allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

相棒シリーズ X DAY(2013)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2013/03/23
ジャンルドラマ/サスペンス
俺たちは、
何と戦っているんだ?
相棒シリーズ X DAY [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,156
価格:¥ 3,630
USED価格:¥ 850
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:橋本一
製作:平城隆司
鈴木武幸
水谷晴夫
都築伸一郎
山本晋也
岩本孝一
木下直哉
樋泉実
大辻茂
笹栗哲朗
COエグゼクティ
ブプロデューサー:
大川武宏
エグゼクティブプ
ロデューサー:
桑田潔
白倉伸一郎
プロデューサー:松本基弘
伊東仁
遠藤英明
西平敦郎
土田真通
アソシエイトプロ
デューサー:
岸本隆宏
ラインプロデュー
サー:
今村勝範
共同プロデューサ
ー:
香月純一
脚本:櫻井武晴
撮影:笹村彰
美術:近藤成之
編集:只野信也
音響効果:大野義彦
音楽:池頼広
音楽プロデューサ
ー:
津島玄一
スクリプター:目黒亜希子
照明:泉田聖
制作担当:金井光則
整音:藤沢信介
装飾:山岸正一
録音:田村智昭
助監督:安養寺工
出演:田中圭岩月彬
川原和久伊丹憲一
国仲涼子麻生美奈
別所哲也戸張弘成
深水元基
戸次重幸中山雄吾
関めぐみ小田切亜紀
矢島健一
田口トモロヲ朽木貞義
宇津井健金子文郎
木村佳乃片山雛子
鈴木杏樹月本幸子
大谷亮介三浦伸輔
山中崇史芹沢慶二
山西惇角田六郎
六角精児米沢守
神保悟志大河内春樹
原田龍二陣川公平
小野了中園照生
片桐竜次内村完爾
水谷豊杉下右京
及川光博神戸尊
【解説】
 水谷豊主演の人気TVドラマ・シリーズ「相棒」のスピンオフ劇場版第2弾。捜査一課刑事・伊丹憲一と「相棒」シリーズ初登場となるサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬を主人公に、政官財を巻き込む巨大な金融犯罪に立ち向かう主人公たちの過酷な戦いを描く。主演は田中圭と川原和久、共演に国仲涼子、別所哲也。また、水谷豊はじめ「相棒」レギュラー陣も総出演。監督はTV「相棒」シリーズの他、「探偵はBARにいる」「臨場 劇場版」などを手がける橋本一。
 ある日、一人の銀行員の焼死体が発見される。判明した男の身元は、東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流した疑いでサイバー犯罪対策課にマークされていた人物だった。捜査に当たるのは、殺人事件で調べを進める警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一と、不正アクセス容疑の真相を追うサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬。互いに考え方も捜査方法も対照的な2人は、衝突しながらも協力して事件を追っていく。しかし、やがて事件は思わぬ広がりを見せ始め、2人の捜査も得体の知れない圧力に晒されていくことになるのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
相棒 〜警視庁ふたりだけの特命係(2000)
相棒2 〜警視庁ふたりだけの特命係(2001)
相棒3 〜警視庁ふたりだけの特命係(2001)
相棒 〜警視庁ふたりだけの特命係(2002)TVシリーズ第1弾
相棒 (Season 2)(2003〜2004)TVシリーズ第2弾
相棒 (Season 3)(2004〜2005)TVシリーズ第3弾
相棒 (Season 4)(2005〜2006)TVシリーズ第4弾
相棒 (Season 5)(2006〜2007)TVシリーズ第5弾
相棒 (Season 6)(2007〜2008)TVシリーズ第6弾
相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン(2008)劇場版第1弾
裏相棒(2008)スピンオフ・ショートドラマ
相棒 (Season 7)(2008〜2009)TVシリーズ第7弾
相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿(2009)スピンオフ映画版
相棒 (Season 8)(2009〜2010)TVシリーズ第8弾
相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜(2010)劇場版第2弾
相棒 (Season 9)(2010〜2011)TVシリーズ第9弾
相棒 (Season 10)(2011〜2012)TVシリーズ第10弾
相棒 (Season 11)(2012〜2013)TVシリーズ第11弾
相棒 (Season 12)(2013〜2014)TVシリーズ第12弾
相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ(2014)劇場版第3弾
相棒 season 13(2014〜2015)TVシリーズ第13弾
相棒 season 14(2015〜2016)TVシリーズ第14弾
相棒シリーズ X DAY(2013)スピンオフ映画版 第2弾
相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017)劇場版第4弾
相棒 season 15(2016〜2017)TVシリーズ第15弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2014-06-02 03:35:55
水谷豊主演の「相棒」シリーズからスピンオフした作品である。
オープニングは殺人から始まるが、やがてサイバー犯罪の様相を呈してきて、最後は国がらみの壮大なスケールに拡大していくのが本作品の見どころであるが、その範囲の広さに出演陣が息切れしているのが残念だ。
主演の伊丹刑事は今時のコンピューターについていけず、相棒の岩月刑事は泥臭い殺人に辟易する。橋本一監督はこの対称性の面白さを狙ったのだろうが、今回はサイバー犯罪の方がメインなので、伊丹役の川原和久が空回りしまくっていてただただうるさい。また、岩月役の田中圭も整い過ぎていて現実感に乏しいので、こちらも迫力不足だ。
むしろ、大谷亮介や山中崇史らの地味なベテラン刑事や、山西惇演じる暴対課長のほうが自然な演技で楽しませてくれる。また、晩年の宇津井健が長官役で実にシブイ演技を魅せて印象的だ。
題名につられて水谷豊が主演だと思っていたのが、地味で華の無い川原和久が主役だと分かったとたんにがっかりした観客は多いだろう。堤真一に似せたキャラクター作りもイマイチで哀しい。

投稿者:黒美君彦投稿日:2014-05-06 23:21:00
【ネタバレ注意】

ドラマの「相棒」シリーズを観ていないので(笑)、スピンオフと知らずに「水谷豊がなかなか出てこないなあ」などとのんびり観ていたのですが(恥)。
映画というよりはTVドラマのSP版という感じ。しかもサイバー犯罪対策課の専門捜査官(田中圭)と捜査一課の刑事(川原和久)が主役という地味〜な配役。

ではあるんだけど、殺人事件の背景にあったのが、国債暴落の日(X-day)に備えての銀行を使ったシミュレーションソフト、なんてなかなかシュールな設定で、目のつけどころはなかなか。
財務省の高級官僚が「絶望の真実より希望の嘘に国民は飛びつく」と言っていたが、この作品はこのひと言を言わせるために作ったようなもんだろう。
景気浮揚だのバブルの再来だの歯の浮くような台詞が為政者から聞こえてくるが、現実には少子超高齢化の波は変わろうはずがない。
できるのは、ツケを子の世代、孫の世代に押しつけ、現在を粉飾して見せかけること。けれど、この国では多数が深く考えず、今が良ければそれでいいと言わんばかりが現状(原発だって同じことだ)。この作品は実はそんなところを衝いている。
ただ、映画としては殺人動機があまりにお粗末だし、つまらないのだけど。
興行収入良かったらしいけど、この映画を観ても、多分絵空事にしか感じない人も多いんだろうなあ。
もっともそんなカラクリはもうとっくに気づいているよ、という人も少なくないんだろうけど。あまりに話が大きくなってしまい、個人ではどうしようもないところまで来ているのは確かなのだが。

投稿者:投稿日:2013-03-24 21:47:41
華 が 無 い に も 程 が あ る !
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】相棒シリーズ X DAY2013/11/02\5,700amazon.co.jpへ
 【DVD】相棒シリーズ X DAY2013/11/02\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】相棒シリーズ X DAYレンタル有り
 【DVD】相棒シリーズ X DAYレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION