allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

モンキー・ビジネス<未>(1952)

MONKEY BUSINESS

メディア映画
上映時間97分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルコメディ
モンキー・ビジネス [DVD]
参考価格:¥ 1,533
USED価格:¥ 1,608
amazon.co.jpへ

【解説】
 若返りの薬をめぐって繰り広げられるベン・ヘクト、チャールズ・レデラーの「ヒズ・ガール・フライデー」コンビとI・A・L・ダイアモンドの脚本によるコメディ。グラントとロジャースの若返り演技がとにかく笑える。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ヒズ・ガール・フライデー(1940)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
648 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2013-04-05 00:24:43
 昔見た時は、ホークスの喜劇としてはシチュエーションに頼りすぎていてやや落ちるかと思ったのだが見返してみると何の何のメチャクチャ面白くて格好いい。ケイリー・グラントもジンジャー・ロジャースも現実離れした過剰な演技を要求されているにもかかわらず、ドアのカットにオフで「Not yet Cary」と2回入る冒頭からラストに至るまで実にスマートな語り口だ。誰もが猿の演技に目を瞠ることと思うがモンローやチャールズ・コバーンら脇役の絡ませ方も見事。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449
投稿者:uptail投稿日:2012-12-25 09:59:15
演出:8
演技:8
脚本:8
音響:7
投稿者:noir fleak投稿日:2011-05-29 13:19:54
なぜブラックジョークか。それは、若返りのインチキ薬という設定にしてあるが、この映画はドラッグの効用を描いているからだ。当時すでにアメリカはドラッグ天国だったが、映画界は絶対にそれを正面からは取りあげられない。あまりにも大衆への影響が大きいからだろう。だからこのような喜劇にしたのにちがいない。マリファナが学生やヒッピーにも浸透した60年代を予感させるような映画になった。
ジンジャーロジャースが特にいい。子供の頃からボードビルで活躍していただけあって、彼女の運動神経は抜群だ。額にに水入りコップの載せ、あおむけになり、また起き上がって電話を取る! 10年目のThe Major & The Minor でも12歳に扮してタップダンスを踊るシーンがあった。本作では、若返って50年代のLindy hopを踊る。アメリカの観客は、いつになってもロジャースの踊りが見たかったのだなーと思わせる。グラントもそしてチンパンジーもすばらしい熱演だ。 モンローは、まだこの頃は小太りの健康そうな少女だった!
投稿者:gapper投稿日:2010-08-10 23:02:55
 ハワード・ホークス&ケイリー・グラントのコメディ。
 「赤ちゃん教育(1938)」など、コメディで何度か組んでいる二人なので手馴れたものだ。

 踊らないジンジャー・ロジャースは、あまり好きではないが悪いわけではない。(まったく踊っていないわけではない)
 スクリューボール・コメディではないが、薬による行動や夫婦でも新婚を思い出しての痴話喧嘩など感じは似ている。

 脇役だが、モンローも上手く絡んでいる。
 笑ったのが、最初の頃オクスリー社長(チャールズ・コバーン)とバーナビー(ケイリー・グラント)が若返りの薬の話の後出て行くローレール(マリリン・モンロー)のお尻を二人でじっと見ながら黙って見送るところ。
 この前に、大きな胸を強調しながらすらりとした足をストッキングの話をしながら見せているのも利いている。
 男には、モンローが若返りの薬だ。

 まあ何にせよ、気軽に楽しめる一品。

【題名の考察】
 モンキー・ビジネスというサルを商品として扱う商売か、サルでも出来る商売かと勘違いする題名だが実際は新薬を開発している。
 ビジネスには、事件や厄介ごとという意味もあるようで日本語だと”サルの仕業”という意味だろう。
 ただ、作品を見ないとその意味が分からずネタバレの題名ではないと言うのが上手い。
 予告編を見ると分かってしまうが。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-04-12 12:01:58
【ネタバレ注意】

ジンジャー・ロジャースが、怪しい薬品を飲んだ結果、精神年齢10歳になってバカをやるのが楽しい。
…ってか、ケイリーは通常状態でも(研究で頭が一杯故に)マトモとは言い難いのだが、奥さんはしっかり者…大人な夫婦の姿を見てるだけにこのギャップは凄まじい。まぁあの悪戯っ娘な「地」があるから、あの奥さんの行動は魅力的なのかもですね。大人は本当に大事なものを守る為にしてはいけない事が何かを知ってる。
そんな「分別のない人間」になる=若返ることを、とかく人とは望みたがるもの〜勿論、特典(老眼やら四十肩が治って元気ハツラツとか)は付いてくる訳だが…

ケイリーがまだクレジットなのに登場して窘められるオープニング。
いやドタバタはドタバタなコメディなんだが、人間の深層心理の発現(そこに奥さんの母に気に入られてるホークの存在がある)って意味では結構深いです。

まぁ赤ちゃんを旦那と間違えたり、ラストで大騒ぎするのはお約束(面白いけど…)だが、それよりはホテルのエピソードとか、モンローに食ってかかるジンジャーが良いですね。彼女の演技が兎に角素晴らしい。

モンローは皆さんが言うように脇役なんだが、ジャケットに写真がデンと使われているのが変(まだ魔力が通用するのか?…いきなりの脚線美に、あのケツのラインはとんでもないが…)。

疾走して事故る車…熱にうかされたような夢の世界が展開するキレのある一品。(Oxly = お薬〜Chemecal corporationではないと思うけど…)

投稿者:paris1895投稿日:2008-04-20 06:51:56
例えば、である。
野球でホームランを打てば、それは誰が見てもホームランであるのは明白だ。
サッカーで、ゴールインすれば、誰が見てもゴールインだろう。

では、何故俗にいう芸術の分野だけが、明瞭なホームランやゴールインをしているのに、鈍感な観客や批評家によって、フライや的外れなシュート扱いされてしまうのか。

断言しよう。
最低のホークスでも、最良のジョン・ヒューストンよりも、面白い。
最低のスタージェスでも、最良のワイルダーよりも、面白い。

例えば、この映画のモンローの扱い方ひとつとってみても、同じ戦前から映画を撮っているワイルダーのモンローの扱い方の鈍感さと比べた時に、どうみてもホークスはホームランを打っているのに、世間は鈍感にも、ワイルダーのモンローを記憶にとどめてしまうのだから、盲目的に映画を見ているとしか思えない。

 黒美さんが仰っているように、この映画ではチンパンジーと赤児が素晴らしい演技をしているのだが、思えば、ホークスは「赤ちゃん教育」がそれを立証しているが、演技を意図的にしないものを見事にフレームにおさめてしまう達人でもあるのだから、やはりホークスの映画的呼吸の確かさに、閉口するしかない点でも、この映画はホームランだ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-09-19 12:23:14
Monkey Businessとはプログレッシブ英和中辞典によると「いんちき」「 ごまかし」「いたずら」という意味があるそうだ。チンパンジーが出てくるから、というだけの意味ではなく、言葉遊びだったわけ。
それはともかく、ハワード・ホークス監督にケーリー・グラント、ジンジャー・ロジャース、まだブレイクする前の(ジンジャー・ロジャース曰く「ピンナップ・ガール」)のマリリン・モンローらによる徹底したドタバタ・コメディーなのだ。辟易するくらいの台詞の応酬に、若返り薬によるバカバカしいほどの騒動。よくもまあこんな作品を作り上げたものだと呆れてしまうくらい(苦笑)。
その中でチンパンジーと赤ん坊の演技は見事(笑)。主役に匹敵する強い印象を与える。クレジットに名前がないのが納得できないくらい。何も考えずに楽しめばそれでいい作品。マリリン・モンローは端役だが、そのボディーは確かに眩しいくらいだ。
投稿者:Ikeda投稿日:2006-08-28 11:42:08
ハワード・ホークスとケイリー・グラントが組んだ映画では「赤ちゃん教育」があるので題名から見て同じ様な作品かと思っていましたが、ずっとコミカル的な作品で、ホークスも随分変わったなと思いました。
若返りの薬を飲んだケイリー・グラントが赤ちゃんになってしまったと、ジンジャー・ロジャースが本気で信じてしまうという、馬鹿馬鹿しい話ですが、その積もりで見れば楽しい映画です。マリリン・モンローも出演していますが、大した役ではありません。それよりも薬を調合するチンパンジーが名演です。
それにしても、製薬会社社長チャールズ・コバーンの名前が「オクスリー」だというのが日本人としては笑えます。
投稿者:知立方面投稿日:2006-08-01 15:35:19
個人的には、ケイリー・グラントよりもジンジャー・ロジャースの若返りの演技が気に入った。

ケイリーが若返りの時に髪型をかえるのだが、なかなか似合っているし、若く見えたね。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-08-07 17:04:18
また観たいとは思わない。
ちょっと笑ったとこもあったけど、どこだったかすら忘れた。
【レンタル】
 【DVD】モンキー・ビジネスレンタル有り
 【VIDEO】モンキー・ビジネスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION