allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ニライカナイからの手紙(2005)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(IMJエンタテインメント=ザナドゥー)
初公開年月2005/06/04
ジャンルドラマ
おかあ、いま、どこにいる?

すりきれた手紙を抱きしめ、少女は大人になる。

ニライカナイ それは沖縄に伝わる、水平線の彼方にある幸福の国
ニライカナイからの手紙 低価格版 [DVD]
USED価格:¥ 531
amazon.co.jpへ

 Photos
ニライカナイからの手紙ニライカナイからの手紙

【クレジット】
監督:熊澤尚人
エグゼクティブプ
ロデューサー:
井筒雅博
プロデューサー:竹之内崇
脇坂嘉紀
三木裕明
脚本:熊澤尚人
撮影:藤井昌之
美術:花谷秀文
編集:山中貴夫
音楽:中西長谷雄
主題歌:永山尚太
『太陽(てぃだ)ぬ花』
主題歌プロデュー
ス:
織田哲郎
制作プロダクショ
ン:
ウィルコ
録音:古谷正志
助監督:橋本光二郎
出演:蒼井優安里風希
平良進安里尚栄
南果歩安里昌美
金井勇太内盛海司
かわい瞳レイナ
比嘉愛未平良美咲
斎藤歩崎山
前田吟田中
【解説】
 「リリイ・シュシュのすべて」「花とアリス」の蒼井優が沖縄の離島に暮らす少女を好演したハートフル・ストーリー。沖縄竹富島を舞台に、東京で離れて暮らす母と、母から毎年誕生日に送られてくる手紙を支えに生きる少女との心の絆、そして少女の心の成長を、沖縄の美しい風景をバックに綴る。
 沖縄の竹富島で郵便局長の祖父と2人暮らしの少女・風希。カメラマンだった父を早くに亡くし、東京で暮らす母・昌美は、風希が6歳の時に島を出て以来一度も戻ってくることはなかった。そんな風希にとって、母が毎年誕生日に必ず届けてくれる手紙が何よりの宝物だった。そして、風希が14歳の時の手紙には“20歳になったらすべてを打ち明けます”と書かれていた。幼い頃から父の遺品のカメラで写真を撮るのが好きだった風希は、やがて本格的にカメラマンの道を目指すようになる。そして高校卒業後、彼女は祖父の反対を押し切り写真を勉強するため上京する。カメラマンの助手として多忙な日々の中、19歳の誕生日すらも忘れていた風希だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15120 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ぽと助投稿日:2008-11-16 16:35:51
かなり久々に号泣してしまった。
東京では感じることが少ない、隣人や友人の優しさ、そして何よりも
大きな家族愛。この歳にして号泣とは… 自分も子持ちなので、共感
してしまいました。いい映画です。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-07-14 02:21:31
一番気になったのは、風希が写真の素材に使った玉を光らせる秘訣が描かれなかった所。クライマックスの母の手紙の再読シーンは男から見るとしつこく感じるのだが、十代の女の子が観たら泣くかも。
ちなみに風希の誕生日は私と同じだが、こんな偶然は初めてだった。
投稿者:かっこう投稿日:2007-05-27 02:19:54
手紙に励まされながら頑張る少女の話。要所ごとに手紙がでてくる。手紙に絡む秘密には驚かされた。なるほど。説明がなされるシーンまでホントに気づかなかった。少々自分が単純すぎる気もするが・・。最後、主人公が沖縄に帰っているのが解せない。夢はどうしたのか?
投稿者:yu-saku投稿日:2007-04-29 17:21:07
どこかで観た覚えのあるようなストーリーでしたが、竹富島の風景や蒼井優の魅力のおかげでストレートにジーンと来てしまいました。
年齢のせいか親の視点で観ると、更に悲しさが増すようような気がしました。
ラストシーンの手紙の内容は伏せたままで正解でしたね★そこで、プラス1点
投稿者:shin-hk投稿日:2006-07-24 16:05:40
人の優しさとか、情だとか、そんなんはありふれてて、、見飽きた感もありますんで、、泣けるって事は無いですけど、、、岩井映画のようにゆる〜〜い映画、、映像は綺麗でしたね、逆光の多用、光の反射、まだまだ残る自然の風景の美しさ、、沖縄独特の言葉使いと、サンシンの音、、素敵でした。
全てが上手に融合したと思います。綺麗でした。(映像ですよ)

郵政民営化反対のプロパガンダか?なんて誰かが書いてましたけど、、言われればゆうパック出すぎでした。笑)http://hongkongcafe.jugem.jp/?day=20060723
投稿者:動けるデブ投稿日:2006-06-11 05:28:49
【ネタバレ注意】

蒼井優がとてもいい演技をしている。そしてなにより周りの人々の温かさが涙を誘う。最後のほうの「おっかあが死んでた」のところあたりからはもう涙が止まらない。私的にはおすすめです

投稿者:松竹錠投稿日:2005-06-14 10:17:21
【ネタバレ注意】

♪とて〜もや〜りきれ〜ない・・・
悲しいのはこの映画の物語ではない、最近の劇場公開作における蒼井優の存在だ。
『鉄人28号』もそうだったが、蒼井優の魅力を無駄にしてしまう出来の悪さに憤慨!

主人公・蒼井優以外の人物があまりに類型的で、血の通った人間とは思えない。
脇の人物を的確に描き込むことが、ドラマ演出のキホンでしょうが。
ラスト近くで、泣きながら手紙を書く南果歩をえんえん写してるけど、
泣いている人をただ撮るだけでは悲しくならない。これもキホン。

砂浜の場面、うすっ暗くて蒼井優の表情がよくわからないのがヒドイ。
曇天で逆光なんだから、おさえの照明ぐらい当てろ!
他にも素人なみに下手くそな手持ち撮影(走る蒼井優をフォローしきれてない)、
効果がないクレーン・ショット、等々・・・こういうのをNGにしないから、
「日本映画は画面が貧乏くさい」なんてマイナス・イメージを持たれてしまうのだ。

それにこれって、郵政民営化反対のプロパガンダ映画なのかよ。
俺も民営化には反対だが、こんな低レベル映画では賛成派に馬鹿にされるのがオチだ。

【サウンド】
『太陽(てぃだ)ぬ花』
歌 :永山尚太
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ニライカナイからの手紙 低価格版2008/06/27\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ニライカナイからの手紙2006/01/24\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ニライカナイからの手紙レンタル有り
 【DVD】ニライカナイからの手紙 低価格版レンタル有り
 【VIDEO】ニライカナイからの手紙レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION