allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

8月のメモワール(1995)

THE WAR

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1995/10/28
ジャンルドラマ
8月のメモワール [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,048
USED価格:¥ 956
amazon.co.jpへ

【解説】
 K・コスナー主演の、家族愛を描いたヒューマン・ドラマ。1970年8月のある日、ミシシッピー州ジュリエットの故郷にスティーヴン・シモンズは久しぶりに戻ってきた。彼は、ベトナム戦争での深い心の傷の為精神治療のリハビリを受けねばならなく、長く留守をしていたのだ。しかし、帰郷したばかりの彼の目に飛び込んできたのは、今まで住み慣れた家が強制的に取り壊される姿だった……。主人公が戦争で得た、人間が争う事の愚かしさと愛情の大切さを、自分の息子に静かではあるが力強く訴え、息子がそんな父の背中を見つめる中で彼の切なる思いを次第に理解し、やがて父の死後にその教えの真の意味を知ってゆくという感慨深い内容ながら、物語の展開がやや単調で、話に起伏が少ないのが惜しい。見終わった直後よりも、暫くたってから、深みを感じる作品である。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
753 7.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-26 17:08:46
大泣きするほどぐっとくるものはなかったが、じんわりといい映画。
イライジャ・ウッドは確かに良かったね♪
この原題を8月のメモワールにした訳者はセンスあるわ!!
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-10-01 22:46:33
【ネタバレ注意】

原題が“The War”とはまた大きく出たものですね(苦笑)。
70年代のミシシッピ州の貧困、差別、そしてベトナム戦争の影響を子供たちを軸に描いた作品。双子の姉弟として登場するリディア(レキシー・ランドール)とステュ(イライジャ・ウッド)がそれぞれ好演。特に当時13歳のイライジャ・ウッドは主役としてなかなか頑張っているのではないでしょうか。
ベトナム帰還兵であるスティーヴン(ケヴィン・コスナー)が抑制された誠実な父親を演じています。
父親はベトナムで心身にそれぞれ深い傷を負っている、という設定ですが、その父親が事故死したことも手伝って、子供たちは子供たちの世界でツリーハウスをめぐって争い、闘い始めます。次第に理性が働かなくなる中で、辛うじて暴力以外の解決法を見出すのですが、そこで思わぬ事態が起こるわけです。
正直ストーリーはほぼ読めますし、誰かが犠牲になることで子供たちは正気に戻るのだろうなと思いましたが、まさにその通りでした(苦笑)。このあたりは確かにキリスト教的な流れですね。
そんなわけで、悪くはないのですが、イライジャ・ウッドの演技以外はあまり印象に残らない気がします。何だかこじんまりとした印象の作品です。

投稿者:MARK投稿日:2005-02-21 00:02:16
反戦を回避して子供たちを納得させようとするキリスト愛の映画ですね。いやぁ、USA礼賛の実にうまく作った子供向けプロパガンダ映画です。
投稿者:brue penguin投稿日:2004-12-29 11:08:44
42年生きてきて"告発"を上回る最高の映画だった!私の家族は海外在住なので
メールですぐ見るよう言った。まさに理想の家族・兄弟!!!
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-10-24 20:56:05
見終わった後に爽快な気分にしてくれる、心温まる映画でした。
特に、ケヴィン・コスナーの父親役はとてもよかったです。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-10-14 20:04:29
父親の家族に対しての愛が伝わってきて、観終わってしみじみきました。コスナーファンではないのだけどこれのコスナーはすごく良かった。
イライジャ君もこの頃はあどけないけど、大きく成長したなぁなんて思ってまたしみじみ・・。
投稿者:jyunn投稿日:2004-04-20 15:50:44
【ネタバレ注意】

テレビでやっていたので何となくみたのですが、どんどん引き込まれていきました。秘密基地を作ると言う、とても懐かしい子供たちの遊びがうらやましくて、また、やはり幼いころにはこういった遊びが必要なのではないかなと思いました。ケビン・コスナー演じる父親役もとても素敵でした。どんどん成長していくイライジャ・ウッド、そのお姉さん役の子、見ていてとてもほほえましい映画でした。

投稿者:まほろば投稿日:2000-07-24 22:41:35
優しくなる為に強くなくては…。強くなる為に愛がなくては…。
み終わって私・・
いい年して「ツリー・ハウス」を作ってみたくなった。
それにしても、E・ウッドよ!
エンド・クレジットでK・コスナーより先に名前が出てくるとは・・。
『ラジオフライヤー』をみたばっかの私は、まるで親の気持ち…
成長したなぁ。今はもっと大人になってるケドね。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/2873/
【レンタル】
 【DVD】8月のメモワールレンタル有り
 【VIDEO】8月のメモワールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION