allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ファースター 怒りの銃弾(2010)

FASTER

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2011/05/21
ジャンルアクション
映倫PG12
この男、超怒級。
ファースター 怒りの銃弾/ゴーストライダーTM [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 3,003
USED価格:¥ 3,600
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「スコーピオン・キング」「ウィッチマウンテン/地図から消された山」のドウェイン・ジョンソン主演で贈る復讐アクション。自分を陥れ、兄を殺した者たちへの復讐に燃える男とそれを迎え撃つ殺し屋、さらに事件を追う刑事、3者の攻防がスピーディーに展開してゆく。共演はビリー・ボブ・ソーントンとオリヴァー・ジャクソン=コーエン。監督は「ザ・ダイバー」のジョージ・ティルマン・Jr。
 兄とともに銀行強盗を成功させた男“ドライバー”は、何者かにアジトを襲われ、目の前で兄を殺された上、自身も命は取りとめたものの刑務所送りとなってしまう。やがて、10年の刑期を終え出所したドライバーは、すぐさま復讐へと向かい、ターゲットを確実に仕留めていく。一方、その事件を任された定年間際のベテラン刑事は、犯人を割り出すや着実にドライバーを追い詰める。また、狙われる側も凄腕の殺し屋を雇い、ドライバーの暗殺に動き出すが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2014-07-05 10:15:39
演出:6
演技:6
脚本:5
音響:5
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-04-04 18:29:12
【ネタバレ注意】

途中までは見応えあるのに、あのオチじゃアイツは二度も殺し損ねた馬鹿という事になる(金属板の事を聞いてたのに)。

投稿者:なちら投稿日:2012-08-17 22:35:34
愛するビリーボブ、このところ覇気が無い…。

全力ではなくあえて半分の力で仕事に取り組んでいるナメた様子はあったけど、
最近の出演作を見ると本当に枯れてきてしまったんじゃないかと心配になる毒気の無さ。

この作品だって、ダメ男の下に隠された悪をもっと出す事が出来たはずだと思えてならぬ!
元々そんなに面白くない話をもっと下げる事はやめてくれ。
次回作には期待してる。まだ見捨てられないから。
投稿者:賭侠投稿日:2012-07-07 18:41:12
展開がありきたりで真新しさの欠片もない。
オチが最初の段階で何となくわかってしまうのはB級作品のお約束としても、脚本次第ではもっと面白い作品になったはず。
特に殺し屋の人物設定や描き方が中途半端で、ストーリーの邪魔をしてるようにしか感じない。

トム・ベレンジャーはゲスト出演っぽいが、どう見ても端役並みの扱いにしか見えなかった。
投稿者:bond投稿日:2012-07-02 08:52:34
【ネタバレ注意】

早い展開で繰り広げられるリベンジ。でも、あのオチはどうでしょう?

投稿者:scissors投稿日:2012-06-25 06:16:25
あれこれ詰め込もうとしてまとまらない散漫ダメ脚本のうえに、さほど趣味良くもない映像と音楽の過剰な演出が乗っかるので見ていてうざい。
米国内での興行もコケたようだ。
撮影と編集が下手でシーンがブツ切りのように感じられるのも敗因か。
投稿者:nedved投稿日:2012-06-25 00:32:28
ドウェイン・ジョンソン
投稿者:メカゴジラ投稿日:2012-03-10 03:40:51
【ネタバレ注意】


DVDにて鑑賞。

ロック様…といつまでも呼んじゃうのも失礼かなと思ったりするD.ジョンソン、この映画の前の出演作は「ウィッチマウンテン/地図から消された山」の気のいいタクシー運転手のあんちゃんに、コメディ「ゲット スマート」の敏腕エージェント。もうシュワルツェネッガーみたいに明るく楽しいアクションの人になっちゃうのかと思ったら、こういう濃ゆいアクションにも出るんだね。
兄貴と一緒に銀行強盗を成功させたものの、謎の一味に襲撃されて兄貴を殺され、自分も頭に弾丸ぶち込まれたものの九死に一生を得た主人公。刑務所を出るや、ルガーの44マグナム片手に早速復讐をおっぱじめる。しかし刑務所の出口から走り出すヤツは初めて見た。

とにかく登場する人物のキャラクター設定がいちいち良くて感心する。
事件を追うダメ刑事はB.B.ソーントンのニヤケ顔が情けなくて最高だし、相棒の女刑事との、少しずつ信頼が生まれる描写も上手い。ダメ刑事の別れた息子が可愛い少年じゃない悪意には笑うが、この二人が子供用ベッドで一緒に寝るシーンの愛情の深さは上手すぎる。主人公が服役したために別れた元恋人が叫ぶ「あいつら皆殺しにしてやれ!」もグッと来る。
主人公を追う殺し屋は修行みたいに人殺しをする自己陶酔したキチガイだし、主人公の両親に至ってはもう笑うしかない。主人公は猪突猛進の筋肉バカだが、周りがこういう濃ゆいメンツだから映画から浮かなくて済んでるんだよな。

復讐される側の面々も、訳もわからず殺される奴あり、主人公と勝負する奴あり、改心してて命乞いする奴あり、相変わらず変態野郎だったり。復讐に突っ走る主人公が、その虚しさに少しずつ気づいていくあたりも本当に上手い。

クライマックス、主人公を消すべく殺し屋を雇った黒幕の正体は素直にビックリさせられた。あそこで終わってくれてたら、この映画は映画史に残るぐらい後味がクソ悪い、呆気にとられる傑作だったと本気で思う。
一応収まりのいいラストになってるけど、その理由付けはさすがに無理があるでしょ、という感じでちょっと残念。

アクション…というか銃撃戦も地味ながら重くて好みなんだけど、編集ミスなのか?リボルバーで8発撃ってるシーンがあったりすんのが惜しい。

なんつうか最近のアクション映画では珍しいほど潤いのない、ザラついた触感で、重くて見応えのあるアクション映画。
いやこれは本当に拾い物だったな。

投稿者:ASH投稿日:2012-03-05 19:26:09
【ネタバレ注意】

 2010年の11月にNYへ行ったときに、現地でTVスポットがバンバン流れていたのが「ラブ&ドラッグ」「ラプンツェル」、でもってこの「ファースター」。ここ最近のロック様って、ファミリー映画での気のいいあんちゃんが多かったから、そろそろ本格的な主演作が観たいよなぁ、と思っていた矢先のTVスポットだったので期待値が上がった。が、近場のシネコンでは遂に上映はされず、だいぶ遅れてBDにて鑑賞! SPE、許さん!

 まあ、それはさておき、コレは久々に登場した男気満点の、女子禁制映画の傑作! お話はいたってシンプルなんだけど、ロック様の映画はこれでいいんだよ。

投稿者:ghost-fox投稿日:2011-10-16 22:17:15
投稿者:カムストック投稿日:2011-06-25 02:07:35
【ネタバレ注意】

歌舞伎町で見たんだが、おやじ共しかいない。俺もおやじだが。新宿にはシネコンが2つあるし、今や日本全国にシネコンがある。1軒のシネコンに10コほどのスクリーンがあるが、やってるのはタレント映画か犬猫かアニメかファンタジーばかり。大の男が拳握りながら見れる映画はかかってないね。俺みたいな映画バカはともかく、普通の中年以上の男は「シネコン難民」なんだな。
そんな男どもが安住の地とたどり着いたのがここだった。愛想のない、ゴリゴリした感触の70年代風アクションを楽しめた。ドウェイン・ジョンソンは「ワイルド・タウン」も「ウィッチ・マウンテン」も70年代映画のリメイクだし、この映画で転がす車も、あの壊し屋ハリッキーの映画に出てくるヤツに似てる。
この映画はリメイクではないけど、登場人物が固有名詞じゃなく「ドライバー」「コップ」「キラー」と呼ばれる設定は、ウォルター・ヒルの「ザ・ドライバー」からの拝借だよね。ジェイソン・ステイサムと同じ「70年代リスペクトチーム」の一員だ。そういやニコラス・ケイジの新作「ドライブ・アングリー3D」もモロそんな感じ。見るのが楽しみ。
罠にはめられ、兄を殺されて、自らも監獄送りとなった、強盗団のドライバーがドウェイン。彼が復讐として起こす殺人事件を追う、落ちぶれ風情の刑事にビリー・ボブ・ソーントン。ドウェインを消すため雇われたフリーランスの若い殺し屋。こいつは若い内に色々極めておきたいという理由で殺し屋をやってる。金はあるんで、報酬はどうでもいいのだ。この性格づけはちょっと面白いが、こいつの描写に時間を割く分、誰に焦点が合ってるのか、映画としては散漫になってる気もした。ジェイク・ギレンホールに妙に似た、この若い役者を売り出そうという意図でもあったのか。

投稿者:popcorn投稿日:2011-05-24 13:32:37
【ネタバレ注意】

鑑賞するつもりはなかったが、公開一週目から、一日3回上映で、レイトショーだけとはいえ、身分不相応にも、109シネマズMM横浜のメーンスクリーンで上映していたので。観客8人(ほら、言わんこっちゃないw)。

ドライバー、警官、殺し屋など、個性の異なる男たちの生き様はそれなりに魅力的ではあるが、ドライバーのターゲットの5分の3が無抵抗だったり、ドライバーのドライビング・テクニックが発揮されるのも回想シーンのみだったりと、肝心なアクションが物足りない。
ミステリーを諦めたかのように、警官が、ドライバーをハメた、「依頼主」であると端から明かしているのも如何なものか。まあ、背伸びをしないという意味では、潔いけれど。http://twitter.com/#!/kseigazaxtukann

【レンタル】
 【Blu-ray】ファースター 怒りの銃弾レンタル有り
 【DVD】ファースター 怒りの銃弾レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION