allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アナライズ・ユー(2002)

ANALYZE THAT

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2003/03/29
ジャンルコメディ/犯罪
癒すぜ、ベイビー!
アナライズ・ユー(Blu-ray Disc)
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 2,055
USED価格:¥ 800
amazon.co.jpへ

【解説】
 ロバート・デ・ニーロとビリー・クリスタルの豪華共演でヒットした、ストレス症のマフィアのボスと小心者の精神分析医が繰り広げるドタバタ・コメディ「アナライズ・ミー」の続編。今回もひょんなことからマフィアのボスの面倒をみる羽目になった精神科医が、ボスの奇行やその周りで起きる出来事に巻き込まれていく。監督・脚本は前作に引き続きハロルド・ライミス。
 刑務所に服役しているマフィアのボス、ポールは刑期終了を間近に控えていた。獄中でもボスの威厳を保っているかに見えたポールだが、最近では挙動不審なところが目立ってきている。彼は刑務所内でも命を狙われる身。そんな緊張が積み重なったためか、ミュージカルのウエスト・サイド・ストーリーの主人公になりきって突然歌いだすなど、奇異な行動が顕著になってきた。そこでかつてポールの担当医だった精神科医ベンが呼び寄せられる。診察の結果をみて、FBIは嫌がるベンを強引に説き伏せ、彼に保護観察を任せることでポールを釈放させるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
アナライズ・ミー(1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19111 5.84
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-10-26 20:58:20
【ネタバレ注意】

ってのが、デ・ニーロのセリフ前の表情と共に定番ギャグ化していて楽しい。
前作は妙にリアルでシリアスかつ大げさなマフィア物語が進行するのに何故かソレが笑えるって不思議ムービーだった訳だが、今回は…一応、監獄で殺されかけたりシリアスな状況もあるんだけど、ド頭からギャグ(ウェストサイド物語?etc.)に走ってます〜店員には絶対に向いてないデ・ニーロ…当たり前だけど。
他人の家で女性を引き込んで○△×〜響き渡る(FBIにも盗聴されてる)喘ぎ声。抗争絡みのカーチェイス(FBIは追跡車の後ろの車)。果てはマフィア・ムービーの監修スタッフと化してボコボコにした主演俳優にも熱血指導を感謝?され…じゃないか。
ギャング(本業?)としては昨今のスタイリッシュなサスペンスの趣き。
分析医も今回は父親を失くしたショックで結構ボロボロ〜それでもミッションインポッシブルなシーンでは意外な活躍を…しかし、この結果は予想しなかったね。ルパンですか…デ・ニーロは!〜いや痛快かもですね。

投稿者:なちら投稿日:2007-10-30 00:29:08
父親の喪失は前作で克服している為、セラピーはほとんど無し。
命を狙われるデ・ニーロの、仕返し大作戦です。

自分お気に入りの、父親を想って泣きが入るシーンは今回もあるんだけど、
あっさり流されてしまいました。がっかり。
笑わせようという姿勢が前作に比べて薄いんじゃないか?

でもまぁ、ラストはスカッとするし、別れのシーンもなかなか良くて無難に楽しめます。
投稿者:ジャック ウォルシュ投稿日:2006-05-05 18:50:52
前作の方が良かったな〜
ふざけすぎててパロディみたいで、良くなかった。
投稿者:anemoneruby投稿日:2005-08-14 18:09:15
【ネタバレ注意】

2作目は1作目とはちょっと違って、お互いがお互いを助けてる感じがした。ビリー・クリスタル演じる分析医も、父親を亡くして落ち込んでいるし(ファザコンだけど)、デ・ニーロ演じるギャングのボスも幼い頃父親を亡くしたことがトラウマになっていることが語られる(1作目ではどうだったっけ)。

でもなんか、おかしさの点で言えば、やっぱり1の方かな。オープニングの、デ・ニーロの「ウエスト・サイド物語」を歌うシーンはおかしかったけど、それも出所するための演技だったしね。http://www.geocities.jp/anemoneruby/

投稿者:jedi knight投稿日:2004-11-04 17:22:19
【ネタバレ注意】

 現ニューヨークヤンキースの監督、ジョー・トーレ(Joe Torre)さんが、ちらりと出演。そのマフィア顔(←おっと、失礼・・・)を覗かせています。

投稿者:さち投稿日:2004-06-18 06:08:06
まあまあ
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-05-16 01:27:42
ビリー・クリスタルが安心して突っ込めるデニーロの存在は大きい。これがもしマーロン・ブランドだったら絶対シャレにならない気がする。デニーロもすっかり御大然としてきたが、この作品では肩の力を抜いて楽しく映画作りに参加している感じ。特に本編あとのNG集は見逃せない。6
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-04-13 07:30:43
デニーロの映画で、ここ10年位の間で、初めてスカを掴まされました。劇場に足を運ぶ必要は無いでしょう。
投稿者:おうま投稿日:2003-04-04 09:08:48
前作がかなり面白かったので期待していましたが、
第2弾はコケルの定説どおり、ぜんぜんダメでした。
笑った箇所はなんとか1,2箇所であとは笑わそう
としているのはわかるけど可笑しくない。。。
というつらい状態。NYで見ましたが、アメリカ人の
観客も誰も笑ってませんでした。
デ・ニーロももう少し作品を選んで欲しいです。http://hoppingmax.com
投稿者:桃太郎投稿日:2003-04-03 22:51:46
笑えなかった。前作のほうが面白かった。今回はなんかわざとらしくってひいてしまった。英語がわかればきっと面白いのだろうと思える場面がいくつかあったが英語力の乏しい私には笑えるところはなかった。最後のNGシーンが一番面白かった。
【レンタル】
 【Blu-ray】アナライズ・ユーレンタル有り
 【DVD】アナライズ・ユーレンタル有り
 【VIDEO】アナライズ・ユーレンタル有り
 【VIDEO】アナライズ・ユー <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION