allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017)

THE FATE OF THE FURIOUS

メディア映画
上映時間136分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2017/04/28
ジャンルアクション
映倫G
ワイルド・スピード オクタロジー Blu-ray SET (初回生産限定)
参考価格:¥ 14,580
価格:¥ 14,580
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 世界的大ヒット・カー・アクション「ワイルド・スピード」シリーズの第8弾。謎の女サイバーテロリストと手を組んだドミニクの裏切りでファミリーが最大の危機を迎える中、世界各地を舞台に繰り広げられるファミリーとドミニクの攻防の行方と彼らの運命を壮大なスケールで描き出す。キャストにはヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジェイソン・ステイサムらお馴染みのメンバーに加え、シャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッドらが新たに参加。監督は「ミニミニ大作戦」「ストレイト・アウタ・コンプトン」のF・ゲイリー・グレイ。
 束の間の平穏を味わうドミニク(ドム)、レティら固い絆で結ばれたファミリーたち。ところが誰よりもファミリーを大切にしてきたドムのまさかの裏切りでホブスが投獄され、ファミリーは崩壊の危機に。そしてドムの背後には謎の女サイバーテロリスト、サイファーの存在が。ドムの暴走を止め、連れ戻そうとするレティたちだったが、到底太刀打ちできない。そこで最後の手段として、ファミリーは宿敵デッカード・ショウに協力を要請するが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:タミー投稿日:2017-05-13 18:51:35
前作「SKY MISSION」のラストでブライアンのリアルファミリーの姿を見たドムのファミリー。疑似家族に甘んじていた彼らに心境の変化があったのは間違いない(そう思いたい)。
続編ではその辺りを考えた話を作ってほしい、と願っていた。

製作側もそれについては考えていたらしく、今回からシリーズに新たな価値観が持ち込まれた。
それは「家族を大事にする奴は、いい奴に違いない!」というもの。
その価値観を元にとんでもない展開を見せる。

気持ち的に置いてきぼりになる瞬間が多々あったが、エンタメとして高水準なのは確か。

計画の段階ではポール・ウォーカーを復活させようとしたり(兄弟を使って)、公開前にはドウェイン・ジョンソンがSNSでヴィン・ディーゼルを煽ってプロレスを仕掛けたり(和解したらしいが、本当か?)、とかなーり不安要素が多かった本作。観てみたらちゃんと楽しい作品になっていました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-05-08 15:32:50
2001年に第一作が誕生した『ワイルド・スピード』シリーズ第8作。
ポール・ウォーカーの悲劇的な死もあってか、第7作『ワイルド・スピード SKY MISSION/スカイミッション』(2015年)では世界興行収入500億円を超える大ヒット。
今回は主人公ドミニク(ヴィン・ディーゼル)が“ファミリー”を裏切る、というストーリー。ま、正直いってストーリーなんてどうでもいいんですけどね(笑)
007ばりに、どんどん巨大化する敵…というのはこうしたシリーズものにありがちな展開だ。第一作ではチンケな(といったら怒られるか)犯罪の潜入捜査に過ぎなかったのに、本作では核ミサイルに原子力潜水艦、世界の危機を救うべく立ち上がる“ファミリー”なんていうことになっちゃうんだな、これが(『ダイ・ハード』シリーズみたい)。
米国と国交回復したキューバでのロケや、アイスランドの氷上の疾走など、相変わらずカーアクションはバカバカしいまでに大袈裟(笑)。
挙句に原潜にミサイルが当たって爆発しちゃったよ。核爆発しないにしても、原潜から放射線が漏れて周囲はエラいことになっちゃうけど、そんなことは関係なし。いいのか?
敵キャラは笑わないシャーリーズ・セロン。お金があるとキャスティングも豪華。ヘレン・ミレンまで出てくるからスゴい。
カーアクションは迫力あるけれど、どんどん別の要素が入ってくるので、車への偏愛度は薄くなったような。
ま、いいんですけどね。車に代表されるド派手なアクションが客は観たいわけですから。
投稿者:ノブ投稿日:2017-05-06 22:39:46
【ネタバレ注意】

「ワイルド・スピード ICE BREAK」(監督:F・ゲイリー・グレイ136分)
話の内容はエンヤコラ明日へ大爆走!!
キューバでの火の車逆走レースがオモロカッタ。
飛んでる飛行機に車が乗り入れるのも凄かったが、その後飛んでる飛行機から飛んでる飛行機に人間が飛び移るシーンも凄かった。
刑務所でのドウェイン・ジョンソンのパワフルな格闘アクションとジェイソン・ステイサムのスピーディーでキレキレの格闘アクションのコントラストが良かった。
ビルの高い所から車を何台も落とすのを、シャーリーズ・セロンが「雨を降らせる」と命令していたのがオモロカッタ(シーン的にも大迫力)
原子力潜水艦爆破の爆風と炎に主人公の車が巻き込まれそうになった時に、仲間全員の車がやってきて主人公の車の周囲を取り囲み爆風と炎の盾になるシーン演出が良かった(自分の命をかえりみず仲間を助ける演出に感動した)。
演出的に良かった所
ホットなキューバでの激走に始まり、氷が凍るクールなロシア海面での大爆走で終わるというコントラストの演出が良かった
街の自動運転の車がハッカーにハックされたら街は大パニックになるという警告をしていたのが良かった。
悪役がミリキ的な女性というのが良かった。
色々な車のカーチェイスだけでなく、飛行機のアクションや原潜爆破までするスケールの大きさが良かった。
格闘アクションやカーチェイスが思う存分楽しめたのが良かった。
家族仲間恋人との「絆」がとても上手く描かれている所に感動した。
キャストの魅力
主人公のヴィン・ディーゼルのリーダーシップが良かった。
ヘレン・ミレンもとってもいい味を出していた。
カート・ラッセルのミスター・ノーバディが懐の深い感じを良く出していた。
シャーリーズ・セロンの悪女がとてもミリキ的だった
イーストウッドの息子スコット・イーストウッドもいい役で出ているのが良かった。
そしてコンピューター専門家の黒人女性ラムジー役で出てきたナタリー・エマニュエルが無茶苦茶可愛かった。
全般的に
カーアクションがここまで進化しているのに驚かされた。格闘アクションもヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンのパワフルさとジェイソン・ステイサムのキレキレスピーディー格闘アクションのコントラストがオモロカッタ。車もキューバのクラッシックカーに始まり、カッコいいスポーツカーは勿論、軍用タンク、飛行機、原潜まで出てくるスケールの大きさが良かった。そしてミリキ的な悪女を演じたシャーリーズ・セロンを始め、ヘレン・ミレン、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソンの娘役の女の子、そして目茶苦茶キュートなナタリー・エマニュエルなど出てくる女性が全員魅力的なのも良かった。しかし最高だったのはドラマ部分。家族・仲間そして恋人を思いやる「絆」がとっても上手く描かれている事に感動した。流石はハリウッドの大ヒットシリーズ。これ位の作品でなければ世界中の人達を魅了しないんだなぁと改めてハリウッド娯楽大作の凄さを再認識させられた作品だった。ハリウッドカーアクションムービーの決定版!!
原題「The Fate of the Furious ICE BREAK」。ボク的邦題は意訳だけど「怒りの代償」(フェイトは否定的な意味での運命。フューリアスは激怒・怒り狂う)。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2017-04-29 11:57:27
【ネタバレ注意】

スコット・イーストウッドがルーキー捜査官でカート・ラッセルとコンビ! これだけで充分。

投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2017-04-15 23:35:53
まさかのあの人が出演、&ジェイソン ステイサムが相変わらずキレキレのアクションで単独ストーリー出来そう、もうハゲ筋肉でお腹いっぱいって感じ
【レンタル】
 【Blu-ray】ワイルド・スピード ICE BREAK2017/10/06
 【DVD】ワイルド・スピード ICE BREAK2017/10/06
【ミュージック】
【CD】 ワイルド・スピード アイスブレイク
新品:¥ 2,138
19新品:¥ 1,780より   9中古品¥ 1,500より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION