと現実的なほうがよかった。     やっぱりトム・ハンクスはいい役だった、いつもそうだ...まあいいか...
【レンタル】
 【DVD】グリーンマイルレンタル有り
 【VIDEO】グリーンマイルレンタル有り
 【VIDEO】グリーンマイル <吹替>レンタル有り
 【VIDEO】グリーンマイル <ワイド>レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 グリーン・マイル
新品:¥ 2,592
2新品:¥ 4,820より   6中古品¥ 547より 

【CD】 オリジナル・サウンドトラック「グリーンマイル」
新品:¥ 1,080
7新品:¥ 988より   3中古品¥ 650より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION