allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋する遺伝子(2001)

SOMEONE LIKE YOU

メディア映画
上映時間97分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2001/10/13
ジャンルロマンス/コメディ
逃げた恋と いつのまにか 始まっている恋。
恋する遺伝子 [DVD]
参考価格:¥ 1,490
価格:¥ 1,258
USED価格:¥ 1,980
amazon.co.jpへ

 Photos
恋する遺伝子

【解説】
 「あなたのために」のアシュレイ・ジャッド主演のラブ・ストーリー。失恋で傷ついた心を慰めるべく独自の恋愛論を展開、実践しつつ、やがて真実の愛に目覚めるまでを明るく爽やかに描く。
 TVの人気トーク・ショーでゲストのブッキングを担当しているキャリア・ウーマンのジェーン・グドール。ある日、新任のエグゼクティヴ・プロデューサーのレイに一目ボレしてしまう。レイも恋人と倦怠期にあったことから二人の仲は急速に接近、ジェーンが待ち望んだ展開となり、みごとベッド・イン。やがて二人は同棲をすることになるが、引越しの間際になってレイから理由の不明なまま別れ話を切り出される。突然奈落に突き落とされたジェーン。半分やけでプレイ・ボーイのエディと同棲を始めてしまう。やがて、オス牛の生殖行動に関する新聞記事を目にしたジェーンは、きっと同じコトが人間にも当てはまるハズと、エディを研究対象に独自の理論を打ち立てるのだが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
20138 6.90
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-12-01 10:48:52
演出:6
演技:6
脚本:4
音響:6
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-19 11:49:58
アシュレイ・ジャッド主演のラヴ・コメ!アシュレイは私のお気に入りの女優の一人です。彼女はホント笑顔が可愛いんです。なので本作のようなラヴ・コメにはピッタリの女優だと思います。相手役を務めたヒュー・ジャックマンも『ニューヨークの恋人』に続き、本作でもスイートな役を演じています。女性なら絶対楽しめる映画。アシュレイ・ファンにとっても見逃せない作品だと思います。
投稿者:とろりん投稿日:2006-07-23 03:03:15
【ネタバレ注意】

これは男性が見ても面白くない気がする。
20代30代未婚女性にとってもおすすめだと思います☆
ヒュージャックマンとアシュレイジャッドがとってもいい感じです。
2人の会話がすごく面白い。女性に真剣になることを恐れるエディ(ヒュー)と
振られた原因をとことん男の遺伝子論に持っていこうとすることで自分を慰めるジェーン(アシュレイ)。そんな複雑な男女の心をとてもよく描いている。
「恋する遺伝子」より原題の「someone like you」そのままの方がこの映画のタイトルとしてよく伝わると思います。ちなみに最期のシーンに流れる曲も「someone like you」確かセリフのなかにもこの言葉が!誰が言うかがポイント!意外とさらっと言ってます。
とっても素敵な映画です!!
あまり男性にはおすすめしませんが。

アシュレイ・・ほんと素敵です。

投稿者:Sekino☆そら投稿日:2005-08-20 01:05:04
【ネタバレ注意】

「女性は恋に生きる」こんな代名詞が似合うシネマでした。
男性が女性の心理を知りたがるように、女性もまた男性の心理を知りたがるものです。
そして、女性はその心理を男性によく知ってほしいという願望が男性より強いものです。
しかし、そう思っているのは男性の心理かもしれません。


「恋に生きる女性」ならば「仕事に生きる男性」みたいに言われますけど、
「恋も仕事にも生きる女性」(同じく男性も)とくっつけられたら、カッコイイ。
どっちかみたいなのは、ちょっと淋しい気がします。http://blog.goo.ne.jp/anndarusia2000/

投稿者:黒美君彦投稿日:2005-05-16 16:06:50
【ネタバレ注意】

ありがちなラブ・コメディー、といった感想。今さら「古い雌牛理論」でもないだろう。いきなり「私が教授を騙ってあのコラムを書きました!」と登場したって、誰がすぐに信じるというのだろうか・・・放送局にしたら懲戒ものですよ、あれは(笑)。
遠くの何とかより近くの何とか。昔から恋の悩みを持ちかけているうちに、悩みを打ち明けた相手と恋に落ちる、なんてよくある話だし。筋が読める分だけ損をしている。気軽に観る分には可もなく不可もなく、といったところか。

投稿者:nehane215投稿日:2004-09-14 03:21:08
今やグラントさんだけじゃありませんねー。
ジャックマンさんにも立派な「様」の称号が与えられて
名実共にセクシー男優の仲間入りですね。

ラブコメ路線だけでは先輩ヒュー様には
かなわないかもしれませんが
負けてはいませんよ。
後輩ヒュー様はラブコメが出来て、
なおかつアクションもこなせる二刀流ですからね。
今後はサスペンスものやシリアスドラマなどにも出演して、
更にその芸域を広げた活躍に期待したいものです!

そもそも「様」の起源は誰だ?
ヨン様? セナ様? あっ!美○子様かな?

そんでもって本作の評価ですが、
キャスティングと各人の演技はいいのですが、
ストーリーが平々凡々で退屈。脚本はもっと冒険しても良かったと思う。
「新しい雄牛理論」…?の絡みも結局は薄っぺらで拍子抜けでした。
投稿者:kota投稿日:2004-05-11 15:45:19
いつも戦う女を演じているA・ジャッドの珍しいラブ・コメだがなかなか
楽しめる作品だと思う。なんと言ってもジャッドが魅力的である、特に
彼女の笑顔が良い。彼女の親友(マリサ・トメイ)との会話など非常に
面白い。親友を演じている女優さん上手な人だなと思ったらアカデミー賞の
受賞者だったとは知らなかった。最後がわざとらしく性急な展開でしらける。
A・ジャッドもこの頃が最後の輝きを放っていた頃でその後の彼女は
急速に魅力薄になり寂しい限りである。
投稿者:Mow投稿日:2004-05-11 12:00:07
 ラブコメ好きの私としてはかなり好き。これはアシュレイを好きになったきっかけの映画です。アシュレイもいいんですがなんといってもヒューのあの体つき、最高にセクシー。ヒューの映画で上半身裸シーンが多いのは分かるような気がする(笑)ジェーンとエディの絡みもっと見たかったなぁ。
投稿者:じゅんこべー投稿日:2003-06-10 12:20:00
『アリーマイラブ』や『ブリジットジョーンズの日記』が大好きな私にとって、すんごく好きな映画でした!そもそも映画好きな友達に誘われて映画館に行くぐらいの私なので、細かい事はよく分からない。多分映画が好きで沢山観てる人には分かりやすいお気楽な内容かもしれませんが、私はとっても楽しめましたよ☆27,8歳位の女の子?にとっては結構共感できるんじゃないかなと思います。アリーのビデオのCM(っていうのかな?)で観て面白そうだったからビデオ借りてみたんですが、実際CMの方が面白かったかも。。だけど結構言いたい事が分かりやすくて気楽に笑えてちょっと感動できて見た後元気が出ました。アシュレー・ジャドが可愛くて綺麗でとってもオシャレで惚れました☆☆
投稿者:いつか投稿日:2003-04-28 09:41:25
もっとニューヨークの街並でのロケを慣行してもらいたかった
ほとんどスタジオ撮りのためストーリーに広がりがなくなってる

こういうアシュレイ・ジャッドもチャーミングだけど
やはりサスペンス映画がいちばん似合うと思う

この映画は女優を変えるとイメージも変わるんだろうか
メグ・ライアン?それともサンドラ・ブロック?http://goo.gaiax.com/home/ituka140km
投稿者:桃太郎投稿日:2002-09-02 16:55:12
 個人的にはこの手の映画はあまり受け付けないようだ。ヒュージャックマンのかっこよさだけが印象に残った。アシュレイジャッドはサスペンス物ばかり見ていたのでなんか違和感があった。グレッグキニアは相変わらずの二枚目役、いかにもというキャストでいかにもという映画だった。
投稿者:よっし投稿日:2002-07-30 18:28:51
ヒュー目当てで見ましたけど、なかなか面白かったと思います。こういう話にはお決まりのあまりにも出来すぎている点もあることにはありますが、それには目をつぶりましょう!!
しかし、ヒューが上半身裸でミミズみたいな何かをアシュレイに与えるシーン(ビデオジャケットにも写真があります)。カットが変わったら、左手から右手に変わってる!!まだ見てない人はその辺も気にしてご覧になって下さい。
投稿者:JJ投稿日:2002-07-16 13:33:10
【ネタバレ注意】

ニューヨーク版「ブリジッドジョーンズの日記」といった感じのラブコメで
子供っぽくもなく、現実味もあって、お国が変わっても、
どこともに男女の恋愛に悩む姿って変わらないんだなと思いました。
アシュレー・ジャドは、とってもとってもチャーミング。
もともと個人的に、アシュレー・ジャドとヒュー・ジャックマンが大好きって
のもあるのだが、このコンビは、ほんとうに微笑ましくて、可愛くて
ため息が出るほどお似合いだった。

ただ、ストーリー的には、最後がちょっと駆け足で、
あまりにもご都合主義的だったのが残念。
ちょっと心境の変化が唐突すぎる気がしました。
それでも、全体的には、十分楽しめました。
邦題よりもオリジナルのタイトルの方がストーリーに忠実な気がします。

投稿者:ゆき投稿日:2002-05-04 14:12:59
 あー面白かった!ラストはちょっと甘めになっちゃったけど、それまでの過程が面白かったから見終わったときも「まあ許そう」と思えました。途中で別れた彼が彼女に差し入れをする所で、彼女が思いっきりゴミ箱に投げ入れるシーンがもうおっかしくって爆笑しました。いくら食べ物といえども、「こんな男からの物なんて食べられるか!」と言う感じでいいですね〜。彼女の「雌牛・雄牛論」は極端な例だと思いますが、失恋してメソメソしたり「私なんて」と悲観的になっている女よりはずっといい!少なくともエレン・バーキンが演じてた鼻つまみ者の女よりは好感がもてていい!女友達とアシュレイの会話は聞いていて「本当の友達じゃないとこんなことは言えないよな」と思いました。もつべきものは辛口の女友達。
投稿者:敦煌投稿日:2001-11-11 00:20:40
 笑えるし、暖かいし、おしゃれだし、デート映画に最適だと
思えるのに、なぜ単館に近い公開なんでしょう。といっても料
金割引の金曜初回にガラガラでは致し方のないところか。キャ
ストが地味だからでしょうかねえ? 私はシャーリーズ・セロ
ンよりアシュレーの方が(この2人、似てますよね? ついで
に唇の薄いアンジェリーナ・ジョリーも)好きなのですが。
 彼女のチアガール・シーン、良かったですよね? あのシー
ンの「衣装」が、と言うべきかな。暗い部屋に明かりがついた
時の、思わず口笛を吹きたくなるような驚きを、未見の皆さん
にも味わってほしいので、詳しくは言いませんが。

「男は雄牛。常に新しい雌牛を追い求める」という命題をめぐ
ってラブコメが展開します。ラブコメですから、当然、最後に
この命題は否定されるわけですが、ヒロインがその結論を選る
に至った1つのエピソードがちょっと感動的だったなあ。
 流産した姉夫婦を見舞ったヒロインに、姉の夫が言うんです
よ。「見てくれよ。僕の妻は世界一美しいだろう?」流産した
女性がどれほど傷ついているかは、男性の私にも想像に難くな
いのですが、実際、自分がその立場に居合わせたら、どんな言
葉をかけたらいいものか想像もつかないですよね。でも、彼の
言葉は善後策として最良のものだったのではないでしょうか。
見習いたいものです。このシーンで義兄を演じた無名の俳優さ
んは、グレッグ・キニアより、ヒュー・ジャックマンよりカッ
コよく見えました。

 しかし、あのラスト、あれでいいんでございましょうかねえ?
確かに「男は雄牛」ではないけど、「雄牛みたいな男」というの
はいるわけで。エディも絶対すぐに浮気を始めますよ。その意味
では「ブリジット・ジョーンズ」でヒューを振ったレニーの行動
の方に、私は見識を感じますね。
投稿者:りこ投稿日:2001-08-29 00:16:08
想像していた通りの展開が寸分違わず目の前で繰り広げられるのって、苦痛。
ぶっちぎり、突っ走りの主人公に、私が男だったら、ひいているでしょう。
いくら可愛くても、やっぱこわい。
珍しくエレン・バーキンに魅力を感じられない作品。
キャストは、結構いいのになぁ。
【レンタル】
 【DVD】恋する遺伝子レンタル有り
 【VIDEO】恋する遺伝子レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION