allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

天使と悪魔(2009)

ANGELS & DEMONS

メディア映画
上映時間138分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2009/05/15
ジャンルサスペンス/ミステリー/アドベンチャー
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。
インフェルノ/ロバート・ラングドン ブルーレイ トリロジー・パック (初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,066
価格:¥ 6,357
USED価格:¥ 4,050
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。教皇選挙(コンクラーベ)が行われるヴァチカンを舞台に、宗教と科学の数百年にわたる対立の歴史が招いた恐るべき陰謀の阻止に奔走する宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍をサスペンスフルかつダイナミックに綴る。共演は「ミュンヘン」のアイェレット・ゾラーと「スター・ウォーズ」シリーズのユアン・マクレガー。
 ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。秘密結社イルミナティがヴァチカンを窮地に陥れていた。それはかつてガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅したものと思われていた。しかし秘かに復讐の機会を待ち続け、教皇の逝去を受けて行われようとしていたコンクラーベに乗じてついに復活を果たしたのだ。彼らは最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告、その上ヴァチカン全体を爆破する計画まで進めていた。そのためにスイスのCERN(欧州原子核研究機構)から恐るべき破壊力を秘めた“反物質”をも盗み出していた。そこでCERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけ、ラングドンと協力して事件解決に乗り出すが…。
<allcinema>
【関連作品】
ダ・ヴィンチ・コード(2006)第1弾
天使と悪魔(2009)第2弾
インフェルノ(2016)第3弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
964 7.11
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2016-10-31 01:25:59
【ネタバレ注意】

秘密結社と歴史謎解きミステリー+コンクラーヴェ。

何度かチャレンジして観たけどどうにも乗れず。

駆け足気味で詰め込みすぎでなんだか本筋も枝葉もゴチャゴチャしていて、
自分にはどうも観づらい作品。

ユアン・マクレガーのカマトトぶりもどうかと思う。

パラシュートで素敵に降りてくるカメルレンゴ。大事なシーンなんだろうけど。
こんな計画立てるとかアホじゃなかろうかと。思ってしまったらもうおしまい。
アホなのに手口は極悪。年寄りになにするねん。

科学力ゼロ
宗教力ゼロ
思考力ゼロ

え〜と、、反物質ってなに? ←ここだよここ。

投稿者:HABBY投稿日:2016-04-16 22:10:18
【ネタバレ注意】

「あなたは神を信じますか?」「私は学者です 頭で神を理解することは決してないでしょう 」「心では?」「"理解を超えた存在"で 私が未だ授かっていない贈り物です」序盤での一コマ。

他、
"悪魔の穴開くサンティの土の墓"
"ローマに縦横に現れる元素"
"光の道...聖なる試練..."
"気高き探求を天使が導く"
などなど。何やらドラクエに出てきそうな感じな符丁。

どことなく重苦しく荘厳な空気に覆われているのは、台詞がイタリア語なことや宗教が前面に押し出されていることも影響しているか。ダリオ・アルジェントの作品とか、ショーン・コネリーの『薔薇の記号』などを連想させる密度感。

『ダヴィンチ・コード』にあったエンタメ要素が本作では薄められていて、シリアスな雰囲気が全編を支配。良く言えばリアル、悪く言えば平坦。好みは分かれそう。

投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-23 22:34:42
うーん、どんなんだったっけ?
ラストが異様にドタバタしたような記憶が。
投稿者:kath投稿日:2014-02-01 21:04:05
ストーリーはどうやら原作が圧倒的にいいらしい。。
投稿者:nyiregyhazi投稿日:2014-01-23 21:46:42
途中で見るのをやめようと思ったけど、
せっかく見始めたんだし、
ここでやめると今までの時間が無駄になるなんて
セコいことを考えたせいで、
もっと長い時間を無駄にしてしまった。

無理やり作ったストーリー、話のための話、
こんなのには付き合いきれないよ。
だいたい宗教なんて世界規模の大勘違いだろ。








投稿者:江川良名投稿日:2011-11-27 23:20:13
「ダ・ヴィンチ・コード」同様、ノンストップで展開するストーリーを追うだけで終わってしまう強引な作りで、今回はさらに荒唐無稽な内容となっており、真犯人の動機も良く分からないので、ドラマ的なカタルシスは皆無。前作同様、画作りは豪華なので、退屈はしないけど。。。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-10-09 21:17:09
【ネタバレ注意】

とても忙しい映画ですが、見る人を楽しませるよう、うまく作られていると思います。カメルレンゴの出生の秘密をカットしたせいで、動機があいまいになってしまったのが残念。https://sites.google.com/site/darklymama/home

投稿者:scissors投稿日:2011-04-10 21:50:56
やはりR・ハワードとT・ハンクスのコンビでサスペンスやミステリーをやること自体に無理がある。
投稿者:TNO投稿日:2010-11-14 11:32:12
宗教に疎い私ではあるが、スリラー映画として、楽しめた。カトリック信者であれば、有名な彫刻家がテロ組織の一員に仕立て上げられていたり、聖堂美術が破壊されたりで、観るに堪えない映画であるのかも知れない。現在でも、科学と宗教の対立が公にあることが描かれていて、興味深かった。つい先日も米国のある州の議会で公立学校で進化論を教えることを禁止する決議があったと報道されていた。半世紀前に作られたモンキー裁判を題材とした映画"風の遺産"の状況は、今も米国では続いているという日本人にとっては信じ難い事実もある。教皇がスイス傭兵に守られていることも、初めて知った。アンビグラムも隠し味として面白い。映画としては、前作"ダ・ヴィンチ・コード"が、筋を追うのに苦労を強いられたのとは対照的に、アクションで筋が導かれるので、理解しやすく、最後の大どんでん返しは、うかつにも全く予想を覆してくれた。欧州各国から参集した俳優達の競演も見物。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-07-21 09:25:23
前作と同じく、超長い原作を2時間にまとめるのは無理な話…
そこで今回はストーリーを若干変更してた。
うん、その方が良かった。

でもどうせストーリー変えるなら、無理やりにでもヒロインをオドレイ・トトゥでやって欲しかったな〜。

まぁどっちにしろ原作の方が10倍くらい面白いのでこの評価で…
投稿者:ジーナ投稿日:2010-06-12 21:57:19
ローマ教皇の死、次の教皇を選ぶコンクラーベ、はるか昔に封印された秘密結社イルミナティなどプロットの重ね方が上手いですね。
宗教象徴学という分野も知らなかったので興味を持って鑑賞できました。
しかし、図柄や何やらを捜査するのは最初だけで途中からバタバタ答えを見つけていってしまうので、、置いてきぼりな感じでした。
「ダ・ヴィンチ・コード」ほど解説が多いのも癪ですが、もう少しシンボルから犯人や犯行現場を判明していく過程に重厚さを出せると良かったですね。

1時間おきに一人を処刑というのはなかなか効果的でした。
やはり時間的なリミットがあるサスペンスは、展開が速く感じてイイですね。
毎回ギリギリの時間に答えを見つけるので「間に合うか?!間に合わないのか?!」とハラハラドキドキできました。
タイムリミットがわかるような工夫をしていればさらに緊迫感を得られたでしょうね。

内部事情をほとんど明かす事のないヴァチカンの風習を見られるのも面白みになっています。
欲を言えば、秘密結社の内情にも深く迫って欲しかったですかね。

科学的な描写はリアリティに欠けましたし、二転三転するオチには肩透かしをくらうなど残念な点が多いのは勿体なかったです。

でも・・・音楽やスリリングな演出、バチカンやローマの街並みなどは素晴らしかったので、見せる力はあると思いますよ。
キリスト教やヴァチカンに対する知識がなくても理解できますし、アクション多めで娯楽性のある作風なので宗教臭い作品が苦手な方でも楽しめるでしょう。
投稿者:bond投稿日:2010-06-03 12:00:25
次々と簡単に謎解きが続くため、重厚感がない、犯人も、もしかしてと思ったらその通りだった。多分小説の方がいいのだろう。
投稿者:nabeさん投稿日:2010-05-09 20:14:50
脚本と演出は抜群。でもなんでこんなに目まぐるしいのだろう。推理ゲームとアクションシーンのバランスが悪く、考えているあいだに次のシーンに移ってしまい置いてきぼりをくらう。
監督は「名探偵コナン」を観て良く勉強した方がいい。
投稿者:namurisu投稿日:2010-04-15 12:43:07
次回作は、「インフェルノ」。早く観たい。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-02 10:03:47
あくまでもカトリックの方
あるいは本好きの方には猛烈に面白い
「天使と悪魔」
でもさすが正統派超大作監督ロン・ハワード
ちゃんと見応えのあるサスペンスになっておりましたhttp://mototencho.web.fc2.com/2009/angeld.html
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-03-16 00:29:45
【ネタバレ注意】

…そして活劇。

反物質によるバチカン消滅をカウントダウンしながら連続猟奇殺人が進行する…
確かに枢機卿達の殺され方と場所は原作と同じ。教授がそれらを特定して追いかける、ってのも同じ。
勿論、真犯人も、その最期も同じ…
〜だけど、これは別物ですね。原作の方が遥かに面白いです。

ダヴィンチコードの映画版は、原作エピソードが結構カットされているのだが、ほぼ原作の面白さの大部分は映画版の中に有ります。本作は時間内に収める為のカット&駆け足なのでしょうがサスペンス性、意表を突くドンデン返し、活劇性、全て犠牲にしてしまってます。

ラストの展開(ヘリのシーン以降)が作品のハイライトらしく良く出来てますが、あくまで映像として、であって、省略された部分無しに本来ラストの展開は語れないし、イルミナティ・ダイヤモンドが何で教皇のマークになっちまうの?〜逆さまに押す?色々と考えますね……いやセルンの車椅子な老人って主要なキャラを省略したが故の独自の解決って意味では上手いっちゃー上手い脚本なんですけどね。怪しいヤツが射殺されて実は…とか、原作では騙し方ってか見せ方が遥かに上手いと思います。

原作の(教授と事件を追う)女科学者は、世界でトップクラスの頭脳を持つ、もっと現代的なファッションの若い女性で、そのファッション故に、あのトランプのジョーカーみたいな格好の衛兵に聖堂への入館を止められたりします。且つ教授を引っ張り回すかの行動的なギャル〜ってか、教授共々数々のピンチを何とか回避して最後は教授の若妻化しますからね。恋愛サスペンスじゃないですが〜それだけ魅力的に人物が描かれているって事。
ともあれテンポよく進行するサスペンス・ムービーとしては観る価値無しって事はない。
でもTVドラマ化の方が合ってる素材かもね。原作は超面白いので(難解でもなんでもない活劇推理サスペンス)、サクッと読んでみる価値は有ると思いますね。

投稿者:uptail投稿日:2010-01-15 19:11:00
演出:9
演技:8
脚本:8
音響:8
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2010-01-14 11:07:20
原作を先に読みましたが〜。内容を省略しすぎ〜原作を再現すると3時間越えるとおむけど・・みんなあっさり死にすぎ、ありゃ?って感じ。
カメルレンゴが大衆の前で科学と宗教に対しての演説のシーン作って欲しかったし〜ストーリーと登場人物の設定がなんか軽すぎる。

トム ハンクスがヘリから飛び降りるのを期待してたのに
投稿者:藤本周平、投稿日:2009-12-24 19:50:21
前作「ダヴィンチ・コード」は個人的にはさっぱりだったけど、今回はなかなか面白かった。相変わらずトム・ハンクスがどんどん謎を解いていって視聴者おいてけぼりだし、途中で事件の黒幕が予想できたりしたけど、スピード感が凄く良いので2時間以上の上映時間もあっという間に終わってしまう。普通に良作
投稿者:QUNIO投稿日:2009-07-31 16:22:37
原作を読んでないのでそう簡単に「面白い」とは言えないが、ロン・ハワードの手馴れたストーリーテリングの巧妙さには脱帽です。リアルタイムで物語が進んでいくので少々忙しい展開ではあるが、謎解きのスリルは十分堪能できた。ラングドン教授、別に事件に首突っ込まずに家で本でも読んでたらいいのに。疲れるオッサンだ。しかし首謀者のカメレルンゴも馬鹿だねー。時限爆弾背負っていってこのザマとは。数ある『セブン』もどきにしてはいい映画でしたよ。
投稿者:popcorn投稿日:2009-07-11 14:36:08
【ネタバレ注意】

原作と映画ではエピソードの順番が入れ替わっているそうで、本作は、「あの事件」後ということになっている。

アンビグラム、ヴァチカンの「古来の仇敵」、(フィクションとしての)秘密結社イルミナティ(「“啓示を受けた者”」)などのキー・ワードについては、ハーバード大学の教授で、宗教象徴学者、ロバート・ラングドン=トム・ハンクスが、リヒター=ステラン・スカルスガルドや、オリヴェッティ=ピエルフランチェスコ・ファヴィーノに話す体で、観客に説明してくれる親切な作りなので、置いてけぼりを食う心配はない。

トンデモ要素は上記の秘密結社イルミナティくらいで、イエス・キリストの子孫といった大風呂敷は広げられず、個人的にワクワク感は減じたものの、限られた時間の中で、拉致された枢機卿たちを救出すべく、ラングドンが奔走する展開はスリリングだし、神の粒子とも形容される、反物質を使用した爆弾は完全にSFだが、その威力は凄まじく、映画的な見せ場になっている。
普段、立ち入りが許されない、コンクラーベ(教皇選挙)の様子、ヴァチカン記録保管庫も興味深い。

『ダ・ヴィンチ・コード』のリー・ティービング=イアン・マッケラン、マヌエル・アリンガローサ司教=アルフレッド・モリーナ、シラス=ポール・ベタニーらに比べると、脇役のキャラが立っていないのはマイナスだが、さすがはアカデミー賞受賞の職人監督、ロン・ハワードだけあって、エンタメとして平均点以上の仕上りである。

トム・ハンクスは、初の続編出演で、役作りにゆとりが感じられ、ロバート・ラングドン役が、着慣れたブリオーニ(衣装協力)のジャケットのようにしっくりしている。

自作自演だとしても、ローマ教皇の侍従で、ローマ教皇庁の管理業務及び、財政の責任者である、カメルレンゴ=ユアン・マクレガーの「英雄的行為」並びに、焼身自殺には、良くも悪くも信仰の力を思い知らされる。しかし、彼が真犯人なのは驚きがない。

そう言ってはなんだが、このキャスティングで、ユアン・マクレガーが主役でなければ、敵役以外あり得ないからだ。

ミスター・グレイ=ニコライ・リー・コスを殺害したのは口封じのためだろうが、解らないのは、自動車に爆弾を仕掛けたのは誰かである。原作を読めば、解決するのだろうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella

投稿者:すぽべあ投稿日:2009-06-12 12:18:37
【ネタバレ注意】

原作未読で観ました。ダヴィンチコードがなんだかなぁ・・・だった分期待しないで行ったら
意外にも楽しめる娯楽作品だった。
テンポよくさくさく進んで(前作比)展開も読めちゃうけど、反物質のどっかーんがキレイだったし
名所巡りもできてお得な感じ?

しかし観ている最中は引き込まれてわくわく見れちゃったけど、終わってからイマイチ感がむくむく。
つまらないお話なのか?と原作を後で読んでみたら・・・原作のほうがまだ面白かったです。
ずいぶん大胆にカットしたり足したりしてまとめちゃったんですねぇ・・・
DVD出ても買わないだろうし、原作ももう読まない気のする作品でした。
いえ、どちらも楽しめたんですが。

投稿者:黒美君彦投稿日:2009-06-10 00:43:21
【ネタバレ注意】

原作未読。個人的には前作以上のテンポアップぶりに、中盤からはただただ苦笑するのみ。台本通り?の鋭い推理を披露する(そうしないと上映時間が長くなってしまうから?)ラングドン教授は、“インディ・ジョーンズ”に“ナショナル・トレジャー”を加えて、カトリックで味付けしました、って感じか。どんでん返しも途中で予測した通り(危うく法王になりかけるとは思わなかったが)で、残念、期待ほどには面白いとは思えなかった(個人的な感想です)。
原作ではもっと薀蓄を楽しめるのかな。

投稿者:ビリジョ投稿日:2009-06-09 23:10:52
【ネタバレ注意】

 前作より100倍面白い。前作は酷かったなあ。壮大なホラ話第2段、今回は怪しい奴が3、4人居て終盤まで結構怪しいままなので、よかったんでないでしょうか。

投稿者:まりっくりん投稿日:2009-06-09 15:50:17
【ネタバレ注意】

全然面白くないどうでもいい映画。
結局、何のためにバタバタしているのか?と白けならがら最後まで見てしまった。
苦笑。

投稿者:NYY投稿日:2009-06-05 20:21:44
【ネタバレ注意】

なかなか行けなくて昨夜やっと見てきました。程良いテンポでサ
クサク進む噂通りの娯楽映画になってて、面白かった。
ていうか、ローマの観光を楽しめました。そのせいか、今日の昼
はパスタを食べたw。
インディ・ジョーンズっぽい秘密の通路なんかも程良く出てきて
ナイス。
ちょっとオバチャン入ってるけど、女優さんがイタリアっぽい雰
囲気があって(イスラエル人か)好みのタイプだった。オドレイ
よりは数段良いよ。
大事な本を何の躊躇いもなくビリビリって破ったりして、いー女
だ〜。あれは女にしかできないタイプの大胆な行動だねw。
全体的に分かり易すぎるし、陰謀が少々足りない気もしたけど、
アホか?ってくらいに大風呂敷を広げるサスペンスってのは良い
ね〜。大好き。
 
怪し過ぎるあの人の「英雄的行為」は、一瞬だけ良いな〜と思っ
たけど、やっぱり胡散臭いよね。
あの一瞬の空の色は、宗教画のような壮厳な美しさと、宗教が持
つ胡散臭さとを同時に体験させてくれる良いシーンなのではない
かと思った。
 
ただ、宗教VS科学とか、今更で分かり易い対立をさせる必要は
ないんじゃないかと。
いくら科学が進んでも、人は死んだらどこへ行くのか?とか、
なぜ自分だけが不幸なのか?等、宗教が扱う領域ってのは残るし
むしろ、科学が進めば進む程増えていくとも言える。
世界が「そうなっている」ことを発見するのが科学だが、なぜ他
の形ではなく「そうなってる」のかについて科学はストーリーを
与えてくれないし。
ところで、反物質って、そんなのあんの?
 
コスプレのユアン・マクレガーが、いつライトセーバーを抜くの
かと待ってたんだけど・・・

投稿者:マーサ19投稿日:2009-06-04 22:57:17
【ネタバレ注意】

今回のパートナーは知的で美しくて良かったな〜。
ローマも久々に見えて嬉しかったわ!

映画は面白い!
よく出来ている。役者も皆うまい。
ただ〜残酷。
これが私的にはいただけなかった。
時代は変わっているのだから。

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2009-05-28 18:03:03
【ネタバレ注意】

見てきました映画館で、いやー面白かった。130分集中力を切らさず一気に見れました。久々ですねこの感じ。さすが巨匠ロン・ハワード。スピルバーグも年取ったらこんな感じになると思っていたのに、あっちの方へ行ってしまいましたな。ユダヤの血は争えないのか。内容はというとナインスゲートとセブンを足して豪華にした感じ。どうせコメント殺到するだろうから私は多くを語らない。ただ一つだけ欲を言えば、実行犯をもっと隠した方がミステリアスだったと思う。

投稿者:replicant投稿日:2009-05-24 00:59:22
【ネタバレ注意】

『ダヴィンチ・コード』の続編だそうです。もちろん前作は観ていますが、内容は全く記憶に残っていませんキョロ(・_・ ))(( ・_・)キョロ あんまり面白くなかったような印象が・・・( ̄。 ̄ )ボソ 気を取り直して今作です。ハリウッド製娯楽作品として普通に面白かったですね。ぶっちゃけ、キリスト教に興味無い上に恐ろしく無知だし、ハンクスが「これは・・・そうかぁ!」みたいな演技をしていても「ふ〜ん、そうなんだ・・・」としか思えないので、彼らの後ろを追いかけているだけです。だから、大きな花火が上がった時には前作には無かったカタストロフィーを感じました(って、そんなんでいいのかなぁ・・・オレ?)。まぁ、前作のようなウンチクを語られても全く意味不明なオイラにとっては“映画を楽しむのには調度良い! by HONDA@COPY”内容でした。監督は前作に引き続きロン・ハワード。でもさぁ、なんでこんなまどろっこしいコトしてんのかな・・・その辺が結局、オイラには良く分からないのよねぇ・・・(/・_・\)アチャ-・・それにしても、ヴァチカンに全く協力を得られなかったという撮影ですが、それでも、どうやって撮影したんだ・・・凄いわ!

投稿者:日商簿記2級投稿日:2009-05-23 13:25:07
「ダ・ヴィンチ・コード」は、原作を読んで、映画も映画館で観てきて、すごくおもしろかったです。

「天使と悪魔」は原作を読んでなく、原作を読まないと絶対に話についていくことはできないだろうと思ってました。

 しかし、「天使と悪魔」、内容が難しいなんてそんなことは全然なくて、非常を物語に入りやすかったし、アクション・シーンも前作以上でした。

ただ、何かいまいちぴんとこないところも多くて、アクション・シーンがあったからこそ、物語に深く入り込めて、より面白かったです。ダン・ブラウンの作品で「ダ・ヴィンチ・コード」以外にも「パズル・パレス」というのも読んだことがあるが、「パズル・パレス」もハラハラして、ほんとに映画のような感覚がありました。
 
いつか、機会があったら、原作を読んで「天使と悪魔」により一層入ってみたいと思います
投稿者:ケーニャンミホニャン投稿日:2009-05-23 00:12:08
【ネタバレ注意】

サクサクとした展開でたのしめました。
自分もローマやバチカンを駆け回ってるような感覚です
ハイ・・・次の教会にいきましょう。
ハイ・・・次の教会で〜す。
まるで駆け足の過密スケジュールのローマ・バチカンめぐり
う〜ん・・・・体は燃えるように熱いし 肺に穴があきそう
酸素を・・・・
あれ・・・
「ガリレオの暗号」ってなんでしたっけ
結構この部分に興味をひかれたんだけど・・・・
忘れてるし・・・どうでもよくなってる

投稿者:のど飴投稿日:2009-05-21 21:38:47
【ネタバレ注意】

原作はダ・ヴィンチブームの時に乗っかって読んだ。「ダ・ヴィンチ〜」の方は内容がセンセーショナルだから話題になって映画化されたと思うけど、あまり映画向きのストーリーではなかった。対して「天使と悪魔」はサスペンス要素満載で映画したら面白い作品。

前作は原作を上手くまとめようとして失敗した感じだったが、今回はその失敗をばねにしたようで、原作を大胆にアレンジしている部分もある。
原作の主要な人物も何人かばっさりとカットしているし、原作では死ぬ人が助かったり(ここは原作ファンなら感動する)、ラングドンのパラシュート降下の場面もない(ここはカットされて当然。いくらなんでもアホすぎる。)。

原作では宗教(バチカン)―科学(セルン)という対立する二つの構図が描かれてたのに対し、映画ではセルンの描き方が割とアッサリしてて、バチカンに重点が置かれている。科学―宗教の対立というよりも、人々が宗教に対しどんな姿勢をとるかということがちょいちょい示されていた。(ラングドンが聖職者スーツのカラーを外す場面とか)

投稿者:hayate9投稿日:2009-05-18 20:38:51
「ダ・ヴィンチ・コード」は観てません。
本も読んでいないし、仏教徒だし。
でも、ユアン・マクレガー目当てで観に行きました。
前半(く、空気が〜って所らへんまで)何度かウトウトしてしまい、そこで説明があったのか、知ってて当たり前なのか・・・カメルレンゴがユアンの役名かと思ってしまいました。「次のカメルレンゴが・・・」ってセリフで役職だと気付きましたが・・・。

まぁそんなバカチンでも楽しめました。
ラングドン教授は謎を解くのあっという間なので、テンポも早い!
もっと難しいかも・・・と思っていましたが、セリフで説明してくれます。
投稿者:BLADE投稿日:2009-05-18 16:23:19
全体的に見れば「ダ・ヴィンチ・コード」よりは面白い。
なんか、何をするのか、どうなっていくのか、こういう見せ方は前作よりは見やすくはなっている。あいかわらず謎解きとかを理解するのは苦労するかもしれないけど。
あきらかに前の作品よりも人はたくさん死ぬし、派手な展開もショッキングな描写もある。そういうのが苦手な人はいるかもしれないね。
でもまあ、そこを上手くCGとかで表現する最近の映画はたいしたもの。
CGであっても興ざめしない程度の出来にするなんていいねw
宗教に関して本当のことのように嘘のようにあまり感じずに見れるのは、そこはヨーロッパの宗教や科学の奥深さなのかもしれない。日本だったら建造物とかでこういうストーリーにするのは容易ではないだろうな。出来ても「名探偵コナン」ぐらいだなw
監督のロン・ハワードも前作の評判への反省からか、前作にはあまり感じなかった深刻さや緊迫感が本作に出ていた。救うことはできるのか、ラングトンの命は!とか、爆弾はどうなるか!とかね。

個人的には前作よりは真犯人の動機に今一つ希薄なのが残念なところかな。
そもそもこんな破天荒な、大胆な反抗をすること自体が変だけどさw
投稿者:ローランド投稿日:2009-05-17 23:34:22
 ロン・ハワード監督は繊細な人のようで、10人中9人が良いことを言
ってくれても最後の1人のコメントが良くないと気になると雑誌のインタ
ビューで語っていて、興行的には成功した「ダ・ヴィンチ・コード」も、
評価の低さには傷ついていたのだそうな。  ということは、こんどは
高評価を受けるべく気合を入れた作品になるはずと、期待を抱いて
心ワクワク映画館へ足を運びました。  

 グレゴリオ聖歌調の音楽が雰囲気を盛り上げる冒頭から、これは
なかなかいいぞって引き込まれ、猗進質瓩覆詒鷂充妥なもの
や、ややこしい宗教のことなども、これは物語を面白くするための必
要品と割り切ることができ、良い意味で予想を裏切るエンディング
も良く、前作とは違って気持ちよく観進んで行けたしカタルシスをあ
たえてもくれたのであります。  最近よく目にするアーミン・ミュー
ラー・スタールがここでもなかなかの存在感を見せていたけど、
その枢機卿が野心を抱いているかのような煙幕を張ったのもエンディ
ングの意外性を際立たせるために効果的でした。

 だがしかし、いまひとつもの足りなさ感が残るのはなぜか?。  
考えてみるに、古文書をヒントにしての謎解きが、大風呂敷を広げす
ぎたがため、その大風呂敷ほどにはヒントが謎解きと事件解決の行動
に結びついてはいないように感じられたためと、それに、
大爆発が起きて、どえらい惨事が起ころうというのに、登場人物に
緊迫感が欠けていたってことも、もの足りなさを感じさせる原因だった
かもしれないです。

 資料保管庫に入るための教皇代理からの質問、狄世鮨じるか
に対する返答がかなり工夫されていて、憶えておけばいろいろなと
ころで使えるぞって思ったけど、なんせ記憶力があまりよろしくないの
で今はさっぱり浮かんでこない。  だれか記憶力の良い人、観に
いったら憶えておいて紹介してくださいませ。  

 それにしても、宗教って突き詰めるとややこしいですね。  
ユダヤ教の「ヤハウェー」もイスラム教の「アッラー」も言語上の違
いだけで同じ神だって、1〜2年前にNHKテレビでやっていたん
で、そうなのかって関心を持っていたら、その後、キリストの言う
爐錣燭靴録世了勠瓩劉狄性瓩發修譴汎韻犬世箸いΔ海箸鮹里辰董
なぜ今まで誰も教えてくれなかった・・・というか、メディアで取り上げ
ないのだろ?って疑問に思ったのだけど、筑波大学助教授の例もあ
るし、こういうことには文字どおり爐気錣蕕命世麻りなし瓩了兩
で来たってことなんでしょうね。  

 同じ神を崇めながらも、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教それぞ
れの仲の悪さは半端でないけど、そういえば日本でも、同じ釈迦を
崇めながらも犬と猿のように喧嘩しているところがある。  
近親憎悪の根は深いようです。  最近よく布教に来るハルマゲドン
を言う宗教、もしかしたらイルミナティの末裔かもしれない。  こんど
きたら訊いてみよう。 ・・・・だなんて危ないことはしません。
投稿者:ASH投稿日:2009-05-16 00:22:41
【ネタバレ注意】

 「ダ・ヴィンチ・コード」の続編という触れ込みだけど、あまり前作とは関連がなくって、主人公が同じだけという、いうなればラングドン教授シリーズの一環と捉えればいんでしょうね。ということで、前作を観ていなくても大丈夫ね。コレを歴史ミステリーとして観ようとすると失敗するけど(そんなヤツはいない?)。

 全世界同時公開という惹句がハイプに聞こえちゃうくらい、どちらかといえばトンデモ映画に分類されるタイプの映画だと思うので賛否両論が、それも圧倒的に「否」の方が多いとは思うけど、長尺ながらロン・ハワード監督による勢いのある強引な演出のお陰で最後までダレずに一気に観せる手腕はお見事。ミステリーとしては失敗だろうし、突っ込みどころも満載だけど、僕はこういう底抜け超大作は割と許容範囲なんですよ。

 バチカンから迫害されたイルミナティという古来の秘密結社が復讐としてバチカンを崩壊を企てる、と敬虔な人が観たら卒倒しちゃいそうなくらい罰当たりなお話で、これじゃカトリックも黙っちゃいないだろうよ。踏み込んではいけないやんごとなき世界に足を入れる、そんな覗き見感覚で愉しめちゃうのは信仰とは無縁の人たちなのかもしれない。幸いにも僕もそういう観客なので、あまり馴染みのない宗教儀式が見られるのは興味深かった。あの世界は、かなり厳重に守られているんだなぁ。

 確かに、「科学」をねじ伏せてきた「宗教」が、その科学によって崩壊の危機に陥るというのは面白い設定だ。それが核物質のようなものではなく、「人類の最強のエネルギー源」である「神の素粒子」と呼ばれるもの、すなわち反物質というのもどこか宗教的な意味合いが含まれているようで面白い。がしかし、これを爆弾のように扱うことは現代の科学では可能なのかいな? なんだかいきなりSF映画のような展開になって、しかもあの目的のために爆発させるだなんてリスクが大き過ぎやしないか? バチカン、怒るで、しかし。

 原作は未読なのでこの解釈は間違っているかもしれないが、キリスト教に限らず、「宗教」や「信仰」そのもののあり方に疑問を投げかけているような印象を受けるが、それは要らん深読みなんでしょうね。原作者やロン・ハワードはそこまで考えてなくて、徹底したエンタメとしてこの題材を扱っているのは明らか。でなきゃ反物質の大爆発なんて、あんな荒唐無稽なことはしませんて。真面目に扱ってない分、敬虔な人や、信仰に馴染みのない人からは厳しい評価が与えられる。難しいとこだねぇ…。

 察しのいい人なら黒幕の正体はすぐに分るでしょう。あの人かな?、と思わせておいて、実は…というどんでん返しは、僕は割りと好きな手法なんです。どこか強面で何かを企んでいそうなスイス衛兵隊のリヒター隊長が怪しいと睨んだんだけど…。それにしても、残酷な手口で殺害された枢機卿たちが気の毒でしょうがない。なるほど、教皇の候補者たちが次々と消えれば…。

 バチカン図書館から歴史的に貴重な書物から1頁ひっぺがしたり、挙句の果てには本棚を倒したりと、これまた罰当たりな描写が満載! 意味は違うけど、例えば宮内庁書陵部(行ったことないけど)の本棚をひっくり返したどうなると思う? ダン・ブラウンの「神」に対する考え方とは、ラングドン教授のソレと同じなんかいな。ずっと閲覧したかったあの本を、ラングドン教授が最後に借りられるのはなかなか素敵なオチで、好きよ。「科学」にも「宗教」にも悪いところはある。都合のいい〆方です。

 ところで、「コンクラーベ」って日本語の「根競べ」に似ているね! 確かに、白い煙を出すまでの根競べだわ。

【ニュース】
全米興行成績、タイラー・ペリー監督・主演「Boo! A Madea Halloween」が「インフェルノ」を抑えV22016/10/31
ダン・ブラウン原作×トム・ハンクス主演シリーズ第3弾「インフェルノ」、予告編2016/06/24
ダン・ブラウン原作×トム・ハンクス主演シリーズ第3弾「インフェルノ」、ティーザー・トレーラー2016/05/10
全米興行成績、3D大作「ゼロ・グラビティ」が口コミ効果でV2達成2013/10/15
ロン・ハワード&トム・ハンクス、ダン・ブラウン最新刊の映画化で再タッグへ2013/07/17
「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3弾、監督は「わたしを離さないで」のマーク・ロマネクか2011/10/20
DVDリリース情報:「天使と悪魔」「それでも恋するバルセロナ」etc.2009/08/20
全米興行成績、トッド・フィリップス監督コメディ「The Hangover」がV22009/06/15
全米興行成績、「カールじいさんの空飛ぶ家」が新作コメディを抑えV2達成2009/06/08
全閉興行成績、ディズニー・ピクサー「カールじいさんの空飛ぶ家」が好スタート2009/06/01
全米興行成績、「ナイト ミュージアム2」が「T4」を抑え初登場首位2009/05/25
全米興行成績、「ダ・ヴィンチ・コード」続編「天使と悪魔」が初登場1位2009/05/18
全米興行成績、J・J・エイブラムス版新生「スター・トレック」が大ヒット・スタート2009/05/11
「ダ・ヴィンチ・コード」続編「天使と悪魔」、予告編2009/02/12
「ダ・ヴィンチ・コード」続編「天使と悪魔」、特報2008/10/31
「ダ・ヴィンチ・コード」続編「天使と悪魔」、スチール2008/10/29
「ダ・ヴィンチ・コード」続編「天使と悪魔」、共演にナオミ・ワッツか?2007/11/21
トム・ハンクス、「ダ・ヴィンチ・コード」続編のギャラは史上最高額に?2007/04/10
ソニー、『ダ・ヴィンチ・コード』前章の映画化に着手?2006/05/24
『ダ・ヴィンチ・コード』の前作をトム・ハンクス&スピルバーグで映画化???2006/03/01
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】インフェルノ / ロバート・ラングドン ブルーレイ トリロジー・パック <初回限定生産>2017/02/22\6,543amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】天使と悪魔 <4K ULTRA HD & ブルーレイセット>2016/10/12\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダ・ヴィンチ・コード&天使と悪魔 ブルーレイ・コンプリート・エディション <初回生産限定>2016/10/12\4,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ソニー・ピクチャーズ Mastered in 4K コレクターズBOX Vol.12014/12/24\21,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「ダ・ヴィンチ・コード」/「天使と悪魔」2014/11/26\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】天使と悪魔 <Mastered in 4K>2013/12/20\3,314amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】天使と悪魔 スペシャル・エディション2010/04/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「天使と悪魔」 「ダ・ヴィンチ・コード」 ブルーレイ ダブルパック2009/10/28\7,124amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】天使と悪魔 スペシャル・エディション2009/10/28\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】インフェルノ / ロバート・ラングドン DVD トリロジー・パック <初回限定生産>2017/02/22\5,000amazon.co.jpへ
 【DVD】「ダ・ヴィンチ・コード」/「天使と悪魔」2015/03/25\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】天使と悪魔 コレクターズ・エディション2011/02/23\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】天使と悪魔 コレクターズ・エディション2010/04/28\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】「天使と悪魔」 「ダ・ヴィンチ・コード」 DVD ダブルパック2009/10/28\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】天使と悪魔 コレクターズ・エディション2009/10/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】天使と悪魔 スペシャル・エディションレンタル有り
 【DVD】天使と悪魔レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION