allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブロンテ姉妹(1979)

LES SOEURS BRONTE

メディア映画
上映時間115分
製作国フランス
公開情報劇場公開(PCJ)
初公開年月1988/02/06
ジャンルドラマ
ブロンテ姉妹 Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 8,300
amazon.co.jpへ

【解説】
 「バロッコ」のアンドレ・テシネ監督が、イザベル・アジャーニ、マリー=フランス・ピジェ、イザベル・ユペールの共演で、『嵐ヶ丘』や『ジェーン・エア』などで知られるブロンテ姉妹の物語を描いた伝記的作品。19世紀イギリスのヨークシャーで過ごし、そして結核で死んでいった彼女たちの生涯を史実に忠実に描き出していく。
<allcinema>
評価
【関連作品】
バロッコ(1976)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ばてれん堂投稿日:2015-11-20 23:28:47
 自分にはイザベル・アジャーニがドンピシャでございました。無表情の美しい顔が荒野に映えエミリー・ブロンテを彷彿とさせてくれました。
 この家は次々と兄弟が死んでまるで蝋人形のように変貌していくのが驚きです。そしてそれに慣れてしまってテキパキと葬式の準備をするシャーロットにも驚きです。
 イギリスの原作をフランスが映画化、その逆もいろいろありますが、観るたびこの二つの国はスポットライトを当てるところが正反対なことが多く、イギリス版ブロンテ三姉妹をいつか製作してほしいなー観てみたいなーと思います。
投稿者:カール犬投稿日:2014-07-06 03:25:05
ヴィクトリア朝時代に生きた女性の自立という大変な困難さをふまえ、
創作への才能と独立心をもったブロンテ姉妹の抱えていたジレンマを、
彼女らの作品を投影したような陰鬱なる世界観で出せていたのではないかな。

だったら映画として面白かったのか? っていうのは全然別の話で
時代や煮詰まった家族関係や貧しさなど逃げ場もない雁字搦めっていうのが
興味深くはあったのだけれど、、、観ていて特に楽しくはなかった。
投稿者:gapper投稿日:2012-06-25 19:17:16
 アンドレ・テシネ監督、イザベル・アジャーニ、マリー=フランス・ピジェ、イザベル・ユペール主演の伝記物。

 そもそもこういった暗いイギリス舞台の作品は苦手で、追い討ちをかけるような暗い作品。
 特にフランス作品なのに暗いというのは、辛かった。
 何故フランスでイギリス人の作家の伝記を作ったのだろうか。

 想像するとテシネ監督が、アジャーニ、ピジェ、ユペールらを使った作品を作りたかったからではないかと思う。
 確かに才能を嘱望された若手女優で作り評価されれば、監督冥利につきそうだ。
 でも、フランス語を話すブロンテ姉妹では、個人的には興味はわかなかった。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:Laetitia投稿日:2005-11-14 04:25:16
ビデオで見ましたが、淡々とした語り口でよかったです。見る人によっては退屈かも。若田部さんは主演三人は狂気じみているとコメントしていますが、この映画は設定がドラマチックなので監督はあえて芝居がかったことは避けています。あえてファンだけにおすすめします。
投稿者:若田部投稿日:2004-07-14 13:42:56
すごく観たいけど3人の女優がみんな、狂った役しかできない。
きっとアジャーニがヒステリックに怒鳴りまくって
ユペールが暗くだまっているのだろう。
観終わっても絶対に爽快感はなさそうだ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールアンドレ・テシネ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ブロンテ姉妹2013/07/27\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ブロンテ姉妹2013/07/27\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ブロンテ姉妹レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION