allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ニューヨークの恋人(2001)

KATE & LEOPOLD

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2002/06/15
ジャンルロマンス/コメディ/ファンタジー
めぐり逢うことはことは運命…過去でも、現在でも
〜1876 & 2002 マンハッタン〜
ニューヨークの恋人 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 9,000
USED価格:¥ 2,479
amazon.co.jpへ

 Photos
ニューヨークの恋人ニューヨークの恋人ニューヨークの恋人

【解説】
 奇跡の街、ニューヨークを舞台に、超現実主義者のキャリアウーマンと彼女の前に125年の時を超えて現われた英国貴族との恋の顛末を描いたファンタジックなロマンティック・コメディ。主演はラブ・コメの女王メグ・ライアン。共演は「ソードフィッシュ」のヒュー・ジャックマン。監督は「17歳のカルテ」のジェームズ・マンゴールド。
 1876年、ニューヨーク。そこは盛大な舞踏会の会場。レオポルドは本日の主役にも拘わらず浮かぬ表情。というのも、彼は今日花嫁を決めなければならないのだが、本当に愛する女性にめぐり逢っていないのだ。そんな彼は会場で怪しげな男を目にし、逃げ出したその男を追ってやって来たブルックリン・ブリッジから男とともに奈落の底へ……。そして現代のニューヨーク。広告会社で働くケイトはバリバリのキャリアウーマン。過去の苦い経験からいまや男を諦め仕事一筋。そんなケイトの前に突然、クラシックな服を着て完壁な王立英語を話す不思議な男が現われた……。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
土居裕子メグ・ライアンケイト・マッケイ
東地宏樹ヒュー・ジャックマンレオポルド
関俊彦リーヴ・シュレイバースチュアート
森川智之ブレッキン・メイヤーチャーリー
亀井芳子ナターシャ・リオンダーシー
江原正士ブラッドリー・ウィットフォードJ.J.
藤本譲フィリップ・ボスコオーティス
放送2006/02/17 日本テレビ 金曜ロードショー
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aソードフィッシュ (2001)
[002]Aシカゴ (2002)
[003]Aサハラに舞う羽根 (2002)
[004]Aマジェスティック (2001)
[005]BトリプルX (2002)
[006]B恋愛小説家 (1997)
[007]Bディナーラッシュ (2001)
[008]B戦場のピアニスト (2002)
[009]Bシービスケット (2003)
[010]Bボーン・アイデンティティー (2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
34240 7.06
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2017-01-09 04:43:53
ヒュー・ジャックマンの素敵ぶりを愛でる映画。

多忙な仕事やセクハラ上司に日々お疲れ様の女性向け癒やし映画。

気を張り働き詰めでクタクタの生活に突然夢のジェントルマンが登場。

仕事優先のキャリア志向と見せかけておいて本当に欲しいものは、
ハンサムな男だ。大事にされることだ。やっぱ愛だ。 って、、、
正直でいいじゃん(棒)

たまにはロマンティックなお伽話など観て和みたい観客層が確実にいる以上、
そんな役割り(役柄じゃないよ)を理解して魅力を出してくる
当時のセクシー癸 ヒュー・ジャックマンに勝てる男もいないだろう。

アラフォーで元祖アヒル口を繰り出してくるメグ・ライアンに
まだそれやる?心臓強いわ〜などと突っ込みながら、
ヒュー様素敵よっ。 と、自分に謎の鼓舞をしながら観終えたんだけど、

不思議な疲れ方をした。。。 

こういう映画は素直に楽しんだ者勝ち。 ということ。
投稿者:scissors投稿日:2013-10-23 15:30:07
雑な映画だ。
ヒュー・ジャックマンははまってたけど。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 00:49:40
メグ・ライアン&ヒュー・ジャックマン
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-27 06:59:55
 原題は「ケイトとレオポルド」というタイトルで、メグ・ライアン扮するバリバリのキャリア志向の女性“ケイト”が、タイムスリップしてきちゃった“レオポルド”公爵と珍妙な成り行きから恋に落ちるというお話。確かに分かりやすい筋書きではあるんですけれど、“定番”こそ真理って感じで、かなりイケますhttp://mototencho.web.fc2.com/2008/decepti.html#kate&leop
投稿者:uptail投稿日:2010-01-28 14:12:43
演出:9
演技:9
脚本:9
音響:8
投稿者:gapper投稿日:2010-01-15 22:22:47
【ネタバレ注意】

 最初と最後が同じ場面で、全編がカットバックのような構成だが、そうではないという変り種。

 この時期ありがちな恋愛物で、やはり女性向。
 イケメンにキャリアガール。
 そして、イケメンはそのキャリアを捨ててもいいという存在になる。
 ダメな弟に、ダメな恋人、セクハラ上司。
 主人公のケイトはスリムで美人。
 今の世には居ないので、過去からの参上。
 ありえない、ありえない、でも居てほしい。
 映画ならではの夢でした。

投稿者:william投稿日:2009-12-29 20:04:04
ストーリーはあってないようなモノ。メグ・ライアンのキュートさが無かったら、どうでもいいような作品かな〜。
投稿者:terramycin投稿日:2008-12-13 19:33:52
逆バックトゥーザフューチャー?というのが第一の感想だった。

また、「星の王子様ニューヨークへ行く」を思い出した。

話の流れ的にはレオとケイトが恋仲になるというストーリーでよいのだが、
レオが何故ケイトを好きになったのかの話がないので物語に深みが減り、感情移入させるのに弱い印象を受けてしまった。

投稿者:kath投稿日:2008-04-20 02:53:02
ストーリーがいい。メグライアン演じるキャリアウーマン。何事にも帰られない高価なものが目の前いあるのに、今までの自分が作り上げてきた価値観に縛られ、葛藤しているあたり、いい演技。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-03 22:07:07
メグ・ライアンがまたもやラヴ・コメで輝きまくっている映画です!無理のあるストーリーだけどメグの力によってとてもハートフルで夢のあるラヴ・ストーリーに仕上がっています。今回の相手役はヒュー・ジャックマン。私的にこの時のヒューが一番好きです!そしてメグの弟役には『ガーフィールド』などのブレッキン・メイヤーが扮しているし、メグの元彼にはリーヴ・シュレイバーが扮しているので脇の俳優のコミカルで楽しい役も見所の一つ!そしてメグのファッションもチェック!自然で可愛いメグの着こなしは最高にシックでキュート!見れば絶対温かい気持ちになれる映画です!
投稿者:とろりん投稿日:2006-08-02 02:29:37
大好きな映画です。スティングの"until"がいい!
この映画にぴったりの曲です。はまりました。
恋する遺伝子のエディとはホントに同一人物??
と思わせる位の演技力。さすがヒュー。
見終わった後、心があったかくなる映画です。

いい映画でしたよ♪
投稿者:あっきー投稿日:2006-03-16 22:33:45
メグ・ライアンとヒュー・ジャックマンの相性の良さでしょうか?
観ていてすごく和む作品でした。
笑いあり感動ありの良策でした!

 ↓ みんなの「映画レビュー」始めました!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:マーサ19投稿日:2006-02-18 15:47:27
【ネタバレ注意】

終わりよければ全てよしって所でしょう。
ヒュージャックマンは、とても良かったです。
気品があって、ピッタリうまくやってましたね。
メグライアンは、いつもの感じです(好きな方ごめんなさい)。
だからこのタイプを公爵が好きになるっていうのが、理解出来なかったけど・・
TVで見たせいか、吹き替えの声が合ってなかったのもあるかも知れませんね。
もう少し声優だけでも知性の感じが出てれば。
ヒューと、弟役と、友達(スティーブ)がうまかったので、見れました。

投稿者:MyLoad投稿日:2006-02-18 08:40:17
メグのああゆうキンキンしゃべる女って苦手。ストーリーもだから何系。ちょっと凝らせば結構良くなるとは思うが、、、。
投稿者:oohlala投稿日:2005-02-28 12:39:34
N・メイヤーの「タイム・アフター・タイム」とほぼ同じ設定ですな。あちらの方がサスペンスも盛り込まれていてもっとおもろかった。但し、主人公二人は本作の方が華がありますね。でもこの作品も嫌いでは全然ないです。
投稿者:nehane215投稿日:2004-09-23 08:08:38
開票率007% ヒュー・ジャックマン 35歳 新人 
6代目ジェームズ・ボンド役にダントツで当選確実です!!

ミュータントに始まりコンピューター・ハッカー、
プレイボーイにモンスター・ハンター、
そして本作品の英国紳士ぶりが決め手ですかね。
なんでもござれのオールラウンダー、ヒュー様は
(ミスター・キス・キス・バン・バン)ジェームズ・ボンドも絶対にハマる!イケます!
他の候補者では、ラブ・シーンもアクション・シーンも
ヒュー様のようにセンス良く無難にこなせる人はいないでしょう。
唯一のウイークポイントがあるとすれば
出身がオーストラリアということでしょうか? 
ジョージ・レーゼンビーの二の舞は避けたいところです。

(けれどピアース・ブロスナン、引退するとかしないとか二転三転?ハッキリしろ!)

あ、そうそう本作の評価は、まあまあでした。
でも、ヒュー様はいいよぉ〜ん♪
投稿者:マチ投稿日:2004-08-15 13:16:42
X−MENでヒューの魅力にはまり、「ソードフィッシュ」や「恋する遺伝子」等を見終わった後にこの作品を観ました。ヒュー出演作の中でこれが一番好きです☆

ストーリーはなんかちょっとややこしいけど新しい感じで面白いし、最後の終わり方がまたいいんです(^▽^)心温まりました。
最初の方で、ヒューが見たこともない景色や機械に驚いたり戸惑ったりするそぶりが可愛かった…。
あんな風に紳士でロマンチストな事をサラリとされたら、いくら元恋人に悲しい思いをされてなくても涙がチョチョぎれです!!私もああされてみたい☆
観て損なし、得有りの良い作品です。
投稿者:民生1973投稿日:2004-06-02 03:33:56
【ネタバレ注意】

たいした期待を抱かずに見始めたのがよかったのかも知れないが、良い作品に当たった、と思えた。楽しめた。
 タイムスリップしてきた貴族を演じたヒュー・ジャックマンもいいが、何よりもメグ・ライアンが最高だ。超・キュート! 微妙な表情の変化など、芝居も本当に巧い。この女優が長きに渡ってハリウッドの第一線で活躍する理由がよくわかる作品。無論、メグの魅力を最大限に引き出した脚本家および監督の腕もなかなかのものである。

投稿者:PrcoRosso投稿日:2003-11-09 20:18:44
つまらなくも面白くもなかった。でも昔のニューヨークにはあんなに紳士的な男性がいなたんて素敵だな〜とは思った。
投稿者:CC投稿日:2003-05-19 23:56:01
B.メイヤーのかわいい片思いも、L.シュレイバーの太い二の腕も見所だけど、
やっぱり一番の見所は、H.ジャックマン!
彼は、貴族役が断然似合う。って言うか、誰だ?彼にミュータントやらせた奴は?
ラストシーンの彼のはじける笑顔がかわいくって、かわいくって・・・。

えっ?この映画の主人公はM.ライアンだって?へぇ、そうだっけ??
投稿者:ともたん★投稿日:2003-05-14 13:52:58
【ネタバレ注意】

おもしろかった。
映画を見る前にここのサイトを見ていたから、どんなにつまらないのかと思ったけど私には全然大丈夫。
でも現代のNYに育った人が19世紀でやっていけるのかなぁ。
ものすごく不便だろう◆
私的にはチャーリーが一番気になる存在だった。

投稿者:茶飲みばばあ投稿日:2003-04-09 20:02:48
見てて、退屈やった…
でも、メグはカワイイなあ〜
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-23 06:37:27
別につまらないとは思わなかった。期待してなかったし。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2003-02-23 23:30:46
【ネタバレ注意】

テーマが時代を超えたロマンス作品ということで、恋愛映画の最高傑作である「ある日どこかで」と同じテーマを扱っているとして興味深く鑑賞した。しかし、「ある日どこかで」とは比べるに値しない作品だった。決して悪い作品ではないが、メグ・ライアンのロマンス作品としては記憶に残らない通りすがりの一服の清涼剤的な作品となってしまったきらいがある。最大の欠点はシリアスでなくコミカル・タッチで仕上げてしまったこと。そしてシンデレラのように女の子が恋いこがれる馬に乗った王子様が出現する憧れ愛であって、どうしても会いたい会わなければいけないという情熱愛でなく、弟や元彼のお膳立てによって結ばれるようなエンディングで感動を誘うところまではいかなかった点にある。
この映画をご覧になる方あるいはご覧になった方は、1980年製作のアメリカ映画「ある日どこかで」をご覧になることをお薦めします。

20030201_Video鑑賞_60点

投稿者:まー投稿日:2003-02-13 01:05:35
メグのラブコメも脚本次第でおもしろいのからつまらないのからいろいろあるけど、これは退屈せずに見れたので面白かったと思います。
結構むちゃなストーリーもご愛敬で楽しめたかな。
ヒュー・ジャックマン、かっこかわいいですね。彼のおかげで、嫌みのないラブコメになったかなと思います。
個人的には犬の表情がおとぼけでなかなか好きです。
投稿者:michan0829投稿日:2002-11-18 00:16:42
メグライアンが好きじゃなく、ホモじゃないのでヒュージャックマンにも何ら魅力を感じてない自分にとってこの映画が面白いわけないという事に観る前に気づくべきでした。
主人公二人に感情移入できないので、アラばかり気になってイライラしてしまった。でもMライアンファンなら楽しめるかもね。
ただで観たからまだよかったけど。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-10-31 00:00:04
内容は突っ込みどころも多いし、ケイトとレオポルドの心の動きの描き方など不満もある。しかし、明るく楽しくはしゃぎ過ぎないラブコメディに仕上がっているところは、十分に評価できる。
それにしても、あのじゃじゃ馬タイプのケイトが19世紀でうまくやっていけるのか、人事ながら心配。
投稿者:JJ投稿日:2002-07-16 13:45:16
【ネタバレ注意】

この映画は、ミーハーに徹して観るべき映画。
とにかく、お貴族様のヒュー・ジャックマンが超〜カッコイイ!
まるでヒュー・ジャックマンのプロモーションビデオ&独壇場。
ここまでカッコイイ&オトコマエだと反則!
映画としてはB級スレスレ(いや、B級なのか?)、
矛盾点もツッコミだしたらキリがないのだが、
気楽なラブコメディとしては十分楽しめたし、
何よりスゥイートな気分にさせてもらえたので大満足です。

投稿者:桃太郎投稿日:2002-06-29 13:32:07
 メグ・ライアンのラブコメ路線の映画ははっきり言ってあまり好きではないのだが、なんとなく時間があって映画館に入ってみたのだがこれが思いのほか面白かった。
 この映画、なんと言ってもよかったのはヒュー・ジャックマンあのウルヴァリンと同じ人とは思えないほど品のいい二枚目、その二枚目ぶりが妙におかしい。道化役のリーヴ・シュレイバーがこれまたおかしい、最初から最後までくすくす笑わされて楽しかった。ラストは一気に展開するがその辺も普通のラブコメにはないようなのりで個人的には楽しかったです。あと、エンドロールで流れるスティングの歌声はいつまでも余韻を残しいい気分で映画館を出てこれた。
投稿者:桃子投稿日:2002-06-21 09:27:53
ヒュー・ジャックマンのノーブルな魅力につきる映画です。
ミュータントもプレイボーイもコンピューターハッカーもみんな良かったですが、貴公子姿にあらためて惚れ直してしまいました。
メグ・ライアンのヘアスタイルもキュートで良かったです☆
そしてなんと言ってもスティングの歌う「Until」が最高です!http://rosepink.milkcafe.to/ymr/movie/cinematop.html
投稿者:ケークン投稿日:2002-06-20 14:15:42
ユーモア溢れたラブ・ストーリーで、いかにもメグ・ライアンらしい作品である。
メグ・ライアンの意向か、監督の意向か解らないが、オードリー・ヘップバーンを全面に意識した作品になっている。「昼下がりの情事」を彷彿とさせる部分や、「ティファニーで朝食を」を意識している部分など、至る所にオードリー・ヘップバーンの影が見え隠れする。メグ・ライアンが、ポスト・オードリーに名乗りを上げた作品ということなのだろうか。
作品は、まさにオードリーのコミカルな路線を引き継いで、軽い乗りのラブ・ストーリーで、日本人でも原語で理解出来るギャグがあちこちに出てきて楽しい。タイム・トラベルを舞台として設定しているが、本質はコメディ・タッチの中で「愛」を歌い上げることにある。オードリーの諸作品の延長線上にある作品と言える物で、出来もいい。エンターテイメントとしてのラブ・ストーリーの王道のような作品で、誰が見ても楽しめる作品として価値のある秀作である。
投稿者:映子投稿日:2002-06-19 16:40:05
【ネタバレ注意】

この映画はヒュー・ジャックマンにつきます。メグ・ライアンの代わりは他にも見つかりそうだけど、ヒューはまさにドンピシャ。めちゃくちゃ素敵です。
特に白馬に乗ってひったくりを追いかけるシーン。まさに映画の醍醐味。
でもラストはちょっと不満。無理にハッピー・エンドにしなくても良かったかなと思うし、彼が現代にすみつく方が良かったのではないでしょうか?
タイムマシンの方法もいまいちわかりづらかった。わからなくていいとは思うんだけど。簡単に過去に戻れるような感じが、イマイチ。

投稿者:PEKO投稿日:2002-06-12 01:26:17
ヒュー・ジャックマン様がもー素敵すぎ!普通の人がやったらただの滑稽な人で終わってしまいそうな役だけど、ヒュー様がやると本当に優しくて上品なお方って感じになってるのよ。もーメロメロ。
笑顔がキュートなのよ、これがまた。
メグ・ライアンもコメディエンヌの本領発揮で、年をとってもやっぱりかわいいのよね。私はジュリア・ロバーツよりも断然メグ・ライアンの方が好きです。
でもラストは展開が早すぎてラブコメってゆう感じが出過ぎててがっかり、もう少し丁寧に余韻を残すような感じで決めて欲しかった。
2002.6.11観賞 6点
投稿者:ごんじ投稿日:2002-05-28 23:28:59
お話は悪役のいない「タイム・アフター・タイム」といったところか。
笑い所も似ていたし..。
メグ・ライアンの得意たるロマンチック・コメディの王道映画。
一連の彼女の同ジャンルの映画ファンの方であれば、
期待どうりの面白さではないかと。

本当は演技派嗜好なのか、たまに無理してるのがミエミエの演技でシリアスものに出演され、
映画はコケたり共演者に喰われてしまう我らがメグ嬢だけど、
やっぱり、この人にはこの手のコテコテのロマンチック・コメディが良く似合う。
変にキャリアアップ狙うより、手堅い路線でいける間はいって、
演技派云々だとか、本当は実力あるのよ...みたいな映画やるのは、
歳いってからでいいんではないの?と、言ってあげたいデス。
21世紀のシャーリー・マクレーンたれ。

個人的にはトム・ハンクスとの数本あるコンビ作が好きなんですが、
往年のスペンサー・トレイシーとキャサリン・ヘップバーンのようになれたかも...と思えるだけに、コンビ作が来ないのは残念。

鑑賞中に気になったのは、本作のウリの一つとも言える、
スティングの主題歌についてなんですけど、
何をそんなに急ぐのか、半数以上の人がラストシーンで画面が暗転した瞬間にドバドバッと立ち上がって「足音高らかに(怒)」出口に急ぐ姿....
劇中、オードリー・ヘップバーンの映画のサントラに耳を傾けるロマンチックな老人のシーンなんかもあり、
映画とその主題歌について、「あぁ...ステキな関係だな...」と思ったりなんかしなかったのかなぁ.....なんて。
日本人の大半は映画の歌や曲には興味無いヨウデ。


投稿者:カトウスタール投稿日:2002-02-18 14:40:18
 メグ・ライアンは男女ともにファンが多いのであれこれいいにくいが,彼女のラブコメには少なくとも私はとっくに食傷している。好きで出演作はたいてい観ているけれど,それでもやっぱり……。あたりさわりのない脚本にいかにもなタイトルをつけて二匹目三匹目四匹目のドジョウをねらった感じがありありとわかり,前半はお付き合いするのが辛かった。コスチュームプレイなのが観客のツッコミをかわすためにとって付けたようでこれまた腹立たしい(異邦人の奇妙な言動を笑いのネタにしてしまうハリウッドのお家芸もキライ。すべてのお笑いの中でも,他人をこき下ろすことで笑いを取るのは下の下だと思っている。個人的にはですが)。

 しかし,ジャックマンのアクが抜けていき,意志の疎通がなされていく中盤はなかなか好感が持てた。特に屋上でのダンスシーン,余分なBGMや効果音を一切排して,足元がジャリジャリ,ビル風がゴウゴウいうのがシンプルで珍しくて素敵。でもってこの辺りからメグに感情移入していて,ふと我に返って自分でも驚いた。さすがラブコメの女王!(笑) すうっと収束していくラストもすっきりしていて上品。

 結果として,2時間あっという間だったからたいしたものではないでしょうか。この次はいくらなんでももうキツイと思いますけど……。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞スティングUntil
□ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ヒュー・ジャックマン 
 ■ 歌曲賞スティング “Until”
□ 歌曲賞スティング “Until”
【サウンド】
『Until』(主題歌)
歌 :スティング
【レンタル】
 【DVD】ニューヨークの恋人 特別編レンタル有り
 【DVD】ニューヨークの恋人 dts ディレクターズカット・エディションレンタル有り
 【VIDEO】ニューヨークの恋人レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION