allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

どろろ(2007)

メディア映画
上映時間138分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/01/27
ジャンルアドベンチャー/アクション/ファンタジー
映倫PG-12
物語が、動き出す。
どろろ [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 900
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:塩田明彦
アクション監督:チン・シウトン
アクション指導:下村勇二
プロデューサー:平野隆
共同プロデューサ
ー:
下田淳行
原作:手塚治虫
脚本:NAKA雅MURA
塩田明彦
撮影:柴主高秀
特殊造型:百武朋
美術監督:丸尾知行
コンセプトデザイ
ン:
正子公也
編集:深野俊英
音楽:安川午朗
福岡ユタカ
音楽プロデューサ
ー:
桑波田景信
VFXディレクタ
ー:
鹿住朗生
VFXプロデュー
サー:
浅野秀二
スクリプター:杉山昌子
衣裳デザイン:黒澤和子
照明:豊見山明長
制作プロダクショ
ン:
ツインズジャパン
録音:井家眞紀夫
助監督:李相國
出演:妻夫木聡百鬼丸
柴咲コウどろろ
瑛太多宝丸
杉本哲太鯖目
土屋アンナ鯖目の奥方
麻生久美子お自夜
菅田俊火袋
劇団ひとりチンピラ
きたろう占い師
寺門ジモン飯屋の親父
山谷初男和尚
でんでん
春木みさよ
インスタントジョンソン
中村嘉葎雄琵琶法師
原田芳雄寿海
原田美枝子百合
中井貴一醍醐景光
【解説】
 手塚治虫の同名漫画を妻夫木聡、柴咲コウ主演で映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なスケールで描き出す。監督は「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦。
 とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼丸は医師・寿海に拾われる。寿海は百鬼丸に失われた部位の代わりとなる作り物の体と護身の妖刀を与え大切に育てるのだった。立派な青年に成長した百鬼丸は、魔物を倒すごとに失われた部位を一つずつ取り戻すことを知り、魔物退治の旅に出る。やがて、そんな百鬼丸と出会ったコソ泥・どろろは百鬼丸の不思議な妖刀を手に入れたくて彼の後を追い始める…。
<allcinema>
【関連作品】
どろろ(1969)TVアニメシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1469 4.93
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:かっこう投稿日:2010-01-28 22:48:23
CGの戦闘シーンは楽しい。中盤のたたみかけるように戦闘シーンが続くのもよかった。ラストの展開がどうも急なイメージはあった。突然兄弟が登場したりするし。伏線がもうちょっとほしかったか。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 16:21:18
柴咲コウ
投稿者:terramycin投稿日:2009-06-10 22:18:54
序盤のいきなりの戦闘シーンは斬新でよいと思った。
だが、CGが多用されていて、CGアニメ作品のように感じてしまった。

作品の背景になる設定はしっかりしたものがあるのに、2時間という中では詰め込みすぎている感がある。

作品の作り方によっては、本当はどろろはもっと活躍できたのではと思った。
本作ではどろろというより「百鬼丸」という作品にした方が良いのでは思ってしまった。
投稿者:BLADE投稿日:2009-01-07 15:38:13
こういう刀あり、殺人あり、戦国の時代、いわゆる時代劇ほど
CGというVFXが似合わないものはない。

まあもう、そういうものだという前提で見ました。
原作も知りません。

まず、CGの存在に関してはやっぱりがっかりします。
最初の戦い、中盤こそ、キグルミ感満載なアクション
ではあるものの、まだ見れた。しかし、犬というか
野犬みたいなものが出てきて、もう嫌になった。

中盤までは見せ場見せ場があり、ストーリーの
運び方もまずまずだったのに、終盤になってから
急に見せ場もコンパクトになり、迫力にかける。
もっと大勢の武士たちと戦うようなアクションを
見せるかと思ったら、そうではない。

映像はいい。ここ何年かの原作ありきの映画化物に
しては、ロケがロケだけに頑張ってる感はある。
それだけに、あのストーリー、あの展開、お決まりの
ような、特に衝撃もない、ああそうなりましたか、
という展開。

邦画はどうも話題作ほど、お決まりのような
展開に、対して面白くないドラマが目立つ。
数ある邦画の中でも、世界観や言わんとしてる
ことはわかる。戦争というものに巻き込まれた
人々の話。しつこすぎないように抑えた演出ではあるが、
それを通り越した普通の台本には、がっかりする。

これでは、原作のファンだけでなく、演じた俳優人に
失礼だ。なぜに良いところもあるのに、ここまで
残念になるのか。これなら全てダメダメにしてくれたほうが
まだよかったのに。。。
投稿者:のど飴投稿日:2008-08-16 15:14:47
これと言い、デスノートと言い、なぜチャチなCGをわざわざ使おうとするのか。日本のCGはハリウッドにはとても及ばないのだから、限られた技術の中で工夫して上手く見せよう、などとは思わないのだろうか。
投稿者:NYY投稿日:2008-08-04 23:59:33
手塚治虫の原作は読んだことがないんだけど、柴咲コウが浮いて
るってことだけは理解できましたw。
 
なんか仮面ライダーでも見てるような気分だったんだけど、これ
は時代劇のファンタジーなんすか?
ウルトラマンの怪獣みたいのもいたし、よく分からん世界だなw。
 
チャンバラはあんまり迫力ないけど、妻夫木は、なかなかクールで
良かったかも。
妻夫木が、体を取り戻すことに虚しさを感じるとか、良いネタな
部分もあったから、その辺をメインにしてグッとくるような哲学的
な作品にできなかったのかな?
ファンタジーと哲学は相性が良いと思うんだけどな〜。
手塚治虫の原作は哲学的だ、とも聞いたことがあるし・・・
あ、原作を読んでみたくなってきた。
ボクみたいな全然知らない人に、原作に興味を持たせるって意味
では、去年の「椿三十郎」と同じで映画化の意義はあったのかも。
 
娯楽として楽しめなくはないんだけど、大人向きじゃないと思う
し、子供に見せるにはグロい気がするな〜。
手塚ファンからは不評だったみたいだし、誰が見るんだろう?
これはヒットしたらしいけど、2作目はコケる予感w。
ま、大コケすることで、世の中に笑いを提供することもあるから
、2作目も作れば良いんじゃないかなw。 
ボクは多分見ないけど・・・ 
 
投稿者:BMG投稿日:2008-07-15 01:15:06
【ネタバレ注意】

色々詰め込みすぎた感がありましたね。主役の二人の関係や、親子との因縁、母親の愛情、兄弟愛、殺すか殺さないか、それぞれ人間の心に訴えかける、深いテーマでしたけど、それ全部を一緒にしても、一個一個が、暴走し全く予想外でついていけませんでした。

せっかくCGで、リッパな化け物との戦闘シーンを描き出せているのに、ハイライトみたいな感じで続けざまに出されたせいで、途中で飽きてきました。

とりあえず、観ていて辛かったです

投稿者:S&H投稿日:2008-03-27 10:42:17
確かに、柴崎コウのどろろは原作と比較すると違和感があるが、無垢さ無邪気さの中にエロス(生命力)を感じ、これはこれで悪くないかもと感じるのは私だけでしょうか。
入浴(行水)シーンをいれるとか、時折女らしいしぐさをするなどの描写や、百鬼丸への恋愛感情などをいれれば、もっとよかったと思います。まあ、肌の露出は事務所的には絶対NGなのでしょうけど。
とにかく、妥協の中でしか作品をつくれない日本の商業映画に、評価できる部分は少ないです。
投稿者:bond投稿日:2008-03-02 16:26:54
まあ、シナリオはそれなりだが、役者はメインは大根が多いな。CGも稚拙だし、無理に実写化しなくていいんじゃない。
投稿者:トマトケチャップ投稿日:2007-12-29 15:45:56
上映時間が2時間ですけど、少し長いと思います。一時間半で、十分出来たんじゃないかと思います。格闘シーンも、迫力満点なんだろうなぁと期待したんですが、期待し過ぎた分に微妙でした。まぁ、良くもなく不可もなくって感じです。
投稿者:ものじ投稿日:2007-12-16 09:45:47
WOWOWで観ました。特撮とかCGはまあ贅沢言わなければまずまず。あえて無国籍風にしているけど、やっぱり原作の設定に忠実なほうが良かったと思う。せっかく映画にのめりこみかけているときに、いつも引かせるのは柴咲コウの存在。どろろの雰囲気を一人で壊してる感じ。まあ、きっと脚本が悪いんだろうね。
投稿者:irony投稿日:2007-12-11 22:35:06
 それなりに楽しめる 原作よう知らんのでこんなもんかな程度 CGはちょっと酷いかね、なんかカクカクして…。 1月上映 7月ソフト販売 12月ペイTV放送 邦画のサイクルは早ッ 劇場行かんでもいいな、もうって 全然行かんけど…。
投稿者:ASH投稿日:2007-12-10 08:42:28
【ネタバレ注意】

 まあ、コウちゃんが「とろろ」(こう表記させてもらう)なのは措いといて、白黒のアニメ版の方が僕は好きだな。それを言っちゃあおしまいだけど。

 どうでもいいけど、邦画におけるCG処理って大嫌い。

投稿者:トウショウファルコ投稿日:2007-11-08 03:41:16
案外にも自分でも私、安っぽいセットやCGを見過ごせるタイプなんです。
だから、以外に面白いかもって期待を持たせてくれました。柴崎コウの“目”が
印象的で、しかもはじけていましたし、妻夫木君もいい男ですよね、この作品は。

さて、ある(忘)漫画雑誌を毎週買ってました。特に目当てだったのが、手塚治虫さんの
『ブラック・ジャック』でした。でも、テレビでアニメ化されたものを見ても、
あまり感動できません。歳をとったせいもあるでしょうが、漫画は白と黒の世界
だからいいんですよね。見ている者が、頭の中で勝手に色を着けていくんです。

無国籍で、昔々の設定で、ぼかさざるを得ない時代。見劣りするのは、風俗の描写
だと思います。作品を拡げる意味と、話の“起”の部分に軽く必要なエピソード。
本質とは関係ないものでも、他から流用し埋めなければならない、この手の作品の
限界はありますね。

それにしても思うのが、そのギュウギュウ詰め感。中盤までは、そう悪く感じなかった。
主人公達の個性が薄くなっていくんです。話も一気に終わりにもって行こうと
します。どうして彼等は戦い、その宿命に追われて命を落とそうとするのかが
判らない。終盤に来て、物語が激しく安くなるのです。原作あるものは、ほとんど
尺の限りの限界を感じさせますね。

ただ、このロケ地はいいと思いました。設定をぼかしたために、日本の地では作れない、
作ってはいけない世界感にはなったとは思います。
投稿者:ミーナ投稿日:2007-09-07 20:50:01
妻夫木聡と柴咲コウの組み合わせがとてもよかった。
2人は「オレンジデイズ」でも組んでいますが「オレンジ〜」同様2人のコンビネーションがよかったです。
CGが多少不自然に見える部分もありましたが2人の魅力でとても楽しめる映画になっているとい思います
投稿者:lostinlord投稿日:2007-08-08 16:19:39
【ネタバレ注意】

兄弟で楽しみにして観たんですが…なんだかノリについてけませんでした
開始直後戦の惨さで始まったのはいいんですが、地獄堂の舞台美術が手抜きっぽくって(あとその後の踊り子の店も それ以外はいいんだけど)あの禍々しい仏像?も、なんか違和感があって、中井貴一が求めるほどの異常な雰囲気、禍々しさが一切感じられず…重要な場面だっただけに残念。
音楽も、自分には馴染めませんでした…場面と音楽の相乗効果で高まるものも、逆効果でどんどん引いてしまう…もったいない。
原作は子供の頃読んで細かい内容は忘れてしまいましたが、泥臭く禍々しい幹事で主人公たちの力強さが印象的だったんですが、この映画は原作どろろの設定を借りた完全オリジナルムービーですね。
だからファンキーな妖怪も許せるし、妙な音楽もワイヤーアクションもこれがこの映画のモチベーションなんだと、納得、しときました。
柴崎コウは好演してたと思います、どろろ=女、はどうすんのかなーという疑問も上手く解消されていて、ラストはまるで青春映画みたいなオチに収まってましたね。
百鬼丸が好きなだけに、妻夫木は、はっきりいってカラー的にも役不足に感じた。でも不安や悩み葛藤する姿はさすが。
自分も嫌いじゃない、けど という部類ですね
まぁ位置的にはキャシャーンやデビルマンと同等なんですけど。。

