allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バンクーバーの朝日(2014)

メディア映画
上映時間133分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2014/12/20
ジャンルドラマ
映倫G
明日も見えない異国の地で、
そのチームは希望になった。
バンクーバーの朝日 Blu-ray 豪華版
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 2,780
USED価格:¥ 1,750
amazon.co.jpへ

 Photos
バンクーバーの朝日バンクーバーの朝日

【クレジット】
監督:石井裕也
製作:石原隆
市川南
プロデューサー:稲葉直人
菊地美世志
ラインプロデュー
サー:
小沢禎二
脚本:奥寺佐渡子
撮影:近藤龍人
美術:原田満生
衣裳:宮本まさ江
編集:普嶋信一
キャスティング:元川益暢
音響効果:小島彩
音楽:渡邊崇
VFXスーパーバ
イザー:
西尾健太郎
スクリプター:工藤みずほ
ヘアメイク:豊川京子
照明:藤井勇
装飾:石上淳一
録音:加藤大和
助監督:増田伸弥
出演:妻夫木聡レジー笠原
亀梨和也ロイ永西
勝地涼ケイ北本
上地雄輔トム三宅
池松壮亮フランク野島
高畑充希エミー笠原
宮崎あおい笹谷トヨ子
貫地谷しほりベティ三宅
ユースケ・サンタマリア堀口虎夫
本上まなみ杉山せい
田口トモロヲ松田忠昭
徳井優前原勝男
大鷹明良河野義一
岩松了三宅忠蔵
大杉漣江畑善吉
鶴見辰吾トニー宍戸
光石研井上安五郎
石田えり笠原和子
佐藤浩市笠原清二
【解説】
 戦前のカナダ・バンクーバーで活躍し、2003年にはカナダ野球の殿堂入りを果たした実在の日本人野球チーム“バンクーバー朝日”の感動の物語を「舟を編む」の石井裕也監督が映画化。厳しい差別に立ち向かい、ベースボールを通じて自らの誇りを取り戻そうと奮闘する日系移民の姿を描く。主演は「悪人」「マイ・バック・ページ」の妻夫木聡、共演に亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、佐藤浩市。
 1900年代初頭、多くの日本人が新天地での成功を夢見てカナダへと渡った。しかし、そこに待っていたのは容赦ない差別と低賃金による過酷な肉体労働だった。貧困にあえぐ日系移民の人々は、その日を生きるのに精一杯で、夢や希望を抱くこともできぬまま、塗炭の苦しみを味わい続けていた。そんな中、移民二世のレジー笠原は仲間を集めて日本人野球チーム“バンクーバー朝日”を結成する。最初は白人チーム相手に体力的にまるで歯が立たず、皆からバカにされるレジーたちだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2016-06-05 04:12:06
実話の映画化である。
戦前、カナダのバンクーバーで差別を受けながら頑張った日本移民の物語である。彼らの唯一の希望として、白人との野球は、日頃の差別意識を一時的に解消出来るイベントであり、とても貴重な時間なのだが、体格の勝る白人にはとても歯が立たない。その日本人チームが突然勝ち出すことで大いに盛り上がる・・・というストーリーだが、あまりにも唐突に勝ちだすので実に違和感がある。劇中では、体力を頭脳プレーで補ったとあり、それが真実のようだが、野球映画なのでそこにはぜひ時間を割いて欲しかったと思う。
また、当時の日本人への差別の描き方もそれほど悲惨ではないので、白人に試合で勝つクライマックスの感動が薄いのも残念だ。
主演の妻夫木聡以下の主演メンバーも元気が無く、とても野球で白人に勝てるチームに見えないのもマズイ。そんな中で、夫婦役の佐藤浩市と石田えりが、ベテランらしい迫力の演技で印象的だ。
投稿者:黒らぶクーたん投稿日:2015-11-06 17:32:52
【ネタバレ注意】

カナダにおける日系移民の栄光と苦難の歴史を、先達へのリスペクトを込めて史実に忠実に描いた佳作である。「頭脳野球」「サムライ野球」と賞賛されながら現地チームを次々に撃破、頂点を極めて行く過程は「ラグビーワールドカップ2015」での日本チームの大活躍と重なり極めて爽快であった。また、戦争によって青春を奪われた若者たちへの鎮魂歌にもなっている。

投稿者:黒美君彦投稿日:2014-12-31 20:04:50
【ネタバレ注意】

飛ぶ鳥を落とす勢いの石井裕也監督が手がける大作ということで期待がいやましたが、率直に言ってうーん残念。
というのも脚本がよろしくない。
主役の妻夫木が結局どういう人物かがわからないまま。その他大勢の登場人物もことごとく何を背負い何を考えこれからどうしようとしているのかがぼやけていて共感が生まれないのだ。
野球への情熱を失いかけたロイの復活もあまりに単純すぎるし。
妹のエミーも奨学生になれず…でどうなった?どう生きようと考えた?本上まなみも宮崎あおいも、単なる「花」扱い?

脚本はもはやベテランの奥寺佐渡子だが、これはどうしたことだろう。
それとも製作サイドから、いろいろ条件を出されたのだろうか?
バンクーバーの日系人社会から生まれた「朝日」の存在は興味深かったし、セットは大がかりだし、物語も劇的だとは思うが、人物造型がとにかくぼやけている。
うーん、残念。

【レンタル】
 【Blu-ray】バンクーバーの朝日レンタル有り
 【DVD】バンクーバーの朝日レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 バンクーバーの朝日 オリジナルサウンドトラック
新品:¥ 2,500
5新品:¥ 2,099より   6中古品¥ 449より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION