allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

さよなら、クロ(2003)

メディア映画
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(シネカノン)
初公開年月2003/07/05
ジャンルドラマ/青春/学園
〜世界一幸せな犬の物語〜

一匹の野良犬が学校にやってきた
[名前:クロ 住所:秋津高校用務員室 職業:番犬]
その日から4800人の青春と共に生きた――

涙の数だけ思い出はきらめく
さよなら、クロ~世界一幸せな犬の物語~スペシャル・エディション [DVD]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,031
USED価格:¥ 242
amazon.co.jpへ

 Photos
さよなら、クロさよなら、クロ

【クレジット】
監督:松岡錠司
製作:李鳳宇
遠谷信幸
石川富康
プロデューサー:雨宮有三郎
神成文雄
鈴木一美
協力プロデューサ
ー:
石原仁美
原作:藤岡改造
『職員会議に出た犬・クロ』(郷土出版社刊)
脚本:松岡錠司
平松恵美子
石川勝己
撮影:笠松則通
美術:小川冨美夫
編集:普嶋信一
音楽プロデュース:岩代太郎
照明:石田健司
装飾:小池直実
録音:柿澤潔
出演:妻夫木聡木村亮介
伊藤歩五十嵐雪子
新井浩文神戸孝二
金井勇太森下賢治
佐藤隆太斎藤守
近藤公園宮本伸二
三輪明日美横川町子
田辺誠一三枝辺吾
塩見三省草間敏
余貴美子結城えり
柄本明花園修造
りりィ森下照代
渡辺美佐子牧野校長
井川比佐志大河内徳次郎
【解説】
 1961年から長野県の高校に住み着いた野良犬クロの12年の生涯を、実話を基に映画化したノスタルジックな青春ドラマ。れっきとした学校の職員として信頼され親しまれたクロと延べ4800人にも及ぶ生徒、職員たちとの心暖まる交流を瑞々しく描く。監督は「バタアシ金魚」の松岡錠司。主演は「ウォーターボーイズ」の妻夫木聡。
 1960年代、長野県松本市。秋津高校3年の亮介は登校途中に一匹の黒い野良犬を見つけ、自分の弁当をその犬に分け与えてやった。その頃、亮介のクラスでは、生徒同士が学園祭の出し物に使う犬の作り物を壊してしまったことで揉めていた。そんなところへ亮介が駆けつけた時、生徒たちは彼に着いてきた黒犬の佇まいを見て閃く。果たしてこの本物の犬は作り物の代役に起用され、出し物は黒犬の活躍で盛況に終わる。これによって一躍学校の人気者となったこの犬はクロと名付けられ、校舎内に居つくようになるのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1295 7.92
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:CHANG CHANG投稿日:2006-01-17 16:46:04
 この映画、実はタダ券で観たんです。その日限りの劇場招待券を持って新宿に行ったのですが、実はいくつかの劇場で使えたのですがどれも食指が動かなかったんですね。たまたま「さよなら、クロ」が後20分ほどで終わる、というタイミングで行ったので、半ば「しょうがない」といった気分で観たのです。が、観終わってとても暖かい気持ちに包まれて「当たりだ!!」と幸せな気分になりました。何が良いかって、派手な見せ場は皆無、主人公クロだって八面六臂の大活躍、なんて訳ではない。でも、ごく普通に、普通にクロを見せた監督の姿勢を、私は高く評価します。この手の作品は、(特に日本の作家が創ると)さぁ、可哀相ですね、ほら、泣きましょう、と無理矢理泣かせようとした演出をしがちなのに、この監督はそんなこと一切せず、クロをフツーに、ごくごくフツーに観せた潔さに感動したのです。松岡監督は私よりひとつ年下のようですが、「日本にもこんな監督が居たんだ・・・・」とすっかり嬉しくなってしまいました。これからの松岡監督に望むのは、流行に左右されることなく、派手でなく心に沁みるような作品をこれからも撮って欲しい、ということです。これからも松岡監督を、応援させてください。宜敷どーぞ。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 22:07:21
すいません。こういうの苦手です。
投稿者:しげまる投稿日:2004-11-12 05:04:35
【ネタバレ注意】

 クロを演じたワンちゃんが実に可愛い。ほんまええ顔してはる。

 好きなシーンは、塩見さんがクロにさわろうとしたのかクロが慌ててすべって吠え立てるシーンと、後ろ向きながらも塩見さんがクロにさわるシーン。舞台となる高校のさまざまな人たちとのこういうエピソードを積み重ねていって欲しいところを、クロと最初に出会った高校生達の青春恋愛話とクロが手術を受けることになった時の高校生達の中途半端な友情(?)話に終始していて、クロの存在が薄く…。

 ヒロインを演じた伊藤歩ちゃんが可愛くない(;_;)。舞台挨拶の映像とか見てると綺麗な子なんやけど、なんでドリカム状態になるのか理解でけへん魅力なさ。それでもラストのブッキー(妻夫木聡)の告白シーンがジーンとくるのは彼の演技力と名曲のおかげ。そういえば、ブッキー以外の高校生役の演技が学芸会っぽくて観てるんがつろおました。
http://sigemaru.mydns.jp/cgi-bin/index.cgi

投稿者:asi投稿日:2004-10-11 17:13:49
【ネタバレ注意】

犬の名演がスゴイ…。表情も動きもまさに名犬です。伊藤さんと井川さんが光っていたかな、と思います。古き良き日本の高校生達がいたノスタルジックな時代背景もよく表現されていて、クロが暮らした亮介達の高校もとても雰囲気があって素敵でした。クライマックスの亮介が告白するシーンが大好きです。音楽のつけかたが切なくて…。雪子の表情も印象的で、本当に素敵なシーンだと思います。回り道をしたけれど幸せになった2人。その陰にはいつもそっと見守っていたクロや友人達がいてくれた…。財津和夫の名曲はそのまま亮介の雪子への眼差しと重なって、とても清々しいラストシーンを彩っています。

投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-02-29 13:53:08
もう少し犬との交流を描いたら、もっと感動できたのに残念。同じ犬の映画なら「ハチ公物語」のほうが断然上。最後のクロの葬式の場面もいまいち盛り上がりに欠ける。井川さんだけ演技が光ってた。あとはあかん。
投稿者:Longisland投稿日:2004-02-11 23:11:16
小学生?の時に読んだクロの話は子供心にも悲しく泣けた・・・ 本作に過去の想いをダブらせて期待したもののサブストーリーが平凡で意外感無しで少し残念。
投稿者:iDANBO投稿日:2003-08-08 06:45:22
この作品に登場するアクター犬はとても素晴らしい演技を見せてくれてる。

基本的にこの作品は、犬の生涯を描いた作品なんだけど、それだけじゃ物語に厚みが出せないと思ったのか、古くさい青春ドラマを付け加えている。

はっきりいってこの人間のドラマが完全に犬に負けてしまっていると思う。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第5位
【サウンド】
『青春の影』(主題歌)
作詞 :財津和夫
作曲 :財津和夫
【レンタル】
 【DVD】さよなら、クロ 世界一幸せな犬の物語レンタル有り
 【VIDEO】さよなら、クロ 世界一幸せな犬の物語レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION