allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミス・ジョーンズの背徳<未>(1972)

DEVIL IN MISS JONES

メディア映画
上映時間67分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルエロティック

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2003-06-03 21:52:40
ハードコア作品ということもあるだろうが、モザイク入りの日本版ビデオで観ても、挿入シーンはよくわかります。フェラやアナルSEXも多く描写していて、特にジョーンズを板挟みにした3Pシーンが印象に残ったが、女優がケバイおばさん風なのが残念。
投稿者:ASH投稿日:2003-03-08 20:19:07
 猥褻度からいえば同監督の「ディープ・スロート」よりも高く、かつ陰湿で重たい作風だ。処女のまま自殺したオバさんが地獄から甦り、現世で快楽の限りを尽くすというお話。で、主人公のミス・ジョーンズを演じたジョージナ・スペルビンが美人でもなんでもないオバさん顔なところがとても辛い!。この彼女にソソられるかどうかは観る人次第。だが、バスタブでのホースを使った自慰シーンなど、この映画の持つ淫靡さとシズル感は「ディープ〜」のソレの比ではないことは確か。一部では「ディープ〜」よりも高く評価されていて、本国でもかなり人気があるらしいが、主役がどうもなぁ…。

 冒頭とラストでジョーンズに迫られながらも意味不明な言い訳をしていたオッサンが本編の監督のジェラルド・ダミアーニです。一応、3大クラシック・ハードコア映画のひとつとされている作品なので、ハードコア映画に興味がある人は観ておくべき映画(ホントか?)。
【レンタル】
 【VIDEO】ミス・ジョーンズの背徳レンタル有り
【広告】