投稿者:tomovsky投稿日:2007-04-21 18:51:34
【ネタバレ注意】

たしかに、どろろのイメージが違うよな。もっとちびっ子でたしかに小汚い格好してたよな。百鬼丸も、もっと精悍なキャラクターだったからな。俳優の話題性だけで作られたんじゃ、原作も泣いちまうな。俺も、柴崎コウは好きじゃない。

投稿者:映画で元気投稿日:2007-03-17 14:49:59
デスノート前編後編もすこぶる面白かったが、このどろろも面白い。日本映画の新たなエンターティメント、ハリウッド映画に飽きてきた身にはうれしい限りです。
芝咲こうは、薄汚れた顔のメイクをしても光ることのできるよい女優だと思います。適役でした。
ツマブキくんも、先入観なしでみれば、なかなかのものです。
CGがひどいという。私はマトリックスシリーズのCGもひどいところがあって、言い出したらきりがないと思う。
本当に、このどろろのCGはチープですか。超一級ではないかもしれないが、チープというほどではないと思います。
着ぐるみ怪獣を笑うが、そういう人に限って、スターウォーズの着ぐるみ怪獣たちを褒め称える。
手塚ワールドのコミカル性を出す意味では、着ぐるみ怪獣の方が100%CG怪獣より着ぐるみ怪獣の方がよかったように思います。重苦しくなりそうな映画を楽にしてくれました。
「火の鳥」を手塚治虫の代表作だとする手塚ファン(製作している人を含む)にとっては、琵琶法師やニュージーランドの広大な光景は、生命の神秘、因果応報、輪廻を感じさせるには必要不可欠だったのでしょう。
親子、兄弟の葛藤は、時間切れで十分描ききれなかったけれど、不満が残るほどでもなかった。
総じて手塚ワールドを感じるには十分なよい映画だった。
ゴーストライダーを観て、欲求不満だった後もあって、大満足です。
投稿者:リEガン投稿日:2007-03-14 10:42:35
『どろろが女やったげな』って、一冊の漫画を回し読みしていた小学校で話題になった。当時びっくりした事を覚えている。最終話はどろろと同じように悲しかった。映画は異なもの。「ハムナプトラ」や「エイリアン」の続編を思い出したが、CGがちょっと辛い。
投稿者:ドミニク投稿日:2007-03-09 15:05:09
【ネタバレ注意】

劇場の予告編を観て、スタイリッシュな映像につられて観に行ったのだが、それなりに感動したけど、予告編の映像がベストだったな。特に期待していたCGが意外とそれほどでもなく、キグルミの怪物が出てきて唖然。やっぱり、東宝の伝統を重視したのだろうか。百鬼丸のアイデンティティ追及の旅は「シザーハンズ」だし、悪魔に取り付かれる中井は「魔鬼雨」のアーネスト・ボーグナインだし、子供の頃のエピソードは「十戒」といった具合で、色んなパロディと思えば、楽しい。ツマブキにシバザキ、エイタとキャストの熱演は好感が持てる。色々指摘したい映画だけど、好きだよ。パート2も劇場に行きます。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-02-24 20:51:08
【ネタバレ注意】

原作は大昔に読んだので、まぁ殆ど覚えてない(どっかには有るのだろうが…)
映画ファンを自認したい人々は、アクションは、ギャグは、コメディは映画じゃないとか勝手な事を言っているが映画館の大画面で上映する為に作成されたフィルムが映画じゃなかったら何だってんだ!(もう一遍、日本語を勉強し直してこい…映画館で上映するフィルムとしては迫力にかけるね、とかTVドラマに負けてるね、とか言うのは勝手だが…ブラッカイマーのフィルムがそれにあたるとは思えないが)

友達のお兄さんが、結構有名なのかどうか知らんが漫画家なのだが、観て「つまらん」と言ってたらしい…まぁ人それぞれなので勝手だが、僕は映画館で泣きまくったぞ。
あの再生する体ってのが、原作とは違ってたと記憶するが、手塚さんが観たら手を叩いて喜ぶような気がするね。(正直あの芋虫のような赤ん坊まで再現されているとは思わなかった…映画化不可能なものが可能となるテクノロジーよ…)

いきなり悲惨…戦場に散った兵士達の亡骸の山…そしていきなり妻夫木が登場して超迫力の殺陣を見せる…あの消滅する血飛沫を柴咲が浴びるのは面白いよね。
ハッキリ言って柴咲、キレまくり!太鼓叩きまくり!ファン必見の名演だ。
次第に貧困する庶民の悲惨な出来事が描かれ、子供を喰う妖怪のエピソードで語られる…もう涙なくしては観れません。(あのお前も妖怪だろ?は原作の記憶も少しアリ)

ジプシーキングスのギターをバックに、次々に妖怪を蹴散らすシーン〜柴咲、かなり強いです…まぁ普通の仇討ちくらいは軽くやっちゃうのでは?って相手は…あいつですか〜

そこから柴咲が次第に女の子になってゆきます。妻を切って捨てる中井貴一に迷い無し。妖怪の烙印ビームは多少しょぼいが…まぁ気にしない。

つまりストーリーは面白く、役者も好演なわけ。人それぞれ感性に差が有るとはいえ、何でここまで不評か全く解りません。(不評を言う偉い人(評論家?)の後ろ盾でも有るのか?)〜超娯楽妖怪ムービー。柴咲コウ頑張れ!

※ニュージーランド・ロケ…巨大妖怪にしがみつく迫力のCG〜そして続編、となると……LOTR?

※こ〜んな、ぶ厚いDVD(BOX?)を買って、また観てしまいました…
やっぱり、良い!〜面白い。〜まぁ例によって「特典映像」まで観るのはキツいけど。しかしあの付録コミックスは(小さ過ぎて)読めん。まぁ昔読んだ分が物置きか何処かにある筈なのだけど。

投稿者:ビリジョ投稿日:2007-02-24 20:04:46
手塚「どろろ」の最大のテーマは、戦争に対する庶民の怒りである。

この映画のテーマは何だい? 柴咲コウの眉毛か?
投稿者:レイン投稿日:2007-02-19 21:01:53
ちょっと子供騙しのところもあったけど、結構面白くて、あっという間に2時間過ぎちゃった感じ!!お子さま連れが多くて、ちょっと館内ザワザワしてましたけどね(^^;48個のうちまだ24個しか取り戻していないっていうことはパート2があるって事かな?
投稿者:well投稿日:2007-02-18 23:22:51
手塚治虫ってあんまり好きじゃない。
けど、これは単純にヒーローの妖怪退治の話として面白かったです。
真ん中の妖怪退治の場面が忙しなくて、もっとじっくり見たい!と思った。

妻夫木君はカッコいいですね。
数奇なな運命を背負った懊悩を表現できていたし、けれんみや小賢しさの感じられないところがよかったと思います。
他にいいと思ったのは鯖目。
短いシーンだったけれど妖怪に魅入られた人間の悲哀を見せていて、すごいと思った。人品卑しからぬ立派な人物で、どう見ても土屋妖怪を好きになるようには思えないが、そこが妖怪の恐ろしさであろう。

この物語に深みを加える余地はいろいろあるような気がするが、なかでも醍醐景光の扱いが中途半端のように見えるのは残念だった。人間の心のネガティブな部分を表現できる者として、また社会の有り様を象徴できる人物としてもう少し丁寧な描き方を見せて欲しかった。
最初と最後にちょこっと出てきて、勝手に自己完結したみたいになってるけど、この流れだと魔物サイドから見たらちょっと納得できないよね。そっちから言い出したから、こっちは約束守っただけなのに、、って。

フェイク聞くと、条件反射的に“また見たいなぁ!”と思っちゃって3回見に行きました。あと1〜2回行くかも、、、。
投稿者:ねみお投稿日:2007-02-12 10:32:37
【ネタバレ注意】

そこそこには楽しめましたが・・・
原作のどろろは宿無しのこそ泥なので柴咲コウの眉はいただけないなぁ。
なんかさめちゃった。
(>_<)
後、やっぱり醍醐景光を倒して48箇所取り戻して欲しかった。
まぁ、原作どおりに進めることは無いのかもしれないけど、ちょっと違うかな・・・

投稿者:こねこねこ堂投稿日:2007-02-06 17:38:22
デビル漫を思い出すCG妖怪だって嫌いじゃない、途中出てくるゴジラのオマージュ?着ぐるみの大山椒魚の妖怪も嫌いじゃない、でも浮いていてしらけてしまう。テレビ東京の深夜ドラマシリーズでやれば面白くなるのにと思った。
そらからワイヤーアクションも観たくないし。あと安ぽいお涙話を入れないで欲しい、涙もろい自分はまんまと騙され泣かされてしまい情けなくなってしまう。
特に最後の醍醐が改心するのも百鬼丸が父親を許すのも納得いかない、なんで子供の体を物の怪に売って天下をとり何万の人間を殺し、妻を息子の前で殺した人間が簡単に改心するのか、百鬼丸も父親といえども1度も会った事無くそんなことした人間をどうして許せるのか理解できない。自分の体を取り戻す理由もいまいち理解できない。
琵琶法師がストーリーをいちいち解説するのも映画としてダメダメ。
でも嫌いな映画じゃないよ。http://www5e.biglobe.ne.jp/~tnkktm/index.html
投稿者:ぺん投稿日:2007-02-05 01:26:15
親愛なる手塚先生の原案を使うってことは、手塚先生の天邪鬼さや意地悪さ
も承継してくれるってことだと思ったけど、そうなってないのね(泣)。
ま、手塚先生の原作をガチに実写化すると、トゲトゲしい感じがでちゃう
から、アイドル二人が出演する映画には不適ってことで、大幅に設定が
変わったところまで、了解するとして、全体的に退屈だったかな。
ってか、これって、恐らく父殺しのドラマっすよね?父殺しがうまくいって
無い感じで、百鬼丸が大人になりきる感じがしない。むしろ、大人に成りた
く無いというか、現状維持感が漂う。これって、現代の若者の空気だよね。
ま、若者が観ると面白いかも知れんけど、オヤジが期待して観るもんでは
なさそうな感じ。世代的なマーケティングに基づく設定は巧くいってる
のかもしれんけど、納得行かないし、ギャグも笑えない(笑)。
投稿者:ろーちゃん投稿日:2007-02-04 17:18:11
まず柴咲コウとその彼氏が同じスクリーンに並んでる時点で冷めるものがある。それと両俳優とも好きな俳優ではないし異性としても好みでない。
あとCG・・・笑いたかったが・・みんながじっとみていたので笑えずにいた。琵琶法師のおっさんが金さん銀さんのどちらかに見えた。
戦記ものファンタジーとやらが好きな人間以外にはオススメできない。
中井貴一さん・・・いくらギャラつまれたか知らないけど・・あなたが出る
ような作品じゃないよ・・。
最後・・・えー48箇所終わってちゃんちゃんじゃないの?まだ半分だったの
?続編作るつもり・・・?おいおい・・・。
まぁはじめからそういうことだったのね・・って感じ。
毎回感じることだけど寸借詐欺だよね映画って。
そろそろみんなやめません?1800円(たとえ1000円でも)払って
映画を見るという行為そのものを。
邦画復興?いいよ別に。
オダギリジョーと柴咲の彼氏(ほんとに名前が出てこない)と大沢たかお
らが高収入になるためのカンパを低賃金労働者がするなんて痛々しいよ。


投稿者:紅竜投稿日:2007-02-03 19:32:14
前半がいい。「座頭市」「丹下左膳」の流れをくむ異形のヒーロー百鬼丸とコメディリリーフにしてオトコ女という最強の女性キャラどろろのコンビが妖怪どもを「てめえら人間じゃねえ(当たり前か)!」とばかりに叩き斬る。観客の期待を裏切らない展開、どこかチープな感じのCGやアクションも作り手側のサービス精神でそれなりに許せてしまう。問題は後半。やたらしょっぱい因果ものになってそれまで維持していたテンションもいつしかトーンダウンしてしまうのが惜しい。
俳優陣の中ではどろろ役でコメディエンヌとしての新境地を開拓した柴咲コウが印象に残る。
投稿者:たのきゅう投稿日:2007-01-29 19:22:15
【ネタバレ注意】

柴咲コウはどろろのキャラを熱演してたとは思うが、妻夫木がいまいちミス・キャストのような気がした。笑顔が印象的で呪われた過去を背負って生きてきた男の陰が見えてこない(笑)。あと、CGのチープさを露呈するだけのダイジェスト版の魔物達との戦闘シーンはいらないと思った。

投稿者:sabu投稿日:2007-01-29 05:45:32
この手の邦画のエンターテイメント作品にしてはかなりまともなできだと思う。
正直、原作に関しては読んでいないのでなんと言えないが、映画的観点から言えば十分エンターテイメントとしての完成度はある。

舞台背景となるのは江戸時代なんだろうが、多国籍的な美術や造形をふんだんに混ぜ合わせ、独特な世界観を作り上げている。
VFXに関して言えば、やはりこれが現段階で邦画の限界だろうかと思わせる。クオリティは低い。これならば無理にCGにこだわらずとももっとうまい見せ方があったんだろうと思う。

しかし根底にあるメッセージは微量ながら受け止めることが出来る。それは純粋に人としてどう生きるべきか?というオーソドックスなものだ。
影のある主人公百鬼丸がどろろと旅をしていくにつれて次第に人間性を取り戻し、生きていく価値を見出していく様は、設定にも助けられてはいるが良い展開運びが出来ている。

しかし、日本映画では珍しいニュージーランドロケを敢行していながら、風景にメリハリがないのはいただけない。
ラスト付近も、だだっ広い平原で撮影しているが、なにか物寂しさを感じる。もう少しロケ地をこだわり、ロケにメリハリを出せれば活劇シーンやVFXも生きてくるだけに少し残念でもある。

最後に個人的な見解。アクション監督に『LOVERS』『HERO』などを手掛けたチン・シウトンが関わっているが、彼の作品に絶対と言っていいほど盛り込まれるアクション、縦回転しながら相手に近寄ったり、攻撃を避けたりする動き。
あれをやる意味がいまだに分からない。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm
投稿者:サイババ2投稿日:2007-01-28 00:02:21
please, stay in Japan....
投稿者:パンタ投稿日:2007-01-26 04:32:22
【ネタバレ注意】

期待していなかった分エンタメ作品としてまあ楽しめた。
ストーリー・CGも纏まっていて、邦画のアクション作品の奮闘を感じる。


ただ中盤の着ぐるみ怪獣がでてきた時には流石に笑えたが・・・
これってウケ狙いなのか、真剣なのかちょっい必見。(制作費は20億円のはず。)
アクションも「HERO」のアクション監督がやってるだけあって、全く同じ所もあったような(笑)。


一番の見所は映画本編ではなく、チラシの柴崎コウのひょっとこ顔写真かも。
これは事務所的・本人的にOKなのかツボにはまりまくり。
ハジけてる柴崎コウに助演女優賞。

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-01-23 16:25:44
【ネタバレ注意】

期待していたというとウソになるが(苦笑)、期待以上に面白かった。
手塚治虫の作品やアニメに慣れ親しんだ者としては、「あれをどうやって実写化するのだろう・・・」と不安にも思ったが、まず原作を換骨奪胎して、プロットを生かしつつ手塚ワールドに囚われすぎなかったのが正解。見事な伝奇ファンタジーとして甦らせたと思う。
百鬼丸を演じる妻夫木聡は笑顔を極端に少なくし、見得を切ってみせる。これがなかなか渋く、彼の男ぶりが上手く表現された(この点『武士の一分』のキムタクにも通じる)。どろろの柴咲コウも女っぽさを封じ、その眼力を存分に活かしている。売れ線で選んだだけ、というのではない巧演。脇役もそれぞれいい。醍醐景光の中井貴一は彼らしいが(苦笑)、寿海の原田芳雄、母の原田美枝子、多宝丸の瑛太、それから重要なシーンに登場する琵琶法師の中村嘉葎雄と、それぞれ持ち味を生かしている。
SFXを使ったアクションシーンもそれなりに楽しめるし、そうしたCG中心の中に着ぐるみ魔物が出てくるのもご愛嬌。着ぐるみが妙に親しみ深いのだ(微笑)。短い時間に若干詰め込みすぎの感もあるが、飽きることなく最後まで楽しむことが出来た。
魔物に奪われた自分の体の48箇所を取り返すための旅・・・それは原作が作られた60年代後半、学生運動に揺れた時代の「自分探しの旅」を象徴するとの見方もあるが、それはともかく、こうした物語を構築した手塚治虫のストーリーテラーとしての偉大さを改めて思う。
さらにいえば、途中の子供を食らう魔物とのエピソードといい、父子の対峙のシーンといい、「親子」に焦点を絞ったこの映画の構成は、手塚治虫自身も満足する作りではないだろうか。戦国伝奇ファンタジーとしては十分高いレベルに達していると私は思う。

投稿者:tony montana投稿日:2007-01-22 23:39:29
【ネタバレ注意】

試写で観たけど、面白くなかった。
CGは浮きまくり、(土屋アンナのCG変化は爆笑ものだ。)
昔の仮面ライダーの様でおもっきり「着ぐるみ感」出てるし。
お互い、全くかみ合ってないよ!

ストーリーは後半失速!しかも半端じゃない失速。
これで制作費20億円、全米公開決定と言うが聞いてあきれる。

唯一よかったのは、妻夫木聡が意外に百鬼丸してたとこ位。


同監督の「月光の囁き」での繊細さは何処へいった??

投稿者:モーティマー投稿日:2007-01-07 08:53:52
映画自体には期待しないけど劇団ひとりに期待
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-01-07 04:53:38
 
ノーカットで観た映画しか感想を書かないことにしているんですが、
夜中にあんまりCMを何度も見せられるんで、一言だけ。

なんで柴崎コウ?
なんで妻夫木聡??

特に妻夫木。十数秒のCMでさえ、田舎の中学二年生なみに迫力も
凄みも陰もない、もう奇跡のようなミスキャスト。
「どろろ」を映画化するにあたって、百鬼丸にはこいつが最適だと
作り手は本当に考えたのかね?柴崎と妻夫木の競演っつー話題性
だ け で客を劇場に呼べればそれでいいや、って考えが丸見え。
志低すぎ。

興行だから客が呼べなきゃ話にならんのはわかるが、だったら
おとなしく柴崎と妻夫木で難病モノでも作ってろっての。
あんな名作を原作に無駄遣いすんな。作品に対して失礼だ。
投稿者:レッド・キング投稿日:2006-11-30 13:50:11
なんで、どろろの役をあんなにかわいいコウちゃんにやらせるのよ!
理解不能!演技がいいって書いてるけど・・どろろのイメージじゃないんだよね!どろろはこんなに美人じゃないんだよ!
もう少し考えろってえの!
原作のファンの人が作ってよ!
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2006-10-13 18:41:45
日本映画ってほんとにキャストがいつもおんなじ。

投稿者:dack投稿日:2006-10-09 22:04:47
そこそこ人気があって、そこそこ人が入りそうなこの手の弱腰キャスティングには飽き飽きだ。
せっかくいい話なのに、こういう形で汚してほしくない。
非常に残念だ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】どろろ2009/07/24\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】どろろ コレクターズ・エディション <初回限定生産>2007/07/13\8,400amazon.co.jpへ
 【DVD】どろろ2007/07/13\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】どろろ ナビゲートDVD 〜序章〜2006/12/22\2,381amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】どろろレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION