allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トイ・ストーリー(1995)

TOY STORY

メディア映画 Anime
上映時間81分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナ)
初公開年月1996/03/23
ジャンルアドベンチャー/ファミリー/コメディ
トイ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,320
価格:¥ 3,191
USED価格:¥ 1,700
amazon.co.jpへ

【解説】
 いずれは出現すると思われていた全編フルCGの長編アニメは、やはりディズニーからやって来た。CG工房として有名なピクサー社が、ディズニーのバックアップを受けて、オモチャを主人公に勇気と友情と笑いと感動の小品を作り上げたのだ。
 カウボーイ人形のウッディ(声:T・ハンクス)はアンディ少年の大のお気に入り。だがそれも誕生日プレゼントでアクション人形バズ・ライトイヤー(声:T・アレン)を手にするまでの事だった。NO.1の座を奪われたウッディは何とかバズをこらしめようとするが、バズはバズで自分が本物のスペース・レンジャーだと思い込んでいる有り様。そんな二人がふとしたいざこざから外の世界に飛び出してしまう。なんとか我が家へ帰還しようとする二人だが、なんとアンディの隣に住む悪ガキのシドに捕まってしまった……。
 ひょんな事で子供部屋から飛び出した二人のオモチャの奮闘が実に愉快に描かれているが、自分がオモチャだという事に気づき愕然とするバズや、シドの部屋に住むいびつな人形たち(まるでフリークス)など、子供向けとは割り切れない描写が多々あり、大人でも、いや大人だからこそ存分に楽しめる作品と言っていいだろう。フルCGアニメという技巧に溺れることなくしっかりとシナリオが練られているのが何より良い。もちろん、その技巧の部分も実に驚異的で、特に屋外の雰囲気など実写と見紛うようなクォリティだ。何度でも見たくなるような作品というのが、この映画の最大の褒め言葉のような気がする。尚、劇場にもかかった日本語吹替版ではウッディを唐沢寿明、バズを所ジョージがアフレコしており、想像以上に良い効果をあげている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
トイ・ストーリー(1995)第1作
トイ・ストーリー2(1999)第2作
トイ・ストーリー3(2010)第3作
トイ・ストーリー 3D(1995)第1作(3Dバージョン)
トイ・ストーリー2 3D(1999)第2作(3Dバージョン)
ハワイアン・バケーション(2011)スピンオフ短編
レックスはお風呂の王様(2012)スピンオフ短編
トイ・ストーリー・オブ・テラー!(2013)TV短編
ニセものバズがやって来た(2011)スピンオフ短編
トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド(2014)TV短編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1080 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-16 11:09:16
全編CGアニメ、公開当時はすげえと思った。
おもちゃたちの心の機微も描かれていて、内容も素晴らしい。
投稿者:jb投稿日:2012-08-29 19:54:43
十分楽しめた。
投稿者:陸将投稿日:2012-07-20 19:05:10
「行って帰ってくる」という基本的な物語の大枠の中で、人形たちが動きまわる。
作り手たちもおもちゃの世界に寄り添っているからこそ、実際は小さな範囲の物語でも、そこには圧倒的なスリルが生まれる。
スパイもの、冒険活劇もの、ホラーもの、そしてチームものといったジャンルの面白さが凝縮されている。
個人的にはUFOキャッチャーを「教祖」と崇めているおもちゃたちの場面が1番好きだ。
それでいて「おもちゃ」としての自覚や存在意義を、決して湿っぽくならずに描き切るところも流石。
おもちゃ全部が主役になれるわけではない。
だが、それでも各々が自分の持ち場の中で、子供に精一杯の愛情と献身を捧げようとする姿が微笑ましい。
だからこそ、ウッディとバズ以外のあらゆるおもちゃに魂が宿っている。
どのおもちゃにも一定のファンがいる現状を見れば、それは明らかな事実だと思う。
CGというテクノロジーを使って、おもちゃに生命感を吹き込んだ功績はやはり偉大。
強いて気になる点を挙げれば、シドに対するおもちゃたちの仕打ち。
「おもちゃは人間に見られている時は自分から動いてはいけない」というルールを破ってまで彼に教育を施すのは、ギリギリアウトのような気がする。
それによっておもちゃたちに危害を加えない、あるいは結果的にシドのおかげでウッディとバズはアンディのもとへ帰還することができたという描写で、一応シドに対してもフォローは成されている。
ただ、他のあらゆる点が完璧すぎるだけに、この1点だけが気になってしまった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-11-26 22:26:16
【ネタバレ注意】

長年スルーしてたけど、後半の脱出劇は面白かった。逃げる時に使う小道具よりも、バズが「カッコつけて落ちる」事の方が重要で、感受性が豊かな人は目頭が熱くなるシーンも少なくなかっただろう。

投稿者:BLADE投稿日:2011-07-08 21:22:02
公開当時、まだ小学生の頃も見て、また最近見た。
アンディのお気に入りだという思いを持つウッディ、そこへバスが登場。
自分がおもちゃだと思っていないが、魅力があって、他のおもちゃにも、アンディにも気に入られている。
その嫉妬、全てが面白い。

おもちゃを大切に。
俺も親元のところに、もうまず遊ぶことはないだろうという玩具がたくさんw
でも、トイ・ストーリーを見て、思い出もあって捨てることは絶対にしないし、親にもさせたくないw
投稿者:terramycin投稿日:2011-01-16 23:07:18
とても95年の作品とは思えないほどのクオリティの高さ。古さを感じさせない。95年の映画やドラマを見ると、それなりに古さを感じるのに比べると対照的である。

さらに全編CG作品の先駆者という意義も大きい。評価に値する。

ストーリーは、子供の頃の懐かしい思い出が思い出させる物語で、ほのぼのとみることができる序盤。

物語が展開していき、次第にハラハラドキドキさせ、軽快なテンポで進んでいくのもよい。


投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-09-07 20:24:59
多少ベタではあるし、CGクオリティも現在の目から見れば平凡になってしまっているが、それでも本作の意義は色あせていない。
投稿者:PhoenixMizu投稿日:2010-07-27 12:01:05
3を観る前のおさらいに久しぶりに見た。

「おもちゃを大切にしよう」がテーマ。
「おもちゃたちのトップ争い」「フルCG長編アニメ」などもあるが一番のテーマはこれ。

始まってすぐの、ウッディの登場シーン。
「銃を捨てろ。手をあげな。」のセリフとともに、フレームの下から光に当りながらウッディがクローズアップショットでフレームの下から現れるのは名シーンではないだろうか。
他にも、バズの仁王立ちでの登場、バズがおもちゃであると悟るシーン、「手を貸してくれ」のシーン、ラストで本当に空を飛ぶシーンと印象深い名シーンが数々。おもちゃたちも個性的。スケッチは昔、持っていたけど、あれで絵を描くのはかなり難しいよ。(笑)

また、新しいおもちゃによって捨てられるか心配になったりとおもちゃの切ない気持ちが伝わる。観終わった後は毎回、むかし捨ててしまったおもちゃをかわいそうに思ってしまう。

これだけ言っておいて、幼いころはこの映画が嫌いだった。というより怖かった。歯を矯正してるシドとシドの家のおもちゃたちが怖すぎた。今、見ると、見かけで判断するのはよくないなと思う。

内容もさることながら一番衝撃的なのは、初の全編フルCG長編アニメ。CGということでPOVや照明の当て方などどちらかというとアニメというより実写の撮り方に近い。
唐沢寿明、所ジョージ以外のウッディ、バズはもはやありえない。

「おれよりも すごいやつは たくさんいるよね
だけど おれよりも きみのことを 気にかけるやつはいないよ」
「君はともだち」("You\'ve Got a Friend in Me")がすごくいい!
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-27 14:49:12
おもちゃを大切にしましょうという泣かせるテーマが根底にはあります。ですけれど、この手のおもちゃで遊んでいたのは今の子供たちより大人の年代の方々ではないでしょうか。今はお人形さんよりもITを駆使した玩具が主流ですものね。ですからぜひお子さんをダシにお父さん、お母さんご覧になってみてはいかがでしょうhttp://mototencho.web.fc2.com/2008/walle.html#toysone
投稿者:こじか投稿日:2010-04-17 23:19:33
そう、知らないトコロでうごめくもの。
いろんな想いと行動がある。
おもちゃに比喩を用いた傑作。
何度この作品に助けられたことか。

ウディ、大好きだ。

20世紀最後のファンタジー映画。
うたがい様のない傑作。。。
投稿者:幸村和投稿日:2008-12-23 16:34:00
面白かった。特にバズのキャラが好き。バズがボケならウッディはツッコミという感じでしょうか。
シドの部屋のおもちゃがまたいい。まるでボッシュの絵の片隅にいそうな怪しさ。芸術的です。フィギュアがあったら欲しいくらい。

子どもが人形を使って何役も自分で演じ分け、そこに空想の世界と物語を作ってしまうシーン、しかもそれを子ども目線で表現する映像が私には印象的でした。自分もそうだったし、子どもって本当にそうなんですよね。横で見ていると可笑しくて可愛くて(でも笑うと失礼なので笑っちゃダメ)。
きっと自分が子どものときを覚えていて、あるいは子どもを観察して作ったんじゃないかな。とても楽しかったです。
投稿者:花男投稿日:2008-11-06 18:59:14
公開当時は他にもCGや特撮映像を売り文句にしている映画って結構あったんですが、たいがいは観始めると足をひっぱる要素にはなれどあまりプラスに働かないことが多いです。映像そのものが安っぽかったり、映像が中心になりすぎて映画全体への興味が持続できなかったり・・・当たりももちろんありますがはずれの方がはるかに多かったりします。そんな中でこの映画は当たりでした。

CGの質感や動きに不自然さをできるだけ感じさせない「オモチャ」という素材を扱ってたり、定石をきちんと押さえた脚本は主人公たちの障害を超えての成長を描き、最後には「ガンバレ!」と応援するほどまでに共感させてくれています。多少型にはまりすぎの印象もありますが、映画を通じて観客をもてなそうという意識を感じさせてくれます。(勝手に思ってるだけですが 笑)

「トイ・ストーリー」に限らず「バグズ・ライフ」「モンスターズ・インク」等、ピクサーの映画は自分達が知らないだけでもしかしたら身近でこんなドラマがほんとにおきてるのかと思えるような物語が多く、そう考えるとちょっと楽しくなってしまいます。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-24 23:11:48
おもしろい。
投稿者:gwynn投稿日:2007-02-23 22:45:51
基本的にアニメは見ないんですが(宮崎作品を含む)、これは素直に楽しめるということで好きな映画です。(日本語版ではない)主役のT・ハンクス、T・アレンも素晴らしいですが、兵隊人形にリー・アーメイをキャスティングするあたり、子供向けアニメと割り切るには難しい作品ですね。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-05-28 21:57:18
CGアニメーションの教祖的存在。
投稿者:一ノ瀬カイ投稿日:2005-07-18 15:26:30
「CGアニメーションには心がない」

今では死語になりつつある言葉だと思う。
しかしCGが作られ始めた頃はアニメーションも大量に作られ、その全てがこのように罵倒されたのである。(特にディズニーやジブリのある国で)

当初お金をつぎ込まれていたルーカスフィルムのCGアニメーション部門もその流れには逆らえず、遂には会社に売り飛ばされてしまう。

しかし、彼らは諦めず“ピクサー”と名前を変えCGアニメーションを作り続けた。

そしてディズニーの配給で、ある作品を完成させた。それが『トイストーリー』である。
95年のNO.1ヒットとなった本作で彼らはその名を世界に届けたのであった。

今現在もディズニーの【飼い犬】にされているピクサーは次回作『Cars』で契約を切ることができ、本当の意味での“ひとり立ち”をする事が出来るのである。

とはいっても『トイストーリー』はとても心温まる素晴らしい映画なので、何も考えず見てほしいと思います。
そう、ウッディやバズにはもうしっかりと“心”があるのだから。

ちなみに、「ピクサーのドン」ことジョン・ラセターは『となりのトトロ』の大ファンである。
ん〜宮崎駿ってすごい!
投稿者:PECO投稿日:2005-05-28 19:21:10
なんとなく敬遠していた作品。みてみると、とても面白い!。フルCGでもわりと違和感ない。唐沢さんの吹き替えもまあ許せる。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 21:14:37
別にCGじゃなくても…と思ってしまう。
投稿者:william投稿日:2005-02-23 06:24:50
高校の英語の時間に、英語の勉強の一貫として見た。
確かに面白かったけど、みんな腹を抱えて大爆笑していたのには引いた。
もう高校生なんだから・・・というのが正直な感想。
投稿者:nr-akiko投稿日:2004-07-20 00:39:14
ピクサーの作品はみんな大好きですが、やっぱりこれはチャンピオンですね。衝撃的でしたよ。ここまでできるんだって・・この後、テクニックは格段に進化しましたが、ストーリーの面白さではやっぱりこの作品が一番かな。戸棚の上にほこりだらけになっているおもちゃが気管支喘息になっているなんて・・なんて、面白いんだろう!!
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-16 07:02:02
「この作品を白紙の状態から楽しめる」という意味で、まだ観ていない人が羨ましい。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-12 19:09:17
【ネタバレ注意】

 おもちゃの壊し屋シドは見るからに憎たらしい悪ガキ(ドクロのデザインのTシャツまで着ている!)。彼はおもちゃを大切にしない悪い子の象徴なんだろう。そんな彼がウディたちに逆襲されるわけだけど、醜く改造されたおもちゃがノソノソと動き出すシーンはホラー映画風。これを観ればたいていのチビッ子はおもちゃを大事にしようと思うわな。

そういう根底のメッセージなんて、実はどうでもいい。トラックに乗ろうと必死になるウディとバズのくだりが素晴らしく、充分にこの手に汗握る迫力を堪能した。バズの飛行シーンにも素直に感動!ところで、バズ以外のおもちゃたちは、どうやって自分をおもちゃだと自覚したんだろう。買われたときに仲間たちから教わったのかな?

誰も言及していないけれど、劇中のランディ・ニューマンの軽妙な歌が素晴らしい!

投稿者:黒美君彦投稿日:2003-12-15 01:21:44
フルCGであることは到底売りにはならない。問題は中味。・・・という目で観ると、この作品はなかなかどうしてファンタスティックで素晴らしい。おもちゃが主人公、というのは昔からよくあるストーリーだが、小さな世界の小さな物語を見事な冒険譚に仕上げている。作り上げるのは大変だったろうなあ、と感服。
投稿者:エヴィ投稿日:2003-05-29 19:32:04
CG綺麗だしストーリーも好き
初めて見た時はかなり感動してたかも
「ここまで出来るんだ〜」って。
でも吹き替え版の所ジョージはどうかな?
声優さん使って欲しいです。せめて役者さん
投稿者:寿ママ投稿日:2003-04-05 23:15:08
あらすじからそれるけど、アンディの家は母子家庭だよね。そして年のはなれた妹のめんどうをよく見るアンディは、すごくいい兄ちゃんだ。シドの薄気味悪さが歯の矯正器具が効果的にあらわれている。そういった人物設定を観察するのが好きです。ピザプラネットに行ってみたい。
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-26 23:37:50
・・売りにしなくても評価が高い、数少ないCG映画。
バディムービーとしても見応えあります。
10点。満点です。オススメですよ。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2000-12-26 22:55:42
 傑作。考えて考え抜けば、これぐらいの映画は作れるのだ。

 ただし、隣の乱暴な男の子に対して、玩具らしからぬところを見せたのは反則だと思う。なぜなら、「玩具は人が見ていない時には人格を有する」というのがこの映画のルールだし、この映画の拠り所と言ってもいい見所は、人格の無いはずの玩具の、人格の有り無しの危うさなのだから。
 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞ジョエル・コーヘン 
  ピーター・ドクター 
  ジョン・ラセター 
  ジョス・ウェドン 
  アンドリュー・スタントン 
  アレック・ソコロウ 
 □ 歌曲賞ランディ・ニューマン作詞・作曲 You've Got a Friend in Me
 □ 音楽賞(オリジナル・ミュージカル/コメディ)ランディ・ニューマン 
■ アニメーション賞ジョン・ラセター 
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 歌曲賞ランディ・ニューマン "You Got a Friend in Me"
□ コンビ賞トム・ハンクス (声の出演)
  ティム・アレン 
■ 新規登録作品 
【ニュース】
「トイ・ストーリー」スピン・オフTVスペシャル「Toy Story of TERROR」、特報2013/09/19
TIME誌選定、アニメ映画オールタイム・ベスト252011/06/27
全米興行成績、ディズニー/ピクサー最新アニメ「カーズ2」が大ヒット・スタート2011/06/27
全米興行成績、スパイク・ジョーンズ監督ファンタジーが好成績で初登場首位2009/10/19
ディズニー=ピクサー3Dアニメ「トイ・ストーリー3」、予告編2009/10/13
全米興行成績、ヴィンス・ヴォーン主演ラブ・コメディが好スタート2009/10/13
全米興行成績、ウディ・ハレルソン主演ゾンビ・コメディが好スタート2009/10/05
全米興行成績、3Dアニメ「くもりときどきミートボール」が好成績で首位キープ2009/09/28
ディズニー・ピクサー「トイ・ストーリー3」、ティーザー・トレーラー2009/06/01
ジョナス・ブラザーズ、人気絵本の映画化でスクリーン・デビューへ2008/10/29
全米興行成績、ピクサー・アニメ「カーズ」が圧勝2006/06/12
米国立フィルム登録簿、新規25作品が発表に2005/12/28
ディズニー、ピクサー抜きの「トイ・ストーリー3」製作へ本格始動2004/11/17
ディズニー、単独で「トイ・ストーリー3」を製作へ2004/02/02
ピクサー、ディズニーとの決別を宣言!2004/01/30
米ピクサー社が宮崎駿監督と手を組む???2003/02/27
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】トイ・ストーリー MovieNEX2013/11/20\4,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット <期間限定生産>2012/07/04\9,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トイ・ストーリー 3Dセット2011/12/02\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トイ・ストーリー ブルーレイ+DVD セット2011/12/02\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トイ・ストーリー ブルーレイ 〈本編DVD付〉2010/05/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー DVD・トリロジー・セット <期間限定生産>2012/11/21\5,000amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー スペシャル・エディション DVD + microSDセット2010/05/21\3,200amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー スペシャル・エディション2010/05/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー <ウォーリー劇場公開記念 『ウォーリー フィギュア・ストラップ』付き/数量限定生産>2008/11/07\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー2006/06/16\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー&トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション <期間限定生産>2005/11/23\5,200amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー スペシャル・エディション <2枚組/期間限定生産>2005/11/23\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ディズニー・ピクサーDVD コレクション2002/09/20\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー2 & トイ・ストーリー ツイン・パック2000/11/02\7,800amazon.co.jpへ
 【DVD】トイ・ストーリー2000/11/02\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】トイ・ストーリーレンタル有り
 【DVD】トイ・ストーリーレンタル有り
 【VIDEO】トイ・ストーリー Special Editionレンタル有り
 【VIDEO】トイ・ストーリーレンタル有り
 【VIDEO】トイ・ストーリー <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION