allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)

FORREST GUMP

メディア映画
上映時間142分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=UIP)
初公開年月1995/03/11
ジャンルドラマ
映倫PG12
トム・ハンクス ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 7,425
価格:¥ 5,743
USED価格:¥ 12,280
amazon.co.jpへ

 Photos
フォレスト・ガンプ/一期一会

【解説】
 知能指数は人より劣るが、足の速さとその誠実さは天下一品という一風変わった主人公フォレスト・ガンプの半生を、時代を象徴する“事件”とヒット・ナンバーで綴った心暖まるヒューマン・ファンタジー。映像化は困難と思われていた原作を映画的に奔放に脚色したシナリオも素晴らしいが、やはりこれは、多くのSFX映画の中できっちりとロマンを描き続けて来たR・ゼメキスの手腕と、まるでガンプそのもののようなT・ハンクスの存在があって初めて実現し得た作品であろう。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでもゼメキスと組んでいたA・シルヴェストリが、数々の懐かしい名曲と並んで、まったく引けをとらない美しいスコアを書き上げている。スペンサー・トレイシーに次いで、ハンクスが2年連続主演男優賞を取った他、アカデミー賞では当然のごとく、作品・監督・脚本といった主要部門を総嘗めにした。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aシンドラーのリスト (1993)
[002]A羊たちの沈黙 (1990)
[003]Aバック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)
[004]Aニュー・シネマ・パラダイス (1989)
[005]Aクレイマー、クレイマー (1979)
[006]Aアメリカン・ビューティー (1999)
[007]Aタイタニック (1997)
[008]Aゴッドファーザー (1972)
[009]Aグラディエーター (2000)
[010]Aダイ・ハード (1988)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
92733 7.97
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-16 13:03:44
素晴らしいね。
こういう感動モノのフィクションは、あざとさが目につくと
白けちゃったりするんだけど、それが1つもない。
素直に感動できた。
投稿者:ローランド投稿日:2013-11-23 23:04:51
  以前何かで目にした 『過去を悔いても将来を悲観しても得るものは何も無い。いま目の前にあることに精魂を傾ける、それが開運につながる』 との心に残して置くべきと考え反芻している言葉を、この映画で愚直そのままのガンプの生き方が意識せずともそれを実行していることになっていると観ましたが、いじめっ子どもに追いかけられて逃げ走るうちに、不自由だった脚の補助器具が外れ飛んで行き完璧な身体になるという、この作品は寓話性が強いのだからねって提示しているようなところが始めにあるから、その後の物語の展開をスムーズに違和感無く受け止めることが出来ます。  

  ガンプが反戦集会で大群衆の喝采を浴びれば、ここぞとばかりにしゃしゃり出て恋人とのポーズをとりながら、気まぐれ身勝手に離れて行き、不治の病に罹ってまたもや接触してくるという、ガンプをいざ困ったときの安全パイぐらいにしか考えていないのではないかと思わせる女のジェニーに、両足を失って生きるくらいなら名誉の戦死の方が良かったのに、なんで命を救ってしまったのだとなじる小隊長のダンも、無垢で愚直でいてそれが神の行為のようなガンプの存在に救済されることになります。 ダンが海老漁船の上で猝燭魑澆辰討れて感謝しているよ瓩箸い場面がこの作品のハイライトですね。  

  舞台になっている時代を現役で過ごした人間には挿入されるニュースもミュージックも懐かしく感じ、それが作品のヒットに大いに貢献しているのだろうけど、掛け値なしでこの時代の音楽シーンは充実していましたね。 ボブ・ディランにビートルズにバーズなどは、これを聴きながら歌詞を理解できるくらいの英語力があったらどんなに良いことだろうと思ってたのだけど、この映画で比較的に長く使われているスコット・マッケンジーの「花のサンフランシスコ」、これはいまでもYouTubeで時々聴いて疲れを癒すくらいに気持ちの良い曲なんだが歌詞はどうでも良く、歌声と節回しを味わう江刺追分みたいなものかなって気も。 違うか(笑)。  

  午前十時の映画祭でやっているし美術展を見に行くついでもあるしってことでの積極性に欠ける観賞動機だったのだけど、えてしてそういう時は良作に当たるもの。 美術展も思いのほかに良かったし、ささやかなシアワセの一日でした。
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-15 10:14:35
人の善意を信じ、ひたすら前向きに人生を生きる
主人公を見るととても嬉しくなります。
「ありがとう」と言いたくなる作品。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-29 22:09:51
好きな作品。
投稿者:TNO投稿日:2013-03-30 23:48:59
うじうじくよくよ悩まず、人を疑わず、後ろ向きなことには時間を使わず、全て前向きにとらえて実行に移す。こういう人生を歩めば誰もが成功に近づけることを、この映画は教えている。この役は、完全にトム・ハンクスのもの。サリー・フィールドもゲイリー・シニーズも超越している。息子に勧められて再鑑賞。
投稿者:jb投稿日:2012-11-27 23:43:11
久々に観たけど良かった。
投稿者:umota投稿日:2012-04-24 21:15:30
昔、見て面白かった思い出があったので、
10年ぶりぐらいにみたら予想以上に良かった。
自分の中でトップクラスに入るぐらい好きです。
自分も不器用だからか、それぞれが抱える人生の苦悩に共感した。
人生の素晴らしさ、切なさを感じさせてくれる映画。
投稿者:gapper投稿日:2012-04-14 19:17:47
 興行収益(インフレ調整版)ランキング第22位(2012/06/16)
 IMDb8.7ポイント(2012/04/05)の1990年代の名作。

 465,588人の約4割が満点を付けている。
 比較的低年齢層が高得点を付けていて、最低の7.5ポイントの集団はIMDbのスタッフだ。
 まさに感動のドラマでトム・ハンクスの名演が光る。

 ドラマで合成やCGと言うと多くの場合がマイナスポイントとなる。
 オープニングから一つの羽が舞うCGの合成シーンでガンプ(トム・ハンクス)の足元に落ちて、その羽を拾うところがファーストシーンだ。
 アメリカの歴史と共に話が進むドラマで、ガンプは歴史の出来事のTV放送などで合成により登場する。
 シリアスなドラマでもあるのに、この合成はコミカルだ。

 こういったコメディ・リリーフ場面の挿入は、1940年代の作品に多く見られる。
 映画は時流性が高く、流行の演出があったり過去を真似ないなどで個性を主張したりする場合が多い。
 トム・ハンクスの出演作に多いと感じるが、そういった時流性を超えた作品であると思う。
 オールド・ファンにも楽しめる筈だ。

 ガンプは知能障害や発育障害が疑われる人物であるし、後からはテイラー中尉(ゲイリー・シニーズ)が両足を失った障害者として登場する。
 こういった人物を登場させることは難しく当たり障りのないものに成りがちだが、その処理は文句のないもの。
 77分後のに「真夜中のカーボーイ(1969)」のオマージュの様なシーンもある。
 コミカルさは嘲笑になりがちだが、温かみになっている。
 冒頭、羽を拾ったガンプは空が描かれた絵本の中にその羽をしまう。
 幼稚には感じず、素直にいいなと思えるのは流石。

 制作費5,500万ドル、総収益約67,700万ドル(2011年)。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:koitaro投稿日:2011-02-20 23:32:31
【ネタバレ注意】

「解説」を。

明るいアメリカの歴史の象徴「フォレスト・ガンプ」、暗いアメリカの歴史の象徴「ジェニー」の二人が織りなす物語。

知的障害に身体障害である「うすのろフォレスト(「ガンプ」とは「うすのろ」という意味。)」が最初と最後に出てくる鳥の羽のように「風に任せて」いたら本人の意思とは関係なく輝かしい成功をしてしまう。「成功」「勝利」が至上主義の「アメリカ」を皮肉っている。これは、現代アメリカを振り返ってみようという映画なのである。

そして、主人公フォレストの成功のアメリカが良いと言っているのではないことが最後のセリフでわかる。

フォレストはジェニーの墓前でつぶやく。

「ジェニー。僕には分からない。正しいのはママなのか、ダン小隊長だったのか、僕らには皆運命があるのか それとも風に乗って、ただ さまよっているのか たぶん、その両方だろう 両方が同時に起こってる」

というセリフ。

ママのアメリカ、ダン小隊長のアメリカ、ジェニーのアメリカ、フォレストのアメリカ。どのアメリカが正しいのかはわからない。「その答えは、風に吹かれている」(「風に吹かれて」の歌詞の一部)すべてが同時に起こっているんだ。

長すぎると怒られてしまったので最初と最後だけ載せました。詳しくは以下のアドレスをご覧下さい。

http://joho-ns.sblo.jp/article/43515405.htmlhttp://joho-ns.sblo.jp/article/43515405.html

投稿者:こじか投稿日:2010-11-03 22:30:28
ユーモア&アメリカ風俗満載で一気に魅せます。
うわさの男をかけながらの「真夜中のカーボーイ」ネタに代表される
遊び心を入れた風俗描写などが絶妙。そんな遊びの発見だけでも楽しめるし、
もちろん普通に観てもおもしろ可笑しいという珍しい名作ですね。
たくさんの挿入歌や作品主題曲も素晴らしい。

てかこの映画でババ・ガンプ・シュリンプが出来たって不思議すぎる。
映画の大漁っぷりを浴びるほど食べたいけど高いよ〜(><)。
投稿者:kumachan投稿日:2010-08-15 14:28:35
何度観ても素晴らしい。
知的障害者をイノセントな人格者として表現した映画を無条件に受け入れていいものか?ピュアな情熱が周囲の人間やアメリカ全土の人間を巻き込んでいく状況を無条件に受け入れていいものか?なんつう疑問や邪推はどうでもよくなるくらい本当によくできた映画です。
主人公が挙動りながらケネディと握手するシーンを最新のCGを使ってる部分(カップヌードルでも似たCMがありましたね)とか主人公のエビ捕り船だけが大漁だったシーンなども笑えます。
同時代を生きたアメリカ人がどんな感想を抱くのかとても興味あります。
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-26 14:21:59
宙に舞う羽がとても美しいオープニングから、ラストに至るまで文句なしhttp://mototencho.web.fc2.com/2007/beowol.html#forestgump
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 23:15:41
ゲイリー・シニーズ
投稿者:IDU投稿日:2009-09-22 00:37:26
小さい頃見て感動した。今見返してもい映画
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-27 22:03:21
フォレストが走るシーンに俺はボロ泣きしちゃったよ。
見終わった後に温かい気持ちになれる、後世に残しておきたい名作の1つ。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 17:31:32
演出:10
演技:9
脚本:10
音響:9
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-12-06 22:57:23
いい映画
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-13 02:20:59
変化する時代の流れや社会的背景など興味深く鑑賞できました。
それに合わせた楽曲のチョイスもイイですね。
ただ、当時のアメリカ社会や情勢、文化を知らないとイマイチ楽しめないかも・・・。

公開時、話題だった記録フィルムとの合成は、今観ても違和感がないほど精巧です。

ストーリーも主人公の半生だけではなく、周りの人々のドラマも交えているので厚みがあります。
語り手がフォレストなので彼から見た各キャラクターたちや彼から見たアメリカ社会という描き方になっています。
そのおかげで温かい笑いや優しい眼差しが生まれるんでしょうね。
アップルのくだりとか最高です(笑)

キャストに関しては、これが演技だとは信じがたいぐらい自然なトム・ハンクスは文句なし!
他にも・・・自由奔放なジェニー役のロビン・ライト、ゲーリー・シニーズの落差、愛情深い母親サリー・フィールドなど脇を固める役者陣も見応えタップリです。

映像としても楽しめるし、キャスティングも音楽も着眼点も良い、笑いあり感動ありの壮大で秀逸なヒューマンドラマです。
高校生の頃、観た時は長くて退屈〜なんて思っていましたが年齢を重ねるにつれジワジワとこの作品の良さが伝わってきました。
今では・・・温かいんだけど寂しくて、辛いんだけど前向きになれる、大きな感動じゃないんだけど沁みる作品になってます。

フォレストは演説で何を語ったのか・・・それだけはいつも気になる。
投稿者:グレープジュース投稿日:2008-05-10 00:40:46
フォレストは無償の愛で出来ている。
投稿者:kath投稿日:2008-05-09 10:49:12
観るたびに印象が変わる。すてきな気持ちにさせられる。性善説を素直に受け入れられる。
投稿者:tama30投稿日:2008-04-27 15:47:36
【ネタバレ注意】

いつも見終わった後、どうも、簡単にhappyにしてくれない映画なんですね。人間って、歴史や国の成り行きを体現してしまうことが、あるのかもしれない。アメリカの影の部分を、一身に背負ったようなジェニは見ていて、ほんとうにつらい。光の部分を背負ったような、成功者のガンプにしても、ほんとうに幸せなのか、わからない。冷戦に勝利して、あとは資本経済発展に向けて闇雲に走った時代。それも落ち着いて、やっと光と影が一緒になったかと思ったら、ジェニは伝染病 (AIDS?)で亡くなっちゃいます。最後の、お墓のシーンは何回みても、とてもつらい。けど、主人公の一言一句を逃すまいと必死に聞き込んでしまいます。名場面ですね。ただ、作者は、未来への憂いはあるにせよ、歴史や国家にたいして否定も肯定もしていない所が、作者の愛国心のような気がします。「もしかしたら、それも同時におきていたのかもしれない。」と問いかけています。さて、この映画が作られてから、10年以上、経っていますが、今のイラク情勢を考えると...

投稿者:ringoringo投稿日:2008-03-02 00:05:22
あの頃を俯瞰して、世相のあげあしをとりつつ感動させてくれます。
投稿者:ちゃき投稿日:2007-08-16 21:38:04
この映画には思い出がありすぎて困るくらいです。この映画を映画館で観たことがすべての始まりでした。いつ観ても最高だと思うこの映画。それが年頃になって初めて映画館で観た映画。そしてそれがアカデミー賞総なめ。トム・ハンクス二冠達成。思えばこの年はパルプ・フィクション、ショーシャンクの空に、と大好きな作品がざくざくあった年。私はそれで映画に引き込まれたんですね。でも今観ても、それは当然であったと思う。何回見てもこれはすばらしい映画。

今回観て、70年代のこととかをもっとよく気づけたと思う。ドラッグ、ピース、ベトナム戦争、南部のことなど、新しい発見が山ほどあり、それもまた嬉しかったです。音楽もすごくいいよ。何気にスマイルとかアップルとかのツボをつく要素がまたウケた原因かと。当時の特殊技術を最大限に使った映画。昔の映像にガンプを紛れ込ませたり、卓球の球や羽はCG。ダンの足は青で覆って、無いような演技をして、あとで消しています。すべてメイキングで知ったんですけど・・・。ゲイリー・シニーズ(ダン)もいいし(公開当時マジで惚れてた)実はあまり気づかれてないけれど、ハーレイ・ジョエル・オスメントが子役。この頃からかなりの才能が。自分はどんなチョコレートなのか、それを楽しみたいと心から思います。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:william投稿日:2007-05-18 22:18:45
善良アメリカン思想が漂っている感は否めないが、やはり良くできた完成度の高い作品。一人の人間を中心として、アメリカの半世紀の歴史の断片を垣間見る事が出来る。
コミカルなネタが随所に見られて飽きさせないのも良し。
投稿者:ろみお投稿日:2007-03-06 10:39:16
世の中や、人生をイノセントな視線から眺めたすばらしい作品だと思います
ガンプは象徴的な存在とゆうか、こうありたいと願うような、夢のようなものなのでしょう。この存在によって世間常識や計算をはなれた素直に物を考えさせられます。
バイオグラフィーとしてみれば引っ掛かるかもしれませんが、荒唐無稽な部分は遊び心で製作意図はきずつけてないと感じます。
人間は自分が生まれてくる場所も、この先どんな人にあうのかも自分が死ぬ日も分かりません、「僕らはただ、漂っているのか・・・」「人生はチョコレートのようなもの・・・」風に吹かれる白い羽根、ただ心のままに黙々と走り続けるガンプ、「たぶんそれらが同時に起こっているのだろう」
散文的な事実より、精神的な真実を大事にした名作だと思います。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 01:09:53
まあまあ。
投稿者:VICE投稿日:2006-11-26 23:28:32
ただ走りたいから走る。思いのままに行動できる事ってなかなか出来ない世の中だから、ガンプはそれを代弁している様で心地よかった。思い続ければ何事もかなわないって事か。。。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-07-31 20:37:42
あっという間に終わってしまった。
投稿者:イドの怪物投稿日:2006-03-17 23:25:59
今までこの映画を見ていなかったことが恥ずかしい。
バックに流れる音楽が時代背景を写していて秀逸で、出てくる人々も善人ばかりで清清しい後味である。
特にゲイリー・シニーズが良いですね。
投稿者:ながさん投稿日:2006-02-13 22:13:01
ロバート・ゼメキスとトム・ハンクスは黄金コンビだと思います。
トム・ハンクスはやっぱり演技派ですね。アラン・シルベストルの音楽もすごい心地よくて大好きです。
投稿者:ゆうま投稿日:2005-06-27 11:50:06
アカデミー賞受賞も納得、よく出来た作品には間違いないと思います。ただ世間でよく言われる「感動」は全くなかったですし、ミラクルファンタジー&コメディ映画として認識していますね。時代背景の良し悪しの認識は完全に「アメリカ映画」なところはハナにつきました。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 10:27:01
卓球がメチャ上達しているのには笑えた。
投稿者:takes投稿日:2005-03-21 01:31:34
感動するっていうから見たのに、まったく感動しなかった。トムハンクスの演技以外はいいとこなしだと思う。てか何を伝えたいのかよく解らないし、退屈、長い。
投稿者:STC投稿日:2005-03-12 01:35:59
映画はやはりファンタジーの産物である。ありえないことができて映画である。映画に感動や笑いはあって当たり前なのである。この映画にないものはない。http://blog.livedoor.jp/rmdqt352/
投稿者:vale投稿日:2005-03-11 19:51:04
超ポジティブなアメリカ大好き米人による「映像の20世紀」。
痴人のストーリーは刺身のツマ程度。
劇映画ではない。
投稿者:投稿日:2005-03-06 01:27:30
泣けるからいい映画なのか。少なくとも僕は涙の一滴もこぼさなかったけど。

シリアスなのが高尚で、お笑いは低俗という図式はないか?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作が素晴らしいと思う僕は、真剣にそう思います。あの3作を作れた才能からすれば、これは駄作、と言うべき映画ではないでしょうか。
投稿者:Miwa投稿日:2005-03-04 22:43:34
見終わった後ボロボロ泣いたというわけではないのに、すごく後に引いた作品でした。この映画を見た日はこの作品のことが一日中頭から離れず、心の奥底から感動したようでした。ユーモアと感動が非常にバランス良くまとまっています。喜びももちろん描かれていますが、悲しさもそれ以上に描かれているのに、ラストはこれからの未来への希望と幸福を表しているような爽やかな終わり方で、それがまたフォレストの人間性にも共通しているように思えました。
クライマックスに入るまでにも心にくるシーンが多くあり、最初から最後までこの作品の良さが詰まっています。
ラストまで見終わってこの作品がアカデミー賞を取れた理由がわかると思います。
投稿者:iyansk投稿日:2005-03-01 17:56:47
映画館で見たときは若かったせいか、アメリカ人のための映画で面白くないと思いました。
それから10年経ち、久しぶりにテレビで見ました。
今見ると結構面白いし、時代背景もそれなりに分かる。
何より障害者に対して自分の意識が変わってきているのか良く分かる。
でも、ちょっと都合よすぎかな。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-02-19 09:52:06
【ネタバレ注意】

…だが、素直に笑えない人も多いシリアスな哲学を秘めた感動作。
本日、またTV放映があるようですね。

人間は色々な奴がいる。ガンプという、何かをやりかけると他の事はいっさい考えず、のめりこんでしまう男(しかも“障害故に”)を切り口に、周りの人の生き方を絡め、コメディーなのに心をゆさぶる(ゼメキスの得意技?)作品に仕上げた。
いじめっ子に追いかけられたガンプは走り続けて、拘束具が外れ、そのまま空を飛んでゆく(訳ない)
「“無欲”な人は、こうなるのね。」とか言う人がいるが、彼は“無欲”では無い。“欲”のあり方が人と異なるだけなのだ。何かひとつの事しか見えない、結果は想像もつかない、故に軍隊にはまる。何かひとつの事(上官に言われた事)をするだけで評価される(これも“欲”か?)世界だからだ。
何も考えずただ走るだけ。これが唯一気持ちの良い事で他に何もいらないなら、あなたはガンプになれるだろう。
戦争を反対する奴はうさんくさい。それは戦争肯定とは関係ない。“7月4日に生まれて”はうさんくさくない(むしろきつい)が…ガンプに戦争肯定の気持ちもないだろう。
ここでも上官が障害者になっちゃう…コメディーなのに。
で、ジェニーだが…ガンプより、うさんくさい運動家の方が格好良いと思っても不思議じゃない。ガンプはスクリーン前の我々には何かうまくやっちゃう度に“いけいけ〜”とか思うヒーローだが、世間的には“いじめられっ子”だからね。でもジェニーは味方だった。彼は彼女の“存在”が好きなのであって、バツいちだとか、多分ルックスとかも関係ないのだと思う。…最後に立場が入れ替わっちゃう、かに思えるが、ガンプにとっては昔も今もただのガンプ。最近、周りの人が気を使ってくれるなーってとこだろう。
「俺はやりたい事をひたすらやっているだけだよ。」…やはり感動作か。

投稿者:jyunn投稿日:2005-01-18 16:06:53
さすがはトム・ハンクス。ストーリーもとんとん拍子過ぎるがいやらしくない。
面白いです。
投稿者:さち投稿日:2004-06-14 04:57:29
こういう映画がたくさんあれば人生は楽しくなる
「人生はチョコレートの箱のよう」
投稿者:いなかもん投稿日:2004-05-09 22:50:28
【ネタバレ注意】

ファンタジー的な、どこか現実味がない話だが、心温まる感動のストーリーは素晴らしく、アカデミー6部門を受賞した名作である
当時の移りゆく風俗、文化、流行などを背景に、激動のアメリカを自由気ままに走り抜けるフォレスト・ガンプ
頭は悪いが、その純粋で人の言いつけは素直に守る彼の姿を見ると思わず微笑んでしまう
頭が悪くたってできる事は他にもあるといっているかのように・・・
そんな人生をオープニングとエンディングの風にさまよう一枚の羽が象徴している
人生は風に流される羽のようにさまよいながら進んでいくのだ
また小学生と高校生のシーンで全く同じシチュエーションにして描いているのも見逃してはならない
まず、悪ガキたちにフォレストが追いかけられるシーンでは、悪ガキたちは自転車から車に変わっているのに対し、フォレストは走って逃げ切っている
彼の足の速さを思いっきり知らしめる名シーンである
また、フォレストがバスに乗り、座りたいのに皆から軽蔑されるシーンでもジェニーとババが席を空けてくれる
そしてこの二人は後に妻と親友という関係になる
ここではたった1つの親切や思いやりが友情や愛情に変わり、かけがえのない存在になり得るという可能性を示していた
またフォレストは素晴らしい人生を送り、ジェニーは麻薬などでダメ人生を送るという対照的な描かれ方も良い
そして後にジェニーは落ちぶれ、フォレストの所にしか行くところがなくなってしまい、そんな彼女をフォレストがこころよく出迎える
彼の人間性がよく表されていた
そんなフォレストをトム・ハンクスが動作から話し方から首の動かし方までガンプになりきった演技は本当に見事だった
またウォルス、ニクソン、ケネディ、ジャクソン大統領などが映っている古いフィルムをデジタル合成技術で、ガンプと歴史上の人物が”夢の共演”をするという前代未聞の大仕事をスタッフが見事にやってのけた
またアラン・シルベストリの美しいスコアは32曲にも及ぶ当時のフォークロックのヒット曲・名曲と比べても全く引けを取らない出来だった
また”人生はチョコレートの箱みたいなもの、開けるまで中身は分からない”
”バカをする者がバカ”
”奇跡は毎日必ず起こる”
など本作はまさに名言の宝庫である
ダン中尉と同じく見ているこちらも生きていく事の素晴らしさをガンプから改めて教えてもらった気がした

投稿者:右心室投稿日:2004-04-15 08:29:35
ファンタジーとリアリティのバランスが絶妙な、素晴らしい上質映画なのに、
「こんな奴いねーよ」とかいう人生荒みきったおっさんみたいな思いが頭の底に引っかかって100%感情移入できなかった。
投稿者:J.T.投稿日:2004-02-28 20:54:07
「人生はチョコレートの箱。食べてみるまでわからない」という冒頭の言葉と風にまかせて飛んでいく白い羽根がこの作品のすべてを象徴していますね。まずいチョコレートを食べちゃうこともあるし、おいしいチョコレートを食べることもあるけど、人はみなチョコレートを箱から選び取って食べる。どれがおいしいかはわからないし、風に吹かれる鳥の羽根と一緒で運任せ。でもそれを嘆くことは馬鹿げていて、素直に一生懸命生きれば人生は悪いものにはならない、というようなメッセージ。初めて観たときには自分自身、「成功したい」などと思っていたのでこの肩の力が抜けたおだやかなメッセージに反発したものですが、年を重ねると本当に共感できるようになりました。いいことも悪いことも気持ちの持ちようで豊かになるものなんですね。それを説教くさくなく、自然体でちょっとコミカルに描く力量に脱帽です。静かだけど味わい深い名作だと思います。
投稿者:ふじこ投稿日:2003-12-20 12:23:33
フォレストに子供が存在してたのには驚いたし、なんかうれしかった。ゲイリー・シニーズがうまかったな。足の部分とかどうやってんだろうか、、とついつい感心して見ていた。
投稿者:マサト投稿日:2003-12-04 11:24:28
ガンプの純真無垢な性格が大好きです。
それにテンポが速くてよかった。
投稿者:PrcoRosso投稿日:2003-11-24 09:50:42
感動しました。それとトム・ハンクスの演技は素晴らしかったと思います。
後にハーレイ君が出てたことに気付いてびっくりしました。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-08-01 09:30:57
オリバー・ストーンらのような反政府的問題作とは違って
20世紀後半にアメリカがしてきた事を肯定してる作品ですね。
だがそれを善と取るか、悪と取るかは映画とは関係の無い話のような気がします。
映画としては歴史に残るほどの大傑作です。俳優さんの演技といい、
映像といい、音楽といい、ラストシーンといい、
シロウトの目で見た意見ですが、本当に全てが素晴らしい。
アカデミー賞総なめは当然かと。
特にトム・ハンクス、演技上手すぎだよ。
というか、演技に見えん。
投稿者:なかベ投稿日:2003-05-14 23:44:30
良い話。しかし、アメリカの近年の歴史を美化しすぎ。ベトナム戦争で活躍するT・ハンクスは「良い人」で、反戦運動したS・フィールドは「イヤな奴」というとこなんか、最悪。アメリカ人は全然反省してないのか。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-13 00:48:08
普通に良かった。ガープの世界のが好きだけど。
投稿者:rupan投稿日:2002-10-06 17:46:15
感動しました。それしか言うことありません。
投稿者:マゴゴソラ投稿日:2002-09-27 12:21:23
ハマり過ぎ。
吹き替えも最高。
走って外れて空飛ぶかと思った(謎)http://members.jcom.home.ne.jp/0438320401/
投稿者:1900投稿日:2002-09-25 20:53:09
確かにトム・ハンクスはちょっと頭の弱い感じがうまかった。でもなんだかガンプの人生ってあんまりにもトンデて、ありえなすぎて、逆に白けてしまった。それに、彼女も、最後だけ調子よくガンプを利用して子供を押し付けただけって感じで、卑怯な気がした。あんな女に利用されたガンプってちょっと気の毒…。
投稿者:マーシー投稿日:2002-09-16 14:59:05
話の展開が早く、なんともすっきりとした映画。
フォレストを演じるトム・ハンクスも演技上手。内容も面白かった。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-06-07 18:09:03
奇想天外なストーリーが面白かった。最後も感動的。が
この「素直が売り」のガンプくんの映画のメイキングを観て
その造り込みの多さに興ざめ。
分かってはいたが、そんなこと忘れ「素直」に感動した分
この「素直なガンプ物語」が「SFX映画なんだよ」と観せられ
「トゥルーマン・ショー 」を思い出した。
投稿者:ひーちゃん投稿日:2002-05-05 06:32:52
これはファンタジー。作り手と観客がキャッチボールしながらアメリカの生きてきた
記録を楽しむ映画だ。こんな事有り得ない、こんな人間いねぇよ・・・やぼな事は
言わない言わない。楽しめる人が勝ちだ。
ただし、アメリカの文化や歴史を知らなければわけがわからんはず。
逆にそういったことに興味がある人間にとっては至福の映画。
特にロック好きの方におすすめ。

欲を言えば、日本にもこういう映画が欲しいぞ。誰か作ってくれよ!
投稿者:eddie投稿日:2002-04-14 00:20:10
いろんなことを考えてしまう映画ですね。どなたかが書いてたように、フォレストは利用されただけなのかもしれない。芝刈りの仕事は、議会に押し付けられただけかもしれない。リトル・フォレストは本当にフォレストの子供なのか。でも、彼は幸せそうです。人の幸せって、それでいいんじゃないのか、と。
私は断然この作品、支持します。
投稿者:ASH投稿日:2002-03-30 23:59:57
この映画にアンチ派が多数いることは承知していますが、やっぱり好きな映画です。
ひとりの男の波乱に満ちた人生を、その時々のヒット曲にのせて描く手法はとても
効果的で、T・ハンクスののほほんとした演技と相まって愛すべき映画となっています。
ただ、実際のニュース映像にフォレストを被せるシーンは、技術的な面に溺れすぎて
いるきらいがある。ここまでリアルに見せる必然性を感じられない。
でも、こういった技術が映画を盛り上げていたことも事実(複雑だ…)。
投稿者:水玉ペリ投稿日:2002-03-29 22:45:35
めっちゃイイと思うな。トム・ハンクスの演技は最高。
人を惹きつける名役者だね。
子供役に密かにハーレイ君が出てたのはびっくり。可愛いな〜。
フォレスト・ガンプの成功は彼の一途さゆえにだと思った。
あと、あの小隊長?がシブくてかっこええわ!
おすすめの一本!!
あたしはロバートゼメキスの作品好きだな〜。
バックトューザフューチャーが歴代一位でファレストガンプが歴代ニ位☆
投稿者:ファントムメナス投稿日:2002-03-17 01:41:52
 劇場では観る事無く、ビデオで出たのを見たっきり、先日のテレビでやったのを(録画して)見ました。独りで・・・。泣けました。
 とにかく不思議な映画です。彼の歩んだ栄光の人生、なんか?現実離れしすぎているのに、殆ど気にならずに見れてしまったのが、とにかく不思議!!
 彼の生きる姿勢が、悟りの境地のように見えるのだが、なんとも東洋的な発想を感じてしまう。ラストのお墓の前で語る事が、全てを表していると思うのだが、深く考えれば深い意味があるようで、この映画のように何でも無いことのような気もする、本当に不思議なあと味の映画でした。
 個人的には、ジェニー(だっけ?)の事は気になりません。みんな悪く書いてるけれど・・・。
投稿者:アインシュタインの舌投稿日:2002-01-30 05:07:48
【ネタバレ注意】

アメリカの歴史を客観的にかいててところどころ笑っちゃう。自分はアメリカの狂った愛国心が大っ嫌いだが、この映画にオスカーあげたとこみるとまだ結構いけてるかなと思った。いやしかし、発想が面白い。フォレストは考えないから自慢話にならない。全てそう。で、結局うまいようにまとめたあたりいい感じじゃない?皮肉屋が書いた絵本みたいな物語。

投稿者:zula投稿日:2001-09-28 03:10:31
nazeka fucho- notoki miteshimau.soshite genkiwo torimodosu.

watashiha sukidesu.waratte naite ironna kanjyo-ga dasemasu,

konoeiga ha fushigi ,annahito onainoni annani eigani hairete

subarashikatta.
投稿者:じゅんこ☆投稿日:2001-08-28 22:34:11
良さが〜わからん! 私が、アメリカの歴史…知らんからかもしれへんけどね! 「アカデミー賞…作品賞」受賞したけど〜「ショーシャンクの空に」の方が、絶対…良いと思う☆
投稿者:Tak投稿日:2001-08-10 01:29:43
タイトルの中に含まれる一期一会という言葉。
いい言葉と思っていたのに、こんな映画に使われたせいで
好きじゃなくなった。
投稿者:ひびき投稿日:2001-07-18 09:57:36
なんていうか・・・ガンプって素直だと思う。
常人だったらあるはずの何かが足りないおかげで。

素直だから醜い感情も大きくなる前に処理できる。
人の良い部分も素直に表現できる。
そういう真っ直ぐなところが単純に心を打った。

俺を映画にのめり込ませた忌まわしき?映画。
投稿者:ともくん投稿日:2001-05-20 01:21:13
面白いけど、長いです。
数奇な人生だけどかなり重い・・
カップ麺のCMはこの映画がヒントになっていることがわかります。
投稿者:無名の天才投稿日:2001-05-03 20:30:51
この映画のような事は実際にありえます。
一つの事をひたすら努力し続けていると、本当に信じられない幸運がきて夢が叶うようにもなります。
私は、自分自身の人生の中でその事を感じました。
このストーリーは現実離れして信じられないように思えますが、私はこの映画を観て自分と一緒だと思いました。
決して運がいいだけではありません。
ひたすら何年も努力し続けると必ずむくわれるんです。
ただし、誠実な人だけです。
投稿者:ごろキチ投稿日:2001-03-12 14:04:09
そんなバカなはずがないと思うけど,おもしろかった。楽しめたにゃ〜
投稿者:もっち投稿日:2001-02-03 20:56:28
ちょーーーーダッシュしてるところとか、笑えました。
あのハーレー君が出てくるシーンにも注目ですねー
…って、最近知ったんですけど…
投稿者:サルバトール投稿日:2001-01-27 07:59:12
アメリカの歴史って感じ
投稿者:AN投稿日:2000-11-21 16:23:16
 この映画 すばらしい映画だったと思います。 なかには この映画を観て ただの運のいい男の人生映画じゃないかと思う人もいると思います。 
 けど,自分はこの映画はとてもすばらしかったと思います
投稿者:リッキー投稿日:2000-10-08 00:01:37
この映画がアメリカでヒットしたのが分かる気がします。この映画の登場人物の誰に自分を投影するかで、全然感想が違ってきてしまうと思う。もし、自分を投影する人物が現れなかったら、あなたは、癒しを必要としていない人なのかもしれません。けれど、自分を投影させる人物がいたら、どうぞ、どっぷり浸ってください。そして涙してください。見終わったあと、あなたは、少し心の傷を癒したかもしれません。
投稿者:たけ投稿日:2000-10-04 03:14:05
そんな馬鹿なっ、て感じなんだけど、なぜか夢中になっている自分がいたね。
観終ったときはなんか悲しい気分になった。
投稿者:どんちゃん投稿日:2000-09-29 10:41:17
多くのコメントにあるように、ガンプの立場で考えると「あの女ムカつく」って気持ちはおいらも強く感じた。でも恋愛って、必ずしも相手の気持ちにうまく応えられないものだし、彼女自身、色々とやりきれない辛い思い(境遇、過去の蓄積)から冷静な行動が取れないのもわからないでもない。まあそれを許せるかどうかは別だけどね。ガンプの唯一の心の支えだったのだから、彼女にとって重荷であったかも知れないし。

映画としては非常に面白い。随所に現実離れしたストーリーもあり、どういう分野としてこの映画を捉えたらいいんだろうって戸惑うこともあったけど。
何回も繰り返して観ているが、毎回ラストシーンが近くなるとビデオを止める。観てない人のために理由は上手く言えないが、幼い子を持つ親としては、ガンプや子どものことを自分に置き換えてしまい、とてもじゃないけど観れない。
投稿者:教官投稿日:2000-08-22 12:08:29
すべてのことに一切の疑念を抱かず、打算も考えず、信じるままに生きていく彼が織りなすストーリーは、1つ1つが魅力的で、感動モノです。大好きな映画の1つです。でも、はっきり言って原作には到底及びません。原作良過ぎです。こんなに感動した本はなかったです。
まあ、あまりにその世界がでかすぎるので、無理もないですけど。
あと、フォレストの物語は2を読むことによって完結します。これを読まずこの映画を批評すると、後悔するかも。
あと、幼いオズメント君も出てますよ〜。かわいい♪
投稿者:yura投稿日:2000-08-21 02:13:46
一期一会っていい言葉だなぁ〜と素直に思う
出会いによって語られる彼の人生の最大の出会いは
あの「母」の息子として誕生できた事・・
それが幸運だった
投稿者:Bub.投稿日:2000-06-22 02:17:19
ヒューマンタッチの映画としてはあまり出来がいいとは思わない。好みの問題もあるけど…。ただ、アメリカン・グラフィティとして見ればなかなかに面白いのではないでしょかね。http://www2.to/tiny-bubbles/
投稿者:はるぼう投稿日:2000-03-12 04:39:42
喩えるなら現代のわらしべ長者ってトコですかね。
そんな人生都合の良い様に出来てねぇっつの。
しかし、あの女本当にムカつきます。自分の都合しか考えてない。

ロバート・ゼメキスはいつから人を感動させる映画しか作らなくなったんでしょう。
投稿者:24カラット投稿日:2000-01-10 22:16:37
面白かった。でも、都合よすぎ。
あと、あの女むかつく。
投稿者:お野菜投稿日:1999-10-20 05:04:38
正直言って素直に観られなかった。主人公は利用されただけにしか思えない。主人公の純粋さ、一途さに共感するより、彼女のずるさや弱さに目がいってしまう。
ええい言ってしまえー、あの子供は本当にガンプの子供なのかあああああ
失礼しました@
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 主演男優賞トム・ハンクス 
 □ 助演男優賞ゲイリー・シニーズ 
 ■ 監督賞ロバート・ゼメキス 
 ■ 脚色賞エリック・ロス 
 □ 撮影賞ドン・バージェス 
 □ 作曲賞アラン・シルヴェストリ 
 □ 美術賞リック・カーター 
  NANCY HAIGH 
 □ メイクアップ賞HALLIE D'AMORE 
  JUDITH A.CORY 
  DANIEL C.STRIEPEKE 
 ■ 視覚効果賞Ken Ralston 
  Stephen Rosenbaum 
  Allen Hall 
  George Murphy 
 □ 音響賞ランディ・トム 
  TOM JOHNSON 
  DENNIS SANDS 
  WILLIAM B.KAPLAN 
 □ 音響効果編集賞ランディ・トム 
  Gloria S.Borders 
 ■ 編集賞ARTHUR SCHMIDT 
■ 作品賞(ドラマ) 
 ■ 男優賞(ドラマ)トム・ハンクス 
 □ 助演男優賞ゲイリー・シニーズ 
 □ 助演女優賞ロビン・ライト・ペン 
 ■ 監督賞ロバート・ゼメキス 
 □ 脚本賞エリック・ロス 
 □ 音楽賞アラン・シルヴェストリ 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞トム・ハンクス 
 □ 助演女優賞サリー・フィールド 
 □ 監督賞(デヴィッド・リーン賞)ロバート・ゼメキス 
 □ 脚色賞エリック・ロス 
 □ 撮影賞ドン・バージェス 
 ■ 特殊視覚効果賞 
□ 作品賞 
 □ 男優賞トム・ハンクス 
 □ ブレイクスルー演技賞ミケルティ・ウィリアムソン 
■ 新規登録作品 
□ 外国作品賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】トム・ハンクス ベストバリューBlu-rayセット <期間限定スペシャルプライス>2016/12/21\6,875amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】フォレスト・ガンプ/一期一会2012/09/14\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】トム・ハンクス ベストバリューDVDセット <期間限定スペシャルプライス>2016/12/21\4,375amazon.co.jpへ
 【DVD】パラマウント100周年記念 厳選20作品 DVD-BOX <初回生産限定>2012/04/27\17,143amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会2006/07/07\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 <期間限定生産>2006/05/12\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】作品賞 ツインパック 「普通の人々」&「フォレスト・ガンプ」 <期間限定生産>2006/02/24\3,810amazon.co.jpへ
 【DVD】作品賞 ツインパック 「愛と追憶の日々」&「フォレスト・ガンプ」2006/02/24\3,810amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 スペシャル・コレクターズ・エディション2005/03/01\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 スペシャル・コレクターズ・エディション2005/03/01\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 <パラマウント「その場でもらえるプラス1」キャンペーン第2弾>2004/11/26\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 <パラマウント「その場でもらえるプラス1」キャンペーン>2004/05/28\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 <期間限定生産>2004/02/20\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 <期間限定生産>2002/10/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会 スペシャル・コレクターズ・エディション2001/12/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】フォレスト・ガンプ/一期一会レンタル有り
 【VIDEO】フォレスト・ガンプ/一期一会レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION