allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アニマル・キングダム(2010)

ANIMAL KINGDOM

メディア映画
上映時間112分
製作国オーストラリア
公開情報劇場公開(トランスフォーマー)
初公開年月2012/01/21
ジャンルドラマ/犯罪
映倫PG12
犯罪がつなぐ、家族のきずな。
アニマル・キングダム [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 24,678
USED価格:¥ 998
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 80年代のオーストラリアを舞台に、母の急死で疎遠だった祖母に引き取られ、犯罪一家との生活を余儀なくされた真面目な青年が辿る運命を鮮烈に描き出す犯罪ドラマ。主演は新人のジェームズ・フレッシュヴィル、共演にガイ・ピアースと本作の演技でアカデミー助演女優賞にノミネートされたジャッキー・ウィーヴァー。監督は、これが長編初監督作となるデヴィッド・ミショッド。
 オーストラリア、メルボルン。17歳の高校生ジョシュア(通称ジェイ)は、母と2人で穏やかな生活を送っていた。ところがある日、母が薬物の過剰摂取で急死してしまう。途方に暮れたジョシュアは、母が遠ざけていた実家の祖母ジャニーンに連絡を取り、彼女の家で暮らすことに。ジャニーンと3人の息子たちは、強盗や麻薬で生計を立てる犯罪一家だった。戸惑いながらも、普通の高校生活を送りはじめたジョシュア。だが、次第に一家の稼業に巻き込まれていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2013-08-18 17:12:40
パッとせんタイトルやな・・・と思いきや、観終わった後にはなるほどと思わせられる。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2013-07-31 14:01:32
【ネタバレ注意】

強い者が生き残る弱肉強食の犯罪世界。アニマル・キングダムというタイトルは、そんな現実を言いえて妙。
全員が犯罪者の一家を束ねるビッグバッドママがおっそろしい。まるで、日本で起きた尼崎の事件みたい。
短絡的に犯罪を繰り返す冷酷さと身内への愛情深さがごちゃ混ぜなところが、なんだかリアル。
救いのない結末の中にも、一筋のカタルシスを感じた。

投稿者:bond投稿日:2013-07-16 08:39:44
いつも無表情で何を考えているかわからない主人公の変化する立ち位置。結局は環境に屈したかにみえた行動だったが、ラストで一矢報いた。仕方なしに巻き込まれていくジレンマが伝わる。
投稿者:陸将投稿日:2012-01-24 13:10:01
【ネタバレ注意】

主人公の青年は、常に無表情だ。
「ファミリー」の中にいても、恋人と一緒にいても、警察に保護されても、ポーカーフェイスを崩さない。
自分の置かれた状況から逃れることも、変えることもできない。
意図せずに加害者になったという意味で、被害者でもある。
身内からも幼稚な邪魔者扱いされ、利用されてしまう存在だ。
血縁という強固なしがらみは、同時に自らを守ってくれる。
だからこそ、外の世界に救いを求めようとしても、結局「ファミリー」へと戻ってしまう。
自分の居場所はどこにあるのだろうか。
自分がこの世に存在する意義は何なのだろうか。
それを求めて、青年は彷徨い続ける。
 
本作は強盗や麻薬を稼業とする「ファミリー」が主役だ。
しかし、彼らはもはや「百獣の王」には君臨していない。
一家が没落していく中で、やがて迎えるだろう破滅の時に恐れおののく焦燥感を、抑えたトーンで描いていく。
激しいアクションシーンはほとんどない。
正気を失った目で、彼らを見つめる主人公視点で物語が語られていくため、かつて名声を極めた者たちの滅びが、まるで叙事詩のような佇まいを漂わせながら、淡々と映し出される。

だが、そのような状況下でも祖母だけは動じない。
崩れかけの「ファミリー」の中心で、彼女だけは不動の存在であるからこそ、かろうじて「ファミリー」の体裁だけは保たれている。
彼女は孤独を恐れている。
「子供たち」と一緒にいるだけで幸せなのだ。
だからこそ、家族と一緒にいるという光景を必死に守り続ける。
そして、彼らが自分へ愛情を注いでいるか確認するために、わざわざ唇にキスをさせる。
そんな狂気的な彼女の執念は、滑稽かつ不気味である。
だが、自らも愛情を注いできた「子供」が「子供」を殺すというラストで、彼女は打ちのめされることになる。

オープニングで、テレビの画面が写る。
その画面を主人公の青年が見つめる横では、母親が薬物の過剰摂取により死んでいる。
この場面を最初に持ってくることによって、死が日常化した世界、あるいは青年の異常さが暗示される。
そんな世界にケリを付けるために、そして自分の存在意義を確認するために、青年は「ファミリー」へ向けて初めて自ら引き金を引く。
そのどこか勇ましい姿は、守られてきた過去の自分からの決別であり、自分は弱者ではなく、新たな「王」であるという決意表明である。
そのラストシーンの切れ味に、ただただ呆然としてしまう。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アニマル・キングダム2012/09/07\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アニマル・キングダムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION